アーチャー 伝説 裏 ワザ。 【SFC裏技】餓狼伝説SPECIAL

狂乱ステージ

アーチャー 伝説 裏 ワザ

ここがポイント!• セレビィのつかまえかた セレビィはポケモン金・銀に登場した幻のポケモン。 ミュウと同じ扱いなのだが、初代ポケモンの裏技でミュウがコピーできてしまったことから、バグ技などで簡単にはコピーできないようにされたキャラクターである。 Sponsored Link しかし人間は珍しいものが好きである。 ゲットしにくければしにくいほど欲しくなるものだ。 この裏技はそんな欲を利用して広まったデマだと思われる。 セレビィの捕まえ方については多くのデマが存在するが、中でも有名なものを紹介する。 ・ホウオウに「 きんのはっぱ」、ルギアに「 ぎんのはっぱ」を持たせる ・アイテムを持たせた状態で2匹を育て屋に預ける ・このまま「 ウバメのほこら」に行ってほこらを調べる ・するとそこにセレビィが現れる 裏技のバリエーションとして、アイテムを持たせるポケモンが別のポケモンに変わっていたり、持たせるアイテムが別のものだったりする。 しかしこれらは全てデマなので「 誰かに何かを持たせる」とか「 ウバメのほこら」というキーワードが出てきたら嘘だと思った方がいいだろう。 そもそも セレビィを捕まえる方法は残念ながら存在しないので、あきらめてストーリーを進めたほうがいい。 時にはあきらめも肝心だ。 ジラーチを出す方法 これも幻ポケモンに関係した裏技。 ルビー・サファイアで初登場した ジラーチだが、七夕をモチーフにしているとあって 毎年7月から8月に行われるイベントで手に入れられる。 普通にプレイしていてもこのポケモンが出てくることはないので、逆に言えばイベントでしかゲットできない。 しかしこのジラーチにも、やはり 裏技が存在した。 Sponsored Link トクサネシティには宇宙センターというロケットの研究所がある。 この研究所のなかに「 白い岩」と呼ばれる謎の岩が存在するのだが、この岩に100回話しかけるとジラーチが出てくると言われていた。 もちろん嘘なのだが、このデマの面白いところは話がどんどん大きくなっていったところだ。 同じ建物の中にロケットの打ち上げ回数を教えてくれる人がいる。 この回数が100回になってから「 白い岩に100回話しかける」というバージョンもあるのだ。 ひどいところでは「岩に1万回話しかける」という裏技も紹介されているのだ。 恐らく100回話しかけるだけでは簡単すぎて、すぐに嘘だとわかってしまうと感じた人たちがイタズラ心から話を大きくしたのだろう。 もう数を覚えておくために 「正」の字を書く必要はない。 今すぐにペンを置こう。 ボタン連打でホントに捕まえやすくなるの? これは初代ポケモンの頃からあった裏技だ。 野生ポケモンを捕まえるために必要な モンスターボール。 いくつかの種類があってそれぞれ質というかグレードが違う。 値段の高いものほど捕まえやすくなるが、どうせなら安いボールで捕まえたいところ。 また、野生ポケモンは ダメージを与えて少し弱らせた方が捕まえやすくなるのだが、調整が難しい。 強く育てすぎたキャラに攻撃させると一発で倒してしまうし、弱いキャラだとほとんどダメージを与えてくれなかったりもする。 「 欲しいのに全然捕まえられない!」そんな時はボールを投げた瞬間から ボタンを連打するといい。 ゲーム機によっても違ったりするが、大体はAボタンかBボタンだとされている。 こうするといつもより少しだけポケモンが捕まえやすくなるのだそうだ。 が、 もちろんこれも嘘である。 だが筆者も子どもの頃は嘘を信じて連打しまくったものだ。 おかげで親指がずっと痛かった思い出がある…。 ポケモンを「集める」ことが目的の一つになるゲームなのでプレイヤーも必死だ。 今回紹介したようにネット上では、 そんな必死さを悪用した嘘の裏技が多く存在する。 夢があって面白いとは思うが…この記事を読んでいる方にはどうか「正しい物事を見分ける力」をつけてもらいたい。

