ガナー ザクウォーリア。 迫力の長射程ビーム砲!「MG ガナーザクウォーリア」を組み立てレビュー

ガナーザクウォーリア (ルナマリア専用)

ガナー ザクウォーリア

MG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機) レビュー MGでガナーザクウォーリアが新規造形でキット化されました。 今回発売されたのはルナマリア・ホーク専用機で価格は4,644円です。 付属品はビーム突撃銃、ビームトマホーク、ルナマリアフィギュア、スタンドジョイント、 平手パーツ、銃持ち手パーツ、持ち手パーツが付属します。 シール類はモノアイを補うホイルシールとマーキングシールです。 MGで新たにキット化されたガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)。 SEED系のMGは結構アレンジされる事が多いのですが、こちらも派手にアレンジされていて 各パーツには複雑なディテールが追加され他のSEED系MG同様密度感のある仕上がりになっています。 プロポーションも小顔化された分 頭身が上がった感じですが首から下は力強さを感じる太さになっていました。 今回は関節パーツなどにもポリキャップは使われておらず、関節はKPSです。 ABSもほとんど使われていませんが、脚のパイプはABS表記になっていました。 ガナーウィザードを取り外した姿。 ガナーウィザードは背面にある3つのダボで取り付けるのでしっかり固定できます。 頭部アップ。 全体的に小顔化され目つきも鋭くなりました。 モノアイガードはクリアパーツ化されています。 モノアイを可動させるには一度ヘルメットを外してからツマミを動かします。 それと今回はMGでは珍しくモノアイがクリアパーツではありません。 ディテールはありますが別パーツ化もされておらず一体成型です。 胸部はコクピット開閉ギミックあり。 黒い成形色なので見えにくいですがダクト内部にもディテールが入っています。 背面のスラスター内部も独特な形状。 立ちポーズ姿のルナマリアフィギュアも付属していました。 右肩のアーマーは装甲が3分割されていて合わせ目の出ない分割。 スパイクも先端に細かい突起がある独特の形状になっていました。 左肩のシールド接続部は大口径のBJで接続されていて アームの一部を収納する事ができます。 腕部は上腕に若干合わせ目あり。 手首は親指のみ可動するタイプで他の指を交換して表情を変えます。 腰アーマーは全て可動する作り。 サイドアーマーにはZR20E 高性能炸裂弾が4つ装着されています。 炸裂弾は全て取り外し可能ですが、裏面には肉抜きがあります。 リア部分はジョイントを露出させてビーム突撃銃を取り付けられます。 腰アーマーはフロントとリアに裏打ちパーツあり。 サイドには無いので若干スカスカしています。 股関節軸にはスライドギミックがありました。 脚部もディテールが増え、ややゴツゴツした形状になりました。 スラスター内部ですがこちらも複雑な形状になっていました。 膝関節や膝下の装甲の一部には合わせ目があります。 両横の装甲は画像のように軽く開く事ができます。 足首はつま先が若干可動します。 もちろん肉抜きはありません。 