上原美佐 引退。 上原美佐 女優・俳優部門 恐怖の追跡〜あの人たちは今?〜

上原美佐(Misa Uehara)「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」(1960年) : 夜ごとの美女

上原美佐 引退

経歴 [編集 ] 卒業後、在学中に『』で監督のにヒロイン役に抜擢されてデビュー。 抜擢されたきっかけは、上原が短大在学中に師事したのもとを訪れた際に、の社員の目に留まったことにある。 1981年の黒澤明・・とのテレビ対談では、の東宝系の映画館に行った際、東宝の社員に声をかけられた、と本人は語っている。 当時、上京の折には徳川義親の家に泊まり、徳川義親の行く先々について回ったため「徳川家の孫娘」と噂されたこともある。 黒澤はあくまで上原の「気品と野生の二つの要素がかもしだす異様な雰囲気」 のみを評価し、デビューに至った。 撮影にあたって、を習い、障害を跳べるまでになった。 そのほか、武家の姫らしい身のこなしのためにも習った。 演技は初めてでまったくの素人だったため、そのつど黒澤が演じてみせ、その通りに従い進めていったという。 きりりとした顔立ちと躍動感溢れる演技で人気を博し、一躍スターとなるが、本人は「私には才能がない。 」と2年で引退した。 フジテレビ系列『ゴールデン洋画劇場』終了後、黒澤監督、、、上原美佐が出演し当時を振り返った。 この時上原は女優業を引退していたため「引退後、主婦、二児の母」と紹介されていた。 2003年、死去。 満67歳没。 出演作品 [編集 ]• (1958年、) - 雪姫 役• 大学の28人衆(1959年、東宝) - 多田節子 役• 戦国群盗伝(1959年、東宝) - 小雪姫 役• (1959年、東宝) - 城山ゆり子 役• (1959年、東宝) - 馬賊・ヤン小紅 役• (1959年、東宝) - 奇稲田(クシナダ)姫 役• 現代サラリーマン 恋愛武士道(1960年、東宝) - 園田節子 役• (1960年、東宝) - 啓子 役• 大学の山賊たち(1960年、東宝) - オシメ 役 脚注 [編集 ]• 内外タイムス文化部編『ゴシップ10年史』(三一新書、1964年)p. 63-64• 参考文献 [編集 ]• 編 『女優ベスト150 わが青春のアイドル』 1990年。 ISBN 4168116123 外部リンク [編集 ]•

次の

上原美佐 (1937年生)

