甘い もの が し みる。 甘いものがやめられない!7つの理由とやめる方法

毎日3枚板チョコを食べていた私が、甘いものをやめる事ができた方法|こだろぐ

甘い もの が し みる

歯がしみる!知覚過敏。 この辛さは経験したことのある人にしか分からないかもしれません。 知覚過敏はむし歯ではありませんが、冷たいものなどがいちいちしみて日常生活にも支障が出てしまうこともあります。 今回は知覚過敏とは具体的にどのようなものなのか、むし歯の痛み方とはどのように違うものなのか、原因はどのようなものか、そして知覚過敏の対策法について見ていきたいと思います。 知覚過敏とはどういうもの? 知覚過敏とは、むし歯ではないにもかかわらず、歯が主に冷たいものなどの温度刺激によって過敏に反応してしまい、一時的に痛みを伴うものをいいます。 一般的には成人以降に見られ、歯周病の進行に伴い、歯茎が下がることによって歯の根元に起こる場合が多く見られます。 もともと歯茎から出ている歯の部分というのはエナメル質に覆われているため、温度刺激を受けてもしみることはありません。 しかし、歯周病などにより歯茎が下がると、エナメル質の層がない歯根が出てしまい、その部分から刺激を感じ取りやすくなるのです。 知覚過敏の症状はどんな感じ? 知覚過敏の症状で最も多いのは「冷たいものでしみる」というものです。 冷たい飲み物やうがいの時の冷たい水、そして冷たい空気でもしみます。 また、冷たいものだけでなく、甘いものや味の濃いもの、酸味の強いもの、熱いものでしみることもあります。 しかし、いずれの場合でも、しみる症状は一時的なもので、長くて1分もせずに治ってしまうことがほとんどです。 そして、刺激を与えなければ痛むことはありません。 知覚過敏の原因 知覚過敏の原因として最も多いと言えるのは歯周病です。 しかしこの他にも、むし歯を治療した後の知覚過敏、ホワイトニング後の知覚過敏、強すぎるブラッシング、歯ぎしりが原因で起こる知覚過敏などがあります。 知覚過敏への対策法 歯茎下がりが原因の場合 歯茎下がりによる知覚過敏は、歯周病や強すぎるブラッシングによって引き起こされます。 そのため、加齢とともに起こりやすい特徴があります。 歯周病の場合には、それ以上悪化して歯茎が下がらないように、しっかりと定期的に歯周病の治療を受けましょう。 また、歯ブラシでついゴシゴシやってしまう人は、やわらかめの歯ブラシを使って、ペンを持つように歯ブラシを持ち、力を入れずに磨くことを心がけてみましょう。 市販の知覚過敏用の歯磨き粉も効果がありますので、それを使ってみるのもオススメです。 また、歯科医院にも知覚過敏を抑制する薬があるので、症状が辛い人は歯医者さんに薬を塗布してもらうと良いでしょう。 むし歯治療後の知覚過敏の場合 特にむし歯が深部まで行っていた場合、歯を削った刺激が神経に伝わり、神経が炎症を起こしてしみやすくなることがあります。 ほとんどの場合は1〜2週間もすれば自然に落ち着いてしみなくなってきますが、むし歯が非常に深かった場合などは数ヶ月続く場合もあります。 しみる症状がだんだんとひどくなり、痛み出す場合にはもともと神経が深いむし歯によってダメージを受けていた可能性が高いため、神経を取ったほうが良い場合もあります。 症状がひどい場合には歯医者さんに相談しましょう。 ホワイトニング後の知覚過敏の場合 ホワイトニング中、もしくは術後に起こる知覚過敏は一時的なもので、落ち着いてきます。 濃度の高い薬剤を使うオフィスホワイトニングでは強くしみてしまうケースもありますので、辛い場合には、低濃度の薬剤を使う、しみにくいホームホワイトニングに切り替えることをおすすめします。 歯ぎしりが原因の知覚過敏の場合 強い歯ぎしりが原因で歯にダメージが加わってしみる場合もあります。 このような場合、歯ぎしりから歯を守るような、夜間につけるマウスピースをつけることで症状が改善することも多く見られます。 この夜間のマウスピースは歯医者さんで作ってもらうことができますので、心当たりのある人は歯医者さんに相談してみましょう。