脚部のパイプは切り離すだけでOKになっていました。 ガナーウィザードはタンク部分のボリュームがあり迫力あります。 合わせ目は段落ちモールド化され赤いラインの色分けもしっかりされていました。 オルトロスのアームはBJ接続ですが中央もヒンジで可動します。 ケーブルはリード線にメッシュパイプを被せる方式で自由に形を変えられます。 ディテールがかなり追加されていますし小顔化されていますが、脚部などはよりどっしりとした印象になりました。 身長はMGの方が少し高くなっています。 可動範囲など。 特に変わった作りではなかったですが最新のMGなので十分動きます。 肩周りの自由度が大きく増していますし手首にはスイング軸がありこちらも深く曲げられます。 腰は若干横にもスイング可能。 肩の引き出しも十分です。 下半身は装甲の可動ギミックがあるので接地性も良く 脚も良く上がります。 武器を装備させて。 スタンドジョイントは股関節に取り付けます。 ビーム突撃銃。 フォアグリップとマガジンが可動しますがモナカ分割なので合わせ目が出ます。 MGサイズでKPS主体だと関節がフニャっとした感じになるキットもありますが こちらは比較的しっかりしていて安定します。 シールド。 こちらも上がMGです。 マガジンは取り外し可能ですが、裏面には肉抜きあり。 シールドはアーム接続なので自由度が高いです。 またどれも大径BJで接続されているため シールドやオルトロスが垂れ下がるような事も今の所はありません。 ビームトマホーク。 こちらも上がMGです。 グリップ上部のビーム刃が追加されていますがビーム刃の反対側にある刃の可動は省略されています。 また一部に合わせ目が出ますしグリップ周りは肉抜きあり。 シールドへの収納ギミックは今回も無かったです。 どの武装も手首が差し替え式なのでしっかり持たせる事ができます。 ガナーウィザードは左肩にタンクが干渉気味ですがそこまで気になりません。 オルトロス高エネルギー長射程ビーム砲。 どちらも差し替え無しで展開が可能ですがMGは展開ギミックが増えています。 また細かい赤色も別パーツ化され配色が再現されていました。 かなり長さのある武装ですがモナカ分割なので軽いです。 砲口は別パーツ化されグリップはスイング可能。 ただ肉抜きはそれなりにありますし、合わせ目も真ん中に出ます。 アームの保持力も十分でグリップもスイングするので片手なら構えやすいです。 ただ両手持ちは結構ギリギリな所があり、あまり左右に砲身は振れません。 タンクが大きく砲身も長いためMGサイズだと迫力があり格好良いですね。 キットの身長は標準的な18Mクラスのキット(Mk-II)などより若干小さめでした。 以上MG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)レビューでした。 今回もSEED系MGらしい派手なアレンジでディテールが多く追加されています。 スラスター内部やスパイクなどもちょっと変わった形状なのが見ていて面白いです。 ガナーウィザードのタンクなどが大型化され、マッシブな体型になっているため迫力があり 長大なオルトロスも良く似合っています。 最近のMGにしてはちょっと合わせ目が目立つ所はありますが その分組みやすく手軽に楽しめるMGでした。

