結婚式 費用 相場。 結婚式費用、親の援助もらった?金額や貰えないときの頼み方

結婚式の費用と平均相場は?先輩花嫁のリアルな金額の内訳を紹介

結婚式 費用 相場

結婚式を記録に残す!ムービー動画撮影の依頼先 結婚式を記録として残すためのムービー撮影は、今やフォト撮影と並んで欠かせない要素の一つと言えます。 データ出展: 結婚式の動画撮影をした人の割合は63. 結婚式の様子を撮影するためには、結婚式の時間をすべて撮影してくれるカメラマンの手配が必要になります。 結婚式の動画撮影の依頼先 カメラマンの手配をどのように依頼するかは、いくつかの方法があります。 会場の専属カメラマンまたは提携事業者に依頼 76. 会場専属のカメラマンに撮影依頼する理由として ・撮影のベストなポイントや位置、導線を知り尽くしている ・見積りの段階で費用に入っているため相場が分かりやすい ・カメラマンの持ち込みが不可、または持ち込み料がかかる などの理由が挙げられます。 友人・知人に撮影を依頼 9. 業者に依頼するよりも安く済む、業者にない温かい目線で撮ってほしいなどさまざまな理由が考えられます。 また、業者に撮影をお願いするのと並行して、友人にも撮影を同時にお願いして、2カメラマン手配するカップルも多いようです。 外部業者やカメラマンに依頼 3. カメラマンの持ち込みを不可、または持ち込み料が必要となるケースが多く、外部業者に依頼する率は少なくなっているようです。 結婚式のムービー撮影を業者に依頼した場合の費用相場 業者に依頼した場合の費用相場は19. 7万 15~25万ほどかかった人の割合は約46. 業者に依頼する理由としては、友人に依頼した場合よりもクオリティの高い動画編集やサービスが受けられるという理由が挙げられます。 ・価格が手ごろである ・ブルーレイやDVD納品がある ・フォト撮影とセットになっている ・動画の編集能力が高い 結婚式でムービー撮影費用が上がるポイント 結婚式のムービー撮影で、業者に依頼した場合に値段が上がるポイントとしては、オプションでのサービスを利用した場合に増加する場合があります。 また、持ち込み料金がかかる会場では総じて金額は高い傾向にあるため、依頼先はよく考えて検討しましょう。 ・カメラマンの数を増やす ・エンドロールなどの加工 ・DVD等の焼き増し料金 ・カメラマンの持ち込み料金 友人や知人に動画撮影を依頼した場合のお礼の費用相場 友人や知人にムービー撮影をお願いする場合は、感謝の気持ちをあらわすためにお礼を用意することが一般的なマナーです。 メインカメラマンとしての役割は3万円 結婚式にゲストとして招待し、その中でメインカメラマンとしてムービー撮影をお願いする場合のお礼相場は3万円ほどと言われています。 また、カメラマンはさまざまなシーンや瞬間をカメラで撮影するため、ゲストとして食事をとる時間がないケースがほとんどのようです。 結婚式終了後に落ち着いて食事ができるよう、1万円ほどの食事券やギフト券などを添えるケースもあります。 メインカメラマンの補助的な役割の相場は1万円 メインカメラマンはプロに依頼し、補助的な役割でカメラマンをお願いする場合のお礼相場は1万円ほどが多いようです。 お礼以外のプレゼントを渡すケースも お礼は現金で包むケースが多いのですが、より感謝の気持ちを伝えるために、プレゼントを添えたり、後日食事に誘ったりするケースも多いようです。 新婚旅行から帰った後に、お土産をプレゼントとして贈るのもいいでしょう。 お礼を渡すタイミング お礼を渡すタイミングとして、挙式または披露宴が始まる前に、友人に控室にきてもらい、手渡すのスマートです。 