ミズノプロ 120 アイアン。 ミズノ「ミズノプロ120」アイアン

ミズノプロ 920アイアンの試打&評価/鍛造でこのやさしさを実現│楽しい GOLF LIFE

ミズノプロ 120 アイアン

ヴィクトリアゴルフ世田谷店 佐藤です。 『Mizuno Pro 120 アイアン』の印象をお伝えします。 『Mizuno Pro 120 アイアン』は、フィッティング専用のプロシリーズで、唯一のマッスルバックアイアンの最新版として、2019年9月20日に発売されました。 話題になっている「銅下メッキ」の復活は、『Mizuno Pro 120 アイアン』も同様です。 実は、このアイアンが最もその恩恵を受けている可能性が高いのです。 バックフェースを見ると、名器として名高い『プロ TN-87 アイアン』を彷彿させます。 1980年代後半に一世を風靡したアイアンは、数年前に復刻版が出ましたが、21世紀でも有効なのでしょうか?『Mizuno Pro 120 アイアン』は、似て異なる最新版のマッスルバックアイアンです。 「番手別逆テーパーブレード設計」は、トップエッジのバックサイドを上ほど厚くして、その分中央部を薄くしています。 これは、スピン性能を上げることと、フェースの反発を高める効果を狙っているようなです。 「番手別設計」は、ロング・ミドルアイアンは低重心にして、ショートアイアンは高重心になるように番手別に設計するテクノロジーです。 ブレードの厚みも変化させています。 トウ側からアイアンを見ると、流れるように変化していてお見事です。 『Mizuno Pro 120 アイアン』は、マッスルバックのアイアンとしてオススメですが、お客様の試打件数は伸びません。 理由は、始めから「難しくて自分には使えない」と諦めてしまうからです。 ただ、マッスルバックのアイアンへのこだわりがあるお客様には絶賛されています。 まず、良い顔をしています。 お手本のような形状です。 そして、難しく見えないような工夫が、見た目でも丁寧に施されています。 試打ブースで打ってもらうと、「銅下メッキ」の本領発揮で、スゴい打感だと感心するケースがほとんどです。 トラックマンのデータを見ても、驚異的な数字が出ます。 まず、クラシックなロフトであるのに、半番手から1番手ぐらい飛びます。 理由はわかりませんが、現実にほとんどのお客様が体験しますし、自分も打ってみて間違いないことを確認しました。 更に驚かされるのが、距離感に敏感なところです。 トラックマンを使って、何ヤードを打とうと意識して打つと、ビシビシ合うのです。 こんなことができるアイアンは本当にレアです。 『Mizuno Pro 120 アイアン』は、ボールを押し込んで打てるゴルファーにオススメです。 フィッティング前提のアイアンですが、たった3球で済みますので、受けて欲しいです。 ある程度打ち込んでアイアンを打てるゴルファーなら、スコアにかかわらず使うことができます。 難しすぎないところが『Mizuno Pro 120 アイアン』の特徴だとも言えます。 また、視覚から来る感性で「使ってみたい」と思ったゴルファーにもオススメです。 マッスルバックのアイアンは、アイアンに飛距離を求めないことが使用条件となります。 『Mizuno Pro 120 アイアン』も、それは該当します。 距離を無視したとしても『Mizuno Pro 120 アイアン』には十分な魅力があります。

次の

【アイアン分析】やさしいのにミズノプロ! みんなが使える軟鉄鍛造アイアンが登場「MizunoPro920」

ミズノプロ 120 アイアン

ミズノプロ120の特徴 ソフトな打感!そして抜けが最高に良いアイアンです! これぞ日本のミズノという伝統を遺憾無く発揮しているクラブ。 打感、形状の美しさを兼ね備えたアイアンです。 昔のミズノに比べたら球が上がりやすくなってますし、難しいという印象はありません。 【クラブスペック】 ロフト角34度 長さ36. 軟鉄とチタンを融合した素材で作られてます。 そしてその素材のつなぎ目が完璧で、打感は軟鉄のソレなのに、飛距離はチタンで伸びるという。 見事に打感と飛距離をフュージョンさせたクラブなのです。 【クラブスペック】 ロフト角32度 長さ36. ミズノといえば球が上がりにくい、難しいという印象がありますが、920は球の上がりやすさを感じるクラブです。 また直進性が高く一度スイングに入ると自動的に打つことができます。 アマチュアでも扱いやすいのがグッドですね。 【クラブスペック】 ロフト角30度 長さ36. ということで、大まかにまとめると、 やさしさ+打感ソフト+飛距離を求めるならミズノプロ920 飛距離よりも操作性を重視するならミズノプロ120 920と120の間をとったバランス重視ならミズノプロ520 といったところでしょうか。 ってことで、参考になれば幸いです。