次の

全撮影|HG1/144ザクウォーリアの製作・作り方。初心者でもわかりやすく解説

ガナー ザクウォーリア

MG スラッシュザクファントム(イザーク・ジュール専用機) レビュー MGでキット化されたスラッシュザクファントム(イザーク・ジュール専用機) こちらはプレミアムバンダイでの受注品となっていて価格は4,950円です。 シール類はモノアイを補うホイルシールと水転写デカールが付属。 ガナーザクウォーリアのパーツの他、ランナーの都合でグリップパーツやマガジン、 それにビーム刃の一部が余剰となります。 ガナーザクウォーリアの次にリリースされたスラッシュザクファントム(イザーク・ジュール専用機) こちらは以前発売されたをベースに新規パーツが追加され 上位機種のザクファントム仕様になった肩、頭部のアンテナなどを再現。 さらに背面にはスラッシュウィザードが装着されています。 カラーリングはライトブルー&ブルーに変化。 変更点は頭部、右肩、そしてウィザードのみなのでプロポーションなどは共通。 どっしりとした力強いプロポーションでMG SEED系らしい派手なアレンジが加えられ ディテール量もかなり増えています。 関節はKPSで脚のパイプ以外にABSやポリパーツは使われていません。 もちろん配色も細かい所まで再現されています。 頭部アップ。 頭部はアンテナが追加されMGなのでアンテナ自体もそのままで十分シャープ。 モノアイガードはクリアパーツが使われていますがモノアイ自体はシールでの再現となります。 ヘルメットパーツを取り外す事でモノアイが動かせます。 胸部はコクピットが開閉可能。 胸ダクト奥にもディテールが入っています。 背面のスラスターは上下に可動。 ウィザード接続口に変更点はありません。 左右対称となった肩部。 こちらはザクウォーリアと同じ構造でアレイ型の大径BJにより自由にシールドが動かせますし 保持力も高いです。 腕部は面が複雑なアレンジが加えられています。 手首は変わらず親指以外を差し替える方式です。 上腕には合わせ目あり。 シールドは両肩に装備されるため2枚に増えています。 形状自体はザクウォーリアの流用で厚みを感じさせるアレンジが加えられスパイクの先端が独特な形状です。 スペアマガジンが取り外せます。 腰部などのダクトの色はオレンジ色になっています。 アーマー類は全て可動します。 リアアーマーのラッチカバーもスライドするので 収納状態のビームアックスなどを取付可能。 サイドアーマーの高性能炸裂弾は裏面に肉抜きがあるものの全て取り外しが可能です。 アーマー裏はサイドアーマー以外に裏打ちパーツあり。 ただダクトパーツを兼ねる関係でオレンジなのでちょっと目立つ印象。 股関節はスイングギミックあり。 脚部は特に変わりなくどっしりとしたデザイン。 太腿から伸びるパイプはまとめて成形されています。 各スラスターもきっちり別パーツ化。 独特のデザインが格好良いです。 両側のスラスターユニットはそれぞれ開く事ができます。 足裏は肉抜きなしでこのあたりも見栄えは良いです。 スラッシュウィザード接続部。 こちらは合わせ目のでない分割で本体のスラスターの可動にも干渉しません。 そちらに接続された巨大な2基のハイドラガトリングビーム砲。 本体のがっしりとしたスタイルに合わせるように迫力のある大きさで造形されています。 砲口は回転可能で合わせ目は段落ちモールド化されていました。 ただ後端部など一部そういった処理がされていない所があり合わせ目が出る所があります。 ガトリングビーム砲は上下に回転可能な他 左右にもスイングできます。 武器を装備させて。 手持ち武装はガナーザクウォーリアの流用が多いです。 ビーム突撃銃はフォアグリップが可動。 銃持ち手があるのでしっかり持たせる事ができます。 こちらはモナカで一部に合わせ目あり。 マガジン部分を倒す事で腰に装着できるのも変わりません。 ビームトマホークは2本付属。 エフェクトも2本分あります。 こちらも流用で先端部分にもビーム刃が取り付けられます。 全体的に骨太なのですが最新キットだけあり良く動き保持力もあります。 ハイドラビームガトリングはハの字に開いたりもできるので良く動き可動の妨げになりにくいです。 そして新規パーツで再現されたファルクスG7ビームアックス。 こちらは収納時と展開時2種類のグリップがあり交換する事で長さを変えます。 こちらが展開してビーム刃を取り付けた状態。 ビーム刃はRGシナンジュ系の刃が流用されていて派手な造形です。 また合わせ目も出ません。 先端部は差し替え無しで展開します。 後端部の刃も同様に差し替え無しで可動。 グリップも長さがあるので両手持ちは楽です。 ただ決めポーズ用にさらに長いグリップがあっても面白かったかも。 ビーム刃は蛍光色仕様なので明るく見え、大きく伸びたビーム刃も迫力あります。 多少個体差もあると思うのですが、刃部分とグリップの接続が弱めでグラつきやすく感じました。 あまり緩いようだったら調整すると良いかも。 MGオリジナルギミックとして刃同士を合体させる事ができます。 こうすると鎌のようなデザインに変化します。 斧も良いですが鎌のような形状もなかなか新鮮で面白いですね。 余剰パーツで一応ザクウォーリア仕様にする事もできました。 ベースキットのと比較。 変更点は僅かですが両側にシールドがあるためかよりどっしりとした力強い印象があります。 背面のジョイントは共通なので もちろんウィザードの交換が可能。 好みで入れ替えて遊ぶ事もできます。 以上MG スラッシュザクファントム(イザーク・ジュール専用機)レビューでした。 大部分はガナーザクウォーリアの流用となるため骨太のスタイルに MG SEED系らしい派手なアレンジが施されディテールなども細かいです。 新規のスラッシュウィザードは本体に負けない大きさのあるビームガトリングが格好良く ビームアックスも合体ギミックなどが追加され 鎌状の形状でも飾る事ができるようになっていたりと凝った仕上がりになっていて良い出来のキットでした。

