ジア クラスター 口コミ。 プラズマクラスターとナノイーの違いは?特徴や効果など比較・解説!

ジアグリーンの口コミや評判は?タブレットのメリットやシュッシュのスプレーなど

ジア クラスター 口コミ

プラズマクラスターとナノイーの違い プラズマクラスターとナノイーと言えば、「プラズマクラスターはシャープ」「ナノイーはパナソニック」というのが一般認識ですが、これら二つはそれぞれ特徴が異なります。 プラズマクラスターの特徴 自然の癒しなどでよく耳にする「イオン」のプラス・マイナスをプラズマ放電によって人工的に作って放出する技術のことを言い、この技術はシャープ独自のものです。 放出されたイオンによって、部屋に浮遊しているカビ菌などを抑える効果が期待でき、特にウィルスや消臭効果に期待できます。 ナノイーの特徴 空気中の水分に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオンのことで、この微粒子イオンはさまざまな物質に作用しやすく、殺菌やウィルスにも効果的で、美肌、美髪効果などにも優れています。 パナソニックではこのナノイー技術を、空気清浄機だけでなく「ドライヤー」や「美顔器」などにも採用していて、このことからも「健康」「美容」両方に効果的であることがわかります。 共通するのはイオン効果 プラズマクラスターとナノイー、どちらも基本的にはイオンの効果で消臭や除菌をすることに共通点があり、基本的な仕組みや効果は同じで、違いがあるのはイオンを発生させる手段と使い方です。 プラズマクラスターはイオン放電しそれをエアコンや空気清浄器で発生する空気に乗せて、部屋の中を除菌し、一方のナノイーは空気中の水分に微粒子イオンを包ませ、花粉や埃、ウィルスなどを包み込んで除菌します。 プラズマクラスターにするか?ナノイーにするか? プラズマクラスターとナノイーのどちらを選べばいいかは、特徴だけではなかなか判断できません。 ここでは、各製品の使い方やお手入れ方法など、選び方のポイントを項目別に解説していきます。 置く場所で選ぶ プラズマクラスターとナノイー、どちらも「どこに置いて使用する」かが大きなポイントになります。 基本的にプラズマクラスターは壁際に、ナノイーは前から吸い込むので部屋の中央などが基本的な置き方です。 プラズマクラスターは、上から気流を発生させ、部屋の壁、天井、壁、床の順に空気を送って、最終的に回収した埃やウィルスなどを吸引する仕組みです。 よって、発生させた空気を部屋全体に循環させる必要があるので、壁際や窓際に置くのが適しています。 逆にナノイーは前からどんどん埃やウィルスを吸い込むので、特に置き場所の指定はなく置きたい場所に置くことができるのですが、早い効果をきたいするのであれば、少し邪魔になりますが部屋の中央に置くと効果が早いです。 置き場所の比較• プラズマクラスター 窓際、壁際• ナノイー 特に指定なし プラズマクラスターは部屋の隅に置かなければ、効果を発揮しませんが、ナノイーはどこに置いても効果が期待できるので、部屋のインテリやレイアウトに合わせやすいです。 お手入れで選ぶ 空気清浄器は定期的にお手入れをする必要があり、プラズマクラスターとナノイーはお手入れ方法も異なります。 プラズマクラスターは機体の裏側を掃除機で吸い込むだけで、特に細かいお手入れは必要なく、本格的なお手入れをする場合は、フィルターの洗浄や内部の埃を取ったりなどしますが、常時行うお手入れは裏側を掃除機で吸うだけなので簡単に行えます。 一方のナノイーは前カバーを外して中のフィルターを洗浄する必要があるので、プラズマクラスターと比べ工程が一つ多いですが、こちらも比較的簡単に行うことができます。 