ロボトミー 手術 と は。 ロボトミーとは

精神外科

ロボトミー 手術 と は

公開日: 1976年4月3日 日本 監督:ミロス・フォアマン 脚本:ローレンス・ホーベン、ボー・ゴールドマン 原作:ケン・キージー 出演者:ジャック・ニコルソン(ランドル・パトリック・マクマーフィー)、ルイーズ・フレッチャー(ラチェット)、マイケル・ベリーマン(エリス)、ウィリアム・レッドフィールド(ハーディング) 受賞歴:アカデミー賞 作品賞・主演男優賞・主演女優賞・脚色賞・監督賞・の5部門受賞(主要五部門の独占は41年ぶり)。 受賞歴、ノミネート歴他多数。 blog. fc2. html ここからは、カッコーの巣の上でのあらすじをネタバレなしのものとありのものに分けて紹介していきます! 2-1.カッコーの巣の上でのあらすじ(ネタバレなし) 主人公のマクマーフィーは罪を犯したが、刑務所行きを免れるために精神病を装う演技をみせた。 その演技が功を奏したのか、刑務所ではなく精神病院行きを通達されたマクマーフィー。 彼は精神病院にたどり着くと、その精神病院が看護婦長のラチェットらに支配されていることを痛感した。 しかし、彼はラチェットらの指示に一切従わず、勝手気ままな振る舞いを続けていた。 当初は他の患者たちにさえ白い眼を向けられていたマクマーフィーだったが、ある事件をきっかけに患者たちの彼を見る目が次第に変化していった。 2-2.カッコーの巣の上でのあらすじ(ネタバレあり) 主人公のマクマーフィーは淫行の罪によって刑務所に収監されていたが、更生施設でたびたび大暴れし手に負えない状態になっていた。 そして、彼は精神鑑定を受けさせられた際に精神病に侵されていることを装い、自身の望み通り精神病院行きを勝ち取った。 こうして実際に精神病院への入院措置を命じられたマクマーフィーは、精神病院で労働を逃れることに成功した。 しかしながら、その精神病院は看護婦長ラチェットに支配されており、彼は患者たちがみな生気を失っていることを知った。 そこで、彼は精神病院のルールに徹底的に従わないことによって彼女たちへの反抗姿勢を示すようになる。 sakura. ただ、彼の行動は看護婦たちばかりでなく患者たちの同意も得られず、彼は孤立していった。 それでも、彼は野球を見るために町へ脱走すると宣言し、患者たちに脱走できるか否かの賭けをもちかけた。 その計画はバスルームの噴水台で窓を破壊し外に出るというものであったが、彼の力では噴水台を動かすことはできなかった。 賭けにも負け、脱走もかなわなかったマクマーフィー。 しかし、彼は患者に 「でも努力はした。 俺はチャレンジしたんだ」 と言い放つと、それまで生気を失っていた患者たちに変化が見え始める。 なんと、マクマーフィーの姿勢に同調する形でルール違反を繰り返し、病院内の風紀を乱すようになっていった。 そんな最中、マクマーフィーは精神病の兆候がないという診断が下り、焦った彼は病院のバスを乗っ取って釣りに出かけるという行動に打って出た。 最終的に彼らは無事病院に帰ってきたが、騒ぎを起こしたため彼を更生施設に送り返すべきという意見が強まった。 しかし、これまで彼を弾圧する悪役として描かれていたラチェットが、不本意ながら彼を収監するのも仕事のうちであると転院に反対。 結局、彼は引き続き病院に留め置かれることになった。 しかしそんなことはつゆ知らず、時期に病院を後にできると思っていたマクマーフィー。 そんな彼に、ラチェットは自身の許可が出ない限り病院を出ることは叶わないという事実を告げるのであった。 さらに、彼は仲間を救うために暴力をふるったことが原因で聲唖の患者チャーリーと共に電気ショック療法を命じられる。 しかし、チャーリーは本当のところ耳が聞こえるばかりでなくしゃべれることを告白すると、マクマーフィーは 「ここは俺たちのいるべきところではない。 」 と語り、カナダへの脱走を約束した。 こうして脱走を決めた彼は、最後の別れにとクリスマスパーティーを開催し女性を連れ込むという行動に出る。 ただ、以前に逃走を約束したチャーリーは、逃走をためらって誘いに乗ろうとしない。 そんな時、患者のビリーが女性に目を取られていることを感じ取ったマクマーフィーは、女性にビリーとのセックスを持ち掛けた。 webry. webry. html 二人は個室へと入っていったが、ビリーの帰りを待っていたマクマーフィーは逃走の機会を失ってしまった。 そして翌朝、荒れ果てた病院の惨状に激怒したラチェットはビリーを見つけると、女性と寝ていたことを母親に報告すると告げた。 ビリーは母親に対して異常なほどのトラウマを抱えており、そのことを耳にすると突如として自殺してしまった。 