エリア トラウト ライン。 エリアトラウトでのラインの使い分け!自分のスタイルに合わせて正しくセレクトしよう♪♪

管理釣り場のトラウトフィッシング用ラインの基本知識まとめ

エリア トラウト ライン

目次です• PEラインが管理釣り場に向かない理由 ・同じ太さならナイロンやフロロカーボンラインの2~3倍の強度 ・ほとんどラインの伸びが無い事による超高感度 という圧倒的なライン性能によって、今や海釣りの大半、淡水の釣りでもナイロンやフロロカーボンラインにとって変わりつつあるPEラインですが、管理釣り場の釣りにはまったく向きません。 それは何故か?というと 【ラインの比重が軽すぎる】事に尽きます。 PEラインはナイロン・フロロカーボン・PEとある3種類のラインの中で最も比重が軽く、水の上に浮いてしまうラインです。 3g以上のルアーを使用するのでしたらラインの軽さ、という弱点はラインを細くする事で解決出来るのですが、管理釣り場での切り札、1g以下の軽量スプーンや、私がオススメしてりるフェザージグ(全て1g以下) を使用した釣りでは、ラインの軽さが災いして、まともに水中にルアーを沈める事すら出来ません。 1g以下のルアーで一度PEラインを使用してみたらはっきり分かりますが、本当に1g以下のルアーの操作性は最悪です。 しかもPEラインは風に弱く、【1g以下の軽量ルアー】+【強風】では、ルアーが吹け上がって水面に 浮いてきてしまうのです。 管理釣り場でのルアーフィッシングでPEラインを選ぶと釣れる・釣れない以前に、釣りが出来ない状態にも なりかねないので絶対選ばないようにしましょう。 管理釣り場にはナイロンラインが一番適している理由とは ナイロンラインは管理釣り場で最も向いているラインとなります。 一昔前は 【ナイロンラインは伸びて感度が悪い】等と 言われていましたが、ラインの進化によってナイロンラインはフロロカーボンラインと比較しても 今や感度に関してはほとんど遜色ありません。 ナイロンはラインはとてもしなやかでライントラブルがほとんど無い、という特徴があります。 管理釣り場で釣りする時って他の釣りがシーズンオフの冬の事が多いので、 ライントラブルが少ないナイロンラインはとてもありがたいです。 寒い中、何回もライン結びかえたりするのはかなり面倒ですから。 長期間置いておくと【劣化する】のが唯一の欠点 ただ、PEラインやフロロカーボンラインと違い、使用し続けると水を吸ったり、紫外線の影響(ナイロンは紫外線の影響を受けやすい素材)でラインの強度が徐々に落ちていくという問題があります。 管理釣り場におけるフロロカーボンラインのメリットとは フロロカーボンラインは管理釣り場でナイロンの次に向いているラインです。 ラインの比重が最も重いラインで、 風に強く、ラインが水中に沈むやすい事から深場の釣り、ボトムの釣りではナイロンより 感度も高いです。 一昔前まではナイロンラインより伸びが少なく感度も良い、と言われていましたが、 最近ではナイロンラインの進化によって感度の差はほどんどなくなっています。 フロロカーボンラインのデメリットとしてはラインが硬めなので、ライントラブルが多い事です。 ラインの素材の特性上、水を吸わないのでラインがほとんど劣化しないのはメリットです。 どのくらいの太さのラインがオススメなの? 管理釣り場のルアーフィッシングで選ぶラインの太さですが、 ・フロロカーボンラインでしたら、2. 5lb ・ナイロンラインでしたら 3lb がオススメです。 何故2. 5lb~3lbのラインなの? 管理釣り場では、場所によっては50センチを超えるトラウトを放流していて、大型のトラウトが ヒットする確率は決して低くありません。 私の経験上からは、管理釣り場で半日釣りをすると概ね1~2匹は50センチ以上の大型のトラウトが ヒットします。 それらの大型のトラウトをキャッチするには出来るだけ太いラインが必要なのですが、 使用するルアーが0. 3~1gくらいと非常に軽量な為、ラインが太いとまともに飛ばず、 ルアーもまともに動かない、という事になります。 1g以下のルアーを快適に使用できるギリギリの太さが2. 5~3lbのラインとなるんですね。 そして、2. 5lb~3lb程の強度があれが、50センチを超えるトラウトをなんとかキャッチ可能です。 なので、管理釣り場のルアーフィッシングでは2. 5lb~3lbのラインをオススメしていますよ。 フロロカーボンとナイロンではおすすめするラインの太さが違う理由 ナイロンラインの方がしなやかで距離が出るから太めのラインを選ぶと良い 大型トラウトもかかる管理釣り場では、本当は出来るだけ太いラインを使用したいです。 