競馬 ネット 購入 おすすめ。 ネットで馬券を買うサービス一覧

競馬でネット購入するならどの銀行がいい?おすすめは一つだけ。

競馬 ネット 購入 おすすめ

競馬に興味が出てきて、実際に馬券を購入しよう!と思ってもどうやって馬券を購入したらいいのか分からない人もいるんじゃないのかい?レース会場や場外馬券場のWINSに行って、シートに記入し購入することも競馬らしさがあって良いが、今回はスマートフォンやパソコンなどネットで簡単に馬券を買うことができるサービスを紹介しようと思う。 一度登録し操作方法などを知ってしまえばとても簡単に馬券を購入することができるからオススメだぞ。 レース場に行きたくても行けない人なんかも利用しているし、多くの競馬ファンはこのネット購入を利用しているんだ。 ではネットで馬券を買うサービスにはどんな種類があるのか?オススメの方法なども紹介していこうと思う。 どれだけ競馬を予想しても馬券を買えなければ意味がないからちゃんと把握しておこう。 ネットで馬券を購入できるサービス一覧 馬券は大きく分けて3つの方法で馬券を購入することができるぞ。 競馬場で購入する方法• ウインズで購入する方法• ネットで購入する方法 以上の3種類がある。 競馬場ではもちろん馬券を購入することができる。 施設内の至る所に券売機があり、マークシートに買いたい馬券を記入してお金を入れれば購入が完了だ。 場外馬券場のウインズでも同じ方法で買えるが、マークシートの書き方は少し難しく間違えることも少なくない。 だから最初は競馬に慣れている人と一緒に行って教えてもらうと良いぞ。 そして今回オススメするのがネットでの購入方法だ。 一度登録し、設定してしまえば本当に簡単に馬券を買うことができるんだ。 また馬券にはWIN5と言うものがあるか、これはネット購入限定となっているため、興味があるならやはりネットで買える環境を作ることをオススメする。 基本的に競馬はJRAが主催する「中央競馬」と全国15か所に競馬場がある「地方競馬」の2種類存在するぞ。 地方競馬は平日も開催されているが、中央競馬は基本的に土日だけだ。 運営元が異なるためネット対応も変わってくる。 まずは中央競馬の馬券をネットで買う方法を紹介していこう。 恐らく最初はJRAが主催する中央競馬から始める人がほとんどだと思う。 もし中央競馬で興味がさらに湧いたら地方競馬のことも調べると良いと思うぞ。 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト この3つの方法がある。 3つともJRAが元になっているため安心して使うことができるぞ。 それぞれ特徴があるから一つずつ紹介していこう。 即PAT インターネットで馬券を購入している人のほとんどがこの即PATを利用してる。 つまり馬券購入のほとんどがこの即PATから行われているんだ。 パソコンはもちろんだが、スマホ、ガラケーからでも利用することができるサービスだ。 即PATというだけあって指定の銀行口座を持っていれば登録してすぐに利用を開始することができる。 ちなみに即PATは地方競馬にも投票が可能で、登録料や年会費、馬券購入手数料が全て無料なので気軽に登録することもできる。 対応している銀行がこれだ。 さらに必要になるものも記載しておくので、足りないものは新たに登録する必要もあるぞ。 ジャパンネット銀行:店番号・口座番号・ログインID(設定している人のみ)・ログインパスワード• 楽天銀行:店番号・口座番号・ユーザーID・ログインパスワード・暗証番号• 住信SBIネット現行:店番号・口座番号・ユーザーネーム・ログインID(設定している人のみ)・WEB(モバイル)ログインパスワード・WEB(モバイル)取引パスワード• 三井住友銀行:店番号・口座番号・暗証番号。 またはSMBCダイレクトの第一暗証およびパスワードカード• ゆうちょ銀行:総合口座の記号・番号・キャッシュカードの暗証番号• 三菱UFJ銀行:店番号・口座番号・暗証番号・通帳の最終記帳残高 または、三菱UFJ銀行ご契約番号・ワンタイムパスワード• りそな銀行:店番号・口座番号・暗証番号• 埼玉りそな銀行:店番号・口座番号・暗証番号。 またはマイゲートログインIDおよびパスワード• じぶん銀行:店番号・口座番号・暗証番号 の8つだ。 どれかの銀行の口座を持っていない場合は新たに開設することが必要になるが、すでに持っているならその情報を登録するだけで利用できるぞ。 しかし、銀行によってはネット対応に新たに手続きが必要になる可能性もあるから、ちゃんと調べてから利用を開始しよう。 注意点としては登録ができるのは馬券購入が可能な時間帯のみ受付対応している。 対応しているかどうかも確認してから申し込むようにしよう。 A-PAT 次にA-PATについて解説していこう。 このA-PATは即PATができる前から存在していたネットでの購入方法だ。 