上原美佐 引退

2 : 香川京子には及ばないな 3 : オフィシャルサイト 4 : 発声がヘン 5 : いやじゃ、いやじゃ、いやじゃ 姫も17、冬も17、 なぜじゃ。 6 : 美形って言うほどでもないんだけど 7 : 単独主演作を外してあるのは何故 8 : 9 : なんだか背中がムズムズする独特の発声。 沢口靖子と同じ感じ 主演作は「ある日わたしは」だけかな? あれは引退したい上原を引き止めるためわざわざ作った映画らしいが 10 : 俺は2代目の方が好きだ。 「ある日わたしは」も全編雪姫語り。 私は好きですが。 19 : 「ピーじゃ、ピー姫じゃ」 テレビ放映『隠し砦の三悪人』より。 20 : オシか・・・ 21 : でも放送禁止用語なんかは当事者が聞いて嫌になるものは仕方ないと思うけど おしは最初から聞こえないからそのまま流してもいいんじゃないかな 22 : 日本映画専門チャンネルはピーなしで放送しているよ。 TVの放送自粛なんて、いい悪いを基準に考えているんじゃなくて、 スポンサーがどう感じるかが基準なんだから議論するだけ無駄。 視聴者が金払うスカパーならあっさりカットなしで放送。 カットありなら金払わなくなるもんね。 23 : オシ・メクラ・カタワ よく出てくる用語でつね 24 : オシ・メクラ・カタワ よく出てくる用語でつね 25 : オシ・メクラ・カタワ よく出てくる用語でつね 26 : 「おしは最初から聞こえないからそのまま流してもいいんじゃないかな」ってな、 耳が聞こえないのは「つんぼ」、「おし」は口がきけないの。 だから、途中で聴力を 失ったベートーヴェンは「つんぼ」ではあっても「おし」ではないわけ! 「放送禁止用語」であんまり使われなくなったおかげで、この程度の言葉でも説明や 注釈が必要になってしまったとはね。 それから、たとえば「クロンボ」を「差別語」だと主張する人には、黒人が白人や 黄色人種より明らかに劣等な人種であることを証明してくれたら、お説に従います と言ってやりたいね。 27 : 美佐タンは「ある日わたしは」で「ハゲ」も言ってるね 28 : 「クロンボ」が差別語なのは、黒色人種が劣等だからではなくて、黒色人種を蔑んで 呼ぶ言葉だからだよ。 わかります、この違い? 29 : ここは差別語を論ずるスレになりますた 30 : 「おし」ってのはな、耳が聞こえねえからしゃべれねーんだ! 31 : ジャームッシュに似たようなのあったな。 男「めくらの人ってたいていあんたみたいに濃い色の眼鏡をかけてるな」とめくらのお姉ちゃんに。 めくらのお姉ちゃん「そう?あたしはめくらの人を見たことがないから」 男「そりゃそうだ」 32 : あげ 33 : 結婚したのかな? 34 : 隠し砦〜での太ももは良かった! あの太ももに、あの太ももで、 俺は・・・俺は・・・ 35 : あのフトモモを独占した旦那さんが羨ましい・・・ ちなみに俺は5回お世話になりました 36 : フトモモ確かに良いね 隠し砦くらいの年の時に「卑弥呼」役でもやったらぴったりだったろうね。 37 : 今はどうしてるんだろうね。 38 : 孫がいてもおかしくない年齢だよね 老いた姿は見たくない!フトモモよ 永遠なれ 39 : 「ある日わたしは」が最高 フトモモは出ないけど、三人の男達がかわるがわる 美佐タンと四畳半で二人きり。 閉塞感がエロい 40 : どうせなら、隠し砦で、三船の留守中に釜足と千秋にフトモモを触られるとか、 フトモモに頬ずりされるとか・・・ 黒澤君ももう少しサービス精神を見せて欲しかった。 41 : あんな汚いオヤジどもにHなことされる雪姫…いいね! 42 : 「大学の山賊たち」だったかな… 黒いスキーウェアに色白の顔が映えてとってもきれいだった。 昭和12年生まれくらいだっけ? もう70近いバアサンなんだよな、実際。 43 : 数居る美人の中で美佐タソだけ悪人ドモに襲わせるのは正解 ジタバタするときの長いアンヨが・・・・ 日本人離れした体型だ 44 : 1932年(昭和7年)生まれの岸恵子がびっくりするくらいの若々しさで 今日NHKに出てたよ。 だから美佐タンも若さをキープしていてくれてたら嬉しいな。 45 : 個人差もあるし、芸能人はしわのばし手術の費用も経費でおちるだろうから 一般人とはいっしょにできないけど、美佐タソもいつまでも美しくいて保水ね。 46 : そういえば、三悪人で千秋が「緊張をほぐすため」といって 覗いたという話があったが本当かな? 47 : 隠し砦では雪姫のアップが少なすぎるのが不満だなぁ。 黒澤映画は一般的に人物をアップで撮るのって あんまりないんだね。 特に「乱」ではそれが顕著でかなり気になったりする。 48 : ヨモタンもそんなこと言って「乱」を批判してたなあ ヒロイン(宮崎美子)の顔がアップにならない時代劇ってあるかって 49 : そうなんでつよ。 