加熱式タバコ グロー。 加熱式タバコ『glo(グロー)』の本体の種類とそれぞれの特徴を紹介!|毎日セブン店長

加熱式タバコ「グロー」の勢いが止まらない! 新デバイス「グロー・プロ」「グロー・ナノ」を見てきた

加熱式タバコ グロー

最近では世界的に禁煙化の方向に進んでおり、2020年4月からはほとんどの飲食店も禁煙になってしまいました。 禁煙化が進んでいく中で喫煙者に人気が高くなっているのが、アイコス・プルームテック・グローなどの加熱式タバコです。 煙やにおいの少ないタバコとして今までの紙巻きたばこから乗り換えている人が多くなっています。 種類の多い加熱式電子タバコはどれを選んだらいいか悩んじゃいますよね? 今回はデバイスの種類が多く、さまざまな喫煙者のニーズに対応しているglo(グロー)について紹介していきます。 販売をしているのはブリティッシュアメリカンタバコ、いわゆるBATと言われる会社です。 ブリティッシュアメリカンタバコは、ラッキーストライクを販売していることで有名な会社ですね。 タバコの吸いごたえ、いわゆる「キック感」といわれる煙味が強いことで人気の高いglo(グロー) 種類や値段、使い方について知ってあなたに合った電子タバコを選んでいきましょう。 2019年8月に新発売された低温加熱式タバコ「グロー・センス(glo sens)」についても紹介しているので、フレーバーの幅がかなり広まりました。 これからの喫煙ライフには紙巻きたばこから、加熱式タバコへと移り変わっていくでしょう。 初代グローは公式サイトから消えているので、実質グローと言えばシリーズ2が通常使用になります。 グロー シリーズ2では「 ネオスティック」といわれる専用のたばこ葉を使用。 アイコスほどの「たばこを吸った感(キック感)」がないため、普段から軽めの紙巻きたばこを吸っている人や、禁煙に向けて加熱式タバコに変えようと考えている人におすすめのグロー シリーズ2。 またアイコスとは違い差し込み部分にブレードが付いていないため、手入れは簡単で故障が少ないものメリット。 バッテリー一体型で最大約30本ものネオスティックを充電なしで吸うことができます。 加熱時間は3分30秒とやや少ないように感じますが、時間内なら吸い込み回数を気にしなくてもいいので意外と吸えます。 値段はかなり流動的ですが、コンビニでは1980円で売っているので購入はネットよりもコンビニのがいいかもしれません。 ただ、グローセンスやグロープロなど新シリーズの販売も始まったので、店頭に並ぶ機会も少なくなってしまうかも… グローシリーズ2には通常サイズのほかに「ミニ」といわれる一回り小さいサイズのグローもあります。 女性や手の小さな人にはしっくりくるサイズですので、持ち心地で選んでいくのがいいでしょう。 たばこ葉のフレーバーの種類もKentとneoシリーズ合わせて20種類にも及びます。 色々な味のタバコを試してみたい人にも満足のいくフレーバーの数ですね。 グロー シリーズ2(glo series 2)の使い方 吸い終わったら特に何もせずにネオスティックを抜くだけで喫煙終了です。 グローシリーズ2の使い方に関してはボタンもひとつしかないので、難しい部分はありません。 唯一気をつけてほしいのは、ネオスティックを差し込むときに折れたり曲がったりしないように注意しましょう。 また吸っている最中にボタンを3秒以上長押しで加熱を中止することもできるので覚えておきましょう。 1回だけ振動したらバイブ機能がOFF。 2回振動したらバイブ機能がONとなります。 最速10秒で喫煙可能状態まで加熱することが可能となっています。 ブーストモードでは喫煙可能時間は約3分(通常モードは約4分)になるので、グローシリーズ2より短くなりますがグロープロのキック感はネオスティックの種類によってはアイコスより強く感じます。 