チンゲン菜。 チンゲンサイ

チンゲン菜と鶏肉のオイスター炒め 作り方・レシピ

チンゲン菜

【材料】 チンゲン菜…2株 ハーフベーコン…1パック 卵…3個 塩胡椒…少々 マヨネーズ…大さじ1 酒…大さじ1 鶏ガラスープの素…小さじ2 オイスターソース…大さじ2 【手順】• チンゲン菜のヘタを取り、一口大の大きさに切ります。 重なっている部分を縦に切り分けます。 水を張ったボウルに入れて洗います。 ベーコンを1cm幅くらいに切ります。 卵をボウルに割り入れ、マヨネーズを加えて混ぜます。 フライパンにごま油を入れて卵を全体に広げるように入れ、かき混ぜながら焼いていきます。 ある程度固まったら別の皿に取り出します。 キッチンペーパーでフライパンを綺麗にし、ごま油をひいてベーコンを焼きます。 ベーコンがこんがりしたらチンゲン菜の茎を加えて炒めます。 しめじを加えて炒め、火が通ったらチンゲン菜の葉を加えて更に炒めます。 別皿の卵を戻し、料理酒、鶏ガラスープの素、オイスターソースを加えて混ぜるように炒めます。 調味料が全体に行きわたれば完成です。 【材料】• 豚肉こまぎれ…150g• チンゲン菜…1袋• 長ネギ…1本• 卵…2個• 醤油…大さじ2• 酒…大さじ1• 砂糖…小さじ1• 鶏ガラスープの素…小さじ1• ごま油…適量 【手順】• チンゲン菜は食べやすい大きさに切り、茎と葉の部分に分けます。 長ネギの白い部分を斜めに切ります。 卵をボウルに割り入れ、溶きます。 ボウルにしょうゆ、酒、砂糖、鶏ガラスープを入れて混ぜ、調味料を作ります。 フライパンにごま油をひいて豚肉を炒めます。 チンゲン菜の茎を入れて炒め、火が通ったら派の部分とネギを加えて炒めます。 チンゲン菜がしんなりしたら3の調味料を加えます。 溶き卵を加えて混ぜます。 皿に盛り付けて完成です。 【材料】• チンゲン菜…3束• 卵…3個• エリンギ・・2本• トマト• ごま油…適量• 酒…ひと振り• 鶏ガラスープの素…少々• 塩…少々• 水溶き片栗粉…適量• 水…100cc• 器に卵を割り入れて溶きます。 エリンギを縦に食べやすい大きさにカットします。 フライパンに油をひき、温まったら溶き卵を入れます。 混ぜながら卵を混ぜ、ふんわりしたら別皿に移します。 フライパンを洗って水を入れ、沸騰させます。 チンゲン菜の軸を切り落とし、沸騰させたお湯で茹でます。 トマトをスライスします。 チンゲン菜に軽く火が通ったら上げて水気を切り、食べやすい大きさにカットします。 お湯を捨てたフライパンにごま油をひき、エリンギ、エビ、酒を入れて炒めます。 エビの色が変わったら、チンゲン菜、卵、水を入れ、卵をほぐすように炒めます。 鶏ガラスープの素、塩、トマトを加えて炒めます。 醤油を加えます。 器に片栗粉と水を入れて混ぜ、水溶き片栗粉を作って加えます。 全体にとろみがついたら完成です。 【材料】• チンゲン菜…2株• 豚バラ肉…100g• 卵…1個• ご飯…適量• しば漬け…適量• 水…200cc• 創味シャンタン…小さじ1• 酒…大さじ1• 醬油…小さじ1• 砂糖…小さじ1• ごま油…少々• ブラックペッパー…お好みで 【手順】• チンゲン菜を経て六等分にカットして手でさき、水洗いします。 玉ねぎを2mmくらいにスライスします。 豚バラ肉を2cmくらいの幅にカットします。 フライパンに油をひいて卵を溶き入れ、混ぜながら炒めます。 卵が半熟になったら取り出します。 フライパンに豚バラ肉を入れて炒めます。 豚肉に火が通ったら、チンゲン菜と玉ねぎを加えて炒めます。 水を加えて煮詰めます。 創味シャンタン、オイスターソース、酒、醤油、砂糖を加えて混ぜます。 水溶き片栗粉を回し入れて混ぜます。 とろみがついたら半熟卵を戻し入れ、ごま油をかけます。 お好みでブラックペッパーを加え、ご飯に乗せて完成です。 【材料】• 生姜みじん切り…5g• スライスベーコン…2枚• 卵…1個• ご飯…茶碗2杯分• 塩胡椒…適量• 醤油…少々• サラダ油…適量 【手順】• チンゲン菜は軸と葉に分け、それぞれ食べやすい大きさに切ります。 白ネギはみじん切りにし、ベーコンは1cm幅に切ります。 フライパンにサラダ油を温め、生姜のみじん切り、白ネギを入れて炒めます。 香りがたったら、ベーコン、チンゲン菜の軸を加えて炒めます。 チンゲン菜がしんなりしたら葉を加えてさらに炒め、取り出します。 フライパンにサラダ油を足し、溶き卵を加えて半熟状になるよう混ぜながら炒めます。 ご飯を加え、卵をからめながら炒めます。 【材料】• チンゲン菜…1束• しめじ、しいたけ…お好みで• 春雨…30g• 溶き卵…1個• 水…600ml• 水溶き片栗粉…大さじ1• 鶏ガラスープの素…大さじ1• 塩・胡椒…少々• 黒酢または穀物酢…大さじ2• ごま油…小さじ2 【手順】• 鍋に水を入れて沸かし、鶏ガラスープの素を入れます。 チンゲン菜の軸を切って縦に二等分し、食べやすい大きさに切ります。 春雨、きのこ、チンゲン菜を入れて3分茹で、さらに一煮立ちさせます。 一旦火を消して、醤油、ごま油、塩、胡椒、酢を入れます。 水溶き片栗粉を回し入れます。 とろみをつけたら中火か弱火で再沸騰させます。 溶き卵を入れ、卵に火が通るまで混ぜながら煮ます。 卵に火が通ったら完成です。

