正月門松。 正月のお飾りはいつからいつまで飾るのが正解?|@DIME アットダイム

門松の意味や由来とは?いつからいつまで飾る?処分方法について

正月門松

門松の意味や由来とは? 門松(かどまつ)は、竹や松で作られた正月飾りで、家の門の前などに立てます。 松飾り、飾り松、立て松とも言い、 年神様(毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)が迷うことなく家にいらっしゃるよう、目印になるのが門松と考えられています。 樹木には神様が宿ると考えられており、中でも 松は「祀る(まつる)」につながる樹木であることから、おめでたい樹木として正月の門松に使われるようになったそうです。 門松といえば竹が目立ちますが、本体は松なのです。 門松の由来は、平安時代(794年~1185年)の宮廷儀礼である 「小松引き」といわれています。 「小松引き」とは、 その年最初の子の日(ねのひ)に外出して、小さな松の木を引き抜いてくることで、長寿祈願のための習慣だったそうです。 「子の日」とは十二支の「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」を日にちに当てはめたもので、12日に1度訪れます。 カレンダー(日めくり)によっては記載されているものもありますので確認してみてください。 門松は平安時代後期に文献に初めて登場しており、当時は松だけを玄関に飾っていたようですが、室町時代になってから、長寿を象徴する竹も一緒に飾られるようになったといわれています。 門松の竹の先端部は、 斜めに切った「そぎ」と、真横に切った「寸胴(ずんどう)」の二種類あります。 「そぎ」は、徳川家康が生涯唯一の敗北をした1572年の三方ヶ原の戦いのあと、対戦相手の武田信玄に対して「次は斬るぞ」という念を込めたのが始まりという説があります。 「武田」を「竹」に見立てたそうです。 門松は2つが並んでいますが、 片方は黒松で「雄松(おまつ)」、もう片方が赤松で「雌松(めまつ)」と呼ばれています。 黒松は黒っぽい松で、葉が硬くて太く長いのが特徴です。 赤松は赤っぽい松で、葉が柔らかくて短く細いのが特徴です。 そして、 左に雄松、右に雌松を置くのが決まりになっていますが、現在は赤松がほとんど使われず、黒松だけの門松が主流となっています。 いつからいつまで飾る? 門松を設置するのは「松の内」の期間になります。 「松の内」とは正月飾りを飾っておく期間のことで からです。 12月13日は正月事始め(しょうがつことはじめ)といい、煤払い(すすはらい)や松迎え(まつむかえ)など、お正月の準備を始める日と言われています。 関連: 門松を飾るのは12月13日以降ならいつでも良いとされていますが、 12月29日は「二十苦」「苦松=苦が待つ」となり、12月31日は「一夜飾り」「一日飾り」として神様をおろそかにするので避けた方がいいです。 松の内が終わるのは地域によって異なり、関東では1月7日、関西では1月15日となっています。 よって 門松を飾る期間は、 関東では12月13日~1月7日 関西では12月13日~1月15日 ということになります。 ではなぜ、関東と関西では松の内の期間が違うのでしょうか? 松の内は、もともと日本全国で1月15日までと決められており、鏡開き(鏡餅を下げて食べること)が日本全国で1月20日に行われていました。 松の内は年神様が鏡餅に宿っていらっしゃるので、松の内が終わってから、鏡開きをするのです。 しかし、江戸時代(1603年~1868年)、慶安4年(1651年)4月20日に徳川三代将軍である家光が亡くなり、毎月20日は家光の月命日となりました。 そのため、徳川幕府のお膝元である関東では「月命日に鏡開きは良くない」ということで1月20日を避け、鏡開きを1月11日に行うようになりました。 しかし、1月11日は松の内です。 松の内は年神様がいらっしゃるのに鏡開きを行うのは失礼なのではないか?ということになり、1662年に徳川幕府が「1月7日をもって飾り納め」を指示する通達を出します。 そして、 幕府のお膝元である関東では松の内が1月7日までとなり、正確に情報が伝わらなかった関西ではそれまで通りに松の内は1月15日までとなったといわれています。 また、明暦3年(1657年)1月18日から1月20日までの3日間、江戸の市街地がほとんど消失するほどの大火災が起こります。 「明暦の大火(めいれきのたいか)」と呼ばれているもので、それ以降、松飾りなどの燃えやすいものは早く片づけるように・・・ということで松の内の期間が短くなったという説もあります。 門松の処分方法は? 一般的な処分方法は、神社などで行われるどんど焼き(正月飾りなどを燃やして年神様をお見送りする風習)です。 どんど焼きは一般的に松の内が過ぎてから行われますので、お近くの神社でいつ行っているか確認して持っていきましょう。 また、どんど焼きを行わない神社でもお清めのあとにお焚き上げをしてくれますので、問い合わせてみてください。 門松は縁起物ですので、ゴミとして処分するのはなるべく避けたいところですが、様々な事情でゴミとして処分することもあるかもしれません。 その際は、塩で清めてからゴミに出すようにしましょう。 また、門松は粗大ごみのサイズになることもありますので、お住いの自治体の粗大ごみ処理の方法を確認してください。 竹のほうがメインのように見える門松ですが、もともとは松だけだったことがわかりましたね。 お正月は新しい一年が始まるおめでたい日です。 きちんと準備をして年神様をお迎えし、役目を終えた門松は感謝の気持ちで処分したいですね。 関連: 関連: 関連: - , ,.

