騙さ れる 方 が 悪い。 騙される方が悪い、裏切られる方が悪い って世間ではなりますいね基本

騙すより騙されるほうがいい。

騙さ れる 方 が 悪い

【2019. ポーランド王国の全盛期14~16世紀に首都だったクラクフ旧市街は中世の面影を残す美しい街だ。 期待に胸を膨らませて9時過ぎに日本から携行した自転車で出発。 先ずは現地通貨ズローチを入手すべく両替屋を探した。 大通りのアーケード街に銀行と両替屋があった。 銀行のレートは問題外。 その後、バスターミナルや鉄道駅近辺もチェックしたが、380~420ズローチ。 空港、バスターミナル、鉄道駅は概して交換レートが悪い。 こうして12時過ぎまで3時間も交換レートの市場調査に費やした。 旧市街の入口のバルバカンという15世紀に築かれた円形の砦から旧市街のメインストリートに進んで両替商の立て看板を見て仰天。 近くの数軒の両替屋も同じレートだ。 喜び勇んで手前の両替屋に飛び込んだ。 紙幣を数えると800ズローチしかない。 中年男は無表情で筆者の後ろの壁を指さした。 50、買い(buying)435ズローチ】とプレートに表示されていた。 50(端数を切り上げて400ズローチ)を渡すという表示なのだ。

