今年 の 方角。 破魔矢(はまや)とは?2020年の飾り方、処分の仕方と時期

恵方巻きの方角 早見表「2020年・2021年・2022年・2023年」かぶりの方角はこちら!7種の具材に意味はあった!

今年 の 方角

きわどい地域もありますので詳しくは鑑定をご依頼ください。 年で見る大凶方位は、下記のことを行うと大凶の影響を受けます。 ・直線距離200k以上の旅行• また一年を通しての大凶方位には、月で見て中吉方位であっても200k以上の方位取りには行けませんので、十分ご注意ください。 200k以内の旅行であれば問題ありません。 これを「呼ばれる」と言います。 大凶方位の恐ろしさ:その2「体感が無い」 ボクシングは顔を殴られるとすぐにダウンしますが、ボディを殴られてもしばらくは平気なのです。 でも、じわじわと足が動かなくなり、結果的にぼこぼこに殴られてしまいます。 後になって「そういえばあの旅行から俺の人生はぼろぼろだ・・・」と時間がたたないと気がつかないのです。 大凶方位に行くことを防ぐには?:その1「根性」 これは気合で行かないようにするしかありません。 友達の付き合いでも冠婚葬祭でも、出張でも、行けば必ず運気は下がります。 方位に理由は関係ありません。 ですので周りになんといわれようとも、予定をずらしたり、勇気を持って断ることが必要です。 大凶方位に行くことを防ぐには?:その2 竹下流気学極意「出張つぶし!」 しかしサラリーマンが命令に背くことは出来ません(それでも、可能な限り無理やり調整することは必要)。 もうどうしようもない場合は、出張つぶしを行います。 出張も同じです。 嘘のような話ですが、今までの打率は7割前後。 かなり高確率でつぶせますので、是非試してみると良いでしょう。 運気を上げるためには、良い方角に行くことも大切ですが、悪い方角に行くことを我慢する方がもっと大切です。 運気の落ちた人ほど悪い方角に用事が出来ます。 そして又悪い気を吸収して更に運気は落ちていきます。 悪循環はどこかで断ち切らなければなりません。 無理をしなければ運気は変わりません。 思い当たる人は無理をしてみてください。

次の

【節分】今更聞けない! 『恵方巻き』あれこれ おうちで作れる簡単レシピもご紹介! (1/2)

