クラッシュ バンディクー。 クラッシュ・バンディクー(キャラクター)

クラッシュ・バンディクーの新作「Crash Bandicoot 4: It’s About Time」は10月2日に発売。4つの「Quantum Masks」が,かつてない力を授ける

クラッシュ バンディクー

コンテンツ [] 紹介 オーストラリア南東の緑豊かな島で恋人のタウナたちと平和に暮らしていたが、ある時やってきたネオ・コルテックスとニトラス・ブリオに捕まり洗脳光線を受けてしまう。 しかし失敗し、光線で逆に正義に目覚めたクラッシュは、コルテックスとブリオを倒し再び島には平和が訪れた。 その後恋人タウナにフラれるも、めげずにモテモテトレーニングを妹のココのアドバイスの元で実践し、様々なアクションを覚える。 それからというもの様々な悪に立ち向かい、何度も地球を守っている正義のヒーローだ!ちなみに好きな物はりんご、ダンス、ヨーヨー、お姉さん。 夢は宇宙一のモテモテくん! ヒストリー 1以前:島で平和に暮らす。 1:コルテックス、ブリオから島を守る。 囚われたタウナを救う。 スア:タウナを救う途中でスカイランドに迷い込む。 2以前:タウナにふられ、モテモテトレーニングを始める。 2:コルテックスに騙されるが最終的にはやっつける。 3:コルテックスの企みを阻止する。 レ:レースに参加し、オキサイドから地球を守る。 カ:アクアクチームの一員として世界を守るために戦う。 4:コルテックスの企みを阻止する。 ア:小さくなった地球を元に戻すために大冒険。 ア2:ウカウカの企みを阻止する。 ニ:宇宙で地球をかけたレースに参加。 5:コルテックスとともに大冒険!エビルツインズの野望を阻止。 わ友:スパイロと一緒にコルテックス、リプトーを倒す。 が:モーターワールドの権利をかけたレースに参加。 フ:世界弾丸レースに参加。 スi:音楽の儀式を妨害しているニセクラッシュをスパイロたちと倒す。 スi:カオスとドゥームレイダーからスカイランドの危機を救う。 当初主人公はウォンバットという同じくタスマニアにいる動物で、「ワイリー・ウォンバット」という名前で開発が進められていた。 クラッシュはノーティドッグが生み出し、Charles Zembillasさんがデザインをして生まれた。 海外では2007年にSchool and Youth Programsのマスコットキャラクターにクラッシュが起用された。 「1」でアクションがジャンプとスピンアタックだけなのは、ソニックが攻撃アクション1つで、ドンキーコングが3つで、開発者がその間の2つにしたかったからである。 クラッシュたちはコルテックスの光線で二足歩行になったわけではなく、始めから二足歩行だった。 クラッシュの口癖は、「~なのだ」や「~だぞ」。 また、一人称は「オイラ」。 クラッシュが水中を泳げないのは、泳ぎ方がわからないのではなく息継ぎが下手だからである。 クラッシュの誕生日は12月6日である。 クラッシュはヨーヨーが得意。 得意技は「アラウンド・ザ・ワールド」。 「3」などでクラッシュの家にあるタウナの写真はみれんタラタラなクラッシュを表現している。 クラッシュの名前は、木箱をたくさん壊すことからなづけられた。 クラッシュが踊るクラッシュダンスは「1」の日本版テレビCMで誕生した。 クラッシュのスニーカーは靴屋さんで小さな男の子がふざけてはいていた大人ようの靴をヒントにデザイナーが作った。 ・クラッシュダンスの最後のキメポーズでは「マ!」と言う。 クラッシュはCMで口笛をふいたことがある。 クラッシュがしろくまステージで爆発したときや感電したときに見ることのできるクラッシュのピンクに赤いハート柄のボクサーパンツは、クラッシュがママからもらったものである。 「2」ではクラッシュの台詞はもっと考えられていたが、クラッシュはあまり喋らないので最終的に前作で使われたもの以外ではオープニングのいびきくらいしか声優の山口勝平さんの声は使われなかった。 テレビ東京「おはスタ」にて一週間「クラッシュくんのオーストラリア旅行」が放送されたことがある。 スタジオにはクラッシュくんが登場したのはもちろんのこと、鶴見プロデューサーも見学にきた。 「3」開発中クラッシュくんがペラペラに平べったくなってしまうバグがあった。 『パラッパラッパー』にあまりにもその姿が似ていたことから、開発スタッフは『パラッパクー』と呼んでいた。 裏設定があり、クラッシュは小学校低学年で、血液型はB型だ。 「がっちゃんこワールド」では日本版のみクラッシュのモデリングが日本向けに変更されている。 またロード画面もモデルが異なる。 クラッシュはギネスワールドレコード2011ゲーマーズエディションの世界で最も有名なゲームキャラクターとして11位に輝いた。 クラッシュはエンターブレインのPS20周年企画「PSを代表するキャラクター」でファミ通の読者投票により2位に輝いた。 クラッシュはアスキー・メディアワークスのPS20周年企画「20周年メモリアルキャラクター」で電撃プレイステーションの読者投票により28位に輝いた。 ギャラリー.

