ドッカンバトル 激情のかめはめ波。 【極限Z覚醒】超サイヤ人孫悟飯【執念のかめはめ波】ステータス・評価【ドカバト・ドッカンバトル攻略】

【ドッカンバトル】2000日記念キャンペーンまとめ

ドッカンバトル 激情のかめはめ波

【執念のかめはめ波】超サイヤ人孫悟飯 青年期 の考察です。 リーダー評価:4. 0点 サブ評価:5. 35 倍 必殺技倍率 5. 『極限Z覚醒』が実装されています。 10の威力を凌ぐので、流石に火力にはなって来ます。 地力はそこそこあるだけに、サポート前提なら中々の実力も発揮してくれるキャラクターでしょう。 しかし 、高難易度イベントで活躍させるには介護が無いとまず厳しいですし、かといって積極的に介護する程の爆発力があるかと問われれば正直微妙です。 結局、パッシブ倍率が物足りないので力不足、というのもありますが、それ以上に効果の高い気力リンクが 『限界突破』しかなく、ATK,DEFとか抜きにしてもサポート前提じゃないと運用が厳しい側面が強いです。 行動後に発動のパッシブなので1番目には置けず、気力リンクを切るので2番目にも置きづらく、しかもサポートキャラとの並びまで必要とするとなると『隊列縛り』の気が非常に激しく、実力の割には使いづらいと言わざるを得ません。 2018年5月、極限Z覚醒の実装当初は並みの通常ガシャ産SSRとは一線を画してはいたものの、それも当時の『』や『』のような高難易度イベントも無かった環境で多少持て囃されていた程度であり、 インフレの進行で明らかに物足りなくなって来たのは否めないでしょう。 今となってはそこまで推奨出来る方でもありません。 所属カテゴリはいずれも大規模だったり優秀なイベント産キャラが多かったりで、中々出番も無いかな…。 スキルは特別優先する程のモノはないのでお好み程度ですが、『カテゴリ運用では席が取りづらい』という事情を考えた場合、『』を意識するなら 『連続攻撃』優先の方が良いでしょうか。 大乱戦では基本的に有利属性を相手取るので、会心の恩恵も小さいですから。 このトランクスのように『限界突破リンク持ちの超サイヤ人』なんかだとベストです。 特になんかは限界突破リンクも繋がりますし、この辺とセット運用ならそこそこ使いやすいです。 今の環境だと基本的には大乱戦の駒という立ち位置でしょう。 【老界王神は使うべき?】 今となっては優先度も高くないですから、出来るだけガシャ産の同名SRカードを利用して上げて行きましょう。 レベル11以降は技上げリソースを使う必要がありますが。 【引けたら当たり?外れ?】 正確には覚醒前を引き当てることになります。 火力だけを切り取れば今でもそこそこは通用するレベルですが、その他の部分は今のインフレ環境に付いて行けているとはお世辞にも言えず、そこまで実用性も高くない微妙なキャラクターにはなってしまったでしょう。 まあ、これより酷い古いキャラクターは山のようにいる訳で、大乱戦でそこそこ戦える程度であればまだマシな部類ではあるのかもしれませんが…。 しかし、同時に極限したは通常ガシャ産キャラとしてはトップクラスの汎用性を誇る優秀なキャラクターとして今も大活躍もしており、悟天とは ジャギとケンシロウばりの差は付いてしまったと言わざるを得ません。

