ドコモ光 dアカウント。 ドコモ光ペア回線とは?メリット3つで確実にお得になるのはこんな人

【dポイントクラブ】ドコモ光更新ありがとうポイント

ドコモ光 dアカウント

ドコモスマホを持っている人はすでにアカウントも持っていると思いますのえ確認してみましょう。 ドコモメールアドレスで登録されていると思います。 dアカウントに紐付けしてできること dアカウントを作成してもなんのメリットもなければ意味がないって思いますよね。 しかし、 ドコモ光を使うためにはdアカウントを使わなければ意味がないことをお伝えします。 dアカウントで何ができるのか把握して使いこなしましょう。 Mydocomoにログインして契約内容を確認できる dアカウントを登録して便利なことは契約内容が簡単にわかることです。 dアカウントを使ってMydocomoにアクセスすることが可能になり、ドコモ光の契約内容の確認や変更が簡単にできるようになります。 毎月請求される月額料金の確認はもちろん、契約の際に加入した不要なオプションの解約もできます。 dポイントクラブに入会してdポイントの確認ができる ドコモ光を利用してdアカウントを発行したらやっておくべきことがあります。 それはdポイントクラブへの加入です。 dポイントクラブに加入したら 毎月の支払いでdポイントをが付与されることになり、様々なお店でdポイントが使えます。 原因によっては問い合わせ先が違う場合がありますので、一回は151に問い合わせてもいいかもしれません。 まとめ ドコモ光でdアカウントを紐付けるためにはまずdアカウントを取得する必要があります。 パソコンやスマートフォンでdアカウント発行ページにアクセスして、メールアドレスを登録してIDを取得してください。 その後ドコモ光を申し込むときにdアカウントを登録すると、My docomoで利用状況の確認や変更が可能になります。 また、dポイントクラブに加入することで毎月の支払いでdポイントがたまります。 dアカウント取得で利用できるサービスの料金にも1ポイント1円で利用できるので、損をしないように登録するといいでしょう。 また、新しく docomoで携帯電話回線と契約して紐付けしたいのに登録できませんと表示された場合は、サポートセンターに電話してください。 そうするしか解決策がありません。

