タイピング練習 長文 10分。 タイピング無料ゲームセンター

長文タイピングをマスターしたい!漢字変換のコツ+おすすめ練習ゲーム

タイピング練習 長文 10分

タイピング早くならない・遅い場合の上達方法 人それぞれタイピングを打つ環境(パソコン・キーボード)は違いますが共通してできるpointなどを詳しく書いていきます。 分かりやすいように「 初心者編・ 上級者編」で分けてみました。 初心者編「基本のやり方・手の位置」 初心者編では 『タイピングを始めたばかり』 『全くうまくならない』 『単語入力がやっと』 というような人用に解決策を書いていきます。 ホームポジション(指)の固定 タイピングをする上で「 ホームポジション」は1番重要です。 ここで間違った覚え方をしていると頑張って練習してもなかなか早くはなりません。 ホームポジションさえしっかりしてればどんどん上達していきます。 もし指が分からなくなったら 「 左手人差し指:Fキー」「 右手人差し指:Jキー」だけ覚えておけば後は横に指を広げていくだけでホームポジションが完成します。 最初は手や指が慣れていなく、「 ホームポジションがずれる」ということも多いと思いますが、練習していくうちに段々と手や指が慣れてくるので安心して下さい。 絶対にキーボードを見ない「ブラインドタッチ」 「 キーボードを見ないで打つ」というのは当たり前のようで意外と忘れがちになっている習慣の1つです。 特に初心者の頃は、 ミスタイピング(文字を打ち間違える)度にキーボードを見てしまうのでそれがクセとなってなかなか上達しません。 管理人も昔は常にキーボードを確認するクセがあり、その習慣のせいでブラインドタッチがなかなか身につきませんでした。 コツとしては『 どんなにゆっくりでもいいので正確に、キーボードを絶対に見ない』これを意識するだけで少しづつ体がキーボードの配列を覚えてくれます。 毎日1回は「50音+濁音+半濁音」の練習 いくら頭で理解しても結局は「 体や指が感覚として覚える」という状態に最終的にはならないといけません。 時間も 5~10分程度でできるので「 体で覚える・早く打てるようになる」為の基礎には欠かせない項目だと思います。 ゲームで上達&腕試し 管理人もそうでしたがタイピングを『 何から初めて良いかわからない、』という人はゲームで覚えるのがおすすめです。 タイピングソフトはゲーム感覚ででき、 『 基礎から学ぶ』 『 基礎を覚えたら腕試し』 と、初心者~上級者まで使うことができます。 管理人は「 特打ヒーロー名探偵コナン」で打ち方・ブラインドタッチなどの基本をすべて覚えました。 これを継続していくと、知らないうちにタイピング速度もかなりUPしています。 変換のタイミングを覚える 文章を作る際に「 変換」は必ず何度も使用します。 ただ、変換のタイミング(区切り)を間違えてしまうとかなりスピードダウンになります。 良い例 「 切手を集めるのが趣味です。 」 悪い例 「 切ってを厚めるのが趣味です。 」のように細かく区切って行くことで誤変換が少なくなりタイピングもスムーズにできるようになります。 変換箇所は練習を積めば自然と分かってきます。 「タイピング練習+ライティング」でお金を稼ぐ 「 書いた文章がもったいない」 「 効率よくやりたい」 「 練習ついでにお金も稼ぎたい」 このような場合はタイピングソフトで練習するより「 クラウドソーシング」などで文章を投稿するほうが効率的です。 在宅なうえ、初心者や主婦の方でも投稿できる内容がいっぱいあります。 管理人も登録していますが日本最大級の「クラウドワークス」なんかが安全性・選べる仕事内容と、在宅ワークスの中では1番有名だと思います。 クラウドワークスは専門知識がいらない案件が多いので誰でも気楽にできるのが特徴になります。 在宅ワークなうえ、やりたいときだけできるのでクラウドワークスに登録だけしておくと便利でおすすめです。 おっさんになってから始めた管理人でさえ、今では1日に 3~4000文字程度はブログに全然書けるので年齢や始めた時期なんかは全く関係ないです。

