安部 裕葵。 安部裕葵は鹿島アントラーズの若きエース!中学校でプロ入りを決意?強豪セビージャを震撼させた実力とは?

安部裕葵は鹿島アントラーズの若きエース!中学校でプロ入りを決意?強豪セビージャを震撼させた実力とは?

安部 裕葵

2016年の鹿島アントラーズは本当に勝負強かったですね。 Jリーグ3位からの 年間優勝を勝ち取り、 カップ戦優勝、 天皇杯優勝とすべてのタイトルを総なめにし、 見事三冠を達成! そして クラブワールドカップでも見事3位!!に輝き、Jリーグクラブが久しぶりの活躍で最近のクラブW杯にしては一番盛り上がったんじゃないかなと。 まさに鹿島アントラーズの 常勝復活といった感じでしょうか。 2017-には中盤の中心だった柴崎岳の海外移籍が視野に入っていたこともあってか、補強もレオシルバを筆頭にクオンスンテ、ペドロジュニオール、レアンドロ、三竿と実績十分な選手の補強にも成功しました。 そして毎年シーズン開幕前に行われるゼロックススーパーカップ。 鹿島対浦和の一戦。 2017-シーズンを占うといってもいいような対戦でしたが、ここでも見事鹿島が3-2の接戦を制して、 ゼロックスのタイトルを手に入れるという強さ。 そして2017-シーズンも現在首位を走っている鹿島アントラーズ。 いや、本当にこの強さは本物だなと。 そんな鹿島アントラーズ。 手に入れたのはタイトルだけではありませんでした。 とんでもない原石を発掘してきたのかもしれません。 当時、都内に 「S. FOOTBALL CLUB」というサッカークラブが誕生しました。 これは現日本代表の 本田圭佑選手が経営に関わるクラブで、ここの出身として プロ入りするのは今回の安倍選手が初とのこと。 中学時代にこのS. FOOTBALL CLUBに所属したおかげなのか、鹿島に入ってプレーしていてもほとんどものおじ(緊張)しないとのこと。 本田選手のメンタリティーが中学時代に植え付けられたのかもしれないですね。 東京出身の安倍選手は3年間寮生活にどっぷり浸かることになります。 ただ安倍選手にとってこの環境はとっても良かったようですね。 その甲斐あってか、2016年の全国高校総体ではレギュラーとして活躍し、 優秀選手に選ばれるまでに成長しました。 広島で高校サッカーといったら広島皆実、広島観音などを思い浮かべますが、安倍選手は瀬戸内高等学校を選択。 調べてみると瀬戸内高校も決して弱いわけではないんですね。 2017年のインターハイ広島県予選では準優勝に輝いていたりと。 ただ安倍選手の先輩で有名なサッカー選手がいるかといったらそうでもなさそうです。 なので 瀬戸内高校からサッカー選手としてプロ入りしたのも第一号ということになりますね。 正直、これだけを見ると他にもっとスゴイ代表歴をもった選手はたくさんいると思います。 少なからず、このU-19日本代表でトゥーロン国際大会に出場というのは、U-20日本代表に選出されなかったからといった面が含まれています。 悪く言うと、U-20世代の日本代表の2軍といったような扱いでしょうか。 ただそれでもここに選ばれるだけで凄いんですけどね。 