やけど アズノール。 アズノール軟膏は市販されてる?幅広い効能を大特集!

アズノール軟膏の効能と使用できる部位

やけど アズノール

アズノール軟膏(一般名:アズレン)は、1958年から発売されている皮膚潰瘍治療薬です。 安全性に非常に優れる外用剤で皮膚への刺激も少ないため、主に軽症の皮膚疾患を中心に広く処方されています。 眼以外の身体のどこにでも塗る事ができますし、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して用いる事が出来ます。 幅広く使われているお薬ですので、 「薬局やドラッグストアで同じようなものを購入できないのか」 「市販薬に同じようなものはないのか」 と患者さんから相談される事もあります。 ではアズノール、あるいはアズノールと似た成分を持つ外用剤は市販薬として購入できるのでしょうか。 ここではアズノールは市販薬として売っているのかをお答えしたいと思います。 1.アズノールの市販薬はあるのか アズノールは市販薬として販売されているのでしょうか。 結論から言ってしまうと、アズノール軟膏と同じものは市販されておらず、薬局やドラッグストアで購入する事は出来ません。 そのため、もしアズノール軟膏が必要な場合は、病院を受診して診察医に「この患者さんの治療にはアズノール塗布が必要である」と判断してもらわないと入手する事は出来ません。 アズノールは「アズレン」という植物由来の成分から作られています。 より具体的に言うと、カミツレ(カモミール)というヨーロッパ原産のキク科の植物に含まれるアズレンをもとに作られた「グアイアズレン(ジメチルイソプロピルアズレン)」が原料となっています。 この「グアイアズレン」が配合されている市販の軟膏・クリームはあります。 しかし含有されているグアイアズレンの濃度もはっきり分からず、またその他の成分も多く配合されているため、アズノールと同じ効果が得られるかというと疑問が残ります。 例えば市販のクリームでアズレン(グアイアズレン)を含んでいるものは次のようなものがあります。 グアイアズレンを含んではいますがその濃度は不明で、またその他の成分も多く含んでいますので、アズノール軟膏と同じ効果を期待するのは難しいかもしれません。 このように、アズノール軟膏と全く同じ成分からなる外用市販薬はないのが現状です。 しかし一方でアズノールと同じ成分を含む、• うがい液• 口内軟膏• 坐薬 は市販薬がありますので、このような用途でアズノールを用いたいのであればこれは市販のものを買う事が出来ます。 アズノール(アズレン)には、• 抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 創傷保護作用(傷を保護する作用)• 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) といった作用があります。 そのため、皮膚の潰瘍を治療するという用途以外にも、うがい液や口内軟膏として用いて口腔内の炎症を抑えたり、胃薬として用いて胃炎を抑えたりする作用も期待できるのです。 例えば、一例として次のような市販薬があります。 2.アズノール軟膏と似た作用を持つ市販薬はないの? ではアズノールと全く同じではなくても、アズノールに比較的近い作用を持つ外用剤は市販されていないのでしょうか。 アズノールは主に、• 抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 創傷保護作用(傷を保護する作用)• 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) といった作用を持ちます。 そして臨床でアズノール軟膏が処方されるのは、特に1番目の炎症を抑える作用を期待したものになります。 更に2番目の創傷保護作用は、基剤がワセリンなど保湿力の高いものであればある程度補えます。 アズノールは安全性の高さも利点ですので、以上から考えると「安全性が高く、穏やかに炎症を抑えてくれる市販の外用剤」という視点でアズノール軟膏と似たようなものはないのか考えてみましょう。 実は、同じくキク科の植物であるキンセンカ(カレンドラ)にも、抗炎症作用がある事が知られています。 カミツレもキンセンカも、昔から民間療法として火傷や擦り傷といった皮膚トラブルの治療に使われていたそうです。 カミツレとキンセンカに含まれる抗炎症作用を持つ成分は、全く同じ作用機序で効くわけではありませんが、• 植物由来の成分であり安全性が高い• 穏やかな抗炎症作用を持つ という点では共通しています。 カミツレとキンセンカを含む市販の外用剤として、例えばこのようなものもあります。 アロベビークリームは保湿作用に優れる成分を多く含んでおり、バリアのように覆って皮膚を守る事で皮膚状態を整えます。 また配合されている「セイヨウニワトコ」のエキスは、穏やかながら炎症を抑える作用も多少有しているため、穏やかな抗炎症作用を持ち、保湿作用に優れ、かつ安全性が高い、という点ではアズノールとある程度共通しているでしょう。 3.皮膚トラブルは医師に相談しましょう 残念ながらアズノール軟膏と全く同じ主成分からなる市販薬はありません。 似たようなものとして前項でいくつか紹介しましたが、これらもアズノールと全く同じようなはたらきをするわけではありません。 全く同じような効き方ではない以上、そのクリームが本当に自分の皮膚状態にあっているのかは分かりませんし、更にアズノールと比べてかなり高価です。 一方で保険診療で処方してもらうアズノールは、専門家である皮膚科医が皮膚状態を見て処方するわけですから、高い精度で皮膚状態に適したものと言えますし、1本(20g)で50円程度ととても安価です。 実際はその1~3割負担ですので、1本5~15円程度で処方してもらう事が出来ます。 こう考えると診察料などを含めても、受診した方が金銭的にも優れている事が分かります。 市販薬ではなく処方薬のため、欲しいと言えば処方してもらえるものではなく、医師が治療に必要と判断しなければ処方してもらえませんが、本当にアズノールが必要な状態なのであれば、病院を受診して医師に処方してもらった方が安価ですし、何よりも正しい診断に基づいた正しい治療を行えます。 お忙しい方は、なかなか受診する時間が取れない事もあり、つい「市販薬で何とかならないかな」と考えてしまうと思います。 しかし皮膚のトラブルで悩んでいるのであれば自分の不正確な診断で市販薬を塗るのではなく、出来るだけ時間を作って皮膚科を受診するようにしましょう。

