二ノ国ジブリ。 二ノ国(映画)のネタバレあらすじと感想!ジブリに似ているのはなぜ?

映画『二ノ国』ネタバレ感想 ジブリっぽいアニメだけど中身は別物だった│今日も映画ですか?

二ノ国ジブリ

どーも、スルメ です。 今回はアニメ映画 『二ノ国』のレビューです! 『二ノ国』と言えばDSのゲームとして発売されて、今は続編も出てるんでしたっけ? 高校の時にPS3のゲームでやりまして、芸能人が多く声優やってるんだなって言うのと、ジブリっぽい映画綺麗だった記憶しかなくてたぶん最後までプレイしてないw 私ってドラクエ以外のRPG続けられないんですよね。 飽きっぽすぎて敵を倒したり、レベル上げするのすら苦痛になってしまって。 オープンワールドとかはもっとダメだね。 探索するのは大好きだけどお使いっぽくなっちゃうと途端に飽きる。 だからスカイリムもウィッチャー3も最後までやってないのだ!!はじめはドはまりするんだけどなぁ。 あ、ちなみに人生で一番面白かったゲームは 『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』であります。 これはオープンワールドだけど探索が面白すぎて、ガノン倒すまではやりました! はい、関係ない話になってしまいましたw ゲームの話は置いておいて、レビューに参りましょう!! あらすじ 車椅子生活を送る高校生ユウは、学校でトップクラスの成績を誇る秀才で、バスケ部の人気者ハルと、ハルの彼女コトナとは幼なじみだ。 ある日、事件に巻き込まれたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法の世界「二ノ国」に引き込まれ、そこでもうひとりのコトナであるアーシャ姫と出会う。 ユウはアーシャにひかれていくが、コトナを救うためにはアーシャの命を奪わなければならないということを知り、2人は究極の選択を迫られる。 監督 監督はスタジオジブリ出身のアニメーター 百瀬義行監督。 『火垂るの墓』の作画監督を経て、スタジオポノックの短編映画『サムライエッグ』を監督しました。 やっぱり元のゲームがジブリが関わった作品だから、映画もジブリ関連の監督を起用したのかな?ジブリらしい部分が垣間見れればいいけど……。 キャスト 主要キャラクター3人の声優は 山崎健斗さん、 新田真剣佑さん、 永野芽衣さんが担当。 私は彼らが声優を担当している映画を観るのは初めてかも。 芸能人が声優として起用されると少なからず批判が上がりますが、私は上手かったりイメージに合えば声優でも芸能人でも関係ないスタンスです。 共演は本業の声優である山寺宏一さん、宮野真守さん、梶裕貴さん、坂本真綾さんなど。 テレビアニメでも大活躍のキャストも集合してるし。 声優陣も豪華ですね~。 うん、まぁそれだけだよね。 もう大人になってしまった私はこの映画じゃときめけない。 ただ、今年の夏は 『トイストーリー』もあれば 『天気の子』もあるし、 『ライオン・キング』まである。 正直言ってこれらを相手にするのは相当苦戦するんじゃないかな。 ストーリーとしては最近流行りの異世界転移モノのひとつと数えられそうではあるけども、設定がイマイチよく分からん。 後からどんどん情報が追加されていき、突如違和感たっぷりの伏線が張られていく。 子どもが観ても楽しめるのか?と疑問を感じずにはいられません! たぶん12話くらいのテレビアニメとして作られたらしっかり伏線仕込む時間も増えただろうし、完成度も高かったように思えるんですよ。 限りある時間の中で、結構複雑な設定を描ききらなきゃいけないのは相当難しかったのでは? 全編通して世界観の説明が長々しく話される場面が多くて、逆に作品に入りこむことが出来ません。 えー、酷評された映画としては今月公開された 『ドラクエ ユアストーリー』がありました。 あの映画もラストに関しては反対ですが、ドラクエファンということもあって意外と前半部分は楽しめたんですよね。 それと比べても本作はちょっと印象に残らないな。 設定は面白いんだけど、映画としては良いところが見当たらない。 アニメーションに関しても 『天気の子』や 『ユアストーリー』ほど目を見張るものはなく、至って普通。 