プラスチック フリー。 使い捨てプラスチックを減らす・使わずに生活する30の方法(→34方法)

プラスチックフリーの買い物をするには?

プラスチック フリー

わたしはスナック菓子などはあまり食べませんが、最近、ゴマせんべいがおいしくて、よく買っています。 2枚が個別包装に入っていて、食べるたびにゴミが出て、少しもやもやしてしまいます。 おせんべいはしけやすいので、小袋に入っていると、いつもフレッシュな食感が楽しめて便利なのですが。 なので、大袋に直接おせんべいが入っている物のほうがゴミが出ないのですが、個別包装入りを選んでしまうのです。 便利という事は、ゴミが出るという事でもありますね。 何を犠牲にして得た便利なのかを、考えなければいけません。 物を買う時は、それを捨てる時のことを考えなければいけないです。 小袋入りか、大袋かで、出るゴミの量が違います。 の「」が人気ですが、まさに「!」です。 ただ便利を享受しているだけでは、チコちゃんに叱られます。 地球だっ叱りたいと思っているはずです。 でも黙っています。 黙っているからと言って、不満がないわけではありません。 日本人は相手の気持ちを察するのが得意なはずです。 内なる地球の声をもっと聴いてもいいのではないでしょうか。 おせんべいの小袋は、わたしの住んでいる地域では、もうシングルユースのゴミとして、ただ捨てるしかありません。 体によっては、ただ燃やしてしまうのではなく、集めてリサイクルに回すこともあると思います。 必ず分別してください。 日本の場合、リサイクルと言っても、世界的にはリサイクルと認められていない、熱をとるリサイクルに回されているのだと思いますが、単なるゴミとして、焼却炉で燃やしてしまうよりはまだましです。 ところで、おせんべいの保存、昔はどうだったのでしょうか。 わたしが子供の頃、近所のうちでおばあさんが、四角い缶におせんべいを入れていたのを見たことがあります。 もともと、中におせんべいが入っていたものを買っていたのかもしれません。 中に乾燥材を入れて、しけさせないようにしていたと思います。 こんな感じのものです。 いまでも、お店ではガラス瓶におせんべいが入っていたりもしますね。 ガラス瓶を使っていたお宅もあると思います。 日本はなにかにつけ過剰包装の国で、小袋が一般的です。 湿度の高い国と言う事情もあるのだとは思いますが。 わたしのオーストラリア人の友人は、ガラス瓶にクッキーを入れていました。 もちろん小袋なしです。 日本人より大食いで、甘いものも大好きなお国柄なので、すぐ食べてしまうという事もあるのかもしれません。 湿度も低い乾いた国だし。 しかし大男が、クッキーをガラス瓶に詰め替えている姿も、ほほえましく悪くないものです。 ところで、ゴマせんべいの大袋のほうですが。 しっかりした袋です。 わたしはこれをキッチンのウエット・ゴミを捨てる時に活用しています。 具体的には、納豆のパック、バッグの紙とひも部分、肉魚のパックからはがしたラップ、刺身についてきたワサビの小袋などです。 そして捨てる時に口をしばったり、折り返したりして密封しているのです。 水漏れやにおい漏れがなくていいですよ。 せめてものシングルユーズの回避です。 プラスチック製品の製造を減らすのが第一だとわたしは考えています。 しかしなかなか難しいこともあるでしょう。 少しでも、ただ捨てられてしまうプラスチックごみが減りますように。 Pfree マレーシアがプラスチックごみの受け入れ国になってしまった、という記事を読みました。 先日は、中国がプラスチックゴミの輸入を禁止して、日本を含めた輸出側が困っているという記事を書きましたが、マレーシアに輸出していたのですね。 わたしは2000年代にマレーシアに住んでいたので、ショックな記事です。 マレーシアは自然豊かなですが、はっきり言って、ゴミ問題、環境問題についての危機感は、日本よりかなり低いです。 〈美しいマレーシアのビーチの夕暮れ〉 マレーシアでは、バナナの葉やそのほかの植物の葉で、食べ物を包むことがあります。 その使い終わった葉っぱは、そのまま捨てても自然に返っていたのですが。 今ではプラスチック容器や、ビニール袋がそれにとって代わっていて、それでも同じように捨てても気にしない人が多いです。 わたしはビーチで仕事をしていましたが、海岸でピクニックに来ても、食べ終わったゴミを、そのままそこに置き去りにする人が多かったです。 赤ちゃんの紙おむつとかも。 それは捨てるというか、置いていく、と言う感じで、とても自然にその場所に置いて行ってしまうのですよ。 きれいなビーチなのに、たくさんのゴミ。 スクールホリディの時期など、とてもひどかったです。 そんな国に、プラスチックゴミを輸出したら、その結果はどうなるのでしょうか。 火を見るよりも明らかです。 自国のゴミですら、持て余しているのですから。 マレーシアには754,000トンのプラスチックゴミが輸入され、クアラ・ランガット地区では違法と思われるリサイクル工場が林立し、簡単で利益が上がる方法、つまり埋め立てや焼却という方法で処分しているのです。 これはリサイクルではありません。 そして周辺住民には、が現れています。 わかっているのにゴミを輸出する。 