サイズ感等はグローシリーズ2とさほど変わりはないですが、機能性の違いはすぐに分かるほど。 紙巻きたばこから加熱式タバコに乗り換える人におすすめです。 喫煙可能時間が3分間に短くなるとはいえかなりのキック感を味わえるブーストモードはぜひ一度試してみてほしいですね。 若干焦げた匂いがするので好き嫌いは分かれるかもしれませんが、私はブーストモード使う派です。 グロープロの値段は最近値下げしたようで現在は公式サイトで2980円です。 値段もさほど高くないので、グロープロおすすめです。 グロー・プロ(glo pro)の使い方 ブーストモードの切り替え方法• 連続喫煙可能な本数は約10本と少なくなっていますが、胸ポケットに入れておいても違和感がないです。 特に女性の喫煙者に人気の高いグローナノは、見た目のスタイリッシュさがありつつも従来のグローと変わらないキック感を味わえるからでしょう。 グロープロのような「ブーストモード」はついていないですが、持ち運びに便利なのは大きなポイントでしょう。 その他のメリットとして充電時間が60分に短縮されているので、軽い外出の時用などに置いておくのもアリかもしれませんね。 グローナノの使い方 グローナノの使い方はグローシリーズ2と全く一緒です。 からグローシリーズ2の使い方に戻れます。 グローナノはグローシリーズ2を持ち運びやすくして、充電時間を短くしたものです。 連続喫煙は10本になりますが、あなたの好みに合わせて使い分けていきましょう。 グローハイパー(glo hyper)の値段と使い方• 結果としてキック感が弱くなりがちで吸いごたえのあるアイコスを吸っている人も多いです。 しかし、2020年4月に発売された「グロー・ハイパー」は、ネオスティックよりも4mm太い専用のスティックを使用することで、グローシリーズ史上最強の喫味を実現しました。 さらにグロープロで人気の高かった、ブーストモードも採用されているので、加熱式タバコ最強のキック感があるといえます。 グローハイパーの基本仕様はグロープロと似ています。 素早い加熱が可能な誘導加熱技術(IH)を採用しているところ 「充電時間約90分で使用可能回数が約20回」というところも共通点です。 「通常モード」のほか、吸いごたえを高める「ブーストモード」を搭載している点もグロープロと一緒。 しかしグローハイパー専用ネオスティックを使用していることによって、吸いごたえはグローハイパーのが上に感じます。 公式サイトでもあるように「今までにない濃厚な味わいが最後まで味わえる」がよくわかります。 キック感のほかにもしっかりとたばこ葉の味や香りを楽しめるので、紙巻きたばこからの乗り換えにおすすめです。 グローハイパーの使い方 グローハイパーの使い方は基本的にグロープロと一緒です。 からグロープロの使い方に戻れます。 スペックの違いで見ると、以外と違いがないことがわかると思います。 違いとしてはブーストにかかる時間がハイパーの方が5秒早いくらい。 大きな違いがあるのはネオスティックよりも4mm太い専用のスティックを使用していること。 ぎっしりとつまっているたばこ葉の濃厚さで味やキック感に大きな違いが出ています。 グロー・センス(glo sens)の値段と使い方• グローセンスの加熱温度は公表されていません。 「アロマを楽しむ」というコンセプトのこのデバイスは、「プルーム・テック」よりはやや喫味が強いが、「プルーム・テック・プラス」よりは弱いという、実に絶妙さがあります。 最も香りを引き立てることができるのがグローセンスです。 グローセンスのみ見た目がポット型をしていて、なんとも可愛らしい見た目になっています。 フレーバーの種類も10種類と多いのも魅力です。 必ずやあなた好みの味が見つかるでしょう。 現在は980円とかなり値段が安くなっているので、グローセンスは手に取りやすい低温加熱式タバコといえるでしょう。 グローセンスの使い方.

