ウェイパー。 簡単に味が決まるウェイパーを使ったレシピ20選!ウェイパーの底力を実感

ウェイパーの代用品は何?代わりには何が使えるか?

ウェイパー

味覇(ウェイパー)とは? 味覇(ウェイパー)は赤い缶のこんな商品。 スーパーやコンビニ、ドラッグストアの食料品コーナーなどにもおいてあるので、使ったことはなくても目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 廣記食品というメーカーから販売されているのですが、じつはこれ創味食品の「創味シャンタン」とまったくおなじ中身なのです。 この業務用の創味シャンタンを家庭用に販売しているのが廣記食品の味覇(ウェイパー)だったのです。 もちろん創味食品がOKをだして 廣記食品に創味シャンタンを卸し、それを赤い缶に詰めて廣記食品は味覇(ウェイパー)として販売していました。 しかし、このたびその契約が白紙になってしまったのです。 なぜか? その原因は「味覇(ウェイパー)チューブタイプ」の存在にありました。 味覇(ウェイパー)チューブタイプとは? 先日、味覇のチューブタイプが発売されました。 しかし、これは 今までの味覇とはまったくの別物。 廣記食品が創味食品ではない会社と独自に開発した商品だったのです。 つまり…… 「缶の味覇(ウェイパー)=チューブの味覇(ウェイパー)ではない」ということです。 違う商品をおなじ味覇(ウェイパー)という商品名で販売していることがトラブルの原因になり創味食品は 2015年3月31日を最後に今後、廣記食品に「創味シャンタン=われわれの知っている味覇(ウェイパー)」を卸すのをやめてしまいました。 そんなわけで、われわれの知っている味覇(ウェイパー)はなくなってしまったのです。 味覇(ウェイパー)の今後は? 創味食品からの供給がなくなっても廣記食品には独自開発のチューブタイプの味覇(ウェイパー)があります。 そして、そのチューブタイプとおなじ中身の商品を缶にもいれて販売するので、実質、味覇(ウェイパー)は今までとおなじような顔をしてスーパーの棚にならんでいます。 しかし、 味は今までとはがらりと変わってしまってます。 われわれの知っている味覇(ウェイパー)の味ではなくなってしまっているのです。 では…… 今までの味覇(ウェイパー)はもう食べられないの? そんなことはありません。 今までの味覇(ウェイパー)を食べることができます。 しかし、それはウェイパーという名前ではありません。 味覇(ウェイパー)の卸元であった創味食品が「創味シャンタン」を家庭用サイズで販売を始めました。 それにより、われわれはそれを買って今までの味覇(ウェイパー)の味を楽しむことができるのです。 まとめ 非常にややこしいですが、今後、われわれがとる行動は2つです。 今までどおりの味を楽しみたい人は、白いパッケージの「創味シャンタン」を買うことをオススメします。 ぼくも味覇(ウェイパー)大好き。 うのたろうでした。

次の

「味覇」と「創味シャンタン」が同じって本当? 食べ比べてみた

ウェイパー

今回は、この季節に美味しい鍋料理のお話。 過去に「」や「」といった、自宅で作れる鍋料理を紹介していますが、今回は鍋料理シリーズ第三弾です。 先日、食料品売場で見つけ、購入した鍋スープがコチラ!! 味覇(ウェイパー)の鍋スープ!! 炒飯などの中華料理には欠かせない調味料、ウェイパーの鍋スープが販売されていました。 余談ですが、ウェイパーのリニューアル以降、我が家は「 創味シャンタンDX」を使っています。 実は、奥様の実家にウェイパーを使った「中華鍋」なる料理が存在し、結婚する前から食べている大好物の逸品。 実家の中華鍋にて、「 ウェイパーをベースにした鍋料理」の美味しさは知っていますが、本家から鍋スープが登場していたので買ってみました。 中華鍋に使用する具材について!! ウェイパー鍋(以降は馴染みのある「中華鍋」と表記)のパッケージ裏側を見ると、使用材料の一例が掲載されています。 奥様の実家では、海老やイカ・ホタテなどを入れて、魚介系の出汁をプラスするようですが、我が家の中華鍋はパッケージの方が近いかも…。 材料はこんな感じ!! 豚背ロース 野菜 鍋用ラーメン 豚肉に関しては、当日の販売状況を見てバラ肉を使う場合もあります。 冬が近づいてくると店頭に並ぶ、まるちゃんの「鍋用ラーメン(細)」は欠かせませんね!!(笑 パッケージの裏側に、「 〆はラーメンまたは雑炊がおすすめ!」とありますが、我が家では豚肉を入れて鍋を仕上げる直前に、鍋用ラーメンも入れてしまいます。 美味しい鍋料理をつくるレシピ!! 今回は、ウェイパーの鍋スープがあるので、素材をカットして準備が出来たら、次々に投入して煮込んで行きます。 これと言って変わった点はありませんが、「 豚肉は味を絡みやすくする」ため、いつものように2~3カットにしておきます。 豚肩ロースはカット ウェイパーの鍋スープ 鍋に入れます!! ウェイパーの鍋スープを味見してみたところ、ウェイパーを使って作る鍋ベースと比べ、少しだけ胡椒が効いているような感じで若干スパイシー。 鍋スープを入れた後は加熱をしながら、火の通りにくい食材から順に投入します。 まずは野菜などから スープが温まり沸いてくると、野菜からアクが出てくるので、簡単に(神経質にならない程度)アクを取り除きます。 しばらく煮てから…。 野菜がしんなりすれば… 鍋用ラーメンを投入 同時に豚肩ロースも投入 まるちゃんの鍋用ラーメンを入れると、一気にスープを吸い始めるので、直後に豚肉も投入し、ドロドロにならないよう手早く火を入れます。 豚肉に火が通る前にスープが減り過ぎた場合は、水を追加でチャージし水分を増やせばオッケー。 この段階で味見をして、味付けが濃いと感じれば水分を、薄いと感じれば、「 創味シャンタン」か「 味覇(ウェイパー)」を混ぜて濃度を調節して下さい。 味を調節して 完成!! 鍋用ラーメンを入れる事によって、適度なトロミが付くので、「 具材とスープが絡みやすく」なります。 必要以上に火を入れると、豚肉が固くなってしまうので、豚肉のピンク色が無くなり火が通っているのを確認すれば完成です!! 味覇(ウェイパー)の鍋スープを実食!! 子供達のスープは薄味に仕上げ、具材を取り分け軽く冷ましておきます。 器に取り分ける際、最後の仕上げとして細かく切ったネギをトッピングすると一層美味しいかと。 子供達用に取り分け 大人用 豚肩ロースが最高!! 熱々の中華鍋を頂きましたが、塩鍋風といった感じで安定の美味しさ!!特に、ウェイパーとネギが絡んだ豚肉は絶品ですね!! 水とウェイパーから鍋ベースを作る、我が家の中華鍋とくらべて若干スパイシーな感じが残るものの、基本的な味としては大差ない美味しさ。 鍋用ラーメンと素材の食べ合わせも抜群で、麺とご飯があっという間に無くなりました。 十数年食べている味なので、安定感があります。 そんな中、好奇心で試してみた「柚子胡椒」がピタリとハマり、素材に柚子胡椒を絡めて食べると、あっという間にご飯が無くなる美味しさ!! ある意味凶器ですね!!(笑 ウェイパーを使った鍋のイメージとしては、鶏がらスープベースの塩鍋といった感じで、他の鍋と比べてアッサリと食べる事が出来ます。 また、魚介系の出汁が好みであれば、奥様の実家のように海老や貝類といった海の幸を入れると一層味わい深く、「 〆の雑炊は抜群の美味しさ」となります。 当ブログよりも、丁寧に解説するよう心掛けていますので、宜しければチェックしてみて下さい!!.

