サンタ マリア デッレ グラッツェ 教会。 アレッツォ再発見

ブレラ絵画館、サンタマリア・デレ・グラッツェ教会

サンタ マリア デッレ グラッツェ 教会

イタリア・ドライブ'97 12 ミラノ・コモ編 2 [6月17日](火) 9:00頃 地下鉄でサンタ・マリア・デッレ・グラッツェ教会へ。 すでに教会前は超長蛇の列。 11:30頃 やっと入れて「最後の晩餐」見物、10分で出る。 12:30頃 ホテル、チェックアウト。 車と荷物はそのまま置かせてもらい、シエスタの街でウィンドウ探査。 14:00頃 ドゥオーモ広場に面したデパートの上の食堂で昼食 15:00頃 店が開き始め、夕方までお買い物。 18:00頃 ミラノを出てコモ湖へ 19:00頃 コモ湖畔のホテル、 到着 20:00頃 コモの街散策。 バールででも夕食をと思ったのだが、いまいち食欲なし 21:00頃 部屋で夕食 一度きりで結構だぞレオナルド ホテル・マンゾーニは朝食なし。 前回、時間の関係で見学できなかった「最後の晩餐」。 やっぱ見なきゃでしょうと、サンタ・マリア・デッレ・グラッツェ教会へ行く。 どうせ駐車場所に困るだろうと地下鉄で行くことにした。 モンテ・ナポレオーネ通りを東へ行くとサン・バビラ広場に出る。 ここの地下鉄駅から4つ行くとカドルナ駅に着く。 ここは鉄道北駅に接していて、駅の正面に出る。 駅からは大量の通勤客が吐き出されている。 せかせかと通勤を急ぐミラノっこの群の中、改めて都会さ来たなあと実感し、こちらの足取りも自ずと速くなる。 教会はすぐ近くだ。 ところが教会前広場まで来てびっくり。 早くも長蛇の列が広場を一周して並んでいる。 4百人はいそうだ。 8割がた日本人で、1割がドイツ人、アメリカ人、残りが韓国、中国(香港?)といった構成のようだ。 広場に面したバールで焼きたてのパンと水を買ってきて、並んだまま朝食。 しかし入場規制しているので、これがなかなか進まない。 こりゃ昼までかかるかもよ。 妻は午前中の買い物をあきらめた。 2時間以上並び続けてやっと入場。 入場料が2万リラ(あやふや)もする。 いままで大抵の美術館が千5百とか2千リラ程度だから10倍だ。 ここでも日本人ぼられるの法則なのか。 10人程度づつ5間隔ぐらいで入って行く。 例の食堂だった暗い部屋にはレオナルドの壁画と、反対側にはモントルファノの「キリストの磔刑」。 それだけ。 もう出口。 「二度と来ねぇぞ。 」 思わずいささか下品なつぶやきも出るというものだ。 ちなみに教会の建物自体はブラマンテの完成させた美しいもので、内部はフリーなので、並んでいる間、交代で見学するのもいいだろう。 97年ミラノのハヤリもの どっちかといえば流行モノには疎い方なので、眉に唾つけてもらっていいのだが、やたらに目に付いた感じでは以下の3点。 サングラスのカチューシャ的利用 イボイボ底のドライビングシューズ ブルドッグ系の鼻ペチャ顔の犬 ドライビングシューズは妻につられて自分の分も買ってしまったが、靴底の柔らかいイボイボラバーはすぐにでも減ってしまいそうだし、そうなったらいったい修理できるのだろうかという不安がある。 買い物三昧 チェックアウト時間に30分遅れてホテルに帰ったが、別にとがめる様子はない。 チェックアウトして、夕方まで車を置かせてくれるかと聞くと、これも全然オッケーだ。 別にお金を取られもしなかった。 なかなかいいっすねマンゾーニ。 (げんきんな奴) 確かに、ホテル・マンゾーニは安い割には、水周りやセキュリティ設備がしっかりしていて清潔だし、好感度高し。 サービスがそっけないのはしかたないことだ。 手ぶらでウィンドウチェック。 当然、昼からは3時頃まで閉店なのだ。 ドゥオーモ広場に面してデパートがあるのは有名だが、わざわざ彼の国でもとめるほどのものはない。 ここは上の階の食堂がお奨め。 現代的な窓のすぐ外にドゥオーモのゴシックの黒い骨組みが迫り、そこを屋上ツアーのカラフルな観光客が右往左往するという、何ともシュールな光景を眺めつつ、安っぽいイタ飯が楽しめます。 さて妻の下僕に徹することになったぼくは、荷物が両手いっぱいになるとホテルへ戻って車に積み込み、また出かける。 これを何回か繰り返す。 