イライラ する とき の 対処 法。 家族が嫌いな心理7選!うざい母親やイライラする兄弟の対処法も

イライラの解消法教えます

イライラ する とき の 対処 法

友達の言動を気にしない 友達付き合いをしていると気に障る発言、無神経な行動など友達の様々な言動に出くわすことでしょう。 しかし大抵の場合、 友達はあなたをイライラさせるためにそういうことをしているのではなく、特に何も考えずに行っている可能性が高いです。 つまりあなたにとってイライラすることでも友達からしたら相手がイライラするなんて思っていないわけです。 そのためイライラする友達の言動も、ほとんどは 相手をイライラさせているという自覚が無いことが多いです。 一部ではあえて相手をイライラさせて楽しむ人もいますが、多くの場合は友達を自らイライラさせようとは思わないもの。 また友達がイライラしていることが分かったら普通はその言動をやめたり、次からしないように気を付けますからね。 なのでたとえイライラする言動でも友達は何も考えずに行っている可能性が高いので、 友達の言動をいちいち気にしないようにしましょう。 友達の無意識の言動をいちいち気にしてストレスを溜めていてはキリがありません。 友達にイライラする原因は• 自慢話ばかりでうざい• ちょっかいがひどい など人によって様々だと思いますが、どんな言動であれそれに対して内心うっとうしく思いながらも反応してしまうと 「こういうことしても許してもらえるんだ」 といったように 味をしめて同じことを繰り返すようになってしまいます。 特に相手をイライラさせたり相手の反応を見て楽しむタイプは尚更です。 普通は相手が苛立っていたり、嫌そうな反応をするとやめるものですが、こういった人間はむしろそれを良しとするので性質が悪いもの。 そのため友達の言動に対しては 「反応しないと可哀相」 「無視したと思われたくない」 「冷たい人だと思われたくない」 などと反応しないといけないという強迫観念に駆られてしまうものですが、その気持ちに負けて反応してしまうと イライラする言動を助長させることに繋がってしまいます。 なので友達がイライラする言動をした際は、反応したい気持ちをぐっと抑えて 無視するとまではいかなくともいつもより反応を薄くするなどした方がいいでしょう。 友達を年下だと思う 友達にイライラするのは対等な関係だと思っているというのも原因だったりします。 そのため友達にイライラするときは 友達を自分よりも年下の人間だと思うのもいいでしょう。 友達にされてイライラすることでも、自分よりも年下で精神的に未熟な小学生がしているとなると 「小学生だから仕方ないよね」 「自分が大人にならないと」 といったように 許せてしまうもの。 そのためこうして友達を自分よりも年下の子供扱いすることで、友達のイライラする言動に対する気持ちも幾らかマシになります。 本音を伝える 上で書いたようにたとえイライラすることでも友達はイライラする言動をしているという自覚がないことが多いです。 そのためたとえこちらがイライラする友達と上手く付き合おうとしても、はっきりと思っていることを言わなければ 友達のイライラする言動が直る可能性は低いでしょう。 なので友達がイライラする言動をした際や、何かの機会に 「あれは自分的にイラッとするからやめてね」 といったように イライラしていることやその理由を伝えてみましょう。 はっきりと言うのが難しいという人は冗談まじりで言ってみるなど工夫してみましょう。 どんな言い方であれ思いを言葉に出すことで気持ちは大なり小なり伝わるはずです。 友達は大切な存在ですが、 無理をしてまで付き合う必要はありません。 またその友達以外にも探せば自分よりも合う人が必ずいるもの。 そのためイライラする友達と無理に付き合ってストレスを溜めるぐらいなら、そのような友達とは距離を置くのも対処法の1つです。 友達と距離を置く方法については下の記事で詳しく書いてますのでそちらを参考にしてください。 【関連】 ストレス解消方法を見つける 友達にイライラするときは ストレス解消方法を見つけるのもいいでしょう。 これまでイライラする友達に対する対処法をいくつか紹介しましたが、それらを実践しても ストレスが溜まる場面が完全に無くなるわけではありません。 いつも一緒にいる登校する友達• 学校でいつも一緒にいる友達 などイライラする友達とどうしても付き合っていかないといけないという人もいると思います。 特に中学生・高校生の場合は交友関係が狭いため、 「離れたいけどイライラする友達と離れてしまうと1人になってしまう」 といったように誰かとの関係を絶つとその他の人間関係や学校生活に影響が出てしまうという人も少なくないでしょう。 本当は1人になることをそこまで恐れたり、他の人と無理に仲良くする必要は無いのですが、皆が皆そういったことを気にせずに生きていけるわけではありませんからね。 そのためイライラする友達と上手く付き合っていくことも大切ですが、 イライラする友達によって発生したストレスと上手に付き合っていくことも大切です。 ストレス解消方法については• 好きな食べ物を食べる• 運動する• 好きな人のことを考える• 何か没頭できる趣味 など様々ありますので、これを機に色々と探してみましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? イライラする友達と付き合うのはストレスが溜まるもの。 しかし自分の心構え次第でイライラする言動をされても幾らかマシになります。 これを機にイライラする友達やその友達から発生したストレスと上手に付き合っていきましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