次の

門松はいつからいつまで?お正月飾りの基礎知識 [結婚式・披露宴マナー] All About

正月門松

はい、茨木ジャーナルです。 年末にアップしたの記事。 「いばジャルの記事で印象に残っているもの」の答えの中に「門松を探す記事」というものがありました。 「最近はあんまり見なくなったなぁ」と思って、年末年始にアップしている記事ですね。 2014年12月にという記事がたぶん、始まりだったと思います。 2018年1月も門松めぐり・北おおさか信用金庫から 「門松探すの、もういいかなぁ」と思っていたんですけど、なんとなく見に行かないとそわそわするというか…。 やっぱり2018年もウロウロしてみました。 まずは、門松探しの原点、北おおさか信用金庫の門松。 「謹賀新年」と書いてあるところに、今年は「戌」と美しく書かれていましたよ。 キンリューフーズ、今年も! まずは、イオンモール茨木の西側の道を宇野辺のほうへ。 そこにあるのがキンリューフーズさんで、いつもは焼肉のタレのいい香りが漂ってくるところです。 今年もやっぱり、静か~な通りにドシッと立派な門松が飾られていました。 パチリと写真を撮って、さあ次へ…と行こうと思うんだけど、ついつい見とれてしまいますね。 日東電工も、チェック~! 次。 イオンモール茨木のちょっと北側へ。 産業道路沿いにある日東電工さんのところにも、今年もドシッと門松がありました!建物のすぐ前が歩道なので、ちょっと全体がわかりづらいけど、 向かって左の門松をパチリ、と。 カッコいいよなぁ。 去年はドギマギと撮っていたんですが、今年はちょっと「うん、今年もあった」とゆっくり眺めながら写真をパチリ。 門松ってキレイだなぁ。 子どものころは、そんなこと思いもしませんでしたが。 さて、次はどうしようかなぁと思って、ちょっとこのまま南へ移動します。 宇野辺よりあっちのほうにないかなぁ、と思ったので。 すると・・・。 吉野工業所で見つけた~! 自転車で走りながら「お!」と見つけて、Uターンしたのが、ここ。 ドンッ!と門松が飾ってありました。 産業道路沿い、モノレール高架をくぐってちょっと行ったところにある、吉野工業所さんのところに飾ってありました。 門がちょっとだけ開いていて「おぉぉ…」としばらく見とれてしまった。 門の向こう、広いなぁ…。 すこーんと広いところに、ドンッと門松があって迫力がありました。 その場で少しの間うっとりしてしまった。 夕方で少しお日さまも傾いてきたので、門松を探すのもここまでに。 今年見かけた門松は、4箇所でした。

次の

正月の門松!飾りの意味と由来はどこから?

