黒子 の バスケ アニメ。 黒子のバスケ(第2期)(テレビアニメ)

黒子のバスケ(1期)

黒子 の バスケ アニメ

Contents• 『黒子のバスケ 第1期』見逃し動画無料視聴 テレビアニメ『黒子のバスケ 第1期』は動画配信サービスの U-NEXTなら 2ステップで簡単に 無料視聴することができます。 31日間無料トライアルに登録• 見放題で視聴開始 全中3連覇を誇る無敗の帝光中学バスケ部には10年に1人の天才たち、通称「キセキの世代」がいた。 そして彼らに一目置かれていた幻の6人目・黒子テツヤは誠凛高校に進み、同じく一年の火神とともにキセキの世代たちを倒して日本一になろうと決意する! 出典: U-NEXTの1番のおすすめポイントは、最新のアニメや流行っているアニメの視聴も可能なところです。 公開から数年経ったものであればだいたいどこのサイトでも視聴可能ですが、U-NEXTは流行の中心にあるようなアニメも無料で視聴可能なので、アニメ好きな方には自信を持ってお勧めできます。 また、話題になった最新作も、ポイントを使えば視聴可能です。 映画館で見逃してしまったアニメがあっても、U-NEXTに登録すれば自分の好きな時に好きなだけ見ることができます。 アニメは第1話から視聴可能なので、気になっていたけど1話目を逃してしまった、途中からだと見る気になれない…、と諦めかけていたアニメがあっても大丈夫!気になるアニメを最初から楽しめます。 そしてU-NEXTのもう1つのおすすめポイントはアニメのジャンルが豊富なところです。 有名な大作アニメから、あまり知られていないような隠れ名作アニメまで揃っています。 私も実際にU-NEXTに登録して、ふと気になったアニメを見始めたらとっても面白くて1話から全てみてしまった、という経験をしたばかりです。 U-NEXTの充実さは映画だけではありません。 話数:全25話• 放送: 見どころ 「影」の黒子と、「光」の火神。 ふたりは互いの力に支えられながら、ライバルたちに挑む! キャスト• 黒子テツヤ:小野賢章• 火神大我:小野友樹• 黄瀬涼太:木村良平• 緑間真太郎:小野大輔• 相田リコ:斎藤千和• 日向順平:細谷佳正• 伊月俊:野島裕史• 小金井慎二:江口拓也• 笠松幸男:保志総一朗• 高尾和成:鈴木達央 スタッフ• 監督:多田俊介• 原作:藤巻忠俊• アニメーション制作:Production I. キャラクターデザイン:菊地洋子• 音楽:中西亮輔、R・O・N• 総作画監督:菊地洋子 『黒子のバスケ 第1期』視聴者の感想 第1話 黒子はボクです.