次の

ドコモ光ペア回線とは?メリット3つで確実にお得になるのはこんな人

ドコモ光 dアカウント

目次 この記事でわかること• dアカウントの発行方法と手順 dアカウントの発行方法は簡単です。 スマートフォンやパソコン上から発行します。 詳細手順を見ていきましょう。 メールアドレスとパスワードを設定する dアカウントを発行するためにはメールアドレスとパスワードの設定が必要です。 スマホからの場合とパソコンからの場合をそれぞれご紹介します! ドコモ光のユーザーならパソコンからの方が便利かもしれませんね。 スマートフォンの場合 docomoのスマートフォンの場合には、docomoのXi(LTE)やFOMA通信に設定してください。 Wi-Fiやテザリングの通信は切断する必要があります。 dメニューから「dアカウントについて」を選択します。 「dアカウント管理へ」から「dアカウントを発行する」をタップしてください。 dアカウントの発行画面上で4桁のネットワーク暗証番号を入力します。 「規約に同意して進む」をタップしてください。 IDとパスワードを設定し「内容を確認する」ボタンをタップします。 IDはメールアドレス、好きな文字列いずれも利用が可能です。 登録内容の確認ページが出てきますので、問題ないなら「上記の内容で発行する」をタップ。 docomoのスマホの場合にはこれでdアカウントが発行されます。 docomoのスマホ以外の場合には、空メールを送信するか、SNSのアカウント連携でdアカウントを登録します。 空メールを送信した場合には、メールを送信したメールアドレスがそのままdアカウントのIDですので注意してください。 それぞれ登録したい方法を選択し、手順にしたがって入力することでアカウントが発行されます。 パソコンの場合 パソコンでの登録方法もスマホでのやり方と大差はありません。 詳細を見ていきましょう。 dアカウント発行ページにアクセスします。 手元にSMSを受け取れるdocomo端末を用意します。 docomo以外のユーザーは必要ありません。 iPadではSMSを受け取れないため、Safariを起動し、dメニューからスマホと同様のオペレーションでdアカウントを取得してください。 docomoユーザーは「ドコモ回線をお持ちの方」をクリックします。 docomo以外の方は「ドコモ回線をお持ちでない方」をクリックするか、アカウント連携が可能なSNSをチョイスしてください。 <引用元:>• docomoユーザーはdocomoの携帯電話の番号を入力し、ネットワーク暗証番号を入力します。 ロボットでないことを確認するための文字の確認を入力し、「規約に同意して進む」をクリックします。 この後SMSが送付されてくるので確認してください。 docomo以外のユーザーは、利用したいID(メールアドレス)とパスワードを設定し、性別と生年月日を入力します。 「規約に同意して進む」をクリック。 登録したメールアドレス宛にメールが送付されてきます。 SNSのアカウント連携で申し込むユーザーはそれぞれ連携可能なアプリとの連携認証画面が表示されます。 連携をオンにしてパスワードを設定してください。 案内に従って必要な情報を入力していきましょう。 登録したメールアドレスにワンタイムパスワードを入力する docomo以外のスマホで登録した場合とパソコンで登録を行った場合には、それぞれSMSか入力したメールアドレス宛に ワンタイムパスワードが送信されてきます。 (SNS連携を除く)ワンタイムパスワードとは、一回だけ利用できる有効期限(時間)つきのパスワードです。 ワンタイムパスワードを利用することで、セキュリティーが保て、本人が利用した証です。 案内に従って、ワンタイムパスワードを入力しましょう。 これでdアカウントが発行され、パスワードも設定されました。 dアカウントでできること ドコモ光を更に便利にするために登録したdアカウントですが、使わなければ意味がありません。 何ができるのかをしっかり把握した上で使いこなしていきましょう。 Mydocomoにログインして契約内容の確認変更ができる dアカウントを使って Mydocomoにアクセスすることが可能です。 Mydocomoからは、ドコモ光の契約内容の確認や契約内容の変更が簡単にできてオススメです! 請求される月額料金の確認や、契約の際に加入した不要なオプションの解約もMydocomoでます。 詳細な Mydocomoからの確認・変更方法は下記記事を参考にしてくださいね! dポイントの確認 ドコモ光を利用してdアカウントを発行したなら dポイントクラブに入会しましょう。 dポイントクラブに入会したならdポイントが付与されることです。 