ホテル ウクライナ。 ウクライナ旅行の航空券+ホテル予約【エアトリプラス(ウクライナ )検索】

【ウクライナ】キエフで宿泊したいおすすめ格安ホテル10選

ホテル ウクライナ

概要 [ ] 以来「ヨーロッパの」地帯として知られ、以後産業の中心地帯として大きく発展している。 天然資源に恵まれ、やなど資源立地指向のを中心としてが発達している。 がにに滅ぼされたあとは独自の国家を持たず、諸侯はやに属していた。 からの間にはのが興亡し、その後の支配下に入った。 後に独立を宣言するも、をが制したことで内の構成国となった。 に伴いした。 本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。 歴史的・文化的には・諸国との関係も深い。 公式の表記は「 Ukraine」(ユークレイン)である。 日本語の表記は「ウクライナ」となっている が、2019年7月に在日ウクライナ大使館はウクライナ語を基にした「ウクライーナ」と表記すべきであるとの意見を表明した。 しかし、その後の2019年9月、同大使館や日本外務省の代表者や国会議員、ウクライナ語専門家の参加を得て開催された主催の「ウクライナの地名のカタカナ表記に関する有識者会議」にて「国号について、ウクライナの変更はしない」との結論が出され、同大使館案は採用されなかった。 は現在の日本では滅多にされないが、「宇克蘭」 、または「烏克蘭」 である。 この地名は、・と並んでの歴史的中枢地に含まれるの範囲を示している。 13世紀にルーシ大公国が滅び、その中部・南部の地域がとに併合されると、「ウクライナ」は併合地の領域を表す地名としてリトアニア・ポーランドの年代記や公式文書などに使用されるようになる。 からにかけて広義の「ウクライナ」はが居住するガリツィア地方、ヴォルィーニ地方、地方、地方とキエフ地方の範囲を示し、狭義の「ウクライナ」はキエフを中心としたの中流域を示している。 「ウクライナ」の地名の両義性は、のが誕生する17世紀半ば以後にも東欧の古文書にもみられる。 狭義の「ウクライナ」は当国家の支配圏を指しているが、広義の「ウクライナ」は当国家の支配圏外のルーシ人の居住地を意味している。 しかし、ヘーチマン国家がのになることにより、「ウクライナ」はドニプロ川の中流域だけを意味するようになり、以降はルーシの本土を意味するという地名のとなった。 後半から初頭にかけて、ルーシ系の知識人による民族運動が発展していくにつれて、「ウクライナ」はルーシ人が居住する民族領域を意味する名称となり、「ルーシ人」は「」という民族名に取って代わられた。 に成立したにおいて初めて、「ウクライナ」という名称が正式な国号の中で用いられることとなる。 語源 [ ] ()による東欧地図()。 キエフを中心とした地域は「VKRAINE ou PAYS DES COSAQUES(ウクライナあるいはの国)」と記されている。 隣の「OKRAINA(辺境)」はロシア南部の国境地帯を指す 「ウクライナ」の語源については、「国」といった意味であるという説と、「辺境」といった意味であるという説がある。 地理 [ ] 詳細は「 ()」を参照 ウクライナの国土のほとんどは、肥沃な平原、()、高原で占められている。 、、が横切っており、南のとともに、、に注ぎ込んでいる。 北岸にはが突き出しており、でウクライナ本土とつながっている。 南西部にあるはとの国境になっている。 山岳地帯は、ウクライナの最南端のと西部のにしかない。 なお、これ以外の地域も平坦というわけではなく、東ヨーロッパの中では比較的起伏の多い地形をしている。 気候は温暖なであるが、クリミア半島の南岸はにより近い。 降雨量は局所的に偏っており、北部や西部は多く、南部や東部は少ない。 冬は黒海沿岸は涼しいが、内陸に行くにしたがって寒くなる。 夏はほとんどの地域で暖かいが、当然南に行くほど暑い。 詳細は「」を参照 主要民族はで、全人口の約8割を占める。 は約2割を占める。 ほかに少数民族として、、、、、がいる。 も約1万人ほどいる。 国内最大の少数民族であるロシア人の割合が高い州は、ロシアが実効支配しているとを除くと(39. また、西部のではハンガリー人が12. このように多民族国家となっている。 人口密度の高い州は、、、である。 ロシア語の第二公用語化に賛成する割合(2005年)。 西部の、、の3州は賛成の割合が低い(黄緑) ウクライナのは憲法第10条により定められたのみであるが、憲法第10条にはを含む多言語使用・発展も保証すると記載されている。 実態としてはウクライナ社会はウクライナ語とロシア語の二言語社会と呼びうる。 2001年のによれば、全体の67. 5%がウクライナ語を母語とし、ロシア語は29. 6%となっていた。 東部、南部と首都ではロシア語の割合が比較的高い。 他方、2006年に行われた民間調査統計によれば、ウクライナ語をとする国民は5割強となっている など、統計によるばらつきがみられる。 同じ調査統計の結果で、母語ではなく日常的に使用する言語を問う設問では、家庭内でウクライナ語のみを使用するのは全国民の38. ウクライナは、時代にロシア語化が進み、西ウクライナを除いてとしてロシア語が広く普及し、圧倒的に優勢となった。 また、当時はウクライナ語はロシア語のや農村部の方言に過ぎないという認識さえあり、使用は衰退していった。 特に都市部に住むインテリ層の間ではロシア語の使用が広まり、農村部ではウクライナ語、都市部ではロシア語という色分けができていた。 しかしながら、ソ連からの独立時にウクライナ語を唯一の公用語として指定し、国民統一の象徴の言語として広く普及させ、復活させる国策を採った。 一方、ロシア語は公用語に制定せず、ウクライナ語の復権を重要課題に掲げて重視した。 これは、同じくロシア語が最も使われてきた隣国ベラルーシが独立後もロシア語を引き続き最重要視する政策とは対照的な路線をとった。 ウクライナでは政府機関ではウクライナ語のみが使われ、憲法・法律をはじめ、公的文書はすべてウクライナ語で記述され、学校教育は大半がウクライナ語で行われる。 また、街中の広告もウクライナ語に限定され、のアナウンスや街中の案内表記もウクライナ語とされるが、ロシア語も言語法の手続きを通じた地方公用語として認定されている場合には地方レベルで使用可能である。 この背景には、国家としてウクライナ語の普及を進める一方で、西ウクライナを除く地域の都市部住民の中には民族的にであっても日常生活ではロシア語をおもに使用している人が少なくなく、ウクライナ語を運用することはできるが、ビジネスや娯楽、家庭での言語はロシア語が優勢となっている。 さらに、東部や南部では、ウクライナ語が不得手とする人も少なくない。 このように、独立以降ウクライナ語のみを国家語にしてきたウクライナであるが、生活の現場でのロシア語の使用頻度は低下しておらず、西部を除いた地域においてはロシア語は引き続き重要な言語となっている。 特徴的な点として、ウクライナ西部にあるリヴィウ州、ヴォルィーニ州、テルノーピリ州、のガリツィア地域はソ連時代を通じてもロシア語化が進まなかったことからウクライナ語が圧倒的に優勢で、日常的にロシア語が使われることは一般的でない。 この3州ではロシア語の第2国家語化への反対者が多い。 一方、東部の住民にはロシア語の公的地位向上を求める世論もあり、しばしば政治の場における敏感な論点となる。 しかし、ウクライナ語が不得手な東部出身のウクライナ民族主義者も珍しくなく、使用母語と親露・反露感情は必ずしも一致しない点は留意を要する。 2014年の政変以降もOSCEなどの国際機関は、社会においてロシア語話者が差別を受けている事実を報告していない。 その他の言語として、()、()、()なども使われている。 詳細は「」を参照 現在ウクライナの国民は多くのを持っているが、大半は特定の宗教団体に属していない。 伝統的な宗教は、の一員であるである。 ルーシの洗礼以来、ウクライナの正教会はに属していたが、に庁に移され、20世紀末までモスクワ総主教庁に属していた。 この移管はに違反していたと指摘されるが 、モスクワ総主教庁側はこの移管を「教会法違反」とは捉えていない。 には、ウクライナの独立運動の興隆に呼応して、モスクワ総主教庁から分離独立したが設立された。 キエフ総主教庁・ウクライナ正教会の教会法上の合法性を認めている他国の正教会は長らく存在していなかったが、キエフ総主教庁は教会法解釈・歴史認識につき主張をしつつ、自らの合法性の承認を得るべくさまざまな活動を行っており、信徒数の上でもウクライナにおける最大の教会となっている。 なお、懸案だったロシア正教会からの独立問題については、2014年にロシアがしたことによる反ロ感情の高まりを受け 、2018年10月11日にから独立の承認を得ることに成功した。 この承認に基づいて、2018年12月15日にで開かれた統一宗教会議で、ロシア正教会から独立したの創設が宣言された。 オブザーバーとして出席したポロシェンコ大統領は「ロシアからの最終的な独立の日だ」と群衆に述べた。 これに次ぐ正教会として、モスクワ総主教庁の下に留まりつつ事実上の自治を行っているがあり、こちらは他国の正教会からも教会法上の合法性を認められているが、ウクライナ国内での信者数は減少している。 ほかにもとの教会組織が存在する。 また、の教区やの会衆など、正教の信徒も伝統的に存在している。 たるが正教に次いで勢力を有する。 および、さらに、、も少数存在する。 による2006年度のデータ:• - 50. - 26. - 7. - 2. - 2. - 0. その他 - 3. 歴史 [ ] 詳細は「」および「」を参照 ごろより現在のウクライナの地にはさまざまなが到来した。 ごろ、黒海北岸に至ったの人は、ごろにを追い払って自らのを立て、にかけて繁栄した。 黒海沿岸にはが建設され、や方面との交易を通じて、、の文化的影響を受けた。 ごろ、より来たの圧力を受けてスキタイは衰退した。 ごろにが王国を建て、中ごろクリミア半島に存続していたスキタイ人の国家を滅ぼした。 これらの民族は交易や植民を盛んに行い、彼らが建設した多くの交易拠点はのちにへと発展した。 からにかけての発端となるがこの地を通り抜けた。 にはが侵入し、同じころ移住してきたと考えられているを支配した。 スラヴ民族はウクライナ中央部と東部に居住し、の建設と発展に重要な役割を担った。 からにかけてはの支配下にあった。 中世 [ ] ヴォロディーミル聖公の洗礼 ごろ、ウクライナではという国が誕生し、東スラヴ人のの町はその首都となった。 に公( - )が率いるのがキエフを陥落させると、ルーシはヴァイキング系の朝のものとなった。 研究史上では、朝廷の中心がキエフに置かれていたことから、当時のルーシを、あるいはと呼ぶ。 ( - )、その子息( - )、孫( - )、および曾孫(1019年 - 1054年)の治世はルーシの全盛期となった。 キエフの大公朝は、周辺の東スラヴ人をはじめ、北西のと、北東のを征服し、支配領域を拡大させた。 その結果、におけるルーシは約150万平方キロメートルの面積を誇る、の最大の国家となった。 ルーシは、北方のとから南方のウクライナ草原まで、そして西方のカルパティア山脈から東方のまで広がっていた。 周辺の諸政権が滅ぼされ、すべての国土はリューリク朝の諸侯の間に分けられた。 にヴォロディーミル大公のころ、はから(のちの)を受けてとした。 この出来事はウクライナの運命を決し、ウクライナはキリスト教に属することとなった。 にルーシは領土をめぐる諸侯の争いによりいくつかのリューリク系の諸公国に分裂し、キエフ大公の権威が衰退した。 名目上でキエフはルーシの首都の役割を果たしていたが、諸公国は事実上の独立国となった。 13世紀にルーシの国体は完全に退勢し、にの軍による侵攻()で滅ぼされた。 キエフの衰退後、ルーシの政治・経済・文化の中心は、西ウクライナにあったへ移された。 当国には、地方、地方、地方、地方、地方、地方、キエフ地方からなっていた。 大公国の基礎は、にリューリク朝の嫡流の血を引く大公によって築かれた。 にロマンの子息大公は、のにして従属したが、のヨーロッパの支援を期待して、、、と密約を交わし、独立戦争を計画した。 にからを受けてルーシの初()となり、ジョチ・ウルスとの戦いに挑んだ。 ごろ、モンゴルの軍に勝利したダヌィーロ王は、20年後にルーシの首都となるを創建した。 しかし、に欧州が約束した援軍がなかったため、ダヌィーロは再びジョチ・ウルスに服属せざるを得なかった。 その後、ダヌィーロの息子はモンゴル軍に従ってポーランドとへの遠征に参加した。 にダヌィーロの曾孫とはマゾヴィアとドイツ騎士団と手を組んで独立戦争を再開したが、彼らの後継者は無益な戦争をやめてジョチ・ウルスに従属した。 1340年にユーリー2世の暗殺により王朝が断絶すると、隣国のポーランド王国とリトアニア大公国が王国の相続権を主張し、を開始した。 にポーランドはハーリチ地方、ホールム地方、ベルズ地方を併合し、そのほかの領土はリトアニア大公国のものとなった。 リトアニアはを公用語とし、正教を国教にするなど、に対して宥和政策をとって次第にルーシ化したが、ポーランドは新たな領土のを進めた。 14世紀末におけるウクライナの地域は他国の支配を受けるようになった。 リトアニアはキエフ地方、チェルニーヒウ地方、ヴォルィーニ地方を中心とする北部・中部を確保した。 ポーランドはハーリチ地方とポジーリャ地方からなる西部を統治した。 南部は、にジョチ・ウルスから独立したが支配するようになった。 無人だった東部は次第に(のちのロシア)の領域に入った。 にポーランドとリトアニアがという連合国家を形成したことにより、ウクライナの北部と中部はポーランド領となった。 ウクライナでは、、、、、というポーランドの行政単位に設置され、1598年ににより正教会は禁じられた。 詳細は「」および「」を参照 後半、・・が接する地域、「」と呼ばれるにおいて、という武人の共同体が成立した。 にコサックは、のというを築き、それを根拠地とし、共同体を「サポロージャ・コサック軍」と称した。 16世紀から前半にかけてのコサックは、の国王のであったが、国王の支配が及ばない地域に住み、の特権と制を有した。 それと同時に、彼らは独断で隣国の、、などへ遠征したり、としてが支配する沿岸部を攻撃したりした。 さらに、コサックの一部はとして全で活躍したこともあり、に側のために戦った。 軍人でありながら、権を持たないコサックは、貴族の国家であるポーランド・リトアニアにおいて社会・宗教・民族的を受け、しばしばを起こした。 、が率いるコサック軍は、ポーランド・リトアニアにおいてを起こした。 