次の

MG 1/100 ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)|バンダイ ホビーサイト

ガナー ザクウォーリア

1stザクのSEEDシリーズ独自の造形に加え、ルナマリア・ホーク専用機としてのピンクカラーを成型色で再現。 折りたたみ機構を持つ高エネルギー長射程ビーム砲に加え、ビーム突撃銃も付属。 価格は1,404円(税込み)です。 2004年11月に発売されたHG ザクウォーリアをベースに、ガナー機らしいM1500オルトロス 高エネルギー長射程ビーム砲やエネルギー供給タンクといった特徴的な武装が付属。 『ガナー』とは英語で「射撃手、砲手」の意味。 機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する女性キャラクター『ルナマリア・ホーク』専用機としてピンクのカラーリングを成型色で再現。 ザクウォーリア本体はモノアイをシールで補うのみです。 部分的に塗り分けが必要ですが、素組みでも十分な色分けになっています。 ポリキャップ(PC123プラス)に加え、ボールジョイント型ポリキャップのPC-7も付属。 ザクウォーリア本体も各部にポリキャップを使用しているので可動が柔軟で強度もまずまずです。 背中にタンクなどを装備していますが、後方にあまり比重がかからず自立は安定しています。 背中の高エネルギー長射程ビーム砲やエネルギータンクなどを外して各部を見ていきます。 まずは軽装状態で。 ザクらしいメット型になっています。 内部パーツにメットを被せる構造で合わせ目はできません。 動力パイプやスリット入り口部も別パーツで色分けされています。 モノアイは可動式で左右に可動させることができますが、レバーなどが造形されていないので可動させるのが少し難しいかも。 胸部から腰部。 エアインテークや中央部などが別パーツで色分けされています。 フロントアーマー、リアアーマーも下部のダクトが別パーツで色分けされ、メカニカルな造形になっています。 サイドアーマーには手榴弾(ハンドグレネード)を装備。 片側に2基ずつ装備し、それぞれ脱着が可能です。 ハンドグレネードは部分的に塗り分けが必要です。 腰アーマー裏はモールドのない簡易的な造形。 股間部は可動しないボールジョイントです。 1stのザクとは異なり、右肩にスパイクアーマー、左肩にシールドを装備しています。 二の腕は筒型で合わせ目はなし。 前腕は左右挟み込みタイプで部分的に合わせ目ができます。 肘から分離できるので合わせ目消しはラクそうです。 スパイクアーマー。 曲型のスパイクが1基造形されています。 前後の挟み込みタイプなので中央に合わせ目ができます。 合わせ目を消す場合は後ハメ加工することになるかも。 肩内部パーツも挟み込みタイプで合わせ目ができます。 左肩も前後の挟み込みタイプなので合わせ目ができます。 側面にはボールジョイントポリキャップが埋め込まれています。 シールド。 表面には3基のスパイクが造形されています。 2枚重ねの簡易的な作りで、裏面には縁などに肉抜き穴があります。 裏面は塗りがけが必要です。 接続部はボールジョイント型で柔軟に可動。 裏面には2基のMMI-M633ビーム突撃銃用ビームマガジンをマウント可能です。 肉厚感があり、1stのザクとは異なる近未来的な造形になっています。 大腿部、ヒザから下共に左右挟み込みタイプで前後に合わせ目ができます。 膝から下が分離可能ですが、どちらも色違いのパーツを挟み込むので後ハメ加工やマスキング塗装などが必要そうです。 裏面下部の角型スラスターは少し可動します。 アンクルガードは適度に可動。 側面のスラスターは別パーツで色分けされています。 足裏は別パーツで蓋をするようになっているので、肉抜き穴はありません。 背部はバックパックなどはなく、ポリキャップ穴のみの簡易的な造形。 エネルギー供給タンクなどが接続できるようになっています。 下部のスラスターも別パーツではありますが簡易的な造形。 M1500オルトロス高エネルギー長射程ビーム砲と専用エネルギータンク。 特徴的な造形が再現されています。 中央の基部パーツは前後の組み合わせで合わせ目ができます。 中央の赤いラインはシールでの色分けで、上下部分は塗り分けが必要です。 高エネルギー長射程ビーム砲はアームによって展開が可能。 リード線による動力パイプも造形されています。 リード線は可動の妨げにならない接続になっています。 アームは付け根がボールジョイントポリキャップ接続で、アームの中央も折り曲げることができます。 M1500オルトロス高エネルギー長射程ビーム砲。 複数パーツの組み合わせで、モールドの入ったしっかりとした作りになっています。 こちらは収納した状態。 後部のストックと先端の砲口部分は展開が可能。 かなりのロングサイズになります。 側面のモールドは赤いシールでの色分けですが、砲口先端やセンサーなど部分的に塗り分けが必要です。 ザク本体と並べてもこの大きさ。 全体的に左右挟み込みタイプなので、上下に合わせ目ができます。 HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。 陸戦型ジムよりも小型。 かなり可愛らしい機体サイズです。 ちなみにガナーザクウォーリアの全高は20. 