次の

毎日タイピング練習

タイピング練習 長文 10分

長文の文章のタイピング練習する時の方法は決して一つだけではなく、複数ありますので、それらを積極的に試してみると良いでしょう。 方法がさまざまにある事で、長文の文章のタイピングに飽きる事が無くなり、ずっと続ける事ができます。 途中で止めてしまうと、長文の文章を早くタイピングできなくなりますので、上手く方法を変えて、持続させましょう。 今の内に、長文の文章のタイピング練習をしておけば、レポートを作成する時などに、本当に役に立ってきます。 短時間で長文の文章を書く事ができるようになり、レポートにかける時間を簡単に削減させられます。 そのため、長文の文章のタイピング練習は意味がある物で、自分自身のためになってきます。 長文の文章のタイピング練習方法1 長文の文章のタイピング練習方法の2つ目は、新聞紙を活用する事です。 新聞紙も、文章が長文で書かれていますので、タイピングの練習には持ってこいの物になっています。 特に、新聞紙に関しては、現在の日本や世界で起きている事を知る部分にも繋がってきますから、知識を増やす面でも非常に良い影響をもたらします。 最近では、新聞紙を読まない人が増えていますから、長文の文章のタイピング練習も兼ねて、読んでみると適当でしょう。 新聞紙の内容は知っておいて、損は無い物ばかりですので、非常に良い物とされています。 よって、新聞紙を活用して、知識を増やすと共に、長文の文章のタイピング練習に役立てましょう。 長文のタイピング練習におすすめの例文は何か 長文のタイピング練習におすすめの例文もいくつかありますので、意識的に使用していきましょう。 おすすめの例文ですから、充分に効き目を期待でき、本当に長文をタイピングする時に生きてきます。 そのため、練習の際におすすめの長文を参考にして、自分の長文のタイピングに良い影響を与えるようにしましょう。 長文のタイピング練習をする時には、できる限り難しい文章が適切と考える人も多いですが、簡単な文章を何回も繰り返す方が賢明とされています。 簡単な文章ならば、誰でもしっかりとキーボードを打つ事ができて、徐々にタイピングの良い打ち方が身に付いてくるようになっています。 難しい文章よりも簡単な文章に絞る方が充分な効果を受けられる可能性が大きいですから、集中して、簡単な文章でタイピング練習をすると適当でしょう。 日本語 長文のタイピング練習におすすめの日本語の例文は、「おはようございます」や「こんにちは」などの挨拶から、「ありがとうございます」や「おめでとうございます」などの感謝・気持ちを伝えるような物を参考にすると良いでしょう。 日本人ならば、それらを日本語を早くタイピングする事は簡単ではありますが、基本的な部分こそ徹底して行いましょう。 「おはようございます」や「こんにちは」は一つの単語で、全く長文では無いですが、まず単語を早くタイピングできなければ、長文に関しもてこづる可能性がありますから、まずは単語からが適切でしょう。 そこから、徐々に長文のタイピング練習も行うようにしていけば、本当に上手くタイピングできるようになってきます。 長文のタイピング練習におすすめのツールとは 最近では、長文のタイピング練習におすすめのツールがたくさんありますので、上手く使っていきましょう。 自分自身の力で頑張る事も非常に良いですが、ツールを使う方がより早く長文のタイピング練習を行えますので、有効な方法とされています。 したがって、ツールをまだ使った事が無い人がいれば、まずは試しに手に取ってみると良いでしょう。 長文のタイピング練習におすすめのツールのそれぞれには、違った特徴が存在していますから、そこをまず理解すると適当でしょう。 自分に合っているかどうかもありますため、前もって本当に合うかを調べておけば、より上手く活用できます。 そのため、おすすめのツールを使うには、事前の確認も大切になってきます。 漢字変換つき 長文のタイピング練習におすすめのツールの1つ目は、漢字変換つきのタイピング練習の物です。 本当に長文のタイピングをする時に、漢字の変換がわからなければ、そこで止まってしまう可能性がありますので、漢字変換つきタイピング練習で、ひらがなやカタカナをどの漢字にすれば良いかを学びましょう。 長文のタイピング練習におすすめのツールの3つ目は、10分間で、どれだけの文字をタイピングできるかと言う物です。 