平成 は 何 年 まで ありま した か。 平成最初の日から最後の日まで何日間?新元号開始までに何ができる?

平成何年は令和で何年?自動変換計算機

平成 は 何 年 まで ありま した か

平成31年は2019年4月30日に幕を閉じ、2019年5月1日に新天皇が即位され「令和元年」が始まりましたね。 それでは 「令和元年度」と「平成31年度」の期間はいつからいつまでになるのでしょうか?また どちらを使うのが正しいのでしょう? 「令和元年度」と「平成31年度」について調べてみました! 「元号」とは? 読み方は 「げんごう」です。 特定の年代に付けられる称号のことで「年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。 「元年」とは? 読み方は 「がんねん」です。 元号が改まった最初の年や、天皇即位の最初の年という意味があります。 「年度」とは? 年度とは、 特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。 多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である 「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした 「学校年度」です。 会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。 一般的に「年度」といえば、4月から3月までの区切りを指しますが、ほかにもさまざまな「年度」があります。 たとえば、7月から6月までを区切りとしている「麦年度」や、9月から8月までを区切りとしている「いも年度」、10月から9月までを区切りとしている「大豆年度」などがあります。 ここでは、一般的な「年度」である4月1日から3月31日までの区切りで考えて行きます。 令和元年度はいつからいつまで? 昭和から平成に改元された時を思い出してみましょう。 昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、翌日1月8日から元号は「平成」となりました。 この時は、 昭和63年(1988年)4月1日~平成元年(1989年)3月31日が「昭和63年度」でした。 そして、 平成元年(1989年)4月1日~平成2年(1990年)3月31日が「平成元年度」となりました。 ですので、 昭和64年度は存在しませんでした。 さらに一つ前の、 大正から昭和に改元された時はどうだったのでしょう? 大正15年(1926年)12月25日に「昭和」に改元されたので、「昭和元年」は12月25日~12月31日の一週間だけでした。 この時は、 大正15年(1926年)4月1日から、改元され12月25日に昭和元年(1926年)となり、さらに新年になり昭和2年(1927年)を迎え、3月31日までが「大正15年度」でした。 そして 昭和2年(1927年)4月1日から昭和3年(1928年)3月31日までが「昭和2年度」となりました。 ですので、 昭和元年度は存在しませんでした。 このように、 4月1日時点での元号の年が、その後、途中で改元があってもそのまま年度として3月31日まで使われるということがわかります。 この考え方を踏まえて考えると、令和へ改元されるのは5月1日ですので、 4月1日時点では平成31年です。 よって、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までは「平成31年度」となり、 令和2年(2020年)4月1日~令和3年(2021年)3月31日までは「令和2年度」となるため 「令和元年度は存在しない」となります。 令和元年度は存在する しかし今回は、政府が以下のように発表しました。 「国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて『令和元年度』とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては『令和元年度予算』と表示するものとする」 これは、国が行う 「会計年度」に限って「令和元年度」とするということです。 つまりどういうことかというと、平成31年(2019年)3月に成立した「平成31年度予算」は、4月30日までは「平成31年度予算」と呼ばれますが、令和元年(2019年)5月1日からは「令和元年度予算」になります。 「令和元年度予算」の期間は平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日ですから、改元日の一ヶ月前に遡った期間も「令和元年度」に含まれます。 簡単に説明すると、 「改元日は5月1日なので年度の呼び方はこの日から変わりますが、令和元年度という期間が始まるのは4月1日から」ということになります。 このように国が行う 「会計年度」に限っては平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが「令和元年度」となります。 年度に関して明確なルール、法律などはありませんので、国の予算に関すること以外は組織や団体の判断に任せるようですが、国に合わせて「令和元年度」にすることが一般的だと考えられます。 平成31年度はいつからいつまで? これまでと同じように考えれば、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが 「平成31年度」となりますが、 政府の発表にほかの組織や団体が従うと考えると 「平成31年度」は存在せず「令和元年度」となります。 「令和元年度」と「平成31年度」どちらが正しい? しかし、「平成31年度」と「令和元年度」を併記したり、新年度の始まりの元号を優先して「平成31年度」を用いることもなんの問題もありませんので、 組織や団体によっては「平成31年度」を用いることがあるかもしれません。 少々ややこしいように見えますが、「平成31年度」は「平成が一ヶ月間だけ」と考えると、「令和元年度」にしたほうがしっくりくるような気がしませんか? とはいうものの、政府の発表があったからといって「すべてにおいて令和元年度にしなければならない!」というわけではありませんので、「令和元年度」と「平成31年度」が混在することは理解しておいたほうが良いのではないでしょうか。 どちらも正しく、どちらを使っても良いのです。 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の

明治、大正、昭和、平成、令和はそれぞれ何年から何年まで?それぞれ何年間続いた?大正が短い理由と簡単な計算方法も一緒に解説!

