株式 会社 オリコ フォレント イン シュア。 株式会社オリエントコーポレーションの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

株式会社リクルートフォレントインシュアが新事業開始 UFJニコス株式会社と資本提携

株式 会社 オリコ フォレント イン シュア

株式会社リクルート(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO 柏木 斉、以下「リクルート」)のグループ会社、株式会社リクルートフォレントインシュア(本社:東京都中央区、代表取締役社長 宗 健、以下「リクルートフォレントインシュア」)は、不動産賃貸領域における家賃支払い保証サービス(以下「新事業」)への参入を決定し、また、同サービスのノウハウの一部を有するUFJニコス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 大森一廣、以下「UFJニコス」)と11月13日に資本提携で合意致しました。 資本提携の理由 リクルートは、インターネット・情報誌等による不動産賃貸情報メディア事業を「フォレント」及び「住宅情報タウンズ」ブランドにて展開してまいりました。 また、リクルートフォレントインシュアは、不動産賃貸領域における「家賃支払い保証サービス」および賃借人が契約時に負担する敷金・礼金・仲介手数料等の初期費用を立て替え、賃借人から分割払いで回収する「入居一時金の分割払いサービス」の事業化を検討してまいりました。 そこで今回、リクルートの不動産賃貸情報メディア事業の事業基盤・ブランドを生かしつつ、リクルートフォレントインシュアがUFJニコスと資本提携することで、UFJニコスの有する収納業務や広範なクレジットビジネスのノウハウを「家賃支払い保証サービス」及び「入居一時金の分割払いサービス」に活かし、新事業の展開を加速することができるものと考えております。 資本提携の内容 リクルートフォレントインシュアはリクルート及びUFJニコスの二者を対象に、第三者割当増資を行い、資本金を約4億円と致します。 UFJニコスは発行済み株式数の約5%(4. 99%)を保有します。 なお増資は12月上旬を予定しています。 新事業(家賃支払い保証サービス)の概要 賃貸契約時にリクルートフォレントインシュアが賃借人の「家賃保証等」を引き受け、貸主・不動産管理会社への家賃収納をリクルートフォレントインシュアが代行します。 これにより賃借人には賃貸住宅が借りやすくなる、賃貸人にとっては家賃滞納・未回収リスク等を減らすことができる、不動産管理会社にとっては家賃収納・督促業務等が軽減されるといったメリットがあります。 リクルートフォレントインシュアでは、上記「家賃支払い保証サービス」に加え、前述した「入居一時金の分割払いサービス」も継続して事業化の検討を行います。 新事業(家賃支払い保証サービス)の背景 不動産賃貸業界では、賃貸借契約を結ぶ際に「連帯保証人」を求められるケースが一般的です。 「連帯保証人」は、貸主が負う「賃借人の家賃滞納リスク」等を軽減するために有効な制度ですが、この慣習があるが故に「連帯保証人」がいないと「住宅を借りることが困難になる」という問題点も指摘されておりました。 加えて昨今、「両親が高齢のため連帯保証人を確保できない」といったケースも散見されるようになり、賃借人にとって個人の「連帯保証人」を探すことが困難になりつつあるという問題も顕在化しつつあります。 家を借りたい人と家を貸したい人のベストマッチングを目指す当社としては、このような問題を解消し、不動産賃貸市場を活性化させるための取り組みとして、リクルートフォレントインシュアでの「家賃支払い保証サービス」の開始を決定いたしました。 なお、保証受付開始は12月16日を予定しています。 リクルートフォレントインシュアの概要• 商号: 株式会社リクルートフォレントインシュア• 代表者: 代表取締役社長 宗 健• 所在地: 東京都中央区銀座八丁目4番17号• 資本金: 3億9120万円(増資後予定)• 従業員数: 約50名(事業開始時予定。 業務委託含む)• 主な事業の内容: 不動産賃貸領域における家賃支払い保証サービス、入居一時金の分割払いサービス 6. リクルートの概要• 商号: 株式会社リクルート• 代表者: 代表取締役社長 兼 CEO 柏木 斉• 所在地: 東京都中央区銀座八丁目4番17号• 設立: 昭和38年8月26日• 資本金: 30億264万円• 売上高: 4,436億72百万円(平成18年3月期)• 従業員数: 5,873名(平成18年4月1日現在)• 主な事業の内容: 人材総合サービス、および情報誌・インターネット携帯端末等を活用した商品とユーザーとのマッチングサービス 7. UFJニコスの概要• 商号: UFJニコス株式会社• 代表者: 代表取締役社長 大森 一廣• 所在地: 東京都文京区本郷三丁目33番5号• 設立: 昭和26年6月7日• 資本金: 1,017億12百万円• 年間取扱高: 4兆8,914億円(平成18年3月期)• 従業員数: 5,602名(平成18年9月30日現在)• カード会員数: 2,026万人(平成18年9月30日現在)• 豊富な賃貸物件・不動産会社数でユーザーの部屋探しをサポートしています。 駅・スーパー・ファミリーレストランなど日常生活に密着した様々な場所で配布しています。 『住宅情報タウンズ賃貸版』にてユーザーの部屋探しをサポートしています。 本件の詳細はこちらよりご覧ください•