月々の利用料金がポイント獲得につながるため、ショッピングなどをしていなくてもポイント獲得になるのです。 入会は簡単。 下記サイトから「dポイントクラブを申し込み」をクリックし、dアカウントとパスワードを入力すれば簡単に入会できます。 年会費は無料ですので、ドコモ光利用者は入会しておきましょう。 ドコモ光の入会特典でもdポイントが付与されている可能性があります。 漏れなく入会してください。 dポイントの確認はdアカウントを使ってMydocomoから簡単にチェックできます。 または、登録済みのdアカウントに付与されたdポイントがメールでお知らせされる仕組みです。 dポイントの獲得の仕組みについての詳細は下記記事を参考にしてくださいね! dマーケットが使える ためたdポイントを賢く使うためにはdマーケットを使いこなしていきましょう。 dマーケットには、dアカウントで簡単にアクセスが可能。 無料アプリのdショッピングやdマガジン、dゲームなどが数多くあります。 ライフスタイルに合わせて、好きなdマーケットアプリを利用し、支払いにdポイントを使ってみましょう。 1ポイント1円で利用できるのでお得にdマーケットを使いこなせます。 dTVなどの有料アプリでもdポイントは利用できます。 注意!携帯だけ解約してドコモ光を継続利用する場合 ドコモ光を利用しているユーザーはdocomoの端末とのペア回線で契約しているケースが多くありますよね。 しかし、事情があって携帯電話のキャリアを変更する場合もあることでしょう。 その場合のdアカウントやdポイントはどうなるのでしょうか。 dポイントをもらいたい場合はdアカウントの移行手続きが必要 継続してdポイントをもらいたいと感じるなら、これまでのdポイントも引き継いでおきたいですよね。 その場合には移行手続きを行うことでこれまで同様にサービスの利用とdポイントの獲得が可能です。 もちろんこれまでのポイントも新たなアカウントに移行できます。 手順を紹介しましょう。 docomo端末の解約を行う。 解約前の移行は不可能です。 200日以内に処理を行ってください。 200日を超えた場合にはdocomoショップでの移行手続きになってしまいます。 注意しましょう。 解約後、Mydocomoなどのdアカウントが必要なアプリにアクセス。 旧IDと旧パスワードを入力してください。 「継続利用手続き」の画面に遷移します。 新規アカウント登録と同様に新たなメールアドレスを入力するか、SNSアカウント連携の方法のいずれかを選択できるので新たなアカウントに継続利用申請を行ってください。 アドレス入力の方法では、 新規登録のメールアドレスにワンタイムパスワードが送信されてきますので、ワンタイムパスワードを入力しましょう。 SNS連携の場合には引き継いだSNSアカウントのメールアドレスがそのままdアカウントの新たなアカウントに設定されます。 「手続きを完了する」ボタンをクリックする• docomoから「お手続き完了メール」が届きますので、移行できたことを確認しておきましょう。 移行手続きで注意が必要なことがあります。 dアカウントを「docomoの電話番号 docomo. jp」で利用していたなら、 携帯電話解約時に自動的に新たなdアカウントに移行することに。 新たなアカウントは、携帯電話の解約手続きを行った年月日です。 例えば、2018年4月30日に手続きを行ったなら、新たなIDは docomoの電話番号20180430です。 新たに支払い情報を設定しなければならない dアカウントを移行したから大丈夫、と安心するのはまだ早いかもしれません。 各種有料アプリを利用していたなら、支払い情報を変更する必要があります。 また、ドコモ光の料金支払いはペア回線になっていたdocomoの端末利用料金と一緒に請求されていたことでしょう。 新たにドコモ光の支払い情報を設定する必要があります。 Mydocomoから変更手続きを行ってください。 各種dマーケットアプリの有料アプリの支払いもdocomoの料金と一緒に請求されていたはずです。 クレジットカードの情報をMydocomoより新たに設定してください。 そうすることで、これまで通りにdマーケットの利用も可能です。 まとめ ドコモ光を更に使いこなすためにはdアカウントを発行して有効利用することがオススメです! 毎月の支払いをするだけでたまるポイントですので、使わない手はありませんよね。 dアカウントの発行はwebサイトやスマートフォンからすぐにできます。 無料で申し込みができますし、docomoのスマホでなくても問題ありません。 dアカウントを利用して、ショッピングや各種コンテンツを存分に楽しみましょう。 また、各種変更手続きなどもdアカウントを取得しておくと簡単にできてオススメです!.

