生理 中 太り やすい。 生理中は太ってしまうの?

生理中に体重が増える!太るのは仕方がない?対策はある?

生理 中 太り やすい

あれ?なんだか顔がパンパン・・・。 生理前や生理中に「太った」と感じる女性、多いのではないでしょうか?なぜ生理で太るのか、今回は詳しくチェックしていきましょう。 生理期間中 2. 生理終了後~排卵日 3. 排卵後~生理前 (生理周期が28日の人の場合、排卵日は14日目辺りが目安。 ) このサイクルの中で最も太りやすいのは生理前の「3. 排卵後~生理前」。 生理前は、体が栄養を蓄えようとするので体重1〜3kgほど増えるのは自然なことなのです。 この時期は黄体ホルモンが多く分泌されることにより血糖値が下がり、血糖値を安定させるためにアドレナリンが分泌されます。 アドレナリンは失われた栄養を補おうとするので食欲が増加するという仕組みです。 痩せやすいのは「生理後」 逆に最も痩せやすい時期は、「2. 生理終了後~排卵日」。 生理初日を1日目とすると6日目~14日目あたりがこの時期です。 脂肪燃焼作用や、自律神経の調子を整える作用を持つ卵胞ホルモンが多く分泌されるので、ダイエットが順調に進みます。 生理前に太らないための方法 1. 食べ方を工夫する 生理前の食欲増加には、空腹の状態を作らないようにすることが効果的です。 1日3食の量を、5回分にしてこまめに食べることによって常に空腹を満たしておきましょう。 満腹中枢を刺激するためによく噛んで食べるのもポイントです。 睡眠をしっかりとる 睡眠不足やストレスによって代謝が悪くなります。 脂肪を蓄えないためにも生理前と生理中は、無理をせず体を休めましょう。 むくみ予防 生理前のむくみ・体重増加はほとんど「水分」が原因と言われています。 しかし、むくみを予防するために水分摂取を控えるのはNG。 水分はしっかり摂りましょう。 また効果的に水分を排出する食品として、カリウムを多く含む大豆製品がおすすめです。 便秘がちになってしまう人は食物繊維たっぷりの食品を摂取するように心がけて。 「生理前は痩せにくいからしょうがない」と暴飲暴食をしてしまうと太ってしまいます。 rizap.

次の

生理中に太らない方法は?食事や運動などダイエット法は?

生理 中 太り やすい

「痩せやすい時期」っていつ? c Shutterstock. com 夏も近づき、薄着の季節になってきました。 肌の露出が増える夏本番までにダイエットを! とお考えの方も多いのではないでしょうか? ダイエットに関して「生理中は痩せにくい」「生理が終わると痩せやすくなる」などの言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、どうして痩せやすい・痩せにくいのかについてはご存知でしょうか? 実は女性のダイエットには「 基礎体温」とそこからわかる「 生理周期」がカギとなっています。 今回は「基礎体温」と「生理周期」を知ってダイエットに効果的なタイミングをみていきましょう。 基礎体温のサイクルでみる、痩せやすい時期とは? c Shutterstock. com 女性の体内では、様々なホルモンが正常に、周期的に分泌されることによって「排卵」や「生理」が起こります。 これを「 性周期」といい、個人差はありますが、約25〜35日、平均28日のサイクルで繰り返されます。 基礎体温を計測することで、この 生理から次の生理までを1周期としたサイクルがあることが見えてきます。 この周期の中で、基礎体温は 高温期と 低温期の2つに分けられています。 それぞれの期間での、痩せやすい・痩せにくい時期を確認しましょう。 〈 低温期〉 性周期が28日の場合、 生理開始から排卵までの約14日間が低体温期にあたります。 低体温期はさらに2つに分けられ、以下とされています。 生理開始から生理終了までの約7日間(=生理期間) 2. 生理終了から排卵までの約7日間 この2の 生理終了から排卵までが、痩せやすいとされている時期です。 この時期はエストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが多く分泌され、脂肪の燃焼を促したり、心を前向きにさせたりします。 〈 高温期〉 高温期は 排卵から次の生理がはじまるまでの約14日間をさします。 高温期も2つの時期にわけられ、以下とされています。 排卵からの約7日間 4. 次の生理の1週間前にあたる約7日間 4つの時期に合わせたダイエットプランをたてよう! c Shutterstock. com 実際に4つの時期に最適なダイエットプランをたててみましょう! 1. 生理開始から生理終了までの約7日間…体をあたためリラックスする 生理期間は基礎体温が低くなり、 血行不良や冷えが起こりやすい時期。 この期間は体を温める食事・睡眠やシャワーでなく湯船につかるなどを意識し、ストレスを溜めないよう、リラックスした時間を過ごしましょう。 ダイエットに関しては、「痩せる」というよりも「 今は体重を増やしすぎない」と意識するのがおすすめです。 生理終了から排卵までの約7日間…運動や食事を見直して集中的にダイエットを 生理が終了すると痩せやすい時期がやってきます。 この時期は 普段よりも運動量を増やすことがおすすめです。 特に排卵日直前は筋肉量が増えやすいホルモンバランスとなっているので、この時期の後半は いつもの運動に加えて筋トレを取り入れてみましょう。 食事については、過度な食事制限はせずに 三食バランスよくしっかりと食べ、間食はなるべく 控えるようにしましょう。 間食を制限することで、運動した分の 脂肪燃焼効果がより期待できますよ。 c Shutterstock. com 3. 排卵からの約7日間…生理に向けてダイエットメニューの調整を この時期は、2の生理終了から排卵までの約7日間よりも ダイエットの効果が出づらくなってきます。 運動を頑張ってもなかなか効果が出ず、かえってストレスになってしまうかも!? 体重がリバウンドしない程度の運動にとどめることがすすめ。 痩せやすい時期よりも走る距離を減らす、ランニングをウォーキングに変えるなど、少しひかえめな運動に変更してみましょう。 食生活は引き続き三食バランスのいい食事をとることをおすすめします。 次の生理の1週間前にあたる約7日間…一休みして生理に備える 生理前のこの時期になると、体が脂肪や水分を蓄えようとします。 そのため、この時期は むくみに対してアプローチしてみましょう。 具体的には、 マッサージを行う、むくみを悪化させる 塩分の多い食事を控えるなどの方法があります。 また、食欲のコントロールも効きにくい時期になっています。 低カロリーで糖質や塩分は控えめのものに、また、 適度に間食をとることで、 食べ過ぎなどを未然に防ぎましょう。 この時期は徐々に プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。 プロゲステロンには、 むくみやすくなったり、食欲がコントロールしにくくなったり、気分を沈めてしまったりする効果があるため、痩せにくくなってしまうのです。 さらに、次の生理の一週間前は、特に脂肪や水をからだに溜め込む時期になるので、 自然と体重が増えやすくなっています。 基礎体温をつける際の3つの注意点 c Shutterstock. com 低温期・高温期を知ってダイエットプランを立てるためにも、ぜひ 基礎体温を測る習慣をつけてみましょう。 基礎体温を測るときには、次の3つのポイントに注意してみてください。 ・ 毎日同じ時間に寝て。 同じ時間に起きて測る。 なるべく同じ状態での体温を計測しつづけるためにも、寝る時間と起きる時間を合わせましょう。 ・ 目覚めてすぐ、なるべく体を動かさずに測る。 基礎体温は婦人体温計を使って舌の上の温度を測ることをおすすめします。 起きてすぐ横になった状態のままで、検温しましょう。 ・ 計測状況のメモを取る。 起きてすぐ動いてしまった、寝坊していつもと違う時間帯にとってしまった、などいつもと条件が違う場合にはそれらもメモしておきましょう。 基礎体温を測ることは妊活のためだけではなく、皆さんのからだを知るうえでとても役に立つ習慣です。 自分のからだを知って、より効果的なあなただけのダイエットプランを立ててみてはいかがでしょうか? TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