次の

オリコフォレントインシュアの審査は厳しい?評判も含めて解説|最強のお部屋探しブログ

株式 会社 オリコ フォレント イン シュア

家賃保証会社の中でも知名度の高いオリコフォレントインシュア。 ミニミニ• ハウスメイト• タウンハウジング など… 多くの有名な不動産会社が入居審査にオリコフォレントインシュアを利用しています。 実際にこれからオリコフォレントインシュアの審査を受けられる方も非常に多いのではないでしょうか。 しかし、タイトルでもお伝えしていますように、 オリコフォレントインシュアの審査は厳しいです。 今回はオリコフォレントインシュアの審査の厳しさにフォーカスを当てながら、賃貸不動産会社に勤める筆者が オリコフォレントインシュアの審査について詳しく解説をしていきます。 この記事をお読みいただくことでオリコフォレントインシュアの審査について詳しく知ることができます。 ぜひ最後までお読みいただけましたら幸いです。 オリコフォレントインシュアの審査が厳しいたった1つの理由 オリコフォレントインシュアの審査は厳しいと評判ですが、審査が厳しい理由は大きく 1つとなります。 その理由は、 個人信用情報を元に審査を行う ということです。 オリコフォレントインシュアは、• クレジットカードの滞納歴• 携帯代の滞納歴• 自己破産歴 など 株式会社シー・アイ・シー(CIC)や、株式会社日本信用情報機構(JICC)といった信用情報機関から滞納歴などを確認して審査を行います。 個人信用情報を元に審査を行う保証会社を 「信販系の保証会社」と呼んだりもしますが、 それ以外の家賃保証会社は個人信用情報を元に審査を行わないため、信販系の保証会社はその他の家賃保証会社と比べて 審査基準が厳しくなるという訳です。 また、クレジットカードの滞納歴がある方や個人信用情報を元に審査を行う信販系の保証会社については下記の記事にて詳しく解説をしています。 よろしければ参考にご覧ください。 個人信用情報にキズがある方• 収入に見合わない家賃を選択する方• 言葉づかいや態度、身なりが悪い方• 犯罪歴、前科のある方 それぞれ解説をしていきます。 個人信用情報にキズがある方 先程お伝えいたしましたとおり、 クレジットカードや携帯代の滞納歴などがある人はオリコフォレントインシュアの審査に落ちてしまう可能性が高いです。 オリコフォレントインシュアの審査に落ちてしまう理由のほとんどは、 個人信用情報にキズがある場合となります。 個人信用情報にキズがある方の場合は、 信販系の保証会社を利用しない物件に切り替えるか、契約者名義を変更するしかありません。 収入に見合わない家賃を選択する方 収入に適していない家賃を選択すると審査に落ちてしまうこともあります。 また、収入と適正な家賃については下記の記事をご参照ください。 オリコフォレントインシュアの審査日数 オリコフォレントインシュアの審査に掛かる日数は おおよそ2日~3日程です。 しかし個人信用情報にキズがあり審査がNGとなる場合は 即日で結果が出てくることが多いです。 審査NGとなる基準が明確ですぐに判断ができるからですね。 ただし、審査に必要な書類が不足していたり、入居申し込み書の内容に不備があると審査の結果が遅れてしまうこともあるのでご注意ください。 また、不動産会社の定休日をまたぐ場合はその分審査の結果が遅れてしまう可能性があります。 入居審査の結果が3日以上経っても出ない場合は一度担当スタッフに確認をしてみましょう。 入居申し込みの不備が発生している可能性もありますし、不動産会社側・オリコフォレントインシュア側で連絡をし忘れている可能性もあります。 また、入居審査に掛かる日数に関して詳しく解説している記事もございます。 よろしければ下記の記事も参考にご覧ください。

