写真 加工 オシャレ。 【2019年最新】インスタグラマーが使うオシャレ加工アプリ・サービスまとめ

めざせプロ級の写真加工、レタッチ術Photoshopチュートリアル33個まとめ

写真 加工 オシャレ

世界中のファッショニスタが夢中の写真アプリといえば、インスタこと「 Instagram」。 何気ない日常を切り取るだけでオシャレになっちゃうこのアプリ、モデルや芸能人を始めたくさんの人々が愛用しており、2015年9月発表時点では 全世界でなんと4億人ものユーザーが利用しているから驚き! SNS機能も備えているということで、毎日たくさんのオシャレな写真をチェックできる楽しさが魅力的です。 もちろんInstagram単体でも撮影や加工を充分楽しむことはできますが、使っているとだんだん「もっといろんなフィルターを使いたい」「よりオシャレに見せたい」など、いろんな悩みが出てくるはず。 目次:• 最新トレンドのインスタ加工テクニックはこの3つ 「オシャレなのがいいけど、いろいろ勉強するのはめんどくさい…」という方にこれだけはおさえてほしいというテクニックを3つに絞りました。 1つ目は 「画像の形はそのまま投稿」、2つ目は 「外部アプリを使ってよりオシャレなフィルターを選ぶ」、3つ目は 「リグラムする」というもの。 この3つを実践すれば、あなたのインスタは一気にオシャレになっちゃうんです! 縦長も横長もそのまま投稿するのがとにかくトレンド! 紗栄子さん、ローラさん、鈴木えみさんが共通して使っており、たくさんのインスタグラマーがこぞって実践しているテクニックがコレ! Instagramは通常、正方形の写真しか投稿ができません。 ほかのカメラアプリで撮影した縦長や横長の写真も、正方形になるよう切り取られてしまうのです。 たとえばこれはローラさんの写真。 ROLAさん rolaofficial が投稿した写真 — 2016 1月 19 10:43午後 PST 白い正方形の中に写真が配置されています 彼女のインスタはいつもこのように上下が白くなっており、横長の写真が投稿されるのが特徴的なのですが、一体どのように加工しているのでしょう? 解決してくれるアプリは 「正方形さん」や 「Instasize」。 正方形さん 「正方形さん」は先ほどの写真のように、 白い枠をつけて正方形に写真を収めることに特化したアプリ。 正方形の中で写真を小さくしたり、配置を変えたりすることも可能です。 中央に配置したり左右に寄せたり、幅や高さを合わせたりなど、決まった配置はメニューから選ぶだけですぐできちゃうのがとにかく楽! 下にあるメニューから選んでタップするだけ! アプリ情報 アプリ名 正方形さん 開発 FANG Inc. 価格 無料 ダウンロード 2. Instasize 「Instasize」も「正方形さん」のようにサイズや配置を細かく変えられますが、 さらに20種類以上の豊富な独自フィルターやコラージュ機能、写真の明るさやコントラストなどの細かい調整まで可能。 「とことんこだわりたい!」という方はもちろん、「最初からいろんなアプリを使うのは正直むずかしい」という方も、こちらがオススメです。 色味もサイズもこれひとつでOK アプリ情報 アプリ名 InstaSize 開発 Munkee Apps LLC 価格 無料 ダウンロード フィルターは外部アプリでこなれ感を出して Instagram自体にも豊富なフィルターが備わっていますが、先ほどの「InstaSize」のように独自のフィルターを用意しているアプリが豊富にそろっています。 Rookie Cam まずは「Rookie Cam」。 アプリ情報 アプリ名 Rookie Cam 開発 JellyBus Inc. 価格 無料 ダウンロード 4. VSCO こちらもたくさんのモデルやタレントが使用しているアプリ「VSCO」。 最初から入っているフィルターは10種類と少なめですが、 このアプリの良さはなんといってもフィルターのセンスの良さ! 一瞬でオシャレになるフィルター満載! 細かい調整をしなくても一瞬でオシャレな風合いを出してくれるので、フィルターの調整が苦手な人でも安心。 「Rookie Cam」同様、追加でフィルターを購入することも可能です。 