青 スーツ。 ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて|オーダースーツの榮屋本舗

結婚式のスーツの色|気をつけたい注意点とスーツの実例集

青 スーツ

定番のネイビースーツの魅力を知るには? ネイビースーツは、 カラーバリエーションの豊富さから季節問わず楽しめ、ビジネスシーンにみならずパーティーやイベントなど様々な場面において人気があります。 そのため、ファッション雑誌やネット上のサイトなどでは、ちょっとこだわりが強く真似しにくい着こなしも多いのも事実。 < 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます- 1. 2-1. 2-2. 2-3. また、濃色 ダークネイビー ・淡色 ライトネイビー など、落ち着いた大人な印象から爽やかで若々しい印象まで、着こなしの用途に合わせて選べる汎用性の高さがあります。 ***** ネイビースーツの着こなし方 スーツには、よりオシャレに印象を整える『Vゾーン』と呼ばれる場所があります。 そのため、ネクタイの色味はとても重要になります。 あまり気にせずに合わせると、全体のバランスも崩しかねません。 無地 ソリッド はどんな柄にでも合う、基本の柄になります。 その中でも、紺または茶色のネクタイに水色シャツの組み合わせは定番的な人気。 無地は、とてもコーディネートしやすいので、紺、茶、ワインレッドなど1本でも持っておくと重宝します。 また、白シャツと合わせることで清潔感をプラスできます。 カジュアルよりなチェックのスーツには、中性色のグリーンでアクセントをつけるとオシャレにきまります。 今季トレンドの暖色系のブラウンと合せると上品な印象を与えてくれます。 ラインのハッキリとしたチェック柄のスーツには、ネクタイを無地 ソリッド にして全体のバランスを考えると良いでしょう。 イギリス軍には複数の連隊があり、それを識別するために軍旗を持っていました。 その軍旗に入っていたのがストライプの模様、このストライプの事をレジメンタルストライプと言います。 ストライプの線が左から右に上がっていくのが英国式(ヨーロピアンスタイル)、左から右に下がっていくのが米国式(アメリカンスタイル)、またはリバースと言われています。 日本国内で着用する限りはどちらもあまり問題はないでしょう。 カラーバリエーションが多いので、どんなカラーのシャツにも合うネクタイが選べることが人気の理由の1つになります。 こちらのように、ネクタイ以外のアイテムを無地にすることでストライプ柄をオシャレに見せられるようにしています。 また、濃紺なネイビーのスリーピーススタイルでは、赤のラインがアクセントになりスタイリッシュになります。 そこで、ネクタイにも暖色系のブラウンを取り入れてネイビースーツを新鮮に見せるようにすると良いでしょう。 レジメンタルネクタイは、ストライプの幅を変えながらカラーの配色を楽しめる特徴を活かしたスタイルです。 そのため、見た目にも落ち着いた印象になります。 ドットが大きくなるとカジュアルに、小さくなるとクラシカルな印象といった感じです。 ビジネス用にはドットが小さいデザインのネクタイがオススメになります。 トレンドのチェック柄をネイビー系のワントーンでまとめたスタイルでは、クレリックシャツの白がアクセントになり、スッキリとした清潔感のある印象になります。 *** 小紋柄とは、小さな柄のことになります。 柄が規則的に並んでいるものや、不規則に並んでいるものがあります。 柄が大きいとカジュアルよりに、小さいとクラシカルよりの印象を与えます。 仕事用には、ドットと同様に柄が小さいデザインを選ぶと良いでしょう。 ネクタイの配色は、基本的にスーツと合せるのがポイントです。 最近では、「ブラウン」でネイビーを引き立てオシャレに魅せる方が増えています。 とにかく落ち着いた印象が良い方は、誠実さのある「ブラック」。 デザインは、シンプルな「ストレートチップ」「プレーントゥ」が良いでしょう。 着こなしのコツとして、 シューズとベルトの色味を合わせると全体の印象も良くなり綺麗にまとまります。 特に、ビジネスの場ではマナー・ルールとして決められている場合もあります。 柄は、無地・シャドーストライプなどシンプルなデザインが良いでしょう。 色味が強い場合は、無地が無難です。 着こなしのコツとしては、 着用シーンに合わせてストライプの幅の広さを変えたり、色味の主張が強い場合は無地でまとめるのが良いでしょう。 ネイビースーツの着こなし~ビジネス・結婚式シーン~ 今では、 ビジネススーツの定番色であるネイビーは、先程紹介したように合わせるネクタイを選びません。 そのため、フォーマルな着こなしから遊びを効かせたものまで幅広く楽しむことができます。 グレースーツと比べるとフレッシュで爽やかな印象になります。 ブルー系の色味はストライプが目立ちすぎると派手な印象になりがちなのがネイビースーツの特徴です。 そこで、ベーシックなものでオススメなのが、シャドーストライプ。 グレーカラーをアクセントに落ち着いた大人の印象に。 基本的なポイントとして、スーツ、シャツ、ネクタイで柄モノは2つまでにするとよいでしょう。 ネイビースーツは、結婚式の二次会やパーティーシーンにオススメ。 カジュアルなレストランが会場の場合は、派手過ぎない程度の明るい色で華やかに。 高級なホテルが会場の場合は、ダークネイビーでシックに決めるのが良いでしょう。 色はダーク系で落ち着きのあるネイビーがオススメ。 柄モノはノーネクタイ時もオシャレにまとまります。 合わせるネクタイやシャツも柄数を少なく、スタイリッシュに着こなすとバランスが良くなります。 シャツはクレリックで襟部分にデザインの変化をつけてオシャレに。 季節感のあるブラウンのネクタイで暖かみをプラス。 スーツ生地:ドーメル イギリス スーツモデル:モダンクラシックダブルモデル **** いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介したように、ネイビースーツは季節問わず人気です。 だからこそ、ネクタイとの合わせ方や着こなしを知ることで、より幅広いオシャレを楽しむことができます。 これからネイビースーツを検討している方も、既に持っている方も、是非参考にしてみてください。