お手入れの比較• プラズマクラスター 簡単• ナノイー 比較的簡単 どちらもお手入れに必要な工程は少ないですが、あえて言うのならプラズマクラスターの方が若干お手入れは楽に行えます。 空気の清浄効果の早さで選ぶ プラズマクラスターとナノイーは、基本的には空気を清浄化するという点で効果に大きな違いはありませんが、その効果の早さには違いがあります。 上記の置き場所にもあったように、プラズマクラスターとナノイーはそのメカニズム上置き場所に違いがあり、それによって部屋に与える効果と早さが異なります。 プラズマクラスターは発生した空気を部屋に循環させる必要がありますが、ナノイーはどんどん吸い込むだけなので、効果の早さで言えば、ナノイーの方が効果が早く出ると言えます。 効果の早さの比較• プラズマクラスター ナノイーに比べると遅い• ナノイー 早い ナノイーは確かに効果が出るのが早いですが、だからと言ってプラズマクラスターが遅いわけではなく、これはあくまでナノイーと比べた結果で空気清浄器は大きさによって効果や速さが変わってきます。 ですので、プラズマクラスターも大きいサイズであれば、ナノイーまでとはいきませんが、それなりの効果の早さに期待ができます。 加湿機能の有無で選ぶ プラズマクラスターやナノイーは、イオンを発生させる過程で空気中の水分を必要とするため、部屋の湿度を一定に保たなければなりません。 加湿機能が付いていないモデルの場合は、別途加湿器を用意する必要もあるでしょう。 購入の際には、加湿機能の有無も選ぶ際のポイントです。 イオン発生ユニットのコスパで選ぶ プラズマクラスターとナノイーから放出されるイオンの量は、経年劣化する事にも注意が必要です。 寿命の原因であるイオン発生装置は交換可能ですが、使用時間の目安や交換用ユニットの値段は製品によって異なります。 検討しているモデルのイオン発生ユニットの使用可能な時間と、交換にかかる費用も選ぶ際のポイントです。 空気清浄機はイオンよりフィルターを重視 プラズマクラスターとナノイーは共にイオン技術がフューチャーされますが、イオン技術を理解しそれを購入の判断材料にするのは、専門家でもない限り難しいです。 ここではイオン技術ではなく、フィルターに着目してプラズマクラスターとナノイーに使われてるフィルターの種類や耐久性を見ていきます。 プラズマクラスターも、ナノイーも共に、使われているフィルターの構造は基本的に同じで共に3層構造ですが、フィルターの順番に少し違いがあり、以下が各フィルターの構成になります。 プラズマクラスターが搭載されたおすすめの空気清浄機 シャープ 空気清浄機「蚊取空清」 FU-LK50-B 蚊取り機能が付いた空気清浄機です。 空気清浄を行いながら、蚊や小バエなどを吸い込んでくれるため薬剤を使用せずに蚊や小ハエ対策をすることが可能です。 小さいお子様やペットがいる家庭に非常におすすめの商品です。 プラズマクラスターとナノイーのまとめ• プラズマクラスターとナノイーそれぞれが発生するイオン効果のメカニズムを把握し、自分の体質や部屋など環境に適したものを選ぶのが大切になります。 プラズマクラスターとナノイーは置き場所がそれぞれ異なるので、部屋のレイアウトやインテリに適したものを選ぶのもポイントです。 また、効果の早さや、お手入れ方法など、自分なりに好みを見つけてバランスのとれたものを選びましょう。 ドライヤーに関しては、プラズマクラスターよりもナノイーの方が効果的におすすめです。 これらのポイントを踏まえて、プラズマクラスターとナノイーそれぞれ適したものを選びましょう。 投稿ナビゲーション.

