三井 住友 カード 20。 三井住友カードが20%還元キャンペーン!対象カードは?条件は?

三井住友カード プライムゴールド|三井住友VISAカード

三井 住友 カード 20

日本初の『VISA』カードとして名高い三井住友カードがあります。 最近は頻繁に、大規模な還元キャンペーンを行っておりますが、2020年6月現在も実施されています。 キャンペーンの目玉は、下記のとおりです。 今回は、申し込みをして その後2ヶ月間対象となる、三井住友カードのキャンペーン内容について詳細を説明し、さらに登録するうえでの流れやメリット、そして気をつけるべき注意点などを紹介していきます。 1.今回の三井住友カード入会キャンペーンの基礎知識 今回開催されているキャンペーンは、新規入会限定で上限を8000円に設定し、カード利用分の20%を還元するといった内容です。 つまり 40,000円(税込)のショッピング利用で最大のキャッシュバックを獲得することが可能です。 さらに、入会時に「マイ・ペイすリボ」に登録をして、6万円(税込)以上のお買物した場合は、「 +1 000円キャッシュバックのキャンペーン」も同時に開催されます。 つまり最大合計9,000円の「現金でのキャッシュバック」という非常に魅力的なキャンペーンになりますので、後述の注意点などを確認して、ぜひ利用しましょう。 (1)対象条件 今回の20%還元キャンペーンは、エントリー等は不要ですが、下記の条件を満たす必要があります。 カードの入会をしてから2ヶ月後末までに、三井住友カードをショッピングに利用した方• カードの入会をしてから2ヶ月後末までに Vpassアプリへログインをした方 上記条件を満たさなければキャンペーンは受けられないので、事前にきちんと把握をしておきましょう。 なお、対象外の方は下記のとおりとなります。 すでにキャンペーン対象のカードを保有している場合• 過去にキャンペーン対象カードを保有していた場合• 2019年3月1日以降に対象カードを新規で発行した履歴がある場合 (2)【追記】PayPay(ペイペイ)・ETC・Suica・KYASHチャージ等もキャンペーンの対象かは不明 対象の支払い方法は、2020年4月以前は多様な所が特徴の一つでした。 三井住友カードの「iD」での利用や、下記のアプリなどに三井住友カードを紐づけた場合・また各種支払い方法でもキャッシュバック対象となりました。 Apple Pay• 楽天Edy• Google Pay• Kyash• LINE Pay• nanacoチャージ• Origami Pay• PiTaPa• PayPayのクレジットカード支払い• Suica• WAON• 楽天ペイ• ローソンスマホペイ• Mastercardコンタクトレス決済• Visaタッチ決済• ETC支払い• 分割払い・ボーナス一括払い・リボ払い ただ、2020年5月以降については、上記が対応するかどうかの記載は、 ホームページ上から情報がなくなっています。 利用する方は、三井住友カード公式ページよりお問い合わせをして確認してから利用したほうが良いでしょう。 (3)キャンペーン期間 今回の20%還元キャンペーンが実施されている期間ですが、大きな特徴として、キャンペーン期間中に 申し込んだ日が基準となります。 カード入会の期限の例は、下記のとおりです。 ご入会日(カード発行日) カードのショッピング利用・Vpassへのログイン期限 例:2020年3月1日~3月31日の場合 例:2020年5月31日が利用期限 ショッピング利用については、申込日と連動して2ヶ月後末まで利用できるため、慌てずに利用できるところが最大のポイントと言えます。 なお、明確には定められていませんが、本キャンペーンは予告なく変更・終了することがあるため、入会を考えている方は早めに申し込んだほうが良いでしょう。 下記からも、三井住友カード(VISAでもマスターカードでも可)を発行することができるのでご参考ください。 コンビニやスーパー、ショッピングモールでガンガン購入できます。 年会費永年無料キャンペーン中の「三井住友カード(旧:三井住友VISAクラシックカード)」がおすすめ! (4)キャッシュバックはいつ?また、その方法 本キャンペーンの還元方法は、利用月の2ヶ月後末までに現金でキャッシュバックする形になります。 例えば5月にカードの入会をして同月末までに10,000円利用した場合、7月に2,000円が現金でキャッシュバックされます。 カード決済日に請求額から減算するかもしくは、決済日の請求額がキャッシュバック額を下回る場合は、決済日に決済口座に振り込む形となります。 キャッシュバックされた金額については、WEB明細書かご利用代金明細書にて確認可能です。 (5)20パーセント還元キャンペーンの対象カード 今回の20%還元キャンペーンは、対象となるカードと対象外のカードがあります。 (1)利用できる店舗の多さ 三井住友カードのキャンペーンは、利用できる店舗数が他の決済方法と比較するととても多いことが特徴です。 