次の

新・貧打爆裂レポート『ミズノプロ120 アイアン』

ミズノプロ 120 アイアン

ミズノのアイアンの特徴は、なんといっても養老工場で製造される軟鉄鍛造モデルに代表されるクラフトマンシップです。 特にマッスルバックの『ミズノプロ120』のように、打感や打音、形状の美しさへのこだわりは高く評価されています。 国内ではカスタム専用のブランド『ミズノプロ』が主力展開していて、フィッティングを受けて、自分にあうアイアンをオーダーするのも大きな特徴です。 【関連】 ミズノ アイアンの選び方|カスタムオーダー前提のブランドと理解して選ぶ ミズノのアイアンのうち、『ミズノプロ』ブランドはカスタム専用のラインナップです。 店頭でミズノ独自のフィッティングを受けて、自分にマッチするヘッドとそれに合うシャフトを組み合わせて、注文します。 いわゆる完成品を選んで購入するのと大きく違うので、その点を知ることが大切です。 自分が欲しいものと、フィッターが推奨するものが違うこともあるでしょう。 自分が求める飛距離を出せるかどうかをチェックする ミズノのアイアンは、数が非常に豊富で対象ゴルファーもかなり幅広くなっています。 プロのようなハードヒッター向けの『ミズノプロ120』は7番のロフト角が34度。 またハーフキャビティの『ミズノプロ319』も同じく34度ですが、『120』よりもボールが上がりやすく、スイングタイプによって、飛距離に差が出る可能性があります。 また、飛び系アイアンの最新モデル『JPX200X』は7番で26度です。 モデルごとに弾道が変わるので、自分の打ちたい飛距離や高さのクラブを選びます。 素材の違いを理解して、打感と打音の好みで選ぶ ミズノのアイアンにファンが多い大きな理由は、打感・打音に優れていることです。 『ミズノプロ』のモデルは、メッキの下に銅下メッキを施すなど、打感へのこだわりはひと際強いブランドがミズノです。 その中でも軟鉄鍛造一体成型の『ミズノプロ120』とチタンを内蔵した『ミズノプロ520』、ポケットキャビティ構造とマイルドスチール S25C ボロン鋼を採用した『ミズノプロ920』とは、同じ良い打感でもかなり感触や音が異なります。 自分の好きな打感を選びましょう。 操作性とミスへ許容範囲の大きさでアイアンを選ぶ 難しいイメージのあるミズノのアイアンですが、ヘッドが大きく、周辺に重量を配分したやさしいモデルもあります。 『JPX200X』や『ミズノプロ920』、『ミズノプロTi18』などスイートエリアの広いモデルと、『ミズノプロ120』、『ミズノプロ319』など、ミスにはシビアでも操作性が高いモデルがあります。 自分の腕前を考えて、どれだけクラブに助けてほしいかで、アイアンを選択します。 ミズノ アイアンおすすめモデル【初心者から上級者向けまで】 2020年春時点で販売されているミズノのおすすめアイアンを紹介します。 種類が多いだけでなく、『ミズノプロ』 は市場にある大半のシャフト装着できるので、バリエーションが非常に多くなっています。 ミズノ ミズノプロ120 アイアン ミズノ ミズノプロ120 アイアン 軟鉄鍛造一体成型のマッスルバックでミズノのフラッグシップモデルと言えるアイアンです。 非常に小ぶりでシャープなヘッドで、技術とパワーを兼ね備えた上級者向けのモデルです。 リーディングエッヂを地面に近づけ、より丸みをつけてつっかかりを抑えるなど、上級者が好むお助け機能を備えています。 軟鉄鍛造で銅下メッキを施し、ヘッド内部の鍛流線を打球部に密集させるミズノ独自の技術「グレインフローフォージドHD」を採用したヘッドは、分厚い極上の打感を楽しめます。 クラブ名 ミズノ ミズノプロ120 アイアン 長さ(5I) 37. PRO 950GH neo、N. キャビティ部ヘッド中央に比重の小さなチタンを内蔵し、トウ側には比重の大きなタングステンを配置(No. 4〜7)することにより、慣性モーメントを拡大しています。 シャープな見た目の印象よりも、打点のバラツキに強く、安定した方向性と中上級者が好む操作性を持っています。 内蔵したチタンの上にはステンレスのプレートをかぶせた独自の構造で、軟鉄一体成型とはまた違った、チタンの醸す軟らかな打感が楽しめるモデルです。 