次の

「加熱式タバコ」でも上がる呼吸器の「疾患リスク」(石田雅彦)

加熱式タバコ グロー

アイコスやプルームテックのような加熱式タバコで、最近よく見かける悩みがあります。 喉(のど)が痛い、喉が渇く、口内炎ができる。 加熱式タバコを吸うときには注意すべき点なので、調べてみました。 多くの人が喉への違和感を訴えている 「加熱式タバコ のど 痛み」でGoogle検索すると、たんさんヒットします。 アイコス、グロー、プルームテックといった加熱式タバコを試した人たちの中で、喉への痛みを感じている人がいます。 加熱式タバコは、タバコ葉を高温で加熱して、発生する蒸気(エアロゾル)を吸い込みます。 その蒸気が問題を起こしていることになります。 喉への刺激を減らす工夫 痛みを訴えている人たちは以下のような対策を勧めています。 一気に吸い込みすぎない• 充分に加熱されてから吸い始める• 吸い込むペースを遅くする• (アイコスの場合は特に)クリーニングする まず第一に、一気に吸い込み過ぎないように注意すべきです。 紙巻タバコと同様の満足感を得たいがために、吸い込み過ぎるケースが多いのではないでしょうか。 低タールたばこを吸ったときのリスクと同じことです。 上記の記事の中で、以下の記述がありました。 皮膚や粘膜への刺激性があるアセナフテン(Acenaphthene)は紙巻きタバコより多い アセナフテンとは、炭化水素と呼ばれる化学物質の一種です。 紙巻たばこにも含まれますが、加熱式タバコの方が多く含まれることがわかっています。 アセナフテンは 喉や粘膜への刺激性があるため、喉の痛みや口内炎の原因になっている可能性があります。 タバコが有害であることに変わりはない 紙巻たばこがあまりにも有害すぎるので、それと比較したときに加熱式タバコが無害であるかのように誤解されがちです。 しかし、タバコである以上はリスクがあります。 加熱式タバコを吸うときには、そのことを承知の上で、蒸気を吸い過ぎて喉を傷めないように、くれぐれも注意しながら吸ってください。 一気に吸い込まないこと、そして吸うペースを抑えることが重要です。 紙巻タバコから切り替えたばかりの時期がもっとも注意してください。 紙巻タバコと同様の満足感を得ようとして、無意識に強く吸い込んでしまうからです。 意識して軽めに吸うようにした方がいいでしょう。 喉を痛みを感じたらすぐに対処 加熱式タバコで喉(のど)の痛みを感じたら、放置せずに対処してください。 病院に行くほど辛くないなら、薬で痛みが軽減されるか様子を見ましょう。 ベストセラーは「のどの痛み・のどの腫れ・口内炎」のペラックT錠。 jp ということで、対処法は4つ。 このページでご説明したように、 加熱式タバコの吸い方に気をつける。 吸う量を減らす。 (もちろん、吸わないのが一番です)• 喉を乾燥させない。 ペラックT錠でのどをケア。 (痛みが辛いときは病院へ) 加熱式タバコで痛みを感じたら、全部試してみてください。