特徴としてはJRAが指定している銀行でA-PAT専用の口座を新たに開設することが絶対条件のため、手続きが必要になるぞ。 また開設してから実際に馬券が購入できるようになるため早くても2か月かかるから、もしA-PATを利用したいなら早めに取り掛かるようにしよう。 また普通の銀行のように専用の口座に金曜日までに入金しておかないと馬券を購入することができない。 土曜日で入金していた分を全部使ってしまうと日曜日にA-PATを利用して馬券を購入することはできない。 さらに出金も次の月曜になるまでできないため即PATと比べると不便なことが多いぞ。 しかしプッシュフォンを使える唯一の方法なので、どうしてもプッシュフォンを使いたいならオススメだ。 JRAダイレクト 上記の2つは銀行の口座に入金して馬券を買う方法だったが、このJRAダイレクトは登録したクレジットカードで馬券を購入することができるぞ。 これもJRAが指定するクレジットカードで決済することが条件になる。 特徴としてはスマホやガラケーからの投票は受け付けておらず、パソコンからしか投票することはできない。 しかし、即PAT、A-PATでは入金するという手間が必要になるが、このJRAダイレクトでは入金の必要はない。 パッと馬券を購入することができるから、無駄な手間を省きたい人にはオススメだ。 しかし、即PATなどの入金方法はかなり簡単で時間もかからないため、メリットと言うには少し微妙なところだな。 さらに投票を1回するごとに100円の手数料がかかることも大きな特徴だと言えるだろう。 100円あれば馬券が購入できると考えると簡単には利用できないだろう。 利用するなら即PATがオススメ! ここまで3つの方法を紹介したがオススメの方法があるぞ。 「どうかんがえても即PATが良いに決まってる!」 その通りだ。 それぞれの特徴を紹介して分かったと思うが、ネットで馬券を購入するなら即PAT一択だと思う。 競馬PATとも表示されることもあるが、どうして一番使われているのかが分かってもらえたと思う。 基本的な使い方としては登録している口座にお金が入っていれば、そこから即PATに入金をし、馬券を購入が必要になる。 口座から直接ではなく、一旦即PATに入金してからの投票になるぞ。 そのためまずは馬券を購入する前に入金の手続きをしておこう。 そこからは購入したいレースが開催される日付、レース会場、購入レース、馬券の買い方、購入した馬を選択していき、購入した金額を入力するだけで終わりだ。 即PATの大きなメリットとしては、もし馬券が的中したらすぐに出金することができ、ジャパンネット銀行のように土日も対応しているならすぐにおろすことも可能。 しかし、投票受付時間外だとログインすらもできないため注意が必要だ。 即PATを利用する時の注意点 競馬人口が増加したのはこの即PATの影響がとても大きいと思う。 それまでは競馬場かウインズに行くか、A-PATで購入するしかなかったがかなり使い勝手が悪く、忙しくて時間がない人は馬券を購入することができなかったんだ。 しかしこの即PATの登場で、どこからでも簡単に馬券を購入することが可能になり、競馬人口はドンドン増えていったと思う。 だが、簡単すぎることが時にはデメリットにもなる。 それは使い過ぎてしまうことだ。 口座にお金がある限り、すぐに馬券が買えてしまうことは良い事でもあるか使い方を間違えると大変なこともにもなる。 予め最初に、何円までしか使わないと決めておくと失敗することが少なくなるぞ。 また高額な払戻金があった時は確定申告をする必要も出てくるぞ。 1回の払戻金ではな累計の利益のチェックしているため、大きく勝った時や、連続で買っている時などは特に確定申告が必要になるぞ。 ネット上で購入履歴や払戻金の受け取り履歴などが全て証拠として残るから、調査するのは簡単だぞ。 税務署や国税局もすぐに分かってしまうので、忘れないよう注意が必要だ。 まとめ 今回は馬券をネットで購入する方法やサービスの種類について紹介したぞ。 もし競馬を始めたいと思ったらまずは簡単に馬券を購入できる環境を作ろう。 おさらいだがネットで馬券を購入する方法には• 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト の3つがあるが、オススメは即PATだぞ。 ネットで「即PAT」と入力すれば簡単にヒットするから調べてみると良い。 使い方などは公式サイトが一番見やすいと思うから、興味があるならまずはサイトに行ってみると良いぞ。 しかし、個人的にはやはり時には競馬場へ足を運んで欲しいとも思う。 毎回は無理だろうけど、ダービーやジャパンカップ、有馬記念など大きなG1レースの会場の雰囲気は格別だ。 その盛り上がりと興奮を是非肌で感じてみて欲しいと思う。 近くに競馬場がないという人も、ネット購入で馬券を当ててそのお金で遠くからでも訪れてみてはいかがだろうか? 実際に走るサラブレッドの迫力やレース中に聞こえる足音なんかも一度は生で体感してみて欲しいと思う。