忙しい場合には、親またはウェディングプランナーから代理で手渡してもらう、という方法もあります。 感謝を直接伝えたい場合には、結婚式が終わってできるだけ早い後日に食事に誘うなどして、直接お礼を述べて手渡す方法とタイミングでもOKです。 結婚式の余興や演出ムービーを作成する場合の費用相場 結婚式の演出として、または余興として「ウェディングムービー」を作成し流す演出は、今やトレンド演出のひとつに数えられます。 余興や演出のためにムービーを用意したカップルは73. 余興や演出ムービーの作成依頼先 余興や演出用のウェディングムービー制作の依頼先には、いくつか選択肢があります。 また、ひとつの結婚式で複数のタイミングでムービー演出を行うカップルも多いため、依頼先が複数になる場合も多いようです。 会場専属の業者または提携業者に依頼 50. 会場内の業者に依頼する場合、結婚式の撮影とセットでお願いすることで、グループディスカウントの割引が受けられるなど特典がつくこともあります。 また、エンディングロールをお願いしたい場合は、フォト撮影や動画撮影などすべて同じ会社で頼むことで、費用を大幅に削減できます。 外部業者に依頼 16. プロフィールムービーや余興ムービーなどは、外部業者に依頼し、持ち込むカップルも多いようです。 カメラマンの持ち込みと違って、出来上がったムービーを持ち込むことは、プロジェクターや音響設備がある会場では、持ち込み料がかからないことが多いでしょう。 友人や知人に依頼、またはプレゼントされる 16. また、自主的にお祝いとして友人や知人が動画を作成してくれる場合もあるようです。 こちらから依頼して作成してもらった場合や、プレゼントしてくれた場合には、お礼を包んで渡しましょう。 自作する 57. 自分で作成する場合には、さほど費用はかかりませんが、編集などに時間や手間が必要なため、結婚式の他の準備と並行し進められるよう、計画的に行うことが必要です。 1万円 外部業者 8. 5万円 友人や知人 2. 6万円 自作 1. 2万円 結婚式で流す演出ムービーの種類と費用 オープニングムービー 結婚式の冒頭に流す映像です。 結婚式のテーマやゲストへメッセージを盛り込んだり、ゲストの期待を高める掴みの演出のために取り入れます。 プロフィールムービー 新郎新婦の生い立ち・なれそめ・家族への感謝の言葉など、テーマはさまざまですが、ゲストが知らない二人の姿やエピソード、家族や二人の絆が感じられるほっこりした内容になり、ゲストに好評な演出ムービーです。 オープニング・中座・エンディングと、どのタイミング演出としても利用できます。 エンディングムービー 結婚式の最後の部分で流す演出ムービーです。 結婚式の最後の印象はゲストにとって非常に強いため、「いい結婚式だったなあ」と思ってもらえるまとまりのいい演出がおすすめです。 撮って出しムービー 結婚式ライブエンドロール、通称「撮って出しエンドロール」と呼ばれる演出です。 直前までの結婚式の様子をすぐに映像として編集して流します。 自作は非常に難しいため、会場カメラマンかムービー制作業者に依頼することがほとんどです。 出席してくれたゲスト全員の名前をエンドロールに取り入れたり、新郎新婦からゲスト1人1人へのメッセージを組み込んだり、ゲストが結婚式に参加したことが思い出として残るようなアイデアを取り入れる傾向です。 ウェルカムムービー パーティが始まる受付時間中・受付を済ませ手持無沙汰なゲストを退屈させないための、おもてなし演出ムービーです。 事前に行った海外挙式や神前挙式の様子を流してゲストに披露・報告したり、二人の前撮りの様子をスライド動画にして流したり…というアイデアがあります。 