泣く 子 と 地頭 に は 勝て ぬ 意味。 【泣く子と地頭には勝てぬ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【泣く子と地頭には勝てぬ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

泣く 子 と 地頭 に は 勝て ぬ 意味

「泣く子と地頭 じとう には勝てぬ」とは? 道理の通じない者や権力者にはどうやっても勝てないから、無理を言われても従うしかないという意味です。 道理の通じない赤ん坊 泣く子 や権力者 地頭 とは、いくら争っても無駄であるということから、このように言われています。 地頭とは、平安・鎌倉時代に荘園を管理し、税金を取り立てていた役人のことで、権力を振りかざして横暴を働いていたそうです。 今日10月22日は「平安遷都の日」 今から1223年前の794年 延暦13年 10月22日に、桓武天皇が長岡京から山背国葛城郡宇太村の新京に移りました。 「平安京」と命名されたのは、その年の11月8日でした。 「鳴くよ 794 鶯 ウグイス 、平安京」と年号を覚えたのは、中学時代でしたか… 税金を取り立てていた役人である地頭 じとう も、この頃から横暴を働いていたのでしょうか。 現代は、時の権力者とは戦う術 すべ がある 平安時代の役人は、さぞや横暴だったのでしょうね。 それに比べて、現代は民主主義の時代です。 時の権力者を支持する・しないは、選挙権という権利を行使することで意思を表明できます。 そして、今日は、衆議院総選挙の投票日です。 日本を導く政権を選択する総選挙です。 明確な支持・不支持を表明できない場合は、白票を投じることも立派な意思表示です。 台風襲来で、荒れた天候になっていますが、期日前投票・不在者投票ができなかった方は、なんとか荒れた天気の合間を見て、投票所に足を運んで頂きたいと思っています。 そして、なんとか投票率が、前回を上回って欲しいと願っています。 ・・・・・・・ さて、今日はここまでにしましょう。 ではまた! ・・・・・・・・・・・・ 2017. 22記.

次の

「 泣く子と地頭には勝てない」という言葉は、どちらの方には勝てないと...

泣く 子 と 地頭 に は 勝て ぬ 意味

ことわざ辞典などを引きますと、この言葉の解説として「道理の通じない相手には、黙って従うしかないことのたとえ」みたいなことが書いてあると思います。 これをそのまま受け取るならば、「泣く子」と「地頭」は並立的な存在であり、どちらがより強いとか重い意味だということはないでしょう。 これが、「両者がセットになって『理不尽な存在』を象徴している」という説です。 ですから例えば、仕事の取引先が無理無体な要求をゴリ押ししてきた時、「いやあ、泣く子と地頭には勝てないからねえ」などと同僚に言うとすれば、その時は「泣く子」と「地頭」に意味的な軽重、強弱はありません。 しかし、実際の使われ方を考えると、上記のような用法はそれほど多くないのでは?というか、現実にそういうシチュエーションで使っているのを聞いたことがありません。 このことわざを使うのは、実際にはそのほとんどが「子供が泣いているとき」なのではないでしょうか?先だって話題になった漫画家のさかもと未明さんのような状況になった時、「いやあ、泣く子と地頭(略)」となだめるような。 このような使い方であれば、より勝てないと言わんとしている対象はむろん「泣く子」です。 「親の意見と茄子の花は百にひとつの無駄もない」というのが「親の意見は大事だ」ということ意味であるように、「理屈と膏薬はどこにでも付く」というのが「何にでも理屈は付けられるものだ」と言っているように。 これが「『地頭』は『泣く子』の引き合いに出されている」説です。 つまりこの場合は「泣く子には勝てん」と言っているのです。 というわけで、この言葉が言われる時の状況によるのではないでしょうか。

次の

「泣く子と地頭には勝てぬ」日本人

泣く 子 と 地頭 に は 勝て ぬ 意味

「泣く子と地頭 じとう には勝てぬ」とは? 道理の通じない者や権力者にはどうやっても勝てないから、無理を言われても従うしかないという意味です。 道理の通じない赤ん坊 泣く子 や権力者 地頭 とは、いくら争っても無駄であるということから、このように言われています。 地頭とは、平安・鎌倉時代に荘園を管理し、税金を取り立てていた役人のことで、権力を振りかざして横暴を働いていたそうです。 今日10月22日は「平安遷都の日」 今から1223年前の794年 延暦13年 10月22日に、桓武天皇が長岡京から山背国葛城郡宇太村の新京に移りました。 「平安京」と命名されたのは、その年の11月8日でした。 「鳴くよ 794 鶯 ウグイス 、平安京」と年号を覚えたのは、中学時代でしたか… 税金を取り立てていた役人である地頭 じとう も、この頃から横暴を働いていたのでしょうか。 現代は、時の権力者とは戦う術 すべ がある 平安時代の役人は、さぞや横暴だったのでしょうね。 それに比べて、現代は民主主義の時代です。 時の権力者を支持する・しないは、選挙権という権利を行使することで意思を表明できます。 そして、今日は、衆議院総選挙の投票日です。 日本を導く政権を選択する総選挙です。 明確な支持・不支持を表明できない場合は、白票を投じることも立派な意思表示です。 台風襲来で、荒れた天候になっていますが、期日前投票・不在者投票ができなかった方は、なんとか荒れた天気の合間を見て、投票所に足を運んで頂きたいと思っています。 そして、なんとか投票率が、前回を上回って欲しいと願っています。 ・・・・・・・ さて、今日はここまでにしましょう。 ではまた! ・・・・・・・・・・・・ 2017. 22記.

次の