次の

チンゲン菜と鶏肉のオイスター炒め 作り方・レシピ

チンゲン菜

【材料】2人分• 豚ひき肉…150g• チンゲン菜…2株• 酒…大さじ1• 砂糖…小さじ1• オイスターソース…大さじ1• 水…200cc• 片栗粉…大さじ1• 水…大さじ1 【手順】• チンゲン菜は根元を切り落とし、3cm幅に切って茎と葉にわけます。 フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚ひき肉を入れてほぐしながら中火で炒めます。 ひき肉の色が変わったら、おろしにんにく、豆板醤を加えて香りが立つまで炒めます。 豆板醤、酒、砂糖、醤油を加えて煮立たせ、ふたをして弱火で7分煮ます。 チンゲン菜の茎を加えてしんなりするまで3分程度中火で炒めます。 3分経ったらチンゲン菜の葉を加えてさっと炒めます。 水溶き片栗粉を加えてとろみが出るまで炒め、皿に盛り付けて完成です。 【材料】• 青梗菜…1株• にんにく…ひとかけ• 豚ひき肉…100g• ごま油…大さじ1• オイスターソース…大さじ1• 酒…大さじ1 【手順】• チンゲン菜は根元を切り、茎と葉を分けます。 茎、葉の部分をそれぞれ食べやすい大きさに切ります。 にんにくを縦に切って芯を取り、みじん切りにします。 フライパンにごま油をひき、にんにくを弱火で炒めます。 香りが出たら豚ひき肉を加えて炒めます。 ひき肉の色が変わったらチンゲン菜の茎を入れて炒めます。 火が通ったら葉を入れて少し炒め、オイスターソース、醤油を加えて再び炒めます。 酒を入れて蓋をし、弱火で2~3分ほど蒸し焼きにします。 皿に盛り付けて完成です。 【材料】• ひき肉• 塩胡椒…少々• チンゲン菜…1株• 塩…少々2• 醤油…小さじ1• 片栗粉…少々2• 鶏ガラスープの素…小さじ1• ニンニクチューブ…3cm• 生姜チューブ…3cm• 水…50ml 【手順】• チンゲン菜は葉と茎にわけて食べやすい大きさに切ります。 にんじんは食べやすい大きさに切ります。 醤油、片栗粉、鶏ガラスープの素、チューブニンニク、チューブ生姜、水を混ぜ合わせてタレを作ります。 フライパンに油をひいてひき肉を炒めます。 ひき肉の色が変わったら、チンゲン菜の茎、にんじんを入れて炒めます。 火が通ったらチンゲン菜の葉ともやしを加えて炒めます。 塩を加えて更に炒めます。 タレを加えてとろみが出たら、皿に盛り付けて完成です。 【材料】2人分• チンゲン菜…2株• 木綿豆腐…1丁• ごま油…大さじ2• 塩胡椒…少々• 豚ひき肉…70g• にんにく…1片• 酒…大さじ2• しょうゆ…大さじ1• 水…150cc• 片栗粉…小さじ2• 水…大さじ2 【手順】• チンゲン菜は縦半分に切って流水で根元の土を洗い流し、縦四等分にします。 長ねぎ、にんにくはみじん切りにします。 豆腐はキッチンペーパーに包んでレンジ600Wで2分加熱します。 