次の

「とにかく空気清浄機にくわしい」研究員がおすすめする 一人暮らし(or二人暮らし)向け空気清浄機

ジア クラスター 口コミ

ジアクラスターの成分である次亜塩素酸水は、 除菌、ウイルス対策、消臭など多くの目的に使用できることが知られています。 こちらの口コミのように例をあげると、家具やキチン・トイレ・浴室、靴や衣類・ゴミ箱、さらにベビー用品などに使うことができます。 この口コミのように、1種類で多くの用途に使用できるのは、ジアクラスターの大きなメリットの一つです。 ジアクラスターの成分である次亜塩素酸水は、安全性が非常に高いのもメリットです。 次亜塩素酸水は、有機物に触れると水に戻るという特徴があり、人に触れるものに使っても問題がありません。 また、次亜塩素酸自体が、体内で菌やウイルスから体を守るために作られる成分であり、この点からも安全性の高さが理解できます。 この口コミのようにアルコールが苦手な人でも使いやすいという特徴もあります。 A post shared by meguri. k on Mar 31, 2020 at 10:09pm PDT こちらは ウイルス対策に使用しているという口コミです。 ジアクラスターの成分である次亜塩素酸水は、現時点では新型コロナウイルスに対する効果は実証されていません。 厚生労働省は推奨する消毒剤の一つに、次亜塩素酸ナトリウムをあげており()、次亜塩素酸水はこの次亜塩素酸ナトリウムと同類性が確認されている除菌水です。 ジアクラスターの悪い口コミや評判、デメリットや欠点 ジアクラスターは多くの良い口コミやメリットがありますが、中には少し悪い口コミやデメリットといる点もあります。 それらの口コミも確認していきましょう。 目的に応じて希釈する必要がある 使う目的によって希釈する必要がありそれぞれ倍率が変わる こちらの口コミのように、 ジアクラスターは使用する目的に応じて倍率を変えて希釈する必要があります。 ジアクラスターは200ppmの濃度に設定されており、洗濯の脱臭、除菌では原液そのままとされていますが、それ以外の目的では、2〜10倍に希釈して使用する必要があります。 次亜塩素酸水はデリケートな性質であり、少量の微生物やpHの変化に敏感に反応し効果が落ちる可能性もあるため、できれば工場から出荷されたそのままの状態で使用できるのが最も効果的です。 この点はジアクラスターのデメリットとも言えるかもしれません。 もし、 より厳密な効果を求める場合や、 希釈の手間やリスクを減らしたい場合は、希釈せずに使えるの濃度の製品を選ぶのも選択肢と言えます。 2回目以降の月額がやや高額 ジアクラスターの 月額に関して、やや高額と感じるような口コミも見られます。 除菌水自体が品薄であり、ジアクラスターは第三者機関の検査も通しているなど、非常に品質も高いため、この価格でも決してコスパが悪いとは言い切れません。 しかし、他の製品では確かに5,000円を下回る製品もあるため、 より高いコスパを考える場合は、他の製品も検討するのも良いでしょう。 同レベルの品質で代わりになる製品は 前述のような点から、定期購入でジアクラスターの代わりになるような製品を探している場合は、以下の点を気をつけましょう。