反乱は次第にからウクライナのに変容し、ウクライナの中部にが誕生した。 に、ポーランドと戦い続けるために、コサックのウクライナはでロシアのの保護を受けたが、にロシア人がポーランド人とを結び単独和議したため、、と同盟を締結した。 、コサックの将軍にが選ばれると、ウクライナ国内でが勃発してへ展開した。 ヴィホウシキーは、にで勝利を収めたが、ポーランドとの連合条約()を結んだためにコサック長老の支持を失った。 と呼ばれるウクライナが始まり、その結果、コサック国家がを軸にして、、という地域に分かれた。 右岸ウクライナのコサックはポーランド・リトアニアの支配下に置かれ、左岸ウクライナとザポロージャはロシアの保護下に置かれた。 にこのような分割はによって公認された。 に新たな将軍は、の援助を受けてウクライナの統一を実行しようとした(、)が失敗し、がロシアとオスマン帝国の間で結ばれた。 にロシアとポーランド・リトアニアはにより最終的にウクライナを分割した。 17世紀後半にポーランド人は右岸ウクライナにおいてコサックの自治制を廃止したが、ロシア人は左岸ウクライナにおいてコサック国家を保護国として存続させた。 に、の際、将軍が引率したコサックはと同盟を結び、ロシアの支配から離脱しようと図ったが、に惨敗した。 マゼーパの蜂起はロシアに口実を与え、ロシア政府はウクライナにおけるコサックの自治制をに乗り出した。 にロシアはロシア・ウクライナの国境を廃止し、にコサック将軍の位()を廃止した。 廃位させられた最後の将軍はロシアのに任じられた。 にロシア軍はザポロージャのし、にウクライナにおけるコサック自治制は廃止された。 、ロシア国内にならってウクライナで制が敷かれた。 また、には、ロシアは15世紀から続いていたクリミア・タタール人を中心とするを滅ぼし、クリミア半島を併合した。 『エネイーダ』の表紙。 コサック軍を率いるエネーイ棟梁 から19世紀にかけて、とによるウクライナの抑圧政策と全ヨーロッパで流行した・の高まりにより、ウクライナ人の民族運動も盛んになった。 に、によるコサック国家の再建を謳う『』が出版された。 この作品は、現代ウクライナ語ので書かれた初めての作品であった一方、ウクライナの民族的ルネサンスの序幕でもあった。 にが設立されると、ウクライナの知識人によるウクライナの歴史・文化・民俗に関する研究が活発的に行われるようになった。 ごろ、近世のコサック軍記の編集物として『ルーシ人の歴史』が著され、ウクライナの文化人、歴史学者、作家などに大きな影響を与えた。 の完成が急がれたのもこの時期で、、ポーランド語正書法、そして独自の正書法などさまざまなものが生み出されたが、最終的にはのまとめたウクライナ語文法が現代ウクライナ語の基礎となった。 ロシア帝国は常にウクライナにおける政策を実行しており、なお、ウクライナ語は当時はロシア語の一方言「小ロシア語」として扱われ、独自の言語としては公認されていなかった。 に文学作品を除きウクライナ語の書物の出版・流通を禁止するが出され、にウクライナ語の書物の出版・流通・輸入を禁止するが定められた。 期のウクライナ経済はの素地となった。 地元の石油王()がパリ家と家族になって、ウクライナにのコッカリル()とが進出してきたのである。 現代 [ ] ウクライナ独立戦争 [ ] ウクライナの反露ポスター。 「他国のものは要らないが、自国のものは渡さぬ! ロシアの双頭の鷲から子供を守っているウクライナ人の婦人 が勃発すると、ウクライナ西部を巻き込んでが形成された。 にによりが崩壊し、でが成立した。 それに伴い、同年にキエフでウクライナ政府として教授が指導するが成立した。 によってロシアの臨時政府が倒され、の政権が誕生すると、に中央議会はを首都とするの樹立を宣言したが、が勃発したあと、にウクライナ人民共和国のを宣言した。 同年2月8日にロシアのはキエフを占領したが、2月9日にでウクライナと、の同盟が完結し、中央議会は同盟国の軍事力を借りてウクライナを解放し、3月に首都を奪い返した。 にウクライナの保守階級によるの結果、中央議会に代わって大将の政権が成立した。 国号はウクライナ国に改められ、元首はとなった。 当国は安定した発展を見せたが、ドイツのへの降伏により事態は一転し、1918年にスコロパードシキー政権が倒され、新たなの政権が成立した。 国号は再びウクライナ人民共和国となった。 しかし、ドイツ軍の撤退によりウクライナ・ソビエト戦争が再開した。 、ソビエトのロシアはとして首都をとするを樹立した。 同年にソビエト軍はキエフを占領し、ウクライナ人民共和国の政府を亡命させた。 1919年からにかけて、ウクライナの支配をめぐりウクライナ人民共和国軍、ソビエトの赤軍、ロシア帝政派の、白軍を支援する・・、率いる者の、ウクライナのを中心とするなどが争った。 1920年冬に戦争がソビエトの赤軍の勝利で終結し、ウクライナ社会主義ソビエト共和国は西ウクライナを除きウクライナ全域を確保した。 一方、の解体に伴い、に西ウクライナの・地方に住んでいたはを首都とするの独立を宣言した。 しかし、11月1日にが当共和国へ侵入し、が始まった。 ポーランド側は、、、ハンガリーなどによって後援されたが、西ウクライナ側は国際的に孤立していた。 1919年に西ウクライナはウクライナ人民共和国に援助を求め、キエフでウクライナ人民共和国と合同したが、ウクライナ人民共和国の政府はソビエトの赤軍と戦ったため、援軍を派遣することができなかった。 こうした中で、の併合を目論むポーランドがに西ウクライナ全地域を占領し、西ウクライナ人民共和国は滅亡した。 その後、4月に西ウクライナをめぐってが勃発したが、のによって西ウクライナのポーランド支配が確定した。 またクリミアにおいては、1917年、クリミア・タタール人を中心とし、を初代大統領とする多民族・世俗国家の建国が宣言されたが、1918年にモスクワのソビエト政府により占領され、滅亡した。 キエフにあるの慰霊碑。 ウクライナ人は、からにかけてのロシアに対して強く抵抗したため、ソ連の政権が「ウクライナ人の問題」を解決するために、ウクライナ人が住む地域において人工的な大を促した。 に「ヨーロッパの穀倉」といわれたウクライナでは数百万人が餓死した には、、、とともに同盟条約によってを結成した。 諸共和国は平等の立場で新しいを形成したが、その国家連合は制定によってロシアを中心とする的なシステムに変遷し、その他の独立共和国はロシアの自治共和国となった。 からにかけて、ウクライナでのソビエト政権を磐石なものにするために、ソ連政府・共産党は政策を実行した。 教育の普及や政府諸機関へのウクライナ人の採用などにより、政権とウクライナ人の間に存在した敵意をなくそうという試みであった。 しかし、以降、党内からこの政策を厳しく批判する声が上がり、にウクライナ化は「ウクライナ民族主義的偏向」として中止された。 ウクライナ化を指導した政治家、知識人、文化人は逮捕・粛清され、ロシア化の時代が再開した。 ソビエト連邦下のウクライナは拙速な農業の集団化政策などにより2度の大飢饉( - 、 - 、後者はと呼ばれにウクライナ政府によってに対すると認定された。 アメリカ、カナダ、イタリアなどの欧米諸国では正式にジェノサイドであると認定されている が、やではとして認定している)に見舞われ、推定で400万から1000万人が命を落とした。 この「拙速な集団化政策」は意図してなされたものであるという説も有力である。 この背景には、やらによる農民への敵視政策があった。 共産党政府のとった土地の共有化を農民は拒むため、多くの住民が農民であったウクライナの統治は共産党政府にとって大きな障壁となっていた。 そのため、一説によるとレーニン、スターリンらにとってはウクライナの農民の根絶が理想であったともされている。 スターリンは、農民問題の解決は至急の課題であると明言している。 また、この時期に前後し、ウクライナでは農民、すなわちウクライナ人への懐柔政策と弾圧政策が交互にとられ、結果ウクライナ共産党幹部全員をはじめ多くの人間が粛清された。 最終的には、ウクライナ語使用の制限など弾圧政策が長くとられることになった。 はウクライナから始められ、には首相のが自殺した。 この年、ウクライナ社会主義ソビエト共和国は国号を「ウクライナ・ソビエト社会主義共和国」へと変更した。 一方、西ウクライナは、、によって分割された。 からにかけてポーランドは・地方、ルーマニアは地方、チェコスロバキアはを支配した。 第二次世界大戦 [ ] 詳細は「」、「」、および「」を参照 にとはを締結し、東欧における独ソの勢力範囲を定めた。 同年にドイツが、続いてにソ連が。 その結果ポーランドは分割され、ウクライナ人が多数派だった西地方と地方はウクライナ・ソビエト社会主義共和国に併合された。 ドイツがしたあと、にソ連はルーマニアにベッサラビアと北ブゴヴィナの割譲を要求した。 ルーマニアはこの要求を呑み、北ブゴヴィナとベッサラビアはウクライナSSRに併合された。 その後、北ブゴヴィナと南ベッサラビアを除く地域にはモルドバSSRが設置された。 にソ連軍はを占領し、にドイツ軍はを支配下に置いた。 独ソ両国は共通の国境と、征服された地域を「解放」するために互いに攻め入る口実を得た。 1940年、ドイツはを秘密裏に決定し、1941年にソ連へ侵略した。 それに呼応してイタリア、ルーマニア、などはドイツ側に与して派兵など軍事的支援を行った。 は約4年間続き、ウクライナを中心とした地域に行われた。 当初、ウクライナ人はの支配からウクライナを解放してくれたドイツを支援したが、ドイツはウクライナの独立を承認せず、ソ連と同様の支配体制を敷いたため、ウクライナ人の反感を買った。 1941年にはとを占領し、にとを奪い取り、7月までにクリミア半島と地方を支配下に置いた。 2月、ソ連軍はにおいてドイツ軍の侵攻を食い止め、同年8月にでドイツ軍から独ソ戦の主導権を奪った。 にソ連はし、5月にかけてとクリミアを奪還した。 同年8月にソ連軍はに置き、ドイツが占領するか、に参加していた東欧・中欧諸国への侵攻を開始した。 にソ連はドイツの首都させ、にドイツ側のにより独ソ戦が終結した。 ソ連側の勝利によってウクライナにおける共産党の支配が強化され、国際社会におけるソ連の役割が大きくなった。 ソ連軍が占領した東中欧諸国ではが樹立された。 においてウクライナはなど激戦地となり、莫大な損害を蒙った。 戦争の犠牲者は800万人から1,400万人とされている。 ウクライナ人の間では5人に1人が戦死した。 大虐殺などによるも行われ、ウクライナ系のやなどの共同体は完全に破壊された。 ソ連政府はウクライナ在住のやなどのを行った。 独ソ両軍の進退によってウクライナの地は荒れ果てた。 700の市町と、約2万800の村が全滅した。 独ソ戦中にウクライナ人はソ連側のにも、ドイツ側のにも加わった。 また、ウクライナ人の一部は反ソ反独のに入隊し、独立したウクライナのために戦った。 廃止された。 ソ連ではV・I・レーニン共産主義記念チェルノブイリ原子力発電所と呼ばれていた (現・)とともに、ソ連とは別に加盟国として国連総会に議席を持った。 から2年間とから2年間はも務めている。 しかし現実は、ウクライナは相変わらず「ソ連の一部」止まりであり、「ロシア化」が進められた。 のやのの際は、ウクライナで威嚇のための大軍事演習が行われたり、ウクライナを経由して東欧の衛星国へ戦車が出撃したりしている。 のスターリンの死後、大粛清の犠牲になった多くのウクライナ人の名誉回復がなされ、また徐々にウクライナ文化の再興が水面下で活発化した。 、政権により、クリミア半島(クリム半島)がロシアからウクライナに移管された。 これは、に対抗するためにロシアとウクライナ・コサックの間で結ばれた締結300周年記念を祝うためであった。 1960年代には体制に批判的な、または「ウクライナ的な」文学も登場した。 フルシチョフのの時代には、ウクライナ・ソビエト政府もこのような動きを少なからず容認した。 しかし政権の「停滞の時代」になると、にウクライナ人知識階級が大量に逮捕されるという事件が起こる。 で対立していた東西ヨーロッパ諸国が人権尊重などを謳った()を受けて、には人権擁護団体「ウクライナ・ヘルシンキ・グループ」が結成されるが、それも弾圧された。 ソ連支配下のウクライナにおいて大部分のウクライナ農民は、1970年代まで国家の社会保障を受けることもできないでいた。 収穫の大部分は相変わらず国家によって搾取され、スターリンのの恐怖がなくなった今、共産党の幹部たちは自らの特権階級()としての地位を不動のものとする。 非効率な、冷戦下における膨大な軍事費・科学技術費は、ウクライナの近代化を進めたとはいえ、人々の生活は一向に改善する気配がなかった。 政治の腐敗、経済的矛盾は深刻化していったにもかかわらず、隠蔽され続けた。 、が発生し、国内外に大きな被害が及んだ。 ウクライナ国内にあたる地域には220万人ほどが住んでいた。 事故後、汚染地域の外にという街が作られ、かつて原発で働いていた者たちなどを住まわせた。 とによって行われた調査によって明らかにされたことによると、この事故により直接的に56名が死んでおり、それ以外にもこの事故を原因とするによって4,000名ほどが死んだといわれる。 「」および「」も参照 に一度原発を全廃したが、より原発を再び稼働させた。 ソ連は政権下で「」の時代を迎えており、ウクライナでは「ペレブドーヴァ」と呼ばれる改革・開放を求める運動が起きた。 1960年代ごろから民族文化運動を続けてきたウクライナ人文学者たちは、ウクライナ語の解放・普及を訴えた。 ソビエト政府によってその存在を否定され、弾圧され続けてきたウクライナ・カトリックは水面下で根強く活動を続け、ローマの強い励ましを受けた。 そしてついに、ウクライナ語の公用化(10月 )、の公認化が実現した。 の成功も受けて、ウクライナ民族運動は最高潮に達していく。 1989年9月、作家連盟などを中心に民族主義大衆組織「ペレストロイカのための人民運動」(通称「ルフ」)が結成される。 1月22日(の中央議会によるウクライナ独立宣言の日)にルフの呼びかけで、大勢のウクライナ人は手と手をつないで長い「人間の鎖」を作り上げた。 3月にはウクライナにおいて民主的な最高会議(国会)議員選挙が実現し、ルフを中心とする民主勢力が大きな勢力を占めた。 7月、最高会議は「宣言」を採択。 さまざまな国家の権利をソ連から取り戻すことを宣言し、も採択した。 学生や炭鉱労働者によるストライキやデモは、民主勢力をさらに後押しする。 ウクライナ共産党は分裂・衰退し、民主勢力へ走る者も出た。 