いや、劇場公開作品にしてはお金がかかってなさそうだったような…。 声優と音楽は豪華だったんですけどね。 ステータスをそこに全振りした感じでしたw ここから先は『二ノ国』のネタバレを含みます!! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 声優陣 人によっては気になる部分であるだろう声優たち。 山崎賢人さんも 永野芽衣さんも実写映画やドラマでは大活躍ですが、声の仕事を観るのは初めてでした。 私はそこまで声優にこだわりもなくてですね。 本業の声優さんたちに詳しいわけじゃないで毎度曖昧なレビューしかできないんだけど、『二ノ国』も別に違和感ある人はいなかったんじゃないかと。 唯一主人公2人が声を荒げるシーンと、戦闘シーンの掛け声は「アレ?」と思ったけど。 それ以外ではまずまずです。 ただ、芸能人と本業の声優さんとの違いは素人の私にも判断できる。 やっぱ声優ってスゲェんだなと。 特にダンパを演じていた 梶裕貴さんと、ヨキ役の 宮野真守さん。 お二方ともアニメでよく聴く声ですし、本作にはベテラン声優の 山寺宏一さんも参加していた中でも、中堅のこの二人の声が一番良かったかな。 宮野さんは終盤に一人で長いセリフを話すシーンがあるんだけど、あれは圧巻でしたわ。 同じ場面にいた役者さんたちがかわいそうになるほどの完全なる独壇場でして、声の演技力の差を見せつけた結果となりました! そういえば原作だと古田新太さんが出演していた気が……。 あれ?ストーリーは完全なる別物? ハル、お前は何してるんだ。 この映画の完全なる悪は別に存在していましたが、やっぱ一番悪いヤツは主人公の一人である ハルだよね。 悪いヤツって言うのは映画的に見ても、作品世界で見てもということです。 本作のキャッチコピーでもある「命を選べ。 」って要素は完全に彼の勘違いだった上に、親友であるはずのユウを殺そうとしましたからw いや、お前もう少しユウの話を聞いてやれよ…。 親友なんだろ? というかキャッチコピーを簡単に「勘違い」で済ませていいのか?それを楽しみに観に来た人もたくさんいるだろうに。 あと、ハルにそこまでされて友情が続くって言うのにも違和感たっぷり。 俺ならどんなに仲良くても殺されそうになったら縁切るけどなぁ。 許したとしても二度と関わらないわ。 それでも敵側に寝返るって展開は好きでしたが。 RPGだったら当初仲間だった親友がラスボスになるって悲しくもあるし燃える展開でもある。 ここまで来たら一人?の女性を取り合って親友同士のどろどろバトルに発展するって言うのもアリかと思ってたら、案の定安全地帯に無理やり着地した感じ。 「命を選べ。 」のキャッチコピーをもっと大事にしようぜ。 ジャンルは違うけどキャッチコピー聞く限りだと『ロボとーちゃん』みたいなラストを想像してたよね。 ユウとハル繋がりでもう一つ言うと、序盤からセリフの掛け合いがちょっと噛み合ってない感じがしたんですよね。 もともと会話の流れとかは捨てて伏線と解説をねじ込みまくってるんで、セリフ周りに関しては始終気持ち悪さが否めないんですが。 二人は驚くほど異世界に対する飲み込みが早いと言いますか、急ぎ足で終わらそうとしてセリフを磨かなかったのかな~って思っちゃいますね。 これじゃあ。 どう考えても「これは夢だ!」じゃ済まされない話なんやで。 いや、異世界行ったらすぐ事態を飲みこまなきゃ話始まらないけどさ。 そう思うと 『リゼロ』も 『このすば』も主人公の飲み込みは早かったな。 まとめ これ以上何書いても悪い部分に繋がりそうなんで、今日はこの辺で。 本当に子供向けに作っているなら、大人の私がマジでレビューするのってめっちゃナンセンスなんですけどねw それでも原作が数年前のゲームだし、声優も若者に大人気の俳優や人気声優陣を使ったところを観ると、上の世代も取り込もうとしてるんじゃないかと。 やっぱ今年はアニメがめちゃくちゃ豊作なんですよね~。 特にこの夏は他に選択肢があり過ぎるし、敢えて『二ノ国』行こう!って人は少ないんじゃ…。 公開するなら7月の夏休み前か、せめて8月前半にするべきだったでしょ。