これを知って激怒したマクマーフィーは、ラチェットに飛び掛かり彼女を絞殺しようと首を絞めた。 しかしこの試みは警備員によって阻止され、マクマーフィーのいなくなった病院はふたたび静寂を取り戻した。 こうして変わりない日常が繰り広げられていたある日。 チャーリーは病棟に戻されたマクマーフィーの姿を目撃する。 彼の姿を見て、共に脱走しようと呼びかけたチャーリー。 しかし、彼はロボトミー手術の影響で廃人同然になっており、それを悟ったチャーリーは彼を窒息死させた。 そして、かつてマクマーフィーが試みた噴水台を用いた脱走を再現し、チャーリーは病院の外へと逃げだすのであった。 作中で出てきた専門用語の解説から入って、その後は現代社会との関連性を基本にしながら論を進めていきたいと思います。 3-1.医療界の負の遺産「ロボトミー手術」とは? さて、今作では終盤に主人公が「ロボトミー手術」という手術を受け、廃人と化してしまいました。 そのロボトミー手術という医療行為について、皆さんはどれほどご存知でしょうか。 そもそもロボトミー手術とは、精神疾患の治療法として考えられていた「精神外科」の手術の一つです。 これは、大脳の一部分である前頭葉を切り取ることで、患者の精神疾患を解消しようという試みで考案されました。 考案者のエガス・モニスは精神疾患に対する有効な治療法を確立したとして、1949年にノーベル賞を獲得しています。 さらに、日本では無断でロボトミー手術を受けさせられたという患者が医師の家族を殺害する事件までもが発生しています。 このような出来事から、現代ではロボトミー手術は医療界で完全否定されています。 そして、我々はこの一件から「医者の発言は絶対の真理ではない」ということを学ぶ必要があります。 我々は、医者というと高度な専門性を取得しているというイメージが先行し、ついつい盲目的に発言を信じてしまう傾向にあります。 しかし、日本の医者の中にはほんの一握りですが「似非医学」を堂々と主張する勢力が存在するのも事実です。 彼らは自分自身が医師免許を取得しているのをいいことに、科学的エビデンスに裏打ちされない治療法で大金を得ています。 こういった「ヤブ医者」の治療を受けないためには、患者自身がある程度自衛の意識を働かせる必要があります。 医者の発言や治療法が正しいのかをよく吟味し、怪しいと感じたらセカンド・オピニオンを受けることも重要です。 3-2.看護婦ラチェットを「単なる悪役」と考えていいのか 今作はマクマーフィーと精神病患者たちの集団が、彼らを支配しようとする病院側という「悪役たち」に立ち向かうという構図に見えないこともありません。 そして、その悪役のボスとして描かれているのが看護婦長のラチェットです。 単純に映画を観ていくと彼女は施設の患者たちから自由と希望を奪い、あまつさえビリーを「殺害」した極悪非道の女性にも感じられます。 確かに、ラチェットの方針や行動は理想的なものではありませんし、ビリーの件に関しては「殺人」の罪を背負うべきとも思います。 しかしながら、我々はここから一歩進んで 「どうしてラチェットはそういった行動を選択せざるを得なかったのか」 という点について考えを巡らせる必要があります。 では、そのためにラチェットの視点でこの物語を考えてみましょう。 まず、彼女は看護婦長という立場にあります。 livedoor. html そのため、当然彼女には病院の治安を守り、よりよい治療を患者たちにもたらす義務と責任があります。 しかしながら、そこに現れたのが傍若無人な「悪人」マクマーフィーです。 こうして彼女が築き上げてきた環境はほころびを見せていき、最終的に彼を「排除する」という決断を下すことになるのです。 このように考えていくと、行動の是非はともかく彼女が「悪行」におよんだ動機や理由は理解できるものであることがわかります。 そのため、我々が考えるべきは、 「悪行を犯したラチェット個人の非」 ではなく 「第二・第三のラチェットを生み出さないためにできることがあるのではないか」 ということなのではないでしょうか。 実際に、現代の日本でも今作で描かれているような事件が起こっています。 2016年、相模原の重度障がい者収容施設で大量殺人事件が発生しました。 犯人は植松容疑者という人物で、同施設の元職員でした。 事件としても非常にショッキングなものだったため、彼に対する非難は全国から殺到しました。 しかし、彼は現在公判中の裁判でも一貫して 「私が殺したのは『生き物』であって『ヒト』ではない」 という主張を崩していません。 もちろん彼の言動・行動は全く擁護できませんし、当然重度障がいを抱えている方にも人権が保障されています。 