自分の国だけよければいいという、先進国の傲慢さ。 許しがたいです。 ゴミは自国で処理するべきです。 プラスチックゴミを持て余しているのなら、プラスチック製品の規制をしなければいけません。 実際行動を起こしている国があります。 それなのにやらないのは、なぜか。 先進国とは名ばかりの、心が貧しい国だからです。 この記事は韓国のの記事なので、韓国人目線で書かれた記事で、ちょっとぼやき気味ですが、日本人が読んでも大いに気になる記事です。 2018年、中国はペットボトルゴミの輸入を禁止しました。 それまで、世界中で取引されるペットボトルゴミの約半数が、中国に輸入されていたのです。 もちろん日本も輸出していました。 ゴミを輸出。 その事実を知らなかった人も多いと思います。 その量は年間100万トン、東京ドーム3杯分だそうです。 東京ドーム一杯分は、124万立方メートル。 3杯分なので、372万立方メートルです。 ペットボトルに換算すると、何本分でしょうか。 想像もできない量ですね。 この100万トンという数字は、日本から輸出されるペットボトルゴミの7割で、中国に送られていました。 日本は、国内ではリサイクルが進んだ国と言われていますが、多くは日本でリサイクルされるわけではなかったのです。 中国は中国で、輸入していたペットボトルゴミを利用して、安価なプラスチック製品を作っていたという事情もあったようですが。 経済発展した今、そんなことはしたくなくなったのでしょう。 自国のペットボトルゴミも膨大になったことでしょうし。 日本をはじめ消費大国は、今まで外国に押し付けていたゴミの処理を、どうするのか困っているようですが、自国で最後まで後始末するべきだと思いますね。 ゴミもです。 できないのなら、ゴミを減らす努力をするべきです。 わたしを含め、ほとんどの消費者は、ペットボトルゴミをリサイクに投げ込みさえすれば、ゴミ問題は解決したと思いがちですが、そんなことはありません。 そのゆくえを、思い浮かべてほしいです。 わたしの世代は(1964年生まれ)、ゴミはゴミ箱へ、と教育されてきました。 当時の日本は、ある意味今ほど清潔ではなかったです。 その後、ゴミは分別するという流れになり、普通のゴミと資源ごみの分別が、かなり徹底してきたと思います。 これからは一歩進んで、ゴミを出さない生活をする必要があります。 個人の力は小さいかもしれませんが、一人一人が地道に続ければ、企業も変わります。 環境問題に取り組んでいる企業の製品を買うというのも、一つの方法です。 あきらめないで前に進みましょう。 Pfree 飲料メーカーのキリンが、ペットボトルの原料の半分を、リサイクル素材にすると発表しました。 わたし的な考えでは、ペットボトル自体をやめてほしい、と思いますが、せめて、マテリアルリサイクルの比率があがってほしいと思いるので、いい知らせです。 モノからモノへ(ペットボトルからペットボトルへ、など)のリサイクル率が、日本では非常に低いという事を知ったばかりなので。 少しでも負荷の少ない、地球にやさしい方法が主流になることを希望しています。 リサイクルされる空ペットボトルの状態がきれいな状態でないと、マテリアルリサイクルができず、結局燃やして熱をとる、サーマルリサイクルに回されてしまいます。 消費者一人一人が気をつけて、ペットボトルを汚さないように気をつけなければいけませんね。 からペットボトルをゴミにしない努力が求められます。 面倒くさいと思いがちですが、今便利ならいいのか?子や孫の世代に美しい地球を残すのは、我々大の役目だと、意識していればできると思います。 このサーマルリサイクルは、日本だけの概念で。 世界的にはであり、欧米ではサーマルー Thermal Recovery と呼ばれ、リサイクルとは考えられていません。 カのウォーターズは、2015年からすでにリサイクル率100%のペットボトルを使い始めています。 日本でもやればできるはずです。 しかしやらないのは、企業の怠慢と言う側面もあるかもしれませんが、その企業を支えている、消費者の意向であるとも考えられます。 商品を買う時は、その企業がどう頑張っているか、自分の主義信条に合っているかどうかを、知る必要があります。 買い物は投票だ、とあるブログで読んで、まったくその通りだと思いました。 ただ漫然と買うのでなく、その企業を応援しているのだと思って、買い物してください。 そうすれば体に良いものや、地球にやさしいものを製品化している企業が生き残っていきます。 子供たちにきれいな海を Pfree 日本のプラスチックのリサイクル率は、84%と言われていますが、実は世界基準からみるとそうは言えないようです。 わたしの住んでいる地域では、ペットボトルは資源としてゴミの収集の時回収されますが、残念ながらプラスチック容器は燃えるごみとしてリサイクルされることなく燃やされてしまいます。 しかし、よく見かける食品用の発泡ポリスチレン容器は(厚みのある、一般的に白い色をした容器です)、スーパーマーケットで回収してもらえるのでうれしい限りです。 リサイクルに出す。 一安心ですね。 しかし、我々がリサイクルに出したプラスチック容器が、その後どのようにリサイクルされて行くか、知っている人は少ないと思います。 わたしもその一人です。 