ルアーの制約がなければ50センチのトラウト相手だったら7~8lbくらいのライン強度が欲しい所。 ナイロンラインの場合、同じ太さならフロロカーボンラインよりしなやかで飛距離も伸びる為、フロロカーボンラインより少し太くてもルアーの操作に支障がでないので、フロロカーボンラインよりやや太めのラインをオススメしています。 5g以上のルアーしか使わないのでしたらナイロンラインの場合4lbくらいまで太くしても ほとんど問題ないですよ。 ナイロンラインは【劣化】するから余裕のある強度が必要 ナイロンラインは一昔前と比べてコーティングや製法が進化して、一昔と比べるとずいぶんラインの劣化は 軽減しました。 ですが、ナイロンという素材の関係上、一度でも水をつけると水を吸い込んで確実に劣化します。 また、ナイロンは紫外線でも劣化するので、使えば使うほど強度が落ちていくんですね。 なので多少ラインの性能が劣化して強度が落ちても大丈夫な様に多少強めのラインを選んでおくと安心、という事です。 フロロカーボンラインは太くするとトラブル続出だから フロロカーボンラインが2. 5lbな理由は、ナイロンラインと比べて固いので太くすると、ライントラブルが続出するからです。 5lbはライントラブルと強度のバランスのギリギリの線なので、2. 5lbをオススメしていますよ。 なんとか3lbまでは対応可能ですが、ライントラブルが増え、明らかに1g以下のルアーの飛距離も落ちるのであまりオススメはできないです。 実は私が一番オススメするのは【フロロカーボンライン】 管理釣り場の釣りではナイロンラインが最も使い勝手がいいのですが、実は私が一番オススメするラインは 【フロロカーボンライン】です。 フロロカーボンラインをオススメするのは【メンテナンスフリー】だから ナイロンラインが管理釣り場で一番使いやすい、と伝えながら私がフロロカーボンラインを使用している理由は 【ラインの巻き替えをしない済むから】です。 年中管理釣り場で釣りをしているなら、私もナイロンラインを使うと思いますが、主に管理釣り場に行くのは主に冬。 そして冬のシーズンが終わると次の冬まで出番がありません。 ナイロンラインの場合、一度でも水をつけると劣化が始まってしまうので、毎シーズンごとにラインの巻き替えが必須になってしまいます。 ナイロンラインは1ヶ月くらいで劣化し始めるので、毎月巻き替えをしないといけない事も。 ナイロンラインはフロロカーボンラインと比べると少し安いのでコスパ的にはあまり変わらないのですが、 巻きかえるのが面倒なので、私はほとんど経年劣化しないフロロカーボンラインを使用していますよ。 どんなナイロンラインがオススメなの? 私は面倒という理由で最近では管理釣り場の釣りではナイロンを使わなくなりましたが、管理釣り場に最も向いているラインがナイロンラインである事は間違いありません。 私が今まで使ってきたナイロンラインでのオススメは?というと 【GT-R トラウト スーパーリミテッド】というブランドのナイロンラインです。 しなやかで、通常のナイロンラインより太さあたりの強度があるので、同じ太さならより他のナイロンラインより強度の高いラインを使用する事ができますよ。 【GT-R トラウト スーパーリミテッド】は、高級ナイロンラインだけあり、4lbでも他のナイロンラインの3lbとほぼ一緒の太さです。 なので、4lbをオススメしていますよ。 どんなフロロカーボンラインがオススメなの? フロロカーボンラインの中でも擦れに強くした固いラインから、トラブル減少を優先してしなやかなラインまで色々あります。 フロロカーボンラインは耐摩耗性を上げる為に非常に固くしているラインもあるので、その様なラインを選んでしまうと、ライントラブルだらけで釣りにならない事もあるので要注意です。 特にブラックバス用のフロロカーボンラインには要注意ですよ。 (ブラックバスは障害物の近くにいる事が多い魚で、岩等にラインが擦れる事が多くラインを固くして耐摩耗性を上げているラインが多い) そんな中、私が色々なフロロカーボンラインを使用した結果、一番のオススメのフロロカーボンラインは 【リバージ フロロリミテッド】 です。 知る人ぞ知るルアー用フロロカーボンラインの最高峰です。 しなやかさ・強度のバランスが秀逸で、他のメーカーのフロロカーボンラインよりずっとしなやかなのに耐摩耗性も十分! 値段は他のメーカーフロロカーボンラインの2倍くらいしますが、その値段差の事を考えても一押しです。 時々フロロカーボンラインである事を忘れさせてくれるしなやかさで、特に軽量ルアーを使う管理釣り場の釣りでは一押し!ですよ。

