高輪 ゲートウェイ ロボット。 未来の駅 高輪ゲートウェイ

「なんで男女揃えない」と批判|ニフティニュース

高輪 ゲートウェイ ロボット

2 凸版印刷は2020年3月14日に開業したJR山手線「高輪ゲートウェイ駅」に、多言語AI案内サイネージ「BotFriends Vision(ぼっとふれんず ビジョン)」を提供することを発表した。 導入場所は「高輪ゲートウェイ駅」内、駅改札内2階山手線乗り場付近。 今回「高輪ゲートウェイ駅」に導入される「BotFriends Vision」は、従来の物と形状が異なり、車いすでも利用しやすい高さ・画面幅に設計されている。 同社は「駅利用者の利便性を向上させ、国内外からの利用者のおもてなしを支援します」とコメントしている。 コールセンターで培ってきたノウハウでバーチャルキャラクターが「おもてなし」 「BotFriends Vision」は、AIを活用した多言語案内サイネージ。 凸版印刷が2018年11月より提供しており、過去にはJR東京駅や横浜駅で実証実験を行い、AIとバーチャルキャラクターの遠隔操作を組み合わせた駅案内の有用性を検証してきた。 チャットボットプラットフォームは凸版印刷の「BotFriends」を活用。 用意された質疑応答集の通りに回答するのではなく、行動経済学と凸版印刷がコールセンター対応で培ってきた顧客対応ノウハウに基づき、利用者の気持ちに寄り添った「おもてなし」対応を可能にする。 ミライスピーカーとは、、、 株式会社サウンドファン開発の広く遠くまでクリアに言葉を届け、高齢者を含む多くの人に聴き取りやすい音のバリアフリースピーカー。 従来のスピーカーが「コーン」と呼ばれる板を振動させて音が発せられることに対し、ミライスピーカーは「弧を描くように湾曲させた板」から音を発生させる。 この音が特許技術「曲面サウンド」。 雑音下でも、クリアな音声を広く遠くまで届ける。 同サービスの多言語対応のAIチャットボットは、国立研究開発法人情報通信研究機構 NICT のニューラル機械翻訳 NMT エンジンなどを使用。 音声やテキストでの翻訳ができる。 今回の高輪ゲートウェイ駅の実地検証においては、日本語・英語・中国語・韓国語の4か国語に対応している。 「BotFriends Vision」は画面上に表示されたバーチャルキャラクター「小石川 彩」を遠隔地から操作することで、遠隔地にいてもインタラクティブなやり取りが可能。 普段はAIチャットボットが対応し、呼びかけがあった場合に遠隔操作に切り替えることで少人数での効率的な案内・接客ができるが、今回「高輪ゲートウェイ駅」ではAIチャットボットによる自動応答のみの提供になる。 凸版印刷は、「高輪ゲートウェイ駅」のコンセプトである「グローバルゲートウェイ品川」の実現に向けて、「BotFriends Vision」を始めとしたさまざまなサービスを提供していく。 また、さらに拡大が見込まれる国内インバウンド市場に対し、日本文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や、省人化、多言語対応などの社会課題の解決に貢献していくとしている。

次の

高輪ゲートウェイ駅は“実証実験の場” QRコード自動改札機に多数のロボットも

高輪 ゲートウェイ ロボット

高輪ゲートウェイ駅構内では、警備・清掃ロボットや、AI案内ロボットなどが導入されていることでも話題になっているが、問題となっているのは、AI案内ロボットの画面上に表示されているAI駅員。 男性駅員と女性駅員の2種類があり、男性の方は30代くらいのリアルな男性駅員が描かれている一方、女性のキャラクターはアニメ絵となっており、「さくら」という名札も付けられている。 また、駅の案内の他にも趣味を質問すると、「私の趣味は、散歩とウィンドウショッピングです。 他にも様々なことに興味があります」などと答えてくれるほか、年齢や住所、恋人の有無なども答えてくれるといい、話している時に伏し目がちになって髪を触ったりするという。 しかし、これについてネット上からは、「男性は真面目に案内して、女性は案内してる時に髪触ったり、彼氏についてとか答えたりするの? 女性をバカにしてる」「両方作るならなんで男女で揃えないの? 」「男性と女性では同じ駅員でも役割が違うんですよと、堂々会社として言い放ってるってことになる」という批判が殺到。 一方では、「ただのAIじゃん…」「そんなに過剰反応すること? 」という擁護も見受けられた。 AIという最先端技術が使われているのにも関わらず、男性駅員は真面目に対応し、女性駅員は利用客に媚を売るような接客をするという部分に、疑問を抱いたネットユーザーも多くいた様子。 「クールジャパン」を打ち出した高輪ゲートウェイ駅なだけに、「これがクールジャパンだなんてがっかりだ」「ある意味では日本的だよね」という声も聞かれてしまっていた。

次の

凸版印刷が高輪ゲートウェイ駅に多言語AI案内サイネージ「BotFriends Vision」導入 車いすでも使いやすくミライスピーカーも搭載

高輪 ゲートウェイ ロボット

無人AIレジのコンビニ「TOUCH TO GO(タッチトゥゴー)」(撮影:尾形文繁) 2018年にJR赤羽駅構内で実証実験を行ったが、このときは認証の制約から同時に3人しか入店できなかった。 今回は実証実験ではなく、営業を行う第1号店。 それだけに3人というわけにはいかない。 「同時に10~15人入店できます」(阿久津社長)。 無人AIレジの技術を月額サブスクリプションサービスとして、人手不足に悩む小売店や飲食店に売りこみたいと意気込む。 その意味では、この店舗は、日本の未来を占う店舗だともいえる。 警備や清掃はロボットが活躍 さらに足を進めると、最新技術を用いた案内ロボットがせわしなく動き回る。 警備ロボットはセントラル警備保障と日本ユニシスの共同開発。 あらかじめ設定された移動経路を巡回し、不審物から人物までさまざまな情報を検知し、係員に通知する。 駅構内を動き回る警備ロボット(撮影:尾形文繁) 目の不自由な人など移動にサポートが必要な人を検知したら係員が駆けつけてサポートする、指名手配犯の顔や迷子の子どもの顔を覚えさせておいて、カメラが捉えたら係員に連絡するといった機能がある。 不審者に対しては、サイレンを鳴らしたりフラッシュライトを点灯させたりして威嚇するといった機能もある。 常磐線特急E657系をイメージしたデザインが施された清掃ロボットはアマノが開発。 周囲の人の動きを検知して、突然人が飛び出したらすぐに止まるといった機能を備える。 このほか、ディスプレーを搭載して自律移動しながら構内施設の案内や広告宣伝を行うロボットもいる。 こうした自律移動型ロボットの実証実験は昨年12月にさいたま新都心駅構内で実施されたが、今後のこうした未来的な技術の実証実験は、高輪ゲートウェイ駅で行われるようになるかもしれない。

次の