平成 は 何 年 まで ありま した か

・山一証券、北海道拓殖銀行など金融機関の破綻相次ぐ ・神戸連続児童殺傷事件(通称「酒鬼薔薇事件」)おこる ・「ジョホールバルの歓喜」。 サッカー日本代表、ワールドカップ初出場決める ・ドラマ「踊る大捜査線」放送。 ・KinKi Kidsが「硝子の少年」で、広末涼子が「MajiでKoiする5秒前」で歌手デビュー ・アニメ「ポケットモンスター」放送開始。 「ポケモンショック」事件おこる。 ・ダイアナ元英皇太子妃、パリで交通事故死 ・アニメの劇場公開作品が好調。 「ハマの大魔神」佐々木主浩投手が活躍 ・「ドリームキャスト」発売 ・「ガングロ」メイクブーム ・長野五輪。 日本はスキージャンプで金2個をはじめ合計10個のメダル獲得 ・Microsoft「Windows 98」日本語版、アップル「iMac」発売 ・和歌山毒物カレー事件 ・北朝鮮のミサイル「テポドン」が三陸沖に落下 ・夏の甲子園で横浜高校の松坂大輔投手が決勝戦でノーヒットノーラン。 59年ぶり史上2人目。 横浜高は史上5校目の春夏連覇 ・映画「七人の侍」「座頭市」などで知られる黒澤明監督が死去 平成11年(1999年) ・相撲界の世代交代。 横綱・貴乃花と武蔵丸が引退。 朝青龍が横綱昇進でモンゴル人初の横綱に ・阪神タイガーズ、18年ぶりのリーグ優勝 ・六本木ヒルズがグランドオープン ・ゲーム企業のエニックスとスクウェアが合併。 「スクウェア・エニックス」に ・新型肺炎(SARS)が世界中で猛威ふるう ・J-Phoneが「ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)」にブランド変更 ・米スペースシャトル「コロンビア」が空中分解事故で墜落 ・イラク戦争が勃発、米軍がサダム・フセイン元大統領を拘束 ・早稲田大学のサークル「スーパーフリー」のメンバーら逮捕 ・戦後はじめての「有事法制」成立(有事関連三法) 平成16年(2004年) ・アテネ五輪。 女子マラソンで野口みずきが金メダル ・営団地下鉄が民営化。 「東京メトロ」誕生 ・新潟中越地震(M6. 8、震度7)。 新幹線が営業中初めて脱線 ・PLOのアラファト議長死去 ・携帯ゲーム機競争。 「PlayStation Portable(PSP)」「ニンテンドーDS」発売 ・ジブリ映画「ハウルの動く城」公開 ・新紙幣発行(1万円札=福澤諭吉、5000円札=樋口一葉、1000円札=野口英世) ・スマトラ沖地震(M9. 0)で大津波発生。 30万人以上の死者・行方不明者 ・イチロー、大リーグの年間最多安打記録を84年ぶりに更新 ・日本国内で79年ぶりに「鳥インフルエンザ」発生確認 平成17年(2005年) ・早稲田実業、夏の甲子園で初優勝。 「ハンカチ王子」斎藤佑樹投手が活躍 ・「ライブドア事件」で堀江貴文氏ら逮捕 ・秋篠宮家、悠仁さまご誕生。 皇室に41年ぶり男子 ・サッカー日本代表、MF中田英寿が現役引退表明。 監督にイビチャ・オシム氏が就任 ・「村上ファンド」がインサイダー取引をしたとして、村上世彰氏を逮捕 ・安倍晋三内閣が発足。 戦後生まれ初の首相 ・「ポケットモンスター(ダイヤモンド・パール)」発売 ・SNS「Twitter」のサービス開始、SNS「Facebook」一般向けサービス開始 ・トリノ五輪で女子フィギュアの荒川静香が金メダル。 「イナバウアー」が流行語に ・ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で王ジャパン優勝 平成19年(2007年) ・楽天の田中将大投手が公式戦21連勝、プロ野球新記録を達成。 楽天も初の日本一に。 ・堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」が高視聴率(平均29. 「倍返し」が流行語に ・国内観測史上最高気温の41. 0度を高知県四万十市(江川崎)で記録。 ・ジブリ映画「風立ちぬ」公開 ・長嶋茂雄氏と松井秀喜氏、国民栄誉賞を受賞 ・大阪市立桜宮高等学校の体罰自殺事件が明らかに。 体罰問題が社会問題化 ・日中戦争、太平洋戦争で負傷や病気をした元軍人らでつくる「日本傷痍軍人会」が解散 ・「特定秘密保護法」が成立 ・「コンビニコーヒー」が日経トレンディのヒット商品ベスト30入り ・国の借金、1000兆円の大台を突破 平成26年(2014年) ・ソチ冬季五輪。 男子フィギュアの羽生結弦選手が金メダル ・「笑っていいとも!」放送終了。 31年半の歴史に幕 ・理化学研究所の小保方晴子氏らが「STAP細胞」論文発表、後に撤回 ・イスラム過激派「IS(イスラム国)」国家樹立を宣言 ・青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏にノーベル物理学賞 ・消費税が8%に。 17年ぶりの消費税増税 ・「袴田事件」の再審開始。 袴田巌さんを48年ぶりに釈放 ・安倍内閣が「防衛装備移転三原則」を閣議決定。 武器輸出を原則解禁 ・俳優の高倉健さん死去 ・朝日新聞社が従軍慰安婦報道の一部を撤回。 福島第1原発事故を巡る「吉田調書」報道の誤報を認め謝罪 平成27年(2015年) ・「将棋ブーム」。 藤井聡太四段が29連勝、加藤一二三九段が引退、羽生善治竜王が「永世七冠」に ・元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が公式ファンサイト「新しい地図」開設 ・衆院選で自民圧勝、民進党が分裂、枝野幸男氏率いる立憲民主党が野党第一党に ・女子フィギュアの浅田真央、女子ゴルフの宮里藍が引退表明 ・上野動物園でジャイアントパンダ「シャンシャン(香香)」誕生 ・「共謀罪」の趣旨を含む「改正組織的犯罪処罰法(「テロ等準備罪」法)」成立 ・森友学園問題で内閣支持率急落。 前理事長夫妻を逮捕 ・市川海老蔵の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん死去 ・座間9遺体事件。 Twitterがサービスルールを変更 ・ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任 あなたの思い出に残っている「平成」の出来事は、なんですか? 残すところあと1年余りの「平成」の世。 願わくば、穏やかで心豊かに過ごせることを願って...。