豆腐の水をよく切って食べやすい大きさに切ります。 フライパンにチンゲン菜を入れ、塩胡椒とごま油をふって蓋をし、中火で3分蒸し焼きにします。 蓋をあけて全体を返すように混ぜ、再び蓋を閉じて2分蒸し焼きにします。 チンゲン菜を取り出してごま油を引いて熱し、にんにくを入れて弱火で炒めます。 香りがたったら豚ひき肉を加えて色が変わるまで中火で炒めます。 水に鶏ガラスープの素を溶かして鶏ガラスープを作ります。 酒、砂糖、醤油、オイスターソース、鶏ガラスープと長ねぎを加えて煮立たせます。 弱火にして水溶き片栗粉を入れて混ぜ、再び煮立たせてとろみを付けます。 豆腐とチンゲン菜を皿に盛り、肉あんかけをかけて完成です。 【材料】2人分• チンゲン菜…1株• 豚ひき肉…250g• オイスターソース…大さじ2• 醤油…大さじ1• 卵黄…2個• ガーリックオイル…大さじ1• みりん…大さじ2• ご飯…2合• がり…小さじ2 【作り方】• ご飯は炊いておき、チンゲン菜は3cm幅くらいの削ぎ切りにしておきます。 フライパンにガーリックオイルを熱し、豚ひき肉とがりを入れて中火で炒めます。 豚ひき肉の色が変わったらチンゲン菜を入れ、しんなりするまで炒めます。 みりん、醤油、オイスターソースを加え、汁気が半分ほどになるまで炒めます。 炊いておいたご飯を丼にさらっと盛り、その上に炒めたひき肉とチンゲン菜を乗せます。 中央に卵黄1個をそっと乗せて完成です。 【材料】3~4人分• 鶏むねひき肉…380g• チンゲン菜…2本• にんにく…1片• 味噌…適量• オリーブオイル…適量 【手順】• チンゲン菜の根元を切って洗います。 フライパンにオリーブオイルをひいてチンゲン菜を入れ、塩胡椒をふって炒めます。 しんなりしたら取り出します。 にんにくを擦ってボウルに入れ、めんつゆ、すりごま、味噌を加えて混ぜます。 フライパンにオリーブオイルをひいて鶏ひき肉を入れ、満遍なく炒めます。 ひき肉の色が変わったらタレを加え、汁気がなくなるまで炒めます。 丼にご飯を盛り、中央に鶏そぼろを乗せて周りにチンゲン菜を乗せます。 お好みで紅生姜をもって完成です。 【材料】• 豚ひき肉…100g• チンゲン菜…1房• タケノコの水煮…100g• ご飯…2膳分• 水…1カップ• 味噌…大さじ1• ごま油…大さじ1• 醤油…大さじ1• 酒…大さじ1• 片栗粉…大さじ1• 豆板醤…小さじ1• すりおろしにんにく…小さじ1• すりおろし生姜…小さじ1 【手順】• 水、味噌、ごま油、醤油。 酒、片栗粉、豆板醤、にんにく、生姜を全て混ぜ合わせ合わせ調味料を作ります。 チンゲン菜、タケノコを1cm幅に切ります。 フライパンに豚ひき肉を入れて炒めます。 ひき肉の色が変わったら、チンゲン菜、タケノコを入れて炒めます。 合わせ調味料を加えてとろみがつくまで煮ます。 器に盛ったご飯にかけて完成です。