52 : 文句があるならヨモタンにどうぞ 53 : あのシーンの演出は俺も疑問。 あの後の二人で階段を下りていくシーンが良いだけに。 ただ「乱」に顕著だけど、ああいう構図主義的なところがたまにあるな、黒澤は。 54 : >「喧嘩はならんぞ」という台詞のややアップシーンでも >殆ど表情が分からない撮り方をしてるのは一体なんで??? >この映画の実質的主演(異議は認めませんw)ともいえる雪姫の表情が見たいんよ! 表情わかるよ おまえさ、ちゃんとスクリーンで見たの? 55 : いや、表情が分からないわけじゃないけど、 雪姫の魅力的な表情が十分に撮れてるといえるの? それよりもなんでいきなり喧嘩腰なのさ?w 56 : だから云ってるだろ ビデオで見ることなんか想定してないんだから おまえの文句はお門違いってんだよ 57 : しかし、いきなり「おまえ、おまえ」って随分失礼な人だねぇw 隠し砦はスクリーンでは見れなかったけど、 乱はスクリーンで見てもそういう不満を持ったからね。 まぁ、この辺にしときましょ。 あんまりあなたの血圧上げるとまずいでしょうからw 58 : >殆ど表情が分からない撮り方をしてるのは一体なんで??? うんにゃ。 ビデオの豆画面でこういう物言いをするテメエのほうがよっぽど失礼だ。 sラの言いがかりだよ、おまえの言い草は。 59 : とりあえずクローズアップはなかったね。 もう一段の引き気味のアップしか。 七人の侍の志乃はドアップがあったんだけどなあ 60 : 論破完了b 61 : ビデオで観たらダメな映画だから所詮クズってことだなw 62 : と、クズ人間が申しておりますw 63 : 狂信的黒澤信者は人格攻撃が好きですね。 このスレにも来ちゃいましたな。 64 : テレビ放映なんか許可しなきゃあよかったのにねw 65 : と高見とから批評して優越感にひたるオマエもな 66 : まあまあ、 意見は様々だが 俺が言いたいのは、とにかくフトモモなんだよ! フトモモのアップが無かったのが残念でならん! 67 : 黒澤映画としては、雄から見た女として貴重だよな。 68 : 別スレであったけれど、撮影のためとはいえ、ズロース全盛のあの時代にTバッ ry 69 : age 70 : あの時代にパンティーというものはあったのでしょうか? 71 : 、70 詳細キボン 72 : いやぁたまらん・・・たまらんよぅ〜 俺をあの時代に連れてっとくれよぅ〜 絶対モノにしてみせるからよぅ・・・ 73 : age 74 : 祭りのシーン、物凄く魅力的に撮れてるのだが、 盛り上がったところでブツっと切られる感じで ちょっと物足りない。 あの場面はもう少し長くして欲しかったのねん。 75 : あの後、ひっそりと掘り出すシーンへの対比のためにブッツリ切っているんだと思うけど、 あの辺りの展開はイマイチだね。 草原に追い詰められるところは凄くいいのに。 76 : ,. 一'ヾ'"ヽ! r';ミシ''" _,,,!... -" 77 : イイナァ・・・ 78 : くそ〜、クロサワめ。 じゃあ美佐のフトモモにも舌をはわせたのか・・・ 79 : 上原美佐と検索すると今は、若手女優の方の検索が多い。 それとかつて「破れ刀傘」という時代劇に出ていた女優もいます。 80 : ageるぞ、六郎太! 81 : ,. 一'ヾ'"ヽ! r';ミシ''" _,,,!... 85 : 昔は今とはモラルが根本から違うからなるとは限らないだろ 86 : 志あらばageるのぢゃっ! 87 : 御健在だろうか… 88 : 俺も昔はそう思っていたが、今ではそうならないこともけっこう、 いや、かなりあることを知った。 89 : 「太平洋の嵐」の花嫁姿は美しかった。 90 : この人、母子家庭だったらしいが すごいお金持ちのお嬢さんでしょう 91 : グッキーちゃん元気してるかな? 92 : この人のいでたちって、白土三平の「カムイ伝」の少年忍者カムイ のキャラデザに影響与えていない? 93 : 六郎太!またsageてるではないかっ!早くageるのぢゃっ! 94 : それこそ、徳川とかそっちの方のシャレにならないくらいすごいお家柄だった…ってのを 以前、読んだ気がする…。 誰か覚えてor知ってない? 95 : 太もも・フトモモ・太股・太腿・・・ みんなはどれがお好み? 96 : 「日本誕生」の八岐大蛇のシーンでちょこっと登場 オールスター映画だが飛び抜けた可愛さだった 97 : いや連れてきたのが松平の末裔の大学教授。 どっかで情報が錯綜している。 98 : ピーター バラカンは幼少時クロサワ作品で日本に憧れた。 と公言してるが 美佐の太腿とホットにも惹かれたらしい。 他にもそういうボンクラが沢山世界中にいるだろう ってこった。 99 : 誰か千秋釜足美佐の鼎談番組の録画持ってないか もう一回みたいよお.