次の

バスケアニメ 人気ランキング ベスト7!スラダンや黒子、女子バス、恋愛系まで

黒子 の バスケ アニメ

万が一、ウイルスに掛かった場合の損失は計り知れません。 黒子のバスケ動画配信サイト一覧 一番オススメは、「UーNEXT」ですが、既に無料トライアルを利用してしまった場合は、他の動画サービスを利用することで無料で利用出来ます。 全中3連覇を誇る無敗の帝光中学バスケ部には10年に1人の天才たち、通称「キセキの世代」がいた。 そして彼らに一目置かれていた幻の6人目・黒子テツヤは誠凛高校に進み、同じく一年の火神とともにキセキの世代たちを倒して日本一になろうと決意する! 黒子のバスケの感想まとめ アニメ「黒子のバスケ」を視聴している方々の感想もまとめましたので、視聴の参考にしてみて欲しいです。 40代女性 誠凛高校1年生でバスケットボール部の黒子テツヤは、冷静で丁寧な話し方をする自己主張の少なめなタイプです。 極端すぎる気配の薄さを持ち味にした独特のプレーから、帝光中学バスケットボール部の幻の6人目と呼ばれていました。 その中学時代にはキセキの世代と呼ばれた5人の天才プレーヤーがいて、相手への誠意を感じられないプレースタイルにやるせない気持ちをいだいています。 その気持ちをバネにして入学した誠凛高校で、相棒の火神大我と出会って彼らと勝敗を重ねて強くなっていきます。 強引なプレイに走りがちな火神に忠告する黒子や、自信をなくした黒子を信じてくれている火神の様子。 ウィンターカップを目指して進んでいくチームメイトとの絆。 悪質なラフプレイにも負けずに勝ち進みます。 決勝が洛山戦なのは予想通りですが、準決勝が海常戦なのは最初のころを思い出して感慨深いですね。 もう一度最初から見直したくなります。 何気に言いたいことはズバッという黒子も好きですよ。 マネージャーのバスケットに対して真剣な語りも楽しいですね。 そして捨て犬だったテツヤ2号がかわいくて一番のいやしです。 仲がいいバスケ部ですよね。 今までの話を思い出すと、個人の強さだけでなくチームとしての強さを深めてきているのがわかります。 中学生の黒子がどうしても変えたくて諦められなかったものが、ここにあるのでしょう。 全国制覇を目指す誠凛高校バスケットボール部の、敗北と勝利が描かれています。 40代男性 帝光中学バスケットボール部には「キセイの世代」と呼ばれた人達がいました。 10年に1人と言われる程の天才達が集まったこのチームの向かう所敵なしという状態。 そんな天才達はあえて違う高校へ進学し、誰が最強か決めようと鎬を削る戦いをします。 これが凄く面白いですね。 天才vs天才ということで、正直誰が勝つのかわからないというのが良かった。 特にヤバイのがキセイの世代の人である緑間ですね。 なんですか、あの3Pシュートの成功率は。 例え敵にゴールを奪われても、普通のシュートなら2得点。 しかし緑間が得点すると3点加算となるので、ゴール数が同じなら点差はドンドン広がっていきます。 バスケットは基本点の取り合いですから、点を取られても取り返す事自体は難しくありません。 だからこそ緑間スゲーって感じましたね。 個人的には主人公の黒子達vsキセイの世代より、キセキの世代同士の戦いが良かったですね。 黄瀬vs青峰とか、どっちが勝つの?とドキドキしたものです。 ポイントゲッターとしては青峰が優秀でも、青峰はそれのみ。 黄瀬はパーフェクトコピーによって、どのポジションでもこなせます。 しかも短時間なら青峰のコピーすらしてしまうんですから、本当に凄い。 まあその分スタミナ消費が激しいという欠点もあったわけですけど。 こんな感じで天才vs天才の戦いが凄く面白いアニメでした。 30代女性 熱いだけじゃないクールなアニメです。 スポコン熱血アニメでないので、バスケットボールのルールを知らなくても、理解できますし、成長ストーリーとしてとても面白いです。 主人公の黒子くんの特徴が、びっくりするほど影が薄いという、主人公スペックなの?というびっくり設定です。 最初から尋常じゃなく影が薄いうえに、試合中にもコートにいるのに行方不明。 極めればなんでも才能だな、と思います。 対する中学時代のバスケチームメイト「奇跡の世代」と帰国子女の現チームメイトは堂々たるチート集団で、特に2番目に出てくる緑間君は相棒の存在もあって、火神&黒子タッグの永遠的なライバル感があります。 ゲームで衝突する度に滾ります。 「奇跡の世代」は、まさにバスケチートの集まりなので、それぞれハチャメチャに強く、チームなんて無くても一人で勝てるんじゃない?というレベルです。 それに、火神&黒子所属の新設バスケ部がチームワークで立ち向かい、「奇跡の世代」メンバーと渡り合うという構図は、バスケの公式トーナメント戦という舞台もあって、手に汗握って応援していまいます。 黒子君の先輩達も、実は凄いプレーヤーなんですが、注目は監督です。 同じ高校の女子先輩が監督ポジションでメキメキ実力をつけていくバスケ部の成長に、ライバル問わず、声を枯らして応援したくなります。 20代女性 少年ジャンプ連載の人気漫画が原作なだけあって、男子高校生達の青春が熱く描かれています。 スポーツアニメなので学校ごとの対戦がメインですが、個々のキャラクター同士の因縁や友情が絡み合って、より複雑な関係性になっています。 試合でチラッとしか出てこない対戦相手のチームも設定がきちんとあるので、感情移入出来ます。 チーム戦の競技なので、常連のキャラクターの人数だけでも30人程度ととても多く、最初は名前を覚えるのが大変ですが、必ず自分が応援したいキャラクターが見つかると思います。 主題歌は1期から3期までGRANRODEOが担当していて、3曲ともとてもオススメです。 声優陣も有名な人ばかりなので、キャラクターソングやイベントも豪華です。 オタク目線としては、メインキャラクターや学校のイメージカラーが決まっているので推しやすく、グッズや痛バッグが作りやすいです。 連載やアニメが終わってもう何年も経っていますが、まだ各地でコラボイベントが開催されているので、これから新しく見始める人も楽しみやすいと思います。 20代男性 この作品は漫画よりアニメのほうが、面白かったです。 豪華な声優陣とアニメ特有の演出が、非常に良かったです。 試合中に流れるBGMはとても緊迫感があり、多くのキャラを引き立たせていました。 物語の内容としては基本的には面白かったですが、主人公以外のキャラにも、もう少しフォーカスしてもよかったかもしれません。 同じチームの仲間や対戦相手の過去や経験などをもっと明確にすることで、試合のシーンがもっと生きると思います。 そういう意味では、決勝戦の前に過去編をやったのはすごくよかったと思います。 あれがなければ決勝戦はあんなに感動的なものにはならなかったですし、過去からの伏線も色々あったので、見ていてワクワクしました。 ただ、少し残念だったのは、主人公たちメインキャラが、二年生になり、新入生が入ってくるなどといったシーンがあればよかったですが、wc優勝で終わってしまったので、次の年のインターハイなども見てみたかったと思いました。 個人的に好きなキャラは陽泉高校の氷室大河です。 彼のバスケセンスと動作の美しさは見ていて気持ちいいものがありました。 あとは同チームの紫原敦との会話のやり取りはとてもユニークで面白かったです。 黒子のバスケまとめ 一気見したい方は是非「U-NEXT」を利用してアニメ視聴してみてください。 色々、動画サイト使ってきましたが、ここが電子書籍の原作漫画も読めて、高画質だったので一番オススメです。 ロゴとかも入ったりしてないしね。