次の

騙された方が悪いと考える中国社会ー日本人と中国人の感覚の違い

騙さ れる 方 が 悪い

責任感の問題です 「やれ」とか「やってみろ」というと 言った本人に責任と援助が必要になってきますが 「やめろ」といえば 言われた人はやらないのですから 「やめろ」と言った人には 責任も援助も必要ありません つまり言った言葉に責任が必要ないのですね 質問の「騙される方も悪い」とか 「いじめられる方も悪い」という人は いじめる側のこともいじめられる側のことも 考えることに対する責任を 放棄している言葉なのですね 何もなければ安心ですが 何か起きても安心したいので 両方悪いと言っておけば 何も起きないのと同じように 自分の意見は安心なのです つまり責任のある意見を持ちたくないという人が 両方とも悪いという無責任な考えかたをするのですね そういう発言をする人でも ここまで考えて発言はしていないでしょうが 聞く側の立場からいえば そういうことになります お礼拝見…。 >確かに、例えばお金目当てに近づいて騙された、となれば自業自得な場合もある気がします。 それもありますがね…。 「アメリカ空軍パイロットでカメハメハ大王やエリザベス女王の親類」 こんな肩書を信じて「騙された~」なんて訴えてる人に同情できますか? これはイジメの戦術としての騙しとかイタズラでも言えることなんですが、ホント、そんなのに引っかかるアホさに呆れ果て同情できない、面倒見切れない子がいるんですわ。 >いじめも、切り取る部分によっては被害者と加害者が逆転するのですね。 挙げた事例は私の主観では『精神的なイジメに腕力で抵抗』ですからね。 その精神的なイジメについて担任は泣き寝入りを強いるばかりだったという落ち度があり、保身のためあんな発表をしていたと考えられます。 加害者の言い分なんてあまり公正に取り上げられてないんで、きちんと聞いたらこういう事例はゴロゴロ出てくると思います。 他の加害者認定された事案としては…。 クラスの問題児に班長として忠告。 これも言い方がきついということなのか、あとになってイジメと見なされました。 百歩譲って忠告がイジメというのを認めるなら、そんな忠告を受ける問題行動した側だって悪いんですよ。 班長が苦情処理係にされて激しくストレスため込む構造になってたんで、この仕組みを作った担任や、ただただ私にクレーム入れて、私の忠告に行き過ぎだと諫めようとしなかったクラスメイトや担任や給食のオバちゃんだって落ち度はあるでしょうし。 これを認めなかったら、前回書いたように『末端の実行犯を叩いてハイオシマイという対応に終始』してしまいます。 実際、班の編成が変わってもクラスの構図が変わらなかったため問題児は次の班長にまた『いじめられる』ことになりました。 あと、知的障害児をいじめたと見なされました。 ですが…。 その一つは壊れ物の貸し出し拒否であり、実際に私のものを壊した前科があるからです。 仲間外れにしたってのも、彼の知能では私たちがやりたいことについてこれないからであり仲間としてやっていけないからです。 他にもいろいろな衝突がありましたが、基本的に彼や彼の取り巻き(私の親と彼の親)が好き好んでやった結果のトラブルへの対応であり、『アイツがあんなことしなければ私だってこんなことする必要はなかった』というものばかりなんです。 それなのに私だけが悪いなんて言われても納得できません。 仮に、私がキレて激しくののしったり暴行したとしても同じです。 イジメと称される攻撃を加害者に納得の上でやめさせるための落としどころを見つけ出し、更には再発を防いだり予防する糸口を探るためには、やはり被害者側の非も洗い出す必要があると思うんですよ。 なにも、全ての加害者がこっちは悪くないとか被害者の方が悪いと言ってるわけではないんです。 三島由紀夫の金閣寺で主人公が最後に金閣寺を燃やして「生きようと思った」とする描写があります。 通り魔の方を持ちたいわけではありませんが、通り魔が他人を殺してしまおうと思った背景には様々な理由があるため、殺された人間が一方的な被害者で殺した人だけが悪人だというのもまた、長い社会のあり方としてみると社会に適応できない人間を排除すればいいという人間のエゴに過ぎないという道徳的、倫理的考え方もあります。 世の中の金持ち貧乏人、エリートとそうでない人間というのは努力が足りな理足りなくないだのという人もいますが、一方で一定の基準でエリートとそうでない人間を区別する制度を作ったのもまたエリートですから、一度落ちぶれた人間(=世の中の大多数)のはけぐちとして、ヨーロッパ的にいうとノブリスオブリジェ(エリートの社会的責任)という考え方も生まれたという考え方すらあります。 要は、格差というものを肯定する社会である以上、運やタイミング、生まれ、能力の違いによって軋轢などが生まれまが、そういうものを肯定するには弱者や社会ののけ者であっても人権や一定の救いを与える世の中でなくては成立すらしないのです。 だって、エリートや恵まれた人間なんてのはごく一部ですから。 そうでなくて成立する国家は、単なる独裁国家でしかありえませんよね。 騙す方も悪いが、騙される方も悪い」 「いじめる方も悪いが、いじめられる方も悪い」 という意見がありますが、 というコメントは何をもって誰に対して「悪い」とするかですが、生きるためには上記で言ったような差別や格差というものは時として無常にやってきます。 なぜなら、この国は共産主義ではなく資本主義であり、強いものが勝ち弱いものが負けるということを認めてしまってるからです。 いじめというのは要するに社会で弱いものが強いものに搾取される構図(=ストレス発散だったり、自分のうっぷんを晴らすとか、スケープゴートにして悪いものにふたをするなど)ともいえるでしょうから、それを完全になくすには本質的には格差をなくすしかありえません。 でも、そういう世の中を望んでないのだから、いじめられる人間は何とかしていじめられないような人間になってくか、いじめから逃れる手段を取るしか選択肢がないのですよ。 ちなみにダーウィンの格言として以下のようなものがあります。 最も強い者が生き残るのではなく、 最も賢い者が生き延びるのでもない。 唯一生き残るのは、変化できる者である。 金持ちや権力者であるか、頭がいいか悪いかではなくて、世の中反映する人間というのは、適応力なのです。 つまり、人間生きてく過程で様々な変化に遭遇するでしょうが、それに適応できる人間だけが生き残れるのです。 けっして頭がいいから、金持ちだから、強靭な肉体があるからというわけでもありません。 プロスポーツでのパワハラがさわがれてますが、そういう状況で単に耐え忍ぶだけではなくて、適応していった人間がプロになってます。 ちなみに適応できた人間が必ずしも道徳的に素晴らしい人間というわけではないでしょうが、いきるとは本来はそういうことにほかなりません。 ちなみに、いじめが日本で社会問題になったきっかけは1980年代ごろですが、様々な記録によると当時のいじめなんてのは相当壮絶ですよ。 いじめられた子を葬式だとか言って色紙を渡したりしてるし、教員4-5人が煽動してやってるんですから、そりゃ今で言えば死にたくもなるだろう、ってぐらいひどいもんです。 そういう意味で言えば、まだ今の世の中はずいぶん緩くなってますし、逃げる道もたくさん出てきてます。 だから、重要なのは助けを求める勇気、死ぬ前に別のコミュニティで居場所を探す努力を持つことであって、一般論としてなくすことがすべてではありません。 騙しについては、そんなんで被害者ヅラするなと言いたくなるくらいに稚拙な騙され方の人もいます。 例えば『クヒオ大佐』に騙されてた人とか。 そりゃ確かにだます奴がいなけりゃ騙されることはなかったでしょうけど、その頭の残念さからすると時間の問題だったように思えてきます。 騙す以外のトラブルになってた可能性も大ですし。 イジメについては、怨恨に基づく報復とか、どうしようもない利害の衝突の末の実力行使だったり、指導だったりします。 そりゃ殺していい理由にゃなりませんがね、死ぬほどとは考えてないかもしれないしキレてしまった人にそんなこと言っても仕方ないでしょ。 私が加害者認定されたケースの一つがそんな感じです。 私の障害をネタに執拗な嫌がらせをしてきたクラスメイトがいて、とうとうキレて暴行。 私が行った暴行がイジメとして処理されました。 でも、激しい憎しみに囚われた当時の私には、彼を破滅させる以外に納得できる選択肢などありません。 これをただ否定しても仕方ないでしょ。 質問者様から見て平和的に見える解決策は、私にとっては泣き寝入りです。 加害者は、それほどまでの憎しみに囚われた、それほどまでの酷いことをされた。 この事実を認めないと話は進まない。 ただ末端の実行犯を叩いてハイオシマイという対応に終始してるうちは根本的な解決にはならない。 だからこそ、『いじめられる側にも問題がある』という発言が根強く出てくるのだと思います。 騙す方、いじめる方、殺す方が圧倒的に悪いと思いますよ。 いじめが原因で自殺したらいじめてた人達は殺したも同然。 ナイフで刺した訳でもなければ車でひき殺した訳でもないけど人殺しだと私は思います。 お年寄りを騙してお金を奪い、それを苦に自殺してしまったら騙した人達は人殺しです。 騙される、いじめられる人達に全く原因がない訳ではないけど、する側が居なければされる側は存在しないと思います。 人の命を奪う事はどんな理由があってもしてはならない。 殺される方も悪いと言うなら通り魔や無差別殺人の被害者はどうなのか。 ストーカー殺人、思い込み殺人も殺される方が悪いと言えるのか。 殺された遺族に殺された方も悪いと言えるのか。 裏でコソコソいじめられる方も、騙される方も、殺される方も悪いなどと言ってる人達はそのような被害な合ってないからじゃないでしょうか。 我が子が誰かに酷いことをして殺された時に、うちの子も悪かったのよ。 なんて言えるのでしょうか。 友達でいじめが原因で自殺をした人がいます。 未遂で終わりましたが一生車椅子生活です。 そんな人が身近にいるのにどちらも悪いとは私は思えません。 A ベストアンサー すいません... 私の意見では、国民性を持ち出すのには反対なんです。 違う場所、違う文化、違う考え方... これに暴言吐いてる人なんて、ほーーーんの少しの情報でさげずむのを楽しんでるやつが多いですから。 私は東日本大震災の被災者なのですが、その後に来た近所の方の韓国の友人の方にわ、「大変でしたね」と声を掛けていただいたのが忘れられないんです。 果たしてみんなが反日で、日本が大嫌いなのか... どっちも正当化し合ってる泥沼の喧嘩なんです。 「韓国が反日だから嫌い」 「日本が嫌韓だから嫌い」 仲良くする糸口の見つけようがないです。 正直、馬鹿馬鹿しいと思うくらい。 ほんとに、双方に静かにしてほしいです。 なぜ税金を投入出来るか、といえば それは教育により得られる利益が個人を超えて 広く日本国の利益になるからです。 得られる利益が個人に留まるものであれば、 税金を使うことは許されません。 後は自己責任ですので、教育を受けさせた、と 言えます。 もっとも、そうした人があまりに多くなり、 国益に差し障るようになるのであれば、教育制度に 問題があるから、受けさせたことにならない、 ということになるでしょう。 なぜ税金を投入出来るか、といえば それは教育により得られる利益が個人を超えて 広く日本国の利益になるからです。 得られる利益が個人に留まるものであれば、 税金を使うことは許されません。 A ベストアンサー 面倒なので一般相対論の影響は考えない。 (考えたところで有効数字の問題で意味がないからでもある。 ) 特殊相対論で述べる。 地球を観測点(基準点)とし、地球と太陽の問題とする。 太陽は地球に対し相対速度30キロで動いているものとする。 この場合、地球の1秒は太陽では1. 0000000050069秒である。 つまり、地球の50億年は太陽では50.00000025億年である。 0.00000025億年とは25年。 こういうことより10億年後くらいには確実に訪れる地上の生命の終焉を心配したほうがよい。 現在太陽は1億年に1%ほどの割合で増光しており、10億年後には10%。 地球はハビタブルゾーンから外れてしまうのである。