駐車場係りのオヤジは「また来たのか。 まだ買いに行くのか。 」と笑っていたが、その都度重そうな電動扉をガーと操作して「プレーゴ」と招き入れてくれる。 まあ、最初に多めにお礼を払っておいたせいかもしれないが。 われわれ夫婦はイタリアの服はドゥオーモあまり合わない顔つきと体型をしているので、結局買ったモノは靴関係が主で、あとは若干の生地モノ(スカーフとかネクタイなど)程度だ。 くわしいことは忘れた。 最後の滞在地、コモ湖へ 夕方、とはいってもまだ北イタリアの日は高いが、ホテルを出発。 スフォルツェスコ城を回ってセンピオーネ通りを郊外に走るとすぐに外環状線にぶつかる。 そこから専用道に乗って高速8号に入る。 都心に向かうのは苦労するのに、出て行くのは簡単なのだ。 BMW318iは高速に乗ると、やはりローヴァー618より俄然安定がいいように思える。 まもなく高速9号線に分岐して北へ向かう。 高台にあるインターを出て湖岸に下って行くとコモの町に入る。 最後の宿、ヴィラ・デステはコモ湖にあるというのは知られているが、実際はコモの町ではなく時計回りに隣町、チェルノッビオに位置する。 ミシュラン赤でもコモの項にはないので不思議に思っていたのだが、予約を入れて住所を見て初めて分かったのだった。 コモ湖畔の夕暮れ そろそろ黄味がかかってきた日を浴びる山と、藍色の空を写す湖面を右手に見つつ走ると、まもなくチェルノッビオの小さな町を過ぎる。 あとは看板にしたがって進むと のゲートに至る。 詰め所でいったん止められるが、宿泊だと言うと、別に調べもせずどうぞとなった。 この時顔を覚えたのかナンバーを控えたのか、その後は止められることもなく、何度も出入りできるのだった。 フロントでチェックインをすると部屋は別館だという。 広大な敷地にはスポーツクラブ棟を挟んで2棟のヴィラがあり、白い建物が本館、レンガ色の建物が別館だ。 本館はホールやメイン・ダイニングがあってやたら豪華。 別館はアンティークでヴィラとしてはこちらの方が静かで落ち着いている印象だった。 広大な敷地を車で回っていくと、有名な遠近法的庭園の途中、ちょうどグロッタ装飾の壁の向こう側を横切るようになっている。 しかも背後の森にまっすぐ登っていく庭園の途中は陸橋になっており、下を一般道が抜けているのだった。 湖畔側から見ると絶対気付かないように、巧みに作ってあるものだ。 部屋の窓から見下ろすとポーターが思案顔で叫ぶ。 「シニョール。 これ全部運ぶんですかぁ。 」 「そう。 トゥッティ。 お願い。 」 バラバラの買い物の品々がトランクに入っていたことを忘れていた。 ヴィラ・デステでカップ麺 コモの街のバールで軽く食事しようと、少し休んで外出。 実はこの日、ホテルではなにかパーティがあったらしく、ダイニングや庭園は黒タイとイブニングドレスで溢れていたのである。 さすがに疲れて、がちっとした格好で食事をする気がしなかったのだ。 しかし夕暮れの湖畔を散歩しただけで、2人ともあまり食欲もなく、むしろもうベッドにひっくり返りたいぞと、意見が一致。 部屋でクラブサンド、それに熱いお湯をポットで持ってきてくれと頼む。 「シニョール。 日本の緑茶もご用意できますが。 」 「あ。 いいのいいの。 僕たちは特別の茶を飲むのだから。 くれぐれも熱々のを頼みますよ。 」 嘘つきである。 ホントは日本から持ってきたまま、食べる機会もなくずっと持ち歩いてきたカップ麺を食べるためだったのである。 「ヴィラ・デステくんだりまできて、カップ麺食べるのは俺達ぐらいだろうね。 」 「この梅干しも美味しいよ。 」 「あちゃー。 このタオルミーナで買ったグラッパ、日本までもたないぞ。 」 妻は部屋のウェルカム・シャンパンとフルーツに持参の梅干し、僕はグラッパを飲みつつ、カップラーメンと大盛りのクラブサンドを食べてそれなりに幸せなのであった。 本日のお買い物 婦人靴4足/フェラガモ ひもサンダルみたいな靴/ブルーノ・マリ ドライビングシューズ男女2足/JPトッブス 紳士靴/フラテッリ・ロセッティ 紳士サマーセーター/ドゥオーモ広場に面したどこか あとなんだかんだ。 一気に買い物すると、何を買ったのかなんてすぐ忘れてしまいます。