次の

映画『二ノ国』 〜ジブリ風を襲うリバウンド〜|よごくすギャラクシー|note

二ノ国ジブリ

二ノ国 『二ノ国』、を観ました。 考察 監督は、スタジオジブリで高畑勲、宮崎駿の2大巨匠の作品の多くを支えてきた鬼才、百瀬義行さんです。 映像がきれいで、友情と大切な人を想う気持ちが描かれていてとてもいい映画でした。 車椅子生活で冷静で優しいユウ 山崎賢人 と人気者で負けん気の強いハル 新田真剣佑 、二人は親友で幼馴染み。 そしてハルの彼女のコトナ 永野芽郁。 仲のいい三人ですが、ユウはひそかにコトナに気をよせています。 ある日、コトナが何者かに襲われ、お腹を刺されます。 ハルの電話がつながらず、ユウに助けを求めたコトナ。 助けようとするユウ、一足遅く、現場に着いたハル。 ユウとハルはコトナを病院に連れていく時に車にはねられそうになります。 その瞬間、ユウとハルは不思議な国に移っていました。 ユウは不自由だった足も動くようになっています。 その国は、現実 一ノ国 の世界と隣り合わせにある、美しい魔法の世界「二ノ国」でした。 そこでユウとハルはコトナにそっくりなアーシャ姫と出会います。 出会った時、アーシャ姫はコトナと同じようにお腹に剣が刺さっていました。 その剣を引き抜いて助けたユウ。 現実世界「一ノ国」に戻ったユウとハルはコトナから病気になり余命宣告を受けたことを聞きます。 泣き崩れるハル。 そこでユウは気付きます、一ノ国と二ノ国にはあるルールがあることを。 コトナの命を救うにはアーシャの命が必要。 活発で健気なアーシャに惹かれるユウ、コトナを好きなハル。 コトナを想うハルはアーシャの命を奪うことを決意します。 アーシャを守りたいユウ。 二人の大切な人への想いは二ノ国で戦争という形になります。 ハルは「大切な者を守るために命を奪うのが戦争だ」とユウに宣戦布告します。 抵抗しつつもそんな極端な結果ではなく他にアーシャとコトナ、二人ともを救う方法があるはずだ、目を覚ませ、と必死に投げかけるユウ。 戦いの中でアーシャとコトナに死の呪いをかけた黒幕がアーシャ姫のエスタバニア王国の魔法宰相であることがわかります。 力を合わせて戦うユウとハル。 魔法宰相を倒し、アーシャとコトナの呪いは解かれます。 現実世界に戻るユウとハル。 アーシャはユウに唯一の友達になってくれたことに感謝をし別れを告げます。 そして旅立つユウとハル。 一ノ国と二ノ国の時空の狭間で、ユウはハルの手を離します。 ユウは二ノ国でアーシャと共に過ごしていくことを決めたのです。 現実世界に戻ったハルは、元気になったコトナと会います。 ユウを探すハル、そこでハルは気付きます。 現実世界の記憶からユウが消えていることに。 二ノ国のユウは、命がつながっている一ノ国のハル自身だったのです。 あなたは究極の選択をせまられた時、どんな決断をされますか? そしてあなたは「二ノ国」を信じますか? 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー• 1 メタ情報•

