箕面キューズモールシャトルバス。 箕面温泉スパーガーデン・箕面観光ホテル|無料シャトルバスの時間、予約はできる?|あそびめも

箕面店 | お好み焼き・焼きそばの鶴橋風月

箕面キューズモールシャトルバス

みのおキューズモールとは みのおキューズモールは、大阪府箕面市西宿にある大型ショッピングモール。 2003年10月にカルフール箕面としてオープンし、2010年からは東急不動産が運営。 施設名称を'箕面マーケットパーク ヴィソラ'とし、2013年からは同社が運営する'キューズモールブランド'に統一する形で「みのおキューズモール」となりました。 みのおキューズモールは、千里丘陵に広がる箕面市の新都心「かやの中央」地域の商業の中心に位置しており、アクセスは主に車か千里中央からの直通バスを利用する形となっています。 2023年度には北大阪急行線が千里中央駅から延伸し、同施設に隣接する形で新駅「箕面萱野駅」が設置・開業する予定です。 CENTER棟1階に「イオンスタイル箕面」として全面リニューアルして再出店します。 イオンスタイルは2014年にスタートしたブランドで、ファミリーに特化した店舗業態となります。 「ママのあったらいいな! 」 という声を反映し、小上がり席やベビーカーを横付けできる席を設け、キッズトイレやオムツ替えコーナーを有するファミリートイレを近くに設置します。 また、大型家電量販店や人気の食物販店を新たに出店します。 店舗ブランドは未発表 リニューアル後の専門店の総数は110店となる予定です。 」「安心してハイハイできるスペースがあればいいな... 」というママの声をうけ、天候に左右されない屋内かつ大型のこどもの遊び場「キューズランド」を設置。 ママのこだわりポイント満載の、いつでも無料で楽しめるスペースとなります。 tokyu-land. pdf また、子育ての悩みを気軽に相談できる「キューズ子育てつどいのひろば」も設置されます。 音響設備なども大幅にパワーアップします。 プロのアーティストだけでなく、「ギャザリングプレイス」として地域の方も利用できるスペースとなります。 さらにフォトスポットをはじめ、施設内各所にはリードフックを設置。 排泄物を入れるボックスも用意するなど様々なサービスを提供します。 tokyu-land. pdf なお、映画館「109シネマズ箕面」や、一部の専門店はそのまま営業を続けます。