時間制限がある事で、文字を打つ人の集中力を上げてくれますので、長文のタイピングを短時間でしたい人にとっては、非常に有効とされています。 よって、10分間の時間制限があるタイピングのツールも、長文のタイピングの練習にはもってこいの方法です。 歌詞 長文のタイピング練習におすすめのツールの4つ目は、歌詞のタイピングをする事です。 歌詞のジャンルは全く問わなくても良いですが、なるべく続けていけるように、自分の好きな歌手の歌詞にすると適当でしょう。 どの歌詞を選択するかによって、タイピングの慣れ具合も多少違ってきますので、どの歌詞にするかにも、可能な限り気を付ければ良いとされています。 長文のタイピングのコツはどこか 長文のタイピングのコツに関しても、複数あると言われています。 それらのコツをどういう風に生かすにより、どれだけ短時間で、長文のタイピングをできるかが変わってきます。 そのため長文のタイピングを行う時に、コツはかなり重要な物になっています。 もし、長文のタイピングをより早くしたい人がいれば、コツに頼る事も一つの手段です。 コツについては、少し意識しているだけでも効果が現れますから、使用の難しさはほとんど無いです。 実際にコツを使う事で、不利益を講じる部分もほとんどないですので、あまり心配し過ぎない方が良いでしょう。 したがって、コツは自分自身を助けてくれる物になり得て、長文のタイピングをより早くする事ができます。 コツ1 長文のタイピングのコツの1つ目は、キーボードの位置を覚える事です。 キーボードのどこに、どの文字があるかを頭の中に入れておけば、脳内で考えなくても良くなり、手が勝手に動きます。 少しでも脳内で考えていると、時間にロスが生まれますので、キーボードの位置を覚える事は、とても役に立ってきます。 最初の段階では、キーボードの位置を全て覚える事は不可能に近いですが、長文のタイピングの練習をしている内に、慣れてきますので、それほど心配しなくても良いでしょう。 本当にキーボードの位置を覚える事ができれば、今まで以上に多くの文字をタイピングする事が可能になってきます。 そこで、キーボードの位置を覚える事がどれだけ凄いかがわかります。 コツ2 長文のタイピングのコツの2つ目は、文字を打っている最中に、次の文字は何かを見る事です。 できる限り先読みしていく事で、次に何の文字を打てば良いかを把握して、少しでも手が早く動くようにしましょう。 そうすると、長文のタイピングの早さが違ってきて、今までよりも本当に短時間で、長文をタイピングをする事ができます。 文字を打っている最中に、次の文字を見るかどうかにより、文字を打つスピードなどは異なってきますので、多少なりとも効果は表れます。 どれだけ早く脳内に次の文字を認識させるかが重要になってきますから、文字を打っている最中に、次の文字は何かを見る事をやってみたい人や、興味や関心がある人は積極的に試してみると適当でしょう。 コツ3 長文のタイピングのコツの3つ目は、可能な限り短時間で、多くの文字を打てるように、頭の中で意識する事です。 意識するだけでは、全く効果は無いと言う人も中にはいますが、実際には意識する事は、かなり大事になっていますので、なるべく実践で試してみると良いでしょう。 どれぐらいタイピングをできるかが本当に違ってきますから、効果は充分に期待できます。 もし、頭の中で意識する事が本当に効果があるかを信じる事ができない人は、自分自身で一回でも行う事が大切です。 そこで、どれほどの効果があるかを実感する事で、効果を理解できる場合もあります。 したがって、頭の中で意識する事がピンと来ない人がいれば、自分で行動に移してみましょう。 長文タイピングをマスターしよう 長文の文章のタイピング練習方法は、教科書や新聞紙を活用するなど、決して一つでは無いですので、さまざまに試してみましょう。 ただ一つの練習方法を続ける事も良いのですが、それだと飽きる可能性も充分にありますので、他の方法にも目を向ける方が適切でしょう。 そうすれば、タイピングの練習によりバリエーションを持たせる事が可能になってきます。 最近では、長文のタイピング練習におすすめのツールがたくさん増えていますので、それらを使用する事も良いやり方の一つとされています。 具体的なツールとしては、漢字変換つきの物、無料の物、10分間の制限がある物、歌詞などがあります。 これらのツールは、長文んおタイピングにかなり役立てる事が可能ですから、積極的に使っていきましょう。