次の

【二ノ国】スタジオジブリ×レベルファイブ【山崎賢人・新田真剣佑・永野芽郁】友情と愛そして命を選べ

二ノ国ジブリ

ユウ・ハル・コトナの3人は、同じ高校に通う幼なじみ。 かけがえのない親友でした。 ある日、ユウとハルは魔法世界 「二ノ国」へと迷い込んでしまいます。 二ノ国は現実世界(一ノ国)と隣り合わせにあり、命の繋がったもう1人の自分がいる世界。 ここで、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会います。 そして、彼女に死の呪いがかけられたことをきっかけに世界の残酷なルールを知るのです。 そのルールとは 「二ノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を払う」こと。 つまり、どちらかの命を救えばもう一方が死ぬのです。 二ノ国ではアーシャ姫が。 一ノ国ではコトナが死の呪いにかけらた状態。 ユウはアーシャ姫を守るため、ハルはコトナを守るために敵対することに。 主人公のユウとハルは、唯一無二の親友。 しかし、ユウは二ノ国に住むアーシャ姫に恋をして、彼女を守るためにハルと敵対することになります。 愛する人を守るために親友同士が戦うという、緊迫感のあるストーリー。 キャッチコピーは「命を選べ。 」 命の選択という究極のテーマを扱った、青春ファンタジー映画です。 二ノ国の評判は?面白いかつまらないか 次に、映画『二ノ国』に関するネット上の口コミ評判をまとめてみました。 結論から言うと賛否両論です。 「世界観やストーリーが好き」「感動した」という人もいれば、一方で「面白いけどストーリーが雑」「展開についていけない」という口コミもあります。 期待値が高かった映画なので、評価が厳しくなるのは仕方がないでしょうね。 ただ、スタッフが実力派ぞろいなのでクオリティは高いです(あと、主題歌がかっこいい) 以下、口コミを「面白い派」と「つまらない派」の2つに分けてそれぞれ紹介していきます。 面白い派の口コミ 二ノ国さっそく観てきましたー!とっても面白くてワクワクして最高でした 二ノ国は、原作知らないんだけど楽しかった!! おじいさんの予想はついてたけど、最後のはなるほど!ってなった!! 子供向けかなと思ってたけど、予想以上に作り込まれててよかった。 ラストに謎解きがあるけれど語られなかった背景に気づくと面白さが増す。 二ノ国めっちゃ面白かった。 胸がきゅっとなる切ない冒頭で一気に物語に引き込まれたと思ったら、一転、少年心をくすぐられるような二ノ国ワールドが広がっていき、最後はどんな結末になるんだろうと夢中になって視聴できました! 誰かを想い、行動する、愛の繋がりを感じる作品でした。 幼なじみとか仲間と冒険するっていいよね。 パラレルワールドを経て、それぞれの意思や覚悟、道を選択するストーリー。 もーぅ、恋は盲目と言うけど青春だね!ファンタジー世界が素敵すぎた!そして最後はまさかの展開…! 背景の美しさ、音楽、ラストの展開も希望通りと、なかなか良かったです。 こちらもネタバレにならない範囲で紹介します。 二ノ国はえ?そうだったの?!ていうところが多かったです 結論から言うと「ジブリまがいになってしまった」と言う感じ。 ストーリー、キャラ造形は王道 やや古い感はある。 キャラデザはジブリ風 そもそも原作ゲームはジブリがグラやってる 、音楽が久石譲なので序盤とかは特にジブリ感をバシバシ出してくる。 二ノ国もイナイレもただの日野の自己満足のためだけの作品 ファンのことを考えてない 二ノ国、ゲームは未実施、予備知識無しで試写会へ。 テンポも割かし良くて、世界観や音楽も良いなぁと。 中盤あたりで、え?そう展開するの?なんか無理矢理じゃない? 終盤は、なんでよー。 ちょっと待って。 なんか、セリフが段々臭くなっていってるよ!?…という心境だった。 ストーリーに納得出来ない点が多かったです。 納得いかなかった部分が全てネタバレに繋がる内容なので言えないのですが、語られるべき所が語られていなかったり、終盤で明らかになる点が序盤でバレバレ 少なくとも僕は分かりました 、最後の最後の種明かしの時、思わず心の中で「…ん?」と言ってしまいました。 しかし脚本があまりにも残念である。 設定のアラが酷い。 矛盾点が多く、「ええっ?www」と思っては映画に集中できない。 キャラクターにセリフで「説明」させるのもやめろ。

次の