さて、リサイクルにはどのようなものがあるのでしょうか。 想像してみましょう。 「・・・・」 思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。 わたしが思いうかべたものは、衣類です。 昔、のバリ島で集めたペットボトルを使って、それを繊維にして、フリースを作ったという話を聞きました。 当時、なかなかいいなと思ったものですが、今検索してみても、わたしの検索力ではヒットしません。 実際に、バリ島でそんな試みがなされたのか、どうだったのかわかりませんが、アウトドアメーカーのでは、1993年からペットボトルからリサイクル・ポリテルを製造しています。 業界初だったそうで、素晴らしいですね。 わたしたちは製品を買うだけで、あまり企業のことはよく知りませんが、このような環境に対する努力をしている企業は応援したくなるものです。 さて、実際のところ、わたしたちがリサイクルに出したプラスチックは、どうなっているのでしょうか。 日本の政府及び企業は、リサイクルには、「マテリアルリサイクル」「ケミカルリサイクル」「サーマルリサイクル」の3つがあると定義しています。 マテリアルリサイクルとは、モノからモノへと生まれ変わることです。 ペットボトルからペットボトルを作ったり、先ほどののフリースが、ペットボトルからのリサイクルであることが、これにあたります。 わかりやすく、わたしを始め、多くの人が思い浮かべるリサイクル方法です。 次にケミカルリサイクル。 化学的な処理をして、原料に戻してからリサイクルすることです。 油にもどしたり、ガスにして化学原料にしたり、鉄をつくるときに利用する方法、 燃料油、化学製品にしたりします。 そして最後に サーマルリサイクル(Thermal Recycle、熱回収)。 これは、、マテリアル・ケミカルリサイクルが困難 技術的に困難、あるいは投入資源・コストに対し割に合わない となった場合に行われ、焼却し、そのときに発生する熱を回収して利用することです。 日本ではこのリサイクル方法が非常に割合が高く、プラスチック製品のリサイクルの70%以上です。 そして実は、このサーマルリサイクルはで、欧米ではサーマルー Thermal Recovery といい、リサイクル方法とはされていません。 つまり、日本で84%リサイクルされていると言われていても、国外から見れば、そのほとんどが、リサイクルとはみなされていないのです。 分別、そしてリサイクルされていると思っていたプラスチックの一部は、その網目から漏れ、ゴミとなり海にたどり着き、深刻な海洋汚染を招いています。 そして大部分は、燃やされています。 〈分別されているように見えて、放置されているペットボトル。 風に吹き飛ばされて、海に流れ着きます〉 もちろん分別やリサイクルは大切です。 しかし一番いいのは、これ以上、プラスチック製品を作り出さないことだとわたしは思います。 とてもシンプルです。 小さなことでも、一人一人ができることがあります。 考えてみましょう。 忙しい毎日ですが、想像力を持って生活してみませんか。 Pfree そういえば最近、缶のような形の紙製飲料容器がありますね。 あれのことを、「カートカン」と言うのだそうです。 カートンとカンの合成語だそうです。 形が缶飲料と同じなので、機でも同じように売ることができる優れものだそうですよ。 構造が牛乳パックなどとどう違うのか、いまひとつわかりませんが。 同じように切り開いてリサイクルもできます。 国内産の木を30%使っているようです。 という事は、あとの70%は輸入木材ですけど。 を使っているので、地球にやさしいそうです。 そして、この国内産の木と言うのが重要で、これによって国内の森林を育てることになるらしいのです。 なんとも不思議な話に聞こえますが。 森林は放っておくと荒れ果てますが、正しく間伐すれば循環し、生き生きするそうです。 確かに、うちの近所の山の木は杉が多いのですが、伸びきっていたり、荒れたりしていますね。 日本の終わったな、と言う感じの山林が多いです。 ところで、自分自身がペットボトルゴミを出さないようにするには、外出時に家から水筒を持参することで解消されます。 わたしは最近はソフトドリンクやカフェインはあまりとらないので、これは難しくなく、実際行動をしています。 なので、わたしはペットボトル飲料を全廃しても、たいして困ることはないと思いますが。 しかし、今の世の中そういうわけにもいきません。 では、ペットボトルの代わりとなる、飲料容器は何か。 カン・ビン・そしてこのカートカン、牛乳パックという事でしょう。 この中で何がいいのでしょうね。 どれもリサイクルできます(ペットボトルもそうですが)。 それでは、昔はどうだったのか。 わたしが子供の頃は、家で飲む容器入り飲料は、ガラス瓶でした。 酒、ビール、サイダー、30%程度のオレンジジュースです。 それらは、酒屋さんに配達してもらいました。 飲み終わったビンは、酒屋さんが回収してくれて。 それは再び企業に戻り、洗浄され再び飲料が詰められました。 うちの父は昭和30年代、飲み物企業の倉庫に戻ってきた大量の空瓶を、構内移動させる仕事をしていたので、我が家はそれで食っていたという事になります。 