またネット通販で利用してもキャッシュバックされませんでした。 (2)キャッシュバックが早い キャッシュバックが他のキャンペーンと比較して早い点もメリットになります。 今回のキャンペーンはカードを利用した月の2ヶ月後末にキャッシュバックされます。 早く特典が受けられる点も、利用している側からすると嬉しいです。 なお、マイ・ペイすリボへ新規登録をすると受けられる1,000円プレゼントキャンペーンのプレゼントの付与は、カード入会月の4ヶ月後の末日で少し遅くなるためご注意ください。 (3)三井住友カードはコンビニ・マクドナルドで強い 三井住友カードは高い信頼性とステータス性が特徴の伝統あるクレジットカードですが、実はそれだけではなく『ポイント還元』についてもお得なカードです。 特に「いつもの利用でポイント5倍!」対象のセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドで通常利用するのにお得です。 三井住友カードの場合 通常のカードの相場 セブンイレブン 最大2. 5~1. 5~1. 5~1. 5~1. キャンペーン期間中にVpassにログインを行って対象となるカードを使い、買い物をするだけで特にエントリーも必要なく、上限10万円という設定で抽選にて 全額タダ(複数回可能)になるという魅力的なキャンペーンが行われていました。 現在はキャンペーンは終了しています。 (5)【終了】「一部のカードは年会費ずっと無料キャンペーン」の対象カード 2020年4月までの20%還元キャンペーンと併せて、「一部のカードは年会費ずっと無料キャンペーン」と称して年会費永年無料キャンペーンを行われました。 対象カードが限られており、下記のとおりとなっていました。 ゴールドカードやプラチナカードはもちろん、「三井住友カード アミティエ」「三井住友カード RevoStyle」などは、年会費ずっと無料キャンペーンの恩恵は受けれませんでした。 三井住友カード(旧:クラシックカード・クラシックカードA)• 三井住友カード(学生)• 三井住友カード デビュープラス• 三井住友カードVISA SMBC CARD クラシック 2020年5月現在は、残念ながら上記キャンペーンは終了しています。 三井住友カードのキャンペーンの注意点 魅力的キャンペーンが開催されている三井住友カードですが、いくつか気をつけなければいけない注意点があります。 お得なキャンペーンをきちんと利用するために把握しておきましょう。 (1)VISAとMastercardを「デュアル発行」しても還元額は同じ 三井住友カードはデュアル発行が可能な珍しいクレジットカードです。 2019年に実施された三井住友カードのキャンペーンでは、 デュアル発行をすると2枚目のカードもあわせてキャンペーン対象となりました。 つまり、1枚あたりの上限が8,000円という設定で、2枚発行して 最大キャッシュバック金額を16,000円に引き上げることが可能でした。 また以前のキャンペーンでは、旧エブリプラスカード(現在はRevoStyleカード(リボスタイルカード))は重複所持が可能のため、すでに所持していても新規で申し込めばキャンペーンの対象となりました。 しかし、今回のキャンペーンにおいては、それらのお得な小技は利用できませんので、特にクレジットカードを2枚必要としない方は、無理にデュアル発行する必要はないでしょう。 なおデュアル発行は、ネットでの申し込みの際に「ご希望のカードブランド」を選択する欄があるので、「VISAカードとマスターカード(2枚)」を選ぶことで可能となります。 (2)場合によってカード審査に落ちる可能性はあり 当然ですがすべての方が三井住友カードの審査に通過できるわけではありません。 バーコード決済のキャンペーンやデビットカード、プリペイドカードを用いたキャンペーンの場合と比べると、 審査が問題になるケースが多いです。 過去に金融事故を起こしている方は審査落ちが濃厚ですし、本人確認書類などの必要書類に不備があればカードの発行期限までに入会できない可能性もあります。 審査基準は一般的に公表されていませんが、キャンペーンを受けるにあたり審査に通過することは最低条件といえます。 (3)Vpassアプリログインを絶対忘れない 三井住友カードのキャンペーン対象となるには、 Vpassアプリへのログインは必須です。 Vpassアプリはカードの利用履歴や明細などを確認できるもので、スマートフォンでログインを行ってください。 なおスマホではなく、パソコンからのVpassログインはキャンペーンの対象外となるため、必ずスマホにアプリをインストールしてログインしておきましょう。 4.まとめ 三井住友カードの20%還元キャンペーンをはじめ、お得に買い物ができるキャンペーンはチェックしておきましょう。 対象となる条件やカードの種類なども把握し、対象外とならないために注意してください。 なおその他、三井住友カードのメリットは下記記事が詳しいため、併せてご参照ください。

