うずら の 卵 カロリー。 卵1個のカロリーはどれ位? 食べ方によってはカロリーオーバーになる?

卵一個のサイズ別(S・M・L)の重さとは!カロリーはどれぐらい?

うずら の 卵 カロリー

【スポンサードリンク】 栄養値の高いスーパーフードとして改めて注目されているのが卵です。 皆さんは、卵を1日いくつ食べていますか? 今までは、1日に2個以上食べるとコレステロールが高いからなどと言う理由から摂取制限をしている人も多かったと思いますが、2015年にはその推奨される摂取制限がなくなったことをご存知でしょうか? これは、卵を1日に3個以上食べていても、食べていない人と比べて死亡率に差がないことがわかったからだそうです。 つまり、今では、卵を1日2個以上食べても問題ないと言われるようになっているのです。 さて、そんな栄養満点の卵ですが、更にホットな食材として『うずらの卵』がじわじわと知名度を上げているようです。 というのも、うずらの卵には鶏の卵より栄養価があるのだとか! うずらの卵と言ったら、お弁当や中華でしか目にしないという人も少なくないでしょう。 そして、うずらの卵は1日いくつ食べていいのか?というのも気になりますよね。 今回は、そんな小さくて可愛い『うずらの卵』の栄養について調べました。 Topics• うずらの卵の栄養 うずらの卵って小さいですよね。 大体1個10~12gと言われているので、鶏卵Lサイズ(64~70g)と比べると、鶏の卵1個に対し、うずらの卵は6個分と言えるでしょうか。 そんな小さなうずらの卵の栄養について見ていきましょう。 ビタミンB12 ビタミンB12がとても豊富で、卵類ではトップの含有量と言われています。 また、100g中の鶏卵に比べ約5. 2倍も多く含んでいるんですよ! ちなみにビタミンB12は、貧血やめまいを予防するほか、神経の働きを維持する効能があります。 葉酸 葉酸といえば、DNAやたんぱく質の合成を促す効果がある他、胎児の先天的な異常を予防する効能があることから、妊婦さんには大切な栄養素としても知られていますよね。 うずらの卵には葉酸も含まれていて、それも鶏卵の2. 1倍の含有量だそうです。 また、葉酸は、ビタミンB12と共に血液を作ります。 そのため、悪性貧血の予防効能があるとされています。 【スポンサードリンク】 ビタミンB2 3大栄養素の代謝を促し、エネルギー作りを助ける役目を果たしてくれるビタミンB2は、うずらの卵に比較的多く含まれています。 ビタミンB2は、脂質の分解を促し、過酸化脂質を分解する効能があるので、生活習慣病の予防にも効果的だとされています。 鉄分 鶏卵の1. 7倍もの鉄分がうずらの卵に含まれています。 鉄分は、鉄欠乏症貧血を予防するほか、疲労回復にも効果的であるとも言われています。 ビタミンA うずらの卵のビタミンAは、なんと鶏卵の2. 5倍になります。 ビタミンAは、肌や粘膜などを健康に維持します。 また粘膜の機能が正常に作用するため、ウイルスや菌等の侵入を防ぎ、免疫力を高める効能があるとされています。 更にビタミンAは、目の健康にも良いとしても知られています。 光を感じるのに必要な網膜の主成分であるロドプシンとなり、夜盲症 やもうしょう の予防に有効だそうです。 セレン うずらの卵には、セレンと呼ばれるミネラルの一種の成分も含まれています。 セレンには、老化や生活習慣病を予防してくれる抗酸化作用があります。 また、ガン発生や転移などを予防する効能もあるとされているので、抗ガン作用が期待されているようです。 カロリーとコレステロールの比較 うずらの卵と鶏卵のカロリーとコレステロールは以下のとおりです。 1個の概量(g エネルギー kcal コレステロール mg 鶏卵 60 77 214 うずらの卵 10 16 42 鶏卵1個(60g の概量に合わせて算出するとうずらの卵は6個で60gです。 エネルギー(カロリー)で言えば、鶏卵が77kcalなのに対し、うずらの卵は96kcal、そして、コレステロールは、鶏卵が214mgなのに対し、うずらの卵は252mgです。 ただ、コレステロールに関しては、全てのコレステロールが悪いわけではありません。 もちろん、過剰摂取は、血管にへばりつき動脈硬化を引き起こす原因になってしまうのですが、うずらの卵や鶏卵は、善玉コレステロールです。 善玉コレステロールは悪玉コレステロールの蓄積に加え、血管の詰まりなどを防いでくれる効果があるようです。 うずらの卵は1日いくつ食べてもいい? うずらの卵に含まれるコレステロールは、善玉コレステロールなので、体に悪いというわけではありません。 しかし、鶏卵同様、高コレステロールであるため、1日4~5個であれば問題なさそうです。 どんなものであれば、食べすぎは栄養の偏り等にもつながりますので、食べすぎには注意しましょう。