イライラする時の対処法8つ

イライラ する とき の 対処 法

夫にイライラ!キレずに気持ちを収める方法は? 皆様も、だんな様にイライラしたり、キレたりした経験がある方もいらっしゃるでしょう。 ・家事や育児の分担をちゃんとやらない不公平な夫 ・妻の家族への献身を、当たり前と思い感謝をしない夫 ・妻の話を聞いてくれない夫 ・片づけられない夫 ・共感してくれない夫 ・姑問題を放置する夫 ・コミュニケーション力のない夫 ……などなど、妻の皆様のイライラの原因はさまざまです。 いちばんいいのはイライラしないような夫婦関係が築けることですが、こればかりは妻だけの努力ではどうにもならず、パートナーの意識が低いとすると、イライラが生まれる状況はなかなか改善しづらいでしょう。 そうだとすれば、抱え込んだイライラを、「キレる」以外の方法でうまく解消する手段を自分自身で持つことが、心安らかに「笑顔の妻」でいられるポイントになります。 そこで今回は、だんな様へのイライラを上手に解消する方法をご紹介します。 <目次>• 旦那へのイライラ対処法1. 「期待値」のハードルは下げておく イライラが生まれる原因のひとつは、思い描いたことと現実にギャップがあるから。 「やってくれるかも」「わかってくれるかも」「できているかも」といった期待が裏切られるとき、それを「してくれなかった」相手へのイライラが生まれます。 これを避けるためには、とにかく「期待しない」こと。 最初から相手に何かしてもらうことを望まなければ、なにもしていない現実を見ても「やっぱりね。 私の思った通り」と失望せずにすみます。 「夫を2歳児だと思う」「夫をうちのペットだと思う」など、何かに例えて、相手への期待値を下げる方法もありでしょう。 相手への期待値のハードルをあらかじめ下げておけば、少しでも何かしてくれたときに、「あら、思ったよりよかった」と幸せに感じることができますよ。 旦那へのイライラ対処法2. 旦那と離れる、関わらない イライラする現場に遭遇したときは、その場を思い切って離れる方法も有効です。 たとえば外出から戻ったら、「子供が大泣きしているのに知らん顔をしてTVを見ている夫」というシーンに遭遇したとき。 リビングに駆け込んで「何やってるのよ!」とだんな様にキレるのではなく、「あ、そういえば、買い忘れたものがあった」とそのままUターンをして玄関を出てしまいましょう。 「妻が帰ってきて助かった」と思ったであろうだんな様を、あえて同じ状況のままで放置し、「自分で何とかしてね」というメッセージをしっかり送るのです。 もちろん、お子さんが泣いている原因がケガや事故など緊急を要することなら対応が必要ですが、そうでないなら、その対処をだんな様に「責任を取ってもらう」のもOK。 だんな様を見てイライラするなら、その場には近づかず、関わらずにいるのもひとつの方法です。 旦那へのイライラ対処法3. 「がんばる」のをやめる 妻の自分は仕事から急いで帰ってきて、あわただしく夕飯を作っているのに、先に帰ってきただんな様はごろごろしながらスマホでゲーム。 さらに「今日の夕飯はなぁに?」と、妻ががんばっていることにまったく気づいていない様子。 こんなシーンに遭遇したら、あなたが日々がんばっている妻であるほど、イライラしてしまうことでしょう。 こんな時は、きっぱりとがんばるのをやめましょう。 たとえば、「私もスマホでゲームしたいので、今日の夕飯はセルフサービスね」と宣言。 ご自身とお子さんの分だけ用意してさっさと済ませてしまいましょう。 だんな様だって自分で食べたければ、自分で動かざるを得なくなります。 「いい妻でいること」「がんばってる自分」をあっさり手放すと、イライラを解消することができます。 妻だって人間です。 いつもがんばっていい妻でいる必要はありません。 旦那へのイライラ対処法4. プチ意地悪 イライラする気持ちを相手にぶつけて解消する方法として、「キレる」以外に「意地悪」があります。 あまり大きな意地悪は別の問題を生む可能性があるので、おすすめなのはプチ意地悪。 ・だんな様の嫌いなものがたっぷり入ったメニューにする ・服を片づけるときにふだんと違う場所にわざとしまう ・TVのリモコンを隠しておく ・スマホの充電器のコンセントを抜いてしまう ……など、相手がちょっと困るようなレベルの意地悪で、こっそりストレス解消をはかりましょう。 私がよく聞く妻側の意地悪は「夫の靴を踏みつける」「夫の服を壁に投げつける」です。 ただし、だんな様の味噌汁に毒を盛るのはNGです。 旦那へのイライラ対処法5. 自分にご褒美 だんな様にイライラしてしまうのは、自分自身が疲れているからではないですか? 自分に余裕があるときには笑って受け流せるだんな様の言葉も、心身が消耗し、心がトゲトゲしているときは、神経を逆なでされる気持ちになります。 「イライラするのは癒しが必要なサイン」ととらえ、そんなときは以前から食べたかったスイーツを買ってくるなど、自分をたっぷり甘やかしてあげましょう。 自分へのご褒美で心の潤いを取り戻すことで、イライラは解消できますよ。 旦那へのイライラ対処法6. 旦那様のいるメリットを考えてみる いままでご紹介したような方法で、イライラのピークをとりあえず回避したら、こちらをやってみるのもおすすめ。 だんな様がいることのメリットを考えてみましょう。 ・自分ひとりで働くより収入が増える ・固い瓶のふたを開けてもらえる ・ときどきは子供の相手をしてくれる ・買い物のときに運転してくれる ・高いところのものを取るときに便利 ……などなど。 ネガティブなところだけでなく、ポジティブな面、自分にメリットがあることを見つけることで、だんな様への気持ちが少しずつ回復し、イライラを遠ざけることができます。 最後に自分はだんな様をいらつかせてないかを顧みることも……ときどきはしてみましょう。 もちろん、このほかにもさまざまな方法があるはずです。 ぜひ、それぞれが自分に合った方法を見つけて、イライラに支配されず、笑顔で過ごせることを願っています。 【関連記事】•