瓶詰飲み物のほかに、缶入りもありました。 炭酸でないジュース系でした。 ップはまだなく、小さな簡易穴開け道具がついていて、それでプシュッと2か所以上穴をあけて飲むのです。 穴の一つは飲み口、もう片方は、空気穴。 飲み口だけでは穴が小さいので、飲み物が出てこなかったのです。 子供の頃、この穴開け道具(名前は何というのでしょう?缶オープナーでしょうか)が大好きでした。 いい思い出です。 こちらのブログに懐かしい写真が。 参考にさせていただきました。 情報量が多く、貴重な画像もあって、とてもすばらしいブログです。 昔の学校給食の牛乳は、牛乳瓶に詰められていました。 幼い頃、家で牛乳を飲んでいたかどうかが定かではありません。 宅配のビン入り牛乳でしょうかね。 記憶がないです。 小学校高学年頃は、紙パックの牛乳を家で飲んでいたような気がしますね。 ガラス瓶や缶が一般的だったの飲み物容器。 その前は麦茶を水筒に詰めて、という事でしょうか。 そして更にその昔は、竹筒や、ひょうたんという事になるのでしょう。 読んでいただきありがとうございます。 Pfree 先日ブログか何かで、皿洗いスポンジの代用として、ヘチマを使っている、と言う記事を見ました。 なるほどなるほど。 これはすごいですね。 特に検索して調べなくても、100%自然素材だと分かります。 昔家にあったヘチマで、体を洗ったことがありますが、その感触などを残念ながら覚えていません。 今は食器洗い用に製品化したものもあるようですが、普通のヘチマを使って食器洗いしてみたいですね。 都会なら、のショップで売っているかもしれませんが、わたしが住んでいるのは田舎なので、そういった店はなく、ヘチマが売られているところを見たことがないです。 今時ヘチマには需要がないのでしょう。 体を洗う時も、ナイロンタオルを使うのが一般的ですから。 自然が多い田舎なのに、自然素材の製品がない。 なんとも皮肉な話です。 ネットで探せば、簡単に見つかり、家まで配達してくれますが、できるだけ地元のお店で買いたいものです。 どうしてもなければ仕方ないですが。 さてこのヘチマ、ナイロンタオルが世に出回る以前には、一般的に体洗いスポンジとして使われていたのでしょうか。 わたし54歳の古い記憶をたどると、子供の頃は今と同じ形状のナイロンタオルを使っていました。 ヘチマを使った記憶もあるのですが、使い心地などを全く覚えていません。 うちの親などは手拭いで体を洗っていました。 わたしの持っている植物図鑑でヘチマを調べると、 江戸時代の初めに中国から伝来、果実の繊維をとり、海綿などのように色々利用する。 とあります。 その色々が何なのか、はっきり教えてほしい所ですが、それ以上所記述はなく。 きっと、体も洗っていたのでしょう。 わたしはもともとナイロンタオルは使っていませんが、使っている方も、バスルームからはナイロンタオルを、そしてキッチンからはナイロンスポンジを、ヘチマに変えることができますね。 今年は庭の家庭菜園で、ヘチマを育ててみましょうか。 これはもしかして、いい考えかもしれません。 今年のは、ヘチマで決まりだ! 去年のは菊芋でした。 Pfree.

次の

心身潤うナチュラル・オーガニック石鹸11選|プラスチックフリーなエシカルコスメで毎日を彩って!

プラスチック フリー

私達の身の回りには、プラスチック製のレジ袋や飲料ボトル、食品トレイなどの使い捨て製品がたくさんあります。 それらの購入や使用をやめて、他の製品に置き換える活動のことをプラスチックフリーと呼びます。 私はロンドンに来て、初めてその言葉を耳にしましたが、ロンドンではプラスチック製品による環境破壊への意識が高いように感じます。 英国ではスーパーマーケットだけでなく、百貨店や衣料品店でもレジ袋は有料です。 多くの人がエコバックを使うか、1~2個の買い物なら包装なしのままで持ち帰る人もいます。 肉など生鮮品を小袋にいれる二重包装はほぼ見たことがありません。 他にも、お店の使い捨てフォークやナイフが木製でできていたり、ストローが紙製だったりと使い捨てプラスティックを減らす工夫が各所でみられます。 今では私もエコバックやマイカップは必須の品となりました。 イギリス初の脱プラ・スーパーマーケット photo:食器用洗剤 ecover 食器洗剤の売り場には、地球に優しい商品がたくさん並んでいました。 中でも人気はベルギー発のecover。 肌にも優しく、価格も良心的なので使いやすいです。 詰め替えボトルを持参して、中身だけ買うコーナーもあります。 店内すべての商品が脱プラというわけではありませんが、紙や金属・ガラス・ブナ材でできたネットなど様々な代替包装が使われています。 無駄にプラスチックを使わなくてもよいものは置き換えようと思わせてくれるお店でした。 実際にこの店で買い物をすると、家に帰った時にゴミがとても少ないんですよ。 エコ・マーケットで見つけた素敵なグッズ 5選 プラスチックフリーの実践をしているイギリス人ママから勧めれた、エコ・マーケット(ゼロウェイスト・マーケット)に行ってきました!このマーケットでは、商品を作る過程や素材がエコである、使うことでエコが実践される日用品や食品などが売られています。 