次の

<ドッカンバトル>リーク掲示板2020.3月

ドッカンバトル 激情のかめはめ波

【激情のかめはめ波】超サイヤ人孫悟天 幼年期 の考察です。 リーダー評価:1. 0点 サブ評価:7. 35倍 必殺技 『親子三大かめはめ波』 必殺技倍率 5. 『暴走無効』はブロリー超激戦でのみ役立つ特攻効果で、基本的に気にする必要はありません。 【概評】 を物語イベントの悟天メダルでドッカン覚醒させた姿です。 『極限Z覚醒』が実装されています。 評価出来るポイントは色々とありますが、一番特徴的なのは追加に追加を重ねて『10個』にまで到達した所属カテゴリ数と、貴重な『虹気玉変換能力』でしょう。 カテゴリ全盛期のこのご時世、『所属カテゴリが多い』というのはそのままキャラクターの汎用性に直結するので多いに越したことはなく、『10個』は全キャラクター中で見てもトップクラスですから、これは非常に大きな特徴です。 『虹気玉変換』はデッキ全体の気力の通りを非常に良くしてくれる貴重な特性で、LRキャラクターが増え続ける昨今、『この悟天を入れたおかげでLRキャラが全力を出せるようになった』というケースも多く生まれるでしょう。 しかもこの悟天はATK,DEFに関してもそこそこのものを持っており、特に必殺追加効果の重ね掛けが狙えれば最高難易度イベントでも十分な守りを展開出来るレベルにもなります。 『取り敢えず入れておけば間違いない』みたいな所はあり、非常に扱いやすいです。 過去に『』『』などの無料配布アイテムでバラ撒かれた実績があるという点も大きく、『 入手しやすい・使える編成多い・守れる変換要員』と来れば、便利屋呼びも納得でしょう。 ただ、リンクに難アリな所があるので基本は『3枠目固定』にしたいキャラクターなのですが、反面3枠目に回すとDEFが上がらなくなるので、昨今の敵火力インフレにはやや付いて行きづらい面も出て来ました。 9万、ギリ10万に届かない程度になって来るので、昨今の高難易度イベントではやや厳しい部分も出て来ました。 『連続攻撃』スキルを伸ばしておけば補完出来る所もありますがそれも運次第で、極限実装から既に2年が経過し、流石にインフレに押され気味な所も目立って来ています。 まあ、今でも大活躍とは言えぬまでも通用はする水準であり、多数の編成で虹気玉を作成して気力の巡りを良くしてくれる所は流石の便利屋で、通常ガシャ産キャラクターとしては確実に平均点以上の実力を備えている、安定したキャラクターです。 使える編成が非常に幅広く、大乱戦なんかでも取り敢えずで採用出来るキャラですから、解放適正は十分にあります。 スキルは『連続攻撃』全振りで良いでしょう。 残りに関しては、火力はインフレによって今となっては大したこともなくなったので、専ら変換要員として期待するなら今となっては『回避』に全振りした方が良いかもしれません。 どうせ黙っていても会心Lv. 5は付いて来るし…。 そういう意味では会心Lv. 5、連撃Lv. 15、回避Lv. 6か、まあATK100万も出せるので会心Lv. 11、連撃Lv. 15でも悪くはないですが、取り敢えず連撃優先なのは間違いないでしょう。 追加効果1回の時はスキル玉で『DEF10万ライン』を超えるので、印象的にも悪くないかも? 銀・金は連続攻撃優先でしょう。 貴重な連撃玉をそこまで回す余裕が無いなら『回避』や、大乱戦で使うつもりなら『属性防御UP』なんかを付けておけば、変換要員としては多少回しやすくなるかもしれません。 【相性の良いキャラクター一例】 〇 今現在、最も存在感があるのはこの悟飯&悟天とのコンビでしょうか。 バトロなんかでこの悟飯&悟天を活かすつもりなら気力の補助は必須ですし、そのようなケースにおいては非常に良い相方です。 〇 この悟天の役割としては、基本的に『LRキャラクターの気力補助』という側面が大きいでしょう。 LRキャラは『いかに超必殺技を撃つか』によって評価が左右されるケースが非常に多く、この悟天が虹気玉を作ってくれることで超必殺技発動のしやすさは間違いなく一段階上がります。 カテゴリが多いだけに組ませられるLRキャラも非常に多く、裏のターンで虹気玉を作ってくれるだけでも非常に有難いでしょう。 〇 最近は『虹気玉取得でパワーアップ』というパッシブも増えて来たので、この手のキャラの性能ブーストにも使えます。 例によってカテゴリが多いので、ベストパートナー的なキャラがいなくても、取り敢えずこの悟天で間に合わせることが可能です。 【老界王神は使うべき?】 物語イベントでを利用した技上げが可能になりました。 ガシャ産SRとこれを上手く使って技レベル10までは上げて行きたいです。 レベル11以降は技上げ素材が必要ですが、使いどころも多いし、所属10カテゴリの中に手薄な編成があるなら使用する価値もあるでしょう。 【引けたら当たり?外れ?】 正確には覚醒前を引き当てることになります。 極限実装からそろそろ2年、流石に当時ほどには攻守共に優れたイメージは無くなりましたが、ひたすら増え続けるカテゴリおよびLRキャラクターにより『変換要員』の需要も増していますし、まだまだ 当たりと言えるキャラクターでしょう。 未所持・凸が進んでいない人はそこで一気に交換して、有効な戦力にさせられるかもしれません。 188.

