公爵 家 の メイド。 公爵家のメイドに憑依しました|ネタバレ【18話】|~リアンドロと喧嘩~|クレヨンBlog

#1 公爵家のメイドに憑依しました 小説版日本語訳1話

公爵 家 の メイド

Contents• イベリナがリアンドロを手伝おうとしますが、それを拒否しようとするリアンドロ・・・ 詳細>> 6話ネタバレ イベリナがリアンドロの部屋を掃除している間、リアンドロはまどろみながら、あることを考えていました。 それは、イベリナの存在自体は嫌ではないということ・・・。 詳細>> 7話ネタバレ リアンドロ専属のメイドとなったイベリナ。 イベリナに看病され心を開いたかと思ったリアンドロ。 8話ネタバレ いきなり「出て行け」と言われてしまったイベリナ。 放心状態で部屋をでて待っていると、リアンドロが用事があるときに鳴らす呼び鈴がなります。 そのときに、イベリナは「興味ないかもしれませんが・・・」と何気なく言ってしまいます。 その言葉に少し苛立った様子のリアンドロ・・・ 詳細>> 11話ネタバレ ようやく2日間の休暇から戻ってきたイベリナ。 2日間会えなかっただけだというのに、リアンドロはかなり寂しい思いをしました。 そこへ、朝食を持ってきてくれたイベリナ。 嬉しいはずのリアンドロですが、思わず・・・ >> 12話ネタバレ 実は休暇を取っていた2日間イベリナのほうも寂しい思いをしており、イベリナとリアンドロは同じような思いをしていたということが分かりました。 そのことが分かって嬉しがるリアンドロ。 2人の間には和やかな空気がながれ、リアンドロにある変化が起こりだし・・!? 幸せな時間が続くと思われましたが、すぐにリアンドロの体調が悪化し、澄んでいたブルーの瞳もまた濁った色になってしまいます・・・。 詳細>> 14話ネタバレ イベリナの看病のおかげか、リアンドロの体調もよくなってきました。 イベリナとリアンドロは体調が良くなったら園庭を散歩しようねと話していました。 すぐにポイントが貰える【UNEXT】 UNEXTは動画のイメージが強いかもしれませんが・・・こちらも漫画のラインナップも多く、無料で読める漫画も多数取り揃えてあります!.

次の

ピッコマ「公爵家のメイドに憑依しました」の全話ネタバレ一覧まとめ!