また、生活の無駄をなくすワークショップなども開催されていました。 基本的には使い捨てプラスチック製品の代替品が多いです。 バスグッズ、飲料カップ、食品ラップなどトライしやすいものから、布おむつ、布生理用品、ガラス製ストローなど難易度が高いものまで…。 中でも簡単に生活に取り入れやすいエコグッズを5つ紹介します。 繰り返し使えるフードラップ Beeswax Wraps オーガニックコットンに蜜ろうをコーティングして作られた、繰り返し使えるフードラップです。 天然の保湿性と抗菌性があるこのラップは、どんな形にもフィットする優れもの。 使いかけの野菜や果物に使ったり、サンドイッチやおにぎりを包んでお弁当として持ち歩いたり、箱の形にしてお皿のように使うなど幅広く使えます。 食べかけのお皿に使い捨てラップをかける変わりに使えばそれだけでプラスチックゴミが減らせるのです。 洗って何度も使えるので経済的でもあります。 私は子供の軽食を持たせる時にも使っています。 包んであるだけなので開封が簡単、お皿になるところが子供にも使いやすいです。 歯磨き粉や洗顔料などのバスグッズには研磨剤として、マイクロビーズと呼ばれる極小プラスチックが含まれているものもあり、環境へのダメージが大きいと話題になっています。 この成分を含まない天然歯磨き粉を使うことで地球環境への貢献ができます。 フレーバーも数種類あり、爽やかなミント味などつかい心地もよいです。 さらに、歯ブラシをヘッドを交換する木製タイプなどにすると、使い捨てプラスチックの使用も控えられますね。 竹素材のマイカップ Ecoffee Cup Ecoffee Cupは、繰り返し使える竹でできたマイカップです。 シリコン製の蓋もついて持ち運びできます。 竹は、他の木材よりも成長が早いことから環境保護につながると言われています。 保温性はありませんが、その分軽いので私自身いつも持ち歩いてコーヒーショップなどで使っています。 デザインが豊富なので、選ぶのも楽しく、使うだけでおしゃれなコーヒータイムになりますよ。 イギリスならではのウィリアムモリス柄もとても素敵です。 蓋は密閉ではありません。

次の

使い捨てプラスチックを減らす・使わずに生活する30の方法(→34方法)

プラスチック フリー

わたしはスナック菓子などはあまり食べませんが、最近、ゴマせんべいがおいしくて、よく買っています。 2枚が個別包装に入っていて、食べるたびにゴミが出て、少しもやもやしてしまいます。 おせんべいはしけやすいので、小袋に入っていると、いつもフレッシュな食感が楽しめて便利なのですが。 なので、大袋に直接おせんべいが入っている物のほうがゴミが出ないのですが、個別包装入りを選んでしまうのです。 便利という事は、ゴミが出るという事でもありますね。 何を犠牲にして得た便利なのかを、考えなければいけません。 物を買う時は、それを捨てる時のことを考えなければいけないです。 小袋入りか、大袋かで、出るゴミの量が違います。 の「」が人気ですが、まさに「!」です。 ただ便利を享受しているだけでは、チコちゃんに叱られます。 地球だっ叱りたいと思っているはずです。 でも黙っています。 黙っているからと言って、不満がないわけではありません。 日本人は相手の気持ちを察するのが得意なはずです。 内なる地球の声をもっと聴いてもいいのではないでしょうか。 おせんべいの小袋は、わたしの住んでいる地域では、もうシングルユースのゴミとして、ただ捨てるしかありません。 体によっては、ただ燃やしてしまうのではなく、集めてリサイクルに回すこともあると思います。 必ず分別してください。 日本の場合、リサイクルと言っても、世界的にはリサイクルと認められていない、熱をとるリサイクルに回されているのだと思いますが、単なるゴミとして、焼却炉で燃やしてしまうよりはまだましです。 ところで、おせんべいの保存、昔はどうだったのでしょうか。 わたしが子供の頃、近所のうちでおばあさんが、四角い缶におせんべいを入れていたのを見たことがあります。 もともと、中におせんべいが入っていたものを買っていたのかもしれません。 中に乾燥材を入れて、しけさせないようにしていたと思います。 こんな感じのものです。 いまでも、お店ではガラス瓶におせんべいが入っていたりもしますね。 ガラス瓶を使っていたお宅もあると思います。 日本はなにかにつけ過剰包装の国で、小袋が一般的です。 湿度の高い国と言う事情もあるのだとは思いますが。 わたしのオーストラリア人の友人は、ガラス瓶にクッキーを入れていました。 もちろん小袋なしです。 日本人より大食いで、甘いものも大好きなお国柄なので、すぐ食べてしまうという事もあるのかもしれません。 湿度も低い乾いた国だし。 しかし大男が、クッキーをガラス瓶に詰め替えている姿も、ほほえましく悪くないものです。 ところで、ゴマせんべいの大袋のほうですが。 しっかりした袋です。 わたしはこれをキッチンのウエット・ゴミを捨てる時に活用しています。 具体的には、納豆のパック、バッグの紙とひも部分、肉魚のパックからはがしたラップ、刺身についてきたワサビの小袋などです。 そして捨てる時に口をしばったり、折り返したりして密封しているのです。 水漏れやにおい漏れがなくていいですよ。 