次の

箕面キューズモールシャトルバス 千里中央発かやの中央行乗り場と注意

箕面キューズモールシャトルバス

スポンサーリンク 箕面キューズモール シャトルバスの所要時間etc大まかな解説 箕面キューズモールのシャトルバスは、 ショッピングセンターと最寄り駅(現時点)の 千里中央駅間を往復しています。 シャトルバスの運行本数は、 10時から19時の間は、平均的に1時間に3本あります。 シャトルバスの時刻表は、 箕面キューズモールの公式ホームページのアクセス欄に 掲載されているので、 事前に 千里中央発の時刻を調べておくと便利です。 千里中央から箕面キューズモールまでの バスの所要時間は、 約10分前後です。 混雑時期や 混雑時間は、 もう少し時間がかかる事があります。 いつもより混み合う時期というのは、例えば以下です。 夏休みの土日。 お盆やお正月。 と言い出したらキリが無いのですが、 千里中央間を走るシャトルバスは迂回路を走るので、 そこまで道路混雑状況に神経質になる必要はないかなと思います。 スポンサーリンク 千里中央発かやの中央行 乗り場へのアクセス まず、 箕面キューズモール直通シャトルバスの見分け方を。 箕面キューズモール直通シャトルバスは、 地元の路線バス会社の阪急バスグループが運営しています。 路線バスの阪急バスは 肌色や白ベースのデザインです。 対して、箕面キューズモール シャトルバスは 目立つ真っ黄色のデザインなので 見分けやすいです。 千里中央駅は阪急バスのターミナル駅です。 では、千里中央駅での、 キューズモール行き(かやの中央行き)のシャトルバス乗り場を解説します。 シャトルバス乗り場は、 11番のりば です。 この 11番のりばがクセモノで ちょっと分かりにくい場所なんです。 目安として、 ルートで言えば、 地下鉄(北大阪急行)の千里中央駅の中央改札から出て ピーコック側のフレッシュネスバーガー横の 地上への階段を上がるだけで、 乗り場まで5分かかりません。 ですが、この地上への階段の場所が少々わかりにくくて しかも階段がかなり急で、子連れやベビーカーだと結構大変です。 余裕もって バス11番のりばまで 10分くらいは見ておいた方がよいと思います。 大阪モノレールの千里中央駅は 千里中央駅の南端にあります。 千里中央駅のメインストリートの地下鉄付近で モノレール駅はメインから外れた所にあります。 なので、モノレール千里中央駅から シャトルバス乗り場までは、 はじめての場合、スムーズに行けて10分位です。 モノレール駅から シャトルバス乗り場に向かう場合も、 地下鉄 中央改札出口から 11番乗り場につながる階段を登るルートを目指して下さい。 このルートが1番分かりやすいです。 千里中央 バス 11番乗り場へのアクセス方法 では、話を戻して、 千里中央駅の地下鉄から キューズモール直通シャトルバス11番乗り場へのアクセス方法です。 先に大まかな道順をいうと、 千里中央駅の中央改札から ピーコック側の地下道の左入口角にある フレッシュネスバーガーを目指し、 その横の階段を登ると、 眼の前にシャトルバス乗り場(11番)があります。 順を追って解説しますね。 まず、地下鉄(北大阪急行)から降りて、 千里中央駅の中央改札を目指します。 千里中央駅の中央改札には、 「中央北」改札と「中央南」改札の2種類があります。 中央北 中央南の両改札は隣りあわせのため、 今回のバス乗り場の場合、 中央北 中央南 どちらの改札でもOKです。 中央改札から出ると、 十字路になっています。 (注意 地下鉄線路に平行している道には進みません) 地下鉄線路と「垂直」に 通路があり、 千里阪急側と ピーコックプラザ側 どちらかの方面へ進むようになっています。 通路の入口で、上を見ると、 千里阪急方面なのか ピーコック方面なのかわかるように 看板があります。 そのうち、 ピーコックプラザ側に進みます。 ピーコックプラザ側看板がわかりにくくても、 目印があります。 ピーコック側の道の入り口の左手角に フレッシュネスバーガーのお店があればOKです。 ここでもしも、 千里阪急側のほうに進んでしまっても、 5分も進まないうちに、 千里阪急のお店に到着して通路が行き止まりになるので、 間違いに気づくと思います。 間違ったらそのまま逆方向に引き返せば大丈夫です。 ちなみに 千里阪急側の通路の入り口近くには、 551の蓬莱ショップがあり、 豚まんの匂いがしています。 この、 フレッシュネスバーガーのお店がポイントで、 お店の入り口すぐ隣に、 キューズモールのシャトルバス乗り場につながる 地上への階段があります。 階段の登り口前にガラスのドアがあるので、 厳密にはドアを目印にしてください。 大人3人並べないほどの 幅の狭い 急な階段なので 見落とし注意です。 正直、ベビーカーに赤ちゃんをのせたままだったり、 杖をついてのぼるのは、しんどいと思います。 この階段を登りきったら、 目の前に 11番バス乗り場がありますので、 並んで待ちましょう。 念の為 バスのりばの番号 11番かどうかも確認して下さいね。 また 11番乗り場は キューズモールシャトルバス専用乗り場ではなく、 他の路線バスも停車しますので、 間違って 他の路線バスに乗らないようにして下さいね。 キューズモール行きのバスは 真っ黄色で バス本体の 行き先に キューズモール または かやの中央 と表示されています。 不安だったら 運転手さんに確認を。 かやの中央 シャトルバスの見落としがちな注意点 キューズモールのかやの中央と千里中央を往復するシャトルバスは、 バスを降りる時(到着時)に運賃を支払います。 イコカやパスモ、スイカなどの 交通系ICカードでも支払えます(バス内チャージは出来ません) バス運転席横に両替機があり、1000円札のみ両替できます。 シャトルバスに千里中央から乗車すると、 運賃が半額ですみます。 運転手さんが声をかけてくれる場合が多いですが、 復路無料のバスチケットをもらえるチャンスは このバス到着時しかありません。 かやの中央バス停には シャトルバスではない 千里中央行きの路線バスも停車します。 無料特典のバスチケットはシャトルバス専用なので、 路線バスでは、バスの無料チケットは使えません。 通常料金かかります。 間違えないようにしてくださいね。 箕面キューズモールシャトルバスのまとめ 箕面キューズモールに行くには、シャトルバスが 目的地まで確実に連れて行ってくれて安心で便利です。 キューズモールに向かう もうひとつの最寄り駅ルートの 箕面駅発の バスの乗り方や注意点は こちらのブログにまとめています。