崩れ行くソ連を完全に見限り、8月24日に最高会議はウクライナの独立を宣言、国名から「ソビエト社会主義共和国」を削除した。 12月の国民投票によっても、圧倒的に独立が支持され(ウクライナ国内の多くのロシア人も支持した)、がウクライナ初代大統領に選ばれた。 1917年の独立革命の挫折以来、幾多の試練を乗り越えて、ついにウクライナの独立は達成されたのである。 独立ウクライナは旧ウクライナ人民共和国の中枢機関であったの正当な後継者であることを意識し、国旗や国章の「」()などは同共和国時代のものが採用された。 この独立をもって、ウクライナはキエフ・ルーシ崩壊以降ウクライナ史上最大の領土を手に入れた。 、大統領選挙の混乱からが起き、第3回投票で勝利したが1月、に就任した。 3月、ロシア側よりの料金を国際的な市場価格に合わせてそれまでの優遇価格より倍以上に引き上げる要求があり両国が対立、にかけて欧州各国を巻き込んだ騒動となった(参照のこと)。 その後、野党勢力により内閣不信任案が可決される。 、ウクライナ最高議会選においてユシチェンコ大統領派の与党「われらのウクライナ」が惨敗。 これを受けて率いる「ティモシェンコ連合」と「われらのウクライナ」およびウクライナ社会党の3政党は議会多数派を組む合意が成立した。 しかし、その後は人事をめぐり議論は紛糾、3政党間の亀裂は深まっていた。 で最大勢力となった地域党が議場を封鎖する間に社会党は連合を離脱した。 地域党、ウクライナ共産党の支持を受け、社会党党首が最高会議議長に就任した。 その後、この3党は議会多数派の合意書に調印し、大統領に対し、地域党党首の首相指名を提案。 結果、8月にヤヌコーヴィチ内閣が成立した。 しかし、大統領との権限争いで議会も分裂し、両派の妥協の産物として最高会議は解散し、9月30日に臨時最高会議選挙が行われた。 12月、ティモシェンコ連合とわれらのウクライナが連合する形でティモシェンコ内閣が発足した。 、大統領選挙にてヤヌコーヴィチとティモシェンコが激突。 決選投票の結果、ヤヌコーヴィチが勝利し、ウクライナは再び親露派に率いられることとなった。 クリミア・東部紛争 [ ] 12月、キエフで反政府デモ隊の前で演説するの 11月にヤヌコーヴィチ政権がとの政治・貿易協定の調印を見送ったことで、親欧米派や政党などの野党勢力などによる反政府運動が勃発した。 1月後半より、抗議者の中になどの武力抵抗を辞さないとする立場のグループが現れ、これを制圧しようとする治安部隊との衝突が発生、双方に死者が発生した。 2月22日にヤヌコーヴィチ大統領が行方をくらませたことを受け、(最高議会)にて、親露派政党の地域党と共産党を含む議会内全会派がヤヌコーヴィチの大統領解任(賛成328票中地域党36票、共産党30票) と大統領選挙の繰り上げ実施を決議し、大統領代行とアルセニー・ヤツェニュク首相がヴェルホーヴナ・ラーダにおいて承認され、新政権が発足した()。 親露派のヤヌコーヴィッチ政権が崩壊したことを理由とし、3月1日にロシア上院がクリミアへの軍事介入を承認。 ロシアの大統領は、ウクライナの極右民族主義勢力から内のロシア語話者およびロシア系住民を保護するとの名目で本格的に軍事介入を開始した。 ロシアは当初否定していたが、2月後半の時点から「現地クリミア住民による自警団」に偽装させたロシア軍部隊をクリミア全土に進軍させており、西側メディアは国章をつけていない軍服を着てで覆面した兵士たちを「ロシア軍部隊とみられる謎の武装集団」として報道していた()。 このロシアの侵攻に対して、ウクライナ新政権と親欧米派の住民は侵略であるとして強く反発した一方、および特別市のロシア系住民の中にはこれを歓迎するものも少なくなく、ウクライナ国内法を無視する形で、クリミア自治共和国最高会議(議会)とセヴァストポリ市議会は3月11日にを採択し、3月16日にウクライナからの独立とロシアへの編入を問うをウクライナ国内法に違反する形で実施した。 そもそも他国軍が展開する中という状況下に加え、さまざまな違法行為、投票率と投票結果への改竄が指摘されるも 、同結果を根拠に、翌17日にウクライナからの「」の独立とロシアへの編入を求める決議を採択した。 ロシアのプーチン大統領は同日中にクリミア共和国の主権を承認したうえで、翌18日中にクリミアのロシアへの編入要請受諾を表明し、クリミアの首相とともに編入に関する国家間条約に署名した()。 5月12日には、において、同地の独立を宣言する勢力が現れた。 欧米諸国や日本はこれらロシアの動きが違反の侵略で、ウクライナからのクリミアの独立とロシアへの編入は無効であるとして、ロシアへの制裁を実施した()。 その後、2014年3月以降、ウクライナ東部・南部、特にドネツィク州、、、において、反政府派と政府側との間で衝突が発生し、親露的な分離独立派の武装勢力が州庁舎や警察機関などを占領した。 またその際、ギルキンなどロシアの特殊部隊の兵の参加が複数確認されていることから、これらの衝突は一般のウクライナ国民による自発的反乱とみなすのは難しく、実際に2014年4月以降、政府側がこのようなロシアの支援を受ける武装勢力をテロリストと見なし、軍事行動を伴う「反テロ作戦」を開始することとなった。 以降、分離武装勢力もロシアから流入したと見なされている兵器を用いて、政府側軍用機を撃墜するなど事実上の戦争状態が続いている。 なお、日本を含む 欧米諸国およびウクライナは、衛星写真 や各報道などを根拠に武装勢力にロシアからの兵の投入、戦闘員と兵器等武器供与の支援があるとして非難を続けているが、一方でロシアは、自国民があくまで自発的に戦闘に参加しているだけであり、ロシア軍の直接侵攻は否定し続けており、両者間の意見の対立が続いている。 ポロシェンコ政権・ミンスク合意 諮問機関の最高顧問に就任した氏(左) 右は米上院議員。 サーカシビリ氏はのちに国外追放された 2014年6月に大統領選挙によって選ばれたが大統領に就任。 以降も、引き続き、東ウクライナでは親欧米の政権側と親露の分離独立派()による戦闘 ()が続いており、一時的にウクライナ政権側と分離独立派、ロシア、ドイツ、フランスによる一時停戦案が結ばれるも、すぐに政府軍による反テロ作戦が再開 され、各地で市街戦を含む戦闘が行われ、多数の民間人が犠牲となっている。 9月5日にはので、ロシア、ウクライナ、OSCE、分離独立派の代表者によって、停戦と政治解決を目指すミンスク・プロトコルに調印され( (: ))、追って9月19日には治安面解決の詳細を記したミンスク・メモランダムが調印された。 以降、のウクライナ特別監視ミッションが、2014年9月のミンスク合意の執行を監督することとなった。 2014年10月26日のウクライナ最高議会選挙では、事実上、親欧米派が勝利したが 、ミンスク合意のあとも戦闘は続き、結果として一般市民を含む死者数が2014年7月17日に発生した()なども含めれば5,000人以上に上るなど 、欧州では旧以来の死者数を出した。 2月11日、ウクライナ、ロシア、フランス、ドイツは再びミンスクでサミットを開催し、ウクライナ東部の紛争終結に向けた体制の枠組みについて再度の合意が行われた( (: ))。 政治 [ ] 詳細は「 ()」を参照 ウクライナの政体は、・・の三権が分立する()であり、とをミックスしたを採用している。 は、5年任期でによって選ばれ、や政府のを任命する権限を持つが、それには議会の承認を得なければならない。 議会 [ ] ウクライナの国会は、であり、で450議席。 議員の任期は5年。 議会は立法、国際協定の批准、予算の裁可および首相の承認・罷免、閣僚の承認・罷免を行う。 で議席を獲得した政党は5党。 それは、親露派で東部・南部を地盤とするおよび派の()、ならびに親欧米派で中部や西部を地盤とする、、さらに、西部のを地盤とする派の()である。 2004年ウクライナ大統領選挙 [ ] 詳細は「」を参照 、大統領の任期満了に伴い大統領選挙が行われた。 クチマ大統領の後継首相と、野党指導者・元首相のという形になった。 の第1回投票ではユシチェンコが首位に立つが、わずか15万票差であった。 の決選投票の開票の結果、ヤヌコーヴィチの当選が発表される。 しかし、ユシチェンコ陣営は11月22日夜、決選投票において全国で1万1,000件の不正が行われ、第一回投票の5倍に膨らんだと、政権側の選挙違反を糾弾した。 これにより首都キエフを中心に、ストライキなどの大規模な政治運動が起こった()。 欧米諸国の圧力もあって再選挙が行われることとなり、に実施された再決選投票の結果、ユシチェンコが52. ヤヌコーヴィチ陣営はユシチェンコ陣営に不正があったとして最高裁に提訴したが野党による政府施設の封鎖が起こり、には提訴が却下された。 翌にユシチェンコ元首相は正式に大統領に就任し、この争いは一応の決着を見た。 なお、この選挙期間中、欧米のマスメディアはロシア人とウクライナ人の間で民族的対立が激化してウクライナ国民に分裂が生じているように報じた。 この選挙ではのウクライナ系政治団体の資金援助やの公然の介入が行われており、ウクライナ自身の革命というよりは外国勢力の干渉の結果だったという分析もある。 一方、干渉があったとはいえ、それだけでなし得たものではなく実際に国民の間に従来の政権に対する不満があったことは大きな要素のひとつであった。 また、アメリカが反ロシア派を支援した背景には、ロシア帝国時代やソ連時代にロシア勢力から弾圧を受けた非常に多くのウクライナ人がアメリカにを余儀なくされたという歴史上の経緯も関係しているという分析もある。 つまり、アメリカに亡命したウクライナ人の作った組織がアメリカ政府や関係者に働きかけ、反ロシア的な勢力を支援させるということは不自然ではないというのである。 しかし、このようなが表沙汰になることは少なく、こうしたもっともらしい分析もこれまでの経緯から類推した憶測の域を出ない。 いずれにせよ「アメリカ側の都合だけで革命が推進された」「オレンジ革命は悪しき旧共産主義的な独裁体制からの民主化を達成した」というように単純化できる問題ではない。 その後、ウクライナではしばしば「革命」が叫ばれることが習慣化しており、にも反ユシチェンコ派の議員が「革命」を実行している。 2010年ウクライナ大統領選挙 [ ] 詳細は「」を参照 大統領選挙が2014年5月25日に行われ、が大統領に当選した。 ポロシェンコ-ヤツェニュク政権は総選挙後の組閣において、財務相に在ウクライナ米国大使館での勤務経験があり、投資ファンドの代表を務めるの、経済発展・貿易相に投資銀行に勤務するの、保健相にのサーカシビリ政権の元閣僚で米を拠点としているの3人の外国人も入閣した。 いずれも、任命の数日前にウクライナ国籍を取得している。 顧問にはの前大統領で強権的なとしての振る舞いからグルジアでの地位を失ったが就任した。 その他、エカ・ズグラゼやなど、サーカシビリの盟友が多く要職についていた。 しかし、その後ポロシェンコ大統領との確執から相次いで辞任し、サーカシビリ自身もウクライナ国籍を剥奪されて国外追放された。 軍事・安全保障 [ ] 軍事 [ ] ウクライナ軍は、、、の3軍種からなる。 末の時点で、総員24万5,000人(うち、軍人18万人)。 準軍事組織 [ ] ウクライナには、ウクライナ軍以外に、以下の準軍事組織が存在する。 (、、)(旧+の活動家からなる部隊)• ほかに(臨時革命政府・救国委員会)という組織が創設した「人民自衛隊」というがある。 情報・治安機関 [ ] が、サイバー攻撃への防衛など・や治安組織としての活動を行っている。 の統計によると、のウクライナのは1,783億ドルである。 最新の2015年の推計によると、1人あたりGDP(為替レート)は2,001ドルまでに低下し 、旧ソ連の最貧国レベルとなっている。 の、国籍も持つのなどの一部のによる資本主義体制が続いている。 ソ連時代は、連邦内の重要な農業および産業地帯であったが、現在は天然ガスを中心とするエネルギー供給のほとんどをロシアに依存しており、経済の構造改革の遅れと相まって、他国の影響を受けやすいものになっている。 しかしその一方で国家腐敗が進行している為、事態は深刻さを極めるものとなっている。 、政府はほとんどの物資の価格を自由化し、国有企業を民営化するための法制度を整備した。 しかし、政府や議会内の強い抵抗により改革は停止され、多くの国有企業が民営化プロセスから除外された。 の末ごろには、通貨政策の失敗によりにまで至った。 に大統領に就任したは、の支援を受けながら経済改革を推進し、8月には10万分の1のを実施し、新通貨を導入した。 現在の政府は、経済への介入を極力減らし、調整方法を合理化することに努めるとともに、企業家を支援する法環境を整備し、包括的な税制の改革を行った。 ただし構造改革の政治的な問題に関わる分野や農地の民営化に関する改革は遅れている。 しかし、同年には貿易収支が初めて黒字を記録。 これは独立以来初めての上方成長であった。 からまでの間も、への鉄鋼輸出の急増などに起因して高度成長が続いた。 ところが、ユシチェンコ政権の成立後暗転し始める。 それまでの好調なウクライナ経済は、ロシアからの安価なエネルギー資源および原料の供給、経済発展を続けるロシアや中国への輸出などによって支えられていた。 しかしユシチェンコ大統領は就任直後、ロシアとは距離を置き、EUやアメリカ合衆国などとの関係を強化する姿勢を示した。 大統領はアメリカなど西欧諸国からの投資拡大を見込んでいたが、実際にはそれほど投資は増えず、逆にロシアからの安価なエネルギー資源供給が受けられなくなった( を参照)。 またロシアに並ぶ輸出相手国であった中国の需要が減少するなど経済環境が悪化。 2008年以降はの影響を受けてウクライナ経済は再び落ち込み、の瀬戸際まで追い込まれた。 経済安定化のため2008年10月にはIMFより総額165億ドルに及ぶ緊急融資を受けた。 2010年7月にはIMFより新たに152億ドルの融資を受けることで合意した。 とその後現在まで継続しているウクライナ東部での戦闘により、ロシアとの関係が極度に悪化した。 それにより深刻な経済危機に陥り、2015年の経済成長率は-11. 1人あたりGDPも2,109ドルにまで落ち込むなど欧州最貧国となっている。 2015年12月31日、ロシアに対する30億ドルの債務を返済しなかったことを根拠に、ロシア財務省はウクライナは状態であると指摘した。 2016年5月時点のIMFの統計によると1人あたりのGDPはさらに低下し 、1,854ドルと現在欧州最貧国の(1,712ドル)とほとんど変わらず、現在の経済成長率を反映すると来年にはモルドバに抜かされ、名目GDPも欧州最貧国になるのは確実と思われる。 