せめてものシングルユーズの回避です。 プラスチック製品の製造を減らすのが第一だとわたしは考えています。 しかしなかなか難しいこともあるでしょう。 少しでも、ただ捨てられてしまうプラスチックごみが減りますように。 Pfree マレーシアがプラスチックごみの受け入れ国になってしまった、という記事を読みました。 先日は、中国がプラスチックゴミの輸入を禁止して、日本を含めた輸出側が困っているという記事を書きましたが、マレーシアに輸出していたのですね。 わたしは2000年代にマレーシアに住んでいたので、ショックな記事です。 マレーシアは自然豊かなですが、はっきり言って、ゴミ問題、環境問題についての危機感は、日本よりかなり低いです。 〈美しいマレーシアのビーチの夕暮れ〉 マレーシアでは、バナナの葉やそのほかの植物の葉で、食べ物を包むことがあります。 その使い終わった葉っぱは、そのまま捨てても自然に返っていたのですが。 今ではプラスチック容器や、ビニール袋がそれにとって代わっていて、それでも同じように捨てても気にしない人が多いです。 わたしはビーチで仕事をしていましたが、海岸でピクニックに来ても、食べ終わったゴミを、そのままそこに置き去りにする人が多かったです。 赤ちゃんの紙おむつとかも。 それは捨てるというか、置いていく、と言う感じで、とても自然にその場所に置いて行ってしまうのですよ。 きれいなビーチなのに、たくさんのゴミ。 スクールホリディの時期など、とてもひどかったです。 そんな国に、プラスチックゴミを輸出したら、その結果はどうなるのでしょうか。 火を見るよりも明らかです。 自国のゴミですら、持て余しているのですから。 マレーシアには754,000トンのプラスチックゴミが輸入され、クアラ・ランガット地区では違法と思われるリサイクル工場が林立し、簡単で利益が上がる方法、つまり埋め立てや焼却という方法で処分しているのです。 これはリサイクルではありません。 そして周辺住民には、が現れています。 わかっているのにゴミを輸出する。 自分の国だけよければいいという、先進国の傲慢さ。 許しがたいです。 ゴミは自国で処理するべきです。 プラスチックゴミを持て余しているのなら、プラスチック製品の規制をしなければいけません。 実際行動を起こしている国があります。 それなのにやらないのは、なぜか。 先進国とは名ばかりの、心が貧しい国だからです。 この記事は韓国のの記事なので、韓国人目線で書かれた記事で、ちょっとぼやき気味ですが、日本人が読んでも大いに気になる記事です。 2018年、中国はペットボトルゴミの輸入を禁止しました。 それまで、世界中で取引されるペットボトルゴミの約半数が、中国に輸入されていたのです。 もちろん日本も輸出していました。 ゴミを輸出。 その事実を知らなかった人も多いと思います。 その量は年間100万トン、東京ドーム3杯分だそうです。 東京ドーム一杯分は、124万立方メートル。 3杯分なので、372万立方メートルです。 ペットボトルに換算すると、何本分でしょうか。 想像もできない量ですね。 この100万トンという数字は、日本から輸出されるペットボトルゴミの7割で、中国に送られていました。 日本は、国内ではリサイクルが進んだ国と言われていますが、多くは日本でリサイクルされるわけではなかったのです。 中国は中国で、輸入していたペットボトルゴミを利用して、安価なプラスチック製品を作っていたという事情もあったようですが。 経済発展した今、そんなことはしたくなくなったのでしょう。 自国のペットボトルゴミも膨大になったことでしょうし。 日本をはじめ消費大国は、今まで外国に押し付けていたゴミの処理を、どうするのか困っているようですが、自国で最後まで後始末するべきだと思いますね。 ゴミもです。 できないのなら、ゴミを減らす努力をするべきです。 わたしを含め、ほとんどの消費者は、ペットボトルゴミをリサイクに投げ込みさえすれば、ゴミ問題は解決したと思いがちですが、そんなことはありません。 そのゆくえを、思い浮かべてほしいです。 わたしの世代は(1964年生まれ)、ゴミはゴミ箱へ、と教育されてきました。 当時の日本は、ある意味今ほど清潔ではなかったです。 その後、ゴミは分別するという流れになり、普通のゴミと資源ごみの分別が、かなり徹底してきたと思います。 これからは一歩進んで、ゴミを出さない生活をする必要があります。 個人の力は小さいかもしれませんが、一人一人が地道に続ければ、企業も変わります。 環境問題に取り組んでいる企業の製品を買うというのも、一つの方法です。 あきらめないで前に進みましょう。 Pfree 飲料メーカーのキリンが、ペットボトルの原料の半分を、リサイクル素材にすると発表しました。 わたし的な考えでは、ペットボトル自体をやめてほしい、と思いますが、せめて、マテリアルリサイクルの比率があがってほしいと思いるので、いい知らせです。 モノからモノへ(ペットボトルからペットボトルへ、など)のリサイクル率が、日本では非常に低いという事を知ったばかりなので。 少しでも負荷の少ない、地球にやさしい方法が主流になることを希望しています。 リサイクルされる空ペットボトルの状態がきれいな状態でないと、マテリアルリサイクルができず、結局燃やして熱をとる、サーマルリサイクルに回されてしまいます。 