次の

【スマホにあれば便利】競馬アプリのおすすめは?(iOS・Android)│ためになる雑記、しかし競馬に偏るか

競馬 ネット 購入 おすすめ

中央競馬(JRA)のG1レース等を購入したいのであれば、 やっぱりJRAの「 A-PAT」「即PAT」でしょう。 中央競馬全レース購入可能ですし、PC,携帯どちらからでも購入可です。 入会金・年会費はもちろん無料。 ただし、口座に入金の際は手数料が掛かる場合があります。 ; 「A-PAT」は最初の入会手続きはやや時間がかかります。 「即PAT」は指定銀行の口座をお持ちであれば、即日利用可能です。 詳しくは、JRAのHPをご覧下さい。 参考URL: Q 即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます。 ただし、競馬開催終了前に提携ATMからの引き出しを希望される場合は、会員ご自身で出金処理をおこなうこともできます。 」 この文章で、 1 払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられます 2 馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります 3 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます 1 と 2 は内容の意味が繋がるのですが、 3 の「自動的におこなわれます」が 1 と 2 に内容が繋がりません(理解できません) イーバンクで即PATご利用の方がいましたらよろしくお願いします。 即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通... A ベストアンサー 具体例で言うと、こんな感じですかね。 銀行口座の残高1000円の状態で全額入金指示して全額投票券を購入し、それ が的中して10000円の払い戻しがあったとします。 この10000円で次のレース以降の投票券を購入することはできますが、この 時点ではまだ銀行口座の残高は0ですので、現金を引き出すことはできません。 このまま放置しておくと、この10000円は、自動的に日曜の夜に銀行口座に 移り、現金引き出しが可能になります。 A ベストアンサー フォーメーションは 1着 A、B、C 2着 D、E、F 3着 G、H、I と買えばそれぞれの着順に買ってある馬がくれば当たりです。 まずマルチという言葉の意味ですがこれは順序が違う馬券も買うかどうかのときに使います。 馬単、3連単のみです。 3連単も同じです。 フォーメーションのいい点は頭や2着が固いだろうと思う馬が3着になる3連単を買わずにすむことです。 またきても3着だろうという馬が1,2着になる馬券を買わずにすむこともあります。 マルチは逆で仮にきたときに取りこぼしがないですね。 その分点数は多くなりますが。 3連単1,2頭軸でマルチにマークすると同じ馬券を3連複で買ったときの6倍の点数になると思ってください。 個人的にはフォーメーションです。 A ベストアンサー 複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。 なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。 (計算式は、JRAのホームページにあります) 具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。 アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気) 300円 サンアディユ(2着、複勝 1番人気) 170円 アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気) 230円 もし、レースの結果(着順)が異なっていたら、複勝の払戻しがどうなっていたかを計算してみました。 (例3のときが、2.1倍。 例2のときが、2.8倍) 複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。 なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。 (計算式は、JRAのホームページにあります) 具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。 アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気) 300円 サンアディユ(2着、複勝 1番人気) 170円 アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気) 230円 もし、... A ベストアンサー 即PATユーザです。 まず勘違いしてる方も多いのですが、申込みに抽選があるのは「A-PAT」です。 