次の

【イタリア】<ミラノ>サンタマリアデッレグラツィエ教会周辺の観光スポットおすすめ18選!充実した旅行を!

サンタ マリア デッレ グラッツェ 教会

サンタ・サビーナ聖堂 Basilica di Santa Sabina all'Aventino (イタリア語) Basilica Sanctae Sabinae (ラテン語) 基本情報 所在地 : 管理者 ウェブサイト 建設 形式 着工 422年 完成 432年 建築物 正面 南西 横幅 60メートル 200 ft 奥行 30メートル 98 ft 奥行 17メートル 56 ft サンタ・サビーナ聖堂(: Basilica Sanctae Sabinae、: Basilica di Santa Sabina all'Aventino)はのにある名義で、の母教会である。 の丘の上、テヴェレ川のほとりにあり、近くにの本部がある。 5世紀に創建された古いバシリカであり、上から見ると古典的な長方形の形状で、円柱を使っている。 装飾はたいていが白く、創建時の謙虚な状態に復元されている。 そのため、窓から差し込む光に照らされた内部は広々としていて風通しがよい。 などの他のバシリカは、派手に装飾が凝らされていることが多い。 その簡素さから、サンタ・サビーナ聖堂は古代ローマの屋根付きのからキリスト教のへと発展する途中段階を表していると言われている。 の指定巡礼聖堂である。 歴史 [ ] サンタ・サビーナ聖堂は、422年から432年に出身のの が建てた。 その場所は、後にされた2世紀ごろのローマ人女性サビーナ の家があった場所である。 元々はその近くにの神殿があった。 1216年、が説教者修道会を認可し、後にそれがと呼ばれるようになった。 1222年6月5日、ホノリウス3世はサンタ・サビーナの教会をの創立者である聖に与えた。 一説には、ホノリウス3世はサヴェッリ家出身で、サンタ・サビーナの教会はサヴェッリ家の所有する資産の一部だったといわれてきた(そのため、ドミニコ会に寄贈できた)。 しかし、ホノリウス3世がサヴェッリ家出身という事実はない。 おそらくサヴェッリ家出身のと混同したための誤解と考えられる。 いずれにしても、この教会堂はドミニコ会に与えられ、その後一貫してローマにおける同修道会の本部として機能してきた。 外観 [ ] 内部 5世紀当時ののモザイク画は1559年に改修され、のよく似たフレスコ画に置き換えられた。 構図はそのまま保持されていると見られ、キリストが丘の上に座っていて両側に男女の聖人が立っており手前の小川の水を子羊が飲んでいる。 この図像は別の5世紀のモザイク画とよく似ているが、そちら Sant'Andrea in Catabarbara のモザイク画も17世紀に破壊された。 修道院 [ ] 隣接する修道院には聖を初めとして、やが暮らしていたことがある。 ドミニコ会修道士のための修道者独房の内装は同修道会創立初期とほとんど変わっていない。 聖ドミニコの独房もわかっているが、現在は拡張されてに改造されている。 も食事をとったという食堂室もそのまま現存している。 脚注・出典 [ ]• The Order of the Preachers. 2009年1月29日閲覧。 Berthier, L'Eglise de Sainte-Sabine a Rome Rome: M. Bretschneider, 1910. Joan Barclay Lloyd, "Medieval Dominican Architecture at Santa Sabina in Rome, c. 1219-c. 1320. " Papers of the British School at Rome. 2004. v 72, p 231-292, 379. 参考文献 [ ]• Krautheimer, Richard 1984. Early Christian and Byzantine Architecture. New Haven: Yale University Press. 171—174. Richard Delbrueck. "Notes on the Wooden Doors of Santa Sabina", The Art Bulletin, Vol. 34, No. Jun. , 1952 , pp. 139—145. Ernst H. Kantorowicz, "The 'King's Advent': And The Enigmatic Panels in the Doors of Santa Sabina", The Art Bulletin, Vol. 26, No. Dec. , 1944 , pp. 207—231. Alexander Coburn Soper. "The Italo-Gallic School of Early Christian Art", The Art Bulletin, Vol. 20, No. 2 Jun. , 1938 , pp. 145—192. Richard Delbrueck. "The Acclamation Scene on the Doors of Santa Sabina" in Notes , The Art Bulletin, Vol. 31, No. 3 Sep. , 1949 , pp. 215—217. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 , with Mario Armellini's•