今年 の 方角

厄年は体に変化が出始めるとき? 厄年と言えば、誰もがすぐに数え年の男性42歳の「男の大厄」と、女性33歳の「女の大厄」を想像しますが、男性は25歳と61歳、女性は19歳と37歳、61歳も同じように厄年に当たっているのをご存知でしょうか? また、厄年の前年に当たる「前厄」と後の年に当たる「後厄」を合わせた3年間は充分に注意を払わなければならないといわれています。 厄年の根拠はさておいて、男性・女性の厄年とされる年は、男性や女性にとって体に変化がある時期と重なっていますので、注意すべき年であることは誰もが理解できることです。 人生における節目の年と捉えて自分の身体を注意深くチェックして、リフレッシュする良い機会かもしれません。 前厄、本厄、後厄をチャンスととらえて、今日から厄落とし厄除け生活をスタートしましょう。 厄年には体のケア(養生)を 貝原益軒は「養生訓」に、養生とは「変(へん)」に備える術であると書いています。 「変」とは、環境の変化や日常で蓄積されるストレスや有害物質のによる心や体の変化などのことです。 私たちを取り巻く「変」には、四季による自然環境の変化、加齢による肉体の変化、人間関係や環境などの変化、飲料水や食事の偏りなどによる厄(毒)の蓄積による体の変化、仕事や生活習慣からの睡眠の時間や深さの変化などがありますが、その「変」により体に蓄積される「厄(やく)」の体への影響に備えるのが厄年なのかもしれません。 厄年は、私たちを取り巻く環境や生活習慣を見直し、体のケアを行い心身ともにリフレッシュするよい機会にしたいものです。 厄年にやってはいけないこと 厄年にやってはいけないことはあるのでしょうか? 結婚。 引っ越し・・・・・・・ なぜ、厄年に結婚をやってはいけないの? なぜ、厄年に転職をやってはいけないの? なぜ、厄年に引っ越しをやってはいけないの? どれも、明確な根拠はありませんよね。 たとえ厄年であっても、十分に準備をし、迷いがなければ結婚も転職も引っ越しも慎重に進めればよいことです。 では、厄年にやると効果的なことはあるのでしょうか? 厄年をプラス思考にとらえて、体と心のケアと厄落とし厄除け生活を始めるにはチャンスのときです。 現在の私たちを取り巻く環境は、自動車の排ガスやごみ焼却場から出るダイオキシン、住宅建材から出るホルムアルデヒド、携帯電話やパソコンから出る有害電磁波、オゾン層破壊による強い紫外線など体への悪影響を心配されるものが数多くあります。 また、日本人は一年間に4㎏の食品添加物を食べているといわれています。 水道水の塩素はビタミンを30%も壊すともいわれています。 市販の野菜の30~40%には農薬が残留しているともいわれています。 このように私たちが知らないうちに口から取り込んでいる毒素(厄)を体外に出すことが非常に重要になってきます。 通常、体内に入った有害物質のおよそ70%くらいは便として排泄されます。 また、有害物質の約20%は尿として排泄されたり、汗として排泄されますので、厄落とし厄除け生活の基本は、有害物質を取り込むことを防ぐことと、腸内環境を良好に保つことや、適度の運動で良い汗をかくことで有害物質を排泄することです。 厄年をよい機会ととらえて、厄年にやってはいけないことを考えるより、プラス思考で厄落とし厄除け生活を始めましょう。 2020年女性の厄年早見表 2003年(平成15年)生まれ・数え年18歳 前厄 2002年(平成14年)生まれ・数え年19歳 本厄 2001年(平成13年)生まれ・数え年20歳 後厄 1989年(平成 元年)生まれ・数え年32歳 前厄 1988年(昭和63年)生まれ・数え年33歳 大厄 1987年(昭和62年)生まれ・数え年34歳 後厄 1985年(昭和60年)生まれ・数え年36歳 前厄 1984年(昭和59年)生まれ・数え年37歳 本厄 1983年(昭和58年)生まれ・数え年38歳 後厄 1961年(昭和36年)生まれ・数え年60歳 前厄 1960年(昭和35年)生まれ・数え年61歳 本厄 1959年(昭和34年)生まれ・数え年62歳 後厄 方位除けには分類するとふたつの種類があります。 1つは「年回り」による方位除けで、本命星が、その年にどの方向に位置して いるかで吉凶を占い災いを防ぐための方位除けです。 そして、もう一つが転居や旅行など、文字通り行く先の「方角・方位」による災いを防ぐための方位除けです。 家族でも、生まれ年によって良い方角・悪い 方角は異なるため、なかなか家族全員の吉方位が揃うことはありません。 そのような場合に方位除けのお祓いを受けて、災いを少しでも無難に収めます。 厄除け、方位除けの年にあたる方は、まずはお近くの氏神様や崇敬神社にてお祓いをお受けると良いでしょう。 2020年の年盤と方位除け一覧は下記のようになります。 ・本命星が北東の表鬼門に回座する年は、何事にも変化・変動が多く、運気も衰えがちになります。 けがや病気にも注意が必要な年となるので方位除けをすると良いでしょう。 ・本命星が北に回座する年は、最も運気が停滞する年です。 何事にも謙虚な気持ちで、次の飛躍への準備の年となるので方位除けをすると良いでしょう。 ・本命星が南西の裏鬼門に回座する年は、前年まで衰退の運気が徐々に好転しはじめます。 しかし無理は禁物。 特に年の前半は要注意なとしとなるので方位除けをすると良いでしょう。 2020年は、本命星が一白水星、三碧木星、四緑木星、七赤金星の人が必要に応じて方位除けをすると良い年回りとなります。 八方塞(静観宮) 七赤金星 1921(大正10年) 1930(昭和5年)・1939(昭和14年)・1948(昭和23年)・1957(昭和32年)・1966(昭和41年)・1975(昭和50年 ・1984(昭和59年) 1993(平成5年)・2002(平成14年)・2011(平成23年)・2020(令和2年) 裏鬼門(準備宮) 四緑木星 1924(大正13年) 1933(昭和8年)・1942(昭和17年)・1951(昭和26年)・1960(昭和35年)・1969(昭和44年)・1978(昭和53年)・1987(昭和62年) 1996(平成8年)・2005(平成17年)・2014(平成26年) 表鬼門(変化宮) 一白水星 1927(昭和2年)・1936(昭和11年)・1945(昭和20年)・1954(昭和29年)・1963(昭和38年)・1972(昭和47年)・1981(昭和56年) 1990(平成2年)・1999(平成11年)・2008(平成20年)・2017(平成29年) 北(困難宮) 三碧木星 1925(大正14年) 1934(昭和9年)・1943(昭和18年)・1952(昭和27年)・1961(昭和36年)・1970(昭和45年)・1979(昭和54年)・1988(昭和63年) 1997(平成9年)・2006(平成18年)・2015(平成27年) 人生においては、気の充実した運気の良い時と 気の沈滞した運気の悪い時とのいくつかの波があります。 気の沈滞した運気の悪い年回りの時は、健康で充実した人生を送りたいと願って方位除けをすることで、人生の大切さや人生の意義を考える良い機会とすると良いでしょう。

次の

風水鑑定、引越し・方位・時期(2020年 令和2年度)

