巻きずし レシピ。 巻きずしの作り方

いなり巻きずし|レシピ|ゆとりの空間

巻きずし レシピ

太巻きの巻き方 巻きすを広げ、海苔1枚を光沢のあるほうを下にしてのせます。 上2㎝ほどを残して寿司飯の半量をまんべんなく広げます(ここでの寿司飯は、海苔が少しだけ透けて見えるくらいが目安です)。 ごはんの中央より少し上に具材を並べます。 このとき巻くときにバラバラになりやすい椎茸の煮物などは奥側に、巻くときに転がりにくい厚焼き玉子、かんぴょうの煮物などは手前に置いておくとよいです。 具材をのせたら、手前の海苔を巻きすごと持ち上げ、向こうの寿司飯の端(海苔の空白部分)まで一気に持っていきます。 寿司飯と寿司飯の端を合わせて、下の写真左のように、 片手で巻きすを握って手前に軽く引きつつ、片手で奥の巻きすを持って奥へひっぱります。 こうすることで太巻きが緩まずにしっかりと巻くことができます。 最後に、巻きすの一方の端に太巻きの端を合わせて、指で端の寿司飯を軽く抑え、反対側も同様にします。 切るときは乾いたまな板の上に太巻きを置き、ぬれ布巾を用意して切ります。 1回切るごとに包丁をぬれ布巾でふいてあげるときれいに切れます。 その他に具は、市販のでんぶ、穴子やうなぎなどを組み合わせても美味しいと思います。 例えば、ごはん2合分(炊き上がり約650g)で酢飯を作るなら、太巻き3本で使い切りでもいいかと思います。 その場合の寿司酢は 『米酢50ml、砂糖大さじ1と小さじ1、塩5g(自然塩なら約小さじ1、精製塩なら約小さじ1弱)』です。 寿司飯の分量は、 太巻き1本で200gが目安としていますが、海苔の大きさは均一なので、中心にどのくらいの具を巻くかでも変わってきます。 巻く具の分量によっても調整してみてください。 レシピ更新情報:寿司飯を切りのよい3合にするために、5本分のレシピに変更しました(2017. 2更新).

次の

巻きずしの作り方

巻きずし レシピ

すし飯• ・米 2合• ・昆布 1枚 5cm角• 合わせ酢• ・酢 50ml• ・砂糖 20g• ・塩 小さじ1• ・うま味調味料 少々• 浅草のり 全形3枚• かんぴょうの含め煮• ・かんぴょう 15g• ・だし汁 1カップ• ・砂糖 大さじ2• ・薄口しょうゆ 大さじ2• しいたけのうま煮• ・干ししいたけ 6枚• ・砂糖 大さじ2• 高野豆腐のうま煮• ・高野豆腐 2個• 三つ葉 1束• しょうがの甘酢漬け 適量• 青じそ 適量.

次の

巻き寿司レシピ5選|人気の具材でつくる、子どもが喜ぶ太巻き寿司のレシピなど!

巻きずし レシピ

すし飯• ・米 2合• ・昆布 1枚 5cm角• 合わせ酢• ・酢 50ml• ・砂糖 20g• ・塩 小さじ1• ・うま味調味料 少々• 浅草のり 全形3枚• かんぴょうの含め煮• ・かんぴょう 15g• ・だし汁 1カップ• ・砂糖 大さじ2• ・薄口しょうゆ 大さじ2• しいたけのうま煮• ・干ししいたけ 6枚• ・砂糖 大さじ2• 高野豆腐のうま煮• ・高野豆腐 2個• 三つ葉 1束• しょうがの甘酢漬け 適量• 青じそ 適量.

次の