次の

【ドコモ光】契約ID&情報を確認する方法

ドコモ光 dアカウント

2015年12月1日より、長年続いたNTTドコモの「ドコモプレミアクラブ」がなくなり、そのまま 「dポイントクラブ」へと移行しました。 同時に、DCMXカードは 「dカード/dカード GOLD」と名称を変え、カード自体を提示することで dポイント加盟店でdポイントを付与してもらえるようになったり、その貯めたdポイントをdポイント加盟店で利用できるようになったりと、今まで以上に利用シーンの幅が広がり、使い勝手が向上しています。 dカード/dカード GOLDについてはまた別記事 で解説しますが、ここではもう一つ、同じく2015年12月1日より「docomo ID」から名称が変更された 「dアカウント」について理解を深めていきたいと思います。 docomo IDとは何か dアカウントが何なのかを理解するためには、そもそも docomo IDとは何だったのかをしっかり理解しておく必要があります。 元々ドコモに存在していたdocomo ID/パスワードが、本格的に利用され始めたのはまだここ数年のことです。 それまでは、 あるにはあるが一般的なユーザーはほとんど利用することはないという程度の存在でした。 現在はdアカウント(旧docomo ID)を発行するとデフォルトの状態で「 ドコモのメールアドレス( docomo. jp)」がdアカウントに設定され、パスワードは任意のパスワードの設定を求められますが、当初は 電話番号がそのまま初期のdocomo IDとして発行されていました。 そのため、昔docomo IDを発行してそのままにしているユーザーの中には、docomo IDが電話番号に設定されている人もまだまだ存在しており、そのまま電話番号がdアカウントになっている人もいるようです。 ドコモを統合するID・アカウント 世の中は スマートフォンの時代へと移行し、当初 iPhoneを販売していなかったドコモは、Androidスマートフォンを集中して販売することになりました。 そうすることでドコモが望むと望まざるとにかかわらず設定する必要に迫られたのが、 「Googleアカウント」です。 これは現在もAndroidスマートフォンを利用する上では非常に重要なアカウントです。 やがて遅れに遅れ、iPhoneの販売を始めたドコモでしたが、そこでも設定する必要があったのは 「Apple ID」でした。 いずれもユーザー側が設定する必要がある項目ではあるものの、ドコモとしては自ら端末を販売しながら目の前で他社のアカウントの設定ばかり目にするという、大きな矛盾を抱えてしまっていたわけです。 そしてそれは現在も変わりません。 そこで本来、ドコモが望んでいたのは、もっと自分たちで好きなことができる プラットフォームであり OSであり、そしてその候補として期待されていたのが、 第3のOSであるWindows 10 mobileにつぐ、 Tizenという 第4のOSだったのです。 知る人ぞ知る、 Tizen OS。 もう覚えている人もいないかもしれません。 ご存じのとおり、TizenよりもiPhoneを選んだドコモは、Tizenの販売を中止し、その後計画も完全に白紙となりました。 今となっては至極当たり前の判断であり、iPhoneよりもTizenを推進しようとしていたら、どんな恐ろしい事態になっていたかは想像すらできません。 Tizenは、もはや永遠にドコモの販売計画に帰ってくることはないものと思われます。 ドコモはAppleとの契約において、iPhone上でドコモの「 dマーケット系サービス(/dアニメストア///dヒッツなど)」を利用させる許可を取り付け、既にiPhone上で様々なdマーケット系サービスが利用可能となっています。 これは非常に大きなポイントだったといえます。 何しろ大人気機種であるiPhoneでd系サービスが使えるか使えないかでは、その後のdマーケット系サービスの販売戦略が180度変わってくるからです。 そしてそのdマーケット系サービスをAndroidはもちろんiPhoneやパソコンなど様々な端末で利用できるようにし、かつキャリアフリーでも利用できるようにするのがドコモの理想であり、そのためにはどうしても、「Googleアカウント」や「Apple ID」のような、ドコモとして共通する土台が必要になったわけです。 そこに選ばれたのが、docomo ID改め 「dアカウント」です。 キャリアフリーの強みと弱み dアカウントには、大きく分けて二種類が存在します。 一つは「 ドコモ回線dアカウント」。 もう一つは、「 キャリアフリーdアカウント」です。 