ロベルト ビア ジーニ デザイナー。 ルオーテ マルケジーニ

ルオーテ マルケジーニ

ロベルト ビア ジーニ デザイナー

今季はクラッチバッグと共にベルトもオーダーしました。 素材はおなじみクロコダイルレザー。 今シーズンはさらに職人の手作業によるパティーヌ ムラ染め 仕上げを施しております。 それにより深みのある表情に仕上がりました。 斑の表情、色の出具合、同じものが一つとしてないまさにスペシャルな逸品となっております。 デニム等と合わせてカジュアルスタイルは勿論、スーツに合わせて、パーティーシーンにもオススメの一本です。 ご利用の端末、ディスプレイによって色味に差が出る場合がございます。 ご了承ください。 表示 サイズ 全長 幅 ウエスト 調整範囲 90 100cm 3. 0cm 80. 5cm 95 105cm 3. 0cm 85. 5cm 100 110cm 3. 0cm 90. 5cm 105 115cm 3. 0cm 95. サンプルを使っての採寸になりますので、お客様の手元にお届けする商品と表記寸法の間に若干の誤差が生じる場合がございます。 ご了承くださいませ。 在庫数の更新は随時行っておりますが、お買い上げいただいた商品が、品切れになってしまうこともございます。 その場合、お客様には必ず連絡をいたしますが、万が一入荷予定がない場合は、キャンセルさせていただく場合もございますことをあらかじめご了承ください。

次の

プラートとは

ロベルト ビア ジーニ デザイナー

公道で求められる高性能と機能美の追求 公道でストリートホイールに求められるもの. それはクルマ本来の性能を引き出すことではないでしょうか。 私達はその答えは純正と同サイズの軽量・高剛性な鍛造ホイールだと考えます。 「純正ホイールのバランスの良さに、高次元な性能と所有欲を満たすデザインを加えられたら。 」私達とこの想いを共有するひとりの人物がいます。 イタリアの高名なホイール設計家ロベルト・ マルケジーニです。 市販車向けホイールにはじまりレーシングホイールまでもデザインしてきたマルケジーニは、レースと公道では求められる性能が違うことを知っています。 彼を迎えスポーツホイールの常識を覆す挑戦が始まりました。 新コンセプトホイールブランド『ルオーテ マルケジーニ』の誕生です。 本物を知るホイールデザイナー デザインを担当するロベルト・マルケジーニはイタリアにおいて、「カンパニョーロ」「マービック」や「マルケジーニ」での活躍で設計家としての地位を確立し、現在もモトGPで多くのファクトリーに採用される「MFR」でレース用ホイールをデザインし続けています。 ホイールに必要な性能を熟知するロベルト・マルケジーニによる機能美とも言えるデザインと、芸術的なマシニング加工のノウハウを、世界のパフォーマンスカー用純正鍛造ホイールの製造を請け負うファクトリー「SAI社」で製品化しています。 パフォーマンスカー用純正鍛造ホイールと同じ製造技術・品質管理のプロセスを経て生産されるのが、『ルオーテ マルケジーニ』です。 サイズ設定 サイズ設定は運動性能や走行安定性、乗り味などを考慮して導き出された純正サイズをベースとしています。 ホイールを交換したことで愛車の本来の運動性能をスポイルしたり、ちょっとした路面の変化でハンドルがとられたりするような心配は不要です。 ホイール強度についてもJWL基準の120%以上を確保、その高剛性は折り紙つきです。 また、純正ボルト対応、車検クリアのインセット値、純正センターキャップ装着可能(一部車種を除く)など純正ホイール同等に扱えることも重視しました。 装着にあたり専用ボルトやハブリングなどの付属品、ビッグキャリパーをクリアするためのスペーサーなどは不要です。 アバルトヒストリーを求めるユーザーへ「F037」 1963年アバルト社ではFIAT 500-Dをベースとしたアバルト595の開発が始まりました。 その開発を担当したのは、技術部門に所属していた「ロベルト マルケジーニ」でした。 そして今、半世紀以上の時を経て、『ルオーテ マルケジーニ F037』がアバルト用ホイールの歴史に新たな1ページを刻み込みます。 ビッグキャリパーを標準装備するハイパフォーマンスモデル ゴルフRやS3にも装着することが可能です。