次の

【ドッカンバトル】LR悟空4のテンプレパーティ

ドッカンバトル 激情のかめはめ波

【1000日記念の内容】• LR【幾千もの願い】孫悟空• スーパーバトルロード実装• 1000日記念ドッカンフェス LR孫悟空はログイン1000日目ログインボーナスと初期からプレイしている人が入手できるキャラでした。 今回も同じようにLRキャラが実装されたとしても、流石に今回は2000日目ログインボーナスで入手ということはないでしょう。 新イベントの実装は、極限バトルロードや爆裂チェインバトルなど最近にもいくつか開催されているので可能性は低いかもしれません。 2000日記念ドッカンフェスはおそらく開催されるでしょう。 1000日記念ではキャンペーン中デイリーミッションなどでドッカンフェスを回せるチケットが入手できたので、今回も無料で回せると思われます。 しかし1番目に置く関係上、必殺技を撃つ前に敵から殴られてしまうという弱点があります。 どこに配置してもDEFがある程度上昇する点は変わらないので、そういう意味ではどこに配置しても使えるキャラになっています。 挑戦できるキャラが決まっている 挑戦するにはこれらの6体の極限Z覚醒キャラが編成必須であり、条件として「潜在能力全開放」「最集団感まで極限Z覚醒」が必要になります。 必殺技でも味方のサポートが出来るので出来るだけ気玉を取得して、超必殺技を撃っていきましょう。 過去のキャンペーン詳細 1500日記念キャンペーン 2019年3月8日に1500日記念キャンペーンが開催されました。 超育成キャンペーン内のログインボーナスイベントで3月8日に龍石15個を含む報酬が配布されました。 1000日記念キャンペーン概要 2017年10月24日のリリース1000日記念キャンペーンでは、バナーに載っている LR元気玉悟空が1000日目のログインボーナスにて配布されました。 他にも、ドッカンフェスやスーパーバトルロード初開催など、1000日の節目にふさわしい大きなイベントです。 2019年現在イベント産LRキャラとして登場しても十分強力なキャラクターなので、1000日ログインという厳しい条件あってこそといったところでしょう。 1000日リリース記念ドッカンフェス 120%リーダースキルがピックアップされたドッカンフェスです。 この時にはカテゴリリーダーも出始めだったので、十分熱い内容になっていました。 また、ログインボーナスやミッションでこのドッカンフェスを引けるチケットが配布されており、そういった点でも破格のガチャと言えるでしょう。 スーパーバトルロード開催! 1000日キャンペーンがスーパーバトルロードの初開催でした。 現在でも非常に難しいイベントですが、この時代では特にクリアが厳しく話題になりました。 777日記念キャンペーン概要 777日目にして初のリリース記念キャンペーンとして開催されました。 当日が 3月15日だったため、3月18日のサイヤの日と合わさったキャンペーンになっています。 サイヤの日記念「DOKKANフェス開催」 超サイヤ人3悟空(天使)と仮面のサイヤ人がピックアップされたドッカンフェスが開催されました。 仮面のサイヤ人は非フェス限キャラでありながら、超激戦イベントが実装された特別なキャクターになっています。

次の