サンクスムービー 新郎新婦が両親・ゲストへの手紙の代わりとして、感謝のメッセージを演出ムービーに乗せて伝える感動ムービーです。 別名レタームービーとも言います。 サプライズ要素を持たせての演出アイデアにも多く利用され、誰に向けてメッセージを送るかで、作成した動画を流すタイミングが変わってくるので、効果的に演出できます。 余興ムービー ゲストから新郎新婦へ贈る、お祝いの余興ムービーと、新郎新婦がゲストを楽しませるためめに用意する余興ムービーがあります。 メッセージムービー(サプライズムービー) ゲスト1人1人のお祝いの言葉をまとめたムービーや、新郎新婦が会いたかったが今回出席していない大切な人にお祝いの言葉をもらいに行ったムービーです。 ゲストの友人が中心となって企画し、制作してくれる心のこもったプレゼントです。 ゲーム、イベント用ムービー 純粋にゲームやイベントの紹介や気分を盛り上げるためのムービーです。 ゲームの景品紹介ムービーや、余興の冒頭にストーリー性を持たせるものなどさまざまな演出方法があります。 ゲストサイドが企画してくれる場合と、新郎新婦自ら用意する場合があります。 結婚式ムービーを自作する際に必要な費用の内訳と相場 ムービーを自作するのに必要な機材 パソコン 最近ではiPhoneやAndroidなどのスマートフォンで作成可能なアプリもありますが、質の良いムービーを制作するにはパソコンでの編集が必要になります。 動画編集ソフト 初心者であれば、ウェディングムービー作成用のソフトがおすすめです。 価格が定価で大体1万円前後と手ごろで、比較的簡単に作成できます。 本格的な編集ソフトを利用する場合は、自身のPCスキルや作業時間と相談しながら取り組みましょう。 写真などを使ってプロフィールムービーを作りたい場合は、写真の加工ソフトも必要です。 こちらは無料のソフトなども利用できます。 スキャナ 写真を取り込む場合はスキャナが必要です。 スキャナの解像度・高画質で出力できる動画編集ソフトの性能などによって、画像の鮮明さは変わります。 ただし、こだわりすぎると機材とソフトだけで高額になるため、できるだけ費用をしっかり確認して選びましょう。 DVDディスク 作ったプロフィールムービーを焼くDVDが必要ですが、こちらは家電量販店でお手頃な価格で販売されています。 安いものだと1枚100~200円前後で購入できます。 結婚式ムービーを自作する場合の費用相場 以上の機材やソフトの費用相場を考えるとパソコンをすでに所有していたとして、編集ソフトとDVD代で1~2万円ほどの見込みとなります。 ソフト代を節約したい場合は所有するパソコンにもともと入っている編集ソフトを利用することもできますが、クオリティを高めたいと考える場合は有料ソフトが必要なことが多いようです。 ムービーに使用するBGM著作権 ウェディングムービーに利用するBGMは、結婚式での音楽使用は音楽団体、やへの許諾申請料が必要な場合があるため、会場側に確認しましょう。 一曲あたり3000円~5000円程度かかる場合があります。 会場がまとめて利用申請している場合もあります。 会場に依頼している場合は、会場側で手続きをとってくれているため、特に問題はないでしょう。 まとめ 結婚式の動画、ムービー費用は依頼先で平均相場が異なる 結婚式の記録や演出で欠かせない動画撮影やムービー演出ですが、依頼先で費用相場が大きく異なります。 また、自分のこだわり度や演出方法によって、依頼先の選び方も変わってくるでしょう。 自分たちの結婚式をどのような形で映像を利用したいのか、よく検討して依頼先を考えるようにしましょう。

