僕 が 死 の うと 思っ た の は コード。 僕が死のうと思ったのは

【7 Years】の和訳:ルーカス・グラハム

僕 が 死 の うと 思っ た の は コード

収録曲 [ ] CD• 「僕が死のうと思ったのは」 — 6:20• 作詞・作曲:、編曲:• 「Today」 — 5:29• 作詞・作曲:秋田ひろむ、編曲:出羽良彰• 「 -natural edition-」 — 4:48• 作詞・作曲:、編曲:• 14枚目シングルのアレンジバージョン。 「かんぽ生命」CM曲。 「僕が死のうと思ったのは -Instrumental-」 — 6:20 DVD(初回限定生産盤のみ)• 「僕が死のうと思ったのは」 Music Video 収録アルバム [ ]• 同 カバー [ ] 僕が死のうと思ったのは• - トリビュートアルバム『』(2016年2月24日発売)に収録• - ミニアルバム『』(2016年10月2日発売)に収録 脚注 [ ].

次の

左手骨折したので右手専用キーボードを自作した話

僕 が 死 の うと 思っ た の は コード

ちょもすです。 といっても数年前からまったく触っておらず、今日は最後の日くらいやるかと思ってやりにいっただけなんですけどね。 査定がすげえ — chomosh chomosh この手の記事とか発言でよくあるパターンは「僕は『CoJ』に育てられました」とか「いいゲームなのになぜ終わってしまうのか」みたいなことを言い散らかすやつですけど、あれってだいたい「お前が課金して遊び続けていればそもそも終わらなかった」みたいな反論を受けざるを得ないというか、冷静に考えれば僕一人が課金してプレイしつづけることとサービス終了には何の因果もないわけですけど、でもその気持ちはなんとなくわかるので、ここでやろうとは思いません。 というよりもむしろ、僕が今日数年ぶりに『CoJ』を遊んで確信したのは「このゲームはクソである」ということです。 今日の僕のメンタルは「対戦相手の『CoJ』の最後の思い出を最悪のものにする」という点ではっきりしていて、そんな僕がめちゃめちゃ楽しく遊べてしまうこのゲームは明確にクソゲームだと思いました。 『CoJ』が出た当初の話です。 その前衛的すぎるマリガンシステム、オーバーライドシステム、高すぎる料金設定。 誰もやらないゲームでした。 Aランクに上がると当時Aランクのプレイヤーがほぼ存在しなかったので、TwitterでAランクとおもしき人間をこっそりと発見&観察して、ゲームセンターに行ったツイートを見計らって500円を入れなければ、500円をゲームセンターに募金することしかできないものすごいクソゲームでした。 その激しさ故に、わけのわからん人たちが妙に集まってしまったゲームだとも思います。 あの料金設定でなければ、マリガンシステムでなければ、第一弾から毘沙門が全てを吹っ飛ばすゲームでなければ。 あれだけのバラエティ豊かな人たちと出会っていないだろうし、今の僕がここに立っていることもないでしょう。 CoJは独自性の高い唯一無二のクソゲーであるからこそ、奇特な人達を集め、奇特なコミュニティを作り、奇特な時間を作り出したのだと思います。 奇特な人達の中でも更に奇特だった初代アルカナカップの王者harukazeさん。 今でこそあれは「イキリオタク」という言葉で評せるのだなとわかりましたが、当時のあのコミュニティの熱狂は明らかに僕の人格の何割かを形成しており、あの一連の出来事は僕の人生に大きく影響を与えたと断言できます。 意気投合とライトステップ。 驚異のデッキ圧縮率により後攻3Tで必ずOTKが決まるため、先行側は先行3Tに見切り発車して戦わなければならないということが判明してクソゲームが更にクソゲームになったと思いました。 一試合150円だからね。 そんなことを思っていたら、稼働して2日目に使用停止になりました。 第二回アルカナカップ。 地獄の予選。 ゲーセンでソイジョイ食って睡眠不足で車に轢かれそうになって、それでも週7でゲーセンに固着することももう僕の人生ではないでしょう。 決勝で普段の実力と大会の実力は別物なんだとはっきりと自覚したのもこの時です。 大舞台で勝つこととランクマッチで勝つこと、そこで求められているものは大きく違っているんだと、僕に思わせるには十分な大会でした。 マスターオブエージェント。 予選前の突然の『三日天下』。 城爆発。 秋葉原の新館でカイム入りの侍を研究してたこと。 みんなで大阪に遊びにいったこと。 アクセンチュアマンの死。 決勝の後手2で断罪のメフィストで人の業を踏み抜かなかったこと。 今でも鮮明にあの時のことを思い出せます。 そして誰もやっていなかったゲームを遊び続けたことで、結果として50万円の賞金を手にしたこと。 これも今の僕の考え方に大きな影響を与えました。 チャンピオンシップ。 うっかり東京で抜けちゃってうっかりmondialを倒してうっかり決勝まで行って、OGR尊師の死神のランプに言わされた奴。 思えばCoJはずっと2位でした。 あの鳳凰、実装したかったなあ。 あの鳳凰実装してたらCoJがあと5年は続いてたと思うんですけど。 『コードオブジョーカーPocket』。 攻略本を捨てられる。 EX商法。 詰みました。 ということです。 でもいつも背中で語ってくれたカード達には感謝しています。 その後ろ姿は死ぬまで忘れることはないでしょう。 カイム、毘沙門、ベルゼブブ、アリアンロッド、カパエル。 その他いっぱい。 ありがとう。 黄色ばっかだな。 6年間おつかれさまでした。 それじゃあまた。 chomosh.