次の

黒子のバスケ1期アニメ見逃し配信情報!フル動画を無料視聴する方法

黒子 の バスケ アニメ

2012年4月より放送スタートし、遂に最終回を迎える大人気アニメ「黒子のバスケ」。 また、主要キャストによる、TVシリーズ最終話「第25Q オレとおまえのバスケ」アフレコ終了後のコメントが到着しています。 「黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~」に収録されるのは、オリジナルミニドラマ「お喋りしよっか」や黒子&火神&黄瀬の「黒子のバスケ in ナムコ・ナンジャタウン」のレポートなど、ファンディスクでしか見られない映像ばかり。 ファンディスクのために描き下ろしたオリジナルエンドカードが初回特典に付くので、そちらも要注目です。 各キャストの最終話アフレコ終了後のコメントは以下のとおり。 1:「黒子のバスケ」最終回のアフレコを終えた感想をお願いします。 2:ご自身の演じるキャラクターの好きなところ、演じていて楽しかったところ、難しかったところなどが ありましたら教えてください。 3:「黒子のバスケ」を最後まで観ていただいたファンの皆さまへメッセージをお願いします。 2:ちゃんと芯があるところ。 あと、冷静にツッコミをいれるところも結構好きです(笑)。 まだまだ…演じ足りないです! 2:ギラギラしているところが好きです。 でも徐々に成長していき、仲間と共に強くなっていく様は、我が子の成長を見守るようでした。 我が子にしてはでかいけど……! 3:これから……!ってところで終わりますね。 2:日向の少しひねくれていたり曲がっていたりする所が好きでした。 そういう部分を感じて頂けたらと思ってやっていました。 3:最後まで盛り上がって頂き、本当にありがとうございました。 これからも黒バスをよろしくお願いします。 でもとにかくすごく良いチームだったので、来週からアフレコがないのが淋しいですね。 2:初めて演じた瞬間から、私はリコの全てが好きです。 頑張りやなところ、実はちょっぴり泣き虫なところ、全部が愛おしくて仕方ないです。 3:ファンの皆さんの応援や愛で、作品が大きくなっていくのを目の当たりにして、役者一同感動していました。 個人的に「続けない理由がない!」と思っています(笑)。 またお会い出来る日を楽しみに……。 緊張感いっぱいの現場でした。 2:思いのほか自由に動き回ってくれるので、木吉と歩調を合わせるのが難しかったですね。 天然ってホントめんどうだなぁと思ったり。 でもやりがいがあって楽しかったです。 3:最後までご視聴いただけたことにまずは感謝です。 原作からのファンの方も、アニメからの方も楽しめる作品だったと思います。 これからも『黒子のバスケ』応援宜しくお願いします。 ありがとうございました。 原作全体を通しても、やはり黄瀬にとって大きなシーンだったので、やりきれて良かったと思います。 2:彼はいつも多彩な表情を見せてくれるので、それを演じるのが楽しかったです。 3:彼らの熱い青春を一緒に楽しんでくれてありがとう! 原作は続いているので、ぜひそちらもよろしくお願いします。 清々しくて胸が熱くなりました。 2:プライドが高くてクール。 その実、ストイックにバスケの腕を磨き続ける、熱い努力の人。 占いに縋るのではなく、運命を自分に引き寄せるために人の何倍も努力する。 そんな彼が大好きです。 変な人と一言で語られがちですがとんでもない。 緑間は最高にかっこいい男だと思います! 3:皆様の応援のおかげで、記憶にも記録にも残る素晴らしいアニメになりました。 まだまだ先に進みたい!もっと演じたい!という気持ちが強く残る最終回でした。 2:強さに裏付けられた無類なスタイルは魅力的ですね。 圧倒的な存在感と内に抱える大きな孤独、この対照的な部分をひとりの人間の中にきちんと両立させることを意識して取り組みました。 3:応援ありがとうございました! ……が、まだまだ原作は続いていますし、キャスト陣もまだまだ演じ足りないと口を揃えて申しております。

次の