次の

新規入会限定!今なら最大12,000円!カード利用の20%還元キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井 住友 カード 20

なので 入会月によって対象期間も変わります。 例えば、5月に発行した場合は 7月31日までが対象期間です。 この期間に以下の条件を満たせばOK。 対象になる条件 キャンペーンは、以下の条件をすべて満たした本会員が対象。 キャンペーン期間中に、 新規でクレジットカードに入会• カード入会月の2ヵ月後末までに、 Vpassアプリへログイン• カード入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用 エントリーは不要。 条件を満たせば自動的にキャンペーンが適用されます。 例えば、5月入会で5月末までに10,000円利用すると、7月に2,000円をもらえます。 実質的な割引・値引きと同じなので、節約効果は抜群です。 上限は8,000円まで(支払額4万円) 特典の最大金額は 8,000円。 つまり 決済額4万円までですね。 40,000円以上でも8,000円しかもらえないので、できるだけ4万円ピッタリ使うようにしましょう。 特典金額は小数点以下切り捨てで算出。 アプリでログイン アプリでのログインが必要です。 パソコンでのVpassログインとアプリログインは異なりますので注意して下さい(Vpassアプリの利用にはインターネットサービス「Vpass」の登録が必要)。 Vpassアプリはカード到着後にログインができます。 もし請求額がプレゼント額を下回る場合は、決済日に決済口座に振り込まれます。 対象外になる場合 すでに対象カードを持っている場合は対象外です。 対象カードを持ってなくても、2019年3月1日以降に対象カードに新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている場合も対象外。 私も対象外です、残念…。 その他のカードは利用金額も含め対象外。 キャッシングリボ、海外キャッシュサービス、その他ローンの返済金、リボ払い・分割払い手数料、年会費、弊社情報誌定期購読料、提携会社からの収納事務を委託された一部の保険料、ご利用いただいた加盟店から弊社あて売上票の到着が遅れた場合はご利用の対象となりません。 複数枚のカードのご利用金額を合算して集計いたしませんのでご注意ください。 (入会日(発行日)はカード送付台紙にてご確認ください。 PA会員のご利用分は本会員と合算いたしません。 つまり、普通のお買い物ならほぼ全てが対象となります。 Amazonギフト券、nanaco、Kyashチャージも対象 問い合わせてみたところ、 Amazonギフト券の購入やSuica、Kyashの残高チャージ、d払い等との紐づけての支払いも対象になるようです。 確かに公式サイトでも電子マネーチャージが対象外とは書かれていません。 これがあるのが三井住友カードキャンペーンのすごいところです。 プリペイドカードやAmazonギフト券に三井住友カードからチャージしておけば、 今実際に支払わなくてもキャッシュバックを受けられます。 対象カード 以下のVisa・Mastercardブランドのカードが対象です。 クレジットカードなので使えるお店が多いのがいいですね。 対象カードでのおすすめは、 RevoStyle(リボスタイル)。 これが年会費無料です。 月の利用額に応じて支払額が決定するもので、他の三井住友カードのマイ・ペイすリボとはちょっと異なります。 ただ、三井住友カードの会員ページ『Vpass』から支払額増額の申請が可能で、全額決済に変更可能です。 電話したりATMで支払う必要ありません。 詳細 あとは 三井住友カードVISA(SMBC)。 これは初年度年会費無料、2年目以降も 前年度1回以上の利用で翌年度年会費無料になります。 決済口座が三井住友銀行になるので、 三井住友銀行の口座がある人が申し込めます。 ちなみにデビュープラスも同じような感じです。 前年1回以上の利用があれば年会費無料になります(利用が無い場合、1,250円+税)。 ただデビュープラスは、 満18歳~25歳の学生の方限定です。 満26歳以降は「プライムゴールド」に切替わります。 」と注意書きがあります。 ここで紹介している条件等が変わっている可能性もありますので、利用前には公式サイトで確認の上、申し込みをお願いします。