次の

《結婚式費用のきほん》相場や内訳、節約のコツは?

結婚式 費用 相場

少人数結婚式と一般的な結婚式はなにが違うの? 少人数結婚式の費用を紹介する前に、一般的な結婚式との違いや、どこで費用の差が生じるのかを解説していきます。 結論から言いますと少人数結婚式と一般的な式の大きな違いは、披露宴をおこなうか、会食で済ませるかという点です。 披露宴よりも会食の方が費用を抑えられます。 違いを表で分かりやすく紹介します。 では少人数結婚式の費用について、詳しく紹介していきます。 少人数結婚式にかかる費用の相場はいくら?自己負担額は? 少人数結婚式は一般的な結婚式のように盛大におこなわないため、 費用を抑えられるメリットがあります。 人数別の費用相場からご祝儀、自己負担額までを、表にまとめましたので参考にしてください。 ゲストの人数 費用 ご祝儀 自己負担額 10人 64万円 33万円 31万円 20人 118万円 66万円 52万円 30人 177万円 99万円 78万円 40人 236万円 132万円 104万円 に掲載されていたリクルートブライダル総研の調査によると、一般的な結婚式にかかる総額は357. 5万円、自己負担額は142. 8万円が平均です。 それに比べてゲストの人数が少ない少人数結婚式は、費用や自己負担額をかなり節約できることがわかります。 では、人数別に詳しく解説していきます。 5,934view しかし今回紹介しているご祝儀は、あくまで平均的な額です。 親族と友人の割合が変わると、自己負担額が増減します。 親族と友人の割合で自己負担額が変わる! 少人数結婚式のゲストは、一般的な式よりも親族の割合が多いことがほとんどです。 親族は友人よりも多くご祝儀を出してくれるため、 親族の割合が多ければ多いほど自己負担額が少なくなります。 例えばゲストの人数が20人でそのうち親族が15人、友人が5人だったとします。 親族からもらえるご祝儀の平均額は5万円ですので、15人だと75万円。 友人からは1人3万円として、合計15万円もらえます。 つまり、 ご祝儀だけで90万円もらえるということです。 20人の結婚式費用が118万円なので、90万円を引いて自己負担額は28万円です。 上述した自己負担額である52万円に対して、 24万円も費用を抑えられるのですから驚きです。 逆に友人の割合が増えると、自己負担額は高くなります。 とはいえご祝儀欲しさに親族ばかり呼んで、本当に来てほしい友人を招待できないのは寂しいですよね。 せっかく結婚式をおこなうのですから、本当に呼びたい人を招待するためにも別の方法で結婚式費用を抑えるのが得策です。 費用を抑えたいのであれば、 ブライダルフェアに参加するだけで結婚式費用を割引してくれる式場割引サイトを利用しましょう。 式場割引サイトを利用すると料金を安くしてもらえる これから結婚式を挙げる人は知っておかないと損をする情報なのですが、 式場割引サイトを経由してブライダルフェアに参加すると、結婚式費用を100万円以上安くしてもらえるとプレ花嫁の中で話題です。 特に渡辺直美さんがCMに出演しているハナユメは、割引額が大きいことで有名。 40人以下の少人数結婚式でどのくらい割引してもらえるのか、実例を紹介していきます。 ケース1 式場名 割引額 GRANDARCHE WEDDING HILLS(グランダルシュ ウエディングヒルズ) 最大141万円 ケース2 式場名 割引額 グラン ブリエ 東京 最大109万円 式場の下見にいくだけでも31,000円分の商品券がもらえるので、いくら安くなるか知りたい人はチェックしてみてください。 net) 以下の記事でもハナユメについて詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。 7,346view 会場はどうやって選ぶ?少人数結婚式に対応してくれる式場を見つける方法 招待客をリストアップしたら、次は式場探しをおこなっていきます。 少人数結婚式は、 レストランや専門式場でおこなうのが一般的です。 遠方からきてくれるゲストのためにホテルでおこなうのも一つの手ですが、100人以上の大人数結婚式に対応する造りになっていることが多く、少人数には向きません。 あまり広い会場を選んでしまうとスペースが余って寂しい印象になってしまうからです。 net)をはじめとした式場検索サイトを利用します。 ゲストの人数を指定できるので、少人数結婚式に対応してくれる式場だけを表示することができます。 わざわざ式場に問い合わせるのは大変ですので、一括で条件を絞り込める検索機能を活用して、効率的に探しましょう。 少人数結婚式でも礼儀は大切!招待状は必ず作成しよう 式場が決定したら、ゲストに送る招待状を作成します。 招待するのは親しい人ばかりなので、費用を節約するために招待状を送らなくてもいいのではないかと考える人もいますが、 招待状を送るのは最低限のマナーです。 わざわざ時間やお金をかけて参列してくれるゲストに対して、誠意を持って招待状を送りましょう。 数も多くありませんので、招待状を手作りするとゲストから喜んでもらえます。 以下の記事で簡単に招待状を作成できるアプリについて紹介していますので、合わせてご覧ください。 招待状や席札、席次表などのペーパーアイテムは、手作りすると、よりあたたかい雰囲気の結婚式にすることができます。 