正月門松

門松や しめ飾りなど、 お正月のお飾りには 松がよく使われています。 花屋などで 松を目にするようになると お正月が近づいている感じがしますね! ところで松には 色んな葉の形があるのを ご存知でしたか? お正月に飾る 松、 どの 種類を選べばいいのか 困っているみなさん。 松の種類について まとめてみましたので、 ぜひ参考にしてください! Sponsored Link なぜお正月に松を飾るの? 松は お正月を代表する植物です。 しかし、 なぜお正月に 松を飾るのでしょうか? 松は一 年中葉が落ちない 常緑樹ですので、 古くから 生命のシンボルと されてきました。 また、新年に歳神様を迎える際には 神が宿る依り代(よりしろ)でもあります。 松の語源は 神を待つ、 神を祀(まつ) るの 「マツ」だとも言われているくらい、 神聖で縁起の良い植物だと 考えられていたんですね。 松の種類 では実際にどのように 松を選べば良いのでしょうか。 松の種類や 特徴について いくつかご紹介します! 若松 最もポピュラーな松の種類です。 ちなみに若松とは 松の育て方のことで、 品種は 黒松(くろまつ)と言います。 種を蒔いてから 4年程度で収穫した松のことを 若松と言うそうですよ。 ピンとしているので 花瓶にも活けやすく、 初心者でも扱いやすい松です。 人間も植物も 若いものはピンとしているんですね(笑) 生け花でも良いですが、 門松にも使えます。 昔ながらの松竹梅の門松は大きいので、 大豪邸にでも住んでいない限り、 ちょっと気が引けますよね。 処分するのも大変ですし… そんな時には 花屋で門松用の 若松を2本買い、 玄関の左右それぞれに飾るだけでも 大丈夫です! 水引や輪っかを掛けても良いですが、 そのまま立てるだけでもOKなので ぶきっちょさんにも嬉しいですね。 根引き松 若松よりも幅を広げて 作った松ですが、 品種は若松と同じ 黒松です。 京都では 元祖門松とも言える松で、 根をつけたまま飾ります。 正直な感想を言うと 松竹梅をあしらった 一般的な門松と比べると 地味に見えてしまいます…。 しかし、根引き松は 「 地に足がついた生活を送れる」 「 成長し続ける」 と言う意味で根を残してある 縁起物なんですよ。 生け花にする場合は 根を切って飾ります。 ちなみに、 「値引き」ではありません。 「根引き」ですので、 勝手にディスカウントしないように 注意してくださいね(笑) 大王松 一つの枝から葉が大きく広がる ダイナミックな松で、 とにかく 豪華にしたい人におすすめ! 門松にしてもいいですし、 もちろん しめ飾りでもOKです。 生け花として飾る場合には まず中央にどーん!と大王松を生けて、 足元に小さめの華を飾り、 松の広がりを楽しむのが好きです。 ただし、その華やかさゆえに 広がりすぎて扱いにくいので、 初心者には難しいかもしれません。 蛇の目松 蛇の目傘のような枝で、 葉に黄色の班が入っている松です。 珍しい種類ですので 近所の花屋やホームセンターには 売ってないことが多いです。 お値段もちょっと 高級。 門松には適さないかもしれません。 しめ飾りなら悪くはないですが、 個人的には、生け花にして 少し 洋風にアレンジすると かっこいいと思います! 五葉松 葉先が五つに分かれている松です。 盆栽に使われていることが多く、 独特の形をしています。 おせちに 松の葉が入っているのを 見たことはありませんか? 実は葉先を おせち料理の飾りに 使うことでも有名なんですよ。 独特の形をしているので 門松よりはしめ飾りや生け花にするのが 良いでしょう。 ただ、五葉松と言えばやはり 盆栽。 この際お正月に向けて 五葉松の盆栽を育ててみては いかがでしょうか? 趣味は盆栽。 1度は言ってみたいですよね(笑) Sponsored Link お正月には松を飾ろう いかがでしょうか。 松は松でも 色んな種類があるんですね。 都会ではマンション住まいで 門松を置けない人も多いことから、 最近は 門松風の生け花が 流行っているようですよ! 正月に松を飾る本来の意味は 松を目印や依り代にして 歳神様をお迎えするためです。 ただ、松さえあればぐっと お正月っぽく見えますし、 花瓶に生けるだけでもカッコいいですよね。 「 風流だねえ」と褒められちゃうかも。 次の お正月にはぜひ 松を飾ってみましょう! -.

次の