次の

ウェイパー騒動とは?メーカーの種類や賞味期限、保存方法についても

ウェイパー

ウェイパーと同一と考えていい商品なので代用品として使うことができます。 ただ、少し味にパンチが少ない感じになります。 こしょう感が足りないといった感じなので、こしょうを足してみるといいかもしれません。 人によっては、ウェイパーはしょうゆベース、ウェイユーは塩味ベースと感じるようなので、好みも分かれるところ。 値段はウェイパーよりも安価です。 実は、元々これがウェイパーとして作られたという商品だったようなのですが、社内でのトラブルにより商品名が使えなくなり、「ウェイパー」「創味シャンタン DX」の2つに分かれたようです。 旧ウェイパーではあるものの、全く同じ味ではありません。 どちらかというと、ウェイパーよりも少しコショウが強いといった感じの味わい。 どちらがいいかは好みによりますが、現ウェイパーの代用品として創味シャンタン DX(旧ウェイパー)を使うことは可能です。 ただ、鶏ガラスープだけだと、ちょっとパンチが足りないかもしれませんので、少し工夫をして、ウェイパーに近づけましょう。 鶏がらスープに 「塩少々、ニンニクや生姜、ネギ」などといった香味野菜を足していくとウェイパーに近い味を出すことができます。 メーカーによって鶏ガラスープにもいろいろな味がありますので、塩加減など調整しながら調整してみてください。 手間をかけることで、鶏がらスープが一気にウェイパー風に早変わりです。 リュウジさん()レシピでローメン作ってみた!長野ご当地グルメらしい。 野菜モリモリ入れてウスターなかったんで中濃、ウェイパーなかったんで鶏ガラスープで代用。 こがしにんにく油が入っているのでコクもありますし、特に何かを足さなくても十分ウェイパーの代わりをしてくれる調味料です。 チューブ入りで使いやすいですし、ウェイパーよりも安価で使いやすい調味料です ウェイパーの値段が少し高めなので、香味ペーストを好んで使っている人も多くいるようです。 しかし、原材料を見ていただけると分かりますが、先ほど代用品として紹介した『鶏がらスープ』と原材料が極めて近いことがわかると思います。 本物のウェイパーに限りなく近い味を出すには、自作で鶏がらスープを作ることが最善といえます。 (もちろん市販の鶏がらスープのものもおすすめです!) ウェイパーに鶏ガラスープの作り方 こちらの鶏がらスープはウェイパーだけでなく、ここからいろんなものにアレンジすることができます。 もちろん、市販の方が簡単に作れるが、自分で作るとまた一味違っておいしいものになります。 手作りの鶏がらスープの作り方をご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。 1.鶏ガラは、流水で内蔵や血合いもきっちり洗い流しましょう。 2.鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かします。 3.鶏ガラを入れ、表面が白くなる程度にサッとお湯にくぐらせてください。 5.きれいになった鶏ガラをカット(細かくせず、ざっくりと)。 6.鍋に水4リットルと、カットした鶏ガラ、潰したにんにく・スライス生姜・長ネギの緑の部分(切らすにそのまま)を入れ加熱、沸騰させてください。 7.沸騰したら火を弱火に。 その後、灰汁を丁寧に取り除きましょう。 8.弱火にした後は、沸騰させないよう弱火で3時間ほど煮込んでいきます。 まとめ.

次の