次の

低温火傷で腫れる?上皮化とは?アズノールは効くの?

やけど アズノール

火傷を処置するのに一番適している軟膏はどれですか? きのう子どもと手持ち花火をしている最中に子どもに花火をかけられてしまい、大火傷をしてしまいました。 白っぽい水ぶくれになってしまい、2、3時間氷で冷やしましたが、痛みが引かないので病院に行ったら、ゲンタシンとソルベースを塗ってもらって痛み止のボルタレンを出してもらいました。 そして今日再度診察に行ったら、ゲンタシン軟膏を処方されました。 そこで質問なのですが、花火や熱湯で火傷をした場合、どの軟膏を塗るのが適切ですか? 今家にあるのが、 ソルベースが家にないので ・ゲンタシン軟膏 ・コンベック軟膏 ・リンデロン軟膏 ・アクロマイシ軟膏 結構頻繁に火傷をするのでなるべく病院には行かず、今家にある薬で治したいです。 よろしくお願い致します。 補足軟膏を塗るのは子どもではなく母親の私です。 湿潤療法でしたら、使うのは白色ワセリンくらいです。 お薬ではなく単なる保湿剤ですが、リップクリームや色々なお薬の基剤となるもので、普通のドラッグストアーで安価で売っています。 挙げられている薬は抗菌作用があったり、むしろ乾燥させてしまうような物なのでなるべくなら使わない方がいいですね。 治療は、水ぶくれを潰し、出来る限り水疱膜も除去。 水疱膜が残っていると軽い火傷の場合は、創面が醜いくらいで、完治するのにそう大差はないのですが、深い火傷になればなるほどその水疱膜に細菌が付着し、感染の原因になったり、創面の観察も出来ないので、どの程度治癒しているのかも分からなかったりします。 最初のうちは痛くて除去出来ないようなら、痛みが収まり、浮いてきた時にでも除去しましょう。 水ぶくれを潰した後、または水疱膜を除去した後は、創面を水道水で優しく洗い流し、タオルで拭いて、何も塗らずに創面より少し大きめにカットした被覆剤 ラップ・キズパワーパッドのようなハイドロコロイド・防水フィルム・プラスモイスト等 を貼ります。 最初のうちは滲出液 水ぶくれの中にある創面から出てくる透明または黄色っぽい体液で、創傷治療唯一の特効薬 が多いので、漏れてきたら被覆材を剥がして洗って拭いて、新しい物に貼り替えましょう。 漏れなくなっても最低1日に1回は、お風呂の後にでも剥がして洗って拭いて貼り替えです。 毎日洗って被覆材を貼り替える事で、創面を常に新鮮な滲出液で潤す事が出来るので、痛みもほぼなく、かさぶたも作らず、早くキレイに治す事が出来ます。 上皮化 新しい皮膚が出来る して、滲出液が出なくなったら治療は終了です。 新しい皮膚や周りの密閉された皮膚は乾燥しやすく、乾燥すると痒みを伴ったりしますので、ここからが白色ワセリンの出番です。 乾燥させないように、こまめに塗りましょう。 気になるようでしたら、紫外線にも当てないようにしましょう。 質問者さんはよく火傷をするそうなので、湿潤療法を知っていると便利ですよ。 