アプリ情報 アプリ名 VSCO 開発 Visual Supply Company 価格 無料 ダウンロード オシャレな人の写真を自分のページに流す「リグラム」 「リグラム」というのは、誰かのインスタに投稿されている写真を 自分のインスタに再投稿するもの。 さらに、TwitterやFacebook、Tumblrなど他のSNSに再投稿することができるんです。 Twitterの「RT(リツイート)」やFacebookの「シェア」に近いものです。 メリットは「自分の好きなもの・テイストを知ってもらえる」「自分が写っている・関係のある写真を共有」できるところ! より自分をインスタがオシャレに彩れちゃいます。 たとえばこれはモデルのamiさんのインスタですが、三戸なつめさんのインスタに投稿されている写真をリグラムしています。 AMI AMIAYA さん xxbabyamixx が投稿した写真 — 2015 4月 25 5:27午前 PDT リグラムすると相手のアカウントが表示されます 5. 特徴は「リグラムバー」と呼ばれるリグラムをしたことを表すバーの色を変えられること。 先ほどの写真のバーはピンクになっていますね。 Ltd. 価格 無料 ダウンロード 6. Repost for Instagram また、水原希子さんや中村アンさんなどこちらも多くのモデルやタレントがこぞって使用しているリグラムアプリ「Repost for Instagram」。 アプリ情報 アプリ名 Papelook 開発 papelook Inc. 価格 無料 ダウンロード 写真自体の加工が完了したら、続いて「正方形さん」や「InstaSize」と使い正方形の中に写真をレイアウトします。 レイアウトが完了したらインスタに投稿! さらにオシャレなインスタグラマーたちのページをしっかりチェックして、リグラムも。 今回ご紹介したテクニックを駆使して、自分が大好きな世界をインスタの中に作っちゃいましょう!.

次の

【どうやってるの?】インスタグラマーの加工方法を大公開!

写真 加工 オシャレ

最近、SNSの利用者はどんどん増え続けています。 SNSに分類されるサービス自体も増えてきていますよね。 自分自身の個人的な情報から、好きなもの、関心あるもの、世界中のリアルタイムで起きたこと…色んなことをネットを介して日本のみならず世界中に気軽に発信出来ます。 その時に欠かせない、と言っても過言ではないのが写真などの画像。 最近だと動画も当たり前になってきましたね。 文章をメインに載せていくものもありますが、目に入ってくる最初の情報が写真や動画、ということ多いのではないでしょうか。 スマホのアプリは最近本当に進化していて、ちょっとしたものなら手軽に十分な調整が出来たりします。 が、やはり仕事の場面ではパソコンやタブレットを使った、Photoshop等の画像編集ツールを使用しなければならない場合もまだまだ多い…。 写真のことは詳しくないし複雑な手順もめんどくさい…けど、手軽に高画質でオシャレにしたい!• 仕事で使いたいからとにかく早く!簡単に!イマドキな感じにしたい!• SNSだけに限らず、自分の写真を手軽にいつもとちょっと違った雰囲気にしたい! などなど、そこまで詳しいわけじゃないけど今から基礎から勉強する時間は…というような方は少なからずいらっしゃると思います。 Photoshopだからといって、どれも難しい作業しかないと思っていませんか? そういう人にはぜひ試してみて頂きたい、ただの写真にデザイン性をプラス! 今すぐ使える簡単テクニックを3つご紹介します! 目次• Photoshop、写真初心者でも大丈夫!簡単テクニック! 今回は簡単に手早くご紹介したいので、ツールの細かい説明は省きます。 直感的に作業できるものが多いと思うので、是非ご自身の写真で試してみてください! 1.枠 フチ をつけるだけでシックに可愛く 写真展や美術館に行って、作品が額装されているのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。 もっと身近なものでいうとチェキのようなものを想像してもらえるとわかりやすいかもしれません。 額に入っているとただ写真が置いてあるよりも重みや存在感が増したり、 ポラロイドやチェキのようにフチがついているとなんとなく可愛らしく見えたりすることあると思います。 