クラブ名 ミズノ ミズノプロ520 アイアン 長さ(5I) 37. PRO 950GH neo、ダイナミックゴールド、N. PRO MODUS3 TOUR120、N. キャビティ内を2段で掘削した「デュアルT-SLOT加工」で、大きなポケットキャビティ構造になっています。 これにより軟鉄鍛造アイアンながら、ワイドスイートエリアを実現し、深い重心深度によりボールの上がりやすさと安定した方向性を発揮します。 「ミズノなのに、やさしい」と言われるモデルです。 マイルドスチール(S25C)にボロンを0. 003%添加し、粘り強い特性を持たせた軟鉄鍛造素材をヘッドに採用。 フェースとソール部の薄肉化を可能にし、反発性能が向上しているため、飛距離性能も期待できます。 クラブ名 ミズノ ミズノプロ920 アイアン 長さ(5I) 37. PRO Zeros 7、N. PRO 950GH neo、ダイナミックゴールド、N. 素材は強度に優れているクロムモリブデン鋼を採用し、フェースの簿肉エリアを広げ、フェースのたわみ面積を拡大する「シームレスカップフェース」、フェース中心部に厚みを持たせ、フェース周囲部を薄くする「コアテックフェース」を搭載しています。 カーボンナノチューブと炭素繊維を複合した、ミズノ独自の軽硬シャフト「Mフュージョン」も標準装備。 ヘッドだけでなく、シャフトからもスピードアップを計れる、飛びにこだわった性能です。 クラブ名 ミズノ JPX200X アイアン 長さ(7I) 37. 25インチ 番手/ロフト角 6I/23度 7I/26度 8I/30度 9I/34度 PW/39度 PG/44度 GW/49度 SW/55度 ヘッド素材 本体/クロムモリブデン鋼(4140M)精密鋳造 シャフト カーボン:20 MFUSION i(SR、R)、PLATINUM MFUSION i(PLATINUM R) スチール:N. PRO ZELOS7(S)、N. アイアンの名手、ルーク・ドナルドから名前をとった、3点に丸みを持たせ、芝に潜り過ぎず、抜けの良い「ルークソール」を搭載しています。 マッスルバック同様のストレートネックでシャープな操作性を持ちつつ、ハーフキャビティと少し長めの重心距離で、ヘッド挙動と振り心地をマイルドにして、扱えるゴルファーをより幅広くしたアイアンです。 クラブ名 ミズノ ミズノプロ319 アイアン 長さ(5I) 37. 打感を楽しみつつ、7番で32度というロフト角以上の飛びを実現しています。 より強度の強い軟鉄ボロン鋼をヘッド素材に採用し、鍛流線を打球部に密集する「グレインフローフォージドHD」や銅下メッキなど『ミズノプロ』ならではのテクノロジーを採用。 長めの重心距離でやさしさと飛びを強調したモデルです。 クラブ名 ミズノ ミズノプロ719 アイアン 長さ(5I) 37. フェースに採用されたのは、一般的なチタン合金(6AL-4V)よりも比重が9%小さく、強度が16%高いストロングライトチタン(LD433P)。 フェースを薄肉化し、高初速エリアを従来モデルよりも56%も拡大しています。 小さめのFP値でつかまりやすく、『ミズノプロ』の中でも最大級のスイートエリアを持ち、やさしさと飛びを追求したアイアンです。 さらに、打球音を設計するミズノ独自の「ハーモニックインパクトテクノロジー」が、チタンフェースアイアンでありながら、ソリッドな打音を生み出します。 クラブ名 ミズノ ミズノプロTi18 アイアン 長さ(5I) 37. 価格は、モデル別でも変わり、カーボンシャフトとスチールシャフトでも大きく違うので注意しましょう。 カーボンシャフトの方が、金額が高価になることが多くなります。 金額はすべて税別です。 操作性や美しさもミズノのアイアンの魅力 ここまで2020年最新のミズノアイアンを紹介してきました。 『ミズノプロ』はカスタムオーダー対応なので、自分にあったシャフトをかなり幅広い選択肢の中から選ぶことが出来ます。 シャフトによって、球の高さやつかまり度合いなど、弾道も大きく変わってくるので、慎重に選びたいものです。 軟鉄鍛造一体成型やチタンフェース、チタン内蔵モデルなど、構造は様々ですが、ミズノのアイアンに共通するのは、打感の良さと形状の美しさです。 単に結果を求めるだけでなく、使っていて心地よい、楽しいと感じられるのもミズノのアイアンの特徴でしょう。

次の