次の

デザイナー初来日、「ロベルト カヴァリ 青山ブティック」オープニングレセプション 写真23枚 国際ニュース:AFPBB News

ロベルト ビア ジーニ デザイナー

1918年イタリア、ミラノ生まれ。 ミラノ工科大学の建築学科を卒業後、1944年から兄のリビオ 1911-1979 と、ピエール・ジャコモ 1913-1968 と共に建築家・デザイナーとしてキャリアをスタートさせた。 兄リビオが独立してからは、ピエール・ジャコモとアッキーレ2人での活動となり、より家具や照明のデザインへ傾倒していきます。 そして1950年代に入り、ピエール・ジャコモとアッキーレはデザインにおける独自の感性を次々と表現していきます。 彼らは日常生活 everyday things からインスパイアされたデザインのアイディアを、普通の素材・普段どこにでもある素材 ordinary materials を用い、また、必要最小数量の素材で最大限の効果を表現したのです。 1957年に発表された、自転車のサドルからヒントを得た「SELLA」と、トラクターのシートをヒントにした「MEZZADRO」の実験的とも言える2つのスツールは、まさにその象徴的プロダクトといえます。 1962年には、フロス社設立と同時に同社へデザインの責任者としてピエール・ジャコモとアッキーレが招聘されました。 そして1960年代のイタリア照明界の代表デザイナーとなるのです。 大理石ベースから曲線を描きながら伸びるアームを持つ「ARCO」などは今やモダン照明デザインの古典的存在といえるでしょう。 アッキーレは1956年に設立したADI(インダストリアル・デザイン協会)の文化活動にも積極的に参加しており、1968年にピエール・ジャコモが亡くなるまで2人によるデザイン活動が続きました。 1969年から1977年までトリノ工業大教授。 その後2002年に亡くなるまで多くの作品を精力的に発表し続けました。 デンマーク、コペンハーゲン生まれ、1927年にデンマーク王立芸術アカデミーを卒業。 デンマークの建築・デザインの第一人者です。 初期建築作品からは、バウハウスやミース・ファン・デル・ローエなどのモダニズムの影響を見て取れます。 オーフス市庁舎やSASロイヤルホテル、SASターミナルなど数々のプロジェクトにおいて、建築デザインだけではなく、家具、照明、ナイフやフォーク、ドアの取っ手など建築空間に関するあらゆるものを総合的に設計するトータルデザインを行いました。 伝統を重んじていたデンマークにあって、モダニズム建築を推進し、代表的な家具デザインであるアント(蟻)やエッグ(卵)、スワン(白鳥)などの新素材・新技術を用いた名作椅子を世に送り出しています。 デンマークのオルボーに生まれ、1938年から1941年かけて、王立芸術アカデミー家具科に在籍し家具デザインを学ぶ。 デンマーク近代家具デザインの確立者であるコーレ・クリント、モーエンス・コッホに師事。 その後、王立芸術アカデミーにて教鞭を執る。 1942年からはデンマーク協同連合連合会家具部門に主任として勤務。 シェーカー様式の椅子をアレンジしたチェアを発表する。 1950年に独立、設計事務所を開設する。 作品には、各国の大使館や公館などにむけてデザインされたソファがある一方、庶民のための美しいデザインを追求した。 ハンス・J・ウェグナーと共作でソファを発表するなど、1972年に没するまで幅広い活動をする。 ピエール・ジャコモ・カスティリオーニとアッキーレ・カスティリオーニの兄弟によるデザインユニット。 当初は兄リビオも含めた3人で活動していたが、1950年代に入り、リビオが独立してからは、ピエール・ジャコモとアッキーレ2人での活動となった。 その後、ピエール・ジャコモとアッキーレはデザインにおける独自の感性を次々と表現していきます。 彼らは日常生活 everyday things からインスパイアされたデザインのアイディアを、普通の素材・普段どこにでもある素材 ordinary materials を用い、また、必要最小数量の素材で最大限の効果を表現したのです。 