ただ、この事件でも先ほどのラチェットと同じように、どうして彼がこうした手段をとってしまったのかを考えなければなりません。 まず、植松容疑者は非常に重度な障がいを抱えている方の面倒をみていたために、在職中精神的に追い込まれていたとされています。 さらに、同施設採用以前から問題行動をたびたび起こしており、施設側も彼を警戒することは難しくなかったそうです。 そのため、同容疑者が凶行に及んだのは単純に彼本人だけの問題ではないことが分かります。 そもそも日本のこうした施設には職員が不足しており、他の職種に比べて待遇も決してよいとは言えません。 しかしながら、当然社会にそうした施設の存在は欠かすことができないために、同容疑者のような人物が採用されてしまうという背景があります。 このように、作中に似た背景で日本で起こった事件を見てみても、個人の資質だけでなくその事件に理由を考えなければならないことがお分かりいただけると思います。 3-3.チャーリーの行動にみる「尊厳死」の是非 今作は、終盤で廃人と化してしまったマクマーフィーをチャーリーが殺害するというシーンが存在します。 このシーンでチャーリーの行動を責める方は少ないと思いますが、現行の日本の法律ではこうした行為は「殺人罪」と定義されてしまいます。 そのため、刑法上ではチャーリーの行為を「悪」と断言するほかないのです。 しかし、このシチュエーションで殺人を犯したチャーリーの行動は、果たして本当に「悪」なのでしょうか。 blogspot. html これは非常に難しい問題であり、尊厳死をめぐる議論が紛糾する大きな理由でもあります。 確かに、見たところマクマーフィーに再起の見込みは感じられず、友情から彼を殺害したのは明らかです。 一方で、マクマーフィー自身がそれを願っていたかまでは分からず、生存を望んでいた可能性もゼロではありません。 この問題に関しては、法律はともかく感覚的な「正解」か「不正解」の判断は各人によって大きく異なるでしょう。 しかしながら、尊厳死だけでなく複雑な社会問題は「その問題について考える」という事自体に意義があることなのです。 一人一人が見て見ぬフリをするのではなく、問題と立ち向かって自分なりの答えを出すこと。 こうした作業が積み重なっていくことで、よりよい結論が導き出されていくのではないでしょうか。 全体を通じて、今作にはこのように複雑な社会問題が多く内包されており、現代日本人が考えるべきトピックの多さには驚かされます。 しかし、それだけでなく「人に勇気を与える映画」という側面もあるので、多くの人が楽しんでかつ教訓を得られる映画だと思います。 4-1.社会問題に関心がある人 社会問題に関心がある人は、当然この映画を観るべきです。 今作で描かれている社会問題は70年代のアメリカのみにとどまらず、現代でも世界中に指摘できる問題を多く内包しています。 そのため、社会問題について映画を観ながら学び考えることができます。 ただし、もちろん映画としても完成度が高いのは言うまでもなく、単に社会問題を描いただけの退屈な映画ではありません。 4-2.社会問題に関心がない人 先ほどとは真逆で、社会問題に関心がない人もこの映画を観た方がいいと考えます。 その理由は上段で書いた内容を、映画という手軽なツールを通じて知ることができるからです。 社会問題に関心のない人は、たいてい小難しいニュースや文献を好まない傾向にあると感じています。 しかしながら、今作は単純な勧善懲悪の作風の裏に複雑な問題を抱えているため、それほど抵抗感なく映画を観て学ぶことができます。 さらに、今作はアカデミー賞を総なめにしていることからも分かるように、そうした問題を描いているだけでなく映画としての完成度がとびぬけて高いという特徴があります。 そのため、純粋に映画のクオリティを楽しむという見方もできるのです。 その上今作をきっかけに社会問題への関心を深めることができれば、これほど有意義なことはないでしょう。 4-3.何かしらのコンプレックスを抱えている人 今作は精神障害を抱えているために希望を失ってしまった患者たちに、主人公がふたたび希望を持てるように働きかけています。 中でもそれを象徴しているセリフが 「お前たちは狂ってなんかいない!」 という主人公の言葉です。 そう、たとえ多少のハンディキャップがあったとしても、人生を楽しんではいけない理由はありません。 自分自身にコンプレックスがありそれが原因で負い目や劣等感を覚えている方は、このセリフを受け入れてみてください。 そうすれば、患者たちが前途に希望を持てたように、自分自身も未来に希望が持てるようになるはずです。