次の

「クラッシュ・バンディクー」のリメイクが原作より難しい理由について、開発元が説明

クラッシュ バンディクー

「クラッシュ・バンディクー」の歴史をおさらい 伝説のはじまりは、1996年ソニー・コンピュータエンタテインメント 現ソニー・インタラクティブエンタテインメント の初代『クラッシュ・バンディクー』の発表でした。 三部作で構成されたプラットフォームアドベンチャーの主人公であるクラッシュ・バンディクーは、悪の科学者Dr. ネオ・コルテックスが行なった実験の失敗作でした。 クラッシュは、コルテックスにとらわれたガールフレンドのタウナを助けるため、あちこちでどんちゃん騒ぎを巻き起こした挙句、結果的にガールフレンドはもちろん、コルテックスの洗脳マシーン「コルテックス・ヴォルテックス」の魔の手から世界をも救うことに。 また、「クラッシュ・バンディクー」には、愉快な仲間や、ユニークな敵キャラも多数登場します。 ネオ・コルテックスはもちろん、仮面に宿りコルテックスへと指示を出す悪の精霊ウカウカ、そしてその仲間であるDr. エヌ・トロピーなど、あきらめの悪い悪役たちも「クラッシュ・バンディクー」シリーズの魅力のひとつです。 10月2日 金 に発売する今作は、前作『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』の続きから始まります。 刑務所から抜け出したDr. ネオ・コルテックスとDr. エヌ・トロピーを止めるべく、クラッシュと仲間たちは時空を超えて、悪の手から世界、そして多元的宇宙までも守ることとなるのです。 描き直されて生まれ変わった、キャラクターたちとレベルデザイン トイズ・フォー・ボブが開発した今作『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』では、おバカでアクションてんこ盛りな3Dプラットフォーミングゲームという「クラッシュ・バンディクー」らしい体験はもちろん健在です。 今作の制作は、開発チームが古いコンソールを引っ張り出し、「クラッシュ・バンディクー」の過去の名作の数々をプレイして近年のリマスター版と比較したり、スタジオ内のハードコアなクラッシュファンから意見を募ったり、「クラッシュ・バンディクー」コミュニティ全体からの情報を得たりするところから始まりました。 オリジナルのノスタルジックな雰囲気を保ちながら、今らしいアートスタイル、新たなゲームプレイメカニクス、近代的なゲーム寄りの操作感で手ごたえを感じられるモダンモードと、昔懐かしの操作感でプレイできるレトロモードの切り替え機能などを取り入れ、過去、現在、そして新しいクラッシュファンのためにゲーム開発に取り組んできました。 これらのこだわりは、公開トレーラーやスクリーンショットでもご覧になれます。 またビジュアル面では、クラッシュと仲間たち、敵キャラ、そしてそのキャラクターたちを取り巻く風景を、新鮮なアートスタイルで表現しています。 シリーズ特有のおバカな雰囲気はそのままに、現代のゲーム体験に合ったスタイルとビジュアルの忠実さで、新たな世界、青々とした風景、驚くほど多様な敵や危険を楽しんでいただけるはずです。 今作ではこれまでと比べてもさらにマップが広くなっており、プレイヤーがひとつのステージを進んでいると、途中で違うステージが見つかることもあります。 またステージデザインは、どこを見ても興味を引かれる魅力にあふれ、生き生きとしています。 そして今作では、このような活気あふれたステージの数々で壁を走ったり、レールを滑ったり、ロープにぶら下がったりと、プラットフォームゲームらしい新たな演出を探検する中で、隠れたスポットを発見することも。 このような開発を経てついに、自身がクラッシュファンでもある開発チームのトイズ・フォー・ボブから、同じくクラッシュファンの皆さまへ贈る『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』という名のラブレターが完成しました。 新要素:4つのマスク クラッシュと妹のココは皆さんおなじみの通り、今でもジャンプ、スピン、そして大騒ぎをしています。 これまでの彼らと違うのは、この20年間に新たな技を習得していたということ。 『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』で新たに登場する「4つのマスク」は、時間と空間を守る4人の強力なガーディアンたちが、現実のルールを曲げて危険な障害をあれやこれやの方法で切り抜ける力をクラッシュに与えるアイテムです。 」で、ひっそりと登場していたんです。

次の

クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!