次の

【イタリア】<ミラノ>サンタマリアデッレグラツィエ教会周辺の観光スポットおすすめ18選!充実した旅行を!

サンタ マリア デッレ グラッツェ 教会

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は、ベネデット・ダ・マイアーノ(1442-97年)設計の回廊とジュリアーノ・ダ・マイアーノ(1432-90年)設計の柱廊に、15世紀に建てられ、後の16-18世紀に大幅改築された修道院とドメニコ・デル・ファットレの設計で建てられた教会(1435-44年)で構成されています。 かつて教会近くのピティリアーノの丘には、古くから奇蹟を起こす泉として人々の信仰を集めていた「屋根つき泉」 Fonte Tecta がありましたが、1428年に聖ベルナルディーノ・ダ・シエナが人々を説教し、異教の慣行である泉を破壊させました。 この泉の跡地に建立されたのが、現在のサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。 軽やかで透明感あふれる回廊は、アレッツォの建築の代表作と言えます。 上品なコリント式円柱と柱頭上部が逆台形の副柱頭が、連続した7つの半円アーチを支えています。 柱頭と円柱は1870-71年に修復され、回廊前の階段は1965年の修復工事の際に修復されました。 砂岩で造られた教会は、ゴシック・初期ルネサンスの外観を持ち、簡素でありながら優美な印象を与えます。 中央祭壇は16世紀初期にアンドレア・デッラ・ロッビア(1435-1528年)によって彫られた価値ある芸術作品です。 ロッビアの手法は、彩釉テラコッタの技術を彫刻の世界に取り入れたものです。 祭壇の前部装飾は「ピエタ」像、ティンパヌムは「聖母子と2人の天使」像、壁龕は殉教者「聖ドナート、聖ペルジェンティーノ、聖ベルナルディーノ、聖ロレンティーノ」像です。 特に大理石のフリーズに彫られた小天使の頭の優美さに目を奪われます。 多彩な彩釉テラコッタの葉や花、果物で縁取られたフレスコ画は、パッリ・ディ・スピネッロ(1387-1453年)の傑作の一つ「慈悲の聖母マリア」(1428-31年)です。 他に右壁面には、ロレンティーノ・ダンドレア(1430-1506年)制作の剥離フレスコ画がわずかに残っています。 1257年に聖アウグストス修陰士たちによって建てられたサン・タゴスティーノ教会は、1341年に拡張されますが、1761-66年にフェラーラ出身の司祭フィリッポ・ジュスティーニ(1702-79年)の設計を基に再建され、ほぼ半分の広さに教会が縮小されました。 新たに整備された教会内部は、身廊とそれを取り囲む2つの側廊から成り、洗練された華やかなロココ様式のスタッコ細工は、スイス南部ティチノ州出身のカルロ・スプローニ・ジュリアーノとフランチェスコ・ルスカが制作しました。 