ウーバーイーツ ピーク料金。 ピーク料金制度のメリットや注意点とは?@Uber Eats(ウーバーイーツ)

UberEats(ウーバーイーツ)の報酬の計算方法は?ブースト・クエスト・ピーク・シミ料金などインセンティブ解説

ウーバーイーツ ピーク料金

ウーバーイーツのピーク料金を解説【変動する赤い場所での配達で追加分の報酬GET】 ウーバーイーツの配達の基本の流れについてはこちらの記事で解説しています。 ピーク料金のシステムが2019年12月から東京でも始まり、全国での実施となりました。 ピーク料金とは地図の赤い場所で配達したら追加の報酬がもらえる制度です 需要の高いエリアが赤く染まり金額が表示されます 配達の受注を待っている時の地図の画面が部分的に赤くシミのように染まります。 赤いシミの固まりごとにプラスされる報酬の金額も書いてあります。 リアルタイムで細かく変動します 赤いシミの場所はリアルタイムで細かく変動します。 僕が見ている限り10分に1回くらいは変わっていく印象です。 またブーストと同じようにランチタイムやディナータイムのピークに多く出現する印象です。 雨の日や土日は広くなる印象ですが、こればかりは予想が難しいです。 地図をスライドして他のエリアのチェックも可能です 地図をスライドすると他のエリアの赤い染みの具合もチェックできます。 ただ少し動作が重い時が多いです。 少し読み込みを待ってから操作するとサクサク動いたりしました。 配達の呼び出し画面で数字で表示されるのでわかりやすいです いつものピコンピコン呼び出される際の画面に数字で表示されています。 「何分」の下に「ブースト」の数字と同じように出るのでわかりやすいです。 リクエストを受けた位置とレストランの位置で高い方のピーク料金が適用されます 「高い方」の真の意味については研究中ですが、ピーク料金なしの部分も含まれるとの仮説の上で書きます。 2パターンに分けて考えてみます。 レストランの位置のピーク料金が高かった場合はそちらが適用 ピーク料金の範囲外で待機していてもピーク料金適用のレストランから呼び出された場合、少しピックまで遠かったとしても配達しにいくとお得感がありそうです。 現在地のピーク料金が高かった場合はそちらが適用 たとえピーク料金適用外のレストランから呼び出されても今いる場所のピーク料金は適用されると考えます。 わざわざ移動してきた場合でも安心ですね。 ただこのパターンだと戻ってくるのが大変になる可能性はありますが、まあそれはどこにいても同じですね。 2パターン総合して考えるととりあえずピーク料金の場所で待機してるだけでお得 ピーク料金が適用される場所にいさえいればいいということになるので、意地でも赤いシミを追いかけていく価値はありそうです。 ピーク場所とピーク時間を事前予想する ずっと眺めているとわかってきます。 まず都内だと港区や渋谷区のように人口の多い地域を狙いましょう。 時間はブーストと同じようにランチタイム(11-14)とディナータイム(18-21)が狙い目です。 その上でさらに分析していくのが大事だと思います。 夜は住宅地が多いベッドタウンのエリアを狙っていく。 昼間はオフィスや経営者が多い高級ビジネス街を狙っていく…などです。 この辺は季節や地域によっても変わるので毎日眺めて予測していくのが大事だと思います。 