バッテリー 最大 容量。 iPhoneのバッテリーの最大容量の確認方法と長持ちさせる方法

iPhoneのバッテリーの最大容量の確認方法と長持ちさせる方法

バッテリー 最大 容量

「最近、iPhoneのバッテリーの持ちが悪い」「充電残量が残っているのに電源が急に落ちてしまう」「バッテリーが膨らんできているような気がする」と思うことはありませんか? もし、このような状態であるならば、バッテリーの劣化が原因かもしれません。 バッテリーを交換すれば、すぐに改善することもあります。 この記事ではiPhoneのバッテリー交換の目安となる最大容量の確認と交換方法についてご紹介します。 iPhoneのバッテリー最大容量80%が交換の目安 iPhoneは、iOSを11. 3以降にアップデートすれば、バッテリーの状態を確認することが可能です。 バッテリーの最大容量が80%以下で、交換の目安とされています。 バッテリーの最大容量が減少する主な理由は、利用年数の影響で、バッテリーが放電するなどの劣化です。 これにより、最大値まで充電できなくなっています。 まれに、表示が80%以下になっていなくても、劣化によって、同様の状態になることがあります。 代表的な症状としては「iPhoneのバッテリー充電の減りが異常に早い」「急に電源が落ちてしまう」「さっきまで60%あった充電が急に10%になってしまう」「電源が入らなくなってしまう」などが挙げられます。 iPhone6sは2015年に、iPhone7は2016年に発売されていますが、店舗では、それ以前の機種のバッテリー交換が増加傾向にあります。 iPhoneのバッテリー最大容量の確認方法 iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法は、全部で3つあります。 ・iOS11. この画面で「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」をチェックすることができます。 万が一、「ピークパフォーマンス性能」に異常があった場合には、コメントが出ますので、それを確認してください。 ・AppleサポートのiOS診断 AppleのサポートでiOSの診断を受けることができます。 進めていくとシリアル番号・IMEI・MEIDを入力する画面が現れますので、情報を入力後に最大容量を確認できます。 ・iPhone5s以前の場合 iPhone5s以前のスマホを使用している場合には、「Battery Life」をはじめとするバッテリー診断に特化したアプリを使って、調べることができます。 iPhoneのバッテリー交換方法 iPhoneのバッテリー交換の方法は、大きく分けて2つあります。 持ち込みの場合の所要時間は、2〜3時間となっています。 郵送の場合は1週間前後です。 ・非正規の修理専門店での交換 非正規の修理専門店は、対応が早く、修理の所要時間も短く、価格も安いのがメリットです。 いろいろなお店があり、料金や時間に違いがあります。 時間重視のiPhoneのバッテリー交換はどこでやるか バッテリーの劣化を放っておくと、バッテリー自体に不具合が生じたり、電源が入らなくなってしまったりする可能性があります。 そのため、気づいた時にすぐに交換しておくと安心です。 ただ、Apple Storeや正規プロバイダでバッテリーを交換してもらう時には、予約が必要です。 予約をとってからお店に行った場合でも、2〜3時間ほど待つことも珍しくありませんので、時間に余裕がない時には、利用が難しくなってしまいます。 その点、修理専門店では、電話での予約後すぐに来店できるケースが多いため、お店の状況次第で電話を入れた日に来店し、バッテリー交換をしてもらうことが可能です。 数ある修理専門店の中でも、smart365は、最短15分程度でバッテリー交換を行ってくれ、さらに、正規サービスプロバイダでサービスを受けるよりもリーズナブルにバッテリー交換ができるのが魅力です。 まとめ バッテリーの消耗が早いと、常にバッテリーを気にしながら、通話やインターネットをしなければならないなど、何かと不便です。 バッテリーの異常を感じた場合には、できるだけ早く交換をした方が良いでしょう。 当社smart365であれば、迅速な対応が期待できますので一度、問い合わせをしてみてください。 短時間かつ安くバッテリー交換をします。 また、正規サービスプロバイダでは受け付けていない修理などにも柔軟に対応が可能です。 バッテリー交換だけでなく気になったことがあれば、お気軽に問い合わせてみてください。