次の

管理釣り場のトラウトフィッシング用ラインの基本知識まとめ

エリア トラウト ライン

トラウトラインには種類がある トラウトルアーフィッシングにおけるキャスティングラインは、大きく分けて3種類あります。 ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインです。 順にメリットやデメリットを紹介していきます。 ナイロンライン 最もポピュラーで、オールシーズン多くの釣り方に使えるラインです。 初心者から上級者まで、扱いやすさや取り回しでは1番のラインではないかと思います。  ナイロンラインのメリット• しなやかでスプールなじみが良く、ライントラブルが極端に少ないです。 ラインに伸びがあることでトラウトに違和感を与えづらいため、食い込みが良くなります。 伸びがあるということはアソビがあるということなので、トラウト特有の突然のランにも充分耐えられます。 ノット時にしなやかに糸同士が締め込まれていくために、結束力が高くなります。 伸びがあることでノット1点にかかる負担が少なくなり、結果的に結束強度を長く保つことができます。 柔らかくしなやかに放出できることでガイドへの抵抗が少なく、飛距離を出すことができます。 安価で手に入りやすいです。  ナイロンラインのデメリット• 水や紫外線を吸収することで劣化していく特徴があり、素直な糸質だけにヨレに対しても従順で、耐久性はあまりありません。 伸びがあることで小さいアタリを取ることは難しく、距離を出していたり水深20mなどの深場を攻めている時などはフッキングに至らないことが多くあります。 ライン自体の比重が軽いため、ボトムトレースしているつもりが浮き上がっていることが多々あります。  おすすめの使いどころ 中層~上層の比較的浅いレンジを攻める時、30mまでのあまり飛距離を出さない釣りに適しています。 おすすめのトラウト用ナイロンライン (エリア編) ヤマトヨテグス ファメルトラウト サイトエディション ミストグリーンとライムチャートが50cmずつ交互に入っている、攻撃的な掛けの釣りに最適なライン。 ミストグリーン部分にルアーを結束すればトラウトから見破られにくくなり、視認性の高いライムチャート部分で積極的にアタリを取ることができます。 エリアでの使用であれば、2. 5lbか3lbあたりが使いやすいと思います。 ユニチカ シルバースレッド アイキャッチ 視認性が高い蛍光イエローを採用。 サイトフィッシングに最適なライン。 リーダーの結束は必須です。 耐久性は高くないので釣行ごとに巻き替えが必要ですが、何よりもリーズナブルな価格が嬉しいです。 エリアなら、2lbか2. 5lbが使いやすいと思います。 バリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド SVG SVG製法で生み出された最細・最強ライン。 5lbでも線経が0. 128mmしかありません。 伸びも非常に少ないので、乗せの釣りやヘビーウェイトスプーンの釣りに大活躍します。 他社のラインよりも細いので、強度確保を重視して3lbを基準に選ぶと良いと思います。 フロロカーボンライン ナイロンラインに比べて高価ですが、その分ピンポイントな狙いに応えてくれるラインです。  フロロカーボンラインのメリット• ナイロンよりも伸縮性が少ないために、小さいアタリも取りやすくなります。 光の透過率が高く、ナイロンに比べてトラウトからラインが見えづらくなります。 張りがあるために、ヨレに対してナイロンより強くなります。 摩耗に対して強いために、根ズレに対する強度は1番です。 体感では、トラウトの歯によるスレにも強いと思っています。 吸水性が低くクセに対する耐性が高いために、ナイロンよりも長持ちします。 比重が高く、沈下し易く浮き上がりにくいので、中層からボトムを攻めやすくなります。  フロロカーボンラインのデメリット• 比重が高く張りがあり、伸びが少ないことからガイド干渉率も高く、飛距離の面ではナイロンに比べ、体感できるほどガックリと落ちます。 ラインに張りがあることでスプールなじみが悪く、ライントラブルはナイロンに比べて多くなります。 張りがあることで、ナイロンに比べ結束力が若干落ちます。 根ズレに対する強度は高いのですが、直線強度はナイロンに若干劣ります。 直線強度を補うため、価格が低めのフロロカーボンラインは、同lbのナイロンよりも線径が太くなります。 