次の

交通アクセス

箕面キューズモールシャトルバス

スポンサーリンク 箕面駅発イオン箕面行バスは直行シャトルバスではない 阪急電車の箕面駅から みのおキューズモールまでバスで行く時のアクセス方法と注意点です。 イオン箕面への公共機関でのアクセス方法は 最寄り駅からバスで行く方法のみです。 (このブログ投稿時) 最寄り駅+バスで、便利なのが、以下の2ルート。 そして目的地イオン箕面は、 「かやの中央」バス停で降ります。 阪急箕面駅改札から 阪急バス乗り場までの距離は 隣接しているため、1分ほど見ていれば大丈夫です。 そんなに慌てなくても、 だいたい電車が箕面駅につく時間に合わせて ダイヤが組まれていた気がします。 が、うろ覚えなので、 気になる方は 時刻表チェックしておくと安心ですね。 阪急箕面駅から イオン箕面店(みのおキューズモール)に向かうバスは、 直行シャトルバスではありません。 箕面駅からのバスでの行き方は、 路線バスの阪急バスのみです。 シャトルバスは、直通で乗ってしまったら 停留所を気にしなくてすむのがメリット。 あと、帰りも同じルート(千里中央駅まで)の シャトルバスに乗る予定であれば、 往復割引で、帰りのバス代が無料になります。 なので大人ひとり当たり200円ほど 割引になります。 つまり、運賃が路線バスの半額ですむ という事。 バスに乗っている時間自体は 箕面発 も 千里中央発 も同じくらいです。 バスの発着本数も ほぼ同じくらい。 なので、 シャトルバスの 大人一人あたりの200円割引をどう受けとめるかによりますが、 箕面駅 または 千里中央駅 どちらにするか?は 家から行きやすい方の駅を使えば良いと思います。 スポンサーリンク かやの中央 阪急バス停の注意点 かやの中央バス停留所について気をつけたい点を。 箕面発の阪急バスで かやの中央バス停で降ります。 このキューズモール到着時は 特に問題ありません。 ですが、帰宅時に 箕面駅に戻る時は、 降りた場所と同じ かやの中央停留所に行っても、 バスは 千里中央行しか出ていません。 道路の向き上、千里中央行きのみ、です。 なので、降りたバス停の場所が ターミナルになっていたし、帰りも同じ場所だろうと 降車時のバス停に戻らないで下さい。 あ、千里中央に出る時はかやの中央バス停に戻れば良いです。 では、キューズモール最寄りの 箕面行きのバス停はどこにあるのか?というと、 降りたバス停から 道路を渡った反対車線にあります。 反対車線といっても、 ちょうど真正面の位置ではなく、 さらに北側(箕面の山側)に進んだ所にあって、 少しわかりにくいです。 そして この箕面駅行きの最寄りバス停は かやの中央ではなく 白島(はくのしま)です。 箕面行きと千里行きのバス停の間の道路は 広い道路で中央分離帯があるため、 道路を渡るのではなく、橋(歩道橋)を渡って下さい。 イオン箕面の2階に登ればこの連絡橋があります。 箕面駅行きの白島バス停に行くには、 この橋を 109シネマ側方面に進みます。 そして反対車線の道路側に降りて、 道路の道なりに北へ(山側へ)進みます。 しばらく進むと 白島バス停が見えてきます。 白島バス停には 阪急箕面行以外の阪急バスも停車するので、 バス番号 19番または20番の 阪急箕面行きかどうかを 確かめてから 乗車してくださいね。 箕面キューズモール バスでの所要時間は? イオン箕面 最寄り駅の阪急箕面駅までの 所要時間は だいたい 10分ほどです。 バスは時刻表通りに運行しているのかどうか、ですが、 千里中央駅発着のシャトルバスは ほぼ時刻表どおりです。 ただ、キューズモール発の、白島停留所の箕面行きは、 時刻表から 少し遅れることがあります。 箕面駅発の阪急バスは、 あまり目立った遅れが出ないことが多いです。 イオン箕面の最寄り駅の 箕面駅も 千里中央駅も バス始発駅のため、 よほどのことが無い限り 大幅な遅れなく だいたい時刻表通りに運行しています。 まとめ 最後に このように、キューズモールに行く際に、 箕面発着バスを利用される時は、 帰りのバスに少し注意が必要です。 さらに道路の反対側を見ても、真正面にバス停が見えませんし。。。 キューズモール発の帰宅ルートは 千里中央行きがわかりやすく便利です。 降りたバス停と同じですし、 ショッピングセンターに近いからです。 方向音痴でちょっと不安だったり (そんなに白島バス停は遠くありませんが) 雨で白島バス停まで歩くのが面倒という時は、 千里中央駅経由で帰宅される手もありかと思います。

次の