次の

バッテリー最大容量

バッテリー 最大 容量

損傷を受けた場合は、そのバッテリーが一回の充電でデバイスを駆動できる時間が通常よりも短くなります。 周囲温度が高い場所でデバイスを充電すると、より深刻な損傷を与えることもあるので注意してください。 また、高温な環境でのバッテリー保管でさえ、回復できないダメージをバッテリーに与える可能性があります。 温度が非常に低い環境でデバイスを使用する場合もバッテリー駆動時間が短くなることがありますが、この状態は一時的なものです。 バッテリーの温度が通常の動作範囲内に戻ると、パフォーマンスも通常の状態に戻り ます。 デバイスを長い間保管したい場合は、主に2つの要因がバッテリーの全般的な状態に影響します。 保管環境の温度と、保管のために電源を切った時のバッテリー充電量です。 そのため、次のことをおすすめ します。 バッテリーを完全に使い切った状態で保管すると、バッテリーは重放電という状態になり、充電された状態を保てなくなる可能性があります。 反対に、完全に充電した状態で長期間保管すると、バッテリーの容量の一部が失われ、駆動時間の短縮につながる場合が あります。 バッテリーの使用量を増やさないために、電源を切り ます。 デバイスを保管した期間によっては、再度使用する時にバッテリーの残量が少なくなっている場合があります。 長期間保管していたデバイスをもう一度使い始める際は、純正アダプタを使った20分間の充電が必要になることもあり ます。 デバイスの使い方にかかわらず、バッテリーを長持ちさせる簡単な方法が2つあります。 画面の明るさを調整することと、Wi-Fiを使うこと です。 画面の明るさを落とすか、明るさの自動調節をオンにすると、バッテリー駆動時間を延ばすことができ ます。 明るさを落とすには、コントロールセンターを開き、明るさのスライダを下にドラッグします。 明るさの自動調節機能は、周囲の明るさに合わせて画面の明るさを自動的に調整します。 デバイスを使ってデータにアクセスする際、Wi-Fi接続は携帯電話ネットワークよりも消費電力が少ないため、常にWi-Fiをオンにしておきましょう。 低電力モードを有効に する。 iOS 9で新しく追加された低電力モードを使うと、iPhoneのバッテリー残量が少なくなってきた時に、簡単にバッテリー駆動時間を長くすることができます。 低電力モードではディスプレイの明るさを減らし、デバイスのパフォーマンスを最適化し、システムのアニメーションを最小限に抑えます。 メールなどのアプリケーションはバックグラウンドでのコンテンツのダウンロードを停止し、AirDrop、iCloudシンク、連係といった機能は無効になります。 電話での通話、Eメール、メッセージ、インターネットへのアクセスなどの主要な機能は引き続き使えます。 iPhoneを再び充電すれば、低電力モードは自動的にオフになり ます。 バッテリーの使用状況に関する情報を 見る。 「バックグラウンド処理」:別のアプリケーションを使っている間に、このアプリケーションがバックグラウンドでバッテリーを使用したことを示し ます。 アプリケーションのバックグラウンド更新を許可する機能をオフにすると、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。 「オフ」を選ぶとアプリケーションのバックグラウンド更新を完全に止めることができ ます。 メールアプリケーションに「バックグラウンド処理」が表示されている場合は、手動によるデータ取得を選択するか、データの取得頻度を下げることができます。 Apple Watchのバッテリーを長持ちさせる方法はいくつかあり ます。 ウォーキングとランニングのワークアウト中は、省電力モードをオンにして、心拍センサーを停止させます。 iPhone上の Apple Watchアプリケーションで「マイウォッチ」>「ワークアウト」と選択し、省電力モードをオンにしてください。 心拍センサーを停止させると、消費カロリーの計算の精度が低くなる場合があることに注意してくだ さい。 特に長時間のワークアウトでは、内蔵された心拍センサーの代わりにBluetoothチェストストラップを使うこともできます。 Bluetoothチェストストラップをあなたの Apple Watchとペアリングするには、ストラップがペアリングモードになっていることを確認してから、 Apple Watch上で「設定」を開いて「Bluetooth」を選択し、ヘルスケアデバイスのリストから選んで ください。 腕や手首を動かすことが多く、 Apple Watchのディスプレイが必要以上に頻繁にオンになる場合は、手首を持ち上げるたびにディスプレイがオンにならないようにすることができます。 Apple Watch上で「設定」を開いて「一般」を選択し、「画面をスリープ解除」を選択してから、「手首を上げて画面をスリープ解除」をオフにしてください。 ディスプレイをオンにしたい時はタップするか、 Digital Crownを押すだけ です。 iPhone上でBluetoothをオフにすると、 Apple Watchのバッテリーの消費量が増えます。 デバイス同士のコミュニケーションがより効率的なものになるよう、iPhone上でBluetoothを常にオンにしておきま しょう。 ホールドと一時停止。 iPodを使わない時には、スイッチをホールドに合わせておきましょう。 そうすれば、iPodが誤って起動し、不必要に電力を消費することがなくなります。 また、iPodで曲を聴いていない時は一時停止するか、再生ボタンを2秒間押して電源を切りま しょう。 イコライザ。 再生にイコライザを加えると、iPodのプロセッサの使用量が増加します。 これは、イコライザが楽曲の中にエンコードされていないためです。 イコライザを使わない場合は、この機能をオフに設定しましょう。 iTunes内の曲にイコライザを設定していた場合、その効果を「オフ」にするには、イコライザを「フラット」に設定する必要があります。 これは、iPodがiTunesの設定をそのまま保持するため です。 バックライト。 バックライトを「常にオン」に設定しておくと、バッテリー駆動時間が大幅に短くなります。 必要な時にだけバックライトを使いま しょう。 コンピュータをコンセントにつなぎ、 電源を入れてから、iPodを充電 する。 省エネルギー。 「省エネルギー」環境設定パネルには、MacBookの消費電力レベルを決める設定がいくつか用意されています。 MacBookは、電力がコンセントから供給されるとそれを認識し、その状態に合わせて動作します。 バッテリーで駆動している時は、画面の明るさを抑え、ほかのコンポーネントの使用も控えめになります。 この設定をパフォーマンス優先に変更すると、バッテリーの消費が速くなり ます。 ディスプレイの輝度。 ディスプレイの表示を快適な範囲内でできる限り暗くすると、バッテリー駆動時間を最大限に延ばすことができます。 例えば、飛行機の中でビデオを観る場合、キャビンの照明が消えていれば、ディスプレイを最大輝度に設定する必要はないで しょう。 Wi-Fi。 ネットワーク接続のために使っていない場合でも、Wi-Fiは電力を消費します。 メニューバーのWi-Fi接続状況メニューまたはネットワーク環境設定を使って、Wi-Fiをオフにすることができ ます。 アプリケーションと周辺機器。 使っていない時は周辺機器を取り外し、アプリケーションを終了します。 アクセスしていないSDカードは取り出しま しょう。 MacBookをコンセントにつなぎ、 電源を入れてから、ほかのデバイスを充電 する。