次の

甘いものがやめられない!7つの理由とやめる方法

甘い もの が し みる

C1やC2などの比較的小さな虫歯ですと、治療も簡単に早く済みます。 虫歯は進行すれば進行するほど、治療期間も長くなり、治療費用も高くなります。 歯の痛み方と、虫歯の進行度合い 自覚症状は感じない エナメル質内だけの初期の虫歯は全く自覚症状がありません。 この段階で早期に治療を受けるのが理想です。 甘いものがしみる 初期の虫歯は、浸透圧の関係でまず甘いものがしみるということがあります。 冷たいものがしみる 虫歯が象牙質に達している状態です。 象牙質に虫歯が達して初めて自覚症状が現れます。 熱いものがしみる 歯髄(神経)のところまで虫歯が達して、炎症が急性の炎症が起きていると熱いものがしみます。 かなり虫歯が進行している状態です。 何もしないでも痛みがある 非常に具合が悪い状態です。 この状態になると治療の際に益井が効きにくくなります。 長い間続いていた痛みが治まったので、そのまま放置している。 痛みを感じる神経自体が虫歯により壊死している状態です。 この段階を放置するとやがて根に膿みがたまります。 その後、激痛を生じ易くなります。 歯はエナメル質、象牙質と呼ばれる硬い組織に覆われていて、その内部には、神経や血管から構成される歯髄(しずい)があります。 激しい痛みがしばらく続いた後も虫歯を放置すると、やがて痛みがなくなる段階がきます。 C4まで虫歯が進行すると、痛みを感じる神経そのもの壊死してしまうので、痛みを感じなくなるのです。 この状態をさらに放置すると、根に膿みを持つようになり、こうなると強烈な痛みを感じるようになります。 この段階まで虫歯が進行してしますと、治療の際に麻酔も効きにくくなり、保存治療(歯を残す治療)も困難になる場合があります。 歯の喪失に用いられる治療法 自分の歯と同じように噛むことができますが、インプラントを埋め込む手術が必要です。 自分の歯と同じように噛むことができますが、ブリッジを固定するため両隣の歯を削る必要があります。 短期間で作成が可能ですが、堅い食べものや、粘りけのある食べ物では、しっかり噛むことが出来ず、違和感を感じる方もいます。

次の

知覚過敏とは?冷たいものや甘いものが歯にしみる時は注意!

甘い もの が し みる

私の場合・・・ 無性に甘いものを食べたくて、気持ちが落ち着くまでどんどん食べるんですよ。 その後は、吐きそうなるくらい気持ちが悪かったり、時々頭痛も起こる。 なんてことを繰り返してました。 食べないと不快なイライラ感、気が済むまで食べると、今度は体が重~くなるような気持ち悪い感じや、頭痛がしていました。 さらに、決定的だったのが検診での血液検査でNGSP 5. 6%という結果です。 実は、母が糖尿病に高血圧があって、色々と大変だったんです・・・ このままだったら、母と同じようにつらい思いをして、食事制限や病院通いをしなくちゃならなくなる。 それは・・・ 嫌だ!!今ならまだ間に合う!って思ったんです。 ホントにね~ 私、甘いもの中毒から抜け出すことができてよかったです。 全く食べないっていうのはなかなか難しいし、現実的ではないかな~とも思うんですよね。 でも、食べすぎや、中毒のように食べなければいられないっていうのは、ダメですよね。 美味しいからこそ、上手く楽しみたいなと思っています。 — 甘いものをやめるためには・・・• 正しく知る• 目的を明らかにする• 環境を整える• 逃げ道を作っておく• メモする• 運動する• 深呼吸をする ご紹介したこの7つの方法は、どれもそんなに難しくなくて、ちょっとした心がけでできることです。 3日坊主っぽいkomidoriもできたんですよね~。 やめられない状態から、コントロールできる状態にしていくことが大事!コントロールできるということは、食べなくてもいられる状態ってことですもんね。 さすがに還暦近くなってくると正直、色々と衰えてきて・・・ まあ自然の流れだけど、やっぱり心や気持ちは若々しくありたいし体も健康でいたいですよねぇ。 これからの長寿時代をいかに生きるか・・・・ komidoriのテーマは 『好奇心とチャレンジ』! 52歳で始めたヨガでしたが56歳の時にに出会って、さらに進化! ティーチャートレーニングを受けて57歳からインストラクター始めちゃいました。 今、読まれているのはこれ!• カテゴリー.

次の