吉野家 牛 丼 レシピ ヒルナンデス。 吉野家の牛丼を完全舌コピー by 順のダンナ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

吉野家の牛丼再現!?簡単レシピ!紹介「めざましテレビどようび」

吉野家 牛 丼 レシピ ヒルナンデス

自然薯の下処理 とろろご飯に使う芋は、水っぽい長芋ではなく、 大和芋、つくね芋、いちょう芋、自然薯など、粘りの強いものがおすすめです。 大和芋やいちょう芋、つくね芋であれば、皮をむいてすりおろすのですが、 自然薯は元々細いものも多いうえに、皮ごとすりおろしても風味よい美味しいとろろご飯になるので、自然薯を皮ごとすりおろす場合の下ごしらえを下にまとめます。 まず、自然薯は流水で洗って土を落とし、水分をふき取ります。 次に、表面の水気が乾いたら、コンロの火に直に自然薯をかざして表面をさっとあぶります。 こうすることで、 すり鉢ですっても細かくなりにくいひげの部分をきれいに落とすことができるんです。 これで自然薯の下ごしらえは完了です。 とろろご飯の味付けと仕上げ 下ごしらえを終えた自然薯は、おろし金を使って皮ごとすりおろします。 自然薯をすり終えたら、Aのだし汁と醤油を合わせておきます。 すりおろしたとろろは、このまま卵とAの調味料で味をつけてもいいのですが、 家に大きめなすり鉢があれば、おろし金でおろした後に、さらにすり鉢ですって口当たりをなめらか&ふんわりとさせるのがおすすめです。 はじめに水分を多く入れすぎると混ざりにくいので、少しずつ何回かに分けてすりこ木で混ぜていきます。 1回目に入れた調味料がなじんだら、すりこ木でしばらくすりおろします。 同時に皮ごとすりおろしているので、皮も細かくなります。 続けて残りのAを2回くらいに分けて入れ、すりこ木で混ぜながら合わせます。 足りなければだし汁&醤油を適宜足し入れてください。 とろろが出来上がったら、あとは炊けたごはんや麦めし(麦めしの炊き方は下の補足参照)に、冷たいとろろをかけていただきます。

次の

食材へのこだわり

吉野家 牛 丼 レシピ ヒルナンデス

牛肉は牛薄切り肉を使っています。 一度冷ますと味がしみておいしくなります。 牛丼の人気検索で1位になったレシピです。 牛肉と玉ねぎを炒めてから5分煮て完成!牛肉は牛薄切り肉を使用。 玉ねぎと調味料を入れて火にかけ、しょうがと牛肉を加えて5~10分煮込んで完成。 約1分のレシピ動画があるので作り方がわかりやすいです。 牛肉は牛肉こま切れを使っていますが、牛バラでもOKです。 牛肉は牛バラ肉薄切りを使います。 先に調味料をひと煮立ちさせてから作ります。 レンジで簡単に作れるレシピもあってびっくりでした。

次の

家事ヤロウ/牛だしのあんかけ丼・大根の春巻きの作り方☆バイトしすぎ芸人浜名ランチの

吉野家 牛 丼 レシピ ヒルナンデス

吉野家の牛丼 調理時間約20分 用意するもの(2人前)• 牛バラスライス 200g~• 玉ねぎ 1個• 白ワイン 大さじ2• かつおだしの素 小さじ2• 昆布だしの素 小さじ1• 中華だしの素 小さじ1• 醤油 大さじ1~2• 砂糖 大さじ1• ご飯 お好み あれば……• 紅生姜、卵黄など 適宜 ダシを合わせて牛バラと玉ねぎを煮るだけ! 材料は安い外国産の牛バラ薄切り肉がオススメ! あらかじめ軽く水に浸してほぐしておくと、煮る時にまとまって縮れたりせずに調理できます。 玉ねぎはお好みの切り方でOKですが、今回は輪切りにしたあと十字に切って四等分にしました。 次にお鍋に350mlほどのお湯を沸かします(牛肉を水に浸した場合、そのぶん少なめに)。 続けて、かつおだし(小さじ2)、昆布だし(小さじ1)、中華だし(小さじ1)、白ワイン(大さじ2)、砂糖(大さじ1)、醤油(大さじ1~2)を加えましょう。 更に本格的にしたいなら牛ダシダがあると便利ですが、なくても問題ナシ! 煮立ったら牛肉を広げて1枚ずつ投入。 水に浸けていた場合、旨味が移っているので浸けたお水ごとお鍋に加えるのがオススメです。 あとは蓋をして、沸騰しないぐらいの弱火で10分ほど煮込んだところで…… 玉ねぎを投入。 大玉を使ったらちょっと多すぎたので、普通サイズの玉ねぎがオススメかも。 だいたい5分ほど追加で煮込んで、玉ねぎが透明になってしんなりしてきたら完成です! 本当に吉牛まんまで驚愕! 超つゆだく大盛りで好きなだけ堪能すべし あとは丼などにご飯を盛って、好きなぶんの煮汁を注いでお肉と玉ねぎを乗せればOK! もちろん紅生姜や卵があればトッピングOKです。 作り方自体は意外なほどシンプルでしたが、一口いただいてみると…… 歯ごたえたっぷりの牛バラ肉に独特のまったりとした旨味が絡んで、中華だしのおかげか牛の脂のようなこってりとした後味が残るこの味わい……確かに吉野家の牛丼にメチャ近い! 筆者は普段そこまで食べませんが、一発で「そうそうこの味……」とかなり納得してしまいました。 卵黄をご飯に絡ませて、しんなりかつシャキシャキ感を残した玉ねぎの歯触りも組み合わさると、あまりにも「いつもの味」すぎてほっと安心してしまうほど。 これだけつゆだくだといくらでも食べてしまう魅力がありますね。 吉牛特有のコッテリ感が超簡単にうまいこと再現できる便利レシピ。 だし系がお家に余っていれば材料費は結構安く済みますし、腹ペコ系男子にはオススメです!.

次の