公爵 家 の メイド

公爵家のメイドに憑依しました【第16話】のあらすじ・ネタバレ・感想 ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。 公爵家のメイドに憑依しました【第16話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください! 公爵家のメイドに憑依しました【第16話】のあらすじ 足を滑らせて転倒しそうになったイベリナを支えて助けてくれたロレンゾですが、変に積極的です! イベリナ「ありがとうございます。 危うく足首を捻ってしまうところでした」 ロレンゾ「あの・・・名前を聞いても良いですか?」 質問しながら、いきなり手首を掴まれたイベリナは驚きます! ロレンゾ「あっ、すみません!いきなりでビックリしましたよね?」 イベリナ「はい、少し・・・」 そんな二人を見ている料理長が声をかけてきますが、イベリナに対してはリアンドロだけでなく、周りの人たちとも仲良くやるように言ってくるのです。 イベリナも素直に受け止めるものの、今はリアンドロのことだけで精一杯のために、そうした余裕をなかなか持てません。 そして料理長がリアンドロの朝食を渡してくれたと同時にイベリナもすぐに彼の部屋へと向かっていきます。 しかし厨房を出て廊下を歩いている時にもロレンゾがついてきて質問を続けてきます。 ロレンゾ「年齢を聞いても良いですか?」 イベリナ「うーん・・・」 現実の世界から転生されてきたために、実はこの世界での自分の年齢がハッキリと分かっていなかったのです! それでも、これまで一緒に仕事をしてきたメイドたちとの関係を思い出しながら推定で「16歳」であると答えます。 ロレンゾ「そうなんですね!俺は18歳です・・・もしかして、俺って面倒くさいですか?」 自分の年齢も明かすと同時に、全く異なる質問もぶつけてくるのです。 イベリナ「いやいや、食事が冷めるから急いでるだけなんだけど!」 まるで思考が合ってない中でも、イベリナも笑顔で接します。 イベリナ「そんなんじゃないんで、元気を出してください!」 ロレンゾ「本当ですか?良かった・・・」 そう言われた彼は安心したかのように爽やかな笑顔に変わります。 そんな彼を見たイベリナは思いが顔に出るタイプの人間と解釈して去っていきます。 しかしロレンゾの方は分かれた後でもイベリナのことが忘れられません。 ロレンゾ「イベリナって言うんだ・・・」 顔を赤くして心臓に手を当て始めます・・・。 スポンサードリンク 公爵家のメイドに憑依しました【第16話】のネタバレ ロレンゾと分かれてリアンドロの部屋に入ったイベリナですが、彼の方からは「遅い!」昨日の機嫌悪さを引きずっているような様子です。 そんなリアンドロに対して体調を伺いますが、彼の方からは体調は良いけど気分が良くないと答えられます。 リアンドロ「お前が遅いからだ!」 怒っている理由を明かしたリアンドロに対し、イベリナの方もまた先ほど料理長からもらったプリンを堪能していたことを笑顔で話します。 リアンドロ「それなら許してやる!その笑顔を見ると美味しかったみたいだな」 赤面しながら話すリアンドロに対して久しぶりにプリンを食べられた嬉しさを満面の笑みで語りますが・・・ リアンドロ「僕のも食え!」 彼の方から自分のプリンをくれると言ってくるのです。 始めは遠慮するものの、ヒステリーを起こされる前に言うことを聞いておこうと考えたイベリナは座ってプリンを食べ始めます。 しかし床に座ると、またしても怒ってきますが、手を差し伸べてきます。 リアンドロ「大丈夫だから・・・さっさと隣に座れ」 隣同士で食べながら、いつものようなボケとツッコミも含めた会話を交わし合いますが、イベリナの方にとっては、予想外なリアクションでもあったのです。 朝食が済むとリアンドロの方から今日も散歩に行こうと誘われます。 イベリナも散歩は良いものの、薬はしっかり飲んでもらうようにお願いしますが、相変わらず薬に対する拒否は変わりません。 イベリナ「それでも飲んだら悪化しないじゃないですか!」 リアンドロ「分かったから拗ねるな」 また手を差し伸べて、イベリナの額に軽く触れてきます。 拗ねたような表情をするイベリナに対して、その理由を問いますが、彼女はハッキリと「心配だから」と答えます。 リアンドロ「心配してくれるのは・・・お前だけだ!ありがとう」 まるで照れ隠しするかのように反対方向に顔を向けながら、軽くお礼を言うのでした。 公爵家のメイドに憑依しました【第16話】のみんなの感想 イケメンのロレンゾが本格的に絡んできたものの、積極的と言うよりは少し空回りしている雰囲気の方が強かったですね・・・。 こういう性格だと今後はイベリナだけでなく、リアンドロにまで深く関わってきそうな気がして少し心配でもありますよね。 まとめ 「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。 漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。 無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

次の

公爵家のメイドに憑依しました|ネタバレ!25話から26話までの感想も!|漫画Plus!

