イコライザー 設定。 【PUBG】プロのイコライザ設定とイコライザの解説

驚くほど違う!音作りのプロがおすすめするiTunesのイコライザ設定。PC、iPhone共に絶対にやるべき

イコライザー 設定

イコライザーの設定方法をご紹介いたします。 よくフリーソフトでイコライザー設定できるものがありますが、正直難しいし、そういうのインストールしたくない人いると思います。 そんな人に届いてほしいビデオです。 大抵のPCにはRealtekドライバーがついていると思いますので、ある場合はぜひお試しください。 基本的なイコライザープリセットがありますからよくわからないなんて人も使えます。 Realtekドライバーが入ってない、もしくはRealtek High Definition Audioじゃない人はRealtekさんが出していると思いますのでインストールしてみてくだい。 これは信頼できると思います。 安心してお使いください。 どうもこんにちは。 ふらきりです。 R6Sを中心にあげています。 今はPCをセットアップしたりしているのでWindowsシステム系統をあげています。 ちょっとしたらR6SClipになるんじゃないかな。 ぜひ動画の感想を書いてくれればと思います。 まだ未熟な私ではありますが、頑張って皆様のためになるような、たのしめそうな動画投稿を一生懸命作っていきます。 どうか温かい目で見てくれればとおもいます。 動画に関しての感想をぜひお願いいたします。 高評価、低評価素直な気持ちでお願いいたします。 よければ、コメントでどういうところがダメだったか、よかったか教えていただければありがたいです。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の

