スティーブ ジョブス。 スティーブ・ジョブズと禅

スティーブ・ジョブズ 人物年表

スティーブ ジョブス

スティーブ・ジョブズの生涯 1955年2月24日、シリア人政治学者の父と米国人大学院生ジョアンとの間に生まれる。 ジョアンの父が二人の結婚を認めず、誕生以前から養子に出すことが決められ、スティーブはジョブズ夫妻に引き取られる。 その後、生母と再会するのは30歳のときであり、自分に妹がいることも知る。 13歳のときに憧れのヒューレット・パッカード(HP)社のビル・ヒューレットの自宅に電話。 ジョブズが部品をくださいと言うと、ビルは部品をくれたばかりか、夏休みのアルバイトにも誘ってくれた。 ジョブズが高校生のときにHP社の夏季インターンシップでスティーブ・ウォズニアック(ウォズ)と出会い、すぐに意気投合。 1972年、オレゴン州のリード大学へ進学。 大学時代はユダヤ・キリスト・イスラム・アニミズム思想・坐禅・食事に心酔し、裸足で校内を歩き、風呂に入らない時期もあった。 大学には半年間通ったが、興味のない必修科目を履修することを嫌がり、「両親が一生をかけて貯めた学費を意味のない教育に使うのに罪悪感を抱いた」と中退。 その後もキャンパスを放浪し、コーラの空き瓶拾いや電子装置の修理で稼ぎながら哲学など興味のあるクラスだけを聴講した。 その後、導師を求めてインドを訪れたいと考えたジョブズは、旅費を捻出するために仕事を探し、1974年にアタリ社を訪問。 「雇ってくれるまで帰らない」と宣言し、創業者に気に入られ、下級エンジニアとして採用される。 1975年、世界初の個人向けコンピュータ(アルテア8800)が発売され、人気を博していた。 ウォズはより安く、簡易な回路のコンピュータを作ることができると考え、半年で開発。 HP社に商品化を持ち掛けるも断られたため、二人は自分たちで売り出すことを決意。 製造したコンピュータをアップルと名付け、1976年、Apple Iの販売を開始する。 アップル社はシリコンバレーを代表する企業に成長。 1980年に株式公開を果たし、ジョブズは2億ドルを超える資産を手にした。 1984年、Macintoshの発売を開始。 しかしジョブズは需要予測を大幅に誤り、初めての赤字を計上。 1983年にCEOに就任したジョン・スカリー(元ペプシコーラ社長)は、経営を混乱させているのはジョブズであると考え、Macintosh部門からジョブズを解任することを取締役会に要求。 ジョブズもスカリーの追放を画策するも1985年の取締役会でジョブズは会長職以外、すべての仕事を剥奪される。 同年、ジョブズは所有していたアップル社の株をすべて売却。 アップル退職後にはオペレーティングシステム(OS)の開発(NeXT社)やピクサー・アニメーション・スタジオの設立などを行なう。 1996年、自社内でのOS開発が暗礁に乗り上げていたアップル社がジョブズのNeXT社を買収することで合意。 ジョブズはアップルに非常勤顧問として復帰。 買収代金として150万株の株式を譲渡される。 ジョブズは筆頭株主として役員たちに辞任を迫り、経営陣のほとんどが辞任。 2000年にアップル社のCEOに就任。 2001年、NeXTとアップル社の技術を融合させたMac OS Xを発売。 また同年、iTunesとiPodによって音楽事業に参入。 事業の柱に育てる。 2007年にはiPhoneを発表。 ジョブズが引退するまでにスマートフォン事業は総売上高の5割を占めるまでに成長。 2003年、ジョブズは膵臓癌と診断されるが手術を受けることを頑なに拒否。 絶対菜食、ハリ治療、ハーブ療法、心霊治療などの療法を用いて完治を図る。 しかし、その後の検査で癌が大きくなっていることがわかり摘出手術を受ける。 2008年、肝臓への癌の転移が判明。 容態は深刻な状況となり、CEOを休職。 肝臓移植後、一旦体調は回復するも2011年に癌が再発。 2011年8月にジョブズはCEOを辞任。 2011年10月5日に自宅で56年の生涯を閉じた。 長年ライバル関係であり、30年来の良き友人でもあったは「スティーブのように深い影響力を与えられる人間はめったにいない。 その影響はこれからの多くの世代にも受け継がれるだろう」とその死を惜しんだ。