次の

騙される方が悪いのか?若手弁護士から学ぶ教訓(Wedge)

騙さ れる 方 が 悪い

騙すのも騙されるのも同罪 今まで数々人に騙されたりする事もありました。 その度に自己概念が傷ついたりしながらも、、、 騙すより騙された方がいいよね。 なんて言ってたけど最近ちょっと考えを改めたんです。 なんかそれってただ被害者ぶってないかなってふと思ったんです。 自分だけいい人のような言い方だけどよく考えたらどっちもどっち。 騙すのはもちろん悪い事だけど騙されるのもどうかと思いました。 だって騙される方にも知識不足や警戒心のなさと言う落度が必ずあるから。 自分がもう少し賢く警戒していれば防げたんですよね。 騙されても不徳を積んでしまう っと言うことは、、、 自分さえもっと注意深く接していれば相手の人は騙さなくてすんだ訳です。 結局自分自身の不注意から相手の人に過ちを侵すことにさせてしまった。 これって相手だけではなく自分自身の不徳になりますよね。 だからこそ人に甘くあっさり騙されてしまうのは問題。 人を信じられるのは良い事だけど簡単に信じ過ぎるのはダメですね。 自分のためにも相手のためにも注意深さは必要不可欠です。 良い関係性を続けたい相手であればあるほど断る勇気を持たなきゃいけない時があります。 騙されないための3つのポイント 直感を大切にする 人の直感ってかなり優れています。 最初に感じた感情は無視せずに向き合うべきです。 人相の悪い人と付き合わない 30代も半ばを過ぎてくればその人の生き方考え方が表情に現れます。 先入観を捨てよく観察したら信じるべき相手かどうかもわかるはず。 言葉ではなく行動をみる 言葉では嘘はつけますが行動は中々隠しきれません。 うわべの言葉ではなくその人の行動に意識を向けてみてください。

次の