写真は写っているもの自体ももちろん重要ですが、周りの空白や空間も含めたデザイン性、見せ方も大事なのです。 基準位置の黒丸は移動させることができ、どの位置からどの向きに余白を広げるかを表しています。 ここで単位を変えられるので、厳密な大きさなどが決まっている場合はそれに従い、特になければ適当でもかまいません。 たとえば数値を『105』、単位を『%』とすると、幅、高さ共に今の状態から5%ずつ広げるということになります。 ちなみに『相対』という場所にチェックを入れておけば、今の大きさからどう増減するか、で設定できるので、『相対』にチェックを入れて数値を『5』、単位を『%』にしても同じ結果になります。 下部にある『カンバス拡張カラー』から広げる範囲の色を設定できます。 現在のホワイトのまま、OKを押してみると このように、白のフチが付きました。 先ほどのカンバス拡張カラーを変更するともちろん他の色にも変えられます。 ちなみにまだフチの色決められないとか、あとから変える可能性がある場合。 もとの写真のレイヤーを一つだけコピーしておいて、カンバスサイズを拡張すると このように背景レイヤー以外は拡張された場所は透明になっています。 これの下にべた塗りレイヤーなどを置いておけば カンバス拡張カラーを変えなくても、簡単自由にフチの色を変えられます。 他の画像で同じ色にしたい時にもレイヤーを移せばいいだけなので便利です。 写真自体の比率や、つける枠の大きさ、場所を変えても印象が変わります。 2.クールなイメージなら白黒が効果的 モノクロにするとクールでカッコイイ印象になりますよね。 以前もモノクロ変換についてこのブログでご紹介しましたが、モノクロはカラーに出来ないから仕方なく、というものではなくなっていて 個人の作品から広告写真まで未だに幅広く使われ続けている表現です。 調整レイヤーから『白黒』を開くと、自動的にモノクロになります。 ここで、少し写真を印象的にするちょっとしたひと手間。 モノクロはコントラスト高めに、しっかり白と黒を表現すると締まりが出てかっこよくなるので 明るさを調節できる調整レイヤー レベル補正やトーンカーブなど で調整してもいいですし そこまで厳密に目標、指定がない場合のオススメは、先ほどの白黒レイヤーをコピーして、描画モードを『オーバーレイ』もしくは『ソフトライト』あたりにすると 白は明るくなり、黒は締まって高コントラストになりました。 更にもう一つコピーし、『乗算』や『焼き込みカラー』等にしてフチだけに乗せると さらに少し深みの出たフィルムのようなドラマチックな表現が出来ます。 更に、白黒の調整レイヤーには『着色』という機能があり、ここで色を設定すると このようにモノクロに対して色が付きます。 乗せる色によって雰囲気が変わりますね。 被写体や伝えたい印象によって色を変えてみるのもおもしろいです。 3.グラデーションを使って簡単オシャレなフィルム風 これも色を変えることでオシャレな印象に仕上げます。 調整レイヤーの『グラデーション』を開きます。 するとこのような画面が開きます。 今は黒を描画色にしていたので自動で黒から透明へのグラデーションになっています。 自分で作らなくてもこの中にプリセットがあるので、難しく考えなくても大丈夫です。 この紫~オレンジが意外と汎用性高く、この中ではお気に入りなので今回はこれをご紹介します。 角度を少しだけ反時計回りに傾けて、先ほどの写真に描画モード『比較 明 』にして乗せます。 するとこのようになります。 比較 明 は効果を与えるほう、与えられる方を比較して明るいほうの色を結果的に残すものです。 フィルムでいうところの軽い光漏れ ライトリーク のようになり、写真によっても変わりますが、ノスタルジックな雰囲気になると思います。 まとめ いかがでしたでしょうか。 もしかしたら、写真として見れば後処理でこういう効果を付けることに違和感を感じる人も一定数いるかもしれません。 ですが、今回ご紹介したのはあくまで写真としての仕上がりを突き詰めていくようなものではなく、SNSやブログ、サイトのイメージ画像に使えるようなちょっとした小ワザです。 もうすでにたくさんの情報が溢れかえるネットの中で『何かちょっと気になった』と目を止めてもらうきっかけの1つが写真にはあると思います。 今回ご紹介した内容の中で、応用出来ることもきっとあります。 簡単なものばかりご紹介しましたが、こういう『ちょっといい感じかもしれない』という感覚的なところからはじめて 楽しくPhotoshopに触れたり、勉強したりするきっかけになれば幸いです。

