ウエスト エクスプレス 銀河。 新型特急west express 銀河|2020年から京都・大阪

ウエストエクスプレス銀河はいつから運行開始?料金とルートも!

ウエスト エクスプレス 銀河

「ウエストエクスプレス銀河はどこを走る?停車駅や運行区間をリサーチ」 5月から運行を始める新しい長距離列車「ウエストエクスプレス銀河」が、25日報道陣に公開されました。 デザインは、えちごトキめき鉄道の観光列車「えちごトキめきリゾート 雪月花」や、肥薩おれんじ鉄道のロゴタイプなどを手掛けてきた川西康之さん。 寝そべりながら景色を楽しめる座席や、往年のプルマン寝台のような優雅さ・欧州のクシェット寝台のような楽しさを盛り込み、これまでにない列車の過ごし方をいくつもデザインしています。 外観は美しい海や空を表現した深い青の「瑠璃紺」色の車両で、京阪神エリアで新快速などに使われてきた117系電車を改造して利用しました。 車体側面の長いラインは、長距離の旅をイメージさせるとともに、誰もが持つ「遠くへ行きたい」という憧れを叶える列車であることを表現しているそうです。 そんなウエストエクスプレス銀河はどこを走るのでしょうか?停車駅や運行区間が気になりませんか? 今回は「ウエストエクスプレス銀河はどこを走る?停車駅や運行区間をリサーチ」と題してお届けします。 tetsutoriya がシェアした投稿 — 2020年 1月月24日午後11時00分PST 深い青の「瑠璃紺」色が目をひくウエストエクスプレス銀河は、どこを走るのでしょうか? 鉄道ファンでなくても、新しく運行される列車って、どこを走るのか気になりますよね。 ウエストエクスプレス銀河は、京阪神エリアで新快速などに使われてきた117系電車を改造して利用していますが、ただラッピングして、カラーリングを変えただけの列車ではないんですよ。 この列車の内装やサービスも気になりますが、まずはどこを走るのか、列車の運行方面を見ていきましょう。 ウエストエクスプレス銀河はどこを走る?運行方面一覧 2020年5月~9月 運行方面は関西から山陰 2020年10月~2021年3月 運行方面は関西から山陽 引用:JR西日本 ウエストエクスプレス銀河の運航開始日は2020年5月8日で、島根県出雲市~大阪・京都など関西方面をつなぎます。 出雲市から大阪・京都までの距離は、だいたい400~440キロと長距離を移動する事になりますね。 列車内には長距離の移動でも、飽きない工夫がされているとか。 特に現代人は時間がある時に、つい見たくなるのがスマートフォンですよね。 川西康之さんは、風光明媚な大自然が堪能出来るにも関わらず、乗客が下を向いてスマホをいじりだす事態は避けたいと考えています。 もちろん乗客の方々が退屈にならないよう、乗務員にはタイミングを見計らってお声掛けするようお願いしているそうですよ。 島根県出雲市~大阪・京都間の長い距離でも、人との会話があれば、思い出に残る旅になりますよね。 ウエストエクスプレス銀河は、各駅停車の列車ではないので、停車駅が限られています。 2020年5月から9月まで、夜行特急列車として運行するので、その時の停車駅を見ていきましょう。 京都駅• 新大阪• 三ノ宮• 西明石• 玉造温泉• 出雲市• 玉造温泉• 備中高梁• 三ノ宮• 大阪 下り(出雲市行き)の場合、上りに比べて停車駅が多いですね。 ご利用のルートによって、停車駅が変わっているので、利用する際に気を付けたいですね。 この停車駅やルートによって、沿線の魅力ある特産品の販売や伝統芸能の披露など、車内外で様々なおもてなしも予定されています。 長距離ならではのイベントが計画されていて、乗客を飽きさせない工夫が凝らされてますよね。 ウエストエクスプレス銀河の運行区間は? ウエストエクスプレス銀河の運行区間も調べてみました。 この列車は運行される期間によって、 夜行特急列車だったり昼行特急列車だったりと変更があります。 その時に、ウエストエクスプレス銀河の運行区間が変わりますので、ご紹介していきますね。 2020年5月~9月まで( 夜行特急列車) 京都・大阪~出雲市 2020年10月~2021年3月まで( 昼行特急列車) 大阪~下関 夜行特急列車として、京都・大阪~出雲市間で運行するのは、たったの4か月なんですね。 その後10月から、 昼行特急列車に切り替わり、大阪~下関の運行となる予定です。 終点まで長距離の旅となりますが、デザインを手掛けた川西康之さんの乗客を飽きないようにする工夫が、どのくらい効果があって楽しんでもらえるのか気になる所ですね。 夜行特急列車の期間は、京都を21時に出発して出雲に着くのが朝9時なので、寝て起きたら到着するといった感じですね。 昼行特急列車となる2020年10月~2021年3月までの期間こそ、乗客を飽きさせない工夫を最大限楽しめる期間になりそうですね。 yoshinari022838 がシェアした投稿 — 2019年 3月月20日午前5時10分PDT 今回は「ウエストエクスプレス銀河はどこを走る?停車駅や運行区間をリサーチ」と題してお届けしました。 ウエストエクスプレス銀河は、深い青の「瑠璃紺」色が特徴的で、ヘッドマークとして採用された「銀河」の文字が、とてもカッコいい車両ですね。 暇な時に、ついスマートフォンに手が伸びてしまいがちの人が多い中、その土地の景色や旅行する人々とのコミュニケーションで、長距離の旅を楽しんで欲しいという川西康之さんのお考えは素晴らしいと思います。 列車の旅がより楽しくなるように、沿線の魅力ある特産品の販売や伝統芸能の披露など、車内外で様々なおもてなしを実施する予定もありますよ。 様々な工夫やイベントで乗客を楽しませてくれるウエストエクスプレス銀河で、楽しい列車の旅を満喫したいですね。 最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

「WEST EXPRESS銀河」の時刻表と概要。5月8日京都~出雲市でデビュー!