次の

ああイライラする。人に腹が立って仕方がないときの対処法

イライラ する とき の 対処 法

スポンサーリンク イライラする時 イライラする時は一度やり取りを中断する 例えば優柔不断な相手とのやり取りや、いつまでも要領を得ない鈍い人との などは一向に話が進展しないために苛立ちを覚えます。 こちらも何度も同じことを言っているのに、理解してくれないと語気が強くなったり、相手を急かしたくもなるものです。 しかし、それで状況がよくなることはなく、逆に険悪になったり、こちらが損を被ることさえあります。 こうした場合には一旦話を引き取り、後でもう一度相談するようにしましょう。 気分をリフレッシュすることで選択肢を提示したり、落ち着いて話すことで状況が打開できることは意外と多いものです。 まずは冷静になるために、怒りが爆発する前に別の手だてを考えてみましょう。 温厚な性格の友だちや上司などをまねてみる もしかしたら相手のせいでイライラしているのではなくて、自分のやり方や言い方が悪いなど、自分の方に非がある場合があるかもしれません。 そうした場合に相手に何かを求めても、結局、相手にしてみればとばっちりなので有益なものは得られません。 冷静になることはもちろん大切ですが、主観を自分ではなくて客観的に状況を見てみるようにしましょう。 この時に試してもらいたいのは、自分の信頼できる人や、トラブルが少なく上手く対処できる知人を思い浮かべることです。 「あの人ならこういう時にどうするだろう」「この人ならどんな風に進めたかな」と、創造力を働かせて見ましょう。 イライラすると視野が狭くなり、どうしても自分本位に物事を考えがちです。 余計なトラブルを避けるためにも、自分ではなくて他人ならどうだろうかと考えるのは、思考のリセットにとても役に立ちます。 スポンサーリンク 自然豊かな森や外国のリゾート地を思い浮かべる なんでイライラしているのかも分からない、特に理由はないけどイライラしてもどかしい。 そんな風に原因は分からないけれども、細かな嫌なことの積み重ねでついついカリカリしてしまうこともあります。 ストレスがたまっていたり、気がかりなことが別にあって ということも多いです。 そんな時はうっそうと茂り、自分のまわりに湿度の多い空気が漂う森の中や、開放的な海外の景勝地などを思い浮かべてみましょう。 緑色にはリラックス効果があるといわれており、病院の廊下や手術室の壁や制服などの医療現場でも、多用されています。 また青色には興奮した神経を鎮静させる作用があるとも言われます。 電車の飛び込み自殺防止で青色の照明を取り入れるなど、見聞きしたことがあると思います。 閉塞的で退屈な日々で苛立ちが積もってしまうときは、バカンスにでも行きたいものです。 そう出なくても自分が行ったつもりで脳内の仮想空間で旅行すれば、気分も多少晴れます。 我慢したごほうびを自分に与える どうにもこうにも我慢ならない怒りに近いイライラの場合、そんな悠長なことは言っていられないときもあります。 どうしようもない時でもどうにかしなきゃならない。 そんな時はこれを上手く対処できたときの自分のご褒美を設定して上げましょう。 スポンサーリンク 単刀直入に言えば、言い方は悪いのですが、餌で釣るというやつです。 「家に帰る途中でコンビニのデザートを買って食べる」「今日は外食で美味しいものを食べて、家事は免除」などでいいです。 とにかく先にある楽しいことやご褒美に気分を逸らして、いまのイライラの根源から意識を遠ざけることが大切です。 頻繁に使うと効果が薄れてしまうものですが、子どもの頃から人はそれほど変わらないものです。 家のお手伝いがいやでいやでたまらない子どもでも、お手伝いの後におやつが待っていればそれとなしに協力的になります。 毎日が我慢の連続でストレスを溜めてしまうのも、余計にイライラする原因になってしまいます。 ストレスの発散という意味でも、乗り越えたあかつきの褒章を用意して上げましょう。 アクション映画を観る どうしてもイライラしてしまうときには、溜りきったエネルギーを発散してみましょう。 