1957年に発表された、自転車のサドルからヒントを得た「SELLA」と、トラクターのシートをヒントにした「MEZZADRO」の実験的とも言える2つのスツールは、まさにその象徴的プロダクトといえます。 1962年には、フロス社設立と同時に同社へデザインの責任者としてピエール・ジャコモとアッキーレが招聘されました。 そして1960年代のイタリア照明界の代表デザイナーとなるのです。 大理石ベースから曲線を描きながら伸びるアームを持つ「ARCO」などは今やモダン照明デザインの古典的存在といえるでしょう。 アッキーレは1956年に設立したADI(インダストリアル・デザイン協会)の文化活動にも積極的に参加しており、1968年にピエール・ジャコモが亡くなるまで2人によるデザイン活動が続きました。 チャールズ・イームズは1907年、ミズーリ生まれ。 ワシントン大学で建築を学び1930年に自身の建築事務所を設立。 数多くの建築を手がける。 初期のエーロ・サーリネンとのコラボレーションは、モダンデザイン誕生のきっかけをつくった。 レイ・イームズは1912年サクラメント生まれ。 絵画の勉強を進めアーティストの道を歩んでいたが、1941年、チャールズと結婚。 2人はハーマンミラー社のジョージ・ネルソンとともに、現代にも通じる画期的で斬新な家具を数多くデザインしたが、活動はそれだけにとどまらず、映像、写真、展示デザイン、グラフィックデザインなど、60~70年代のモダンデザインのパイオニアとして活躍した。 ミラノに在住し、ミラノを拠点に活動する。 1990 年にミラノ工科大学で建築や工業デザイン課程を修了。 彼の強い創造力と魅力的なデザインは、世界で有数のデザイナーとされる父マリオ・ベリーニの影響を幼少期に受けたものが根付いたものとされている。 1990 年から1996 年まで父・マリオと共同で様々な種類のプロジェクトを担当し世界中のコンペティションに参加し、設計やデザインなどを手がける。 1996 年には、新しい技術と創造性に関与した独創的な切り口で新たなデザインに取り組み、デザインスタジオAtelier Bellini を設立する。 1998 年には革命的な新しい家具システムTW collection Frezza を導入し業界に新たな展望をもたらした。 この頃から、彼のこの分野においての革新的なプロジェクトによる大規模な取り組みは、過去15 年間において作業環境の進化に深く貢献している。 今日では、最も影響力のあるヨーロッパのスタジオの一つとして認知され、家具のデザインから建築物と至るまで、数々の分野で活動し、その作品の多くは、国際的な権威ある「Red Dot」、「IF」 そして「グッドデザイン」賞等を受賞している。 フィン・ユールは本来は建築家である。 当時のデンマーク家具業界では、コーレ・クリントに学んだオーレ・ヴァンシアやボーエ・モーエンセンなどのクリント派が大勢を占めており、本来建築家であるフィン・ユールの彫刻的なデザインは突飛なものとして反発と揶揄が集中したと言われています。 フィン・ユールを最初に評価したのはアメリカだそうです。 当時、大量生産品に慣らされたアメリカ人が、スカンジナヴィアのモダン・ハンディ・クラフト製品に感銘を受け、中でもフィン・ユールの家具デザインを高く評価したのです。 その後、デンマークにおいても評価され始め、家具・テーブルウェア・照明・旅客機の内装デザインなど、広範囲に渡り活躍をしました。 家具の代表作には、「世界で最も美しい肘をもつ椅子」と評されるNo. 45 イージーチェアや、チーフティンチェア、ペリカンチェアなどがあります。 アメリカで生まれ、幼少期を日本で過ごし、14歳から再びアメリカへ。 1922年から彫刻家として仕事を進める傍らコロンビア大学の医学部(人体研究)へ通い、NYのダヴィンチアートスクールで彫刻の研鑚に努めました。 その後パリに渡り、アートや彫刻の勉強を続けます。 