次の

ロボトミー殺人事件とは【ロボトミー手術】

ロボトミー 手術 と は

脳の一部を切除するロボトミー手術とは 画像引用: 1950年代、精神疾患に対しての有効な治療法がまだほとんど無かった時代に、その症状を改善できるとして世界規模で大流行した治療法がありました。 それは当時、興奮状態、幻想、暴力、自傷行為など手のつけられないような症状でも抑えることができる、 「奇跡の手術」としてもてはやされました。 それが、 患者の脳の一部を切除する「ロボトミー手術」です。 ただし、それは今ではちょっと考えられないほど危険なものでした。 左右のまぶたの裏からアイスピックのような器具を差し込み、頭蓋骨の最も薄い部分を突き破り、手探りで脳の一部である前頭葉をかき切るという乱暴なものだったのです。 しかも、このロボトミー手術にかける時間はわずか10分程度だったといいます。 この治療法を広く普及させるため、安全性や有効性よりも効率性を重視したからです。 スポンサーリンク ロボトミーの普及 この新しい治療法は、全米各地の病院で広く支持されました。 当時は第二次世界大戦が終結したばかりで、戦争で精神を病んだ兵士たちが50万人を超えていたといいます。 各地の病院は、そうした精神疾患の患者で溢れかえっていたのです。 そんな中、特別な設備や資格を必要とせずに短時間で実施でき、かつ対処の難しい患者を退院させることができるロボトミーは支持を得たのです。 1949年には、ロボトミー誕生のきっかけを作ったアントニオ・エガス・モニスが、その功績により ノーベル生理学・医学賞を受賞します。 これを機に、ロボトミーも爆発的に広がりました。 その普及の中心にいたのは、アメリカの神経科医ウォルター・フリーマンです(上記写真左)。 フリーマンは、ロボトミー普及のため全米の病院を巡り、多い日には1日25人のロボトミー手術を行ったこともあるといいます。 今ではタブーとなっていてあまり語られることもありませんが、ロボトミーは日本の精神病院でも積極的に取り入れられていたといいます。 ロボトミー手術の後遺症 爆発的に普及したロボトミーも、時が経つにつれ徐々にその後遺症が明るみになっていきます。 多くの患者は、症状の軽減と引き換えに、感情や意欲といった 人間性をも失ってしまいました。 50%以上の患者が、いわゆる「廃人」と化したとも言われています。 前頭葉は大脳皮質の前の部分にあり、人間の人格が宿るところだと考えられています。 高度な思考や感情、運動、注意力などを主につかさどる部位です。 そこを切除してしまえば、当然そういうことになるでしょう。 まして、手探りでの大雑把な手術ですから、さらに重篤な症状が残る人や死亡事故も珍しくなかったようです。 ロボトミーの衰退と暴走 1954年には、ロボトミー以上の効果が期待できる抗精神病薬がアメリカで認可されました。 これにより、脳の一部を切り取るというリスクの高いロボトミー手術はほとんど行われなくなりました。 その危険性から、もともとロボトミーに疑問を持っていた多くの医師も一気に薬物治療に流れたのです。 ただし、その後も一部の精神病院ではロボトミー手術が密かに実施され続けました。 それは、 反社会的な人物を矯正する目的で、対象者は犯罪者、同性愛者にまでおよんだといいます。 もはや治療という範囲を超え、 都合よく人間をコントロールする道具として利用されていたと言っても過言ではないのかもしれません。 この辺りのことは、ケン・キージーの小説「カッコーの巣の上で」や、それを原作とした同名の映画で描かれ、衝撃とともに世界中に知れわたることとなります。 一時は「奇跡の手術」と呼ばれたロボトミーも、最後には 「悪魔の手術」と呼ばれるようになり、 精神医学の世界ではタブーとされるようになりました。 最後に 驚くことに、今からたった数十年前に、人間の脳の一部をアイスピックのようなものでごそっと切除してしまうという手術が世界中で大流行していたのです。 新しい技術による効率性ばかりを追い求めると、案外私たちは知らぬ間に人間性を軽視して突っ走ってしまうことがあるのかもしれません。 もしかしたら、いま私たちの間で流行し、当然のように使っているものの中にも、私たち人間をこっそり壊してしまうような危険なものが存在しているのかもしれませんね……。