外交 [ ] ウクライナの国際関係 ウクライナとロシアは歴史上複雑な関係を持つが、ソ連崩壊後現在に至るまで緊張が続いている。 ユシチェンコ大統領の就任当初は、ロシアよりも諸国との関係を強化することを目指していた。 同様の立場を取るグルジア、、モルドバとともに(4か国の頭文字)と呼ばれる連合を結成。 同国自身が将来のEU加盟を希望し、2017年時点でもそのための外交努力を続けている(後述の「欧米との関係」を参照)。 一方で、ウクライナ経済はロシアとの関係を悪化させたことなどを理由に急速に悪化した。 大統領はロシアとの関係に対する見解の相違などからティモシェンコ首相を解任。 その後は頻繁にロシアを訪問し、ロシアとの政治的・経済的関係を強化させようとするなど、ロシアとの関係修復も模索してきた。 2010年の大統領選挙で当選した大統領の誕生により、ロシアとの関係改善がより一層進むものと見られていた。 ヤヌコーヴィチ政権時、ウクライナは(NATO)やロシア主導ののような軍事同盟加盟を目指さない中立主義を法律で定めた。 しかし、2013年末から生じたに続き、ロシアによるクリミア併合・東部不安定化以降、ロシアとの関係は再び悪化した。 新政権は、一方でアメリカ合衆国やEUを中心とした欧米諸国との関係を重視している。 ポロシェンコ-ヤツェニュク政権は、在ウクライナ米国大使館勤務経験のあるアメリカ人やグルジアの政権の側近らを要職に就かせるなど、親欧米・路線を鮮明にしている。 なお、2016年時点でウクライナはロシアに対し30億ドルの負債を負っており 、今後国際裁判所で争われることとなっている。 また、司法分野においては、ロシアに対し、2014年6月ごろルハーンシク州内の戦闘中に拘束され、ロシアに連れ出され勾留されたウクライナ人女性の ()の即時釈放を訴えている。 ロシア当局は、同女性がウクライナ西部においてロシア人ジャーナリスト2名を殺害した嫌疑があると主張していたが、ウクライナをはじめアメリカ、、などの各国政府、などがロシアによるサウチェンコの拘束には根拠がないとして、ミンスク合意に従ってロシアはサウチェンコを解放すべきとした。 ウクライナとロシアの旅客流動は最大であったが、2015年10月以降、ウクライナとロシアを結ぶ航空旅客便は全便の運行が停止している。 また、2017年にはポロシェンコ大統領の大統領令を通じて、対露制裁の一環で、、などのロシア系SMSサービス、、などのロシア系のウェブサイトへのアクセスを禁止した。 ウクライナ政府はロシアからの輸入を2016年は打ち切り、2017年も再開しない見通しであると表明している。 さらに2018年9月、1997年にロシアと締結した友好協力条約を延長しないとロシア政府に通告した。 欧米との関係 [ ] ポロシェンコ政権はEU加盟を希望している。 具体的な加盟交渉に至ってはいないが、東欧諸国を対象とするEUの要となる連合協定について、EU加盟国で唯一未だったの上院が2017年5月に批准を承認した。 同年6月11日からは、とを除くEU加盟国へウクライナ国民が90日の(ビザ)なし渡航が可能になった。 ロシアによるクリミア編入宣言や東部ウクライナ紛争への関与疑惑に対して、欧米諸国は対露制裁でウクライナを支援している。 米軍はウクライナ軍へ兵器供給と訓練を実施している。 日本との関係 [ ] 詳細は「」を参照 日本は期の2005年3月に同国とのODA契約を初めて締結しているが(190億9,200万円、償還期間30年)、大統領および首相の時期は契約を行っておらず、2014年6月7日にが大統領となり9年ぶりに契約の締結を再開した。 2014年7月には100億円(償還期間20年間)、2015年6月に1,081億9,300万円(同40年間)、12月に369億6,900万円(同20年間)と、巨額の資金貸付けが行われた。 8月1日より日本国民がウクライナに入国する際のビザ()を短期90日までの滞在(ただし、就労を伴わない活動に限る)に限って、その取得を必要としない制度が開始された。 しかしながら、7月時点、ウクライナ国民の日本への入国には依然としてビザが必要である。 教育・科学 [ ] リヴィウシカ・ポリテフニカ大学 1995年から6歳から17歳までの11年間が義務教育である。 小学校・中学校に相当する9年間は同じ学校に通い、10年目以降は普通学校と専門学校のいずれかを選択することになる。 このため11年間同じ学校に通う生徒も存在する。 必須科目はウクライナ語のほか、情報学、経済学などで、英語は1年生からの必須科目である。 2000年から2001年の調査によると全体の7割がウクライナ語で教育を受け、残りの3割弱がロシア語となっている。 そのほか、クリミア・タタール語、ハンガリー語、ルーマニア語でも教育が行われている。 ウクライナの学校は、3月末に1週間の春休み、6 - 8月に3か月間の夏休み、12月末 - 1月に約2週間の冬休みがある。 高等教育機関 [ ]• 研究所 [ ]• マスコミ [ ]• :ウクライナの国営通信社。 :ウクライナ最大の民営。 :ドンバス地域発のロシア語ニュースを発信する民営通信社。 (週の鏡)• :英字ニュースを発信する通信社。 文化 [ ] ウクライナ発祥地のは国内でもっとも一般的なスープである ウクライナ料理は、東欧を代表するの伝統的なである。 その歴史は時代にさかのぼる。 ウクライナ料理は、・・・・などの食文化にも大きな影響を与えた。 一方、他国の料理の影響が見られる。 はであり、パンに類する食品も多い。 その中で、(ウクライナ風)、、()、、(の一種)、(のパン)、(かの甘いお粥)などがある。 ・の料理が比較的少なく、やのなどの料理が圧倒的に多い。 世界的にも有名なウクライナ料理は、大まかに50種類以上のがある。 肉料理は肉料理、魚料理は類料理が一般的である。 さらに、肉料理として(のの)が頻繁に利用される。 飲み物は甘い、もしくは甘辛いものが多い。 ()、(唐辛子入りのお)、(果実酒)、(液体のパン)などがある。 おもなは軽く炒めて茹でること、また軽く炒めて煮ることである。 などは少ない。 調味料としては、サーロ、、、、、などが用いられる。 ウクライナでは、ウクライナ料理のほかに、が存在する。 の母との父の間に生まれた「」 政治 [ ]• :の大公• :の大公• :の王• :コサックの棟梁 文学 [ ]• :詩人、哲学者• :詩人、画家• :作家、詩人• :作家、詩人 学術 [ ]• :鉱物学者、地球化学者• :、受賞者• :数学者• :歴史学者• :ロケット開発者 スポーツ [ ]• : 選手• : 選手• : 元フィギュアスケート選手。 女子シングル金メダリスト• : サッカー選手• : 選手。 男子棒高跳び金メダリスト• : 選手• のちに移る。 : プロボクサー• ; 選手。 女子400m個人メドレー金メダリスト• : 選手。 男子種目別平行棒金メダリスト• : 女子選手。 (時代)出身 音楽・芸術 [ ]• :クラシック、ロックバンドの、• :振付家、舞踏家• :オペラ歌手• :バレエダンサー• :歌手、演奏家• :歌手・俳優• クラシック音楽の:• 外務省. 2018年11月5日閲覧。 2014年10月. 2014年10月18日閲覧。 (ウクライナ語)• 2019年8月24日閲覧。 在日ウクライーナ大使館 2019年7月17日. 2019年8月24日閲覧。 ウクライナ研究会. 2019年10月29日閲覧。 以前は「烏克蘭」が用いられていたが、が駐ウクライナ特命全権大使在任時にウクライナ日本語教師の大会で「宇克蘭」を使用するよう確認。 以降、日本国、及び在ウクライナ大使館では「宇克蘭」、略称「宇」を用いている。 (例:. 在ウクライナ日本国大使館. 2014年7月12日閲覧。 )も参照されたし。 また、著「ニューエクスプレス ウクライナ語」(白水社、2009)や著「『帝国』ロシアの地政学 『勢力圏』で読むユーラシア戦略」(東京堂出版、2019)にも「宇」との省略形が使用されているがその一方、「烏克蘭」の使用は現在も散見される。 三省堂 大辞林. 三省堂. 2011年12月15日閲覧。 — , 1908. — c. 652. , 1908. — c. 663. , 1908. — c. 732. , 1908. — c. 881. (ウクライナ語)• にとの交渉においてコサックの棟梁は、「とが広まっている地域、までの古のウクライナ、あるいはルーシ」の所有権の承認を主張していた。 (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• 『ウクライナ人、ロシア人、ベラルーシ人とそれらの言語の起源. (ウクライナ語)。 (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ロシア語)• (ロシア語)• 기광서, 「구 소련 한인사회의 역사적 변천과 현실」, 《Proceedings of 2002 Conference of the Association for the Study of Overseas Koreans ASOK 》, Association for the Study of Overseas Koreans, 2002. (ウクライナ語)。 2009年6月3日閲覧。 (ウクライナ語) (英語)• 『産経新聞』朝刊2018年12月17日(総合面)2018年12月19日閲覧。 本節全体の出典: (英語)。 2009年5月14日閲覧。 Guz and A. Guz, , 2011, p. 576. 230—242. 21-37. 84-87. 93-105. 106-115. 39-47• , p. 233. 234. , pp. 234—235. , pp. 237—242. , pp. 303—306. , pp. 307—308. , pp. 308—309. , pp. 310—311. , pp. 311—313. , p. 313. , p. 314. , p. 315. , p. 316. 産経新聞. 2013年11月4日. 2013年11月4日閲覧。 , p. 108. (ウクライナ語)• 2014年2月22日. 2014年2月23日閲覧。 2014年2月22日. 2014年2月23日閲覧。 クリミア併合後にロシア政権より功労者に贈られたメダルには「クリミア回帰 2014年2月20日? 3月18日」と書かれており、ロシアによる併合計画がヤヌコーヴィチ政権崩壊直前から開始されていた可能性が見て取れる。 (ロシア語)• (ロシア語)• クリミア・タタール人指導者であるムスタファ・ジェミレフ氏は、国連安全保障理事会において、住民投票の投票率は32. (ロシア語)• 、2014年11月16日。 モスクワ真野森作 2015年1月24日. の2015年2月26日時点におけるアーカイブ。 2016年12月3日閲覧。 『』朝刊2019年3月30日(国際面)2019年4月5日閲覧。 2015年5月14日閲覧。 在ウクライナ日本大使館. 2011年12月7日閲覧。 CIA. 2008年7月5日閲覧。 前掲 在ウクライナ日本大使館• ロイター. 2011年12月7日閲覧。 Bloomberg. 2011年12月7日閲覧。 モーニングスター 2016年1月4日• IMF. 2016年5月3日閲覧。 スプートニク、2016年2月18日• Radio Free Europe " "、2016年3月6日。 2017年5月22日閲覧。 (2018年9月21日)2018年10月2日閲覧。 独立行政法人国際協力機構「」• Encyclopedia of Ukraine. Retrieved 2007-08-10. 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2017年10月) 著作 [ ]• (日本語) 『ウクライナ・ナショナリズム』東京大学出版会、1998年。 世界思潮研究会、1921. 新読書社、1985. 国書刊行会、1985. 大学書林、1991. 八月書館、1991. 芦書房、1992. 日本放送協会、1992. 日本図書刊行会、1993. リブロポート、1994. 近代文芸社、1995. 大学書林、1995. メイト、1995. 長田久文、1996. 福音館書店, 1997. 黄金のシルクロード展実行委員会、1998. 山川出版社、1998. 福音館書店、1998. (日本語) ブラジル、インド、中国、タイ及びウクライナの砂糖産業. 農畜産業振興事業団、2000. 2000-2001. 中央公論新社, 2002. 2002-2003. -- 社会評論社、2003. 2003-2005. 東京農業大学出版会、2005. 群像社、2005. ドニエプル出版、2006. 国際語学社、2007. 京都大学学術出版会、2007. ベスト社、2007. 北海道開拓記念館、2008. 早稲田大学出版部、2008. (日本語) ウラン投資環境調査:ウクライナ. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構金属資源開発本部企画調査部、2008. (日本語) ウクライナ・国鉄機関車修理工場の近代化調査報告書. 経済産業省、2008. 白水社、2009. 論文 [ ]• スラヴ文化研究. 2001. ユーラシア研究. 2002. 29 2. 2003. 現代史研究. 通号 50. 2004. 海外事情研究所報告. 通号 39. 2005. ユーラシア研究. 2005. 国際交流基金日本語教育紀要. 2006. エネルギーレビュー. 26 3 通号 302. 2006. 比較経済研究. 43 2. 2006. 歴史と地理. 通号 599. 2006. Goethe-Jahrbuch. 2007. スラヴ研究. 2007. 大阪大学言語文化学. 2008. 北九州市立大学文学部紀要. 2008. 経営研究. 21 1 通号 50. 2008. JMC journal. 56 5 通号 686. 2008. 外交フォーラム. 21 8 通号 241. 2008. 788. 2009. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ウクライナに関連する および があります。 ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (ウクライナ語) (ロシア語) (英語)• (ウクライナ語) (ロシア語) (英語) 日本政府• (日本語) 大使館• (日本語)• (日本語) その他• (ウクライナ語)• (英語).