消費者一人一人が気をつけて、ペットボトルを汚さないように気をつけなければいけませんね。 からペットボトルをゴミにしない努力が求められます。 面倒くさいと思いがちですが、今便利ならいいのか?子や孫の世代に美しい地球を残すのは、我々大の役目だと、意識していればできると思います。 このサーマルリサイクルは、日本だけの概念で。 世界的にはであり、欧米ではサーマルー Thermal Recovery と呼ばれ、リサイクルとは考えられていません。 カのウォーターズは、2015年からすでにリサイクル率100%のペットボトルを使い始めています。 日本でもやればできるはずです。 しかしやらないのは、企業の怠慢と言う側面もあるかもしれませんが、その企業を支えている、消費者の意向であるとも考えられます。 商品を買う時は、その企業がどう頑張っているか、自分の主義信条に合っているかどうかを、知る必要があります。 買い物は投票だ、とあるブログで読んで、まったくその通りだと思いました。 ただ漫然と買うのでなく、その企業を応援しているのだと思って、買い物してください。 そうすれば体に良いものや、地球にやさしいものを製品化している企業が生き残っていきます。 子供たちにきれいな海を Pfree 日本のプラスチックのリサイクル率は、84%と言われていますが、実は世界基準からみるとそうは言えないようです。 わたしの住んでいる地域では、ペットボトルは資源としてゴミの収集の時回収されますが、残念ながらプラスチック容器は燃えるごみとしてリサイクルされることなく燃やされてしまいます。 しかし、よく見かける食品用の発泡ポリスチレン容器は(厚みのある、一般的に白い色をした容器です)、スーパーマーケットで回収してもらえるのでうれしい限りです。 リサイクルに出す。 一安心ですね。 しかし、我々がリサイクルに出したプラスチック容器が、その後どのようにリサイクルされて行くか、知っている人は少ないと思います。 わたしもその一人です。 さて、リサイクルにはどのようなものがあるのでしょうか。 想像してみましょう。 「・・・・」 思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。 わたしが思いうかべたものは、衣類です。 昔、のバリ島で集めたペットボトルを使って、それを繊維にして、フリースを作ったという話を聞きました。 当時、なかなかいいなと思ったものですが、今検索してみても、わたしの検索力ではヒットしません。 実際に、バリ島でそんな試みがなされたのか、どうだったのかわかりませんが、アウトドアメーカーのでは、1993年からペットボトルからリサイクル・ポリテルを製造しています。 業界初だったそうで、素晴らしいですね。 わたしたちは製品を買うだけで、あまり企業のことはよく知りませんが、このような環境に対する努力をしている企業は応援したくなるものです。 さて、実際のところ、わたしたちがリサイクルに出したプラスチックは、どうなっているのでしょうか。 日本の政府及び企業は、リサイクルには、「マテリアルリサイクル」「ケミカルリサイクル」「サーマルリサイクル」の3つがあると定義しています。 マテリアルリサイクルとは、モノからモノへと生まれ変わることです。 ペットボトルからペットボトルを作ったり、先ほどののフリースが、ペットボトルからのリサイクルであることが、これにあたります。 わかりやすく、わたしを始め、多くの人が思い浮かべるリサイクル方法です。 次にケミカルリサイクル。 化学的な処理をして、原料に戻してからリサイクルすることです。 油にもどしたり、ガスにして化学原料にしたり、鉄をつくるときに利用する方法、 燃料油、化学製品にしたりします。 そして最後に サーマルリサイクル(Thermal Recycle、熱回収)。 これは、、マテリアル・ケミカルリサイクルが困難 技術的に困難、あるいは投入資源・コストに対し割に合わない となった場合に行われ、焼却し、そのときに発生する熱を回収して利用することです。 日本ではこのリサイクル方法が非常に割合が高く、プラスチック製品のリサイクルの70%以上です。 そして実は、このサーマルリサイクルはで、欧米ではサーマルー Thermal Recovery といい、リサイクル方法とはされていません。 つまり、日本で84%リサイクルされていると言われていても、国外から見れば、そのほとんどが、リサイクルとはみなされていないのです。 分別、そしてリサイクルされていると思っていたプラスチックの一部は、その網目から漏れ、ゴミとなり海にたどり着き、深刻な海洋汚染を招いています。 そして大部分は、燃やされています。 〈分別されているように見えて、放置されているペットボトル。 風に吹き飛ばされて、海に流れ着きます〉 もちろん分別やリサイクルは大切です。 しかし一番いいのは、これ以上、プラスチック製品を作り出さないことだとわたしは思います。 とてもシンプルです。 小さなことでも、一人一人ができることがあります。 考えてみましょう。 忙しい毎日ですが、想像力を持って生活してみませんか。 Pfree そういえば最近、缶のような形の紙製飲料容器がありますね。 