受付は友人や兄弟にお願いするのが一般的 結婚式といえば、受付を誰にお願いするのかも重要な問題です。 受付は、 友人を呼ぶ場合は友人に、 呼ばない場合は兄弟や姉妹にお願いしましょう。 どうしても受付をお願いする人がいない場合は設置しなくてもいいですが、ゲストに受付はない旨とそのまま待合室にいてくださいという連絡を事前にしておく必要があります。 知らせておかないと、受付をしなくてもいいのか心配させてしまうからです。 また、いつご祝儀を渡せばいいかについても困ると思いますので、ゲストが到着したタイミングで両親から挨拶にいってもらうなどして配慮しましょう。 式当日はゲストとの交流を大切にしよう 準備が終わって挙式予定日がやってきたら、いよいよ式本番です。 少人数結婚式は親しい人だけを呼んだアットホームな式なので、つい形式的なことをおろそかにしたくなると思います。 しかし、そこを曖昧にすると飲み会の延長のような雰囲気になってしまいます。 少人数結婚式の良さを活かしつつ、しっかりとプログラムを決めておきましょう。 では以下の3点に考慮した、少人数結婚式の基本の進め方を紹介していきます。 以上が少人数結婚式の流れです。 一般的な結婚式に比べると、 準備が少なく時間がかからないのが少人数結婚式のメリットです。 またゲストが少人数なので一人一人にお礼を言えるのも、嬉しいポイントですね。 ここからは、ゲストと交流できる少人数結婚式でおこないたい演出を紹介していきます。 ゲストと交流できる少人数結婚式向けの演出5選 少人数結婚式はゲストの人数が少ないため、どんな演出をおこなえばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。 ゲストの人数が少ないということは、一人一人と長くコミュニケーションを取れるということです。 少人数という点を生かして、派手さはなくても温かみのある演出をおこなえばゲストも満足できる結婚式になります。 ではゲストと交流できる演出を5つ紹介していきます。 一般的な披露宴ではケーキ入刀のみで終わってしまうことがほとんど。 しかし少人数結婚式であればゲストの人数が少ないため、 新郎新婦が自らウエディングケーキを切り分けてゲストに配るケーキサーブという演出がおこなえます。 ゲスト一人一人と直接コミュニケーションが取れるうえに、ゲストと写真を撮れるきっかけを作れるので一石二鳥の演出ですよ。 席札に一人一人メッセージを添える 上述したように少人数結婚式は一般的な式よりも準備が少ないのですが、裏を返せばゲスト一人一人に時間を費せるということです。 そこで 会食の席に置いておく席札に、手書きでメッセージを書いてみてはいかがでしょうか。 メッセージはゲストによって変えてあげると喜んでもらえます。 手書きメッセージは大人数の結婚式では時間がかかるため、取り入れづらい演出です。 少人数だからこそアットホームな演出を取り入れて、ゲストに喜んでもらいましょう。 ゲストに合わせて引出物を贈り分けする 一般的な結婚式では、会社の人や親族、友人などカテゴリー別で引き出物の中身を変えています。 少人数結婚式では、 さらに細かくゲスト一人一人の引出物の内容を変えることが可能です。 事前に何が欲しいのかをリサーチして用意してあげると、心のこもった引き出物だとゲストから喜んでもらえるのではないでしょうか。 ただし何が欲しいかわからないからといってギフトカタログにしてしまうと、予算がバレるうえに手抜きだと思われてしまいます。 何がいいか迷った時は実用性の高い食器類などでも喜ばれますよ。 テーブルごとに写真撮影をするフォトラウンド 少人数結婚式で取り入れて欲しい演出の一つが、 テーブルを回りながらゲストと写真撮影をするフォトラウンドです。 フォトラウンドは時間がかかるためおこなうカップルは少ないですが、少人数結婚式なら時間もかかりませんし思い出を写真に残すことができます。 くじ引きでポージングを決めるのも面白いですね。 ウェディングツリーでゲスト全員のサインをもらおう 受付に飾る演出として、ウエディングツリーを取り入れてもいいですね。 ウェディングツリーは木の枝が書かれた用紙に、参列したゲストが指印やサインなどをして1本の木を完成させるという演出です。 出来上がったウエディングツリーは持ち帰れるため、 思い出の品として一生残しておくこともできますよ。 少人数結婚式ではやらないで!NG演出まとめ 少人数結婚式で取り入れて欲しい演出はたくさんありますが、オススメできない演出もあります。 空気が悪くなったり、盛り下がったりする可能性が高いので今から紹介する演出はおこなわないようにしてください。 ここまで少人数結婚式について紹介してきましたがいかがでしょうか。 少人数結婚式は本当に親しい人とか招待しない結婚式なので、アットホームな雰囲気が魅力的です。 ゲストとの交流時間も長く取れるため、親しい人だけで和やかな式をおこないたいカップルにぴったりの結婚式スタイルだと言えます。 費用も抑えられるので、節約カップルにもオススメです。 さらに費用を抑えたい人は、上述した式場割引サイトのハナユメを使えば結婚式費用を割引してもらえますよ。 式場割引サイトの「ハナユメ」を使って129万円も節約できた! 管理人は、式場割引サイトのハナユメを使って、 結婚式の費用を129万円も節約できました。 もちろん質はそのまま! 理想の結婚式が、おトクに挙げられます。 さらに!おトクに結婚式を挙げるなら.