次の

ホテル ウクライナ (Radisson Collection Hotel Moscow)

ホテル ウクライナ

概要 [ ] 以来「ヨーロッパの」地帯として知られ、以後産業の中心地帯として大きく発展している。 天然資源に恵まれ、やなど資源立地指向のを中心としてが発達している。 がにに滅ぼされたあとは独自の国家を持たず、諸侯はやに属していた。 からの間にはのが興亡し、その後の支配下に入った。 後に独立を宣言するも、をが制したことで内の構成国となった。 に伴いした。 本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。 歴史的・文化的には・諸国との関係も深い。 公式の表記は「 Ukraine」(ユークレイン)である。 日本語の表記は「ウクライナ」となっている が、2019年7月に在日ウクライナ大使館はウクライナ語を基にした「ウクライーナ」と表記すべきであるとの意見を表明した。 しかし、その後の2019年9月、同大使館や日本外務省の代表者や国会議員、ウクライナ語専門家の参加を得て開催された主催の「ウクライナの地名のカタカナ表記に関する有識者会議」にて「国号について、ウクライナの変更はしない」との結論が出され、同大使館案は採用されなかった。 は現在の日本では滅多にされないが、「宇克蘭」 、または「烏克蘭」 である。 この地名は、・と並んでの歴史的中枢地に含まれるの範囲を示している。 13世紀にルーシ大公国が滅び、その中部・南部の地域がとに併合されると、「ウクライナ」は併合地の領域を表す地名としてリトアニア・ポーランドの年代記や公式文書などに使用されるようになる。 からにかけて広義の「ウクライナ」はが居住するガリツィア地方、ヴォルィーニ地方、地方、地方とキエフ地方の範囲を示し、狭義の「ウクライナ」はキエフを中心としたの中流域を示している。 「ウクライナ」の地名の両義性は、のが誕生する17世紀半ば以後にも東欧の古文書にもみられる。 狭義の「ウクライナ」は当国家の支配圏を指しているが、広義の「ウクライナ」は当国家の支配圏外のルーシ人の居住地を意味している。 しかし、ヘーチマン国家がのになることにより、「ウクライナ」はドニプロ川の中流域だけを意味するようになり、以降はルーシの本土を意味するという地名のとなった。 後半から初頭にかけて、ルーシ系の知識人による民族運動が発展していくにつれて、「ウクライナ」はルーシ人が居住する民族領域を意味する名称となり、「ルーシ人」は「」という民族名に取って代わられた。 に成立したにおいて初めて、「ウクライナ」という名称が正式な国号の中で用いられることとなる。 語源 [ ] ()による東欧地図()。 キエフを中心とした地域は「VKRAINE ou PAYS DES COSAQUES(ウクライナあるいはの国)」と記されている。 隣の「OKRAINA(辺境)」はロシア南部の国境地帯を指す 「ウクライナ」の語源については、「国」といった意味であるという説と、「辺境」といった意味であるという説がある。 地理 [ ] 詳細は「 ()」を参照 ウクライナの国土のほとんどは、肥沃な平原、()、高原で占められている。 、、が横切っており、南のとともに、、に注ぎ込んでいる。 北岸にはが突き出しており、でウクライナ本土とつながっている。 南西部にあるはとの国境になっている。 山岳地帯は、ウクライナの最南端のと西部のにしかない。 なお、これ以外の地域も平坦というわけではなく、東ヨーロッパの中では比較的起伏の多い地形をしている。 気候は温暖なであるが、クリミア半島の南岸はにより近い。 降雨量は局所的に偏っており、北部や西部は多く、南部や東部は少ない。 冬は黒海沿岸は涼しいが、内陸に行くにしたがって寒くなる。 夏はほとんどの地域で暖かいが、当然南に行くほど暑い。 詳細は「」を参照 主要民族はで、全人口の約8割を占める。 は約2割を占める。 ほかに少数民族として、、、、、がいる。 も約1万人ほどいる。 国内最大の少数民族であるロシア人の割合が高い州は、ロシアが実効支配しているとを除くと(39. また、西部のではハンガリー人が12. このように多民族国家となっている。 人口密度の高い州は、、、である。 ロシア語の第二公用語化に賛成する割合(2005年)。 西部の、、の3州は賛成の割合が低い(黄緑) ウクライナのは憲法第10条により定められたのみであるが、憲法第10条にはを含む多言語使用・発展も保証すると記載されている。 実態としてはウクライナ社会はウクライナ語とロシア語の二言語社会と呼びうる。 2001年のによれば、全体の67. 5%がウクライナ語を母語とし、ロシア語は29. 6%となっていた。 東部、南部と首都ではロシア語の割合が比較的高い。 他方、2006年に行われた民間調査統計によれば、ウクライナ語をとする国民は5割強となっている など、統計によるばらつきがみられる。 同じ調査統計の結果で、母語ではなく日常的に使用する言語を問う設問では、家庭内でウクライナ語のみを使用するのは全国民の38. ウクライナは、時代にロシア語化が進み、西ウクライナを除いてとしてロシア語が広く普及し、圧倒的に優勢となった。 また、当時はウクライナ語はロシア語のや農村部の方言に過ぎないという認識さえあり、使用は衰退していった。 特に都市部に住むインテリ層の間ではロシア語の使用が広まり、農村部ではウクライナ語、都市部ではロシア語という色分けができていた。 しかしながら、ソ連からの独立時にウクライナ語を唯一の公用語として指定し、国民統一の象徴の言語として広く普及させ、復活させる国策を採った。 一方、ロシア語は公用語に制定せず、ウクライナ語の復権を重要課題に掲げて重視した。 これは、同じくロシア語が最も使われてきた隣国ベラルーシが独立後もロシア語を引き続き最重要視する政策とは対照的な路線をとった。 ウクライナでは政府機関ではウクライナ語のみが使われ、憲法・法律をはじめ、公的文書はすべてウクライナ語で記述され、学校教育は大半がウクライナ語で行われる。 また、街中の広告もウクライナ語に限定され、のアナウンスや街中の案内表記もウクライナ語とされるが、ロシア語も言語法の手続きを通じた地方公用語として認定されている場合には地方レベルで使用可能である。 この背景には、国家としてウクライナ語の普及を進める一方で、西ウクライナを除く地域の都市部住民の中には民族的にであっても日常生活ではロシア語をおもに使用している人が少なくなく、ウクライナ語を運用することはできるが、ビジネスや娯楽、家庭での言語はロシア語が優勢となっている。 さらに、東部や南部では、ウクライナ語が不得手とする人も少なくない。 このように、独立以降ウクライナ語のみを国家語にしてきたウクライナであるが、生活の現場でのロシア語の使用頻度は低下しておらず、西部を除いた地域においてはロシア語は引き続き重要な言語となっている。 特徴的な点として、ウクライナ西部にあるリヴィウ州、ヴォルィーニ州、テルノーピリ州、のガリツィア地域はソ連時代を通じてもロシア語化が進まなかったことからウクライナ語が圧倒的に優勢で、日常的にロシア語が使われることは一般的でない。 この3州ではロシア語の第2国家語化への反対者が多い。 一方、東部の住民にはロシア語の公的地位向上を求める世論もあり、しばしば政治の場における敏感な論点となる。 しかし、ウクライナ語が不得手な東部出身のウクライナ民族主義者も珍しくなく、使用母語と親露・反露感情は必ずしも一致しない点は留意を要する。 2014年の政変以降もOSCEなどの国際機関は、社会においてロシア語話者が差別を受けている事実を報告していない。 その他の言語として、()、()、()なども使われている。 詳細は「」を参照 現在ウクライナの国民は多くのを持っているが、大半は特定の宗教団体に属していない。 伝統的な宗教は、の一員であるである。 ルーシの洗礼以来、ウクライナの正教会はに属していたが、に庁に移され、20世紀末までモスクワ総主教庁に属していた。 この移管はに違反していたと指摘されるが 、モスクワ総主教庁側はこの移管を「教会法違反」とは捉えていない。 には、ウクライナの独立運動の興隆に呼応して、モスクワ総主教庁から分離独立したが設立された。 キエフ総主教庁・ウクライナ正教会の教会法上の合法性を認めている他国の正教会は長らく存在していなかったが、キエフ総主教庁は教会法解釈・歴史認識につき主張をしつつ、自らの合法性の承認を得るべくさまざまな活動を行っており、信徒数の上でもウクライナにおける最大の教会となっている。 なお、懸案だったロシア正教会からの独立問題については、2014年にロシアがしたことによる反ロ感情の高まりを受け 、2018年10月11日にから独立の承認を得ることに成功した。 この承認に基づいて、2018年12月15日にで開かれた統一宗教会議で、ロシア正教会から独立したの創設が宣言された。 オブザーバーとして出席したポロシェンコ大統領は「ロシアからの最終的な独立の日だ」と群衆に述べた。 これに次ぐ正教会として、モスクワ総主教庁の下に留まりつつ事実上の自治を行っているがあり、こちらは他国の正教会からも教会法上の合法性を認められているが、ウクライナ国内での信者数は減少している。 ほかにもとの教会組織が存在する。 また、の教区やの会衆など、正教の信徒も伝統的に存在している。 たるが正教に次いで勢力を有する。 および、さらに、、も少数存在する。 による2006年度のデータ:• - 50. - 26. - 7. - 2. - 2. - 0. その他 - 3. 歴史 [ ] 詳細は「」および「」を参照 ごろより現在のウクライナの地にはさまざまなが到来した。 ごろ、黒海北岸に至ったの人は、ごろにを追い払って自らのを立て、にかけて繁栄した。 黒海沿岸にはが建設され、や方面との交易を通じて、、の文化的影響を受けた。 ごろ、より来たの圧力を受けてスキタイは衰退した。 ごろにが王国を建て、中ごろクリミア半島に存続していたスキタイ人の国家を滅ぼした。 これらの民族は交易や植民を盛んに行い、彼らが建設した多くの交易拠点はのちにへと発展した。 からにかけての発端となるがこの地を通り抜けた。 にはが侵入し、同じころ移住してきたと考えられているを支配した。 スラヴ民族はウクライナ中央部と東部に居住し、の建設と発展に重要な役割を担った。 からにかけてはの支配下にあった。 中世 [ ] ヴォロディーミル聖公の洗礼 ごろ、ウクライナではという国が誕生し、東スラヴ人のの町はその首都となった。 に公( - )が率いるのがキエフを陥落させると、ルーシはヴァイキング系の朝のものとなった。 研究史上では、朝廷の中心がキエフに置かれていたことから、当時のルーシを、あるいはと呼ぶ。 ( - )、その子息( - )、孫( - )、および曾孫(1019年 - 1054年)の治世はルーシの全盛期となった。 キエフの大公朝は、周辺の東スラヴ人をはじめ、北西のと、北東のを征服し、支配領域を拡大させた。 その結果、におけるルーシは約150万平方キロメートルの面積を誇る、の最大の国家となった。 ルーシは、北方のとから南方のウクライナ草原まで、そして西方のカルパティア山脈から東方のまで広がっていた。 周辺の諸政権が滅ぼされ、すべての国土はリューリク朝の諸侯の間に分けられた。 にヴォロディーミル大公のころ、はから(のちの)を受けてとした。 この出来事はウクライナの運命を決し、ウクライナはキリスト教に属することとなった。 にルーシは領土をめぐる諸侯の争いによりいくつかのリューリク系の諸公国に分裂し、キエフ大公の権威が衰退した。 名目上でキエフはルーシの首都の役割を果たしていたが、諸公国は事実上の独立国となった。 13世紀にルーシの国体は完全に退勢し、にの軍による侵攻()で滅ぼされた。 キエフの衰退後、ルーシの政治・経済・文化の中心は、西ウクライナにあったへ移された。 当国には、地方、地方、地方、地方、地方、地方、キエフ地方からなっていた。 大公国の基礎は、にリューリク朝の嫡流の血を引く大公によって築かれた。 にロマンの子息大公は、のにして従属したが、のヨーロッパの支援を期待して、、、と密約を交わし、独立戦争を計画した。 にからを受けてルーシの初()となり、ジョチ・ウルスとの戦いに挑んだ。 ごろ、モンゴルの軍に勝利したダヌィーロ王は、20年後にルーシの首都となるを創建した。 しかし、に欧州が約束した援軍がなかったため、ダヌィーロは再びジョチ・ウルスに服属せざるを得なかった。 その後、ダヌィーロの息子はモンゴル軍に従ってポーランドとへの遠征に参加した。 にダヌィーロの曾孫とはマゾヴィアとドイツ騎士団と手を組んで独立戦争を再開したが、彼らの後継者は無益な戦争をやめてジョチ・ウルスに従属した。 1340年にユーリー2世の暗殺により王朝が断絶すると、隣国のポーランド王国とリトアニア大公国が王国の相続権を主張し、を開始した。 にポーランドはハーリチ地方、ホールム地方、ベルズ地方を併合し、そのほかの領土はリトアニア大公国のものとなった。 リトアニアはを公用語とし、正教を国教にするなど、に対して宥和政策をとって次第にルーシ化したが、ポーランドは新たな領土のを進めた。 14世紀末におけるウクライナの地域は他国の支配を受けるようになった。 リトアニアはキエフ地方、チェルニーヒウ地方、ヴォルィーニ地方を中心とする北部・中部を確保した。 ポーランドはハーリチ地方とポジーリャ地方からなる西部を統治した。 南部は、にジョチ・ウルスから独立したが支配するようになった。 無人だった東部は次第に(のちのロシア)の領域に入った。 にポーランドとリトアニアがという連合国家を形成したことにより、ウクライナの北部と中部はポーランド領となった。 ウクライナでは、、、、、というポーランドの行政単位に設置され、1598年ににより正教会は禁じられた。 詳細は「」および「」を参照 後半、・・が接する地域、「」と呼ばれるにおいて、という武人の共同体が成立した。 にコサックは、のというを築き、それを根拠地とし、共同体を「サポロージャ・コサック軍」と称した。 16世紀から前半にかけてのコサックは、の国王のであったが、国王の支配が及ばない地域に住み、の特権と制を有した。 それと同時に、彼らは独断で隣国の、、などへ遠征したり、としてが支配する沿岸部を攻撃したりした。 さらに、コサックの一部はとして全で活躍したこともあり、に側のために戦った。 軍人でありながら、権を持たないコサックは、貴族の国家であるポーランド・リトアニアにおいて社会・宗教・民族的を受け、しばしばを起こした。 、が率いるコサック軍は、ポーランド・リトアニアにおいてを起こした。 反乱は次第にからウクライナのに変容し、ウクライナの中部にが誕生した。 に、ポーランドと戦い続けるために、コサックのウクライナはでロシアのの保護を受けたが、にロシア人がポーランド人とを結び単独和議したため、、と同盟を締結した。 