50m(17. 19m)とありますが、20. 50mはおそらくビーム砲込みの高さかと。 カッコ内も頭頂高ではなく、おそらくスパイクアーマー込みの高さだと思います。 頭部は少し上下可動します。 首周りが詰まっているので、あまり可動しているっぽく見えないかも。 首パーツはポリキャップです。 後部に広がる襟や口元などが干渉するのでぎこちないですが、左右への首振りは一応真横にまで可動します。 腕は水平程度にまで上げることができます。 肩アーマーの形状が違いますが、左右どちらもほとんど変わりません。 肘は90度程度の可動となっています。 肩はわずかに前後スイングできる程度。 HG SEEDの初期キットは胸部軸でスイング可動はなかったので、それに比べると可動するのはありがたいところです。 胸部からの軸固定ですが、付け根がポリキャップボールジョイントで柔軟に可動するようになっています。 腰から上半身を少し引き抜くことで、上半身を少し前後にスイングさせることができます。 腰もそのままだと干渉してわずかにひねられる程度ですが、上半身を引き抜いて浮かせることで360度回転できるようになっています。 股間部にアクションベースマウント部はないので、コの字パーツを使ってのディスプレイとなります。 フロントアーマーが広く跳ね上がるので、前方への開脚は広めに展開。 リアアーマーが可動しないので後方へはそれなり。 膝はコの字程度にまで深く曲げることができます。 膝パーツは1個パーツなので合わせ目はなし。 足首の可動は、つま先はあまり伸ばせませんが、アンクルガードが可動するので深く上げることができます。 左右へは、内側へは深く曲げられますが、外側ヘは脚部外装が干渉するのでわずかな可動です。 左右への開脚は、コの字パーツを使って浮かせている時はハの字が狭めですが、接地させた状態だとより幅が広がります。 内股、ガニ股は45度程度までの可動です。 立膝はきれいな姿勢でこなすことができます。 可動域の総括としては、それほど可動域が広くない割に、結構柔軟性はあります。 サイドアーマーをかなり広くまで広げられるので、できれば左右への開脚が広くできると良かったですね。 HGのSEEDのキットに比べて、HG SEED DESTINYのキットはより改良が加えられていて扱っていてもぎこちなさは少ないので、ポージングはある程度柔軟にこなせそうです。 MMI-M633ビーム突撃銃、MA-M8ビームトマホーク、持ち手(右)、平手(左)が付属。 持ち手(右)は腕に取り付けているものとほとんど同じですが、説明書ではビーム突撃銃とビームトマホークで分けて使用してあります。 MMI-M633ビーム突撃銃。 上部に円形のビームマガジンを装備した特徴的な造形になっています。 左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができます。 フォアグリップは真横にまで可動します。 ビームマガジンは脱着可能でシールド内側のものと交換が可能。 ビームマガジンのマウント部は、上部に引き上げて倒すことで側面に配置することができます。 リアアーマー中央部を下げることでマウント穴が露出。 ビーム突撃銃をマウントさせることができます。 固定強度は高めなので外れることはないかと。 ミリタリー感を感じる装備状態。 ただ、エネルギー供給タンクを装備するとビームマガジンを側面に配置すると干渉します。 MA-M8ビームトマホーク。 1個パーツの簡単な作りです。 一通り武装し、MMI-M633ビーム突撃銃を保持して。 MMI-M633ビーム突撃銃はグリップが細身で、持ち手で挟むとふらつきやすいですが、外れて落下することもないですし、ポージングにそれほど影響はなかったです。 ビーム突撃銃の両手持ちは、肩があまりスイングできないですが、それほど問題なく保持が可能でした。 高エネルギー長射程ビーム砲の展開時に邪魔になるので、ビーム突撃銃はリアアーマーから外しておいたほうが良さそうです。 高エネルギー長射程ビーム砲を構えて。 フォアグリップが展開し、両手持ちが可能です。 右腕はギリギリですが、脇に抱えるようにグリップの保持が可能です。 大型武装なので迫力があります。 ビームトマホークは持ち手でグリップがしっかりと挟み込め、保持強度は高め。 軽武器なのでポージングもしやすいです。 派手なポージングをさせようとすると、多少肘や膝関節が抜けやすいかも。 膝を曲げるとき、たまに動力パイプが挟まって膝が曲げにくかったりするので、ムリに曲げて破損させないよう注意です。 以上です。 ザク特有の造形を持ちつつ、SEEDシリーズ独自の造形が再現されているので、懐かしさもあり、新しさもありという不思議な印象を感じました。 好き嫌いは分かれるかもですが、SEED DESTINYの登場機は1stの名残を持つ機体が多く登場しているのでこういったアレンジもありなのかも。 個人的には割と好きですね。 可動域もそこまで不満がないくらいに仕上げられているので、合わせ目が各部に目立つ以外はなかなか優秀だと思います。 ルナ機のピンクのカラーも映えるのでいいですね。 組み換え無しで展開収納が可能な高エネルギー長射程ビーム砲も出来がよく迫力がありますし、武装類も適度に付属した充実感のあるキットになっているのではないでしょうか。

次の