公爵 家 の メイド

プロローグ 切に願った私の声を…誰かが聞いてたのだろうか。 気がつけば、私は小説の中のヒーローであるリアンドロの屋敷のメイドその1になっていた。 うん? 臭い匂いのする雑巾をバケツに入れて、汚れを流しながら、私は今の状況を理解しようと頑張った。 確か昨日の夜、最近人気のロマンス小説を読んでいる途中、ぐっすり眠ってしまった事までは覚えている。 ヒーローだと思っていたリアンドロの台詞の一言一言に胸を締め付けられながら、ドキドキして小説を読んでいた私は、作者に裏切られた気持ちになったんだ。 序盤からヒロインであるエレオノラの傍にいて、彼女を大切にしていたリアンドロではなく、中盤にぽっと出てきた皇太子ディエゴが本当のヒーローだったからだ。 「心の底からあなたを愛しています」 真摯に告白するリアンドロを目もくれず、エレオノラは結局皇太子ディエゴを選んだ。 逆立ちをしたって、リアンドロの方が遥かに魅力的なのに。 こんな結末なるなら、どうして作者はエレオノラに対するリアンドロの愛をあんなに切なく書いたのか。 そう思って私は一晩中涙で枕を濡らした。 リアンドロがかわいそう...。 リアンドロ・チリロ・ベラビティ。 彼の人生は不幸の連続だった。 彼は政略結婚で結ばれたベラビティ公爵夫妻の一人息子として生まれた。 貴族の結婚とは政治・経済的手段に過ぎなかったが、それでも他の貴族の夫婦仲はベラビティ夫妻ほど冷ややかではなかっただろう。 彼らはお互いに対する愛情と尊重する心がなく、跡継ぎを生む事も貴族としての義務だと考えていた。 示し合わせて一緒に眠る時間を除いては、同じ屋敷に住んでいるとは思えぬ位に顔を合わせない。 そんな暮らしの中で生まれた自分の息子にも、やはり公爵夫妻は関心を持たなかった。 愛に飢えた幼い野獣。 幼少時代のリアンドロを表現する最も完璧な言葉だ。 子供が生まれるやいなや、夫人は子供を抱きしめもせず、乳母に押しつけるように渡した。 リアンドロが生まれた日、父親はカジノに籠って賭け事を楽しんでいた。 子供は親から愛されずに育った。 一晩中泣いていても心配されず、運のいい時だけ仕方ない様子の顔をした母親が様子を見に来た。 子供の初めてのよちよち歩きですら、公爵夫妻の心を解かすことはできなかった。 そんなある日だった。 子供が高熱で倒れた。 昼夜を問わず、死線を彷徨うリアンドロ。 殆ど放任状態で育てられていたが、リアンドロは皇族の血を濃く受け継いだベラビティ公爵家たった一人の後継者である。 皇族専属の医師や高位司祭、魔法使いまでが公爵家を訪れた。 しかし彼らを以ってしても、煎じ水を飲み込ませて発作を一時的に止めたり、火のように熱くなった体の熱を下げること以外は、手の施し様が無かった。 目を開けられない子供の皮膚が、次第に真っ黒に変化し始め…そして。 子供の左顔には妙な文字がぎっしり刻まれてきた。 それらは、可愛らしい子供の白い皮膚から浮かび上がってきた。 今や彼の顔の半分は異様な雰囲気を醸し出していった。 医者や神官、魔法使い達は、彼の症状が悪化していくにも係わらず、正確な病名を見つけることが出来ず、手をこまねいていた。 「ああっ!ああっ!」 自分の体の熱に耐え切れず、リアンドロは金切り声を上げながら苦痛を訴える。 子供の部屋には、死の影が色濃く出るようになっていた。 もはや子供が死出の旅路に向かおうとしているのを、誰もが信じて疑わなかった。 最期の時を感じ始めた頃、ようやく公爵夫妻は子どもに目を向けるようになる。 そんな中、リアンドロが目を覚ました。 海のように青かった二つの瞳は視力を殆ど失い、ぼやけたように曇っていた。 「なんで、この、この、こんなに...... く、暗いんだ... をつけて」 子供は痺れて動かない舌を動かそうと、しかめっ面をした。 時は正午だった。 カーテンの隙間から眩しい日差しが照りつけられていたが、子供の目にはただの暗闇が広がっていた。 枕元で子供を見守っていた公爵夫妻の顔が引き攣る 彼らの血筋に生じた欠陥は、重大な問題だった。 「今更2人目を生めだなんて、無理です!この子を産んでボロボロになった身体がやっと元に戻ったのに... 」 「落ち着け、ひとまず経過を見守るしかないだろう!」 彼が目を覚ますと、暗闇だけが見えた。 耳だけは普通に聞こえて、自分を前に争う両親の声が悲鳴のように彼の心に突き刺さった。 神経が麻痺したのか、半分の顔には感覚がなかった。 それは感覚を麻痺させる薬の副作用だった。 ある程度の時間が経過すると、彼は気を失うほどの激しい痛みに苛まれた。 リアンドロは自分がどうなってしまうのかと怖かった。 濁った両目はひどく乾ききっていて、涙さえもでてこなかった。 「呪いです。 黒い影が身も心も蝕んでいく…」 彼を詳しく診察した後、大神官が結論を出した。 