次の

ぼくの名前はインなんとか

僕 が 死 の うと 思っ た の は コード

工業地帯を模した訓練場• ひらけた場が少なく、視界・足場の悪さに定評がある 双方4人組をつくり、一チームずつ戦う形式となります。 A組20名、B組20名なので、心操人使を加えると41名になりますが、心操人使はA組とB組それぞれに一回ずつ2戦に参加することとなります。 5試合中2試合は心操人使が加わるので5対4の訓練となります。 4人のチームが不利と思われますが、実は戦闘経験のない心操人使を組み込むほうが不利な可能性が。 今回のA組対B組の合同戦闘訓練の設定は「敵グループを包囲し確保に動くヒーロー」で、お互いがお互いを敵と認識し、4人捕まえた方が勝利。 5人チームも4人捕まえられると負けとなるため、戦闘経験のない心操人使がハンデとなる可能性が高いということです。 双方の陣営には「激カワ据置プリズン」を設置し、相手を投獄した時点で捕まえたとの判定になります。 ヒロアカ195話 心操人使はA組の1番とB組の5番に加わることになります。 第1試合と最後の試合で登場するわけなので、パワーアップした心操人使を登場させ最後の締めでも心操人使が登場するわけですね。 しかも、B組の5番ということはA組5番のデクと再び戦うということですね。 「面影」を途中まで見たデクがここでその続きを見ることとなるのでしょうか。 オールマイトとミッドナイトが見学に来ます。 オールマイトは解説要員としての登場かと思ったら、早速解説をはじめるオールマイトw ミッドナイトからどちらが勝つか聞かれたオールマイトは、多くのピンチを乗り越えてきたA組はたしかに強いが、成績を見ると実はB組の方が伸びていると。 トラブルがない分、着実に地力を上げていると。 ピンチに力を発揮するA組か堅実に全体を底上げしているB組か。 ヒロアカ195話 その瞬間、動きが止まる宍田。 どうやら心操人使の個性「洗脳」が完了したようです。 「見た目は子供頭脳は大人」のあの人の蝶ネクタイみたいなものでしょうかw 心操人使の個性 195話で久しぶりに登場した心操人使の個性「洗脳」ですが、洗脳が完了する条件をおさらいしておきましょう。 あまりにも久しぶりの登場だったのでだいぶ忘れてました。 心操人使が個性で洗脳できるのには条件が2つあります。 1つは心操人使の問いかけに答えた者は洗脳スイッチが入り洗脳が完了となります。 2つめは心操人使に洗脳する気がないと洗脳はできません。 なので、普段の会話では洗脳されることはないということです。 心操人使の洗脳対策としては心操人使の問いかけに答えなければいいのです。 B組も心操人使の問いかけは警戒していたと思いますが、サポートアイテムのマスクで仲間の声で問いかけられ思わず答えてしまった宍田。 これはなかなか強力ですね。 姿を隠して呼びかけるだけで洗脳率が上がりますもんね。 ますますヴィラン向けの個性にパワーアップした感もありますけどw.

次の