気軽にエネルギーを発散できる方法として、アクション映画を観る方法は有効になってきます。 アクション映画の多くが、悪い敵をやっつけるために体を張って戦うものになっていますが、主人公に感情移入することで、すっきりとした気持ちになることができるのです。 格闘技や武器を駆使しながら悪者をやっつけていくヒーローになりきれば、心に溜まってしまったイライラも解消できるでしょう。 映画を観るときのポイントとして、映画館で観るのではなく自宅でDVDなどを借りてみるとよいでしょう。 多くの人達がそばにいる状態で観ても、映画に集中することが難しくなってしまいます。 自宅で一人っきりで観れば、映画に集中することができますし、大声をあげたりすることもできるのです。 スポンサーリンク 適度なアルコールで脳の疲れを解消 適度なアルコールは、心のイライラを解消するのに適しています。 アルコールを飲むと、ふわふわした心地よさを感じることができ、今まで感じていた不快感を忘れることができるようになるのです。 この状態になるだけでも、ストレスを忘れることができるでしょう。 また、適度なアルコールは、脳に血液を届けてくれるため、脳の疲れを取り除きやすくなってきます。 今までいろいろなことに悩んできた人は、どうしても脳に疲れが蓄積している状態になっています。 アルコールを飲めば、脳の疲れを解消しクリアな状態に改善しやすくなるため、イライラを解消しやすくなるのです。 ただし、アルコールを飲みすぎてしまうと、脳や臓器に予想以上に負担をかけたり二日酔いで苦しむことになってしまうので、飲む量には十分に気を付けてましょう。 マッサージで安らぎの時を得る マッサージの施術を受けると、イライラした状態からの回復を図ることができます。 イライラしている人は、血の巡りが悪くなっていたり、体に疲れが溜まっている状態になっています。 この状態を放置していると、体の機能だけではなく脳の機能の低下を呼び込んでしまうでしょう。 国家資格を持っているプロからマッサージを受ければ、体の疲労だけではなく心の疲労まで解消し、心の健康を取り戻せるようになるのです。 また、マッサージに通い続ければ、スタッフとも気軽に話を行える仲になってくるので、イライラする原因を話すことができます。 体や心の機能を整える専門家に悩みを相談すれば、イライラしたときに行えるマッサージ法なども教えてもらえるため、スタッフに施術を受けられないときでも、自分でケアしやすくなってくるでしょう。 スポンサーリンク 好きなだけ泣く イライラは、我慢するのではなく吐き出すことで解消することができます。 どうしてもイライラしてしょうがない時には、感情の赴くまま泣いてみてもよいでしょう。 泣くと、ずっと我慢していたストレスをすべて解消することができるため、後までイライラが続いてしまう心配がありません。 その場ですべてのイライラを解消できるので、次の日からは元気に過ごせるようになるのです。 イライラしてたまらない時には、何も考えることなく泣いてみるとよいでしょう。 近くに家があまりなかったり防音対策を行っている部屋に住んでいる人は、ストレスの原因となっている物事や人に対しての文句を言いながら泣くとより効果的です。 イライラの原因となっている人に対しての不満を口にすることで、心に溜まったストレスを外に出しやすくなってきます。 イライラする時は無理をしない いかがでしょうか。 会社員であったり、学生であったり、とにかく毎日を心穏やかに生活するのは本当に大変です。 自分が悪くなくても相手に掛けられる迷惑であったり、満員電車などの誰が悪いでもない不愉快な思いをすることも多くあります。 ただそこでイライラを溜め込んでしまえば、自分がまいってしまいます。 しかし、イライラを爆発させて誰かに八つ当たりしたり、文句を言い続けても、クレーマーになったり誰かに迷惑を掛けるだけです。 そして、それは周囲の自分に対する評価をぐんと下げてしまいます。 自分なりの対処方法を見つけて、いつも仏のように穏やかな心でで生活できれば素敵ですね。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の