壊死組織に覆われてしまうような酷い火傷でもない限り、病院へ行く事もないかと思います。 私も昨年、低温火傷3度熱傷を負い、湿潤療法と出会い、自己治療出来た事から、只今油はねによる火傷をしてしまって、ついでなので湿潤療法と水ぶくれ温存治療の違いを検証していますが、4日目に水ぶくれが潰れてしまったので、水疱膜温存治療を試しています。 受傷してすぐ水疱膜を除去した部分は6日目に上皮化し、水疱膜温存した部分は8日目くらいにまあ上皮化したのかな?ってところですが、それにしても火傷痕が全く違います。 即、水疱膜を除去した部分はキレイなピンク色の皮膚が出来、日に日に目立たなくなっていくのに対し、水疱膜温存した部分は、茶色の水疱膜がこびりつき、少し剥がれている所もまだまだ赤いです。 ブログで低温火傷の治療や今回の火傷の経過も記事にしていますので、覗いて見てください。 写真で見ると、全く異なる事が一目瞭然です。 お大事にされてくださいね。 湿潤療法についてはこのサイトが超有名です。 これは、湿潤療法を立ち上げた練馬光が丘病院の傷の治療センター長である夏井睦医師のサイトで、全国で湿潤療法を行っている医師の教科書となっています。 湿潤療法での処置についてはこちらを参考にされると良いでしょう <家庭でできるすりむき傷,裂傷,熱傷の治療-皮膚外傷の湿潤療法-> これが湿潤療法の基本的な処置ですので一度読まれればより一層理解できます。 ここではラップを使用していますが、キズパワーパッドでも同じ効果です。 また、塗って良いのは全く無害の白色ワセリンかプラスチベース(流動パラフィン)、又はこれらが基材の半透明の油脂系軟膏だけですが、それも患部が十分に潤っていれば無理に塗る必要はありません。 ちなみに、ゲンタシンに含まれる主剤であるゲンタマイシンは0. もちろんリンデロンも同様です。 行かれる場合は、医師個人で、病院全体でない事もあるのであらかじめ電話で問い合わせるのが良いです。 また、これらの病院は何科でも同じ処置をして同じ様に治癒します。 火傷のレベルは温度と時間によって決まりますが、熱湯等と違って花火は温度が高いのでちょっと心配です。 参考にして下さい。 その薬は、その子専用に処方されて使用実績のあるものでしょうか。 この中で使うならアクロマイシンが抗生剤なので一番適していますが、症状を和らげるならリンデロンでも大丈夫です。 ただ、リンデロンはステロイドなので、幼児の場合は副作用が気になるところです。 また、軟膏の場合は消費期限が短いものだと3ヶ月ですから、期限内かどうかも確認したほうがよいですね。 軟膏に含まれるワセリンは変質すると炎症を起こすので幼児には特に注意が必要です。 子供さんの年齢はわかりませんが、開封半年以上のものは大人でもNGです。 >確かにかけられたと書いてありますね。 とりあえず、熱傷の対症療法ならリンデロンでよいと思いますね。 炎症を起こすようならアクロマイシンを併用でしょうか。 もっとも、使用期限については大人子供問わず気をつけましょう。