一度クセが定着してしまうと、直すことは困難です。 ナイロンに比べ、全体的に高価です。  おすすめの使いどころ ボトム~中層の深いレンジを攻める時や、トラウトにプレッシャーが掛かっている時の釣りに適しています。 おすすめのトラウト用フロロカーボンライン (エリア編) シーガー R18 フロロリミテッド フロロカーボンラインのパイオニア、クレハの最高級フロロカーボンライン。 線経も細く、ミドル~ディープレンジの攻略に申し分無い働きをしてくれます。 100m巻きオンリーです。 エリアであれば、1. 5lbから2. 5lb程度までがメインになると思います。 バリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド プレミアム フロロカーボン バリバスのプレミアムフロロカーボンライン。 線経もR18同様に細く、しなやかなのが特徴です。 R18同様、エリアなら1. 5lbから2. 5lb程度までがメインになると思います。 PEライン フロロカーボンラインに比べてさらに高価ですが、直線強度が強く、使い方次第で最高の能力を発揮してくれるラインです。  PEラインのメリット• 伸縮性が全く無いために、小さいアタリやボトム形状、水流の変化を感じ取りやすくなります。 吸水や紫外線で劣化することが無いので、コーティングが続く限り使用し続けることができます。 同じ強度(lb)でも細い糸を使用することができるので、その分摩擦抵抗が減り、飛距離を出すことができます。 糸ヨレが非常に少なく、ドラグを多く出されるパワーゲームでも快適に使用し続けることができます。 複数の糸を編み込んで1本のラインとして形成されているため、直線強度が非常に強く、パワーゲームでも安心して使うことができます。 比重が低く、沈下しにくいためにラインでアタリを取りやすくなります。  PEラインのデメリット• アソビが全く無い分、対象魚が小さい時はルアーを巻き取る力の方が強すぎてしまい、食い込みが悪くなります。 ラインに張りが無いため、一度絡まると糸同士が食い込みやすく、ほどくのが非常に困難です。 ライン表面がコーティングされているため摩擦が掛かりにくく、PEとルアーを直結する場合はノットに工夫が必要です。 複数の糸を編み込んで1本のラインにしている特性上、傷が少しでも入ると全体強度が著しく落ちてしまいます。 根ズレに非常に弱いです。 ただの編み込み糸のため、トラウトからもろに見えます。 非常に高価です。  おすすめの使いどころ リーダー併用が前提ですが、対象魚が比較的大きめで中層~上層の比較的浅いレンジを攻める時、遠くの魚を掛ける釣りに適しています。 おすすめのトラウト用PEライン (エリア編) バリバス スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE バリバスの最高級8ブレイドPEライン。 「ビッグトラウトを獲ることを追求した」というコピー通り、私も2013年にすることができました。 バリバス独自の特殊加工がシルキーなキャストやリトリーブを生み出し、厳寒期もトラブルレスです。 私はミノーや比較的ライトウェイトのスプーニングであれば0. 8号、ヘビーウェイトスプーニングで1号から1. 2号をメインにしています。 マックスパワーPEは、現在湖の釣りで盛り上がっている、スライドスプーンを使ったゲームに最適です。 湖に潜むモンスタートラウトを狙うスライドスプーニングは、下記コラムでタックルを含め、徹底解説しています。 こちらも後ほど、是非チェックしてみてください。  スライド系スプーンのパイオニアであり、ジャンル内で最もポピュラーなルアーであるM. レイクス。 湖でこのスプーンを操り、各層にいるトラウトをキャッチしていくためのヒントをまとめてみました。 結局どのラインがベストか これだ!というものは無く、対象魚や釣り方によってベストなラインシステムは全く異なるということになります。 私が実際に使用しているシチュエーションで、いくつか例を挙げてみます。 管理釣り場で30cm未満のトラウトと遊ぶ 多くの管理釣り場のアベレージサイズ、30cm未満のトラウトを相手にする時は、ナイロンラインを使用すればまず間違い無いと思います。 糸ヨレは気になりますが、個人的には扱いやすさを優先した方が良いと思っています。 縦釣りなら良いでしょうが、巻いてくる釣りでPEラインを使ってしまうと、小さい魚が対象の場合はアタリを弾いてしまってイライラしてしまうかもしれません。 (ドラグをユルユルにして対応しても良いのですが、周りの方に対して過度の騒音になってしまいます。 ) 冬場やプレッシャーが高い場合は、フロロカーボンラインがおすすめです。 管理釣り場で40cm以上のトラウトと遊ぶ 大型のトラウトが入っている管理釣り場、あるいは魚自体がパワフルな管理釣り場などでは、PEラインという選択肢があります。 フロロカーボンラインかナイロンラインのリーダーを使用することが前提ですが、食い込み力が強い魚、しっかり咥える魚が多ければ、PEラインでも弾くことなく掛けることができます。 何よりドラグを沢山出されても、糸ヨレを全く気にしなくて良いという所が嬉しいですね。 湖で巻きメインで遊ぶ スプーンやミノーの巻きメインで遊ぶ場合は、ナイロンかフロロカーボンのどちらかのラインを使用します。 狙うレンジが低めの場合はフロロカーボン、浅い場合はナイロンを使用しています。 遠くでヒットする場合や、フォールをメインとした縦の釣りも1つのタックルで併用する場合は、PEラインを使用することも多いです。 湖で縦メインで遊ぶ 独特なフォールメインの縦釣りで、時折底を這わせるような釣りをする場合は、PEラインを使用します。 この時のリーダーは、フロロカーボンラインを使用します。 比重が低いPEラインは水面からルアーまでが直線に近くなるため、伸びが無い特徴も合わさり、リフトアップを最小限の力で効果的に行うことができます。 ボトム付近にいるトラウトは、大型になればなるほどアタリがシビアな場合も多く、小さいアタリも取ることができるPEラインはここでも役に立ちます。 心配な根ズレはフロロカーボンラインのリーダーで補えるため、比較的スローな縦釣りであればこのラインシステムが最強だと思っています。 ラインカラーも重要 意外と軽視されがちなラインカラーですが、警戒心の強いトラウトの場合は意外に重要です。 例えば視認性を重視した蛍光カラーラインは、特にプレッシャーが強い管理釣り場やメジャーフィールドでは、そのままフルラインで使うと釣果がいまひとつという場合があります。 人間にとって見やすいものですが、同時にトラウトにとっても見やすいものでもあるからです。 蛍光のラインや色が付いているラインを使用する際に食いが悪い場合は、メインラインの先にリーダーを付けてあげると良いと思います。 おすすめは光の透過率が高いフロロカーボンラインか、スモークカラーか透明のナイロンラインです。 おすすめのトラウト用リーダー シーガー グランドマックス クレハの最高級フロロカーボンハリス。 ラインナップも幅広く、エリアからネイティブまでほぼ全ての状況をカバーできます。 私はエリアでは0. 6号から0. 8号、ネイティブのディープレンジスプーニングでは2. 5号から3号くらいを目安に使用しています。 バリバス スーパーティペット マスタースペック ナイロン バリバスの細く強い、フライ用ティペット。 他のルアー用リーダーよりも多く入っているのでお得です。 エリアのサーフェスゲームには最適です。 私はエリアでは7X(2. 5lb相当)か6X(3. 5lb相当)、ネイティブではトップウォーター用に3X(7. 6lb相当)あたりを使用しています。 ラインシステムを駆使する 色々なシチュエーションを考え、複数種類のラインを組み合わせることを"ラインシステムを組む"と言います。 非常に複雑なシステムもありますが、一般的には以下のようなパターンがあります。 ナイロンラインにフロロカーボンラインのリーダーを付ける プレッシャーが高い管理釣り場で、たまに使用します。 例えば視認性の高いナイロンラインをメインとし、食わせるルアー近辺はナチュラルさを重視してフロロカーボンラインを結束してあげます。 メインラインが蛍光カラーでない場合でも、食いが渋くなってきたらフロロカーボンラインを足してあげるだけで、釣果に差が出る場合も多くあります。 PEラインにリーダーを付ける ラインの気配を消し、摩擦系ノットの結束力を高め、根ズレへの強さを兼ね備える... PEライン単体では欠点となる部分を、他のラインを組み合わせることで補います。 いつも行くフィールドで色々試してみると、釣りの幅が広がって釣果に跳ね返ってくると思います。 是非実践してみてください。 皆さんが使っているラインシステムや、この記事の中で紹介したシステムに対するアドバイスもお待ちしています。 更新記録 2014年1月2日 加筆 2012年9月2日 初版.