カーオーディオ音響調整術2018:DSPを使いこなせ<4>「音を正しく鳴らそう・イコライザー」

イコライザー 設定

イコライザーの役割と種類 イコライザー(以下EQ)は本来、フラットな特性を再現する目的で使わる機能です。 カーオーディオで音楽を再生する空間は、広さ、大きさ、材質などの条件から、ホームオーディオに比べて周波数特性は大きく乱れやすいことは間違いありません。 ごく一般的なホームオーディオのように四角四面な空間でさえ、音の反射や吸収による特性の乱れから、フラットな特性を実現する事は困難な作業となります。 カーオーディオでは二乗倍的な特性の乱れがある事は容易に想像がつくのではないでしょうか。 カーオーディオ用の高級DSPでは31バンドグラフィックイコライザー、左右前後独立調整、パラメトリックイコライザー機能など、盛りだくさんの補正機能が採用されています。 この機能を使いこなす為にはイコライザーによる調整の基本を押さえる事に加え、調整の基準とする音源(音楽ソフト)の聴こえ方を熟知している必要があります。 ヘリックスDSP PRO MK IIのEQ調整は、31バンドのグラフィックイコライザーのようでありながら、全バンドともパラメトリックイコライザー機能を備える強者だ。 音楽の内容を熟知する為には、先に何度か述べている通り、如何に詳細に聴きこんでいるかが重要です。 例えば、何楽章のヴァイオリンの出だしは、その時の静寂感、次に出てくる音の間合い、等、何回となく聴きこむ事で理解できて来る音楽の情報がとても重要な判断のポイントとなるのです。 私の事で恐縮ですが、私のフェイバリットソフトにホリーコールトリオの「ドント・スモーク・イン・ベッド」と言うタイトルのCDソフトがあります。 このソフトは1993年の発売ですでに24年が経つ古いタイトルです。 その演奏や録音状態は発売当時から素晴らしく多くのオーディオファイルや評論家、音楽誌等から評価されたCDタイトルで今なお多くの音楽、オーディオ愛好者を魅了するソフトです。 私はこのCDを初めて手にしてから同じタイトルをすでに5枚購入しています。 1枚は国内盤、他4枚はオランダ盤の輸入CDソフトです。 筆者がリファレンスに使用している音源「ドント・スモーク・イン・ベッド/ホリー・コール・トリオ」。 これまでに日本盤1枚(左)と、オランダ盤4枚を購入している。 何故これ程に同じタイトルを手に入れているかと言いますと、かつて私がアルパインにおいてこのCDソフトをカーオーディオの音質調整時の基準ソフトとして使ったり、カーオーディオコンテストのジャッジの為の判断ソフトして使ったりしていました。 CDソフトは長い時間が経つと、読み取り面の傷やクスミ、データ面の酸化等から記録されているデータの読み取り精度が下がり、読み取り誤差を発生させます。 当然そうしたディスクは、音が徐々に劣化してきて、しまいにはパサパサというノイズが混じる音になります。 このような事から、ある程度劣化したと判断する度に新しいディスクを調達した結果、都合5枚の同じタイトルを買う事となった訳です。 このタイトルのある曲は優に2,000回以上聴いていると自信持って言えます。 一筋縄ではいかないカーオーディオのEQ補正 話をイコライザーに戻しましょう。 イコライザーなどの補正には、基準として判断材料になる音楽ソフトが不可欠というお話でした。 そのソフトの鳴り方をチェックするためには、基準となる再生装置、ホームオーディオやDAP等で「こんな感じの音のはず」がチェック出来ることが重要です。 ここでお話するイコライザーとは、特性をフラットにして音質を整えるとても重要な項目で、前回までの解説と重複しますが、使わないで済めばベストです。 例えばですが、EQはお化粧みたいなもので、スッピンで美人は最高、薄化粧は色っぽい、厚化粧は下手をするとケバイ感じになる。 事があります。 敢えて書かせて頂きました。 さて、それでは実際のイコライザーの調整です。 シンプルな発想ですが、車にマイクを置いて、ピンクノイズ(ザー音)やインパルス(ピッピッ音)で周波数特性を測定し、そのグラフから逆特性をイコライザーで作る。 よくある説明ですね。 車室内の音響特性は、ここに記した直接音と反射音の干渉をはじめ、定在波、走行ノイズによるマスキング、不要共振の干渉など、スピーカーユニットからの出音とは違う要因で思った通りの音にならないことが多い。 イコライザーの調整だけでは解決できないことも……。 EQ補正のセオリー では、どのように補正を行うのがいいのでしょう? 具体的な手法を解説いたします。 前回までの記事で、何らかのフィルターをかけるとフィルターをかけた周波数より高い周波数帯域の位相回転が起こるとお話致しました。 イコライザーはピーキングフィルター(チャネルディバイダーではビべリングフィルター)の集合体ですから、周波数の補正は低い周波数帯域から調整するのが基本となります。 低い周波数帯域から補正するとそれ以上の周波数帯域の位相特性が変化する為、補正帯域以上の周波数特性は位相回転し、測定時の特性とは既に違っているのです。 この変化により測定時にあったピークディップは消えたり増えたり別の周波数に偏移する可能性もあります。 このような変化を音を聴き取りながら順次高い周波数へ調整を重ねていきます。 DSPによっては、チャンネルごとにミュート(消音)機能を備えるモデルもあるので、活用してスムースに作業を進めていきたい。 ここで、イコライザーに使われるフィルターの種類について触れておきます。 基本的に、グラフィックイコライザーと言われる周波数帯域を分割し特定周波数を中心にゲインの上げ下げを行うイコライザーです。 一般的にパラメトリック機能を付加するとDSPのパワーを大きく必要とする事からバンド数を減らす設定とすることが一般的です。 これはDSPの演算処理で、SN比やダイナミックレンジを確保するために、各社ともにHi Bit処理を行う仕組みを採用していますが、DSPのゲインを上げる方向で調整するとそのハイビット化で加算された桁数を食い潰してしまうのです。 周波数特性のピークやディップを整えるほか、音質調整機能として活用できるイコライザー。 その場合には急なイコライザーカーブはなるべく作らないようにし、なだらかなカーブで調整するように心がけたい。 ここまでDSPの調整要素3項目に絞り解説させていただきました。 この調整要素が満足のいく結果であればシステムのパフォーマンスはご満足いただける音に達しているのではないかと思います。 ここまで調整要素で満足できない結果であれば、再度繰り返し音の煮詰めを行う必要があります。 場合によってはスピーカーの取付けなど、ハードウェアの再調整からスタートする必要があるのかもしれません。 いずれにしても、ウィークポイントがどこにあり何をすべきかを明確にする事がカーオーディオライフをより楽しめるものにする事は間違いありません。 愛車のカーオーディオシステムに満足しているあなたも、ぜひ、より再現性の良いシステムトライしてみてください、さらなる音の世界にいざなわれることでしょう。 もっと具体的なDSP調整方法が知りたい方のために、本シリーズの記事を継続していく予定です。 お楽しみに。 筆者プロフィール 中村重王:プレミアムオーディオメーカー「ラックス(現ラックスマン)」、カーオーディオメーカー「アルパイン」を経てフリーとなる。 アルパインでは jubaシリーズやF 1 statusといったハイエンドモデルにも参画。 いっぽうでカーオーディオプロショップの教育係としても腕を振るった経験を持つ。