次の

スティーブ・ジョブズ

スティーブ ジョブス

【読了の目安 : 12 分】 *2018年8月15日追記 当記事は2014年9月に書かれたものですが、かなり読まれている記事なので時折加筆修正をしております。 この記事を書いた翌年に待望の第一子を授かり現在3歳。 子供の近くでスマホやタブレットは使用しないよう気をつけています。 相変わらず通話に関してはガラケーを愛用していますしここに書いてあることを実践してよかったと心から実感しています。 フェイスブックで友人がシェアしていた記事で、 「」を拝見した。 デジタルデバイス中毒をなんとかしなければならないと危機感を募らせていた折である。 スマホ離れできない危険性は以前でも書いている。 筆者はスマホからガラケーに戻したわけだが、その についても触れている。 今でも戻して正解だったと満足している。 そして、下記に引用する記事を見てその確信をさらに深めることができた。 スティーブ・ジョブズが子供iPhoneやiPadを使わせなかった理由 *ご安心ください。 引用のあとに日本語訳を掲載しております。 As all modern parents know, iPhones and iPads are extremely appealing to children. These little hand-held devices are state-of-the-art toys. Yet instead of thanking Apple for these extremely convenient parent assistants, should we actually be concerned about the potential harm they may be inflicting upon our youngsters? Steve Jobs certainly appeared to think so. We limit how much technology our kids use at home. Nope, Mr. Jobs told me, not even close. Chris Anderson, former editor of Wired, also believes in setting strict time limits and parental controls on every device at home. They say that none of their friends have the same rules. Which is definitely food for thought considering recent research showed that an average American child spends more than seven and a half hours a day using smart-phones and other electronic screens. No one ever pulled out an iPad or computer. The kids did not seem addicted at all to devices. の翌日書かれたコラムが話題になっていたということでの記事を新美真理子さんという方が翻訳してくださっている。 (前略) 2011年に亡くなったジョブスは、テクノロジーに関して本能的な才能があったが、親としてはローテクを貫き、子どもたちの電子機器の利用を厳しく制限すべきだと固く信じていた。 「私達は、子どもたちのテクノロジー機器の利用を制限しています。 」と、ジョブスは2010年、我が子のハイテク機器利用時間が増えることを心配して語った。 現代の親なら百も承知だろうが、iPhoneやiPadは子ども達にとって非常に魅力的だ。 これら手のひらサイズの機器は最先端のおもちゃである。 長い休暇、長いドライブの間などの親が忙しい時に、親の代わりとなって、子どもたちを喜ばせ、気晴らしをさせ、静かにさせてくれる。 しかし、こうした超便利な助っ人に感謝する前に、それらの機器が子どもたちに及ぼす潜在的な害について心配すべきなのではないか?スティーブ・ジョブズはそう考えていた。 今週発表されたニューヨーク・タイムズの記事で、ジャーナリストのニック・ビルトンは、ジョブスに彼の子どもがどのくらいiPodに夢中なのかを聞いた時の返事に驚いたことを回顧する。 「子どもたちは、(iPodを)まだ使ったことがないのです。 私は子どもたちのハイテク利用を制限しています。 」 「私はあっけにとられ、開いた口がふさがりませんでした。 ジョブスの家ともなればハイテクオタクの天国のような場所を想像していたからです。 壁は巨大なタッチパネルで、食卓にはiPadが埋め込まれていて、お客さんにはチョコレートのようにiPodがプレゼントされるような。 『いいや、それとは程遠いね』とジョブスは答えたのです。 」 子どもがタッチスクリーンの機器で遊ぶことに関して大きな懸念を抱いているハイテク教祖はジョブスだけではない。 「ワイアード(Wired 」の元編集長、クリス・アンダーソンも、子どもたちが家庭にあるデジタル機器を使用する時間を親は厳しく制限すべきだと確信している。 「子どもたちは私たち夫婦が厳しすぎると文句を言います。 友達の家にはこんなに厳しいルールはないってね。 でも、それは我々は誰よりも技術の危険性を見てきているからです。 自分自身でも感じています。 子どもたちの身にそのようなことは起こってもらいたくないのです。 」 UCLA大学の研究者たちが最近発表した研究によると、数日間、電子機器利用を禁止しただけで、子どもたちの社交スキルがまたたくまに向上したそうだ。 このことは大いに考える材料を与えてくる。 なぜなら最近のリサーチで平均的なアメリカ人の子どもは1日に7時間半以上スマホや他のスクリーン(テレビ、パソコン、ゲームなど)を見ていると言われているからである。 ジョブスは間違いなくハイテクの天才であった。 しかし彼は深夜までスクリーンを見つめてアングリーバードで遊んだり、Facebookで近況を更新し続けたりはしてこなかった。 「スティーブ・ジョブス」の著者、ウォルター・アイザックソンは、このアップル共同設立者の家で多くの時間を過ごしたが、そこで見たのは、スクリーンタイム(画面を見つめる時間)よりも、フェイス・トゥ・フェイス(面と向かった)の家族の会話を優先するジョブスの姿だった。 「毎晩、スティーブは決まって、キッチンの長いテーブルで夕食をとり、本や歴史や様々なトピックについて話し合うのです。 誰もiPadやコンピューターを使いません。 子どもたちはデジタル機器中毒になっているようには全く見えませんでした。 」 だから、アップルやサムソンや他のハイテク企業が、最新の小型ハイテク機器がなければ人生物足りないと感じさせるような宣伝を暗にしてきたとしても、そうした機器の創始者が全く違う考えだった事を忘れないで欲しい。 blogspot. html) ゲームやスマホにお守りをさせていませんか? 翻訳の終わりに訳者の新美さんの見解が書かれている。 ゲームやスマホによって著しく損なわれる社交性やコミュニケーション能力、また、問題解決力を子供の時からしっかり身につけさせるべきという、痛烈な批判が込められたメッセージだ。 さらに、すでにスマホやゲームの虜になってしまっている子どもたちを救済する方法として、取り上げるのではなく時間を制限する方法を提示されている。 全く取り上げるというのは難しいでしょうから、まずは時間を制限することをおすすめします。 No Screen Policy(ノー・スクリーン・ポリシー)と呼ばれ、インター校では多くの家庭で取り入れられていました。 これは、夜(9時とか10時とかその家によって違います)になったら、スクリーン(テレビ、ゲーム、パソコン、スマホ)を禁止して、読書や音楽鑑賞や家族団らんや勉強の時間にする、というのもので、息子たちが通っていた学校では一般的でした。 子どもにとってよい睡眠は心身の発達に本当に大切です。 ご参考いただきたい。 我が家では、ジョブズ式のFace to Faceコミュニケーションをベースに、 今・ここ・あなただけの充実を心がけていきたい。