大神官は子供の額に手を当てて神力を吹き込んだが、既に体内に深く蔓延ってしまった呪いが、簡単にそれを弾き飛ばしてしまう。 その後も様々な専門家が集まって議論を交わしたが、呪いを解く方法はついに見つからなかった。 神力さえも拒否する身体である。 高価な薬草も魔法も解決には至らなかった。 そんな中、ある語学学者が驚くべき事実を発見した。 リアンドロの顔に刻まれた文字が、アンブロセティ王国で古代から伝わってきた文字だというのである。 「アンブロセティ... 」 アンブロセティは、リアンドロの住む帝国の属国だった。 丁度その時人質として連れてこられた小説のヒロイン・エレオノラは、訳も分からずリアンドロと出会うことになる。 その幼い子供が解決の糸口になるかもしれない。 誰もがそう願う中、アンブロセティの王女という理由だけで、彼女は彼の傷を見なければならなかった。 当時のリアンドロの姿は、8歳の子どもの目にはかなり悲惨なものだった。 まともに食べられない所為で骸骨のようにくぼんだ頬、顔の半分を覆うように刻まれた呪いの痕、目が見えず雲がかかったような瞳...。 一筋の光を探すように、リアンドロは手を伸ばした。 見かねた神官がエレオノラの背中を押す。 「ひっ...... !」 敗戦国の人質と言っても、当時のエレオノラはいっぱいの砂糖で作ったキャンディー、色とりどりの花を編んで作った花冠、まぶしいほど輝く宝石や絹、ドレスなどの綺麗な物だけを見て育った幼い少女だ。 目の前にいる彼を知らない子供の目には、十分に鳥肌が立って怖かった。 エレオノラは後ずさりをする。 しかし、後ろに立っていた神官が彼女の肩と顔を押さえつけた。 彼女は強制的に、リアンドロの焦点が合わない目と向き合わさせられた。 「公子の顔に書かれた文章を読めますか?」 「し、知らない...... 」 嫌っ。 どうしてわたしがこんな罰を受けなきゃいけないの。 これから礼儀の授業もサボらないでちゃんと聞くから。 だから...。 「あっち行って!気持ち悪い!」 エレオノラの黄緑色の目が恐怖に染まった。 にもかかわらず、神官は許してくれなかった。 捕まえられている彼女は、恐怖のあまりにその場を離れようとした。 彼女の突然の行動に、神官ごと後ずさる。 エレオノラはもう一度後ずさりする途中で、自分のスカートの裾に足が引っかかって尻もちをついた。 少女はブルブル震える指を持ち上げて、リアンドロを指差した。 「バケモノ!」 彼女は甲高い声で悲鳴を上げた。 目にする事も嫌だという様子で、自分の顔を隠して泣き崩れた。 「バケモノ、バケモノですって」 エレオノラの言葉を聞いた大人達の囁きは、次第にリアンドロの耳にも届いた。 それから自分に何が起こっているのか解らないにも関わらず、突然「あれ」と呼ばれるようになり、「バケモノ」とも言われるようになった。 幼心をひどく傷つけられたリアンドロは、それから半生を屋敷に閉じこもって過ごすようになる。 公爵夫婦は醜い息子を顧みることはなかった。 そして13年後、偶然リアンドロと再会したエレオノラは、彼に同情を抱きながら彼に歩み寄る。 が、既に心と体を深く傷つけられたリアンドロは、エレオノラを憎んで強く拒絶する。 それでも健気に近づいてくる彼女の献身に、次第にリアンドもまた心を開くようになり、全身を覆った彼の恐ろしい呪いも、ある日エレオノラに突然生じた力によって解けてしまう。 こうしてリアンドロは、自分を苦しめていた呪いから解放し、慰めてくれたエレオノラを溺愛するようになる。 小説の悲劇はここからだった。 エレオノラには、既に幼い頃から恋をしていた相手がいたからだ。 皇室の嫡子であり、本当のヒーローであるディエゴ。 しかし、彼女一人だけを自分の傍に置きたかったリアンドロは、エレオノラとディエゴの結婚に大きく反発する。 皇位継承者だからか? リアンドロはそう思い込み、恋の為に反乱を起こす。 それは、エレオノラとディエゴの結婚式の当日。 リアンドロは兵士を率いて皇城に侵入するが、事前にリアンドロの行動を予測していたディエゴは、ヒーローらしく簡単にこれを鎮圧して…。 そして、リアンドロは処刑された。 最初はえらく盛り上がって始まったのに、虚無感を覚えてしまう程のラストで終わる…典型的な残念な小説のラストだった。 …はあああ?これは何。 何を伝えたいのよこの小説! ただでさえ憐れなのに、こんなバッドエンディング酷すぎない? 結末まで読んだ後、私は虚無感でいっぱいになり首を横に振った。 私は生涯たった一人だけを一途に見ていたリアンドロの片思いに散々泣きじゃくり、最後まで彼を拒絶するエレオノラを恨みつつ、彼の幸せを全て奪ったディエゴの存在を無かった事にして、眠りについた。 気づいたら、メイド服を着て、蹲りながら拭き掃除をしていた。

次の