次の

【卵のカロリー】卵は太る!?ゆで卵など調理法別にカロリー糖質を比較

うずら の 卵 カロリー

「うずら」と「鶏」の概要 うずらの卵と鶏の卵の違いを知るために、「うずら」と「鶏」の概要を紹介します。 うずらの卵の親である「うずら」は、鳥綱キジ目キジ科ウズラ属に分類される鳥類です。 全長20cmで羽衣は淡褐色です。 「うずら」は食用とされることもあり、平安時代の書物に調理法が記されています。 「うずら」は水炊き・焼き鳥・肉団子・雑煮の出汁で美味しく食べられます。 オスは精肉用・メスは採卵用とされています。 日本では「うずら」を狩猟することは違法になっています。 現在の日本では、草地開発・河川敷の樹林化・河川敷のレクレーション利用などで生息数が減少しています。 採卵用の飼育が本格化したのは明治時代中期からです。 ペットとして飼育されたり、実験用動物としても用いられます。 「鶏」は代表的な家禽として世界中で飼育されています。 日本列島には弥生時代に中国大陸から伝来したとする説があります。 鶏の卵が食用として本格化したのは江戸時代のようです。 江戸時代には採卵用として鶏が飼育されるようになりました。 1643年(寛永20年)の「料理物語」には鶏卵を用いた各種の料理や菓子が記されています。 次に、うずらの卵と鶏の卵の違い・うずらの卵と鶏の卵のコレステロール・うずらの卵1個と鶏の卵1個のカロリー・うずらの卵1日何個分と鶏の卵1個が同じになるの?などの紹介をします。 うずらの卵と鶏の卵の違い うずらの卵と鶏の卵の違いを紹介します。 うずらの卵1個の重さは10~12g程度です。 うずらの卵1個のカロリーは約22kcalになります。 100gで179kcalになります。 うずらの卵には、鶏の卵よりもビタミン類が豊富に含まれているとされています。 含まれているビタミンではビタミンB12が豊富で、卵類ではトップクラスです。 100g中の鶏卵とうずらの卵の、ビタミンB12を比べると約5.2倍も含まれています。 葉酸は鶏卵の2.1倍含まれています。 ビタミンAは鶏卵の2.5倍含まれています。 ビタミンB2も豊富です。 ミネラル類の鉄分は鶏卵の1.7倍含まれています。 抗酸化作用があるセレンも含まれています。 次に、うずらの卵と鶏の卵のコレステロール・うずらの卵1個と鶏の卵1個のカロリー・うずらの卵1日何個分と鶏の卵1個が同じになるの?などの紹介をします。 うずらの卵と鶏卵のコレステロール うずらの卵と鶏の卵の違いはビタミン類ではないでしょうか。 うずらの卵のビタミン類は豊富です。 うずらの卵の100g当たりのコレステロール値は470mgです。 鶏卵100g当たりのコレステロール値が420mgなので、うずらの卵のコレステロール値が多いですね。 うずらの卵1個のカロリーは約22kcalです。 鶏卵100gのカロリーは151kcalです。 うずらの卵1日何個で鶏卵1個のカロリーやコレステロール値になるかを知っていれば、食べ過ぎることもないですね。