一度単語を整理しましょう。 【A-PAT】 従来の電話投票のサービス名です。 (要抽選) 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) ・ARS方式(電話) ・PAT方式(パソコン専用ソフト、専用端末) 【即PAT】 ジャパンネットバンクの口座を持っている人が利用できる電話投票サービス名です。 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) つまりA-PATでも即PATでもI-PATは利用できます。 即PATの手数料は無料です。 競馬用口座への入金手数料も無料ですが、1日に入金を3回以上すると、3回目から1回につき15円の手数料がかかります。 また節(土日)が終わると自動的に残額はジャパンネットバンクの口座に振り込まれます。 (手数料無料) ただしジャパンネットバンクの口座を開設することから、銀行の口座手数料が必要となります。 (月額105円) なお口座維持手数料は一定の条件を満たせば無料となります。 (月平均10万円以上預金しておく/月に2回以上振込みがある/キャッシング機能付きのキャッシュカードを作る等) ということで基本的に手数料はかかりません。 ジャパンネットバンクの口座維持手数料についてはキャッシング機能付きのキャッシュカードを申し込めば無料(キャッシングを使わんなくても良い)ですし、それが嫌なら月に2回競馬用口座にお金を移し、ジャパンネットバンクの口座に振り込んであげればよいでしょう。 即PATユーザです。 まず勘違いしてる方も多いのですが、申込みに抽選があるのは「A-PAT」です。 一度単語を整理しましょう。 【A-PAT】 従来の電話投票のサービス名です。 (要抽選) 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) ・ARS方式(電話) ・PAT方式(パソコン専用ソフト、専用端末) 【即PAT】 ジャパンネットバンクの口座を持っている人が利用できる電話投票サービス名です。 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT... A ベストアンサー 競馬を楽しむのであるのなら毎週やるのもいいと思います。 しかし、年間収支プラスを狙うのなら買わない週があることも必要ですよ。 実際にはレースを絞らないと黒字なんて無理でしょう。 欲を出すと収支が急激に下がっていきます。 そのあたりはしっかりと自分のデータを持っていれば改善できていきますよ。 ひとつだけ言える事は、負け組に入らなければ勝ち組みになるってことです。 ちなみに私、EXCELに記録されてある記録上、8年連続(それ以前は記録がない。 )プラスですが、「G1(重賞)だから買う」っていうのを少なくすればもっとあげられるとおもっています。 A ベストアンサー 具体的な例を挙げたほうが分かりやすいかもしれません。 例えば先週の菊花賞の3連単で例えましょう。 結果は1着ディープインパクト2着アドマイヤジャパン3着ローゼンクロイツ4着シックスセンス5着フサイチアウステルでした。 この5頭をレース前に予想した場合、3連単ボックスで買うと全部で60通りになります。 5頭の内3頭が1~3着に入ればいいのですから安心して見ていられますが買い目が増えるのが難点です。 そこでもう少し予想の幅を狭めて目数を減らす買い方がフォーメーションです。 菊花賞の場合、ディープインパクトは1着以外ありえないと予想できればフォーメーションの1着の予想馬にディープインパクトのみに印を付ければいいのです。 2着・3着は展開によって微妙だなと思えば2着の予想馬にも3着の予想馬にも、アドマイヤジャパン以下残りの4頭をチェックすればいいのです。 そうすれば買い目は全部で12通り。 ボックスで買うより48点も少なくなります。 当然リスク(外れる可能性)も高くなりますが、菊花賞のように1着に予想した馬がかなりの確立で勝てると踏んだときはフォーメーション買いがお勧めです。 私も展開次第で着順が変わりそうな混戦の時はボックス買い、1着馬が信頼置ける時はフォーメーションで買っています。 今週の天皇賞は頭数も多いので高配当が望めそうです。 フォーメーションで目数を絞って少ない投資でハイリターンをめざしてみてはいかがでしょうか?がんばってください。 具体的な例を挙げたほうが分かりやすいかもしれません。 例えば先週の菊花賞の3連単で例えましょう。 結果は1着ディープインパクト2着アドマイヤジャパン3着ローゼンクロイツ4着シックスセンス5着フサイチアウステルでした。 この5頭をレース前に予想した場合、3連単ボックスで買うと全部で60通りになります。 5頭の内3頭が1~3着に入ればいいのですから安心して見ていられますが買い目が増えるのが難点です。 そこでもう少し予想の幅を狭めて目数を減らす買い方がフォーメーションです。 菊花賞の場合、...