生理中って太りやすいんでしたっけ?生理前は太りやすく、生理後は痩せやす...

生理 中 太り やすい

生理前は太りがちですが、女性はホルモン周期によってやせやすい時期もあると言われています。 その理由は、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が増えることにあります。 エストロゲンは排卵と妊娠の準備を促すべく、心身共に整えるという役割をもっています。 また「美人ホルモン」とも呼ばれており、肌や髪に潤いをもたらし、より美しく女性らしい体づくりに重要なホルモンです。 この効果は排卵前まで続くと考えられており、生理後から排卵前までがダイエットの「チャンス期」であると言われています。 月経まで続いたむくみやイライラが解消されて、気持ちが前向きになることも多く、体も軽く感じられるため、心身共にダイエットに向かいやすくなります。 そのため、エクササイズや食事制限など、集中して頑張るには絶好の時期だと考えられます。 普段より1駅多く歩いてみるなど、目標を決めて行うといいでしょう。 また、せっかく運動をして脂肪燃焼効果を高めても、カロリーを多く摂取してしまったら台無しです。 間食はできるだけ控えるように心がけて、どうしても我慢できない場合はヘルシーで不足しがちな栄養素を補給できる食材を選ぶようにしましょう。 しかし、実はこの時期の方が体温が上がり、基礎代謝が活発になると考えられています。 このため、この時期にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れると代謝が促され、体脂肪をより落とすような効果が期待できます。 生理中のダイエット方法次第で大きく差がつくかもしれませんね。 しかし、この時期はストレスが溜まりややすく情緒不安定な時期でもあります。 食欲がわいて困ったときは、食から意識をそらしてみてください。 例えばペパーミントやグレープフルーツの香りには食欲を抑える効果が期待できるので、アロマを利用してみるのもおススメです。 どうしても食欲に勝てないときは、思い切って食べてみるのもいいでしょう。 おすすめは、豆乳です。 豆乳に含まれるイソフラボンはホルモンバランスを整えて食欲を抑えてくれたり、イライラを緩和させてくれる効果があると言われています。 そんな時は、気晴らしに少し遠くのカフェに歩いていたり、いつもの買い物を散歩がてら少し多めに歩いていくといった簡単な運動でリフレッシュしてみるのはいかがでしょうか。 また、糖分が含まれない甘い香りのフレーバーティーを飲むなど、ストレスを溜めないように気持ちを落ち着かせる方法を探してみましょう。

次の