次の

「二次会で青のスーツを着こなす10のテクニック」

青 スーツ

ビジネスに黒スーツは基本的にNGです。 黒いタキシードに代表されるように、本来黒のスーツは晴れの日か葬儀のときに着るものです。 ビジネスの場に着ていくと「着飾りすぎ」になってしまいます。 派手な服装が好まれないビジネスにおいて、本当にかしこまった色は濃いネイビーかグレーの無地かストライプです。 特に海外では黒いスーツはパーティー用のイメージが強いため、海外のビジネスマンとお仕事をする際は必ずネイビーかグレーを選びましょう。 ネイビーかグレーのどちらが好まれるかは、相手の職種や年代によります。 一般的に ネイビー:堅い職種 グレー:柔らかい職種 ストライプ:若手 無地:ベテラン に好まれます。 ただ、就活の黒スーツに代表されるように、最近は黒スーツをビジネスの場でも着るようになりました。 NGとされるのは冠婚葬祭用の真っ黒なスーツで、目立たないストライプなどが入ったビジネス向きのスーツを着るのは問題ありません。 1-4. 夏もジャケットは着るべき?• 一般的に、安っぽさを感じさせないスーツは3万円程度からです。 店ごとの価格の相場は、スーツの量販店で3万円、百貨店で7万円、高級セレクトショップで15万円です。 予算に合わせて選びましょう。 15万円以上になると違いがほとんど分からなくなるため、コストパフォーマンスという点ではおすすめできません。 他のアイテムは、シャツは6千円、ネクタイは8千円、靴は4万円、ベルトは1万円、カバンは3万円程の予算で質の良いものが手に入ります。 まずは着回しの効くデザインで1セット、勝負服として揃えられると嬉しいですね。 3-2. 目立ち過ぎていないか• スーツは発祥の地であるイギリスを中心に作られ、スーツのマナーもその歴史とともに形成されました。 たとえば長袖シャツを着たり、ポケットのフタを使ったりするのは、今よりずっと高価であったスーツを汚れから守るためです。 また1番下のボタンを外すのは、スーツはもともと乗馬服であったため、1番下をあけないと動きにくかったからです。 元々は貴族たちが自分の身分を相手に示し、相手に礼儀を尽くすために着ていた服が、現在のスーツの元になっています。 日本ではスーツの歴史が浅いこともあり、クールビズを中心にカジュアル化が進んでいます。 自分の着心地の良さは大切ですが、一緒にお仕事をする相手への敬意も表す装いを心がけたいですね。 まとめ きちんと身だしなみを整えることの効果は第一印象アップだけではなく、あなた自身が自信を持ってお仕事できるようになる、ということにもあります。 まずは「」を守って、その他のマナーも少しずつ取り入れてみてください。 きちんとマナーを守ったスーツ姿で、気持ち良くお仕事を進めていきましょう。