でも立ち位置としてはそういったことが現状になっています。 なのに高校卒業後に鹿島アントラーズに入団。 これは 鹿島側の安倍選手への評価が高いということの裏付けに他ならないんじゃないかと。 鹿島アントラーズのスカウトといったら超一流だと思っていて、FWとしては過去に、柳沢選手や大迫選手といった日本代表でも活躍する選手の獲得に成功しています。 ただ今回は柳沢選手や大迫選手みたく、実績があっての獲得ではないというのが大きく違う点といった印象。 ほぼ一本釣り状態だったとのこと。 それでも入団からベンチ入りを果たすなど評価は高いと思われます。 強さの片鱗を見る気がする。 などなど。 入団ルーキーで大きな実績があるわけではない 安倍選手をJトップの鹿島が早々に使い始めるといったことに各メディアとも興味津々といった様子。 ますますこれからの活躍が期待されますね。 鹿島の「和製クライフ」安部裕葵は代表でイケる 小野伸二選手といったら今でもコンサドーレ札幌で活躍されていて、過去には日本代表最年少でW杯出場を果たし、海外でも活躍され、 「天才」といわれていますよね。 近い将来、本当に代表選出なんて日がくるかもしれないですね。 なかなかゴールシーンだけではわかりづらいかもしれませんが、ベガルタ仙台戦のゴールは 飛び出すタイムミングからのトラップで決まったかなといったシーンでしたね。 けっこう後ろからのボールをピタッと足元に止めるのって難しく、パススピードも速かったですし、技術の高さを感じました。 そして最後は落ち着いてシュートといった形。 全体的に安倍選手のプレーを見てみると、一番のインパクトは 細かいタッチでのドリブルと初速の速さといった2点が目立ちます。 そして ボールをもらってからの展開力もあって、ドリブルでも持ち込めるしパスで味方選手も使えるといった感じでしょうか。 あと初速が早いので、 ディフェンス時のボール奪取や ワンツーからの抜け出しは迫力があります。 これからますますプレーの幅は広がってくると思うので期待十分ですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は 鹿島アントラーズの安部裕葵(アベヒロキ)選手についてまとめてみました。 安倍選手は、本田圭佑選手が運営にも携わるクラブチーム 「S. FOOTBALL CLUB」の出身で、高校は広島の 瀬戸内高等学校に進学しました。 瀬戸内の海が好きだったんですかねw そして高校時代には 総体で優秀選手にも選ばれ、代表歴も少しだけありました。 ただ正直大きな実績があったというわけではなかったのに、高校卒業と同時に鹿島アントラーズに入団。 入団直後から試合にもちょくちょく出場していて、得点も決めています。 鹿島のスカウト陣がよく発掘したなというレベルです。 高校時代は全くのノーマークからのこの活躍。 このギャップも周囲の評価を挙げているのかもしれません。 実際にプレーを見ても技術の高さを感じます。 日本代表のユニフォームで安倍選手を見れる日もそう遠くはないかもしれませんね。 くれぐれもケガには気を付けて、これからの活躍を願っています!.