ピーク場所へ事前移動しておかないと逃してしまいがちです ピーク場所はすぐ変わるので配達しながら移動していこうとすると逃してしまいがちです。 もういっそのこと電車移動するのもありだと僕は思います。 例えばいさぎよく六本木駅から始めるのもありです。 六本木は駅の目の前にレンタサイクルのポートがあります。 移動している途中で変わることもあり得るので注意 移動しようと思って移動してる最中にピーク場所が変わることもあります。 ピーク料金が消えちゃったとしても需要が高い地域であることがわりと多いので損ではないと思います。 配達中はピークの赤い色は見えないようなので注意 待機中の画面で確認ができてます。 ピーク場所にわざわざ移動した方がいいのか悪いのかは人によります ここまでの話だと絶対にピーク料金のある場所に行く方がよさげな気もしますが、そうでもないです。 ・競争率が高くなっている可能性もある ・行き帰りの交通費や時間をロスしたら元が取れないかも ・ピーク料金がない場所でも注文が少ないというわけでもない ・ピーク料金の適用がなくても土地勘のある慣れた場所で回数をこなしクエストを狙うのもあり ・ピークだけを意識して知らない土地に来て道とかトイレとか休む場所とか困るとわりと疲れる ・ブーストと違ってわざわざ移動して来て消えるとむなしい このような一面もありますね。 少し言い訳がましい気もしますが… 広く土地勘を身につけていてスピードにも自信がある上級者ならばピーク料金の場所をガンガン狙っていっていいと僕は思います。 長く配達を続けていると土地勘は自然と広く身につきます。 初心者の人はピーク料金はあまり気にし過ぎないのがおすすめです ここまでの説明でわかると思いますが僕の考えではピーク料金はわりと上級者向けのテクニックです。 配達の初心者の人はそこまで考え過ぎずにまずは基本の配達に慣れていくのがおすすめです。 ピーク料金でもらえた報酬の確認は配達画面で簡単にできます いつも通り配達の詳細画面を見ればOKです。 上の料金の部分で左にスライドし、1つ前の配達の詳細画面に入ると内訳が書いてあります。 ブーストなどと同じようピーク料金での報酬額が確認できます。 ウーバーイーツのピーク料金を理解した後にやること【どこへでも行けるように他の地域にも詳しくなろう】 ウーバーイーツの配達の場所と時間の選び方の基本的な考え方はこちらの記事で解説しています。 ピーク料金を狙ってどこへでも行けるように他の地域にも詳しくなろう ピーク料金を狙っていくなら、どの場所に行ってもスムーズに配達できると便利です。 注文が多い地域の道や土地勘を覚えていきましょう。 東京であればこの3つの地域をまずマスターするのがおすすめです。 港区 港区は基本の六本木をはじめとして一番最初にマスターするのに最適です。 新宿区 新宿区は住宅地も多く帰宅タイム後の深夜帯まで注文が見込めます。 渋谷区 渋谷区は道が複雑な渋谷駅の周辺を含めて土地勘を身につけておきたい場所です。 この3つの地域は人口も集中していますしピーク料金やブーストが出現しやすいと感じます。 3つは隣接しているので行き来しやすいってのもポイントです。 次点で池袋、目黒区、秋葉原などの台東区、本郷などの文京区、銀座などの中央区、品川区、なども注目です。 ウーバーイーツの配達を登録してやってみようかなと思った方はまずはこちら。 参考: というわけで今回は以上です。 ピークを求めて新しい道を走るのも新鮮で楽しいです。 関連記事 関連記事 -,.