次の

【スマホにあれば便利】競馬アプリのおすすめは?(iOS・Android)│ためになる雑記、しかし競馬に偏るか

競馬 ネット 購入 おすすめ

競馬の予想をする時、何を参考にしていますか? さすがに「直感」だけで馬券を組む方は中々いないと思います。 多くの方は競馬新聞を参考に馬券を組んでいるでしょう。 しかし…競馬新聞ってたくさんあってどれを選べば良いかわかりませんよね? 競馬新聞には紙媒体の競馬専門紙やスポーツ新聞の競馬欄、インターネット競馬新聞など多くの種類あり、それぞれ各特徴があります。 今ではweb競馬新聞もあり、スマートフォンさえあれば、競馬場に紙の競馬新聞とペンを持ち込まなくても良い時代となりました。 そこで 当記事ではおすすめのweb競馬新聞5選とそれぞれのおすすめポイントを紹介します。 また、無料で読める競馬新聞3選も紹介しますので、ぜひご参考にしてください。 web競新聞おすすめ5選 webで読める競馬新聞おすすめ5選を紹介します。 ・netkeiba. com ・oddspark ・ハイブリッド競馬新聞 ・競馬優駿 ・競馬チェック 上記5つの競馬新聞の中で特に おすすめしたい競馬新聞は中央競馬では「netkeiba. com」。 地方競馬なら「oddspark」です。 また、ハイブリッド競馬新聞は「推定3ハロン」、競馬成駿は「日本一遅いネット競馬新聞」、太陽ホースレポは「独自のデータベースを基に算出した数値を順位づけ」など各競馬予想新聞には特徴がありますので、おすすめポイントを紹介していきます。 netkeiba. comのおすすめポイント 当記事で紹介するweb競馬新聞の中で最もおすすめしたいのは「netkeiba. com」です。 netkeiba. comは競馬新聞の枠を超えた日本国内最大級の競馬情報サイトなので、すでに利用している方もいるでしょう。 nertkeiba. comは中央競馬の全レースの出馬表やオッズはもちろん、ニュース、コラムをチェックでき、500,000頭以上の競走馬データが保管されています。 特にnetkeiba. comの競馬新聞コンテンツ「デイリー馬三郎」はネット利用者数1位のネット競馬新聞で、70名を超えるプロの予想を閲覧できたり、全馬の調教タイムの当日配信を閲覧できたりします。 また、月額500円・月額1,524円・月額24,777円の3コースがあり、他スポーツ紙 月額約992円 や競馬専門紙 月額約3,816円 に比べて低価格で提供していることもおすすめポイントですね。 さらにデイリー馬三郎は月額24,777円のプレミアムコースを14日間無料で試せます。 「中々勝てない…」といった競馬初心者の方や「もっと勝ちたい!! 」といった競馬経験者の方にも、ぜひおすすめしたい競馬新聞です。 oddsparkのおすすめポイント oddsparkは全国の地方の地方競馬の馬券をネットで購入できる競馬総合サービスサイトでありweb競馬新聞でもあります。 ソフトバンクグループのSBプレイヤーズ株式会社の子会社「オッズ・パーク株式会社」が行政機関から委託を受けて運営していますので、専門記者に予想ブログや予想印、予想情報など全コンテンツを無料で利用できます。 中央競馬に比べて地方競馬の認知度は低く、地方競馬情報を発信している競馬新聞は多くありません。 その中でも oddsparkの情報量は断トツで地方競馬をする方にはぜひ、おすすめしたい競馬新聞です。 また、競馬の最新ニュースをチェックできる無料アプリ「まとめパーク」では中央競馬情報もチェックできるのもポイントですね。 odddsparkの詳細は下記の記事からぜひチェックしてください。 ハイブリッド競馬新聞のおすすめポイント ハイブリッド競馬新聞はサンケイスポーツでコラムを連載している「久保和功」が考案した前半後半の3ハロンを予想した「推定3F」が目玉なweb競馬新聞です。 また、ハイブリッド競馬新聞は「後級馬フラグ」や独自の指数「ハイブリッド指数」、「追切指数・乗込指数」、「出遅れ率」、「馬場差」など他競馬新聞にはのっていないハイブリッド競馬新聞独自のデータが月額1,000円で見られるのもポイントですね。 またハイブリッド競馬新聞には「データパック」という新聞の主要データをまとめられる拡張機能もあります。 データパックを利用すると過去5年の勝ち馬の推定3ハロンをまとめ、好走馬を探せる便利な機能です。 久保和功による独自の予想指数や前後半の推定3ハロン、競馬新聞を自分だけのものにカスタマイズできますので「最近回収率に限界を感じる」といった競馬中級者の方にぜひおすすめしたい競馬新聞です。 