次の

映画『シャッターアイランド』善人として死ぬ事を選んだロボトミー手術

ロボトミー 手術 と は

それまでは重篤な患者に対して今では考えられないような治療が施されていたのです。 当然、効果はほとんどなく患者はさらに苦しみもがいていたのです。 そんな中、抜群の効果を発揮するロボトミー手術が認知され、重度な統合失調症やうつ病、さらには攻撃的な人物に対して行われました。 その人らしさを司る前頭葉の一部を切り取るロボトミー手術の効果は目に見えて効果がありました。 それまで確率されていなかった治療法が効果のある治療へと変わったのです。 ロボトミー手術はどんな症状の時に行われる?爆発性精神病質の患者? ロボトミー手術にはある欠陥がありました。 確かに成功実例はあったのですがごく僅かな人数でした。 術後は攻撃性や凶暴性は減るようにになりましたが、しばらくしてある後遺症が共通して見られるようになるのです。 アメリカのある女性は激越型うつ病という非常に強い不安や落ち着かない状態にありましたが、この手術を行ったことで症状は落ち着くも無気力・無個性という感情や人格を失ってしまったのです。 また時代は第二次世界大戦でした。 戦争により多くの精神疾患を患った兵士もいました。 そうした兵士にもロボトミー手術が行われましたが、彼らに待っていたのはそれまでの士気と感情を失う事だったのです。 フリーマン医師はモニス医師の術式を発展させて行いました。 動物実験の段階では前頭葉自体を切除する手術に対し、1936年に行われたのは前頭葉と視床を繋ぐ神経繊維の束を切除する手術でした。 チンパンジーの実験からわずか一年で実際の人で手術が行われたのです。 そして当時は第二次世界大戦による精神疾患を患った多くの退役軍人や、画期的な向精神薬もなく苦しめられる患者が多かったのです。 つまり、施術をしてデータを取るには不足しないだけの患者がいました。 彼女の子供時代は知能は低いものの、おとなしい子供だったとされています。 成長するにしたがい、音楽やおしゃれを好む女の子になっていきますが、我が強くなってくるようになります。 一説によると暴力性や極度の不機嫌などもあり家族は困惑していきます。 1941年、当時23歳の彼女はついにロボトミー手術を受けます。 結果、それまでの暴力・凶暴性は消えました。 しかし、失禁や幼児退行、話の内容が滅茶苦茶になるなどの後遺症を患うことになるのです。 ほとんど記憶できない?重篤な健忘症を負ったヘンリー・モレゾン.

次の