次の

安部裕葵バルサ移籍に海外の反応や評価は?スペインや中国からは賞賛の声

安部 裕葵

126. jpg? 126. jpg? 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126. 126.

次の

安部裕葵因伤赛季报销 巴萨B队也在寻求补签前锋_国际足球_新浪竞技风暴_新浪网

安部 裕葵

安部裕葵は鹿島アントラーズの若きエース!デビューしたのはいつ? 安倍裕葵(あべひろき)は鹿島アントラーズに所属するプロサッカー選手です。 頭角を表したのは高校時代から。 名門校である瀬戸内高校に進学し、1年生の時からレギュラーメンバーとして活躍しました。 そして2016年、3年生の時にはキャプテンとして全国高校総体に出場。 チームをベスト8に導き、自身も3ゴールをあげるという活躍をみせ、全国高校総体優秀選手に選抜されています。 また同年9月24日には強豪チームである鹿島アントラーズに入団が内定。 期待の高卒ルーキーとしてファンの注目を集めました。 そして、2017年4月1日の大宮アルディージャとのアウェー戦に途中出場しプロデビュー。 当時、安倍裕葵は18歳2ヶ月4日で、鹿島アントラーズ史上3番目となる若さでのデビューでした。 ちなみに同クラブで最年少のプロデビューは、野沢拓也の17歳7ヶ月29日と内田篤人の17歳11ヶ月6日です。 両選手はいずれも日本代表として活躍した経歴を持つ名選手ですから、安倍裕葵も同クラスの選手になるよう期待されています。 2017年5月まで鹿島アントラーズの監督を務めた石井正忠は、安倍裕葵について「しっかりした技術、運動量も体力もある。 強引にいくところと、簡単にパスをするところの判断ができ常に良いポジションをさがすことが出来る選手」と高く評価しています。 その期待に応えるように、2017年6月21日にはFCマルヤス岡崎戦でプロ入り初得点を記録。 同試合では2ゴール1アシストと大車輪の活躍を見せました。 また、2017年にはU-18日本代表、2018年にはU-19日本代表として国際大会に出場。 A代表にも選ばれ、若手の中では抜きん出た存在と言ってよいでしょう。 今後の日本のサッカー界を担う若きストライカー。 それが安倍裕葵なのです。 安倍裕葵は中学生の時にプロ入りを決意していた!心温まるその理由とは? 安倍裕葵が世間の注目を集め始めたのは高校生時代からですが、本人は中学生の頃には既に将来プロサッカー選手になると決めていたそうです。 高校に入学する際は瀬戸内高校と鹿島高校から推薦が来ていたそうですが、インターハイに出場しているという理由から瀬戸内高校への進学を選択。 プロになるため、よりレベルの高い環境下に身を置きたいという安倍裕葵の意識の高さが見て取れます。 安倍裕葵が若くしてプロになりたいという意識を強く持つようになったのは、両親の影響があったといいます。 自分にサッカーを続けさせるため一生懸命に働く親の姿を幼い頃から目の当たりにしていたと過去のインタビューで語っており、そんな両親への恩返しとしてプロ入りを目標とするようになったそうです。 しかし、2人ともスポーツ経験者の両親はプロになる難しさを身をもって理解しており、安倍裕葵がプロを目指すのに反対だったとか。 安倍裕葵はそんな両親を高校卒業までという期限付きで説得し、プロを目指すことに納得してもらいます。 そして、期限通り高校生の間に鹿島アントラーズ入団の内定を獲得。 有言実行で見事プロ入りの切符を手にしました。 若きエースストライカーとして活躍する安倍裕葵ですが、その背景には、絶対プロになるという強い決意があったのですね。 安倍裕葵は中学時代に本田圭佑の指導を受けていた? 中学生の時にプロを目指すと決意した安倍裕葵。 その裏には、夢の後押しをしたプロサッカー選手がいました。 日本代表としてFIFAワールドカップにも出場、世界知名度も高い本田圭佑です。 安倍裕葵は中学生時代、本田圭佑がプロデュースするサッカークラブ「S. FOOTBALL CLUB」に所属していました。 その当時、本田圭佑から直接指導を受けたこともあり、この経験からもプロ入りという夢をより具体的に考えるようになったのでしょう。 設立から日が浅いこともあり「S. FOOTBALL CLUB」出身のプロサッカー選手はまだ安倍裕葵のみですが、今後本田圭佑や安倍裕葵の背中を追ってプロ入りを実現する選手が増えていくことが期待されます。 安倍裕葵の名が世界にも知られた試合とは? 安倍裕葵の名は日本だけでなく、世界にも轟きつつあります。 その例として、2017年7月に行われたセビージャとの親善試合が挙げられます。 セビージャは世界的に有名なスペインの強豪チームで、ブラジル代表のダニエウ・アウヴェスなどが所属していました。 安倍裕葵はそんな強豪に対してキレのある動きを見せ、1アシストと活躍。 チームも2対0と勝利し、安倍裕葵はこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。 サッカー大国であるスペインの強豪に対しても堂々としたプレーを見せつけた安倍裕葵。 その若さも相まって、国際的な注目が高まっています。 安倍裕葵に彼女はいる? 安倍裕葵はプロサッカー選手としての実力に加え、その端正なルックスから女性人気も高い選手です。 女性ファンにとってはやはり恋人の存在が気になるようで、安倍裕葵とネット検索すると、「彼女」「恋人」などの言葉が上がってきます。 しかし現時点で安倍裕葵に、恋人として噂される存在はいません。 強い覚悟をもってサッカー選手になったのですから、今は恋愛よりもサッカーに集中したいということなのかもしれません。 このように、実力やルックスなどさまざまな面から注目される安倍裕葵。 2018年12月に行われたクラブワールドカップのレアル・マドリード戦に敗退した際の悔し涙も、大きな話題となりました。 将来ヨーロッパクラブへの移籍なども十分にあり得る逸材ですから、今後も日本サッカー界を背負う存在として活躍を見せて欲しいものですね。

次の