ケト アシドーシス。 糖尿病性ケトアシドーシス

糖尿病性ケトアシドーシス昏睡(原因・症状)

ケト アシドーシス

概要 糖尿病とは、(血液中に含まれるブドウ糖)が慢性的に高くなる病気のことです。 私たちは食事をすると血糖値が上がります。 この仕組みが備わっているため、私たちの血糖値は飲食しても一定に保たれているのです。 一方、糖尿病ではインスリンの分泌量が減少したり、インスリンのはたらきが弱くなったりするため、血糖値が高い状態が続くようになります。 この状態が長期間に及ぶと全身の血管に障害が起こるようになり、重症化すると失明・・足の切断などQOL(生活の質)を大きく低減させるような合併症ややなどの病気を引き起こすことがあります。 日本では1,000万人ほどが糖尿病に罹患していると推定されており、注意すべき病気のひとつです。 しかし、昨今の糖尿病の負の面を強調した情報が社会における糖尿病に対する偏見を助長してしまった面は否めません。 誤った情報により糖尿病に対する負のイメージが定着してしまったことから、周囲に病気のことを話せない、幼稚園や保育園の入園を断られる、生活に必要なサービスが受けられないといった事例も報告されています。 このような、社会の糖尿病に対するスティグマ(負の烙印)に多くの患者がストレスを感じています。 この現状を受けて日本糖尿病学会と日本糖尿病協会は、糖尿病をもつ人が病気を隠したりせずに安心して生活を送れる社会の実現を目指す活動(アドボカシー活動)を始めました。 アドボカシー活動では、一般の人に向けて糖尿病に関する正しい知識を広めるために、新聞へ意見広告を掲載するなど偏見や差別をなくすための活動を行っています。 糖尿病は、治療の継続により良好な血糖コントロールができていれば普通の人と変わらない健康な生活を送ることができます。 糖尿病の治療には周囲の病気や治療への正しい理解やサポートが得られる環境づくりも大切です。 インスリンの分泌量やはたらきに異常が生じる原因としてもっとも多いのは、高脂肪・高カロリー・食物繊維不足などの食生活や、運動不足、ストレス、睡眠不足、習慣などの生活習慣の乱れが挙げられます。 一方、糖尿病の中には免疫のはたらきの異常により、インスリンを産生する膵臓の細胞が破壊されることで発症するタイプのものもあります。 そのほか、をきっかけに発症する糖尿病、・膵がんなど膵臓の病気で発症する糖尿病などもあります。 そのため、中には糖尿病を発症すると、喉の渇き、尿量の増加、倦怠感、体重減少などが現れるケースもありますが、多くは自覚症状がないとされています。 一方、が高い状態が続くと、血液中に多量に存在するブドウ糖が血管を傷つけることが分かっています。 そして最終的には、失明、人工透析、足の切断など、日常生活に極めて大きな支障をきたす状態に陥る可能性も生じます。 また、やなどの病気の発症リスクも高くなります。 そのほかにも糖尿病を発症すると免疫力が低下していくため、風邪をはじめとした感染症にかかりやすくなり、高齢者ではやなどが重症化して命に関わる状態に陥るケースも少なくありません。 検査・診断 糖尿病が疑われるときは次のような検査が行われます。 血液検査 血液検査ではや過去1~2か月の血糖値の状態を反映するHbA1c値を調べるほか、インスリンの分泌能力などを評価することも可能です。 経口ブドウ糖負荷試験 早朝の空腹時に一定量の糖分が含まれた飲料を摂取し、摂取前後の血糖値の変化を調べる検査です。 糖尿病を発症すると空腹時の血糖値が高くなったり、摂取後の血糖値の下がりが悪くなったりするといった特徴的な結果が見られるため、糖尿病の確定診断に用いられる検査のひとつとなっています。 合併症の有無を調べる検査 糖尿病が疑われるときや糖尿病と診断された場合は、網膜の状態を調べる、腎機能検査、腱反射、の程度を調べる検査などが必要に応じて行われます。 治療 糖尿病と診断された場合は次のような治療が行われます。 生活指導 生活習慣の乱れが発症に大きく関与している2型糖尿病では、第一に原因となる食生活や運動習慣の乱れを正す生活指導が行われます。 発見された時点で早急な治療を要する重症な場合を除き、1~2か月ほど生活改善を行ったうえで薬物療法など次のステップの治療に進むか否かを判断するのが一般的です。 インスリン以外の薬物療法 生活改善などを行ってもが十分に下がらない場合は、血糖値を下げる薬による薬物療法が行われます。 血糖値を下げる薬にはいくつかの種類の飲み薬や注射薬(GLP-1受容体作動薬)があり、自身に合うタイプや量を決めていきます。