ウエスト エクスプレス 銀河

スポンサーリンク WEST EXPRESS銀河の内装や外装は?? 117系6両編成を改造したWEST EXPRESS 銀河は、エクステリアカラーを西日本ならではの美しい空や海を表現するために瑠璃紺色。 エクステリアロゴマークは、魅力的な星(各エリア)の間を列車が移動する様子を曲線で描くことで、列車が魅力的な地域と乗客を繋ぐ存在であることを意味しているようです。 側面には長いラインが入っており、長距離の旅を連想させ「遠くへ行きたい」というあこがれを叶える列車であることを表現しています。 車両は多様化する旅のスタイルに合わせ複数の種類の座席が用意され、1両ごとに異なる座席デザインが採用されているのが特徴です。 1号車:グリーン車指定席 ゆったりとくつろげる座席であることと、1号車にある座席であることから「ファーストシート」という愛称が付けられました。 2号車および5号車:普通車指定席 気軽に夜行列車の旅の気分を味わえるノビノビ座席で、かつての2段式寝台に近い形状です。 こうした設備は海外の鉄道で「クシェット」と呼ばれることがあり、「ウエストエクスプレス銀河」でも、愛称を「クシェット」としました。 3号車:普通車指定席のコンパートメント 家族や仲間と一緒に利用できるスペースです。 「明星」名前が付けられています。 3号車にはフリースペースが設置され、夜通しテーブルランプのみを点灯する予定です。 読書や乗客同士の語らいなど、静かにゆったりと過ごせるスペースとなります。 4号車:フリースペース 4号車は全体がフリースペースであり、「ウエストエクスプレス銀河」を象徴する空間とされます。 夜間も室内を明るくする予定で、夜行列車の旅をにぎやかに楽しめます。 「遊星」と名前が付けられています。 一部区間において、地域と連携したイベントや弁当の販売なども検討しています。 6号車:グリーン個室 「ウエストエクスプレス銀河」において最も上質な仕様の客室設備です。 「彗星」と名前が付けられています。 6号車にもフリースペースが設けられ、編成端となる乗務員室に面して設置され、乗客が自由に行き来できる場所で、流れゆく風景を見ることができます。 「WEST EXPRESS 銀河」の車両デザイナーは、川西康之氏です。 これまでに、えちごトキめき鉄道のリゾート列車「雪月花(せつげっか)」の設計デザインや、土佐くろしお鉄道中村駅のリノベーションなどを手がけておられます。 スポンサーリンク WEST EXPRESS銀河の運行区間は? 運行区間は京阪神~山陽・山陰間だそうです。 片道5~10時間ほどで移動できる距離で、具体的には大阪~出雲市などが挙がっていて、夜行列車としての運行も視野に入れています。 運賃・料金は通常の特急列車の価格を適用し、大阪~出雲市間で大人1人あたり1万円前後に設定される見通しです。 WEST EXPRESS銀河の予約開始はいつから? これまでの情報をみて、すぐにでも予約して乗車したくなりますね。 残念ながら今のところJR西日本から予約開始の日程情報はありません。 2020年4月運行予定なので、2019年年末には開始されるのではないでしょうか? また、予約サイトは今までの観光列車の予約の流れだと専用のウェブサイトが開設され、その後郵送での予約受付を開始し、公平性のために先着順ではなく抽選制になるのでは?と、予測されています。 JR西日本のサイトは.

次の

117系ベース夜行特急 WEST EXPRESS 銀河 は伯備線経由 京都大阪―出雲市 で2020年5月から運行開始

ウエスト エクスプレス 銀河

west express 銀河とは? 「(画像引用元)」によれば、 JR西日本は鉄道事業の事業戦略として、 地域との対話と連携を通じ、観光を中心として西日本各エリアの活性化に貢献することを掲げています。 その取り組みの一環として準備が進められているのが、ご紹介するWEST EXPRESS 銀河です。 west express銀河の料金は? 乗車料金は、• 通常運賃• 特急料金• グリーン料金 に分かれています。 通常運賃・特急料金は通常の料金。 それに加えて、席の種類によって以下料金が加算されます。 グリーン車指定席利用:通常のグリーン料金が追加• グリーン個室利用:新たなグリーン個室料金が追加 営業キロ ~100km ~200km ~400km ~600km グリーン個室料金 届け出予定金額) 4,360円 5,860円 7,240円 8,450円 なお、グリーン個室の定員は以下の通りです。 夜行運転時 昼行運転時 2名 2~3名 west express銀河の発着時間は? 山陰便は、• west express 銀河で使用される117 系とは? 画像引用: 117系とは、1979年にJRが国鉄時代に開発した車両で、今は主に新快速で利用されている車両です。 west express銀河は安定して高速運行できる117系を改造して使用します。 今後の新たなwest expressの開発に活かすためのプロトタイプなのではないか?と思われます。 west express銀河の切符はいつ発売発表があるのか? 2019年11月現在、切符の販売に関してはまだ発表がありません。 改造車両である117系電車が完成するまではおそらく発表はないかと思われます。 合わせて読みたい 関西方面からのお得な電車チケットであれば、ぐるりんパスを利用しましょう。 交通費・観光施設の入場料金などの割引をうまく活用すれば、2000円~10000円も安くなります。

次の