次の

卵をタンパク質摂取に活用しよう!卵の栄養成分・カロリーと活用レシピ

うずら の 卵 カロリー

うずらの卵のkcal• 1個:16kcal• 100g:160kcal そして、うずらの卵の コレステロールは470mg。 普通のたまごのコレステロールが 420mgなのに対して、 うずらの卵の方がやや高めです。 以前は健康のために、コレステロールが多い卵の摂取には気を付けないと言われていました。 実際、コレステロールの摂取に関して、18歳以上の男性で750㎎未満、女性は600㎎未満と、明確な数値が設定されていました。 ところが、2015年度版日本人の食事摂取基準の改訂により、現在はコレステロールの摂取量について上限がなくなりました。 これは、 「 卵を食べてもコレステロールはほとんど増えない」 ということが、近年の研究によって明らかになったためです。 ただし上限値はなくなっても、コレステロールは極力控えた方が良いという考えは根強いです。 普通のたまごを1日1、2個摂取くらいであれば問題ありません。 Sponsored Link 「揚げ物」と「ゆで」で違ってくる? うずらの卵を 揚げた場合と ゆでた場合の違いを見てみましょう。 うずらの串揚げは100gあたり 277kcal。 茹でた水煮は、100gあたり 182kcal。 想像どおり、揚げるよりも茹でた方が、 カロリーは控えめになります。 他の揚げ物のkcalと比べてみましょう。 食品名 カロリー量 揚げたうずらの卵 277kcal オニオンリング 410kcal エビフライ 139kcal イカフライ 146kcal 串カツ 306kcal うずらの卵は、魚介類の エビやイカに比べてしまうと高kcalです。 しかし、 オニオンフライや串カツよりは低kcalですね。 ヘルシーそうな玉ねぎも、フライにすると高kcalなのが意外ですね。 野菜だからと安心してフライを沢山注文するのは危険です。 フライはパン粉が油を吸収しやすく、高kcalになりやすいのがネックですよね。 しっかりキッチンペーパーなどで油を切ることが大事です。 うずらの卵は100gで 160kcal程度。 普通のたまごは100gで 151kcal程度。 うずらの卵と普通のたまごでは、わずかにうずらの卵の方がkcalが多くなっています。 次に 成分の違いについてです。 うずらの卵と普通のたまごは、基本的にあまり違いはありません。 しかし、「 鉄」「 レチノール」「 ビタミンB12」「 葉酸」については、大きな違いが出ています。 成分 うずらの卵 普通のたまご 鉄 3. 1mg 1. 普通のたまごよりも、うずらの卵の方が栄養価が高い反面、 カロリーやコレステロールが高いので、食べ過ぎには注意が必要です。 Sponsored Link まとめ 今回はうずらの卵の調理方法によるカロリーの違いや、 普通の卵と比べた時の栄養加などについて紹介しました。 うずらの卵は普通のたまごよりも栄養が高いのが特徴です。 しかし、栄養価が高いゆえに、妊娠中の女性にとっては一長一短になりそうです。 うずらの卵で特に栄養価が高いとされる「レチノール」や「葉酸」は、妊婦だけではなく胎児にも大きな影響を与える成分です。 一般的に、妊娠初期の女性にとっては葉酸は歓迎される成分。 葉酸は「二分脊椎症」や「無脳症」といった神経管閉鎖障害を予防してくれるという良い作用があります。 一方、ビタミンAとされるレチノールは、過剰摂取によって奇形の症状が出る場合があると報告されています。 うずらの卵は、妊婦にとって貧血予防になる鉄や、胎児の障害を予防してくれる葉酸に富み嬉しい効果がある反面、ビタミンAのレチノールの過剰摂取の可能性もあるため、食べる量には気を付けないといけません。 今回は以上です。 ご参考になりましたら幸いです。

次の