次の

スティーブ・ジョブズは、なぜ毎日同じ服を着るのか?という話

スティーブ ジョブス

解説 「スラムドッグ$ミリオネア」のオスカー監督ダニー・ボイルが、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズの生き様を描いた伝記ドラマ。 ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に執筆された伝記作家ウォルター・アイザックソンによるベストセラー「スティーブ・ジョブズ」をもとに、「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが脚本を担当。 1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生の中で最も波乱に満ちていた時期に行なわれた3つの新作発表会にスポットを当て、人々を魅了した伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓越したビジネスセンスを浮かび上がらせていく。 さらに娘リサとの確執と和解といったエピソードも盛り込み、ジョブズの素顔を浮き彫りにする。 「それでも夜は明ける」のマイケル・ファスベンダーがジョブズを熱演し、共演にも「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「グリーン・ホーネット」のセス・ローゲンら豪華キャストが集結。 2015年製作/122分/G/アメリカ 原題:Steve Jobs 配給:東宝東和 スタッフ・キャスト 個人評価:3. 4 ジョブズの半生を描くのではなく、新作発表会にスポットをあて、そこで起きた人物との会話のやり取りの描写だけで、ジョブズの価値観や生き方を描く。 説明は最低限しかなく、アップルの歴史を知らないと人間関係や物語の全体像はほとんど分からない作り方。 2013年版の同タイトル映画を見てから本作を見るのを強くお勧めする。 映画としては会話劇が全てとなり、ジョブズの性格やストイックさは描けているが、最も肝心なチェンジ・ザ・ワールドの理念が観る側には伝わらず、性格的に難ありのジョブズが前面に出てしまっているのが残念。 ダニー・ボイルが描くジョブズに期待感が強かったが、好きな作品とは言えなかった。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の