次の

色つきラインって釣れますか?│管理釣り場でトラウトを釣る

エリア トラウト ライン

邪魔してはいけない!っと思いつつも、とりあえずお声がけ。 すると、気前よくエリア三大神としてタイトルだけ登場していただいた。 次回機会があれば、エリアの「巻きの神」として崇められている福田さんにもぜひお話を伺いたい。 エリアの女神も降臨 取材当日は伊藤さんの奥さま・菜穂子さんも参加。 「バッコバコ釣るな~」と感心して見ていたが、じつは後日行われたジョイバレーのトラウトキングエキスパート部門でマイスターを獲得するほどの手練れ。 伊藤雄大さんの良き妻であり、良きライバルである。 松本「エリアトラウトには絶対的な正解というのがありません。 だからこそ、その日その瞬間をとらえていくのがスプーンの釣りです。 まず、頭の中に円を描いてみてください。 それは、魚がルアーに反応する円であり、その日その瞬間によってどんなルアーが魚の円に入るかを随時調べていく必要があるわけです。 そして、円を調べるためには、円の真ん中がわからないといけない。 そこで、状況を把握するために自分の中でド真ん中にくるルアーをまず1個作りましょう。 ようは、絶対的な信頼が置けるルアーですね」 伊藤「それから、魚の円を調べるために円の端となるパターンを増やしていく。 端っこに行き過ぎると、ハイリスク・ハイリターンになる。 そして、釣れないルアーでやり続けると、ただのハイリスク・ローリターンになる(笑)。 細いけど強くて、伸び過ぎない」。 伊藤「特に、放流を釣るときのど真ん中なんですよね。 そして、3ポンドラインの釣りにだんだん不満を感じるようになってきたら、エリアの釣りがわかってきた証拠。 3ポンドでも獲れない魚はいますから。 僕は、だいたい3回の釣行に1回、試合前には必ず巻き替えるようにしています」。 そして、何よりサビづらい。 ナマったら、こまめに替えましょう」。 伊藤「昔は、サビたフックを誤って一緒に入れてしまって、それで他の新品のフックが全部伝染してサビてしまい、口から泡を吹くほどのショックを受けた経験があります(笑)」。 スプーンセレクト編 マッディ・ステインウォーター/伊藤雄大神セレクション.

次の