御足労頂きありがとうございます。 メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

ビジネスメールで打ち合わせ後のお礼をするときの例文まとめ

御足労頂きありがとうございます

その意味を利用して、たとえ歩く、行く、来るといった行為に重点が置かれない場面でも使用できるのが「ご足労おかけしますが」という表現です。 最も有用なのは上司や顧客とのコミュニケーションにおけるクッション言葉としての活用です。 上司にわざわざ現場の視察に来てもらったり、会議への出席や交渉の場への隣席を依頼したりする場合に、「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」と伝えるといいでしょう。 また、顧客に対して店舗への再来店を要求しなければならない場面もしばしばあります。 そのような際に「ご足労おかけしますが、この日以降に再度ご来店いただけますか」という使い方ができるでしょう。 このようにクッションとなる言葉を利用すると相手の印象が格段によくなります。 実際の負担が来ることにあるか、その後に必要になる会議や交渉などの行為にあるかにかかわらず使用できるクッション言葉として「ご足労おかけしますが」を利用していくといいでしょう。 どのような言い回しがあるかを知って覚えておくとすぐに使用できるようになるでしょう。 <例文> ・(来社前)「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 」 ・(来社前)「ご足労おかけしますが、弊社へのご尽力を決断して下さいまして御礼の言葉もありません。 」 ・(来社後)「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です。 」 ・(来社後)「本日はお足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます。 」 基本形としてまず覚えておくといいのが「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」という表現であり、ビジネスメールのやり取りの最後によく用いられる表現です。 あるいは直接会話しているビジネスシーンでも、イベントへの参加の承諾を得たり、後日に会社まで来てもらえる交渉に成功した際にはよく用いられます。 また、協力を得られて後日に会社まで来て指導をしてもらえるといった場合には「ご足労おかけしますが、弊社へのご尽力を決断して下さいまして御礼の言葉もありません」という表現も可能です。 一方、実際に来てもらった場合には少し表現を変える必要があります。 基本形となるのが「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です」という表現です。 また、雨の日に来ていただいた方に対して「本日はお足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます」という表現も活用できるでしょう。 パターン化していくつかをすぐに口にできるようにしておきましょう。 ぜひ意味と使い方、使い分け方をしっかり押さえてスムーズに使えるようにしましょう!.

次の

「ご足労いただき」とは?目上の人に使える?会話やメールで使用例・「ご足労」を使った表現も解説

御足労頂きありがとうございます

足労の本来の意味は足を働かせるというものであり、平たく言えば歩く、来る、行くなどの行為を示すものです。 ご足労とはそれを敬語表現としたものであり、この場に足を向けて来てくれたことを意味します。 その延長線上として、「こちらの要望に応じて、わざわざこの場にまで足を運ぶようにお願いしてしまいますが」という意味を持つのが「ご足労おかけしますが」という表現です。 「ご足労おかけしますが」が必ずしも定型句として頻用されるわけではなく、ご足労を用いる表現は多数あります。 「ご足労いただく」というのは同様に広く用いられる表現であり、例えば「ご足労頂きありがとうございます」のように、「わざわざ足を運んでいただき(ありがとうございます)」のように使います。 「ご足労おかけします」「ご足労頂く」は場面に応じた使い分けが必要になりますが、いずれも相手がわざわざ出向いてくれたことに対して敬意を表するための表現であることに変わりはありません。 広い使い方では相手の行ってくれた行動全般に対する敬意表現として用いる場合もあることは留意しておきましょう。 これからわざわざ来ていただくことに対して敬意を払うために使う表現であるのが基本であり、依頼の際に使用するようにしましょう。 そのため、実際に会って使用するよりはむしろビジネスメールを送る際や、電話などのやり取りのときに用いられることが多い表現です。 ただし、気をつけておきたいのは依頼のどのタイミングで使用するかという点です。 まだ依頼を承諾していない時点から「ご足労おかけしますが」と言ってしまうと、来てもらうことが前提になってしまい押し付けがましい印象を与えます。 タイミングとしては依頼を承諾してもらった後で、その承諾に対するお礼として「ご足労おかけしますが」という表現を使うのが適しているでしょう。 来てもらうことを意味してしまうからこそ、その事実が確定するまでは使用しないのが原則です。 タイミングに応じて同じ言葉であっても表現を変える必要があることは留意して使用していきましょう。 来社してもらいたい場合は、 ・弊社までお越しいただけますか? ・ご来社願えますか? ・お出でいただくことは可能でしょうか。 ・こちらまでいらしていただけませんか。 ・おいでいただけると幸いです。 などのフレーズが使えます。 続いて、「ご足労いただけますか」の使い方を例文で確認してみましょう。

次の

ビジネスメールで打ち合わせ後のお礼をするときの例文まとめ

御足労頂きありがとうございます

ご足労・お運び / 「ご足労(名詞)」は、相手に来てもらったことを敬っていうとき使う敬語表現(尊敬語)です。 「運ぶ(動詞)」も「来る」「行く」の尊敬語で、接頭語の「お」をつけて「お運びくださる」のように使います。 ビジネスシーンでの使用例は以下の通りです。 先日は弊社までわざわざご足労頂き、誠にありがとうございます。 遠方よりわざわざご足労いただき、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。 〜の際には、遠路わざわざお運びいただき、誠にありがとうございました。 先日はご足労おかけしました。 わざわざ弊社までお運びいただき、大変恐縮です。 当店まで、ようこそお運びくださいました。 お近くにお越しの折は、ぜひお立ち寄りください。 遠路ご列席の栄を賜り、• 先般はわざわざ当社までお越しいただき、まことに恐縮に存じます• 先日は、お忙しい中わさわさ拙宅までご足労いただきありかとうございました。 先日は拙宅までご足労いただきまして、厚くお礼申し上げます。 ご足労をおかけし、申し訳ございません。

次の