次の

無料版なのに高機能!「もう手放せない」画像加工・編集できるフリーソフト40選|ferret

写真 加工 オシャレ

こんにちは!編集部のコジマです。 インターネットが普及し、SNSが日常生活の一部になってきました。 そんな日常生活の一部になりつつある、インスタグラムでお金を稼ぎ出すインスタグラマーと言われる職業が現れ出しましたね。 最近では通常の広告といわるテレビCMや、看板などに広告を出すのではなく、インスタグラマーに企業がお金を払って、広告塔になってもらうのが日常になっています。 どんどんインスタグラマーと言われる職業が認知されてきて、インスタグラマーは僕たち一般の人たちからとても高い人気を誇っていますね。 そんなインスタグラマーは、ただ写真を投稿しているだけなのかな?って疑問の人もいるんじゃないですか? この記事に訪れたあなたは、 「インスタグラマーって加工してるの?」 「インスタグラマーはどんな加工の仕方をしてるのかな?」 「インスタグラマーが加工しているアプリとその追加たを知りたい!」 なんて思っていませんか? インスタグラマーは綺麗に写真をとって加工しているけど、高性能なカメラを使ったり有料アプリですごく難しい加工していると思っちゃいますよね。 確かに高性能なカメラで写真を撮っているインスタグラマーや、加工アプリで初心者に難しい加工をしているインスタグラマーもいます。 しかし、インスタグラマーの中には簡単な無料ツールアプリで加工しているような人もいるんですよ。 そこで今回は、 インスタグラマーは加工しているのか?写真加工で何を意識しているのか?について解説していきます。 また、 インスタグラマーが加工に使っているアプリとその使い方も紹介していきますよ。 インスタグラマーと同じレベルの加工をできるようになるので、オシャレに写真を投稿したりできるようになります。 それではどーぞ! この記事の目次• インスタグラマーは投稿写真を加工しているの? インスタグラマーのほとんどの人は写真を加工していますが、写真を加工していない人もいます。 それはもともと高性能なカメラを利用して、綺麗に写真を撮る人もいるため、写真を加工していない人もいるからですよ。 ただ、あなたが数十万円する高性能なカメラを購入することは難しいですよね。 基本的にiPhoneやアンドロイドでカメラ撮影をするのであれば、投稿写真を加工することをオススメします。 でも、適当に投稿写真を加工しても意味がありません。 意図的にインスタグラムの投稿写真は加工をする必要があるんです。 これから、あなたがインスタグラマーのように綺麗に、かつオシャレにインスタグラムの写真を加工する方法などを解説していきます。 インスタグラマーが写真加工で統一感を意識している インスタグラマーは適当に写真を加工しているわけではありません。 よくありがちなんですが、インスタグラムに投稿する写真の1枚ずつの加工にしかこだわっていないことがあります。 しかし、インスタグラムの加工で重要になるのは、統一感なんですよ。 写真の統一感とは、• 色の統一感をだす• 投稿写真の統一感をだす• 投稿写真の加工に統一感をだす になります。 それぞれの統一感で何が大事なのか、どんな統一感のことなのか、画像を使いながら解説していきますね。 色の統一感をだす 色の統一感を意識していない写真を投稿している人は、プロフィールページでの加工投稿写真がバラバラになっているはずです。 こちらの画像は色の統一感を意識していない人の加工投稿になります。 プロフィール欄で見ると、投稿している写真がバラバラで見にくいんですよね。 インスタグラムで重要になるのは、1枚ずつの加工よりも9枚を1セットとして見た時の、写真の色合いが統一されていることが重要になるんですよね。 では、投稿写真の統一感を意識して加工をするとどうなるんでしょうか。 実際に画像の色合いに統一感を出すとこんな感じになります。 こちらの画像は、9枚を1セットとして写真の色が統一されていますよね。 9枚を1セットとして、ブルーの統一感を出したり、ピンクの統一感を出したりなど、色合いはなんでも構いません。 