次の

イコライザー設定方法!!〜カーオーディオの定番〜

イコライザー 設定

もくじ• Spotifyの既存イコライザー設定一覧 イコライザーと言うと決められた音域に対して、 自らで調節して心地よい設定を作っていくイメージがありますが、Spotifyの場合あらかじめいくつかのジャンルの設定が実装されていますのでそれが既存の設定をいかにてご紹介いたします。 Acoustic:音響の効果が引き上げられたアコースティック系楽器の演奏に適した設定。 Bass Booster:低音を強調した設定。 Bass Reducer:低音を抑えめにした設定。 Classical:中音域がやや抑えめなクラシック音楽に適した設定。 Dance:低音がやや強調された設定。 Deep:低音強調・高音が抑えめ。 重ための印象。 Electronic:中音が抑えめで低・高が強調。 ハキハキした印象。 Flat:フラットな設定。 実質的にイコライザーがオフの状態。 Hip-Hop:フラットからやや低音・高音が強調。 Jazz:中音が一部強調されドラムのサウンドが際立つ設定。 Latin:高音が強調されパーカッションなどが目立つ設定。 Loudness:低・中・高それぞれで強調部分を持つバランスが有りながら迫力ある設定。 Lounge:中音域を強調し音響やボーカルが強調される設定。 Piano:中高音がやや強調され音に軽さとクリアな印象を受ける設定。 Pop:中音域が強調されボーカルやスネアドラムが際立つ設定。 Rock:低音・高音が強調され迫力と繊細さが交じる設定。 Small Speakers:小さいスピーカーに接続した際に適切な設定。 Spoken Word:ラジオ番組やPodcast向けの設定。 Treble Booster:高音を強調する設定。 聞きやすいがドライな印象。 Treble Reducer:高音を抑えめにする設定。 コンパクトで少しこもるような印象。 Vocal Booster:中音域が極端に強調され、ボーカルの音声が聞きやすくなる設定。 よく聞くジャンルの音楽に設定するのがおすすめ 上記で羅列してご紹介させていただいたように、各イコライザーの設定についてはその楽曲のジャンルが名前としてつけられており、一番手っ取り早く最適化された設定にするには、 自分がよく聴くジャンルのイコライザー設定名にするのがおすすめです。 この機能によって特定の部分を 極端に上げたり下げたりすることで独特な雰囲気や独自の設定を作り出すことができます。 この設定機能を使って半ば遊び半分で作成しながらも、 一部のユーザーにとっては便利になるであろう(多分)設定をご紹介いたします。 バンドでベースの音を良く聴きたい時 この頃の収録環境の改善によって 「ベースの音がよく聞き取れない」というような楽曲はかなり減っておきましたが、やはりベーシストにとってはベースを耳コピしたい時によく聞ける環境が望ましいはず。 150Hzを強調することによって ベースの演奏者がボーカルよりも前に出てきたかのような感覚を受けます。 また周辺の音域をカットし重複しない低音・高音を引き上げることによって、楽曲の厚みをなくしながらも楽曲の骨組みが良く分かる構造になります。 また、楽曲によっては 引き上げる箇所を2. 4KHzあたりにする方が より強調されて聞こえる場合もあります。 ただただ重低音を楽しみたい 通常のポップソングや 一般的な設定飽きてしまった人はこの設定で遊んでみても面白いかもです。 押し寄せるよなパワーで音楽が流れてきながらも一部の高音域が引き上げられていますので、音楽自体ははっきり聴こえる、という設定です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はSpotifyのイコライザー設定についてご紹介させていただきました。 音楽制作の現場でもイコライザー設定については数冊の本が書けるぐらい実は奥深い世界になっています。 もしSpotify上で聴く音楽のジャンルにある程度偏りがある場合このイコライザー設定を使って自分のテンションが上がる設定にしてみてくださいね!.

次の