、コサックの将軍にが選ばれると、ウクライナ国内でが勃発してへ展開した。 ヴィホウシキーは、にで勝利を収めたが、ポーランドとの連合条約()を結んだためにコサック長老の支持を失った。 と呼ばれるウクライナが始まり、その結果、コサック国家がを軸にして、、という地域に分かれた。 右岸ウクライナのコサックはポーランド・リトアニアの支配下に置かれ、左岸ウクライナとザポロージャはロシアの保護下に置かれた。 にこのような分割はによって公認された。 に新たな将軍は、の援助を受けてウクライナの統一を実行しようとした(、)が失敗し、がロシアとオスマン帝国の間で結ばれた。 にロシアとポーランド・リトアニアはにより最終的にウクライナを分割した。 17世紀後半にポーランド人は右岸ウクライナにおいてコサックの自治制を廃止したが、ロシア人は左岸ウクライナにおいてコサック国家を保護国として存続させた。 に、の際、将軍が引率したコサックはと同盟を結び、ロシアの支配から離脱しようと図ったが、に惨敗した。 マゼーパの蜂起はロシアに口実を与え、ロシア政府はウクライナにおけるコサックの自治制をに乗り出した。 にロシアはロシア・ウクライナの国境を廃止し、にコサック将軍の位()を廃止した。 廃位させられた最後の将軍はロシアのに任じられた。 にロシア軍はザポロージャのし、にウクライナにおけるコサック自治制は廃止された。 、ロシア国内にならってウクライナで制が敷かれた。 また、には、ロシアは15世紀から続いていたクリミア・タタール人を中心とするを滅ぼし、クリミア半島を併合した。 『エネイーダ』の表紙。 コサック軍を率いるエネーイ棟梁 から19世紀にかけて、とによるウクライナの抑圧政策と全ヨーロッパで流行した・の高まりにより、ウクライナ人の民族運動も盛んになった。 に、によるコサック国家の再建を謳う『』が出版された。 この作品は、現代ウクライナ語ので書かれた初めての作品であった一方、ウクライナの民族的ルネサンスの序幕でもあった。 にが設立されると、ウクライナの知識人によるウクライナの歴史・文化・民俗に関する研究が活発的に行われるようになった。 ごろ、近世のコサック軍記の編集物として『ルーシ人の歴史』が著され、ウクライナの文化人、歴史学者、作家などに大きな影響を与えた。 の完成が急がれたのもこの時期で、、ポーランド語正書法、そして独自の正書法などさまざまなものが生み出されたが、最終的にはのまとめたウクライナ語文法が現代ウクライナ語の基礎となった。 ロシア帝国は常にウクライナにおける政策を実行しており、なお、ウクライナ語は当時はロシア語の一方言「小ロシア語」として扱われ、独自の言語としては公認されていなかった。 に文学作品を除きウクライナ語の書物の出版・流通を禁止するが出され、にウクライナ語の書物の出版・流通・輸入を禁止するが定められた。 期のウクライナ経済はの素地となった。 地元の石油王()がパリ家と家族になって、ウクライナにのコッカリル()とが進出してきたのである。 現代 [ ] ウクライナ独立戦争 [ ] ウクライナの反露ポスター。 「他国のものは要らないが、自国のものは渡さぬ! ロシアの双頭の鷲から子供を守っているウクライナ人の婦人 が勃発すると、ウクライナ西部を巻き込んでが形成された。 にによりが崩壊し、でが成立した。 それに伴い、同年にキエフでウクライナ政府として教授が指導するが成立した。 によってロシアの臨時政府が倒され、の政権が誕生すると、に中央議会はを首都とするの樹立を宣言したが、が勃発したあと、にウクライナ人民共和国のを宣言した。 同年2月8日にロシアのはキエフを占領したが、2月9日にでウクライナと、の同盟が完結し、中央議会は同盟国の軍事力を借りてウクライナを解放し、3月に首都を奪い返した。 にウクライナの保守階級によるの結果、中央議会に代わって大将の政権が成立した。 国号はウクライナ国に改められ、元首はとなった。 当国は安定した発展を見せたが、ドイツのへの降伏により事態は一転し、1918年にスコロパードシキー政権が倒され、新たなの政権が成立した。 国号は再びウクライナ人民共和国となった。 しかし、ドイツ軍の撤退によりウクライナ・ソビエト戦争が再開した。 、ソビエトのロシアはとして首都をとするを樹立した。 同年にソビエト軍はキエフを占領し、ウクライナ人民共和国の政府を亡命させた。 1919年からにかけて、ウクライナの支配をめぐりウクライナ人民共和国軍、ソビエトの赤軍、ロシア帝政派の、白軍を支援する・・、率いる者の、ウクライナのを中心とするなどが争った。 1920年冬に戦争がソビエトの赤軍の勝利で終結し、ウクライナ社会主義ソビエト共和国は西ウクライナを除きウクライナ全域を確保した。 一方、の解体に伴い、に西ウクライナの・地方に住んでいたはを首都とするの独立を宣言した。 しかし、11月1日にが当共和国へ侵入し、が始まった。 ポーランド側は、、、ハンガリーなどによって後援されたが、西ウクライナ側は国際的に孤立していた。 1919年に西ウクライナはウクライナ人民共和国に援助を求め、キエフでウクライナ人民共和国と合同したが、ウクライナ人民共和国の政府はソビエトの赤軍と戦ったため、援軍を派遣することができなかった。 こうした中で、の併合を目論むポーランドがに西ウクライナ全地域を占領し、西ウクライナ人民共和国は滅亡した。 その後、4月に西ウクライナをめぐってが勃発したが、のによって西ウクライナのポーランド支配が確定した。 またクリミアにおいては、1917年、クリミア・タタール人を中心とし、を初代大統領とする多民族・世俗国家の建国が宣言されたが、1918年にモスクワのソビエト政府により占領され、滅亡した。 キエフにあるの慰霊碑。 ウクライナ人は、からにかけてのロシアに対して強く抵抗したため、ソ連の政権が「ウクライナ人の問題」を解決するために、ウクライナ人が住む地域において人工的な大を促した。 に「ヨーロッパの穀倉」といわれたウクライナでは数百万人が餓死した には、、、とともに同盟条約によってを結成した。 諸共和国は平等の立場で新しいを形成したが、その国家連合は制定によってロシアを中心とする的なシステムに変遷し、その他の独立共和国はロシアの自治共和国となった。 からにかけて、ウクライナでのソビエト政権を磐石なものにするために、ソ連政府・共産党は政策を実行した。 教育の普及や政府諸機関へのウクライナ人の採用などにより、政権とウクライナ人の間に存在した敵意をなくそうという試みであった。 しかし、以降、党内からこの政策を厳しく批判する声が上がり、にウクライナ化は「ウクライナ民族主義的偏向」として中止された。 ウクライナ化を指導した政治家、知識人、文化人は逮捕・粛清され、ロシア化の時代が再開した。 ソビエト連邦下のウクライナは拙速な農業の集団化政策などにより2度の大飢饉( - 、 - 、後者はと呼ばれにウクライナ政府によってに対すると認定された。 アメリカ、カナダ、イタリアなどの欧米諸国では正式にジェノサイドであると認定されている が、やではとして認定している)に見舞われ、推定で400万から1000万人が命を落とした。 この「拙速な集団化政策」は意図してなされたものであるという説も有力である。 この背景には、やらによる農民への敵視政策があった。 共産党政府のとった土地の共有化を農民は拒むため、多くの住民が農民であったウクライナの統治は共産党政府にとって大きな障壁となっていた。 そのため、一説によるとレーニン、スターリンらにとってはウクライナの農民の根絶が理想であったともされている。 スターリンは、農民問題の解決は至急の課題であると明言している。 また、この時期に前後し、ウクライナでは農民、すなわちウクライナ人への懐柔政策と弾圧政策が交互にとられ、結果ウクライナ共産党幹部全員をはじめ多くの人間が粛清された。 最終的には、ウクライナ語使用の制限など弾圧政策が長くとられることになった。 はウクライナから始められ、には首相のが自殺した。 この年、ウクライナ社会主義ソビエト共和国は国号を「ウクライナ・ソビエト社会主義共和国」へと変更した。 一方、西ウクライナは、、によって分割された。 からにかけてポーランドは・地方、ルーマニアは地方、チェコスロバキアはを支配した。 第二次世界大戦 [ ] 詳細は「」、「」、および「」を参照 にとはを締結し、東欧における独ソの勢力範囲を定めた。 同年にドイツが、続いてにソ連が。 その結果ポーランドは分割され、ウクライナ人が多数派だった西地方と地方はウクライナ・ソビエト社会主義共和国に併合された。 ドイツがしたあと、にソ連はルーマニアにベッサラビアと北ブゴヴィナの割譲を要求した。 ルーマニアはこの要求を呑み、北ブゴヴィナとベッサラビアはウクライナSSRに併合された。 その後、北ブゴヴィナと南ベッサラビアを除く地域にはモルドバSSRが設置された。 にソ連軍はを占領し、にドイツ軍はを支配下に置いた。 独ソ両国は共通の国境と、征服された地域を「解放」するために互いに攻め入る口実を得た。 1940年、ドイツはを秘密裏に決定し、1941年にソ連へ侵略した。 それに呼応してイタリア、ルーマニア、などはドイツ側に与して派兵など軍事的支援を行った。 は約4年間続き、ウクライナを中心とした地域に行われた。 当初、ウクライナ人はの支配からウクライナを解放してくれたドイツを支援したが、ドイツはウクライナの独立を承認せず、ソ連と同様の支配体制を敷いたため、ウクライナ人の反感を買った。 1941年にはとを占領し、にとを奪い取り、7月までにクリミア半島と地方を支配下に置いた。 2月、ソ連軍はにおいてドイツ軍の侵攻を食い止め、同年8月にでドイツ軍から独ソ戦の主導権を奪った。 にソ連はし、5月にかけてとクリミアを奪還した。 同年8月にソ連軍はに置き、ドイツが占領するか、に参加していた東欧・中欧諸国への侵攻を開始した。 にソ連はドイツの首都させ、にドイツ側のにより独ソ戦が終結した。 ソ連側の勝利によってウクライナにおける共産党の支配が強化され、国際社会におけるソ連の役割が大きくなった。 ソ連軍が占領した東中欧諸国ではが樹立された。 においてウクライナはなど激戦地となり、莫大な損害を蒙った。 戦争の犠牲者は800万人から1,400万人とされている。 ウクライナ人の間では5人に1人が戦死した。 大虐殺などによるも行われ、ウクライナ系のやなどの共同体は完全に破壊された。 ソ連政府はウクライナ在住のやなどのを行った。 独ソ両軍の進退によってウクライナの地は荒れ果てた。 700の市町と、約2万800の村が全滅した。 独ソ戦中にウクライナ人はソ連側のにも、ドイツ側のにも加わった。 また、ウクライナ人の一部は反ソ反独のに入隊し、独立したウクライナのために戦った。 廃止された。 ソ連ではV・I・レーニン共産主義記念チェルノブイリ原子力発電所と呼ばれていた (現・)とともに、ソ連とは別に加盟国として国連総会に議席を持った。 から2年間とから2年間はも務めている。 しかし現実は、ウクライナは相変わらず「ソ連の一部」止まりであり、「ロシア化」が進められた。 のやのの際は、ウクライナで威嚇のための大軍事演習が行われたり、ウクライナを経由して東欧の衛星国へ戦車が出撃したりしている。 のスターリンの死後、大粛清の犠牲になった多くのウクライナ人の名誉回復がなされ、また徐々にウクライナ文化の再興が水面下で活発化した。 、政権により、クリミア半島(クリム半島)がロシアからウクライナに移管された。 これは、に対抗するためにロシアとウクライナ・コサックの間で結ばれた締結300周年記念を祝うためであった。 1960年代には体制に批判的な、または「ウクライナ的な」文学も登場した。 フルシチョフのの時代には、ウクライナ・ソビエト政府もこのような動きを少なからず容認した。 しかし政権の「停滞の時代」になると、にウクライナ人知識階級が大量に逮捕されるという事件が起こる。 で対立していた東西ヨーロッパ諸国が人権尊重などを謳った()を受けて、には人権擁護団体「ウクライナ・ヘルシンキ・グループ」が結成されるが、それも弾圧された。 ソ連支配下のウクライナにおいて大部分のウクライナ農民は、1970年代まで国家の社会保障を受けることもできないでいた。 収穫の大部分は相変わらず国家によって搾取され、スターリンのの恐怖がなくなった今、共産党の幹部たちは自らの特権階級()としての地位を不動のものとする。 非効率な、冷戦下における膨大な軍事費・科学技術費は、ウクライナの近代化を進めたとはいえ、人々の生活は一向に改善する気配がなかった。 政治の腐敗、経済的矛盾は深刻化していったにもかかわらず、隠蔽され続けた。 、が発生し、国内外に大きな被害が及んだ。 ウクライナ国内にあたる地域には220万人ほどが住んでいた。 事故後、汚染地域の外にという街が作られ、かつて原発で働いていた者たちなどを住まわせた。 とによって行われた調査によって明らかにされたことによると、この事故により直接的に56名が死んでおり、それ以外にもこの事故を原因とするによって4,000名ほどが死んだといわれる。 「」および「」も参照 に一度原発を全廃したが、より原発を再び稼働させた。 ソ連は政権下で「」の時代を迎えており、ウクライナでは「ペレブドーヴァ」と呼ばれる改革・開放を求める運動が起きた。 1960年代ごろから民族文化運動を続けてきたウクライナ人文学者たちは、ウクライナ語の解放・普及を訴えた。 ソビエト政府によってその存在を否定され、弾圧され続けてきたウクライナ・カトリックは水面下で根強く活動を続け、ローマの強い励ましを受けた。 そしてついに、ウクライナ語の公用化(10月 )、の公認化が実現した。 の成功も受けて、ウクライナ民族運動は最高潮に達していく。 1989年9月、作家連盟などを中心に民族主義大衆組織「ペレストロイカのための人民運動」(通称「ルフ」)が結成される。 1月22日(の中央議会によるウクライナ独立宣言の日)にルフの呼びかけで、大勢のウクライナ人は手と手をつないで長い「人間の鎖」を作り上げた。 3月にはウクライナにおいて民主的な最高会議(国会)議員選挙が実現し、ルフを中心とする民主勢力が大きな勢力を占めた。 7月、最高会議は「宣言」を採択。 さまざまな国家の権利をソ連から取り戻すことを宣言し、も採択した。 学生や炭鉱労働者によるストライキやデモは、民主勢力をさらに後押しする。 ウクライナ共産党は分裂・衰退し、民主勢力へ走る者も出た。 崩れ行くソ連を完全に見限り、8月24日に最高会議はウクライナの独立を宣言、国名から「ソビエト社会主義共和国」を削除した。 12月の国民投票によっても、圧倒的に独立が支持され(ウクライナ国内の多くのロシア人も支持した)、がウクライナ初代大統領に選ばれた。 1917年の独立革命の挫折以来、幾多の試練を乗り越えて、ついにウクライナの独立は達成されたのである。 独立ウクライナは旧ウクライナ人民共和国の中枢機関であったの正当な後継者であることを意識し、国旗や国章の「」()などは同共和国時代のものが採用された。 