しっかりと色合いの統一感を出しながら、投稿していくことを心がけていきましょう。 ちなみに、9枚が1セットの理由としては、スマホで見るとちょうど9枚ぐらいがひとつの画面で表示されるからなんですよね。 投稿写真の統一感をだす 投稿写真には統一感を持たすことが大事です。 仮に投稿写真に統一感がないと、どんな投稿をしているのかわからないですよね。 こんな感じで投稿写真がぐちゃぐちゃだと、プロフィールを見た人にとっては醜いですよね。 また、どんな投稿をする人なのかわかりませんよね。 しかし、投稿写真が統一されていると、とっても見やすくなったりして、あなたのインスタグラムアカウントにいい印象を持ってくれます。 投稿写真に統一感を出すとこんな感じになります。 こちらの画像のように、投稿写真に統一感があるとどんな写真を投稿する人なのかなど、わかりやすいですよね。 また、良い印象を持ってもらえます。 なので、投稿写真に統一感を持った投稿をしていくようにしましょう。 投稿写真の加工に統一感を出す ここまで投稿写真の色に統一感をだすことや、写真自体に統一感をだすということを解説していきました。 写真自体や色に統一感をだしたら、最後に加工の統一感をだすようにしましょう。 写真の加工がバラバラだと、投稿された写真はバラバラに見えてしまいますよね。 こちらの画像のように、写真の画像に統一感を持たせるようにするといいですね。 しっかりと写真の加工に統一感を持たせるだけでも、あなたはインスタグラマーのようにオシャレな写真を投稿できるようになりますよ。 初心者でも簡単!インスタグラマーが使ってる写真加工アプリ これまで投稿写真に統一感を持たせることが重要なことを説明してきました。 でも、写真を加工するにはどうやったらいいのか、わからないですよね。 そこでここからは、どの写真加工アプリを使えばいいのか解説していきます。 これから紹介する加工アプリは、インスタグラマーも実際に利用している加工アプリになりますよ。 無料で使えるアプリになるので、インストールしちゃいましょう。 VSCO こちらのVSCOというアプリは、多くのインスタグラマーも愛用しているアプリになります。 無料で使用できる範囲も多く、フィルタが10個・加工ツールが19個も用意されているので、写真を加工するには最強のアプリですね。 初心者でも簡単に使用できるアプリでもあるため、写真を加工したことない人にもおすすめですよ。 VSCOを持っていない人は、早速上の画像からアプリをダウンロードしちゃいましょう。 インスタグラマーが実践する写真加工の方法を大公開 インスタグラマー実際に行なっている写真の加工方法を簡単に解説していきますね。 写真をとってから、画像加工まで一挙公開です。 ぜひ一緒に画像加工アプリをインストールして、写真を加工していきましょう。 先ほども説明しましたが、写真加工アプリでは• VSCO(リンク化)• Instasize• 正方形さん の3つになりますので、ぜひ上のリンクをクリックしてアプリをインストールしましょう。 VSCOを使って画像を加工しよう 今回は、イルミネーションの写真を加工して、投稿していきます。 こちらの写真は、六本木のけやき通りのイルミネーション写真になりますね。 早速加工に入りますので、まずはVSCOのアプリを開きます。 VSCOを開いたら、右上にある 十字マークを押します。 加工したい写真を選んで、下にあるインポートを押します。 インポートした写真を選択肢、下にある 【編集マーク】を押します。 ここでフィルターを設定します。 フィルターは、インスタグラムに統一感出すことができるので、毎回同じフィルターを使うことをオススメします。 僕は、毎回インスタグラムの投稿をするときに 【F2】を選んで投稿しているので、今回も F2のフィルターをかけますね。 あなたのアカウントですので、自身でお好きなフィルターを選んでください。 下の編集ボタンを押して、右にスライドさせていくと 【フェード】というボタンがありますので、このフェードを使って加工します。 フェードとは、写真の様な色あせた写真へ加工させることが機能です。 インスタグラムの 投稿写真の統一感を出すためには、フェードは欠かせない機能になります。 僕が普段は 5. 0で統一していますので、フェードの設定は 5. 