次の

「三井住友カード」20%還元キャンペーンが知りたい!注意点は?【~2019年12月27日】

三井 住友 カード 20

三井住友カードは、複数枚は発行できないと思われている場合もありますが、複数枚発行できるケースがあります。 このエントリーでは、三井住友カードを複数枚発行する方法と現在開催中の20%キャッシュバックキャンペーンへの参加パターンを紹介してみたいと思います。 三井住友カードを複数枚発行できる2つのパターン 三井住友カードは、同一国際ブランド VISA・マスターカード のカードは、基本的に、複数枚発行できませんが、複数枚発行できるケースがあります。 三井住友カードには、プロパーカードと提携カードがありますが、提携カードの方は、プロパーカードとあわせて複数枚発行するのは一般的です。 ただ、今回の20%キャッシュバックキャンペーンでは、提携カードは対象ではないんですね。 (対象のキャンペーンも頻繁に開催されています。 ) プロパーカードで、複数枚発行できるケースは、三井住友カードが、複数枚発行をアナウンスしている場合ですね。 複数枚発行をアナウンスしているのは、次の2つのパターンです。 VISAとマスターカードの デュアル 2枚 発行• 既存カードに エブリプラスを発行 この2つのパターンの概要を確認してみましょう。 パターン1です。 パターン1:デュアル発行 デュアルは、同じ種類のカードで、VISAとマスターカードの両方を発行するパターンですね。 デュアルの例です。 個人的には、最も定番であるクラシックカードで、デュアルにしています。 海外旅行に行くときは、VISAとマスターカードの2枚持ちが常道ですが、種類を揃えると、すっきりした感じになります。 右のマスターカードは、旧さくらカードからの切り替えなので、30年近く使っていますが、既存カードのため、今回のキャンペーン対象ではありません。 VISAの方も対象ではありませんが、すでに、iDキャッシュバックなど幾つかのキャンペーンが開催されていましたので、還元を充分に享受しているんですね。 デュアルで申し込めるカードとしては、クラシックの他に、プラチナ、ゴールド、プライムゴールド、ヤングゴールドカード20s、エグゼクティブ、クラシックカードA、アミティエがあります。 パターン2です。 パターン2:エブリプラスを発行 エブリプラスです。 (11月28日から、エブリプラスは、リボ払手数料が 年率9. 8%のリボスタイルに切り替わりました。 リボスタイルについては、で紹介しています。 ) エブリプラスは、年会費永年無料のマイ・ペイすリボ専用カードです。 リボと言いましても、三井住友カードのマイ・ペイすリボは、毎月の支払額を自由に設定できますので、支払い額をカード総利用枠の上限金額に設定すれば、カードの一括払い的な使い方となり、手数料は無料です。 エブリプラスを申し込みますと、総利用枠は、10~80万円の範囲で設定されます。 初期設定の毎月の支払額 元金 は、5,000円になっていますので、届いてから、Vpassアプリ等で総利用枠の範囲で設定します。 元金を10万円で設定しますと、10万円以下のお買いものでは、1回払いとなり手数料はかかりません。 三井住友カードを複数枚発行する場合は、 デュアルか エブリプラスということになりますが、気になるのが、こうして申し込んだカードが、本当に、12月27日まで開催されている20%キャッシュバックキャンペーンの対象かどうかですね。 20%キャッシュバック対象かチェック まず、デュアルです。 デュアル新規はキャッシュバック対象 キャンペーンページの注意事項からの引用です。 出典: 2枚お持ちで、2枚ともキャンペーン条件に適合している場合は、2枚とも20%キャッシュバックがありますと書かれています。 「VisaとMasterなど」と書かれていますので、これは、同時に、デュアル発行した方を想定して書かかれた内容ですね。 カードの申し込み時に、デュアル発行が選べるんですね。 こちらのページにデュアル発行の申し込み方法が書かれています。 (デュアルの概要を理解していれば、実際には、申し込みの中で分かるようになっています。 ) 2枚目のカードを追加で申し込んだ場合は、キャンペーン条件に適合している場合は、複数枚が対象ということが確認できましたので、キャンペーンの条件から対象カードと判断できますが、ページに明記はされていませんので、念のため、カスタマーサービスに確認しましたところ、対象ということでした。 次は、エブリプラスです。 エブリプラス新規はキャッシュバック対象 こちらもキャンペーンページからの引用です。 