次の

ヒヤミストいろいろなこと: ジアクラスター口コミ

ジア クラスター 口コミ

それが素直な感想ですよね。 そんなわかりにくーい空気清浄機選びのポイント、細かな違いを代表的なシャープ、パナソニック、ダイキンの3メーカーを使ってご説明しようと思います。 まず、吸引方法が違うんです! まず注目して欲しいのは吸引方法!一番の違いはここなんです。 皆さん、空気清浄機に求める機能は、汚れた空気を吸い込んでキレイな空気を吹き出してくれることだと思いますが、前、後、下などメーカーによって吸引方法は様々で、この違いによって得意・不得意が出てくることもあるんです。 まず特徴的なのはシャープ。 シャープの空気清浄機はなんと「背面吸引」。 後ろから吸い込むのです。 信じられますか? 吹き出した空気で気流を作って、汚れを商品の背面に誘導して吸引。 これがメカニズムのようです。 ただし、壁から離して置かないと吸引力が弱くなってしまうようで、そういった設置性が気にならない方にはおすすめです。 次にダイキン。 ダイキンはシャープとは逆に「前面吸引」になります。 前面の下部、左右から吸引する方式です。 さらにダイキンの特徴は汚れを吸引した後にあります。 ストリーマという技術で汚れを分解してしまうのです。 花粉なんかも分解までできるのはダイキンだけのようです。 続いてパナソニック。 パナソニックの特徴は大きく2つです。 吸引の方法自体は前面下部、左右ということでダイキンと変わらないのですが、パナソニックの場合前面のパネルが上に開くメガキャッチャーという機能を搭載しているので、床上にただようホコリに対する吸引力が強いというのが大きな違いです。 パナソニックもダイキンも汚れは床上にたまりやすいということPRしているのですが、そういった意味でも理にかなった吸引方法なのかもしれません。 もう1つパナソニックの特徴としては、汚れに応じて吹き出す風も自動でコントロールできるということ。 花粉やダニのフン、PM2. 5やニオイ・ケムリなど、汚れにも色んな種類があるので、汚れに合わせた動きを自動でしてくれるのは気が利きますよね。 シャープやダイキンにはない機能というのも評価したいところです。 最近の空気清浄機はセンサーがたくさん。 吸引方法の箇所でも少し触れましたが、最近の空気清浄機には色んなセンサーが搭載されています。 ハウスダストセンサーやにおいセンサー、湿度を図る湿度センサーや日射センサーなど種類も様々です。 特長的なところでは、パナソニックの人センサーがあります。 人の動きを感知して、自動で吸引することができるようで、花粉を舞い上がる前に吸引できることなど、独自機能としてPRしています。 また、今年の商品からパナソニックとシャープはPM2. 5に反応するセンサーを搭載しています。 ここ数年話題のPM2. 5に対応したセンサーということで、気になる方は店頭でチェックしてみてください。 イオン?あまり信じられない。。。 汚れを吸い込む以外にも空気清浄機の代表的な機能があります。 イオンを放出して脱臭や除菌など、様々なことを行ってくれます。 代表的な3社のイオンはそれぞれプラズマクラスター、ナノイー、ストリーマというイオンになります。 プラズマクラスター ナノイー ストリーマ プラズマクラスターは非常に知名度が高いのでご存知の方も多いと思いますし、ナノイーは美容商品として有名です。 そして、ストリーマはあまり聞いたことがないかもしれませんが、一番強力なのはこのストリーマ。 吸い込んだ花粉を分解までできるというのが、大きな特徴です。 イオンもいろいろ、あなたのお悩みに合わせて選んでみてください。 お手入れ・フィルター交換が必要なんです 空気清浄機を選ぶ時、絶対に忘れてはいけないのは、お手入れ・フィルター交換がどうなっているのかをチェックすることです。 長くしっかり使い続けるためには、お手入れが必要不可欠です。 今回ご紹介している国内メーカー3社のフィルターは基本的に10年交換不要。 すごいですよね。 海外メーカーなどは比較的短期間で交換が必要など、面倒くさい印象がある中、10年交換不要なのは大きなメリットです。 ここでは、お手入れ方法に注目していきます。 一番注目して欲しいのは加湿フィルターのお手入れ。 水にずっと浸かっているため、汚れやすく、1か月に一回はお手入れしないと、お部屋がくさくなってしまうことも…。 推奨されているお手入れ方法は2つに分かれます。 シャープやダイキンの加湿フィルターは基本的にはつけ置き洗いをする必要があるのに対して、パナソニックは押し洗いのみでOK。 「どっちでもいいじゃん!」と感じられる方もいるかもしれませんが、一瞬で終わる押し洗いに対して、1~2時間かかるつけ置き洗い。 冷静に考えれば前者の方が絶対に楽ですよね。 実際に自分が使う、そしてお手入れをしなければいけない、という視点で考えてみてください。 私であれば、押し洗いを選びます。 やっぱり最後はデザイン 吸引方法やセンサー、イオン、お手入れ方法とこれまでご説明してきましたが、商品を購入する時、やっぱり商品の見た目、ファーストインプレッションがやっぱり重要ですよね。 毎日目にするものですし、お部屋の雰囲気にも影響してきます。 空気清浄機は目に見えない効果がほとんどなので、購入してから一番気になるのは、商品のデザインかもしれません。 今では国内・海外も含めて色々なデザインの商品が出ています。 お部屋の大きさに合った商品を選ぶことはもちろんですが、設置するお部屋に合う商品、あなたの気に入った商品をしっかり選んでみてください。 結局のところどの商品がいい? 私の一番のおすすめはパナソニックです。 デザインも比較的スタイリッシュで、独自機能も多く、お手入れもカンタン。 商品としてのバランスも良く、花粉症の私にとっては、床上をしっかりきれいにしてくれることや、自動で吹き出す風もコントロールしてくれるのは非常に魅力的だと言えます。 ただし、空気清浄機は空気のお悩み解決商品なので、使用する人・部屋におけるお悩みに合った商品を選ぶことが一番重要です。 この記事を読んで学んだことを、実際の商品選びの参考にしてもらえれば幸いです。 おすすめ空気清浄機 のトップページには、上記以外にも、さまざまなランキング情報やレビューがありますので、ぜひご覧ください。

次の