次の

結婚式は親族のみだと費用はいくらぐらいかかるの?

結婚式 費用 相場

結婚式には何にいくらかかる? 費用相場の平均や内訳 結婚式をした先輩カップルへのアンケートによると、結婚式にかかった 金額の総額は200万円~250万円が最も多く12. とはいえ、これはあくまで平均的な相場と思っておきましょう。 費用総額は挙式・披露宴の内容によって大きく変動するので、項目や内訳をチェックして、何にいくらかかるのかを把握して、節約できるところは抑えましょう。 また、一般的な「結婚式」の費用相場は挙式と披露宴をセットにして考えていることがほとんど。 挙式はチャペルや神社で結婚を誓うセレモニーであり、披露宴はゲストを招いて結婚報告を兼ねたお披露目パーティをさします。 挙式と披露宴を別に考えると、それぞれかかる費用が異なるため、まずは平均的な相場を知ることも大切。 そこから、挙式・披露宴がセットとなった一般的な結婚式のスタイルや、挙式のみ、披露宴(お披露目パーティ)のみなどの選択肢から自分たちに合ったスタイルをチョイスしましょう。 ちなみに、 挙式のみの平均的な金額相場は、挙式料・衣装込みで20万円~40万円前後が一般的です。 結婚式の中でも一番費用がかかるのが披露宴ですが、一般的に費用総額はゲスト人数に比例します。 また、料理のグレードや、コース料理・立食ビュッフェなどの提供スタイル、フリードリンクの飲み物の種類、会場コーディネートや装花のグレード、引き出物、ペーパーアイテムなど、何を選ぶかで金額は異なります。 具体的に何にお金がかかるのか、具体的な内訳の一例を下の図でチェックしましょう。 具体的にどんなものにお金がかかるか、その一例を下の図で見てみましょう。 「こんな項目にも費用がかかるの!? 」と、内訳を見て初めて知る項目がたくさんありますよね。 ただ、費用の内訳や見積もりには実は不要なものも多く含まれているケースがあるので、少しでも費用を抑えたい・節約したいというカップルはマイナビウエディングへ相談してみて。 プロのコンシェルジュが、費用内訳を見て余計なものを省いてくれるなど役立つアドバイスをもらえます。 また、マイナビウエディングサロン限定の安いプランも紹介してくれるので、ぜひ利用してみて。 もちろん、マイナビウエディングサロンへの相談・利用は無料です。 また、マイナビウエディング利用者限定で、豪華特典がついているブライダルフェアに行くのもオススメ。 マイナビウエディングでは、掲載中の結婚式場について招待人数別の平均的な費用総額例と、全39項目についての細かな料金の内訳を一挙公開しています。 次のパートでは金額内訳と詳細をチェックしていきましょう。 結婚式にかけられるお金のイメージはできていますか? 予算を立てるときに実は見落としがちなポイントがあるので、ここではふたりの自己負担金額について解説します。 結婚式ではゲストからのご祝儀も支払いに充てるケースがほとんどなので、「結婚式費用の総額」=「ふたりの貯金額」というわけではありません。 先輩カップルへのアンケートでも、結婚式費用の自己負担の金額は100万円以内がもっとも多いという結果になりました。 もう一つ気になる 「親援助」については、両家で分担して用意してもらうのが一般的です。 その気になる決め方は、アンケートによると、「両家で折半」が54. ケースバイケースですが、親とお金のことでもめないようにスマートな分担方法を話し合っておきましょう。 もちろん、親から結婚式費用の援助を受けたくない・親から援助を受けられないというケースもあるので、それぞれの費用分担を含めて、支払いの前に話し合って決めておきましょう。 自己負担金額とご祝儀分を合わせて予算を組むといっても、ご祝儀をもらう前(=結婚式の前)に会場に代金を支払うケースも多いので注意しましょう。 ここでは、挙式費用の支払いタイミングについて解説します。 結婚式の料金を結婚式場に支払うタイミングは主に 【会場決定時(=契約時)】と、【招待人数や内容がすべて決定したあと】の2回です。 会場によって料金の支払いタイミングは異なりますが、【結婚式前】に支払う会場がほとんど。 近年ではご祝儀払いOKの挙式会場も増えているので【結婚式当日】や【結婚式後日】の支払いでOKの場合も。 「親からの援助や貯金などの自己負担金がなくて心配」というカップルにはうれしいですね。 マイナビウエディングでは、挙式費用の「当日払い」「後払い」対応の会場を検索できるので、ぜひ会場探しに役立ててください。

次の