次の

5分間タイピング練習

タイピング練習 長文 10分

タイピング早くならない・遅い場合の上達方法 人それぞれタイピングを打つ環境(パソコン・キーボード)は違いますが共通してできるpointなどを詳しく書いていきます。 分かりやすいように「 初心者編・ 上級者編」で分けてみました。 初心者編「基本のやり方・手の位置」 初心者編では 『タイピングを始めたばかり』 『全くうまくならない』 『単語入力がやっと』 というような人用に解決策を書いていきます。 ホームポジション(指)の固定 タイピングをする上で「 ホームポジション」は1番重要です。 ここで間違った覚え方をしていると頑張って練習してもなかなか早くはなりません。 ホームポジションさえしっかりしてればどんどん上達していきます。 もし指が分からなくなったら 「 左手人差し指:Fキー」「 右手人差し指:Jキー」だけ覚えておけば後は横に指を広げていくだけでホームポジションが完成します。 最初は手や指が慣れていなく、「 ホームポジションがずれる」ということも多いと思いますが、練習していくうちに段々と手や指が慣れてくるので安心して下さい。 絶対にキーボードを見ない「ブラインドタッチ」 「 キーボードを見ないで打つ」というのは当たり前のようで意外と忘れがちになっている習慣の1つです。 特に初心者の頃は、 ミスタイピング(文字を打ち間違える)度にキーボードを見てしまうのでそれがクセとなってなかなか上達しません。 管理人も昔は常にキーボードを確認するクセがあり、その習慣のせいでブラインドタッチがなかなか身につきませんでした。 コツとしては『 どんなにゆっくりでもいいので正確に、キーボードを絶対に見ない』これを意識するだけで少しづつ体がキーボードの配列を覚えてくれます。 毎日1回は「50音+濁音+半濁音」の練習 いくら頭で理解しても結局は「 体や指が感覚として覚える」という状態に最終的にはならないといけません。 時間も 5~10分程度でできるので「 体で覚える・早く打てるようになる」為の基礎には欠かせない項目だと思います。 ゲームで上達&腕試し 管理人もそうでしたがタイピングを『 何から初めて良いかわからない、』という人はゲームで覚えるのがおすすめです。 タイピングソフトはゲーム感覚ででき、 『 基礎から学ぶ』 『 基礎を覚えたら腕試し』 と、初心者~上級者まで使うことができます。 管理人は「 特打ヒーロー名探偵コナン」で打ち方・ブラインドタッチなどの基本をすべて覚えました。 これを継続していくと、知らないうちにタイピング速度もかなりUPしています。 変換のタイミングを覚える 文章を作る際に「 変換」は必ず何度も使用します。 ただ、変換のタイミング(区切り)を間違えてしまうとかなりスピードダウンになります。 良い例 「 切手を集めるのが趣味です。 」 悪い例 「 切ってを厚めるのが趣味です。 」のように細かく区切って行くことで誤変換が少なくなりタイピングもスムーズにできるようになります。 変換箇所は練習を積めば自然と分かってきます。 「タイピング練習+ライティング」でお金を稼ぐ 「 書いた文章がもったいない」 「 効率よくやりたい」 「 練習ついでにお金も稼ぎたい」 このような場合はタイピングソフトで練習するより「 クラウドソーシング」などで文章を投稿するほうが効率的です。 在宅なうえ、初心者や主婦の方でも投稿できる内容がいっぱいあります。 管理人も登録していますが日本最大級の「クラウドワークス」なんかが安全性・選べる仕事内容と、在宅ワークスの中では1番有名だと思います。 クラウドワークスは専門知識がいらない案件が多いので誰でも気楽にできるのが特徴になります。 在宅ワークなうえ、やりたいときだけできるのでクラウドワークスに登録だけしておくと便利でおすすめです。 おっさんになってから始めた管理人でさえ、今では1日に 3~4000文字程度はブログに全然書けるので年齢や始めた時期なんかは全く関係ないです。

次の