次の

iPhone 11シリーズのバッテリー容量は最大25%増加、駆動時間の大幅改善の要因に

バッテリー 最大 容量

長く使えば使うほどバッテリーの消耗は仕方のないことなんだよ。 バッテリーの最大容量が下がっていくと、1回の充電で使える時間がどんどん短くなっていきます。 こまめな充電をするのもおすすめですが、使用方法や設定を見直すことで、バッテリーの減りを抑えることもできます。 iPhoneのバッテリーの状態 ベータ でピークパフォーマンス性能とは? iPhoneのバッテリーの状態 ベータ で表示されているピークパフォーマンス性能とは、 iPhoneに大きな負荷がかかった時に働く安全装置のようなものです。 iPhoneに大きな負荷がかかり突然のシャットダウンが起きてしまうと、iPhoneが起動しなくなったり、 最悪の場合、全てのデータが失われてしまうこともあります。 ピークパフォーマンス性能が働くことで、iPhoneの突然のシャットダウンを防ぐことができるようになります。 だけど導入には問題もあったんだよ。 ピークパフォーマンス性能は、iPhoneの突然のシャットダウンを防ぐことができますが、一時的にiPhoneのパフォーマンス(処理速度)を落としてしまいます。 そのため、パフォーマンス(処理速度)が落ちていることだけに目を向けた一部のユーザーが、「 Appleが機種変更を促すために、わざと性能を落としている!」とクレームを付けました。 そこで今回、バッテリーの状態(ベータ)が登場したと考えられます。 iPhoneのバッテリーの状態 ベータ まとめ iPhoneのバッテリーの状態 ベータ の確認方法についてまとめてみました。 最大容量はバッテリー交換や修理の目安になるので、最近バッテリーの持ちが悪くなったなぁと感じたらチェックをおすすめします。 それから、ゲームや動画を見たり、複数のアプリを同時に使用する人はピークパフォーマンス性能をチェックしてみてください。 iPhoneに大きな負荷がかかっているか確認することができます。

次の