次の

Uber Eats 配達パートナー向けに「ピーク料金」を導入

ウーバーイーツ ピーク料金

Uber Eats報酬の計算式は知っているべき? ウーバー配達の報酬は、ある計算式で決まります。 細かく覚えておく必要はありません。 しかし、• ブーストがある場所を狙おう• クエストがある時を狙おう• ピーク料金を狙おう などと聞いて、意味が分かるようになっておかないと稼げません。 そんなに難しくないので、以下の解説を読んでいってください。 報酬の決まり方 報酬の計算式は、• 基本料金ーサービス手数料 となっています。 基本料金は距離などに応じて決まります。 サービス手数料は「ウーバーの取り分」で、基本料金から引かれてしまいます。 基本料金が600円の配達をした場合、• 600円-60円= 540円 が、1回の配達でもらえる報酬です。 基本料金 では基本料金とは何かというと、• 受け取り料金• 受け渡し料金• 距離料金 3つを足したものです。 受け取り料金は、レストランで料理を受け取った時に発生します。 受け渡し料金は、お客さんに料理を渡した時に発生します。 距離料金は、配達した距離に応じて発生します。 例えば東京の場合、• 受け取り料金=265円• 受け渡し料金=125円• 距離料金=60円(1kmあたり) と決まっているので、2kmの配達をした場合、• 265円+125円+120円= 510円 が基本料金となります。 サービス手数料 計算式の中の、 「サービス手数料ってなんだよ」と思うはずです。 配達をしただけで、むしろサービスを提供した側なのに、なぜ手数料が引かれるのでしょう。 これは ウーバーに対するサービス利用料という感じ。 ウーバーが用意したアプリなどを使って稼げたので、その一部はウーバーに渡します、と考えてください。 あまり嬉しくはないですね。 笑 インセンティブって何? ウーバー配達には「インセンティブ」と呼ばれる、 配達した際のボーナスのような仕組みがあります。 「給料を増やすから、配達員の皆さん稼働よろしく」という感じですね。 東京23区など、注文が多い地域ではインセンティブが出やすいです。 土日祝日や、ピーク時間帯(昼・夜)も、インセンティブ多めです。 インセンティブが多い場所や時間を狙うのは、効率よく稼ぐための必須スキルとなっています。 MEMOインセンティブは時間、地域によって異なります。 あくまで自分が稼働している 東京を基準に解説します。 合わせて読みたい インセンティブの種類 インセンティブにはいくつか種類があり、時々変更もあります。 今実施されているのは 3種類あります。 ブースト• クエスト• ピーク料金 ピーク料金は2019年12月に導入された新しいインセンティブです。 3種類のインセンティブを順に解説していきます。 ブーストとは 基本料金が何倍かになる、というインセンティブです。 何倍と言っても、2倍や3倍になる訳でなく、 1. 1倍〜1. 4倍に収まることがほとんど。 例えば東京の渋谷区で 「1. 2倍」のブーストの時間があったとします。 本来の• 600円-60円= 540円 基本料金ーサービス手数料=報酬 という配達をすると、ブーストの時間にもらえる報酬は、• 2ー60円= 660円 となります。 本来540円だった配達で、660円もらえるので、嬉しいですね。 ブーストの見方 地図上に 「1. ピーク料金も表示されているので分かりにくいですが、 青い線で囲まれた場所です。 なおこの写真のように、ブーストとピーク料金が同時に発生していれば、両方とも貰えます。 クエストも発生してればクエスト報酬も貰えます。 稼ぐチャンスタイムですね。 クエストとは 何回達成したら、いくらもらえる、というインセンティブです。 回数や金額が決まっており、シンプルで分かりやすいです。 アプリでの見方は、この後解説します。 クエストは 2種類。 時間限定• 数日間続く に分けられます。 時間限定のクエストは、 「17時30分〜22時までに、12回達成したら3000円追加しますよ」といった感じ。 途中の4回、8回あたりで少しずつもらえることが多いです。 4回達成で500円• 8回達成でさらに1000円• 昼・夜の ピーク時間や、 雨の日によく出ます。 数日間続くクエストは、 「月曜〜木曜までに、50回達成したら5000円追加しますよ」といった感じです。 10回達成時• 30回達成時• 50回達成時 などと分けてもらえるのが普通です。 日をまたいだクエストなので、 「またぎクエスト」と呼ばれたりします。 月〜木曜日のまたぎクエストと、 金〜日曜日のまたぎクエストが普通です。 最近 クエスト選択制が始まりました。 クエストの見方 クエストはマップ上では確認できません。 まず、地図下の白い部分を引き上げます。 「今後のプロモーションを見る」を押します。 プロモーションとはインセンティブのことです。 「インセンティブ」という表記でいい気がしますが、なぜか「プロモーション」となっています。 今後1週間のクエストを見ることができます。 なおここに表示されるのは 「今、自分がいる場所」のクエストです。 渋谷でアプリを開けば渋谷の、新宿でアプリを開けば新宿のクエスト予定を見ることができます。 気になるクエストをタップしてみましょう。 クエストをタップすると詳細を見ることができます。 このクエストであれば、 2月21日 金 8時 〜 2月24日 月 1時まで のクエストであることが分かります。 24日 月 は1時間しかないので、 実質21日 金 〜23日 日 の、週末またぎクエストですね。 ピーク料金とは ある場所や時間に配達をすると、追加でいくらもらえる、というインセンティブです。 注文が多い「ピーク時間」に発生するので、ピーク料金といいます。 例えば新宿の19時頃に ピーク料金「200円」が発生していたとします。 本来なら、• 600円-60円= 540円 基本料金ーサービス手数料=報酬 だった報酬が、• 600円-60円 +200円= 740円 となります。 配達をすると 一律で200円追加されるので、嬉しいですね。 ピーク料金はマップ上に 「オレンジ色の染み」のように表示されるので、「シミ」と呼ばれたりします。 事前に予告があるブーストやクエストと違って、 急に現れるのがピーク料金の特徴です。 ピーク料金の見方 ピーク料金は地図上で確認できます。 画像のように 「オレンジ色のシミ」になっているところが、ピーク料金発生エリアです。 「125円」と表示されている場所で注文を受ければ、1回の配達125円が追加されます。 「375円」と表示されている場所で注文を受ければ、1回の配達375円が追加されます。 ピーク料金は急に表示され、急に消えるので、さっきまで表示されてたのに無くなってしまった、ということも結構あります。 画像のように300円超えのピーク料金が発生することは珍しいので、発生したらぜひ取りたいですね。 注目されている記事.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達報酬の仕組みを計算例を用いて解説