クラッシュ バンディクー

「クラッシュ・バンディクー」の歴史をおさらい 伝説のはじまりは、1996年ソニー・コンピュータエンタテインメント 現ソニー・インタラクティブエンタテインメント の初代『クラッシュ・バンディクー』の発表でした。 三部作で構成されたプラットフォームアドベンチャーの主人公であるクラッシュ・バンディクーは、悪の科学者Dr. ネオ・コルテックスが行なった実験の失敗作でした。 クラッシュは、コルテックスにとらわれたガールフレンドのタウナを助けるため、あちこちでどんちゃん騒ぎを巻き起こした挙句、結果的にガールフレンドはもちろん、コルテックスの洗脳マシーン「コルテックス・ヴォルテックス」の魔の手から世界をも救うことに。 また、「クラッシュ・バンディクー」には、愉快な仲間や、ユニークな敵キャラも多数登場します。 ネオ・コルテックスはもちろん、仮面に宿りコルテックスへと指示を出す悪の精霊ウカウカ、そしてその仲間であるDr. エヌ・トロピーなど、あきらめの悪い悪役たちも「クラッシュ・バンディクー」シリーズの魅力のひとつです。 10月2日 金 に発売する今作は、前作『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』の続きから始まります。 刑務所から抜け出したDr. ネオ・コルテックスとDr. エヌ・トロピーを止めるべく、クラッシュと仲間たちは時空を超えて、悪の手から世界、そして多元的宇宙までも守ることとなるのです。 描き直されて生まれ変わった、キャラクターたちとレベルデザイン トイズ・フォー・ボブが開発した今作『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』では、おバカでアクションてんこ盛りな3Dプラットフォーミングゲームという「クラッシュ・バンディクー」らしい体験はもちろん健在です。 今作の制作は、開発チームが古いコンソールを引っ張り出し、「クラッシュ・バンディクー」の過去の名作の数々をプレイして近年のリマスター版と比較したり、スタジオ内のハードコアなクラッシュファンから意見を募ったり、「クラッシュ・バンディクー」コミュニティ全体からの情報を得たりするところから始まりました。 オリジナルのノスタルジックな雰囲気を保ちながら、今らしいアートスタイル、新たなゲームプレイメカニクス、近代的なゲーム寄りの操作感で手ごたえを感じられるモダンモードと、昔懐かしの操作感でプレイできるレトロモードの切り替え機能などを取り入れ、過去、現在、そして新しいクラッシュファンのためにゲーム開発に取り組んできました。 これらのこだわりは、公開トレーラーやスクリーンショットでもご覧になれます。 またビジュアル面では、クラッシュと仲間たち、敵キャラ、そしてそのキャラクターたちを取り巻く風景を、新鮮なアートスタイルで表現しています。 シリーズ特有のおバカな雰囲気はそのままに、現代のゲーム体験に合ったスタイルとビジュアルの忠実さで、新たな世界、青々とした風景、驚くほど多様な敵や危険を楽しんでいただけるはずです。 今作ではこれまでと比べてもさらにマップが広くなっており、プレイヤーがひとつのステージを進んでいると、途中で違うステージが見つかることもあります。 またステージデザインは、どこを見ても興味を引かれる魅力にあふれ、生き生きとしています。 そして今作では、このような活気あふれたステージの数々で壁を走ったり、レールを滑ったり、ロープにぶら下がったりと、プラットフォームゲームらしい新たな演出を探検する中で、隠れたスポットを発見することも。 このような開発を経てついに、自身がクラッシュファンでもある開発チームのトイズ・フォー・ボブから、同じくクラッシュファンの皆さまへ贈る『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』という名のラブレターが完成しました。 新要素:4つのマスク クラッシュと妹のココは皆さんおなじみの通り、今でもジャンプ、スピン、そして大騒ぎをしています。 これまでの彼らと違うのは、この20年間に新たな技を習得していたということ。 『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』で新たに登場する「4つのマスク」は、時間と空間を守る4人の強力なガーディアンたちが、現実のルールを曲げて危険な障害をあれやこれやの方法で切り抜ける力をクラッシュに与えるアイテムです。 」で、ひっそりと登場していたんです。

次の