次の

青梗菜 チンゲンサイ ちんげんさい:旬の野菜百科

チンゲン菜

青梗菜には、分も多く含まれ、骨や歯を丈夫にするや塩分の排出を促すがしっかり取れ、骨粗鬆症や高血圧の予防に力を発揮します。 中華風の炒め物や煮物ばかりでなく和風や洋風など様々な料理に使いたい食材です。 青梗菜の注目栄養成分• 、 チンゲン菜の主な栄養成分(可食部100gあたり)• ・・・100mg ・・・0. 7mg ・・・2. 4mg ・・・1. アルカリ性のが多いということは、胃酸過多で胸やけのときに食べると効果があるということです。 アルカリ性のが胸やけに効果があることは、医学的にも証明されていますが、青梗菜にはが100g中330mg、が同130mg、が同40mgと、アルカリ性のトータルとして500mgも含まれています。 青梗菜は油ととても相性のいい野菜です。 中国料理も必ず油を使いますが、青梗菜も油炒めが成分上も効果的です。 なぜかといえば、高温でさっといためると、まずの損失も少なくすむことです。 さらに重要なことは、青梗菜に含まれるカロチンや植物化学物質は油によく溶ける性質を持っていますから、よりよく吸収されることです。 また、味も歯ごたえも良くなり美味しくたくさん食べられます。 成分上も味ももっとも適当な調理法といえましょう。 洋食なら、肉料理に添える温野菜に適しています。 もちろん、ゆでても揚げても成分的には変化がありません。 炒めた場合、青梗菜100gに対して効力は1300単位です。 チンゲン菜の選び方・保存方法 葉は緑色が濃くて瑞々しく、幅広のもの。 茎が肉厚なもの。 根元の切り口が瑞々しくて変色していないものを選ぶ。 チンゲン菜を保存する際は、根元を水に5分ほどさらしたらペーパータオルで水気を拭き取り、新聞紙で包んでポリ袋に入れる。 袋の口を軽く閉じて深めの容器に入れ、冷蔵室で立てて保存(保存期間は1週間)。 チンゲン菜の栄養素を効果的に引き出す調理法 えぐみがないので下茹で不要!油でサッと炒めて チンゲン菜は、をバランスよく含むで、免疫力を高め、健康な肌や骨の維持に役立ちます。 中華料理でよく使われるチンゲン菜は、味との相性だけでなく、の吸収率を高める上でも油炒めが最適です。 の損失を防ぐため加熱は短時間を厳守しましょう。 また、アクが少なくえぐみが出ないので、下茹でをする必要がないのもチンゲン菜の魅力です。 これにより骨粗しょう症予防が期待できます。 また、丈夫な歯の維持にも役立ちます。 おすすめレシピ:えびとチンゲン菜のクリーム煮 おすすめコンテンツ チンゲン菜の関連ページ.

次の