あれのことを、「カートカン」と言うのだそうです。 カートンとカンの合成語だそうです。 形が缶飲料と同じなので、機でも同じように売ることができる優れものだそうですよ。 構造が牛乳パックなどとどう違うのか、いまひとつわかりませんが。 同じように切り開いてリサイクルもできます。 国内産の木を30%使っているようです。 という事は、あとの70%は輸入木材ですけど。 を使っているので、地球にやさしいそうです。 そして、この国内産の木と言うのが重要で、これによって国内の森林を育てることになるらしいのです。 なんとも不思議な話に聞こえますが。 森林は放っておくと荒れ果てますが、正しく間伐すれば循環し、生き生きするそうです。 確かに、うちの近所の山の木は杉が多いのですが、伸びきっていたり、荒れたりしていますね。 日本の終わったな、と言う感じの山林が多いです。 ところで、自分自身がペットボトルゴミを出さないようにするには、外出時に家から水筒を持参することで解消されます。 わたしは最近はソフトドリンクやカフェインはあまりとらないので、これは難しくなく、実際行動をしています。 なので、わたしはペットボトル飲料を全廃しても、たいして困ることはないと思いますが。 しかし、今の世の中そういうわけにもいきません。 では、ペットボトルの代わりとなる、飲料容器は何か。 カン・ビン・そしてこのカートカン、牛乳パックという事でしょう。 この中で何がいいのでしょうね。 どれもリサイクルできます(ペットボトルもそうですが)。 それでは、昔はどうだったのか。 わたしが子供の頃は、家で飲む容器入り飲料は、ガラス瓶でした。 酒、ビール、サイダー、30%程度のオレンジジュースです。 それらは、酒屋さんに配達してもらいました。 飲み終わったビンは、酒屋さんが回収してくれて。 それは再び企業に戻り、洗浄され再び飲料が詰められました。 うちの父は昭和30年代、飲み物企業の倉庫に戻ってきた大量の空瓶を、構内移動させる仕事をしていたので、我が家はそれで食っていたという事になります。 瓶詰飲み物のほかに、缶入りもありました。 炭酸でないジュース系でした。 ップはまだなく、小さな簡易穴開け道具がついていて、それでプシュッと2か所以上穴をあけて飲むのです。 穴の一つは飲み口、もう片方は、空気穴。 飲み口だけでは穴が小さいので、飲み物が出てこなかったのです。 子供の頃、この穴開け道具(名前は何というのでしょう?缶オープナーでしょうか)が大好きでした。 いい思い出です。 こちらのブログに懐かしい写真が。 参考にさせていただきました。 情報量が多く、貴重な画像もあって、とてもすばらしいブログです。 昔の学校給食の牛乳は、牛乳瓶に詰められていました。 幼い頃、家で牛乳を飲んでいたかどうかが定かではありません。 宅配のビン入り牛乳でしょうかね。 記憶がないです。 小学校高学年頃は、紙パックの牛乳を家で飲んでいたような気がしますね。 ガラス瓶や缶が一般的だったの飲み物容器。 その前は麦茶を水筒に詰めて、という事でしょうか。 そして更にその昔は、竹筒や、ひょうたんという事になるのでしょう。 読んでいただきありがとうございます。 Pfree 先日ブログか何かで、皿洗いスポンジの代用として、ヘチマを使っている、と言う記事を見ました。 なるほどなるほど。 これはすごいですね。 特に検索して調べなくても、100%自然素材だと分かります。 昔家にあったヘチマで、体を洗ったことがありますが、その感触などを残念ながら覚えていません。 今は食器洗い用に製品化したものもあるようですが、普通のヘチマを使って食器洗いしてみたいですね。 都会なら、のショップで売っているかもしれませんが、わたしが住んでいるのは田舎なので、そういった店はなく、ヘチマが売られているところを見たことがないです。 今時ヘチマには需要がないのでしょう。 体を洗う時も、ナイロンタオルを使うのが一般的ですから。 自然が多い田舎なのに、自然素材の製品がない。 なんとも皮肉な話です。 ネットで探せば、簡単に見つかり、家まで配達してくれますが、できるだけ地元のお店で買いたいものです。 どうしてもなければ仕方ないですが。 さてこのヘチマ、ナイロンタオルが世に出回る以前には、一般的に体洗いスポンジとして使われていたのでしょうか。 わたし54歳の古い記憶をたどると、子供の頃は今と同じ形状のナイロンタオルを使っていました。 ヘチマを使った記憶もあるのですが、使い心地などを全く覚えていません。 うちの親などは手拭いで体を洗っていました。 わたしの持っている植物図鑑でヘチマを調べると、 江戸時代の初めに中国から伝来、果実の繊維をとり、海綿などのように色々利用する。 とあります。 その色々が何なのか、はっきり教えてほしい所ですが、それ以上所記述はなく。 きっと、体も洗っていたのでしょう。 わたしはもともとナイロンタオルは使っていませんが、使っている方も、バスルームからはナイロンタオルを、そしてキッチンからはナイロンスポンジを、ヘチマに変えることができますね。 今年は庭の家庭菜園で、ヘチマを育ててみましょうか。 これはもしかして、いい考えかもしれません。 今年のは、ヘチマで決まりだ! 去年のは菊芋でした。 Pfree.

次の