ウーバーイーツ ピーク料金

ダブル配達のときは?ウーバーイーツの配達では、1つのレストランから2つの料理を受け取り、配達先が2ヶ所ある場合(ダブル配達)がありますが、この場合でも受け取り料金は1回(265円)としてカウントされます。 b 受け渡し料金:125円 注文した人に商品を渡したら、125円がもらえます。 配達先が2ヶ所あるダブル配達の場合には、2回分の受け渡し料金(250円)が入ります。 ダブル配達があったときには、 合計距離になります。 また、1軒のレストランから配達距離が1kmと1. 配達はだいたい1時間に2〜3回くらいできますので、おおよそ1時間 1,000〜1,600円くらいになるでしょう。 実際のところ、1日数時間だけ働く人(副業など)の1日の収入が〜1万円くらい。 配達のプロ(まる1日働く)で1日2万円くらいなイメージです。 ただ、収入は時間やエリア、天気などによってもかなり異なります。 忙しいランチタイムですと1時間に3件以上の配達も可能ですので、1時間に2,500円以上の収入になることもよくあります。 普段は自宅にいて、アプリが鳴ったら配達に行く「自宅待機組」もいます Uber Eatsのインセンティブで更に稼ぐ 実は収入はこれ以上になることがあります。 特別キャンペーン(インセンティブ)という、更なる収入が得られることがあるからです。 クエスト、プロモーション、特別インセンティブとも言われます。 特別インセンティブの内容はメールで案内があったり、配達パートナー用アプリで案内があります。 一例を紹介します。 ピーク料金 2019年8月15日より、大阪・神奈川・兵庫エリアで ピーク料金という新制度がスタートしました。 こちらの地図の真ん中に赤く400円と書かれていますよね。 これがピーク料金です。 現在いる場所または レストランがこのピーク料金エリア内にあるときに配達をすると、 この金額が追加でもらえます。 しかも、このピーク料金からは ウーバーイーツ手数料が引かれません。 ピーク料金の範囲は配達パートナーアプリ上で確認できます。 ウーバーイーツの配達を初めたばかりの頃は、まだ慣れていなくて1時間に2件ほどの配達がやっとかと思います。 しかし慣れてくると4件や5件もこなせるようになります。 近所にある注文回数が多い店(マクドナルドとか)を見つけると、回数インセンティブが楽にこなせます。 雨の日インセンティブ 雨の日など天候が悪い時になると、注文者からの注文は増える一方で配達パートナーの数が減りがちになります。 こういった時に 雨の日インセンティブが加わることがあります。 雨の日の配達は辛いですが、稼ぐチャンスでもあるので、ガッツがある人はぜひ。 オンライン時間インセンティブ(時給の保証のようなもの) 宝くじもあります ある期間中に配達を行った人の中から、 抽選で10人に1万円!といったくじびきインセンティブもあります。 年末年始やゴールデンウィークなど、配達人員が長い間少なくなる時期に行われることが多いです。 他にもいろいろインセンティブがあります。 (過去にはクオカードがプレゼントされたり・・) ぜひ一度Uber Eats配達パートナーになってみてください! ウーバーイーツで目指せる最高収入と配達のコツ ウーバーイーツでは、最高でどれくらいの収入が目指せるでしょうか。 回数をこなす• ブースト倍率が高いときにとにかく効率よく配達• 特別キャンペーン・インセンティブはフル活用• 稼ぐなら、自転車でなく原付バイクで配達 とにかく回数をこなす 当然ですが、収入を多くするには配達回数を多くすることが不可欠です。 このためには、配達のコツをつかむことが重要になってきます• 注文回数が多いレストランを把握しておく• とにかく 道に迷わない 慣れてくると、注文回数が多いレストランがわかってきますし、地図の読み方や近隣の地理も詳しくなってきて道に迷わなくなります。 道に迷うと時間のロスになります(つまり、 時給換算で収入が下がります)ので、道に迷わなくなると効率よく稼げるようになります。 ブースト倍率が高いときにとにかく効率よく配達 1日を通してウーバーイーツの配達を行う場合、何より気合を入れるべきなのは ブースト倍率が高い時間帯です。 ランチタイムや夕食時ですね。 ランチタイムにはとにかく集中して、一見でも多くの配達をこなせるように頑張りましょう。 ガチで稼ぐなら、原付のほうがよいです! 副業として気軽にウーバーイーツの配達を行うのであれば、自転車でも全く問題ありません。 しかし、「俺はウーバーイーツ一本で稼ぐ!」と言う方は、間違いなく原付にした方が良いです。 原付の方が長距離の配達を行えて報酬が高い• 長距離の配達依頼は原付の人にやってくる• 配達時間も短くなるので、配達件数が伸ばせる• 体力が奪われない もちろん、自転車と比べて原付バイクはガソリン代など維持費がかかってしまいますが、それを加味しても原付バイクの方が稼げます。 ウーバーイーツで目指せる1日の最高収入 ツイッターで、「1日4万円稼いだ」という配達パートナーを見かけたことがあります。 その日は雨の日で、ブーストと特別インセンティブをフル活用して、朝から深夜まで努力された結果だと思います。 さすがに1日5万円と言う数字を見たことがありませんので、1日の最高収入は4万円強というところでしょうか。 みなさんも頑張りましょう!! ウーバーイーツの配達の仕事を始めるには ウーバーイーツ配達の仕事は、普通のアルバイトのようなシフトはなく、 いつでも自由に働ける・面接も履歴書も 不要・資格スキルいらず・出勤もいらず・うるさい上司もおらず・ノルマもなく・ 報酬は週払い(即日払いなことも)・服装髪型も自由!・仕事中もスマホが使える!・登録費用はもちろんかからない・なのに 稼げる!という、何拍子も揃った素晴らしい副業・仕事です。

次の