次の

【真似厳禁】加熱式タバコのスティックを燃やして吸ってみた

加熱式タバコ グロー

加熱式タバコ「グロー(glo)」シリーズを展開するブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、同シリーズの新デバイスとなる「グロー・プロ(glo pro)」「グロー・ナノ(glo nano)」を、それぞれ2019年10月3日より発売すると発表した。 8月に低温加熱式タバコ「グロー・センス」を発売してから、1か月も空けずの新製品の発表となった。 「グロー・ナノ」(左)と、「グロー・プロ」(右) <レビュー記事はこちら> IHを採用した加熱方式で、高速加熱とより強い吸いごたえを実現した「グロー・プロ」 「グロー・プロ」の特徴は、これまでのデバイスに採用していた小さなヒーターによる加熱から、シリーズで初めてIHを採用した誘導加熱方式に変更したことにより、加熱速度が上がったこと。 IHを採用したことで、たばこ葉だけを正確に早く加熱することができるようになったため、より深く豊かな味わいを楽しめるという。 さらに、「通常モード」と、さらに吸いごたえを高める「ブーストモード」という2つの加熱モードを搭載し、気分に合わせた使い方ができるという。 サイズ感は現行の「グロー シリーズ 2」とほぼ変わらない。 北海道・宮城県・東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・広島県・福岡県で先行発売となる 「グロー・プロ」は約90分で充電が完了し、満充電から約20回使用できる。 通常モードでは約20秒で加熱が完了し、約4分間喫煙できる。 ブーストモードでは、約10秒で加熱が完了し、約3分間喫煙できる。 メーカー希望小売価格は4,980円(税込)で、10月3日より、全国のグローストアとグローオンラインストア、およびコンビニエンスストアを含む 10 都道府県の主要たばこ取扱店にて先行発売予定だ。 カラーはシャンパン(左)とブラック(右)の2色展開 グロー史上もっともコンパクトでも10回連続使用が可能な「グロー・ナノ」 「グロー・ナノ」 は、グロー史上最小のデバイスだ。 「グローシリーズ 2 ミニ」よりも約 25g軽く、手にぴったり収まるサイズ感ながら、10回連続使用できるのが特徴。 連続使用回数はシリーズの中でもっとも少ないが、その代わり充電時間はシリーズの中でもっとも短く、約60分に短縮されている。 メーカー希望小売価格は 3,980円(税込)で、10月3日より全国のグローストアとグロー オンラインストア、およびコンビニエンスストアを含む全国の主要たばこ取扱店で発売される。 体積はフィリップ・モリスの「アイコス 3 マルチ」と同じくらい。 ただ、より太く、長さは短い カラーは左から、ネイビー、ホワイト、レッド、ブルーの4 色。 グローストア、グロースポット、グローオンラインストアでは全色取り扱うが、コンビニエンスストアを含む全国の主要たばこ取扱店においては、いずれか 1 色の取り扱いとなる 「グロー・ナノ」と「グロー・プロ」のスペック一覧 専用スティック「neo」に新感覚フレーバーが限定登場! 既存フレーバーも新パッケージに 「グロー・プロ」「グロー・ナノ」が発売となる10月3日には、専用スティック「ネオ(neo)」から、ベースのメンソールとカプセルに、それぞれ異なるフレーバーを組み合わせた新感覚の味わいを楽しめる3銘柄が、チャネル・数量限定で発売される。 刺激的なメンソールのフレーバーベースに加え、カプセルをつぶすと新しいアロマが広がり、1本で2種類の味わいが楽しめるという。 価格はそれぞれ550円(税込)。 左から、「ネオ・ブースト・アジュール・プラス・スティック」「ネオ・ブースト・ロッサ・プラス・スティック」「ネオ・ブースト・スカーレットプラス・スティック」。 全国のセブン・イレブン、ファミリーマート、ローソン(ローソンストア100を除く)にて販売予定 また、現行で販売している「ネオ」の10銘柄も、11月中旬以降順次、パッケージデザインを刷新する予定。 新パッケージのデザインコンセプトは「芸術」で、フレーバーを表現したプレミアム感のある斬新なデザインを採用したという。 フレーバーのイメージがわかりやすいカラーをパッケージ全体に採用しており、これまでよりもフレーバーの見分けがつきやすくなりそうだ 「グロー・センス」は11月に全国展開へ。 早くもフレーバー追加も 発表会ではさらに、先月発売され、現在は東京都内限定販売となっている同シリーズの低温加熱式タバコ「グロー・センス」を、11月にも全国展開予定であることが発表された。 さらに、「グロー・センス」の専用カートリッジ「ネオ・ポッド」には、早くも「エレクトリック・チェリー」「トロピカル・フルーツ」「パンナコッタ」「ティラミス」という4つの新フレーバーが追加され、10フレーバー展開になるという。 「ティラミス」「パンナコッタ」などスイーツ色の強いフレーバーは、国内で流通している加熱式タバコの専用カートリッジとしては初めて。 日本の加熱式タバコユーザーにどのように受け入れられるのか、反応に注目したい 【関連記事】.

次の