ドコモ回線dアカウントは、当然のことながらドコモの電話番号と紐づきます。 そのためドコモ利用料金についてもdポイントが貯まります。 そのうえdアカウントをスマホ端末上で設定しておけば、dアカウント認証なしでdocomo Wi-Fiが利用できたり、Wi-Fi環境でもドコモメールやdtv、dヒッツなどのd系サービスが利用できるようになったりと、 dアカウントによる各種サービスの一元管理が可能になります。 キャリアフリーdアカウントの場合は、ドコモの契約を仮に持っていなくても利用することができ、ドコモの回線とは紐づかずdアカウント単体でd系サービスの契約だったりdポイントを貯めたり使ったりすることも可能となるわけです。 もちろんその後ドコモと回線契約をすれば、今までキャリアフリーで利用していたdアカウントをドコモの回線と紐づけることもできます。 ドコモという キャリアの枠を超えて存在するのが「dアカウント」であり、仮にau、ソフトバンクを利用しながらdマガジンやdグルメを利用してみるなんて裏技も可能になってしまうのです。 このキャリアフリーdアカウントによるd系サービスのキャリアフリー化は、ドコモとしては諸刃の剣であり一種の賭けでもあったはずです。 そもそもドコモを利用しているからこそ利用できるサービスとしてdtvやdアニメなどのd系サービスは存在していたはずでした。 かつてのiモードビジネスはまさにこの典型で、iモードを利用したかったらドコモを利用するしかなかったのです。 しかしdアカウントはキャリアの枠を打ち破ってしまったため、dマーケット系サービスをどうしても使いたいと思ったらdアカウントを取得すればよく、わざわざ他社からドコモに乗り換える必要性はなくなってしまったのです。 dアカウントはMVNO利用中でも持てる 私は以前、dアニメストアも利用していたことがありました。 お試し31日間を利用して無料利用してみたのですが、使ってみたらかなりいいサービスだと感じました。 そして、この月額400円(税別)のサービスを、機会があったらまた利用してみたいと思いました。 その後私は、ドコモのスマホ契約を解約し、そのまま MVNOの利用を開始しました。 しかしそれでもdアカウントは生きているので、いつでもdアニメストアの契約を再開できるのです。 MVNO格安SIMを利用しておりドコモの回線を一切持っていないにもかかわらず、です。 この場合、MVNOでどの会社を使っているのかなどは、まったく関係がありません。 でも ぷららモバイルLTEでも mineoでも でも でもでもでも、dアカウントは平行して持つことができるのです。 dアカウントがあればとにかくお得 dアカウントの意味がつかめてきたでしょうか。 さらに今後は、dポイントがdアカウントに対して貯まっていくようになるので、ドコモを解約してもdポイントは残りますし、加盟店で貯め続けることもできます。 当然貯めたポイントは加盟店で使うこともできます。 主要加盟店のローソンでいうなら、pontaポイントとまったく同じ意味あいで、dポイントをためていけるようになるわけです。 加えてであれば、iD決済をすれば 3%割引、 決済ポイントとして 1%、pontaポイントと同じ、dポイントの 加盟店ポイントも 1%もらえるため、 合計5%がなんとお得になるという超優良ポイントサービスとなります。 通常のクレジットカードサービスは、現在購入に対して1%が標準で、それを上回ればポイント還元率が高いカード、下回れば低いカードという評価になりますが、dカード/dカードGOLDによるローソンでのiD決済は、そのどれにもましてポイントが貯まります。 ちなみに、公式サイト上でのdカード/dカード GOLDの申し込みについても、dアカウントが必要になります。 dアカウントを理解すればdポイントクラブがわかり、dカードのメリットも見えてくると思います。 改めて、docomo ID改めdアカウントの存在を見直してみましょう。 関連記事:「」 コメントありがとうございます。 ドコモの公式サイトによると 「回線ご解約時にドコモショップ店頭にてご利用料金をお支払いいただく場合、ご利用料金に充当されません。 また、その場合dポイントは返還いたしません。 」とあります。 ここから考えるに、店頭で解約時に利用料金の支払いする場合には充当されないが、通常通りの支払いに充てるよう手続きしておけば解約していても問題ないものと思われます。 ただ、私も確実に確認したわけではないので、もう一度確認されることを推奨します。 ドコモショップやインフォメーションセンターであいまいな回答をされる場合には、念押しして本当に間違いないかを確認し、 担当者の名前を控えておけばいいと思います。

次の