次の

糖尿病ケトアシドーシスについて

ケト アシドーシス

ketoacidosis の蓄積により体液のpHが酸性に傾いた状態。 は、かぜやなどの感染症にかかっている時や、強いストレス下にある時など、血液が体組織よりももっと酸性に傾いている時に急激に発症する。 性は、主に1型患者に起こる。 が不足した状態では、 の代りに脂肪のが亢進し、が作られる。 1型患者で、を十分に補わないと、値が上がり続け、が血液中に蓄積しをきたす。 この状態ではが損傷を受け、さらにが加わると意識障害(昏睡)を起こす。 最近、清涼飲料水をたくさん飲むうちに、性に陥るという深刻な問題がおきている。 大容量のペットボトルで清涼飲料水を飲んでいたことから、ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトーシス)と名付けられている。 2005. 15 掲載) (2009. 16 改訂) 削除された行 [[ケトン体]]の蓄積により体液のpHが酸性に傾いた状態。 [[ケトアシドーシス]]は、かぜや[[インフルエンザ]]などの感染症にかかっている時や、強いストレス下にある時など、血液が体組織よりももっと酸性に傾いている時に急激に発症する。 [[糖尿病]]性[[ケトアシドーシス]]は、主に1型[[糖尿病]]患者に起こる。 [[インスリン]]が不足した状態では、[[グルコース]] [[ブドウ糖]] の代りに脂肪の[[代謝]]が亢進し、[[ケトン体]]が作られる。 1型[[糖尿病]]患者で、[[インスリン]]を十分に補わないと、[[血糖]]値が上がり続け、[[ケトン体]]が血液中に蓄積し[[ケトアシドーシス]]をきたす。 この状態では[[細胞]]が損傷を受け、さらに[[脱水]]が加わると意識障害([[ケトアシドーシス]]昏睡)を起こす。 最近、清涼飲料水をたくさん飲むうちに、[[糖尿病]]性[[ケトアシドーシス]]に陥るという深刻な問題がおきている。 大容量のペットボトルで清涼飲料水を飲んでいたことから、ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトーシス)と名付けられている。 2005. 15 掲載).

次の

糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)

ケト アシドーシス

種々の原因によって血中乳酸値(正常値: 3. 3-14. 原因としては以下に挙げる3つの病態が考えられる。 第一には組織の低酸素状態から嫌気的解糖が進行し,乳酸が過剰に産生される病態が挙げられる。 これは種々のショック,重症呼吸器疾患,DIC(播種性血管内凝固)などによって生じるものである。 第二の病態としては,低酸素血症がなくてもミトコンドリアの異常により,嫌気性解糖が進行する病態が挙げられる。 すなわち重症のインスリン分泌不全をともなう糖尿病,ミトコンドリア糖尿病,ビグアナイド薬で治療されている糖尿病などにより発生する。 第三の病態としては,重症肝不全が挙げられる。 また,エタノールによる糖新生異常の状態でも乳酸アシドーシスは発生する。 治療としては,ショック,低酸素血症の改善が重要である。 重炭酸はpH7. 1以下の場合に使用する。 肝性昏睡,アルコール中毒,大出血などの基礎疾患があるときは,これらに対する治療を優先する。

次の