1936年にメキシコ・シティのダウンタウンでのモニュメント製作、第2次世界大戦時には、強制収容所へ収容させられましたが、釈放後は再び精力的に活動し、エルサレムの国立美術館の庭園設計、家具、舞台美術等での世界的な活躍が認められています。 彼に関しての書籍を読めば読むほど「彫刻」というアートに深く傾倒したアーティストとしての情熱的な姿勢が見えてきます。 チェコのピルニッツ(ブルトニツェ)の生まれ。 ブリュンの国立工芸学校に学び、ヴュルツブルクの軍事施設建設局に勤めた後、ウィーンの造形芸術アカデミーに進学し研鑽を積んだ。 1897年には、クリムト、オルブリッヒらとともにウィーン分離派を立ち上げ、中心メンバーの一人として活躍した。 1899年以降、37年にわたってウィーン芸術工芸学校で教鞭をとった。 1903年、銀行家フリッツ・ヴェルンドルファーやデザイナーコロマン・モーザーと共にウィーン工房を設立。 1912年ホフマンはオーストリア工芸連盟の発起人の1人になっている。 主な建築作品には、「プーカースドルフのサナトリウム」「ブリュッセルの別邸」等がある。 その中で、数多くの装飾や家具、食器のデザインもしている。 第二次世界大戦後、彼はヴェニスの国際ビエンナーレのオーストリア代表や芸術審議会の委員など公的な役職を数多く歴任した。 コルビジェと並び20世紀を代表する建築家として、またバルセロナ チェアのデザイナーとして私達にもとてもなじみが深い存在です。 初期の作品として「トゥーゲンハット邸」の設計、1929年スペインで開催されたバルセロナ万博のドイツパビリオン等の作品評価がミースの建築家としての地位を確立し、バウハウスの3人目にして最後の校長にもなりました。 このときのミースの学長としての仕事は、バウハウスの終焉をフォローして行く大変な役割だったと伝えられています。 後に活動の場をアメリカに移し、建築家として専念します。 以後生涯200を越える建築作品の内の120以上もの作品をアメリカで手がけました。 ファンズワース邸やレイクショアドラブアパートメントなどが有名です。 生涯、建築に対する考え方を固定化せず、社会・材料・テクノロジーを見つめ「流動する」をテーマに建築家として生きたのが、ミースです。 1927年、フランスのパリ生まれ。 60〜70年代のフランスを代表するデザイナー。 パリのエコール・カモンド校で家具の伝統を学び、イームズ、サーリネン、ネルソンなどのミッドセンチュリーデザインのの代表格から多大な影響を受けます。 1954年からフランスのトーネット社、オランダのアーティフォート社より家具を発表し、1965年には造形的かつ座り心地も優れたデザインで賞賛されたリボンチェア、そしてその翌年にはその名の通り 『舌』 を思わせるタンチェアなど自身の代表作ともなる椅子を発表します。 その後も、それまでにはないストレッチ素材の布を使った様々な椅子を発表し、柔らかくかわいらしく優しさがあふれる独創的な作品を数多く作り出していきます。 彼の活躍は世界にフランスデザインの一時代を築き、国際インダストリアルデザイン賞など、数々の賞も受賞しています。 アメリカ合衆国、カンザス州生まれ。 School of the Art Institute of Chicago、Rietveitd Academie、Domus Academyでデザインや建築を学ぶ。 トム・ディクソンやジェームズ アーヴィン、エットーレ・ソットサスなどのスタジオを経てイタリア、ミラノにdix designを設立。 MoschinoやBluebell、Harrods、Bosco di ciliege、Fiorucci、Byblosなどの仕事を手掛ける。 IULM(ミラノ)、Piletecnico(ミラノ)、Domus Academy(ミラノ)、Beckman's(ストックホルム)、 SAIC(シカゴ)など、世界各地で教鞭を執る。 現在では、自身の家具デザインコレクション「DIX COLLECTION」のデザイン・開発を行いながら、店舗デザインやブースデザインなど、建築・インテリアデザインを精力的に行っている。 E-comfortさいたま新都心 ショールームもSean Dixが2008年に手掛けた。

次の