次の

スーツ×青シャツ 着こなし特集!Vゾーンを爽やかに仕上げたメンズコーデ&おすすめアイテムを紹介

青 スーツ

ビジネスに黒スーツは基本的にNGです。 黒いタキシードに代表されるように、本来黒のスーツは晴れの日か葬儀のときに着るものです。 ビジネスの場に着ていくと「着飾りすぎ」になってしまいます。 派手な服装が好まれないビジネスにおいて、本当にかしこまった色は濃いネイビーかグレーの無地かストライプです。 特に海外では黒いスーツはパーティー用のイメージが強いため、海外のビジネスマンとお仕事をする際は必ずネイビーかグレーを選びましょう。 ネイビーかグレーのどちらが好まれるかは、相手の職種や年代によります。 一般的に ネイビー:堅い職種 グレー:柔らかい職種 ストライプ:若手 無地:ベテラン に好まれます。 ただ、就活の黒スーツに代表されるように、最近は黒スーツをビジネスの場でも着るようになりました。 NGとされるのは冠婚葬祭用の真っ黒なスーツで、目立たないストライプなどが入ったビジネス向きのスーツを着るのは問題ありません。 1-4. 夏もジャケットは着るべき?• 一般的に、安っぽさを感じさせないスーツは3万円程度からです。 店ごとの価格の相場は、スーツの量販店で3万円、百貨店で7万円、高級セレクトショップで15万円です。 予算に合わせて選びましょう。 15万円以上になると違いがほとんど分からなくなるため、コストパフォーマンスという点ではおすすめできません。 他のアイテムは、シャツは6千円、ネクタイは8千円、靴は4万円、ベルトは1万円、カバンは3万円程の予算で質の良いものが手に入ります。 まずは着回しの効くデザインで1セット、勝負服として揃えられると嬉しいですね。 3-2. 目立ち過ぎていないか• スーツは発祥の地であるイギリスを中心に作られ、スーツのマナーもその歴史とともに形成されました。 たとえば長袖シャツを着たり、ポケットのフタを使ったりするのは、今よりずっと高価であったスーツを汚れから守るためです。 また1番下のボタンを外すのは、スーツはもともと乗馬服であったため、1番下をあけないと動きにくかったからです。 元々は貴族たちが自分の身分を相手に示し、相手に礼儀を尽くすために着ていた服が、現在のスーツの元になっています。 日本ではスーツの歴史が浅いこともあり、クールビズを中心にカジュアル化が進んでいます。 自分の着心地の良さは大切ですが、一緒にお仕事をする相手への敬意も表す装いを心がけたいですね。 まとめ きちんと身だしなみを整えることの効果は第一印象アップだけではなく、あなた自身が自信を持ってお仕事できるようになる、ということにもあります。 まずは「」を守って、その他のマナーも少しずつ取り入れてみてください。 きちんとマナーを守ったスーツ姿で、気持ち良くお仕事を進めていきましょう。

次の