0に設定してみましょう。 右下の3つの点のボタンを押して、 【カメラロールに保存】を押したらVSCOでの編集は完了になります。 フェードをつけて写真にくすみを出せたので、統一感のある写真が出来上がりました。 とっても簡単にできますよ。 Instasizeで余白をつけてオシャレにしよう それでは、先ほどVSCOで加工した画像を使ってInstasizeでもう一度加工していきます・ Instasizeを押して開きます。 真ん中の下にあるプラスボタンを押します。 右にスライドして、ご自身の投稿の統一感に合わせた、サイズを入力します。 上下に余白を作って、正方形にしたり長方形にしたりすることができますよ。 こちらは、自分のお好みで設定していきましょう。 完成したら、右下にある保存マークを押して、【カメラロールに保存】を押しましょう。 こちら写真加工の2つ目が完了ですね。 最後に正方形さんで写真サイズを統一させていきます。 正方形さんで写真サイズを統一させよう Instasizeで加工した写真を正方形さんで再度加工していきます。 または、Instasizeでしっくり来なかった人は、正方形さんでサイズを調整していきます。 【正方形さん】のアプリを開いていただいて、左上のギャラリーマークを押します。 上のギャラリーから、先ほど加工した画像を選んでいきます。 正方形さんは、ボタン一つでお好きなサイズに変更してくれるんですよ。 今回は、真ん中下にあるボタンをを押してみましょう。 このボタンは、上下に余白を作ってくれ、インスタグラムに統一感を出すことができます。 Instasizeでも同じような機能がありますが、サイズの細かい調整が必要なため、僕は正方形さんでサイズの調整を行なっています。 3つのアプリを使うのがめんどくさいって人は、Instasizeで画像サイズを調整してみましょう。 右上にあるギャラリーマークを押して、お持ちのスマートフォンのアルバムに加工した写真を保存します。 最後に保存サイズを選んで完了ですよ。 保存サイズに関しては、赤で囲まれたサイズであれば、綺麗にインスタグラム投稿ができます。 以上で写真の加工が完了になります。 完成したインスタグラムの写真がこちらになります! 形を正方形にして、写真にフェードがかって、上下に白の余白ができました。 ここまで加工するのにだいたい 2分くらいで完成できちゃいますよ。 加工前の写真と比べると、以上のようになります。 くすみが作れて、インスタグラムに統一感をだす写真が出来上がりました。 あとは、インスタグラムに投稿するだけですね! インスタグラマーになりたいあなたへ インスタグラマーの加工方法を理解できたあなたは、これからインスタグラマーをなりたいと思っているはずです。 どうやったらインスタグラマーになれるのか、ステップ形式で解説していきますね。 インスタグラマーになるためのステップとしては、4つあります。 ステップ1:あなたが投稿したい写真や動画の内容を決める• ステップ2:アカウントページを綺麗に整える• ステップ3:過去の投稿を整理して新しくする• ステップ4:3日に1回は投稿する になります。 それぞれのステップを詳しく解説していきますね。 ステップ1:あなたが投稿したい写真や動画の内容を決める まずは、投稿写真や動画に統一感をだすために、 あなたのインスタグラムの方向性を決めていきましょう。 ここはどんな内容でも構いませんよ。 わざわざ好きでもないようなことを画像投稿していくのって大変ですよね。 自分が好きなことや普段の日常生活、趣味などを投稿していく方法を決められるといいです。 方向性が決まれば、インスタグラムの写真をインスタグラマーのように加工しやすくなりますからね。 ステップ2:アカウントページを綺麗に整える 投稿する写真や動画が決まったら、それに沿ったプロフィールページを作りましょう。 インスタグラマーになるためには、写真の加工だけではなれません。 実は、あなたのインスタグラムプロフィール欄に訪れて、 5秒以内に離脱してしまう人が74%もいるんですよね。 なので、 インスタグラムのプロフィールは一番重要になります。 プロフィール欄は、とにかく綺麗に作成するようにしましょう。 ステップ3:過去の投稿を整理して新しくしていこう 今までの投稿した写真や動画がありますよね。 