今年 の 方角

今年の恵方巻きの方角は? まず、結論から述べます。 2020年今年の恵方巻きの方角は、 『西南西やや右』です。 「西南西」自体ぱっと言われたらどの方角かわからないと思いますが、 感覚としては 『ほぼ西だけど、わずかに南より(向かって左)』といったところ。 スマホでグーグルマップを開いたら自分が向いている方角がわかるので、大体この方角になるように調整するのが一番楽かなと思います。 今年の恵方巻きの方角がわかったと思いますが、 ついでに恵方がどのように定められているのか説明していきます。 恵方巻きの方角 恵方巻きの方角は毎年違うのでややこしく感じますが、 実は4つの方角しかありません。 東北東やや右(ほぼ東でわずかに北寄り)• 西南西やや右(ほぼ西でわずかに南寄り)• 南南東やや右(ほぼ南でわずかに東寄り)• 北北西やや右(ほぼ北でわずかに西寄り) このように綺麗に90度間隔の4つの方角です。 そして、これら4方角のうち今年の恵方を定めるのは、 干支の 十干(じっかん)です。 よく「今年の干支は〇年」と言うと思いますが、 それは『子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥』の十二支です。 それに対し十干は、 『甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)』の十種類からなります。 毎年十二支のうちの一つが干支として定まっていますが、 同じように十干もそれぞれ割り当てられており、西暦の下一桁できまります。 甲:4、乙:5、丙:6、丁:7、戊:8、己:9、 庚:0、辛:1、壬:2、癸:3 そして、以下の方角に対応します。 甲・己: 東北東やや右• 乙・庚: 西南西やや右• 丙・辛・戊・癸: 南南東やや右• 丁・壬: 北北西やや右 今年は2020年なので、『庚』で 『西南西 やや右』ですね。 恵方の順番を追ってみよう 次に年ごとの恵方の方角の変化を見てみましょう。 この方角も順番に回ってくるんだったらいくらかマシでしょうけど、 この規則もまた少々ややこしいのです。 少し南の割合が高いんですよね。 ちなみに何故「やや右」というのが付いているのでしょうか? 「やや右」の理由 私達は日頃「東西南北」で方角を示しています。 「東・西・南・北」で4方位• 漢字2つを重ねて「北東」や「南西」などで8方位• 漢字3つを重ねて16方位• さらに「微」を用いて32方位 これらが一般的に私達が用いているものです。 これに対し、東洋(中国を中心とする東アジア)は、 6方位、12方位、24方位などを用いています。 恵方というのは、この24方位によって表されたものなので、 私達が用いる32方位ではどうしてもズレが生じてしまうのです。 これが「やや右」の理由です。 恵方巻きの正しい食べ方 続いて恵方巻きの正しい食べ方についてご紹介します。 恵方巻きを食べるポイントは以下の3つです。 切らずに食べる• 恵方の方角を向いて食べる• 黙って願い事を思い浮かべながら食べる 切らずに食べる 恵方巻きは食べやすいように切って食べたいところですが、 そうではなく、切らずに1本をそのまま食べましょう。 これには「縁を切らない」というような意味があります。 恵方の方角を向いて食べる ここまで散々の方角の話をしておいていまさらですが、 恵方巻きは、恵方の方角を向いて食べるようにしましょう。 恵方というのは、 その年の幸せをつかさどる『歳徳神(としとくじん)』がいるとされており、 縁起が良い方角です。 黙って願い事を思い浮かべながら食べる 恵方巻きを全部食べ終えるまでに言葉を発してしまうと、 運が逃げてしまいます。 黙って願い事を頭に思い浮かべながら食べることで願いが叶うと言われているのです。 恵方巻きの起源・由来 最後に恵方巻きの由来について説明します。 起源と現在のように普及しだした経緯について見て行きましょう。 恵方巻きの起源 その起源は様々な説があり、はっきりしていませんが、 時代としては 『江戸時代末期』ではないかとされています。 以下が様々な起源の説の一例です。 「大阪の商人が商売繁盛を祈願した」、「恵方巻きを鬼の金棒と見立てて厄除けの意味で食べていた風習」、「豊臣秀吉の家臣が節分の日に海苔巻きを食べて次の日に勝利した」など。 恵方巻きの普及の経緯 大正時代から戦前には、 大阪の一部の地域で節分に恵方巻きを食べる風習が定着していたことが確認されています。 戦後に一度廃れてまた復活したり、 大阪を中心に色々あり段々大きくなっていき、1970年代にメディアで報じられ関西まで広がりました。 はじめは大阪と兵庫県の 『ファミリーマート』が先駆けとなり、 全国的には 『セブンイレブン』が1989年に広島で販売し、翌年から地域を拡大していき、 1998年に全国まで普及したのです。 なんとも強かですね。 あとがき 以上、「恵方巻きを食べる方角」から、 「恵方巻きの正しい食べ方」、「恵方巻きの由来」などについてでした。 方角は「やや右」という曖昧な表現をする割には、 恵方巻きの食べ方には少し細かいルールがあるところが面白いです。 私は毎年恵方巻きを食べている記憶があるのですが、 それにしては意外と最近の風習なんですよね。 恵方巻きの風習はもっと古くからあるものだと思っていましたが。 コンビニの戦略によって普及した恵方巻きですが、 恵方巻きのようにコンビニから普及するような新たな風習は今後現れるんでしょうか? また、今回は恵方巻きに関しての記事でしたが、 節分の豆まきの由来や正しい方法についても記事にしました。 是非こちらもご覧ください。

次の