次の

平成っていつから始まった?西暦と昭和何年何月何日で終わったのかも紹介! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

平成 は 何 年 まで ありま した か

明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年まで? 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までなのか、まとめてみました。 明治は何年明治は何年から何年まで続いた? 明治は1868年1月25日から1912年7月30日年まで続きました。 江戸時代が終わり、西洋化進みました。 明治時代からは 一世一元の制が取られており、一人の天皇につき、一つの元号が定められるようになりました。 大正は何年から何年まで続いた? 大正は、1912年7月30日から1926年12月25日まで続きました。 約15年間と短いながらも大正デモクラシーなど、現代の文化に大きく影響を与えています。 関連記事: 昭和は何年から何年まで続いた? 昭和は1926年12月25日から1989年1月7日まで続きました。 昭和は即日即位だったので、1926年12月25日まで大正で、1926年12月25日から昭和です。 1926年12月25日は大正でもあり、昭和でもあるのでちょっとややこしいですね。 平成は何年から何年まで続いた? 平成は、1989年1月8日から2019年4月30日まで続きました。 平成は翌日即位だったので、1989年1月7日までが昭和で、1989年1月8日から平成です。 翌日即位の方がわかりやすいですよね。 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までかのまとめ 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までか、以下にまとめました。 明治:約45年間• 大正:約15年間• 昭和:約64年間• 平成:約31年間• 令和:未定 こうやって見てみると、明治と昭和が長いですね。 昭和は64年間続きましたが、昭和64年は1月1日~8日までと短かったので、昭和は実質63年間でした。 明治・大正・昭和・平成の中では一番長く続き、第二次世界大戦や高度経済成長、バブル経済などがあり、激動の時代でした。 逆に、明治・大正・昭和・平成の中で一番短かったのは、大正です。 なぜ、大正は短かったのかというと、明治が長かったのに加えて、大正天皇は元々体が弱く病弱だったりで、14年と短い間しか続かなかったようです。 明治からは 一世一元の制が取られているので、長い時代が続くとそのあとは短くなりがちです。

次の