すでにクレジットカードをお持ちの場合(弊社クレジットカードからのお切替えを含む)(エブリプラスは重複してお持ちいただける為、新規でお申し込みされた場合にはキャンペーンの対象となります。 ) 出典:同上 キャンペーン対象外のケースが書かれていますが、既存カードは、新規入会という条件にあいませんので、対象外となります。 また、違う種類への切り替えも、新規入会ではありませんので、対象外になります。 その次に、エブリプラスの新規申込について書かれていますが、 エブリプラスの重複持ちは対象とはっきり明記されています。 以上の内容のまとめです。 複数枚発行する時の留意点です。 複数枚発行の留意点 個人的には、カードの申込み時に、キャッシング枠 30~50万円 を申し込んでいますが、同一会社で複数枚発行する時は、追加カードの キャッシング枠はなしにしています。 その方が審査はスムーズに進むように感じます。 複数カードのキャッシング枠総額が大きくなりますと、所得関係の証明書が必要になる場合があるんですね。 そうした書類の提出があるかないかの違いになりますが、 こちらのページで説明されています。 次は、複数枚発行して、20%キャッシュバックに参加するパターンを検証してみましょう。 20%キャッシュバックに参加する2つのパターン すでに三井住友カードを持っている場合と持っていない場合があります。 すでに三井住友カードをお持ちの場合 すでに三井住友カードを持っていて、追加で新規のカードを発行するパターンです。 (クラシックカードの例としています。 ) クラシックVISAを持っている場合は、クラシックのMastercardの申し込みかエブリプラスの申し込みになります。 審査状況によっては、両方とも申込める場合もあるのではないかと思います。 1枚のカードのキャッシュバック上限は12,000円で、還元対象となる購入金額上限は60,000円となります。 2枚申し込むと、キャッシュバックも購入金額上限も倍になります。 デュアルのメリットとして、2枚目の会費が安くなることがあります。 クラシックの場合で、250円になります。 この会費についても、エブリプラスのところで触れました マイ・ペイすリボに申し込むことで年会費は無料になります。 デュアルの場合、2枚ともマイ・ペイすリボにして、両方とも会費無料にすることもできますし、VISAをマイ・ペイすリボにして、Mastercardをそのままにしておくと、会費の合計は250円になります。 また、 マイ・ペイすリボの他には、カードご利用代金WEB明細書サービスに申し込むことで、会費の割引(クラシックで500円)があります。 会費を無料化したり、低減する方法が複数用意されているんですね。 こちらの公式ページに、会費や会費を無料化・低減した場合が、カードの種類ごとに案内されています。 ただ、新しい情報として、2021年2月会費分からは、金額に関わらず一回でも手数料を支払う条件が、年会費無料の条件に追加されます。 少しでも気になる方には、年会費無料のマイペイすリボ専用カードの エブリプラスという選択になるのではないかと思います。 エブリプラスの詳細や申込は、こちらのページになります。 まだ三井住友カードを持っていない場合 まだ、三井住友カードを持っていない場合の選択パターンです。 (クラシックカードの例としています。 ) 最初は、クラシックVISAかエブリプラスを申込みます。 最初から、クラシックVISAとMastercardのデュアル発行するパターンもありですね。 キャンペーンのカード申込期限が、12月27日までと長いので、期間中に、3枚新規で申し込まれる方もおられるかもしれません。 その場合は、キャッシュバック合計額は、36,000円となり、還元対象となる購入金額上限は、180,000円となります。 キャンペーン対象の三井住友カードの詳細や申込は、こちらの公式ページで紹介されています。 申し込んで、カード届きましたら、キャンペーンへの参加です。 また、三井住友カードの20%キャッシュバックキャンペーンは、 キャッシュバック対象の幅広さに特徴があります。 Amazonギフト券やSuicaといった電子マネーのチャージも対象になります。 こちらの記事で、三井住友カードでAmazonギフト券にチャージする方法を紹介しています。 この20%キャッシュバックキャンペーンと同時に、上限10万円で全額バック10万本が当たるタダチャンが開催されています。 こちらの記事で、タダチャンのポイントを紹介しています。 関連記事 スポンサーリンク nobujirou.

次の