その過去投稿写真に統一感がない写真がある人もいますよね。 なので、 過去の投稿した写真や動画を整理していきましょう。 過去投稿で変な画像があった場合は削除したり、綺麗な写真だけど加工がされていない写真は加工し直して再投稿してもいいですね。 全ての写真や動画を削除してしまうとよくありません。 削除をした場合は、最低でも9枚から10枚以上写真を再投稿するようにしましょう。 ステップ4:3日1回投稿をしていこう インスタグラマーになるには、加工した写真を投稿することが必要ですよね。 ただ、1日に何回も投稿されるとうざいと思ってしまう人もいるかもしれません。 なので、 3日に1回くらいは写真を投稿するといいですね。 過去投稿がある程度ある人は、ストーリーでも大丈夫ですよ。 ある程度一定の頻度で投稿していくをおすすめします。 インスタグラマーのような加工ができるようになったら自動ツールを導入しよう コツコツ投稿しているだけでは、 フォロワーが増えるスピードには限界があります。 そもそもインスタグラマーのように写真を加工しても、あなたのインスタグラムの写真を見てくれないことには加工が意味をなさないですよね。 なので、インスタグラマーのように素敵な写真を加工したら、あとはあなたのアカウントページをより多くの人に見てもらう必要があります。 そのためには、あなたからインスタグラムでアプローチする必要があるんですよね。 どうやってインスタグラムであなたのアカウントページにアクセス数を増やしていくのかというと、あなたから知らない人にアプローチする必要があります。 実は、あなたから知らない人に「いいね・コメント・フォロー」をすると、あなたのアカウントページに訪れてくれる人は、ある一定数以上の数字があるんです。 しかし、一人ひとり「いいね・コメント・フォロー」をするのって時間もかかるし、手間がすごいですよね。 そこで、 「いいね・コメント・フォロー」を全自動でしてくれるサービスがあるんですよ。 それがインスタグラムの自動ツールです。 インスタグラムの自動ツールはいろいろあるので、全てのツールを知りたい人は、以下の記事で自動ツールを7社比較していますので、よければチェックしてみてください。 Limのスクリーンコントロールシステムが一番優れている点は、安全性です。 インスタグラムは、いいねやコメント、フォローをしすぎると、アカウントが凍結してしまう可能性があるんですよ。 毎日アカウント凍結基準があり、それを超えてしまうとアカウントが凍結してしまいます。 いくらインスタグラマーのような加工をしてもインスタグラムのアカウントが凍結してしまったら元も子もないですよね。 しかし、Limが導入している人工知能がインスタグラムのアカウント凍結基準を常に判断しているため、アカウント凍結リスクが一切ありません。 その安全性から、 Limのスクリーンコントロールシステムを導入している企業は、ライザップやソフトバンクをはじめ、約7000社以上の企業が導入しています。 安全性だけがLimのスクリーンコントロールシステムの凄さだけではありません。 Limのスクリーンコントロールシステムは、より詳細なターゲッティングができることでもあります。 ハッシュタグターゲッティングはもちろん、エリアターゲッティング、年齢・性別からもターゲッティングすることができます。 また、コミュニティターゲッティングやフォロワー数により、ターゲッティングの制度を調整することもできるんですよ。 そのため、 ただフォロワーが増えるのではなく、より質の良いインスタグラムのフォロワーを増やすことができます。 Limのスクリーンコントロールシステムについて、より詳しく知りたい人は以下の記事で詳しく解説しているので、よければどうぞ。 詳しく知りたい人は以下の記事で解説していますので、よければチェックしてみてください。 インスタグラマーは写真を加工していて、色合いの統一感や写真の統一感、加工の統一感が大事になります。 ただやみくもにインスタグラマーは、写真を加工しているわけではありません。 インスタグラマーは基本的に統一感を意識しているので、写真の加工には統一感を意識していきましょう。 あなたがこの記事でインスタグラマーの加工方法を理解し、あなたのインスタグラムLIFEに活かすことができたら嬉しいです。

次の