この独立をもって、ウクライナはキエフ・ルーシ崩壊以降ウクライナ史上最大の領土を手に入れた。 、大統領選挙の混乱からが起き、第3回投票で勝利したが1月、に就任した。 3月、ロシア側よりの料金を国際的な市場価格に合わせてそれまでの優遇価格より倍以上に引き上げる要求があり両国が対立、にかけて欧州各国を巻き込んだ騒動となった(参照のこと)。 その後、野党勢力により内閣不信任案が可決される。 、ウクライナ最高議会選においてユシチェンコ大統領派の与党「われらのウクライナ」が惨敗。 これを受けて率いる「ティモシェンコ連合」と「われらのウクライナ」およびウクライナ社会党の3政党は議会多数派を組む合意が成立した。 しかし、その後は人事をめぐり議論は紛糾、3政党間の亀裂は深まっていた。 で最大勢力となった地域党が議場を封鎖する間に社会党は連合を離脱した。 地域党、ウクライナ共産党の支持を受け、社会党党首が最高会議議長に就任した。 その後、この3党は議会多数派の合意書に調印し、大統領に対し、地域党党首の首相指名を提案。 結果、8月にヤヌコーヴィチ内閣が成立した。 しかし、大統領との権限争いで議会も分裂し、両派の妥協の産物として最高会議は解散し、9月30日に臨時最高会議選挙が行われた。 12月、ティモシェンコ連合とわれらのウクライナが連合する形でティモシェンコ内閣が発足した。 、大統領選挙にてヤヌコーヴィチとティモシェンコが激突。 決選投票の結果、ヤヌコーヴィチが勝利し、ウクライナは再び親露派に率いられることとなった。 クリミア・東部紛争 [ ] 12月、キエフで反政府デモ隊の前で演説するの 11月にヤヌコーヴィチ政権がとの政治・貿易協定の調印を見送ったことで、親欧米派や政党などの野党勢力などによる反政府運動が勃発した。 1月後半より、抗議者の中になどの武力抵抗を辞さないとする立場のグループが現れ、これを制圧しようとする治安部隊との衝突が発生、双方に死者が発生した。 2月22日にヤヌコーヴィチ大統領が行方をくらませたことを受け、(最高議会)にて、親露派政党の地域党と共産党を含む議会内全会派がヤヌコーヴィチの大統領解任(賛成328票中地域党36票、共産党30票) と大統領選挙の繰り上げ実施を決議し、大統領代行とアルセニー・ヤツェニュク首相がヴェルホーヴナ・ラーダにおいて承認され、新政権が発足した()。 親露派のヤヌコーヴィッチ政権が崩壊したことを理由とし、3月1日にロシア上院がクリミアへの軍事介入を承認。 ロシアの大統領は、ウクライナの極右民族主義勢力から内のロシア語話者およびロシア系住民を保護するとの名目で本格的に軍事介入を開始した。 ロシアは当初否定していたが、2月後半の時点から「現地クリミア住民による自警団」に偽装させたロシア軍部隊をクリミア全土に進軍させており、西側メディアは国章をつけていない軍服を着てで覆面した兵士たちを「ロシア軍部隊とみられる謎の武装集団」として報道していた()。 このロシアの侵攻に対して、ウクライナ新政権と親欧米派の住民は侵略であるとして強く反発した一方、および特別市のロシア系住民の中にはこれを歓迎するものも少なくなく、ウクライナ国内法を無視する形で、クリミア自治共和国最高会議(議会)とセヴァストポリ市議会は3月11日にを採択し、3月16日にウクライナからの独立とロシアへの編入を問うをウクライナ国内法に違反する形で実施した。 そもそも他国軍が展開する中という状況下に加え、さまざまな違法行為、投票率と投票結果への改竄が指摘されるも 、同結果を根拠に、翌17日にウクライナからの「」の独立とロシアへの編入を求める決議を採択した。 ロシアのプーチン大統領は同日中にクリミア共和国の主権を承認したうえで、翌18日中にクリミアのロシアへの編入要請受諾を表明し、クリミアの首相とともに編入に関する国家間条約に署名した()。 5月12日には、において、同地の独立を宣言する勢力が現れた。 欧米諸国や日本はこれらロシアの動きが違反の侵略で、ウクライナからのクリミアの独立とロシアへの編入は無効であるとして、ロシアへの制裁を実施した()。 その後、2014年3月以降、ウクライナ東部・南部、特にドネツィク州、、、において、反政府派と政府側との間で衝突が発生し、親露的な分離独立派の武装勢力が州庁舎や警察機関などを占領した。 またその際、ギルキンなどロシアの特殊部隊の兵の参加が複数確認されていることから、これらの衝突は一般のウクライナ国民による自発的反乱とみなすのは難しく、実際に2014年4月以降、政府側がこのようなロシアの支援を受ける武装勢力をテロリストと見なし、軍事行動を伴う「反テロ作戦」を開始することとなった。 以降、分離武装勢力もロシアから流入したと見なされている兵器を用いて、政府側軍用機を撃墜するなど事実上の戦争状態が続いている。 なお、日本を含む 欧米諸国およびウクライナは、衛星写真 や各報道などを根拠に武装勢力にロシアからの兵の投入、戦闘員と兵器等武器供与の支援があるとして非難を続けているが、一方でロシアは、自国民があくまで自発的に戦闘に参加しているだけであり、ロシア軍の直接侵攻は否定し続けており、両者間の意見の対立が続いている。 ポロシェンコ政権・ミンスク合意 諮問機関の最高顧問に就任した氏(左) 右は米上院議員。 サーカシビリ氏はのちに国外追放された 2014年6月に大統領選挙によって選ばれたが大統領に就任。 以降も、引き続き、東ウクライナでは親欧米の政権側と親露の分離独立派()による戦闘 ()が続いており、一時的にウクライナ政権側と分離独立派、ロシア、ドイツ、フランスによる一時停戦案が結ばれるも、すぐに政府軍による反テロ作戦が再開 され、各地で市街戦を含む戦闘が行われ、多数の民間人が犠牲となっている。 9月5日にはので、ロシア、ウクライナ、OSCE、分離独立派の代表者によって、停戦と政治解決を目指すミンスク・プロトコルに調印され( (: ))、追って9月19日には治安面解決の詳細を記したミンスク・メモランダムが調印された。 以降、のウクライナ特別監視ミッションが、2014年9月のミンスク合意の執行を監督することとなった。 2014年10月26日のウクライナ最高議会選挙では、事実上、親欧米派が勝利したが 、ミンスク合意のあとも戦闘は続き、結果として一般市民を含む死者数が2014年7月17日に発生した()なども含めれば5,000人以上に上るなど 、欧州では旧以来の死者数を出した。 2月11日、ウクライナ、ロシア、フランス、ドイツは再びミンスクでサミットを開催し、ウクライナ東部の紛争終結に向けた体制の枠組みについて再度の合意が行われた( (: ))。 政治 [ ] 詳細は「 ()」を参照 ウクライナの政体は、・・の三権が分立する()であり、とをミックスしたを採用している。 は、5年任期でによって選ばれ、や政府のを任命する権限を持つが、それには議会の承認を得なければならない。 議会 [ ] ウクライナの国会は、であり、で450議席。 議員の任期は5年。 議会は立法、国際協定の批准、予算の裁可および首相の承認・罷免、閣僚の承認・罷免を行う。 で議席を獲得した政党は5党。 それは、親露派で東部・南部を地盤とするおよび派の()、ならびに親欧米派で中部や西部を地盤とする、、さらに、西部のを地盤とする派の()である。 2004年ウクライナ大統領選挙 [ ] 詳細は「」を参照 、大統領の任期満了に伴い大統領選挙が行われた。 クチマ大統領の後継首相と、野党指導者・元首相のという形になった。 の第1回投票ではユシチェンコが首位に立つが、わずか15万票差であった。 の決選投票の開票の結果、ヤヌコーヴィチの当選が発表される。 しかし、ユシチェンコ陣営は11月22日夜、決選投票において全国で1万1,000件の不正が行われ、第一回投票の5倍に膨らんだと、政権側の選挙違反を糾弾した。 これにより首都キエフを中心に、ストライキなどの大規模な政治運動が起こった()。 欧米諸国の圧力もあって再選挙が行われることとなり、に実施された再決選投票の結果、ユシチェンコが52. ヤヌコーヴィチ陣営はユシチェンコ陣営に不正があったとして最高裁に提訴したが野党による政府施設の封鎖が起こり、には提訴が却下された。 翌にユシチェンコ元首相は正式に大統領に就任し、この争いは一応の決着を見た。 なお、この選挙期間中、欧米のマスメディアはロシア人とウクライナ人の間で民族的対立が激化してウクライナ国民に分裂が生じているように報じた。 この選挙ではのウクライナ系政治団体の資金援助やの公然の介入が行われており、ウクライナ自身の革命というよりは外国勢力の干渉の結果だったという分析もある。 一方、干渉があったとはいえ、それだけでなし得たものではなく実際に国民の間に従来の政権に対する不満があったことは大きな要素のひとつであった。 また、アメリカが反ロシア派を支援した背景には、ロシア帝国時代やソ連時代にロシア勢力から弾圧を受けた非常に多くのウクライナ人がアメリカにを余儀なくされたという歴史上の経緯も関係しているという分析もある。 つまり、アメリカに亡命したウクライナ人の作った組織がアメリカ政府や関係者に働きかけ、反ロシア的な勢力を支援させるということは不自然ではないというのである。 しかし、このようなが表沙汰になることは少なく、こうしたもっともらしい分析もこれまでの経緯から類推した憶測の域を出ない。 いずれにせよ「アメリカ側の都合だけで革命が推進された」「オレンジ革命は悪しき旧共産主義的な独裁体制からの民主化を達成した」というように単純化できる問題ではない。 その後、ウクライナではしばしば「革命」が叫ばれることが習慣化しており、にも反ユシチェンコ派の議員が「革命」を実行している。 2010年ウクライナ大統領選挙 [ ] 詳細は「」を参照 大統領選挙が2014年5月25日に行われ、が大統領に当選した。 ポロシェンコ-ヤツェニュク政権は総選挙後の組閣において、財務相に在ウクライナ米国大使館での勤務経験があり、投資ファンドの代表を務めるの、経済発展・貿易相に投資銀行に勤務するの、保健相にのサーカシビリ政権の元閣僚で米を拠点としているの3人の外国人も入閣した。 いずれも、任命の数日前にウクライナ国籍を取得している。 顧問にはの前大統領で強権的なとしての振る舞いからグルジアでの地位を失ったが就任した。 その他、エカ・ズグラゼやなど、サーカシビリの盟友が多く要職についていた。 しかし、その後ポロシェンコ大統領との確執から相次いで辞任し、サーカシビリ自身もウクライナ国籍を剥奪されて国外追放された。 軍事・安全保障 [ ] 軍事 [ ] ウクライナ軍は、、、の3軍種からなる。 末の時点で、総員24万5,000人(うち、軍人18万人)。 準軍事組織 [ ] ウクライナには、ウクライナ軍以外に、以下の準軍事組織が存在する。 (、、)(旧+の活動家からなる部隊)• ほかに(臨時革命政府・救国委員会)という組織が創設した「人民自衛隊」というがある。 情報・治安機関 [ ] が、サイバー攻撃への防衛など・や治安組織としての活動を行っている。 の統計によると、のウクライナのは1,783億ドルである。 最新の2015年の推計によると、1人あたりGDP(為替レート)は2,001ドルまでに低下し 、旧ソ連の最貧国レベルとなっている。 の、国籍も持つのなどの一部のによる資本主義体制が続いている。 ソ連時代は、連邦内の重要な農業および産業地帯であったが、現在は天然ガスを中心とするエネルギー供給のほとんどをロシアに依存しており、経済の構造改革の遅れと相まって、他国の影響を受けやすいものになっている。 しかしその一方で国家腐敗が進行している為、事態は深刻さを極めるものとなっている。 、政府はほとんどの物資の価格を自由化し、国有企業を民営化するための法制度を整備した。 しかし、政府や議会内の強い抵抗により改革は停止され、多くの国有企業が民営化プロセスから除外された。 の末ごろには、通貨政策の失敗によりにまで至った。 に大統領に就任したは、の支援を受けながら経済改革を推進し、8月には10万分の1のを実施し、新通貨を導入した。 現在の政府は、経済への介入を極力減らし、調整方法を合理化することに努めるとともに、企業家を支援する法環境を整備し、包括的な税制の改革を行った。 ただし構造改革の政治的な問題に関わる分野や農地の民営化に関する改革は遅れている。 しかし、同年には貿易収支が初めて黒字を記録。 これは独立以来初めての上方成長であった。 からまでの間も、への鉄鋼輸出の急増などに起因して高度成長が続いた。 ところが、ユシチェンコ政権の成立後暗転し始める。 それまでの好調なウクライナ経済は、ロシアからの安価なエネルギー資源および原料の供給、経済発展を続けるロシアや中国への輸出などによって支えられていた。 しかしユシチェンコ大統領は就任直後、ロシアとは距離を置き、EUやアメリカ合衆国などとの関係を強化する姿勢を示した。 大統領はアメリカなど西欧諸国からの投資拡大を見込んでいたが、実際にはそれほど投資は増えず、逆にロシアからの安価なエネルギー資源供給が受けられなくなった( を参照)。 またロシアに並ぶ輸出相手国であった中国の需要が減少するなど経済環境が悪化。 2008年以降はの影響を受けてウクライナ経済は再び落ち込み、の瀬戸際まで追い込まれた。 経済安定化のため2008年10月にはIMFより総額165億ドルに及ぶ緊急融資を受けた。 2010年7月にはIMFより新たに152億ドルの融資を受けることで合意した。 とその後現在まで継続しているウクライナ東部での戦闘により、ロシアとの関係が極度に悪化した。 それにより深刻な経済危機に陥り、2015年の経済成長率は-11. 1人あたりGDPも2,109ドルにまで落ち込むなど欧州最貧国となっている。 2015年12月31日、ロシアに対する30億ドルの債務を返済しなかったことを根拠に、ロシア財務省はウクライナは状態であると指摘した。 2016年5月時点のIMFの統計によると1人あたりのGDPはさらに低下し 、1,854ドルと現在欧州最貧国の(1,712ドル)とほとんど変わらず、現在の経済成長率を反映すると来年にはモルドバに抜かされ、名目GDPも欧州最貧国になるのは確実と思われる。 外交 [ ] ウクライナの国際関係 ウクライナとロシアは歴史上複雑な関係を持つが、ソ連崩壊後現在に至るまで緊張が続いている。 ユシチェンコ大統領の就任当初は、ロシアよりも諸国との関係を強化することを目指していた。 同様の立場を取るグルジア、、モルドバとともに(4か国の頭文字)と呼ばれる連合を結成。 同国自身が将来のEU加盟を希望し、2017年時点でもそのための外交努力を続けている(後述の「欧米との関係」を参照)。 一方で、ウクライナ経済はロシアとの関係を悪化させたことなどを理由に急速に悪化した。 大統領はロシアとの関係に対する見解の相違などからティモシェンコ首相を解任。 