次の

女優上原美佐よ 再び

上原美佐 引退

「隠し砦の三悪人 1958年黒澤明監督作品)」上原美佐、奇跡のヒロイン。 「隠し砦の三悪人 1958年黒澤明監督作品)」上原美佐、奇跡のヒロイン。 数々の犠牲の上に立ってお家再興を目指さなければならない雪姫の悲劇性、 強欲さで分け前をめぐってすぐ喧嘩する太平と又七のユーモラスな掛け合い、 勇壮な真壁六郎太と田所兵衛、と徹底して娯楽性を追及して作られている、 もう娯楽映画の一つの到達点、と言っても過言ではない名作。 黒澤映画初のワイドスクリーン。 三船と藤田の槍での対決シーンに効果的。 槍を相手に向けて構えると両者が横長になるから、横に細長いワイドスクリーンにうまくおさまって見栄えがいい。 それから雪姫が横になって眠っているいるシーンでも 顔から足までが全部入り、大胆な太腿がエロティック。 【上原美佐(雪姫)】 何度も見てるんですが、今回はより雪姫の心情について見ることが出来ました。 自分の見代わりになって死んだ真壁の妹への涙。 男勝りに育てられたための気丈ぶり。 人買いに連れられていた自分の領地の娘を、いくさに負けた責任感から馬を売った金で買い戻す。 捕えられた後、火祭りが楽しかったと旅の思い出を語り、 朗々と火祭りの歌を歌い覚悟を決めるシーン 泣かせます。 ビジュアル的にも先に述べた眠りのシーン、 宿場での立ち姿の気品あるたたずまい、と荒々しさの中に見られるエロティシズムを感じさせます。 上原美佐さんは突如スカウトされて大抜擢でヒロインの座を射止め、短期間で引退してしまったそうで、 これ以外の出演作品もあるんですが、これ以外でお見受けしたことがございませんですが、 この映画での出来は素晴らしいものがあります。 奇跡のヒロインと言ってもいいかも知れません。 【藤田進 田所兵衛)】 後半、非常に重要な役柄です。 ライバルの真壁との槍勝負、 そしてラスト近くの爽快な脱出劇。 このシーンは「火祭りの歌」のアカペラ、 例の決めゼリフとおいしいところ総取り。 【加藤武 落武者 】 オープニング、千秋実と藤原鎌足がとぼとぼ砂漠を歩いているシーンで 突如画面の外から飛び込んできて殺される血だらけの落武者が加藤武だそう。 んで倒れた後騎馬が通過するんだけど、倒れたままの加藤武の頭のすぐそばを馬が通過する。 すっごくヤバい。 馬の脚が頭踏んづけそう。 で騎馬が通り過ぎた後、加藤武の体の向きが変わる。 演出か、馬の脚をとっさに避けたまま固まったのかは不明。 んで動いた後のポーズって言うのが、左手が空を掴むように上がってる。 そのまま固まってる。 んで太平と又七が同じシーンで長セリフしゃべるもんだから、 加藤武そのままずーっと手を上げたまんまのポーズが続いてる。 かなーりキツそう(笑)。 もちろん三船の真壁六郎太、いい出来です。 騎馬で手綱を持たずに敵を斬るシーン、スタントでしょうか? 機知を効かせて関所を通るシーンなどはまってます。 オープニングのマーチ風の曲も勇壮感があっていい。 なかなかアラを見つけるのが難しい、 つまり完成度が高く 雪姫のエロティシズム、 三船の機知に富んだ展開、 藤田進の先に書いた見せ場、 両雄の槍勝負、 そして千秋と藤原の笑わせる掛け合いと もう娯楽映画の一つの〜 頭に戻る)。 1958年東宝・モノクロ 監督:黒澤明 製作:藤本真澄、黒澤明 脚本:菊島隆三、小国英雄、橋本忍、黒澤明 音楽:佐藤勝 出演:配役 三船敏郎:真壁六郎太 千秋実:太平 藤原釜足:又七 藤田進:田所兵衛 上原美佐:雪姫 志村喬:長倉和泉 樋口年子:秋月領の娘 上田吉二郎:人買い 加藤武:落武者 三井弘次:山名の番卒 堺左千夫:足軽 その他、中丸忠雄、沢村いき雄、大橋史典、高堂国典、小杉義男、大村千吉、中島春男、広瀬正一、佐藤允、藤木悠、土屋嘉男 まあ最後にちょっとだけ書くと・・・。 中丸忠雄、沢村いき雄、小杉義男、大村千吉、佐藤允、藤木悠、土屋嘉男・・・ この辺の有名な方たちがどこのシーンに出ているのか、まだ発見できていません。 今後の課題です。 ('11. 0110).

次の