次の

株式会社リクルートフォレントインシュアが新事業開始 UFJニコス株式会社と資本提携

株式 会社 オリコ フォレント イン シュア

家賃保証会社の中でも知名度の高いオリコフォレントインシュア。 ミニミニ• ハウスメイト• タウンハウジング など… 多くの有名な不動産会社が入居審査にオリコフォレントインシュアを利用しています。 実際にこれからオリコフォレントインシュアの審査を受けられる方も非常に多いのではないでしょうか。 しかし、タイトルでもお伝えしていますように、 オリコフォレントインシュアの審査は厳しいです。 今回はオリコフォレントインシュアの審査の厳しさにフォーカスを当てながら、賃貸不動産会社に勤める筆者が オリコフォレントインシュアの審査について詳しく解説をしていきます。 この記事をお読みいただくことでオリコフォレントインシュアの審査について詳しく知ることができます。 ぜひ最後までお読みいただけましたら幸いです。 オリコフォレントインシュアの審査が厳しいたった1つの理由 オリコフォレントインシュアの審査は厳しいと評判ですが、審査が厳しい理由は大きく 1つとなります。 その理由は、 個人信用情報を元に審査を行う ということです。 オリコフォレントインシュアは、• クレジットカードの滞納歴• 携帯代の滞納歴• 自己破産歴 など 株式会社シー・アイ・シー(CIC)や、株式会社日本信用情報機構(JICC)といった信用情報機関から滞納歴などを確認して審査を行います。 個人信用情報を元に審査を行う保証会社を 「信販系の保証会社」と呼んだりもしますが、 それ以外の家賃保証会社は個人信用情報を元に審査を行わないため、信販系の保証会社はその他の家賃保証会社と比べて 審査基準が厳しくなるという訳です。 また、クレジットカードの滞納歴がある方や個人信用情報を元に審査を行う信販系の保証会社については下記の記事にて詳しく解説をしています。 よろしければ参考にご覧ください。 個人信用情報にキズがある方• 収入に見合わない家賃を選択する方• 言葉づかいや態度、身なりが悪い方• 犯罪歴、前科のある方 それぞれ解説をしていきます。 個人信用情報にキズがある方 先程お伝えいたしましたとおり、 クレジットカードや携帯代の滞納歴などがある人はオリコフォレントインシュアの審査に落ちてしまう可能性が高いです。 オリコフォレントインシュアの審査に落ちてしまう理由のほとんどは、 個人信用情報にキズがある場合となります。 個人信用情報にキズがある方の場合は、 信販系の保証会社を利用しない物件に切り替えるか、契約者名義を変更するしかありません。 収入に見合わない家賃を選択する方 収入に適していない家賃を選択すると審査に落ちてしまうこともあります。 また、収入と適正な家賃については下記の記事をご参照ください。 オリコフォレントインシュアの審査日数 オリコフォレントインシュアの審査に掛かる日数は おおよそ2日~3日程です。 しかし個人信用情報にキズがあり審査がNGとなる場合は 即日で結果が出てくることが多いです。 審査NGとなる基準が明確ですぐに判断ができるからですね。 ただし、審査に必要な書類が不足していたり、入居申し込み書の内容に不備があると審査の結果が遅れてしまうこともあるのでご注意ください。 また、不動産会社の定休日をまたぐ場合はその分審査の結果が遅れてしまう可能性があります。 入居審査の結果が3日以上経っても出ない場合は一度担当スタッフに確認をしてみましょう。 入居申し込みの不備が発生している可能性もありますし、不動産会社側・オリコフォレントインシュア側で連絡をし忘れている可能性もあります。 また、入居審査に掛かる日数に関して詳しく解説している記事もございます。 よろしければ下記の記事も参考にご覧ください。

次の