教会横にそびえ立つ美しい四角形の鐘塔は、15世紀後半に完成しました。 当時はまだ聖アウグストス修道士だったマルチン・ルターが、1510年にローマへの旅の途中で立ち寄ったこの教会でミサを執り行ったと伝えられています。 が残るピアッジャ・サン・バルトロメオ通りにあるサン・バルトロメオ教会は、おそらく古代の多神教時代の神殿の基壇だと思われる城壁の上に建っています。 教会は初代キリスト教時代、あるいは初期に建設され、に入ると数多くの芸術作品で教会内部が飾られました。 しかし、1583年には既に教会の保存状態がかなり悪い状況に陥っていました。 現在の外観は、16世紀末期から17世紀初期にかけて行われた修復によるものです。 小さな教会内には最近修復されたアンドレア・ディ・ネリオの作と思われるフレスコ画群「聖トンマーゾ ・ディディモの生涯」が保存されています。 聖水盤として使われていた7世紀の小さな柱状の物も残っており、おそらく最初の神殿にあったものと思われます。 サン・ジュゼッペ教会は17世紀末期に、サン・ジュゼッペ・デル・キアヴェッロ修道会によって建立されました。 教会正面のサラチーノ通りから教会横のマルチャネッロ小通りに曲がる角に彫られた石碑から、建立された日付が読み取れます。 18世紀初頭の数十年間に渡って教会は適度なバロック様式で拡張され、まるで宝石箱が大きくなったような価値ある小さな教会に生まれ変わりました。 木製天井で覆われた教会内部は軽やかなスタッコ細工で装飾され、かつてのに飾られていた彫像「聖アントニオ修道院長」が保存されています。 フィレンツェ出身の彫刻家ナンニ・ディ・バルトロ(1419-51年頃)と非常に近い血縁を持つ彫刻家の作品と思われます。 サンタ・マリア・マッダレーナ教会と付属の修道院は、その起源が14世紀まで遡ります。 と思われる設計を基に、1561年に教会が拡張されました。 この同時期にメディチ家コジモ1世の命令によって、司教の権力の象徴であり、都市国家アレッツォの象徴でもあったピオンタの丘の旧ドゥオーモが破壊されました。 アレッツォの民衆はこの破壊から、旧ドゥオーモに飾られていたフレスコ画「聖母マリア」像を救い出しました。 パッリ・ディ・スピネッロによって描かれたこの肖像画は、当時「バラの聖母マリア」、あるいは「花の聖母マリア」と呼ばれ、人々から深い信仰を集めていました。 「バラの聖母マリア」肖像画はサンタ・マリア・マッダレーナ教会に運ばれた後、18世紀に旧古の聖道(現)にあるから移された石製の祭壇に飾られました。 この祭壇は16世紀初期に、ギョーム・ド・マルチラの設計でサンティ・スビッソによって彫られました。 18世紀にサンタ・マリア・マッダレーナ教会に移された際に、簡素な祭壇はバロック様式のスタッコ細工で飾られ、今日でもそれを見ることができます。

次の