その後は頻繁にロシアを訪問し、ロシアとの政治的・経済的関係を強化させようとするなど、ロシアとの関係修復も模索してきた。 2010年の大統領選挙で当選した大統領の誕生により、ロシアとの関係改善がより一層進むものと見られていた。 ヤヌコーヴィチ政権時、ウクライナは(NATO)やロシア主導ののような軍事同盟加盟を目指さない中立主義を法律で定めた。 しかし、2013年末から生じたに続き、ロシアによるクリミア併合・東部不安定化以降、ロシアとの関係は再び悪化した。 新政権は、一方でアメリカ合衆国やEUを中心とした欧米諸国との関係を重視している。 ポロシェンコ-ヤツェニュク政権は、在ウクライナ米国大使館勤務経験のあるアメリカ人やグルジアの政権の側近らを要職に就かせるなど、親欧米・路線を鮮明にしている。 なお、2016年時点でウクライナはロシアに対し30億ドルの負債を負っており 、今後国際裁判所で争われることとなっている。 また、司法分野においては、ロシアに対し、2014年6月ごろルハーンシク州内の戦闘中に拘束され、ロシアに連れ出され勾留されたウクライナ人女性の ()の即時釈放を訴えている。 ロシア当局は、同女性がウクライナ西部においてロシア人ジャーナリスト2名を殺害した嫌疑があると主張していたが、ウクライナをはじめアメリカ、、などの各国政府、などがロシアによるサウチェンコの拘束には根拠がないとして、ミンスク合意に従ってロシアはサウチェンコを解放すべきとした。 ウクライナとロシアの旅客流動は最大であったが、2015年10月以降、ウクライナとロシアを結ぶ航空旅客便は全便の運行が停止している。 また、2017年にはポロシェンコ大統領の大統領令を通じて、対露制裁の一環で、、などのロシア系SMSサービス、、などのロシア系のウェブサイトへのアクセスを禁止した。 ウクライナ政府はロシアからの輸入を2016年は打ち切り、2017年も再開しない見通しであると表明している。 さらに2018年9月、1997年にロシアと締結した友好協力条約を延長しないとロシア政府に通告した。 欧米との関係 [ ] ポロシェンコ政権はEU加盟を希望している。 具体的な加盟交渉に至ってはいないが、東欧諸国を対象とするEUの要となる連合協定について、EU加盟国で唯一未だったの上院が2017年5月に批准を承認した。 同年6月11日からは、とを除くEU加盟国へウクライナ国民が90日の(ビザ)なし渡航が可能になった。 ロシアによるクリミア編入宣言や東部ウクライナ紛争への関与疑惑に対して、欧米諸国は対露制裁でウクライナを支援している。 米軍はウクライナ軍へ兵器供給と訓練を実施している。 日本との関係 [ ] 詳細は「」を参照 日本は期の2005年3月に同国とのODA契約を初めて締結しているが(190億9,200万円、償還期間30年)、大統領および首相の時期は契約を行っておらず、2014年6月7日にが大統領となり9年ぶりに契約の締結を再開した。 2014年7月には100億円(償還期間20年間)、2015年6月に1,081億9,300万円(同40年間)、12月に369億6,900万円(同20年間)と、巨額の資金貸付けが行われた。 8月1日より日本国民がウクライナに入国する際のビザ()を短期90日までの滞在(ただし、就労を伴わない活動に限る)に限って、その取得を必要としない制度が開始された。 しかしながら、7月時点、ウクライナ国民の日本への入国には依然としてビザが必要である。 教育・科学 [ ] リヴィウシカ・ポリテフニカ大学 1995年から6歳から17歳までの11年間が義務教育である。 小学校・中学校に相当する9年間は同じ学校に通い、10年目以降は普通学校と専門学校のいずれかを選択することになる。 このため11年間同じ学校に通う生徒も存在する。 必須科目はウクライナ語のほか、情報学、経済学などで、英語は1年生からの必須科目である。 2000年から2001年の調査によると全体の7割がウクライナ語で教育を受け、残りの3割弱がロシア語となっている。 そのほか、クリミア・タタール語、ハンガリー語、ルーマニア語でも教育が行われている。 ウクライナの学校は、3月末に1週間の春休み、6 - 8月に3か月間の夏休み、12月末 - 1月に約2週間の冬休みがある。 高等教育機関 [ ]• 研究所 [ ]• マスコミ [ ]• :ウクライナの国営通信社。 :ウクライナ最大の民営。 :ドンバス地域発のロシア語ニュースを発信する民営通信社。 (週の鏡)• :英字ニュースを発信する通信社。 文化 [ ] ウクライナ発祥地のは国内でもっとも一般的なスープである ウクライナ料理は、東欧を代表するの伝統的なである。 その歴史は時代にさかのぼる。 ウクライナ料理は、・・・・などの食文化にも大きな影響を与えた。 一方、他国の料理の影響が見られる。 はであり、パンに類する食品も多い。 その中で、(ウクライナ風)、、()、、(の一種)、(のパン)、(かの甘いお粥)などがある。 ・の料理が比較的少なく、やのなどの料理が圧倒的に多い。 世界的にも有名なウクライナ料理は、大まかに50種類以上のがある。 肉料理は肉料理、魚料理は類料理が一般的である。 さらに、肉料理として(のの)が頻繁に利用される。 飲み物は甘い、もしくは甘辛いものが多い。 ()、(唐辛子入りのお)、(果実酒)、(液体のパン)などがある。 おもなは軽く炒めて茹でること、また軽く炒めて煮ることである。 などは少ない。 調味料としては、サーロ、、、、、などが用いられる。 ウクライナでは、ウクライナ料理のほかに、が存在する。 の母との父の間に生まれた「」 政治 [ ]• :の大公• :の大公• :の王• :コサックの棟梁 文学 [ ]• :詩人、哲学者• :詩人、画家• :作家、詩人• :作家、詩人 学術 [ ]• :鉱物学者、地球化学者• :、受賞者• :数学者• :歴史学者• :ロケット開発者 スポーツ [ ]• : 選手• : 選手• : 元フィギュアスケート選手。 女子シングル金メダリスト• : サッカー選手• : 選手。 男子棒高跳び金メダリスト• : 選手• のちに移る。 : プロボクサー• ; 選手。 女子400m個人メドレー金メダリスト• : 選手。 男子種目別平行棒金メダリスト• : 女子選手。 (時代)出身 音楽・芸術 [ ]• :クラシック、ロックバンドの、• :振付家、舞踏家• :オペラ歌手• :バレエダンサー• :歌手、演奏家• :歌手・俳優• クラシック音楽の:• 外務省. 2018年11月5日閲覧。 2014年10月. 2014年10月18日閲覧。 (ウクライナ語)• 2019年8月24日閲覧。 在日ウクライーナ大使館 2019年7月17日. 2019年8月24日閲覧。 ウクライナ研究会. 2019年10月29日閲覧。 以前は「烏克蘭」が用いられていたが、が駐ウクライナ特命全権大使在任時にウクライナ日本語教師の大会で「宇克蘭」を使用するよう確認。 以降、日本国、及び在ウクライナ大使館では「宇克蘭」、略称「宇」を用いている。 (例:. 在ウクライナ日本国大使館. 2014年7月12日閲覧。 )も参照されたし。 また、著「ニューエクスプレス ウクライナ語」(白水社、2009)や著「『帝国』ロシアの地政学 『勢力圏』で読むユーラシア戦略」(東京堂出版、2019)にも「宇」との省略形が使用されているがその一方、「烏克蘭」の使用は現在も散見される。 三省堂 大辞林. 三省堂. 2011年12月15日閲覧。 — , 1908. — c. 652. , 1908. — c. 663. , 1908. — c. 732. , 1908. — c. 881. (ウクライナ語)• にとの交渉においてコサックの棟梁は、「とが広まっている地域、までの古のウクライナ、あるいはルーシ」の所有権の承認を主張していた。 (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• 『ウクライナ人、ロシア人、ベラルーシ人とそれらの言語の起源. (ウクライナ語)。 (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ロシア語)• (ロシア語)• 기광서, 「구 소련 한인사회의 역사적 변천과 현실」, 《Proceedings of 2002 Conference of the Association for the Study of Overseas Koreans ASOK 》, Association for the Study of Overseas Koreans, 2002. (ウクライナ語)。 2009年6月3日閲覧。 (ウクライナ語) (英語)• 『産経新聞』朝刊2018年12月17日(総合面)2018年12月19日閲覧。 本節全体の出典: (英語)。 2009年5月14日閲覧。 Guz and A. Guz, , 2011, p. 576. 230—242. 21-37. 84-87. 93-105. 106-115. 39-47• , p. 233. 234. , pp. 234—235. , pp. 237—242. , pp. 303—306. , pp. 307—308. , pp. 308—309. , pp. 310—311. , pp. 311—313. , p. 313. , p. 314. , p. 315. , p. 316. 産経新聞. 2013年11月4日. 2013年11月4日閲覧。 , p. 108. (ウクライナ語)• 2014年2月22日. 2014年2月23日閲覧。 2014年2月22日. 2014年2月23日閲覧。 クリミア併合後にロシア政権より功労者に贈られたメダルには「クリミア回帰 2014年2月20日? 3月18日」と書かれており、ロシアによる併合計画がヤヌコーヴィチ政権崩壊直前から開始されていた可能性が見て取れる。 (ロシア語)• (ロシア語)• クリミア・タタール人指導者であるムスタファ・ジェミレフ氏は、国連安全保障理事会において、住民投票の投票率は32. (ロシア語)• 、2014年11月16日。 モスクワ真野森作 2015年1月24日. の2015年2月26日時点におけるアーカイブ。 2016年12月3日閲覧。 『』朝刊2019年3月30日(国際面)2019年4月5日閲覧。 2015年5月14日閲覧。 在ウクライナ日本大使館. 2011年12月7日閲覧。 CIA. 2008年7月5日閲覧。 前掲 在ウクライナ日本大使館• ロイター. 2011年12月7日閲覧。 Bloomberg. 2011年12月7日閲覧。 モーニングスター 2016年1月4日• IMF. 2016年5月3日閲覧。 スプートニク、2016年2月18日• Radio Free Europe " "、2016年3月6日。 2017年5月22日閲覧。 (2018年9月21日)2018年10月2日閲覧。 独立行政法人国際協力機構「」• Encyclopedia of Ukraine. Retrieved 2007-08-10. 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2017年10月) 著作 [ ]• (日本語) 『ウクライナ・ナショナリズム』東京大学出版会、1998年。 世界思潮研究会、1921. 新読書社、1985. 国書刊行会、1985. 大学書林、1991. 八月書館、1991. 芦書房、1992. 日本放送協会、1992. 日本図書刊行会、1993. リブロポート、1994. 近代文芸社、1995. 大学書林、1995. メイト、1995. 長田久文、1996. 福音館書店, 1997. 黄金のシルクロード展実行委員会、1998. 山川出版社、1998. 福音館書店、1998. (日本語) ブラジル、インド、中国、タイ及びウクライナの砂糖産業. 農畜産業振興事業団、2000. 2000-2001. 中央公論新社, 2002. 2002-2003. -- 社会評論社、2003. 2003-2005. 東京農業大学出版会、2005. 群像社、2005. ドニエプル出版、2006. 国際語学社、2007. 京都大学学術出版会、2007. ベスト社、2007. 北海道開拓記念館、2008. 早稲田大学出版部、2008. (日本語) ウラン投資環境調査:ウクライナ. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構金属資源開発本部企画調査部、2008. (日本語) ウクライナ・国鉄機関車修理工場の近代化調査報告書. 経済産業省、2008. 白水社、2009. 論文 [ ]• スラヴ文化研究. 2001. ユーラシア研究. 2002. 29 2. 2003. 現代史研究. 通号 50. 2004. 海外事情研究所報告. 通号 39. 2005. ユーラシア研究. 2005. 国際交流基金日本語教育紀要. 2006. エネルギーレビュー. 26 3 通号 302. 2006. 比較経済研究. 43 2. 2006. 歴史と地理. 通号 599. 2006. Goethe-Jahrbuch. 2007. スラヴ研究. 2007. 大阪大学言語文化学. 2008. 北九州市立大学文学部紀要. 2008. 経営研究. 21 1 通号 50. 2008. JMC journal. 56 5 通号 686. 2008. 外交フォーラム. 21 8 通号 241. 2008. 788. 2009. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ウクライナに関連する および があります。 ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (ウクライナ語) (ロシア語) (英語)• (ウクライナ語) (ロシア語) (英語) 日本政府• (日本語) 大使館• (日本語)• (日本語) その他• (ウクライナ語)• (英語).

次の

ウクライナ ホテル. キエフ, ウクライナ

ホテル ウクライナ

チケット• ランキング• アンケート• ウクライナの 旅行商品 国名 ウクライナ 正式国名 ウクライナ 国旗 上から青、黄のニ色旗。 国章は「トリズブ」と呼ばれる。 国歌 「ウクライナは滅びず」 面積 約60万3700km 2(日本の約1. 6倍) 人口 約4269万人(2016年推計) 首都 キエフ(人口約290万人、2016年) 元首 ウラジーミル・ゼレンスキー大統領(2019年5月20日現在) 政体 共和制 民族構成 ウクライナ人77. 8%、ロシア人17. 3%、ほかポーランド人、クリミア・タタール人など。 宗教 キリスト教のウクライナ自治独立正教(ウクライナ正教)、ロシア正教、ウクライナ・カトリック(ユニエイト)ほか、イスラーム、ユダヤ教など。

次の