次の

【SFC裏技】餓狼伝説SPECIAL

アーチャー 伝説 裏 ワザ

2人同時プレイや、コンティニュー後も30人。 上下で選択し、スタートで開始。 上下で選曲、Bで演奏開始、Aで演奏停止、スタートで終了。 2人同時プレイや、コンティニュー後も30人。 上下で選択し、スタートで開始。 上下で選曲、Bで演奏開始、Aで演奏停止、スタートで終了。 コンティニュー後も9人。 上下で選曲、Aで演奏開始、Bで演奏停止、スタートで終了。 このデモンシードを撃ちこんで破壊すると、隠しアイテムのホーミングが飛び出す。 このカプセルを撃ちこんで破壊すると、隠しアイテムのホーミングが飛び出す。 プレイヤーアウト時の声が聞こえれば入力成功。 残機が30人に増える。 2人同時プレイや、コンティニュー後も30人のまま。 エイリアンの声が聞こえれば入力成功。 「STAGE SELECT」画面になる。 セレクトか上下で選択し、スタートで開始。 30人コマンドを入力してからリセットを押し、再度ステージセレクトのコマンドを入力すると、2つの裏技を同時に使うことができ、30人で好きな面からスタートできる。 上下左右で選曲、Yで演奏開始、Bで演奏停止、スタートで終了。 HARDのアントヘル戦では必須のテクニック。 2つの武器で同時に攻撃ができる。 シーナの断末魔が聞こえれば入力成功。 スタートボタンを押す。 残機が70人になっている。 多すぎ。 ファングの断末魔が聞こえれば入力成功。 スタートボタンを押す。 プレイヤーセレクト後、「STAGE SELECT」画面になる。 1Pパッドの上下で選択し、スタートで開始。 レイの断末魔が聞こえれば入力成功。 全ての武器が手に入る。 ゲーム中何度でも使用可能。 」を選択する。 上…縦回転。 下…ストップ。 左…左に回転。 右…右に回転。 A…縮小。 B…拡大。 C…元の位置に戻る。 一度タイトル画面に戻るので再スタートすると残機が無限になっている。 一度タイトル画面に戻るので再スタートする。 ゲーム中、スタートを押すと現在いるステージをスキップして次のステージに進めるようになっている。 難易度EASYでステージ4をプレイすることができる(本来なら、EASYはステージ3までで終了)。 残機7人、ボム5発、ファイヤーショット装備で最終面(ステージ5)から開始できる。 5面クリア時に総合ランクBかCだとバッドエンディング。 AかSだと6面へ。 6面クリア時に総合ランクBかCだとノーマルエンディング。 AかSだと真のボス戦へ。 真のボスを倒すとグッドエンディング。 総合ランクSだとグッドエンディング+最終1枚絵。 5面、6面、真のボス戦は、1度クリアすると「戦闘訓練」に追加される。 さらに、バッドエンディングを見ると「データベース」が、グッドエンディングを見ると「イラストギャラリー」が追加。 さらに総合ランクSでグッドエンディングを見ると特別なムービー「魂斗羅VS スパークスター」が追加される。 以後総撃破率が5000%ごとに初期残機数が1追加。 最大5機(22500%)まで。 ただし、クレジットが減ったときと、新しくタイトル画面を見ると元に戻る。 もしくは、全ステージを撃破率100%でクリア。 チャレンジをクリアした数によって、以下の特典が開放される。 成功すると効果音が鳴り、両手の武器が2段階にパワーアップする。 ただし、1ステージにつき1回のみ有効で、2回以上使うと自滅してしまう。 難易度ノーマルとハード限定(イージーは最初から武器が2段階になるため必要ない)。 LUCIA、SHEENA、PROBOTECTORは、キャラクター選択で「上、上」か、「下、下」か、「X、X」と押すと、別カラー3色を選択できる。 上下で選曲、Yで演奏開始、Bで演奏停止、スタートで終了。

次の

【PS4版ポータルナイツ】小ネタ・裏技・豆知識まとめ

アーチャー 伝説 裏 ワザ

タップできるもくじ• 評論とは何なのか? アーチャー伝説 アーチャー伝説に登場するペットの統計データを見ると、「 自分の評論」という項目があります。 何だよそれ...... って感じですよね。 評論という言葉なだけあって、文才を持ったペットなのでしょうか? 評論とは クリティカル率アップのことです。 調べてみるとどうやら、評論は英語で「 criticism」と言います。 そのcritの部分がcriticalと認識されて、クリティカルになったのではないかと考えています。 メレ部隊ってどういう意味? アーチャー伝説 アーチャー伝説に登場する装備の統計データを見ると、「 メレ部隊ダメージ」という項目があります。 メレ部隊って誰だよ!!と思ったプレイヤーも多いはず。 一体メレ部隊とは何を表すのでしょうか? メレ部隊とは「 体当たりをしてくるモンスター」を表します。 なのでメレ部隊ダメージは、 体当たりをしてくるモンスターに与えるダメージのことですね。 体当たりしてくるモンスターには、突進してくるヘビや分裂するモンスター、クモなどがいます。

次の