次の

アズノール軟膏の効能と使用できる部位

やけど アズノール

少しでも火傷跡を薄くしたり、盛り上がりを平坦にするために やけどの応急処置 やけどの応急処置で大切なのは、速やかに冷やすこと! やけどをしたら、 冷たい水ですぐに5~30分冷やしましょう。 やけどの深さが進行するのを止め、やけどのヒリヒリした痛みに対しても効果があります。 やけどをした部位によって、冷やし方が異なります。 Q.衣服を着ている部分にやけどをした場合の処置は? A.衣服を着たまま流水で冷やします。 無理に衣服を脱ごうとすると、やけど部分の皮膚も一緒にはがれてしまう可能性があります。 Q.水ぶくれができた場合の処置は? A.水ぶくれは破らないでください。 詳しくは、以下をお読みください。 水ぶくれが破れた場合の処置方法についてもまとめています。 Q.やけどを冷やした後はどうする? A.KOTOの場合は、 「湿潤療法」でやけど治療を行っている病院で処置してもらいました。 ラップ療法とも言われています。 湿潤療法は、傷を乾かさず、潤わせた状態で治療する方法で、 痛みも少なく、 しかも、傷跡が残りにくくきれいに早く治ると言われています。 最近、流行りのキズパワーパッドは、湿潤療法を利用したものです。 この場合、ガーゼを交換する際に、非常な痛みを伴う上に、 せっかく再生した皮膚を壊してしまうことがあるそうです。 Q.やけど跡は残る? A.やけどの深さやケアによっては、やけど跡が残ります。 一時的に色素沈着があるが、やけど跡は残らない。 上皮化後に、色素沈着などが起きるが、やけど跡はあまり残らない。 ただし、やけど後のケアによっては、やけど跡が残ることがある。 創面は白く乾燥し、 水ぶくれはできない。 やけど跡は、はっきりと残り、盛り上がったり、 ケロイド状に残ることもある。 冷やすとどんな効果が? やけどの深さが進行するのを止めることができます。 やけど跡が残りにくくなります。 やけどの痛みに対しても効果があります。 やけどの部位別冷やし方(応急処置方法) 手足のやけどの応急処置 手足のやけどは、水道水を出しっぱなしにして冷やします。 顔や頭のやけど応急処置 顔や頭のやけどは、シャワーなどで水をかけ続けます。 顔で流水がかけられない部分は、氷水で冷やしたタオルを当てます。 目や耳のやけど応急処置 目や耳のやけどは、 保冷剤や氷を包んだ冷たいタオルを こまめに替えて冷やします。 全身または広範囲のやけど応急処置 水をためた浴槽の中につけたり、 水に浸したタオルなどで身体を包むようにして冷まします。 水ぶくれができた場合の処置 水ぶくれを破らないこと。 水ぶくれができるのは、の場合です。 水ぶくれは、やけどの傷口を保護する役割があるので、 破れないように気をつけます。 水ぶくれが破けてしまった場合は、病院での診察を受けます。 KOTOの場合は、水ぶくれが2回できてしまったのですが、 1回目は膨れた直後に破け、 上皮化後にできた2回目の水ぶくれは、 注意していたのですが、気づいたら自然に破けていました。 すぐに病院を受診したところ、破けた皮のとれそうなところは、 とってくれ、あとは自然にとれるのを待つことになりました。 そして、の病院だったので、 の処置をもう一度始めるように指示されました。 やけど治療体験談。 やけど跡がだいぶ薄く、目立たなくなりました。 やけど跡を消したい! やけど跡が薄くなりました! やけどを冷やす時間 やけどを冷やす時間については、色々な考えがあるようなので、以下を参考になさってください。 5分冷やす より 「【熱傷受傷直後の冷却はどのくらいの時間が必要でしょうか】 従来の熱傷治療では「20~30分の冷却」が常識とされてきましたが、 これには次の二つの「冷却」が混在していたと私は考えています。 だから、必要以上に長い時間、冷却していたのです。 しかし、熱傷の痛みは創面の乾燥を防ぐだけで十分に得られますし、 多くの症例で劇的な鎮痛が得られます。 従って、湿潤治療の熱傷治療では、 せいぜい 5分程度の冷却で十分です。 」 5~30分冷やす より 「 やけどの程度にもよりますが、5分から30分ほど冷やし、 そのあとすぐに近くの医療機関で治療してもらうのがよいでしょう。 」 やけど治療まとめ KOTOの場合 湿潤療法とは。 湿潤療法の手順、被覆材。 ビタミンCローションも同時に使用。 少しでも火傷跡を薄くするために。 湿潤療法中から使用していました。 ビタミンCの効果とは。 シリコンジェルシートで、皮膚の盛り上がりが平らになりました。 シリコンジェルシートとは。 ヒルドイドソフトとは。 やけどで病院を受診する際は、形成外科や皮膚科で受診します。 やけどが深い場合は、すぐに冷やして医療機関を受診し、処置してもらいましょう。 最も深い3度熱傷は、水ぶくれができずに、皮膚が白くなったり、 黒く焦げたりしていて、痛みも感じなくなっています。 手術が必要な場合もあるので、痛みがなかったり、 軽傷に見えても病院を受診することをおすすめします。 湿潤療法をしている病院を受診したい場合は、こちらのページで、日本全国各地の医師を探すことができます。

次の