ハイブリッド競馬新聞の見方や活用方法は下記の記事で紹介していますので、ぜひご確認ください。 競馬優駿のおすすめポイント 競馬優駿は一馬の元編集長「清水成駿」が設立した競馬サイトの唯一の有料コンテンツで「日本一遅いweb新聞」です。 競馬は情報の鮮度が命と言われています。 出走ギリギリの直前情報が掲載している競馬新聞をお探しの方には競馬優駿がおすすめです。 競馬優駿の成績や提供予想の内容は下記の記事で紹介していますので、ぜひご確認ください。 競馬チェックのおすすめポイント 競馬チェックは1着馬から3着馬までの着順を予想し、3連単とWIN5の的中に特化したweb競馬新聞です。 4週間1,000円のコースでは他競馬新聞には掲載されていない情報やオリジナルデータ掲載されている馬柱を閲覧できたり、高確率で入選する馬をレース開催日毎に確認できたり計7つのコンテンツを利用できます。 また4週間3,000円のコースでは赤木一騎と金子恭介によるパドックからの最終予想が提供されます。 赤木一騎はハイブリッド競馬新聞の運営責任者「久保和功」の師匠にあたる競馬評論家です。 入選率の高い馬や競馬評論家の予想を見たい方は競馬チェックをおすすめします。 7コンテンツの詳細は下記の記事で紹介していますので、ぜひ合わせてお読みください。 無料で読めるweb競馬新聞おすすめ3選 web競馬新聞の中には広告収入で運営を行っており、ただで読めるものもあります。 無料で読めるweb競馬新聞3選とおすすめポイントを紹介しますのでぜひご確認ください。 ・吉馬 ・競馬グラント ・水分ボンバー 中央・地方の全出馬表とスピード指数を無料でチェックできる「吉馬」 吉馬は中央競馬と地方競馬の全出馬表とスピード指数を無料で公開している競馬新聞です。 特にスピード指数に様々な角度から公開していることが特徴的です。 馬連と3連単の買い目も出馬表に掲載されていますので、競馬初心者の方や詳細なスピード指数を知りたい方にぜひおすすめしたい競馬新聞です。 吉馬 中央競馬版 の指数の見方や攻略法は下記の記事からご確認ください。 また、吉馬 地方競馬版 の指数の見方や攻略法は下記の記事で紹介していますので、ぜひ合わせてお読みください。 中央・地方・海外競馬全レースの出馬表を無料で公開している競馬グラント 競馬グラントは中央競馬や地方競馬、さらに海外競馬の全レースの出馬表を無料で公開しているweb競馬新聞です。 競馬グラントは展開系数という独自の指数を掲載していることが特徴的で、展開系数は「4角までの通過順」・「3角~4角の通過順変化」・「上がり3Fのレース上がり3Fとの比較」を数字3文字で表した係数となっています。 競馬グランドは個人運営のネット競馬新聞で口コミでは「馬柱の情報が細かすぎる」と良い意味でも悪い意味でも評価されています。 馬柱や展開係数の見方は下記で紹介していますので、ぜひご確認ください。 無料で地方競馬のスピード指数をチェックするのなら水分ボンバーオンライン 水分ボンバーオンラインは地方競馬専門の非常に珍しいweb競馬新聞で、ばんえいを含む全地方競馬のレースのスピード指数を無料で公開しています。 指数は色分けされており、競馬初心者の方でもどの馬の能力値が高いのか一目でわかるのが特徴的ですね。 また水分ボンバーオンラインは馬場状態想定を変更することでより、正確な指数を確認できます。 また指数をベースにした3連複・単勝・馬単・3連単の推称買い目も掲載されていますので馬券が組めない方でも説明通りに馬券を組めるのもおすすめポイントです。 地方競馬で指数勝負したい方にぜひおすすめしたい競馬新聞です。 まとめ 以上、おすすめweb競馬新聞5選と無料で読めるweb競馬新聞3選を紹介しました。 最もおすすめしたい中央競馬新聞は「netkeiba. com」で、地方競馬新聞は「oddspark」です。 そちらも紙媒体ではなくweb媒体なので、競馬場に新聞を持ち込む必要もなくとても便利です。 また、上記の2つの競馬新聞には劣るものの、無料で読める競馬新聞も紹介しました。 中央競馬全レースのスピード指数を確認したい方は吉馬をおすすめします。 地方競馬のスピード指数と買い目を知りたい方は地方競馬専門競馬新聞「水分ボンバーオンライン」がおすすめです。 また、難解ではあるものの 出馬表に各馬のデータがぎっしり書き込まれている競馬新聞をお探しなら「競馬グラント」をおすすめします。 ぜひ当記事を参考にしてご自身にあった競馬新聞をお探しください。

次の